Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法 - JFEスチール株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> JFEスチール株式会社

発明の名称 先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−54883(P2007−54883A)
公開日 平成19年3月8日(2007.3.8)
出願番号 特願2005−246191(P2005−246191)
出願日 平成17年8月26日(2005.8.26)
代理人 【識別番号】100105968
【弁理士】
【氏名又は名称】落合 憲一郎
発明者 剣持 一仁 / 長濱 拓也 / 坂田 敬
要約 課題
肉厚偏差等の良好な高寸法精度管を得るために、管の内部にプラグを装入しフローティングさせながら、管を連続して送って、ダイスで管の押し抜きを行うに際し、良好な寸法精度を得つつ、管の先端潰れを防止し、高能率に安定して高寸法精度管を製造することができる先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法を提供する。

解決手段
ダイス2の入側の近接した位置に一対の管押さえローラ5を配置し、その管押さえローラ5によって、後行材3bの先端面の位置と先行材3aの後端面の位置とをほぼ一致させて、押し抜き加工を行う。
特許請求の範囲
【請求項1】
管の内部にプラグを装入しフローティングさせながら、管を連続して送って、ダイスで管の押し抜き加工を行うに際して、ダイスの入側の近接した位置に管押さえローラを配置し、その管押さえローラによって、後行材の先端面の位置と先行材の後端面の位置とをほぼ一致させて、押し抜き加工を行うことを特徴とする先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法。
【請求項2】
管押さえローラが一対であることを特徴とする請求項1に記載の先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法。
【請求項3】
押さえローラとダイスとの距離を、押し抜き加工前の管の外径の50倍以下とすることを特徴とする請求項1または2に記載の先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、自動車駆動系部品などの高い寸法精度が要求される管の高能率製造方法に関する。
【背景技術】
【0002】
通常、管は溶接管と継目無管に大別される。溶接管は、電縫鋼管を例とするように、板を丸めて端部を突き合わせて溶接して製造し、継目無管は、材料の塊を高温で穿孔しマンドレルミル等で圧延して製造する。溶接管の場合、溶接後に溶接部分の盛り上がりを研削して管の寸法精度を向上しているが、その板厚偏差は±0.3mm以上である。また、継目無管の場合、穿孔工程で偏芯しやすくて、その後の工程で肉厚偏差を低減させるが、それでも製品の肉厚偏差は±1mm以上残存する。
【0003】
最近、環境問題から自動車の軽量化に拍車が掛かっており、駆動系部品は中実の棒から中空の管に置き換えられつつある。これら自動車駆動系部品等の管は±0.1mm以下の高寸法精度が要求される。
【0004】
従って、上記の溶接管、継目無管ともに、従来は造管後にダイスとプラグを用いて、例えば特許文献1等に記載されるように、冷間で管を引き抜いて製造していた(図3)。しかし、引き抜き加工では、設備上の制約や管の肉厚・径が大きいなどによって引き抜き応力が充分得られずに縮径率を低くせざるを得ない場合などに、加工バイト中で、ダイス2と管3、プラグ1と管3の接触が不十分となり、管3の内面、外面の平滑化が不足して凹凸が残留する結果、管3の寸法精度が低下してしまうことから、さらに高寸法精度とする製造方法が強く求められていた。また、引き抜きでは管3の先端を管引き抜き装置6で強力に挟んで張力を加える必要があることから、管3の先端をすぼめて単発で管3を引き抜く必要があり、加工能率が著しく低かった。
【0005】
