米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 新東工業株式会社

発明の名称 排ガス浄化設備における運転制御方法および排ガス浄化設備
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−181788(P2007−181788A)
公開日 平成19年7月19日(2007.7.19)
出願番号 特願2006−1962(P2006−1962)
出願日 平成18年1月10日(2006.1.10)
代理人
発明者 飯島 伸介
要約 課題
可燃性有害成分を含有する排ガスを、有害成分を除去する吸着体を備えた除去装置に供給して有害成分を除去し、吸着体に高温加圧エアを貫流させて有害成分を除去し、蓄熱燃焼式排ガス浄化装置の2個の蓄熱室に設けた2対のダンパを開閉して、除去装置から排出したエアを蓄熱室に供給・排出する排ガス浄化設備の運転制御方法において、2対のダンパを連動させて開閉する時に、有害成分を含有するエアが有害成分を除去されることなく排ガス浄化装置から排出されないようにする。

解決手段
2対のダンパを連動させて開閉するに当たり、ダンパを同時に開状態にする時には、吸着体に対する高温加圧エアの貫流を中断するとともに、吸着体に貫流させるべく可燃性有害成分無含有の高温加圧エアを開状態のダンパのそれぞれに対して通過させるようにしたことを特徴とする。
特許請求の範囲
【請求項1】
可燃性有害成分を含有する排ガスを、可燃性有害成分を吸着除去する吸着体を備えた吸着除去装置に供給してその可燃性有害成分を除去し、前記吸着体に対して高温加圧エアを貫流させて前記吸着体に付着の可燃性有害成分を除去し、2個の蓄熱室を有する蓄熱燃焼式排ガス浄化装置のこれら2個の蓄熱室にそれぞれ設けられた2対のダンパをそれぞれ連動させて開閉して、前記吸着体から除去した可燃性有害成分を含有して前記吸着除去装置から排出された高温加圧エアを、前記2個の蓄熱室に対して供給・排出してその可燃性有害成分を燃焼除去するようにした排ガス浄化設備における運転制御方法であって、
前記2対のダンパを連動させて開閉するに当たり、これらダンパを同時に開状態にする時には、前記吸着体に対する高温加圧エアの貫流を中断するとともに、前記吸着体に貫流させるべく可燃性有害成分無含有の高温加圧エアを前記開状態のダンパのそれぞれに対して通過させるようにしたことを特徴とする排ガス浄化設備における運転制御方法。
【請求項2】
請求項1に記載の排ガス浄化設備における運転制御方法において、
前記吸着体から除去した可燃性有害成分を含有して前記吸着除去装置から排出された高温加圧エアにおける可燃性有害成分の濃度を測定し、この測定結果に基づき、前記吸着除去装置から排出された高温加圧エアに、可燃性有害成分無含有の高温加圧エアを送り込んで前記高温加圧エアにおける可燃性有害成分の濃度を薄めるようにすることを特徴とする排ガス浄化設備における運転制御方法。
【請求項3】
可燃性有害成分を含有する排ガスを、可燃性有害成分を吸着除去する吸着体を備えた吸着除去装置に供給してその可燃性有害成分を除去し、前記吸着体に対して高温加圧エアを貫流させて前記吸着体に付着の可燃性有害成分を除去し、2個の蓄熱室を有する蓄熱燃焼式排ガス浄化装置のこれら2個の蓄熱室にそれぞれ設けられた2対のダンパをそれぞれ連動させて開閉して、前記吸着体から除去した可燃性有害成分を含有して前記吸着除去装置から排出された高温加圧エアを、前記2個の蓄熱室に対して供給・排出してその可燃性有害成分を燃焼除去するようにした排ガス浄化設備において、
前記吸着体に対して高温加圧エアを貫流させる高温加圧エア給排手段における高温加圧エアの供給ダクトおよび排出ダクトに第1ダンパおよび第2ダンパをそれぞれ接続し、これら2個の第1・第2ダンパの他端の間には第3ダンパを配設し、
これにより、前記2対のダンパを連動させて開閉するに当たりこれらダンパを同時に開状態にする時には、前記2個の第1・第2ダンパを閉じて前記吸着体に対する高温加圧エアの貫流を中断するとともに、前記第3ダンパを開いて前記吸着体に貫流させるべく可燃性有害成分無含有の高温加圧エアを前記開状態のダンパのそれぞれに対して通過させるようにしたことを特徴とする排ガス浄化設備。
