米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 新東工業株式会社

発明の名称 バグフィルタ式集塵機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−196102(P2007−196102A)
公開日 平成19年8月9日(2007.8.9)
出願番号 特願2006−15796(P2006−15796)
出願日 平成18年1月25日(2006.1.25)
代理人
発明者 佐野 道尚 / 尾崎 照彦
要約 課題
排ガス供給口に供給されて水平方向へ流れる排ガスを適確に垂直方向の下方へ誘導するとともに排ガスがバグフィルタに横向きの強い風として作用するのを阻止することができるバグフィルタ式集塵機を提供する。

解決手段
バグフィルタ3を垂設したキャビネットに箱体4を介して排ガスを誘導しかつキャビネット1と箱体4との連通箇所に分散板5を設け、箱体4内の上部に水平状に延びかつ排ガス導入孔14を有する仕切り板としての下仕切り板8によって排ガス供給口12の一部を画成し、下仕切り板8の下面に、下端がキャビネット1内の下部位置に臨みかつ通気性を有する筒状の整流ダクト22の上端部を、排ガス導入孔に連通させて固着する。
特許請求の範囲
【請求項1】
バグフィルタを垂設したキャビネットに箱体を介して排ガスを誘導しかつ前記キャビネットと前記箱体との連通箇所に分散板を設け、前記箱体内の上部に水平状に延びかつ排ガス導入孔を有する仕切り板によって排ガス供給口の一部を画成したバグフィルタ式集塵機において、
前記仕切り板の下面に、下端が前記キャビネット内の下部位置に臨みかつ通気性を有する筒状の整流ダクトの上端部を、前記排ガス導入孔に連通させて固着したことを特徴とするバグフィルタ式集塵機。
【請求項2】
請求項1に記載のバグフィルタ式集塵機において、
前記整流ダクトは、網目状の孔を有する鋼板またはパンチングメタルで製作したことを特徴とするバグフィルタ式集塵機。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、バグフィルタ式集塵機の改良に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、バグフィルタ式集塵機の一つとして縦断面図である図2−イおよび図2−イの左側面縦断面図である図2−ロに示すものがある。このバグフィルタ式集塵機においては、キャビネット1内の上部を上下に仕切る仕切り板2に多数のバグフィルタ3・3が垂設され、前記キャビネット1の外面に箱体4が装着され、キャビネット1と箱体4は開口部を介して相互に連通し、この開口部には上下に延びる格子とパンチングメタルで成る分散板5が設けられ、前記箱体4内の上部には3枚の上・中・下仕切り板6・7・8により上・中・下室9・10・11の3室が画成され、下室11の側壁には排ガス供給口12が、また中室10の側壁には清浄ガス排出口13が排ガス供給口12と対向してそれぞれ設けられ、前記下仕切り板8には2個の排ガス導入孔14・14が、また上仕切り板6には2個の清浄ガス導入孔15・15が2個の排ガス導入孔14・14の真上にそれぞれ位置して設けられ、前記箱体4には、上下に所要の間隔をおき対向して配置した2個のポペット式ダンパ16・17を下向きのシリンダ18の伸縮作動によって昇降させて2個の前記排ガス導入孔14・14と2個の前記清浄ガス導入孔15・15をそれぞれ開閉する2組のダンパ装置19・19が装着され、さらに、前記中仕切り板7における前記排ガス供給口12の近傍にはダンパ機構20によって開閉する通気孔21が設けられている。
【0003】
そして、このバグフィルタ式集塵機においては、排ガス供給口12から供給された排ガスは、2個の排ガス導入孔14・14を通ったのち分散板5によって粗い粉塵を除去されながらキャビネット1内に流入し、続いて、バグフィルタ3・3によって細かい粉塵を捕集されたのちキャビネット1の上室、箱体4の上室9、清浄ガス導入孔15および中室10を順次通過して清浄ガス排出口13から排出されるようになっている。
【0004】
また、バグフィルタ3・3を貫流させるべきでない排ガスが排ガス供給口12に供給された場合には、2組のダンパ装置19・19のシリンダ18・18の伸長作動により、排ガス導入孔14・14および清浄ガス導入孔15・15が2個のポペット式ダンパ16・17によってそれぞれ閉じられるとともに、ダンパ機構20の作動により通気孔21が開かれて排ガス供給口12に供給された排ガスは通気孔21および中室10を通って清浄ガス排出口13から排出されるようになっている。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、このように構成された従来のバグフィルタ式集塵機では、排ガス供給口12に供給された排ガスが下室11内を水平状に流れたのち垂直方向の下方へ曲がって流れ、分散板5を貫流してキャビネット1内に流入するように構成されているが、分散板5を貫流した排ガスは、実際は慣性によって水平方向へそのまま進行しようとするため、排ガスがバグフィルタ3・3に横向きの強い風として作用してバグフィルタ3・3に揺れが生じ、それに伴って、バグフィルタ3・3同士が接触・摩擦して早期に摩耗するうえに、粉塵の捕集に偏りが生じるなどの問題があった。
