米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 机上付属具 -> ぺんてる株式会社

発明の名称 シャープペンシル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−168362(P2007−168362A)
公開日 平成19年7月5日(2007.7.5)
出願番号 特願2005−371991(P2005−371991)
出願日 平成17年12月26日(2005.12.26)
代理人
発明者 邊見 寿郎
要約 課題
リードチャック機構の先端にスリーブを僅かな距離で、しかも嵌合の状態で取り付けているため、リードチャック機構に対しての取り付けは、極めて不安定なものとなってしまっていた。つまり、不慮の外力によって、リードチャック機構とスリーブの中心線がずれ易い構造となっているのである。そして、リードチャック機構とスリーブとの中心線がずれてしまうと、そのスリーブに内接している嵌合筒との中心線もずれてしまい、その結果、芯が湾曲してしまい芯が繰り出せなくなってしまったり、ややもすると、芯がスリーブ内で折れてしまう場合があった。

解決手段
軸筒内に芯繰り出し機構が配置され、また、軸筒の先端には芯が出没するスライド部材が前後動可能に配置されたシャープペンシルであって、前記芯繰り出し機構の前方に先部材を固定すると共に、その先部材に前記スライド部材を摺動可能に配置したシャープペンシル
特許請求の範囲
【請求項1】
軸筒内に芯繰り出し機構が配置され、また、軸筒の先端には芯が出没するスライド部材が前後動可能に配置されたシャープペンシルであって、前記芯繰り出し機構の前方に先部材を固定すると共に、その先部材に前記スライド部材を摺動可能に配置したことを特徴とするシャープペンシル。
【請求項2】
前記軸筒の前部表面にめっき層、或いは、塗料層を形成したことを特徴とする請求項1記載のシャープペンシル。
【請求項3】
前記軸筒と先部材との間にガイド部材を配置すると共に、そのガイド部材を軸筒に固定したことを特徴とする請求項1、或いは、請求項2に記載のシャープペンシル。
【請求項4】
前記スライド部材と先部材の摺動において、摺動抵抗を付与したことを特徴とする請求項1〜請求項3の何れかに記載のシャープペンシル。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、軸筒内に芯繰り出し機構が配置され、また、軸筒の先端には芯が出没するスライド部材が前後動可能に配置されたシャープペンシに関する。
【背景技術】
【0002】
従来の筆記具において、外筒の内側にリードチャック機構を配置し、そのリードチャック機構の先端にスリーブを嵌合させ、そのスリーブ内に芯の後退を阻止する弾性体を介在させた嵌合筒を前後動可能に配置したシャープペンシルが知られている。
【特許文献1】実開昭53−136243号(実願昭53−136243号)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、上記の従来技術にあっては、リードチャック機構の先端にスリーブを僅かな距離で、しかも嵌合状態で取り付けているため、リードチャック機構に対しての取り付けは、極めて不安定なものとなってしまっていた。つまり、芯を繰り出す操作の際や、不慮の外力によって、リードチャック機構とスリーブの中心軸線がずれ易い構造となっている。
そして、リードチャック機構とスリーブとの中心軸線がずれてしまうと、そのスリーブに内接している嵌合筒との中心軸線もずれてしまい、その結果、芯が湾曲してしまい芯が繰り出せなくなってしまったり、ややもすると、芯繰り出し操作の際、芯がスリーブ内で閊えてしまい折れてしまう危険性があった。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明は、軸筒内に芯繰り出し機構が配置され、また、軸筒の先端には芯が出没するスライド部材が前後動可能に配置されたシャープペンシルであって、前記芯繰り出し機構の前方に先部材を固定すると共に、その先部材に前記スライド部材を摺動可能に配置したことを要旨とする。
【発明の効果】
【0005】
本発明は、軸筒内に芯繰り出し機構が配置され、また、軸筒の先端には芯が出没するスライド部材が前後動可能に配置されたシャープペンシルであって、前記芯繰り出し機構の前方に先部材を固定すると共に、その先部材に前記スライド部材を摺動可能に配置したので、芯が湾曲することなく良好に繰り出すことができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