【請求項4】
請求項3に記載の排ガス浄化設備において、
前記吸着体から除去した可燃性有害成分を含有して前記吸着除去装置から排出された高温加圧エアにおける可燃性有害成分の濃度を測定する濃度を設け、さらにこの濃度計を制御装置を介して高温加圧エアの流量調節手段に接続したことを特徴とする排ガス浄化設備。

発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、排ガス浄化設備における運転制御方法および排ガス浄化設備に関する。
【背景技術】
【0002】
各種の生産設備や処理設備から排出された可燃性悪臭成分あるいは揮発性有機化合物などの可燃性有害成分を含有する排ガスは、公害防止の観点から、通常排ガス処理設備に供給されて無害化されたのちに大気に放出されている。
そして、この排ガス処理設備のひとつとして、可燃性有害成分を含有する排ガスを、可燃性有害成分を吸着除去する吸着体を備えた吸着除去装置に供給してその可燃性有害成分を除去し、前記吸着体に対して高温加圧エアを貫流させて前記吸着体に付着の可燃性有害成分を除去し、2個の蓄熱室を有する蓄熱燃焼式排ガス浄化装置のこれら2個の蓄熱室にそれぞれ設けられた2対のダンパをそれぞれ連動させて開閉して、前記吸着体から除去した可燃性有害成分を含有して前記吸着除去装置から排出された高温加圧エアを、前記2個の蓄熱室に対して供給・排出してその可燃性有害成分を燃焼除去するように構成されたものがある。
【特許文献1】特開平11−226342号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、このように構成された従来の排ガス浄化設備では、蓄熱燃焼式排ガス浄化装置の2対のダンパを連動させて開閉するに当たり、これらのダンパを同時に開状態にする必要があり、この結果、吸着体から除去した可燃性有害成分を含有して吸着除去装置から排出された高温加圧エアが、蓄熱燃焼式排ガス浄化装置によってその可燃性有害成分を燃焼除去されることなく蓄熱燃焼式排ガス浄化装置を通過して大気中に排出される問題があった。
【0004】
本発明は、上記の問題を解消するためになされたもので、その目的は、従来の排ガス浄化設備において、蓄熱燃焼式排ガス浄化装置の2対のダンパを連動させて開閉するに当たり、これらのダンパを同時に開状態にする時には、可燃性有害成分を含有する排ガスが蓄熱燃焼式排ガス浄化装置によってその可燃性有害成分を燃焼除去されずに大気中に排出されることのない排ガス浄化設備における運転制御方法および排ガス浄化設備を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記の目的を達成するために本発明の排ガス浄化設備における運転制御方法は、可燃性有害成分を含有する排ガスを、可燃性有害成分を吸着除去する吸着体を備えた吸着除去装置に供給してその可燃性有害成分を除去し、前記吸着体に対して高温加圧エアを貫流させて前記吸着体に付着の可燃性有害成分を除去し、2個の蓄熱室を有する蓄熱燃焼式排ガス浄化装置のこれら2個の蓄熱室にそれぞれ設けられた2対のダンパをそれぞれ連動させて開閉して、前記吸着体から除去した可燃性有害成分を含有して前記吸着除去装置から排出された高温加圧エアを、前記2個の蓄熱室に対して供給・排出してその可燃性有害成分を燃焼除去するようにした排ガス浄化設備における運転制御方法において、前記2対のダンパを連動させて開閉するに当たり、これらダンパを同時に開状態にする時には、前記吸着体に対する高温加圧エアの貫流を中断するとともに、前記吸着体に貫流させるべく可燃性有害成分無含有の高温加圧エアを前記開状態のダンパのそれぞれに対して通過させるようにしたことを特徴とする。
【0006】
なお、本発明において排ガスに含有されている可燃性有害成分とは、可燃性悪臭成分あるいは揮発性有機化合物などをいう。
またなお、吸着除去装置の吸着体とは活性炭やゼオライトで構成されたものをいう。
【発明の効果】
【0007】