これに対して、特許文献2に記載されるような押し抜き加工の場合(図2)、管3の内部にプラグ1を装入しフローティングさせながら、管押し込み装置4で管3をダイス2に押し込むことから、加工バイトの内部は全て圧縮応力が作用する。その結果、加工バイト入側、出側を問わずに、管3はプラグ1及びダイス2に十分接触できる。しかも、軽度の縮径率であっても加工バイト内部は圧縮応力となるため、引き抜きに比較して管3とプラグ1、管3とダイス2が十分接触しやすくて、管は平滑化しやすくなって高寸法精度の管が得られる。さらに、図2に示したようなキャタビラ形式の管押し込み装置4を用い、所定長さの管3を連続して送って、ダイス2で管の押し抜きを行うことができるので、高い加工能率を得ることが可能である。
【特許文献1】特開平07−032030号公報
【特許文献2】特開2004−314083号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかし、押し抜き加工において、所定長さの管3を連続して送って、ダイス2で管の押し抜きを行った場合に、先行材3aの後端面と後行材3bの先端面の接触が充分でないと、管の端面の一部に応力集中が生じて潰れが発生し、管が製品とならないだけでなく、押し抜き力が後行材3bを通じて先行材3aに伝わらず、押し抜きそのものが不可能になる場合が生じていた。
【0007】
そこで、管の先端潰れを防止して押し抜き加工を能率良く行うことができる方法が望まれていた。
【0008】
本発明は、上記のような事情に鑑みてなされたものであり、肉厚偏差等の良好な高寸法精度管を得るために、管の内部にプラグを装入しフローティングさせながら、管を連続して送って、ダイスで管の押し抜きを行うに際し、良好な寸法精度を得つつ、管の先端潰れを防止し、高能率に安定して高寸法精度管を製造することができる先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法を提供することを目的とするものである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明者らは、上記のような、連続して管の押し抜きを行う場合の先端潰れの発生について、詳細に観察した結果、以下のような知見を得た。
【0010】
連続して管の押し抜きを行う場合には、後行材3bの先端と先行材3aの後端との接触を充分に行って、管端部に応力集中させずに、後行材3bの押し抜き力を先行材3aへ充分伝達する必要がある。
【0011】
その際に、先行材3aの後端はダイス孔付近にあるため、先行材に曲がりなどがあっても、ダイスで拘束されて、その後端位置はあまり変動せず、押し抜きを継続してもほぼ同じ位置に存在する。
【0012】
これに対して、後行材3bの先端は、その管の曲がりなどの影響をそのまま受けてその位置が常に変動し、先行材3aの後端と充分に接触できるわけではない。通常、後行材3bを支えるローラが設置されているが、後行材3bに曲がりがあると重力を受けて安定するように管の位置が決まるため、後行材3bの先端は必ずしも先行材3aの後端に一致しないのが一般的である。
【0013】
しかし、後行材3bの先端の位置と先行材3aの後端の位置が一致しないと、接触した端面に応力集中が発生し、その結果、集中した応力により端面が潰れてしまい、押し抜きが可能であったとしてもその管は製品にならない。また、後行材3bを押して加工するため、管3の端面が潰れると押し抜き力が伝達できなくなり、押し抜きそのものが不可能になる。
【0014】
そこで、上記のような知見に基づいて、本発明者らは、先端潰れの発生を防止するために、後行材の先端に着目した。すなわち、前述したように、先行材3aの後端は、ダイス孔付近にあるため、先行材の曲がりなどがあっても位置が変動しにくく、押し抜きを継続してもほぼ同じ位置に存在するが、後行材3bの先端は、その管の曲がりなどの影響を受けてその位置が常に変動する。そこで、後行材3bの先端位置の変動を防止する方法を検討し、その結果、後行材3bの先端を押さえ込む方法を採ることにした。すなわち、ダイスの上流側に後行材3bの先端を押さえ込むための管押さえローラを設置して、後行材3bの先端を押さえ込めばよいわけである。
【0015】
本発明は、上記のような観点に基づいて、以下のような特徴を有している。
【0016】
[1]管の内部にプラグを装入しフローティングさせながら、管を連続して送って、ダイスで管の押し抜き加工を行うに際して、ダイスの入側の近接した位置に管押さえローラを配置し、その管押さえローラによって、後行材の先端面の位置と先行材の後端面の位置とをほぼ一致させて、押し抜き加工を行うことを特徴とする先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法。
