Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
硬質被覆層が高速切削加工ですぐれた耐チッピング性を発揮する穴なし表面被覆サーメット製切削スローアウエイチップ - 三菱マテリアル株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 三菱マテリアル株式会社

発明の名称 硬質被覆層が高速切削加工ですぐれた耐チッピング性を発揮する穴なし表面被覆サーメット製切削スローアウエイチップ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−118107(P2007−118107A)
公開日 平成19年5月17日(2007.5.17)
出願番号 特願2005−311212(P2005−311212)
出願日 平成17年10月26日(2005.10.26)
代理人 【識別番号】100076679
【弁理士】
【氏名又は名称】富田 和夫
発明者 本間 哲彦 / 原 央 / 功刀 斉
要約 課題
高速切削加工で耐チッピング性を発揮する穴なし被覆切削チップを提供する。

解決手段
チップ基体の表面に、下部層としてTi化合物層、上部層としてα型Al23層、の硬質被覆層を蒸着形成してなり、工具本体にクランプ駒による挟み締めにより取り付けられる穴なし被覆切削チップにおいて、前記上部層の全面に、組成式:TiOX 、で表わした場合、X:原子比で1.2〜1.7、を満足する酸化チタン層からなる下側層と、組成式:TiN1-Y(O)Y、で表わした場合(ただし、(O)は前記酸化チタン層からの拡散酸素を示す)、Y:原子比で0.01〜0.4、を満足する窒酸化チタン層からなる上側層で構成された研磨材層を蒸着形成した状態で、ウエットブラストにて、Al23微粒を配合した研磨液を噴射し、前記クランプ駒当接面部分の研磨材層を残して、前記α型Al23層の表面を研磨して、その表面粗さをRa:0.2μm以下としてなる。
特許請求の範囲
【請求項1】
炭化タングステン基超硬合金または炭窒化チタン基サーメットで構成されたチップ基体の切刃稜線部を含むすくい面および逃げ面の全面に、
(a−1)下部層として、炭化チタン層、窒化チタン層、炭窒化チタン層、炭酸化チタン層、および炭窒酸化チタン層のうちの1層または2層以上からなり、かつ3〜20μmの全体平均層厚を有するTi化合物層、
(a−2)上部層として、1〜15μmの平均層厚を有し、かつ化学蒸着した状態でα型の結晶構造を有する酸化アルミニウム層、
以上(a−1)および(a−2)で構成された硬質被覆層を蒸着形成してなり、かつ、工具本体にクランプ駒による挟み締めにより交換自在に取り付けられる穴なし表面被覆サーメット製切削スローアウエイチップにおいて、
上記硬質被覆層の上部層である酸化アルミニウム層の全面に、
(b−1)下側層として、0.1〜3μmの平均層厚を有し、かつ、
組成式:TiOX
で表わした場合、厚さ方向中央部をオージェ分光分析装置で測定して、原子比で、
X:1.2〜1.7、
を満足する酸化チタン層、
(b−2)上側層として、0.05〜2μmの平均層厚を有し、かつ、
組成式:TiN1-Y(O)Y
で表わした場合(ただし、(O)は上記酸化チタン層からの拡散酸素を示す)、同じく厚さ方向中央部をオージェ分光分析装置で測定して、同じく原子比で、
Y:0.01〜0.4、
を満足する窒酸化チタン層、
以上(b−1)および(b−2)で構成された研磨材層を蒸着形成した状態で、
ウエットブラストにて、噴射研磨材として、水との合量に占める割合で15〜60質量%の酸化アルミニウム微粒を配合した研磨液を噴射し、
上記の研磨材層のウエットブラストによる粉砕化酸化チタン微粒(下側層)および粉砕化窒酸化チタン微粒(上側層)と、噴射研磨材としての酸化アルミニウム微粒の共存下で、上記クランプ駒当接面部分の上記研磨材層を残して、上記硬質被覆層の上部層を構成する酸化アルミニウム層の表面を研磨して、切刃稜線部を含むすくい面および逃げ面の表面粗さを準拠規格JIS・B0601−1994に基いた測定で、Ra:0.2μm以下としたことを特徴とする、硬質被覆層が高速切削加工ですぐれた耐チッピング性を発揮する穴なし表面被覆サーメット製切削スローアウエイチップ。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