【0006】
本発明は、上記の問題を解消するためになされたもので、その目的は、排ガス供給口に供給されて水平方向へ流れる排ガスを適確に垂直方向の下方へ誘導するとともに排ガスがバグフィルタに横向きの強い風として作用するのを阻止することができるバグフィルタ式集塵機を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記の目的を達成するために本発明のバグフィルタ式集塵機は、バグフィルタを垂設したキャビネットに箱体を介して排ガスを誘導しかつ前記キャビネットと前記箱体との連通箇所に分散板を設け、前記箱体内の上部に水平状に延びかつ排ガス導入孔を有する仕切り板によって排ガス供給口の一部を画成したバグフィルタ式集塵機において、前記仕切り板の下面に、下端が前記キャビネット内の下部位置に臨みかつ通気性を有する筒状の整流ダクトの上端部を、前記排ガス導入孔に連通させて固着したことを特徴とする。
【0008】
このように構成されたものにおいては、排ガス供給口に供給されて水平方向へ流れる排ガスは、排ガス導入孔から整流ダクトに流入して流れを強制的に垂直方向の下方へ変更されるとともに、一部が整流ダクトの壁部から流出して圧力を下げられたのちキャビネット内の下部に導入される。そして、整流ダクトの壁部から流出した排ガスだけが箱体内を通り、分散板を貫流してキャビネット内に入る。このため、排ガスがバグフィルタに横向きの強い風として作用することはない。
【発明の効果】
【0009】
以上の説明から明らかなように本発明は、バグフィルタを垂設したキャビネットに箱体を介して排ガスを誘導しかつ前記キャビネットと前記箱体との連通箇所に分散板を設け、前記箱体内の上部に水平状に延びかつ排ガス導入孔を有する仕切り板によって排ガス供給口の一部を画成したバグフィルタ式集塵機において、前記仕切り板の下面に、下端が前記キャビネット内の下部位置に臨みかつ通気性を有する筒状の整流ダクトの上端部を、前記排ガス導入孔に連通させて固着したから、排ガス供給口に供給されて水平方向へ流れる排ガスは、排ガス導入孔から整流ダクトに流入して流れを強制的に垂直方向の下方へ変更されるとともに、一部が整流ダクトの壁部から流出して圧力を下げられたのちキャビネット内の下部に導入されるとともに、整流ダクトの壁部から流出した排ガスだけが分散板を貫流してキャビネット内に流入するため、排ガスがバグフィルタに横向きの強い風として作用するのを未然にして適確に防ぐことができるうえに、バグフィルタの粉塵捕集の偏りを防止することも可能になるなどの優れた実用的効果を奏する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
以下、本発明を適用したバグフィルタ式集塵機について図1に基づき詳細に説明する。本バグフィルタ式集塵機は、上述の図2で示したバグフィルタ式集塵機のように、バグフィルタ3を垂設したキャビネット1に箱体4を介して排ガスを誘導しかつ前記キャビネット1と前記箱体4との連通箇所に分散板5を設け、前記箱体4内の上部に水平状に延びかつ排ガス導入孔14を有する仕切り板としての下仕切り板8によって排ガス供給口12の一部を画成した従来のバグフィルタ式集塵機において、図1に示すように、前記下仕切り板8の下面に、下端が前記キャビネット1内の下部位置に臨みかつ通気性を有する筒状の整流ダクト22の上端部を、前記排ガス導入孔14に連通させて固着してある。そして、前記整流ダクト22は、網目状の孔を有する鋼板またはパンチングメタルで製作してある。
【0011】
なお、本発明のバグフィルタ式集塵機における従来のバグフィルタ式集塵機と共通する他の構成要素は、上述の図2における符号等を流用してその説明を省略する。
【0012】
このように構成したものは、排ガス供給口12に供給されて水平方向へ流れる排ガスが、排ガス導入孔14から整流ダクト22に流入して流れを強制的に垂直方向の下方へ変更されるとともに、一部が整流ダクト22の壁部から流入して圧力を下げられたのちキャビネット1内の下部に導入される。そして、整流ダクト22の壁部から流出した排ガスだけが箱体4内を通り分散板5を貫流してキャビネット1内に入る。このため、排ガスがバグフィルタ3・3に横向きの強い風として作用することはない。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本発明を適用したバグフィルタ式集塵機の主要部の一部断面拡大詳細図である。
【図2】従来のバグフィルタ式集塵機の縦断面図とこれの左側面縦断面図である。
【符号の説明】
【0014】
1 キャビネット
3 バグフィルタ
4 箱体
5 分散板
8 下仕切り板
12 排ガス供給口
14 排ガス導入孔
22 整流ダクト




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013