【0017】
[2]管押さえローラが一対であることを特徴とする前記[1]に記載の先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法。
【0018】
[3]押さえローラとダイスとの距離を、押し抜き加工前の管の外径の50倍以下とすることを特徴とする前記[1]または[2]に記載の先端潰れを防止した高寸法精度管の高能率製造方法。
【発明の効果】
【0019】
本発明においては、ダイス入側に近接して配置した管押さえローラによって、後行材の先端の端面と先行材の後端の端面とをほぼ一致させて、押し抜き加工を行うようにしているので、良好な寸法精度を得つつ、管の先端潰れを防止し、高能率に安定して高寸法精度管を製造することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0020】
本発明の一実施形態を図1に基づいて説明する。
【0021】
図1に示すように、この実施形態においては、予め管1の内外表面に潤滑被膜を形成させて、管1の内部にプラグ3を装入しフローティングさせながら、ダイス2の入側に設けられたキャタビラ形式の管押し込み装置4によって押し込み力5を加えて、所定長さの管3を連続して送り、ダイス2で押し抜き加工を行うようにしている。
【0022】
その際に、この実施形態においては、ダイス2の入側の近接した位置に一対の管押さえローラ5を配置し、その管押さえローラ5によって、後行材3bの先端面の位置と先行材3aの後端面の位置とをほぼ一致させて、押し抜き加工を行うようにしている。
【0023】
これによって、この実施形態においては、良好な寸法精度を得つつ、管の先端潰れを防止し、高能率に安定して高寸法精度管を製造することができる。
【0024】
なお、管を押さえるには、孔型ローラであれば、ローラが配置されている方向(例えば、垂直方向)だけでなく、その直角方向(例えば、水平方向)も押さえることができるため、ローラは一対でよい。
【0025】
また、押さえローラ5の配置する位置を鋭意検討したところ、ダイス2入側(押し抜き加工前)の管の長さや曲がりによって管の先端位置が変動しやすいが、管外径の50倍以下の位置に押さえローラ5を設置すれば、先行材3aの後端に対して後行材3bの先端を的確に接触できて、管先端の潰れを防止できる。
【実施例】
【0026】
本発明の実施例として、φ40mm×6mmt×5.5mLで降伏応力490MPaの鋼管を用いて、φ35mm×6mmtの管の製造を試みた。
【0027】
本発明例としては、図1に示す前述の実施形態の押し抜き加工によって製造した。その際に、管押し込み装置4とダイス2との距離を700mmとし、ダイス2から200mmの位置に一対の管押さえローラ5を配置した。なお、潤滑被膜として乾燥性潤滑剤の被膜を管3に充分付着させて押し抜きを行った。
【0028】
比較例としては、図2に示すように、管押さえローラは設置しないで、押し抜き加工によって製造した。その際に、管押し込み装置4とダイス2との距離を700mmとした。なお、潤滑剤として液体潤滑剤を供給しつつ押し抜きを行った。
【0029】
従来例としては、図3に示すような、引き抜き加工によって製造した。なお、潤滑被膜として乾燥性潤滑剤被膜を充分付着させて引く抜きを行った。
【0030】
これらの鋼管の先端潰れ発生状態、加工時の荷重、加工能率及び加工後の鋼管の寸法精度について表1に示す。なお、表1において、加工能率は、従来例(引き抜き)における単位作業時間当たりの鋼管加工本数を1として、本発明例、比較例での押し抜き本数の比によって示した。
【0031】
【表1】


【0032】
表1に示すように、本発明例においては、良好な寸法精度を得つつ、管の先端潰れを防止し、高能率に安定して高寸法精度管を製造できている。
【図面の簡単な説明】
【0033】
【図1】本発明の一実施形態の説明図である。
【図2】比較技術の説明図である。
【図3】従来技術の説明図である。
【符号の説明】
【0034】
1 プラグ
2 ダイス
3 管
3a 先行材
3b 後行材
4 管の押し込み装置
5 管先端押さえローラ
6 管の引き抜き装置




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013