この発明は、特に各種の鋼や鋳鉄などの高速切削加工に用いた場合に、硬質被覆層がすぐれた耐チッピング性を発揮する穴なし表面被覆サーメット製切削スローアウエイチップ(以下、被覆切削チップという)に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、一般に、図4に概略斜視図で示される通り、炭化タングステン(以下、WCで示す)基超硬合金または炭窒化チタン(以下、TiCNで示す)基サーメットで構成された基体(以下、これらを総称してチップ基体という)の切刃稜線部を含むすくい面および逃げ面の全面に、
(a−1)下部層として、炭化チタン(以下、TiCで示す)層、窒化チタン(以下、同じくTiNで示す)層、炭窒化チタン(以下、TiCNで示す)層、炭酸化チタン(以下、TiCOで示す)層、および炭窒酸化チタン(以下、TiCNOで示す)層のうちの1層または2層以上からなり、かつ3〜20μmの全体平均層厚を有するTi化合物層、
(a−2)上部層として、1〜15μmの平均層厚を有し、かつ化学蒸着した状態でα型の結晶構造を有する酸化アルミニウム層(以下、α型Al23層で示す)、
以上(a−1)および(a−2)で構成された硬質被覆層を蒸着形成してなる被覆切削チップが知られている。
また、上記の被覆切削チップが、図5に概略斜視図で示される通り、工具本体、例えばシャンク部の先端部にシートを介して載置され、チップ上面にクランク駒の先端部を当接させ、前記クランク駒後部に設けたクランプねじの締め込みにより交換自在に挟み締め固定した状態で、例えば各種の鋼や鋳鉄などの連続切削や断続切削に用いられることも良く知られている。
【0003】
また、上記の被覆切削チップにおいて、これの硬質被覆層の構成層は、一般に粒状結晶組織を有し、さらに、下部層であるTi化合物層を構成するTiCN層を、層自身の強度向上を目的として、通常の化学蒸着装置にて、反応ガスとして有機炭窒化物を含む混合ガスを使用し、700〜950℃の中温温度域で化学蒸着することにより形成して縦長成長結晶組織をもつようにすることも知られている。
さらに、上記の被覆切削チップの硬質被覆層を構成するα型Al23層(上部層)の表面を、切削性能を向上させる目的でウエットブラスト処理して、平滑化することも知られている。
【特許文献1】特開平6−31503号公報
【特許文献2】特開平6−8010号公報
【特許文献3】特開平8−276305号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
近年の切削装置の高性能化はめざましく、一方で切削加工に対する省力化および省エネ化、さらに低コスト化の要求は強く、これに伴い、切削加工は高速化の傾向にあるが、上記の従来被覆切削チップにおいては、これを鋼や鋳鉄などの通常の条件での連続切削や断続切削に用いた場合には問題はないが、特に切削速度が350m/min.を越える高速で切削加工を行なうのに用いた場合には、硬質被覆層の上部層を構成するα型Al23層にチッピング(微少欠け)が発生し易く、この結果比較的短時間で使用寿命に至るのが現状である。
【課題を解決するための手段】
【0005】
そこで、本発明者等は、上述のような観点から、上記のα型Al23層が硬質被覆層の上部層を構成する被覆切削チップに着目し、特に前記α型Al23層の耐チッピング性向上を図るべく研究を行った結果、
(a)上記の従来被覆切削チップにおける硬質被覆層の上部層を構成するα型Al23層の表面に、ウエットブラストにて、噴射研磨材として、水との合量に占める割合で15〜60質量%の酸化アルミニウム(以下、Al23で示す)微粒を配合した研磨液を噴射して、研磨すると、前記α型Al23層は、準拠規格JIS・B0601−1994に基いた測定(以下の表面粗さは全てかかる準拠規格に基いた測定値を示す)で、Ra:0.3〜0.6μmの表面粗さを示すようになるが、この結果の前記α型Al23層の表面を、ウエットブラストにてRa:0.3〜0.6μmの表面粗さに平滑化した被覆切削チップを用いても、切削速度が350m/min.を越えた高速切削加工では切刃部におけるチッピング発生を満足に抑制することはできないこと。
【0006】
(b)一方、図2に概略斜視図で示される通り、上記の従来被覆切削チップにおける硬質被覆層の上部層を構成するα型Al23層の切刃稜線部を含むすくい面および逃げ面の全面に、
(b−1)まず、下側層として、反応ガス組成を、体積%で、
TiCl4:0.2〜10%、
CO2:0.1〜10%、
Ar:5〜60%、
2:残り、
とし、かつ、
反応雰囲気温度:800〜1100℃、
反応雰囲気圧力:4〜70kPa、
とした条件で、0.1〜3μmの平均層厚を有し、かつ、オージェ分光分析装置で測定して、Tiに対する酸素の割合が原子比で1.25〜1.90、即ち、