以上の説明から明らかなように本発明は、可燃性有害成分を含有する排ガスを、可燃性有害成分を吸着除去する吸着体を備えた吸着除去装置に供給してその可燃性有害成分を除去し、前記吸着体に対して高温加圧エアを貫流させて前記吸着体に付着の可燃性有害成分を除去し、2個の蓄熱室を有する蓄熱燃焼式排ガス浄化装置のこれら2個の蓄熱室にそれぞれ設けられた2対のダンパをそれぞれ連動させて開閉して、前記吸着体から除去した可燃性有害成分を含有して前記吸着除去装置から排出された高温加圧エアを、前記2個の蓄熱室に対して供給・排出してその可燃性有害成分を燃焼除去するようにした排ガス浄化設備における運転制御方法において、前記2対のダンパを連動させて開閉するに当たり、これらダンパを同時に開状態にする時には、前記吸着体に対する高温加圧エアの貫流を中断するとともに、前記吸着体に貫流させるべく可燃性有害成分無含有の高温加圧エアを前記開状態のダンパのそれぞれに対して通過させるようにしたから、2対のダンパを連動させて開閉するに当たり、これらのダンパを同時に開状態にする時に、可燃性有害成分を含有する排ガスが蓄熱燃焼式排ガス浄化装置によってその可燃性有害成分を燃焼除去されることなく大気中に排出されるのを、未然に防止することができるなどの優れた実用的効果を奏する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
以下、本発明を適用した排ガス浄化設備の最良の形態について図1に基づき詳細に説明する。本排ガス浄化設備は、図示するように、可燃性有害成分を吸着除去する吸着体1を備えた吸着除去装置としての連続再生式濃縮装置2と、前記吸着体1に対して高温加圧エアを貫流させる高温加圧エア給排手段3と、前記吸着体1から除去した可燃性有害成分を含有して前記連続再生式濃縮装置2から排出された高温加圧エアの可燃性有害成分を燃焼除去する蓄熱燃焼式排ガス浄化装置4と、で構成してある。
【0009】
そして、前記吸着体1は無端ベルト状を成していて回転により可燃性有害成分を連続的に吸着除去するようになっている。また、前記連続再生式濃縮装置2には排ガスを送り込む送風機5が連通接続してある。
【0010】
また、前記高温加圧エア給排手段3は、前記連続再生式濃縮装置2に接続されて高温加圧エアを供給する供給ダクト6と、前記連続再生式濃縮装置2に接続されて前記吸着体1から除去した可燃性有害成分を含有する高温加圧エアを排出する排出ダクト7とで構成してある。
なお、前記連続再生式濃縮装置2における前記吸着体1の冷却ゾーンは、前記送風機5で送り込まれた排ガスの一部を用いて構成してあり、さらに、ダンパ9、ダクト8およびダンパ16を介して混合チャンバー12に接続してあって、この冷却ゾーンから排出されたエアは、ダンパ9、ダクト8およびダンパ16を順に通って混合チャンバー12に流入するようになっている。
【0011】
また、前記高温加圧エア給排手段3の前記供給ダクト6の他端には、前記蓄熱燃焼式排ガス浄化装置4の燃焼室10が、これから順に、ダンパ11、混合チャンバー12、送風機13、T字型ダクト14の分岐部および第1ダンパ15を介して接続してあり、さらに、前記混合チャンバー12には前記冷却エア源がダンパ16を介して接続してあって、前記冷却エア源からのエアが、前記混合チャンバー12で前記燃焼室10からの熱風よって加熱された後、前記送風機13によって加圧されて、前記供給ダクト6を介して前記連続再生式濃縮装置2の前記吸着体1に供給されるようになっている。
なお、前記送風機13は、後述の送風機21の吸引力が十分な場合には省略してもよい。
また、前記排出ダクト7の他端には第2ダンパ17が接続してあって、前記吸着体1から除去した可燃性有害成分を含有する高温加圧エアを通過・遮断するようになっている。
【0012】