図1乃至図10に第1例を示し説明する。図中上方を後方と言い、下方を前方と言う。軸筒1は後軸29と前軸30から構成されており、その軸筒1の内部には、シャープペンシルの芯繰り出し機構や、ボールペンのリフィルなどの筆記体が収納・配置されている。本例における軸筒1の内部には、芯繰り出し機構2が内蔵されている。その芯繰り出し機構2は、芯タンク3の前方に継ぎ手4を介して固定され、芯の把持・開放を行うチャック体5と、そのチャック体5の開閉を行うチャックリング6、並びに、それら芯タンク3やチャック体5などを後方に付勢するコイルスプリングなどのチャックスプリング7などから構成されている。前記芯タンク3の後方には、消しゴム受け8を介して消しゴム9とその消しゴム9を覆うようにノックキャップ10が着脱自在に取り付けられている。符号11は、前記消しゴム受け8と消しゴム9との間に介在した座金であって、実質的には消しゴム9を圧入している。
尚、前記芯繰り出し機構2の前方には、中ねじ13が取り付けられており、その中ねじ13によって芯繰り出し機構2が前軸30に固定されている。具体的に説明すると、その前軸30は中軸30aと先部30bとから構成されており、それら中軸30aと先部30bは螺合によって着脱自在に固定されている。そして、前記芯繰り出し機構2の中ねじ13に形成されている鍔部13aが中軸30aと先部30bに挟み込まれることによって、芯繰り出し機構2が前軸30に対して固定されている。また、その中ねじ13の前方には、金属製の先部材14が螺合によって着脱自在に固定されており、その先部材14には芯の後退を阻止するゴム状弾性体からなる芯戻り止め部材15を内設した金属製のスライド部材16が配置されているが、前記芯戻り止め部材15は先部材14とスライド部材16との摺動に対しても摩擦抵抗を付与している。尚、その先部材14に対するスライド部材16の摩擦抵抗は、芯戻り止め部材15に対する芯の摩擦抵抗よりも大きく設定されている。また、前記先部材14の前方内面には、縮径部14aが形成されており、その小径部14aの後方内面には大径部14bが形成されており、それら小径部14aと大径部14bは連接され一体形成されているが、別部材で構成し互いを連結させても良い。しかし、互いの中心軸線を合致させるには、一体形成するのが望ましい。ちなみに、前記小径部14aにはスライド部材16の外周部が摺接しており、一方、大径部14bには芯戻り止め部材15の外周部が摺接しているが、前述もしたようにその芯戻り止め部材15は先部材14に対して摩擦抵抗を付与している。
さらに、本例においては、先部材14とその先部材14内を摺動するスライド部材16を共に金属材質で形成しているが、樹脂材質としても良く互いを異ならしめても良い。また、本例においては、前記中ねじ13と先部材14との螺合部分に弾性ゴムからなるOリング42を介在させている。Oリング42を介在させることによって、中ねじ13と先部材14との緩みを防止しているが、先部材14を中ねじ13に対して着脱自在となすことによって、各々を意図的に分離させ、スライド部材16を取り外すことができ、これによって、万が一、先部材14内で芯が折れてしまった場合などにおける補修作業が可能となる。
【0007】
符号17は、前記先部30bの前部内面に圧入された透明性のある樹脂製のガイド部材であって、そのガイド部材17の後方には、スリット17aが対向した2箇所に形成されている。ガイド部材17を先部30bに挿着し易くするためのスリットであって、ガイド部材17の後方部を内径方向に撓ませた状態で前記先部30bに挿着すると共に、挿着後においては、若干圧入力が和らいでしまうものの、長期的に安定した経たりのない圧入力が得られるものとなっている。そして、そのガイド部材17の後方内面には、前記先部材14が周接した状態で位置している。即ち、ガイド部材17に先部材14を周接させることによって、ガイド部材17とスライド部材16の中心軸線を合致させている。また、先部材14は、前述の通り中ネジ13を介して芯繰り出し機構2に螺合・固定されているため、芯繰り出し機構2とは勿論、前記ガイド部材17などの中心軸線とも合致している。そして、これら、芯繰り出し機構2(中ねじ13)と先部材14、並びに、スライド部材16の中心軸線が正確に合致することによって、チャック体5から繰り出された芯は、湾曲などすることなく、正確に芯戻り止め部材15に案内され、スライド部材16の先端から突出する。
【0008】
尚、前記ガイド部材17の前方内面は小径部17bとなっており、一方、スリット17aが形成された後方内面は大径部17cとなっている。そして、前記先部材14の外形もガイド部材17の小径部17bと大径部17cと同等な外径を有している。つまり、直径の異なる2箇所を周接させる。互いの部材を組み付け易くしていると共に、組み付け後における周接力を向上させている。