組成式:TiOW
で表わした場合、
W:原子比で1.25〜1.90、
を満足する酸化チタン層を形成し、
(b−2)ついで、上記酸化チタン層(下側層)の上に、上側層として、通常の条件、即ち、反応ガス組成を、体積%で、
TiCl4:0.2〜10%、
2:4〜60%、
2:残り、
とし、かつ、
反応雰囲気温度:800〜1100℃、
反応雰囲気圧力:4〜90kPa、
とした条件で、0.05〜2μmの平均層厚を有するTiN層を形成すると、
(b−3)上記TiN層(上側層)形成時に、上記下側層を構成する酸化チタン層の酸素が拡散してきて前記上側層(TiN層)が、窒酸化チタン層で構成されるようになるが、この場合上記上側層(前記窒酸化チタン層)形成後の上記下側層である酸化チタン層は、厚さ方向中央部をオージェ分光分析装置で測定して、酸素の割合がTiに対する原子比で1.2〜1.7、即ち、
組成式:TiOX
で表わした場合、
X:原子比で1.2〜1.7、
を満足する酸化チタン層となり、
(b−4)また、上記窒酸化チタン層で構成された上側層は、同じく厚さ方向中央部をオージェ分光分析装置で測定して、拡散酸素の割合が窒素(N)に対する原子比で0.01〜0.4、即ち、
組成式:TiN1-Y(O)Y
で表わした場合(ただし、(O)は上記下側研磨材層からの拡散酸素を示す)、
Y:原子比で0.01〜0.4、
を満足する窒酸化チタン層となること。
【0007】
(c)上記窒酸化チタン層(上側層)および酸化チタン層(下側層)を蒸着形成した状態で、
上記(a)におけると同じくウエットブラストにて、噴射研磨材として、水との合量に占める割合で15〜60質量%のAl23微粒を配合した研磨液を噴射すると、前記窒酸化チタン層および酸化チタン層は、前記Al23微粒によって粉砕微粒化し、窒酸化チタン微粒および酸化チタン微粒となって前記Al23微粒の共存下で研磨材として作用し、硬質被覆層の上部層を構成するα型Al23層の表面を研磨することになり、この結果研磨後の前記α型Al23層の表面は、Ra:0.2μm以下の表面粗さにまで平滑化されるようになり、この上部層であるα型Al23層の表面がRa:0.2μm以下の表面粗さに平滑化した被覆切削チップを用いて、高速切削加工を行った場合、350m/min.を越える切削速度でも切刃部におけるチッピング発生が防止され、前記硬質被覆層は長期に亘ってすぐれた耐摩耗性を発揮するようになること。
【0008】
(d)上記の通り、切削速度が350m/min.を越えた高速切削加工では、被覆切削チップの切刃部に懸かる負荷はきわめて高いものになるため、特にフライス切削の場合、工具本体への被覆切削チップの取り付けに際しては、きわめて高い挟み締め力で取り付けが行なわれることになり、この結果被覆切削チップのクランプ駒当接部の硬質被覆層に対する圧縮応力はきわめて高いものとなるばかりでなく、これに対応して、切削加工時にクランプ駒当接部における機械的震動はきわめて強力なものとなるので、特に上部層を構成するα型Al23層は、ビッカース硬さ(Hv)で約3000の高硬度を有することと相俟って、これに割れが発生し易くなり、これが原因で硬質被覆層に剥離やチッピングが発生するようになるが、図1に概略斜視図で示される通り、前記ウエットブラストに際して、クランプ駒当接部を研磨せず、この部分の研磨材層を残した状態にしておくと、上記の研磨材層を構成する窒酸化チタン層(上側層)および酸化チタン層(下側層)は、いずれも前記α型Al23層に比して、相対的にきわめて低いHv:約2000の硬さをもつほか、高強度を具備するものであるため、図3に概略斜視図で示される通り、工具本体へのクランプ駒による被覆切削チップの取り付けに際して、高い挟み締め力の緩衝層として作用し、この結果前記α型Al23層に対する圧縮応力を著しく緩和し、さらに、切削加工時に発生する強力な機械的震動の前記クランプ駒への伝達を吸収し、緩和する防震層としても作用し、これによって前記α型Al23層に対する前記クランプ駒による震動攻撃が緩和されることから、前記α型Al23層における剥離やチッピング発生の原因となる割れ発生が防止されるようになること。
以上(a)〜(d)に示される研究結果を得たのである。
【0009】
この発明は、上記の研究結果に基づいてなされたものであって、WC基超硬合金またはTiCN基サーメットで構成されたチップ基体の切刃稜線部を含むすくい面および逃げ面の全面に、
(a−1)下部層として、TiC層、TiN層、TiCN層、TiCO層、およびTiCNO層のうちの1層または2層以上からなり、かつ3〜20μmの全体平均層厚を有するTi化合物層、