また、前記第1ダンパ15と前記第2ダンパ17の間には第3ダンパ18が前記T字型ダクト14および後記T字型ダクト19を介して配置してあり、これら第2ダンパ17および第3ダンパ18は、T字型ダクト19、三方口ダンパ20、送風機21、二股ダクト22および2個の第4ダンパ23a・23bを介して前記蓄熱燃焼式排ガス浄化装置4における2個の蓄熱室の排ガス供給口にそれぞれ接続してあり、また、前記蓄熱燃焼式排ガス浄化装置4における2個の蓄熱室の排ガス排出口は、2個の第5ダンパ24a・24bおよび二股ダクト25を介して排気ダクト26に接続してある。そして、前記二股ダクト22の上流位置には前記二股ダクト25の上流端が特殊ダンパ27を介して接続してある。また、前記T字型ダクト19には可燃性有害成分の濃度を測定する濃度計28が装着してあり、この濃度計28は制御手段(図示せず)を介して前記第3ダンパ18のパイロット部に電気的に接続してある。
【0013】
このように構成したものは、可燃性有害成分を含有する排ガスを送風機5により連続再生式濃縮装置2に送り込むと、排ガスは可燃性有害成分を吸着体1によって吸着除去されたのち外気に排出される。そして、連続再生式濃縮装置2の吸着体1に吸着された可燃性有害成分は、送風機13から排出されて開状の第1ダンパ15および高温加圧エア給排手段3の供給ダクト6を通った高温加圧エアによって除去され、除去された可燃性有害成分を含有する高温加圧エアは、高温加圧エア給排手段3の排出ダクト7、開状の第2ダンパ17、T字型ダクト19、三方口ダンパ20、送風機21、二股ダクト22および開状の第4ダンパ23aを順に通過して蓄熱燃焼式排ガス浄化装置4の左側蓄熱室に供給され、続いて、燃焼室10に流入して可燃性有害成分を燃焼除去され、その後、可燃性有害成分を除去された排ガスは、蓄熱燃焼式排ガス浄化装置4の右側蓄熱室、開状の第5ダンパ24bおよび二股ダクト25を順次通過して煙突26から排出される。こうして一定時間が経過した後、第4ダンパ23aおよび第5ダンパ24bを閉じるとともに、第4ダンパ23bおよび第5ダンパ24aを開いて、同様にして、吸着体1から除去した可燃性有害成分を含有する高温加圧エアを蓄熱燃焼式排ガス浄化装置4に送り込み、可燃性有害成分を燃焼除去する。
【0014】
こうして2対の第4・第5ダンパ23a・23b、24a・24bを連動させて開閉するに当たり、第4ダンパ23a・23bおよび第5ダンパ24a・24bを同時に開状態にする時には、第1・第2ダンパ15・17を閉じて吸着体1に対する高温加圧エアの貫流を中断するとともに、第3ダンパ18を開いて、吸着体に貫流させるべく可燃性有害成分無含有の高温加圧エアを、開状態の第4ダンパ23aおよび第5ダンパ24aにそれぞれ供給する。
【0015】
また、吸着体1から除去した可燃性有害成分を含有して連続再生式濃縮装置2から排出された高温加圧エアにおける可燃性有害成分の濃度を濃度計28が測定し、この測定の結果、濃度が所定値を超えている場合には、流量調節手段としての第3ダンパ18の開度を調節して、吸着体に貫流させるべく可燃性有害成分無含有の高温加圧エアを、吸着体1から除去した可燃性有害成分を含有する高温加圧エアに供給してその可燃性有害成分の濃度を所定値以下に薄める。
これにより、蓄熱燃焼式排ガス浄化装置4における高温加圧エアの可燃性有害成分の高濃度による爆発の発生を防止することができる。
【0016】
なお、上述の最良の形態では、吸着除去装置は、連続式の再生式濃縮装置1であるが、これに限定されるものではなく、バッチ式のものでも良い。バッチ式のものにすると、冷却エア源からのエアの代わりに大気中の空気を利用することができる。
またなお、蓄熱燃焼式排ガス浄化装置4の燃焼室10から得た熱風の代わりに、別途設けた適宜の加熱手段で加熱して得た熱風を用いても同様の作用効果が得られるのはもちろんである。
またなお、上述の最良の形態では、高温加圧エアの可燃性有害成分の濃度を薄めるために送り込む高温加圧エアの風量の調節を、流量調節手段としての第3ダンパ18の開度の変更によって行っているが、送風機13の回転数を変化させることにより行ってもよい。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本発明の最良の形態を示す模式面図である。
【符号の説明】
【0018】
1
吸着体
2
連続再生式濃縮装置
3
高温加圧エア給排手段
4
蓄熱燃焼式排ガス浄化装置




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013