また、前記先部30bは、金属材質から形成しても良いが、本例においては樹脂材質から形成されており、その樹脂の表面にめっき処理が施されている(めっき層40)が、塗料などを塗布した塗料層を形成しても良い。しかし、めっき処理によって角部にそのめっき(金属が)が集中し、その金属の集中によって該部分が膨出し(膨出部40a)、その膨出によって前記先部30bの突出孔の内径が不正確になってしまうため、先部30bの先端に挿着する前記ガイド部材17の材質を樹脂材質としている。つまり、樹脂製のガイド部材17の弾性変形による作用を利用して前記膨出した部分の膨出量を吸収しているのである。勿論、このガイド部材17にはめっき処理が施されておらず、正確な突出孔の内径が確保されている。本例においてはガイド部材17を射出成形によって成形しているが、切削や打ち抜きと言った手段で形成しても良い。
しかし、前記めっき層40を施さない場合や、めっき層40を均一な状態で正確に施すことができるのであれば、また、意匠的にも必要がないのであれば、前記ガイド部座17は必ずしも必要なものではない(図10参照)。
【0009】
軸筒1の後軸29の長手方向の中間部には、その後軸29に対して回転は不能であるが、前後動は可能な筒体18が取り付けられており、その筒体18には指間当接柄19が設けられている。その指間当接柄19、且つ、筒体18より前方には、把持部20が設けられている。また、指間当接柄19は筒体18を跨ぐように取り付けられており、且つ、軸筒1の軸線の垂直方向に対して回転自在に取り付けられている。具体的に説明すると、指間当接柄19は二股状の脚部19aとその脚部19aを連結する支持部19bとから構成されており、前記脚部19aが筒体18の側部に回転自在に取り付けられている。
ここで、その指間当接柄19の作用について説明する。図6、図7の状態において、前記把持部20を親指と人差し指、中指の3点で包囲するように握ると、指間当接柄19は、親指と人差し指の間に位置し、その結果、指間当接柄19の全体を手掌で支えることになる。この支持力が筆記荷重の補助となり、把持部20の指への負担を軽減させることになる。
前記指間当接得9は、前述のように軸筒1の軸線の垂直方向に対して回転自在に取り付けられているが、その回転角度が適宜設定できるようになっている。図6〜図9に示す例が、最大に拡開させた状態であって、軸筒1の側壁に移動自在に配置されている角度調整部材41を前進させることによって、前記の角度を小さくすることができる。つまり、二股状の脚部19aの股部が角度調整部材41の表面に当接し、軸筒1に対する回転動作が規制されるのである。
尚、前記指間当接柄19や把持部20は、筒体18や軸筒1と別部材で構成されているが、一体成形しても良い。また、それら指間当接柄19や把持部材20は、滑り止め効果を得る為に熱可塑性エラストマーやシリコン、ニトリルブタジエンラバーなどの弾性部材から形成されているが、硬質な材質、例えば、ポリカーボネート、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン樹脂、ポリアセタール、ポリアミド、ポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレートなどで形成した指間当接柄19や把持部材20の表面に弾性部材を被覆するか、或いは、部分的に弾性部材を配置しても良いし、滑り止め効果が得られる塗料などを塗布し、硬化させても良い。特に、指間当接柄19にあっては、比較的大きな力が掛かることも懸念されることから、金属などの硬質な材質で形成し、その表面に滑り止め作用を有する弾性部材を付着させたり、インサート成形の要領によって成形したり、或いは、指間当接柄19の表面に微細な凹凸状のローレット加工などを施すのも良い。
【0010】
次に、指間当接柄19が、筒体18(軸筒1)に対して収納可能な例を図1に示し説明する。その指間当接柄19は筒体18を跨ぐように取り付けられており、且つ、軸筒1の軸線の垂直方向に対して回転自在に取り付けられている。
その指間当接柄19は、使用時、図6、図7のように筒体18(軸筒1)から拡開されているが、回転支柱部21に対して回動することにより筒体18に収納することが可能である。つまり、指間当接柄19を軸筒1の軸線の垂直方向に対して回転させることによって、その指間当接柄19を軸筒1から拡開させたり、閉鎖(収納)させたりすることが可能なのである。本例では指間当接柄19の脚部19aの先端内面部分にV字状の凹凸部を設けてあり、その凹凸部を筒体18に形成した連続する山形状の係合部に係合させている。これら、凹凸部を係合部に段階的に係合させることによって、指間当接柄19を収納状態に保持することができるようになっている。
【0011】
次に、前記指間当接柄19(筒体18)の軸筒1の長手方向に対する移動手段について説明する。筒体18の側壁にはスイッチ25が配置されており、そのスイッチ25は、軸筒1に対して係脱可能になっている。このスイッチ25と軸筒1の係脱作用を利用して、筒体18の軸筒1に対する前後の位置決めが可能となっている。そして、筒体18を軸筒1に対して移動可能にすることによって、指間当接柄19も移動可能となり、手の大きい使用者から小さな使用者まで違和感なく良好に使用することができるようになる。
【0012】
次に、前記軸筒1について詳述する。軸筒1は、前述のように前記指間当接柄19を有する筒体18を外装した後軸29と把持部20を被嵌する前軸30(中軸30a)とから構成されているが、それら後軸29と前軸30は軸線の周方向に対して回転自在に連結されている。即ち、指間当接柄19を有する後軸29が前軸30に対して、相対的に回転が可能なものとなっている。尚、後軸29の表面には、平面部29aが形成されており、その平面部29aに筒体18の内面に形成されている平面部が接触している。これによって、筒体18の後軸29に対する相対的な回転が防止されている。前記後軸29の内面には、係合凹部が形成されており、一方、前軸30(中軸30a)の後端には、前記係合凹部と係合する係合鍔部が形成されている。これら、係合凹部と係合鍔部の係合は、その係合力を若干強めることによって、後軸29と前軸30の相対的な回転に対する回転摩擦抵抗が付与されるようになっている。つまり、ある程度の負荷をかけないと後軸29と前軸30が相対的に回転しないようになっているのである。
また、本例においては、後軸29と前軸30との間にゴム状弾性体からなOリングなどの弾発部材31を配置させ、互いを径方向に対して付勢している。つまり、弾発部材31によって互いを離隔する方向に付勢せしめ、この付勢力によっても後軸29と前軸30との回転に対して回転摩擦抵抗を付与しているのである。尚、その弾発部材31の弾発力を変えることによって、容易に前記後軸29と前軸30との回転摩擦抵抗を変更・設定することができるが、本例においては、回転トルクを70gf〜150gf付与したときに回転作用が得られるようになっている。また、本例においては、見栄えを良くするために前記弾発部材31を後軸29の内部に位置させている。具体的には、後軸29の前方内面には大径空間部32が形成されており、その大径空間部32内に弾発部材31が配置されている。しかし、興趣性を考慮し、後軸29の前端部と前軸30の中間鍔部33との間に露出させた状態で弾発部材31を配置しても良い。後軸29と前軸30とを相対的に回転させることによって、例えば、筆記している最中に芯が片減りしたときに、後軸29を把時した状態で、つまり、筆記している状態を維持したまま前軸30を回転させることによって前記芯の片減りを解消することができる。
【0013】
符号36は、後軸29に別部材で構成し取り付けたクリップであるが、一体成形されても良い。また、そのクリップ36は、前記指間当接柄19とは反対側の位置に設けられている。筆記の際に、邪魔にならない部分に設けられているのである。
動作について説明する。後軸29(筒体18)を前軸30に対して相対的に回転させたい場合には、左手で前軸30を持ち、右手で後軸29を持ち相対的に回転させても良いが、筆記状態を保ちながら回転させることもできる。つまり、指間当接柄19が親指と人差し指の股によって挟まれているため、後軸29の回転は阻止されている。ここで、把持部20を把持している親指や人差し指、並びに、中指によって把持部材20に回転作用を付与すれば、前軸30が回転することになる。この前軸30の回転により、その前軸に固定されている芯繰り出し機構(筆記体)2も回転することになる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本発明の第1例を示す正面外観図。
【図2】図1の側面図。
【図3】図2の縦断面図。
【図4】(a)図3の要部拡大図。 (b)図4の要部拡大図
【図5】図4のX−X線断面図。
【図6】指間当接柄を作動させた正面外観図。
【図7】図6の側面図。
【図8】図7の縦断面図。
【図9】図8の要部拡大図。
【図10】変形例を示す要部縦断面図。
【符号の説明】
【0015】
1 軸筒
2 芯繰り出し機構
3 芯タンク
4 継ぎ手
5 チャック体
6 チャックリング
7 チャックスプリング
8 消しゴム受け
9 消しゴム
10 ノックキャップ
11 座金
13 中ねじ
14 先部材
15 芯戻り止め部材
16 スライド部材
17 芯案内部材
18 筒体
19 指間当接柄
20 把持部材
21 回転支柱部
25 スイッチ
29 後軸
30 前軸
31 弾発部材
32 大径空間部
33 中間鍔部
40 めっき層
41 角度調整部材
42 Oリング




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013