(a−2)上部層として、1〜15μmの平均層厚を有するα型Al23層、
以上(a−1)および(a−2)で構成された硬質被覆層を蒸着形成してなり、かつ、工具本体にクランプ駒による挟み締めにより交換自在に取り付けられる被覆切削チップにおいて、
上記硬質被覆層の上部層であるα型Al23層の全面に、
(b−1)下側層として、0.1〜3μmの平均層厚を有し、かつ、
組成式:TiOX
で表わした場合、厚さ方向中央部をオージェ分光分析装置で測定して、
X:原子比で1.2〜1.7、
を満足する酸化チタン層、
(b−2)上側層として、0.05〜2μmの平均層厚を有し、かつ、
組成式:TiN1-Y(O)Y
で表わした場合(ただし、(O)は上記Ti酸化物層からの拡散酸素を示す)、同じく厚さ方向中央部をオージェ分光分析装置で測定して、
Y:原子比で0.01〜0.4、
を満足する窒酸化チタン層、
以上(b−1)および(b−2)で構成された研磨材層を蒸着形成した状態で、
ウエットブラストにて、噴射研磨材として、水との合量に占める割合で15〜60質量%のAl23微粒を配合した研磨液を噴射し、
上記の研磨材層のウエットブラストによる粉砕化酸化チタン微粒(下側層)および粉砕化窒酸化チタン微粒(上側層)と、噴射研磨材としてのAl23微粒の共存下で、上記クランプ駒当接面部分の研磨材層を残して、上記硬質被覆層の上部層を構成するα型Al23層の表面を研磨して、切刃稜線部を含むすくい面および逃げ面の表面粗さを準拠規格JIS・B0601−1994に基いた測定で、Ra:0.2μm以下としてなる、硬質被覆層が高速切削加工ですぐれた耐チッピング性を発揮する被覆切削チップに特徴を有するものである。
【0010】
以下に、この発明の被覆切削チップの硬質被覆層および研磨材層、さらにウエットブラストで用いられる研磨液のAl23微粒に関して、上記の通りに数値限定した理由を説明する。
(a)硬質被覆層
(a−1)下部層のTi化合物層
Ti化合物層は、α型Al23層の下部層として存在し、自身の具備するすぐれた高温強度によって硬質被覆層が高温強度向上に寄与するほか、チップ基体とα型Al23層のいずれにも強固に密着し、よって硬質被覆層のチップ基体に対する密着性を向上させる作用を有するが、その全体平均層厚が3μm未満では、前記作用を十分に発揮させることができず、一方その全体平均層厚が20μmを越えると、特に高熱発生を伴なう高速切削では熱塑性変形を起し易くなり、これが偏摩耗の原因となることから、その全体平均層厚を3〜20μmと定めた。
【0011】
(a−2)上部層のα型Al23
上記のα型Al23層は、すぐれた高温硬さと耐熱性を有し、被覆切削チップの切削性能向上に寄与するが、その平均層厚が1μm未満では、所望のすぐれた切削性能を長期に亘って発揮させることができず、一方その平均層厚が15μmを越えて厚くなりすぎると、チッピングが発生し易くなることから、その平均層厚を1〜15μmと定めた。
【0012】
(b)研磨材層
上側層を構成する窒酸化チタン層は、上記の通り、まず、酸素の割合をNに対する原子比で1.25〜1.90(W値)とした酸化チタン層を形成し、ついで、前記酸化チタン層の上に通常の条件でTiN層を蒸着することにより形成されるものであり、したがって前記TiN層形成時における前記酸化チタン層からの酸素の拡散が不可欠となるが、前記酸化チタン層のW値が1.25未満であると、前記TiN層への酸素の拡散反応が急激に低下し、上側層における拡散酸素の割合(Y値)を原子比で0.01以上にすることができず、一方同W値が1.90を越えると、前記上側層における拡散酸素の割合(Y値)が原子比で0.40を越えて多くなってしまうことから、W値を1.25〜1.90と定めたものであり、この場合上側層形成後の下側層(酸化チタン層)における酸素の割合(X値)は原子比で1.2〜1.7の範囲内の値をとるようになる、言い換えれば上側層形成後の下側層のX値が1.2〜1.7を満足する場合に、前記上側層のY値は0.01〜0.40を満足するものとなる。
また、この場合、下側層のX値および上側層のY値をそれぞれ1.2〜1.7および0.01〜0.40と定めたのは、前記X値およびY値が前記の値をとった場合に、これら研磨材層のウエットブラスト時における粉砕微粒化が好適な状態で行なわれ、すぐれた研磨機能を十分に発揮することが多くの試験結果から得られ、これらの試験結果に基いて定めたものである。したがって、前記X値およびY値がそれぞれ1.2〜1.7および0.01〜0.40の範囲から外れると、前記研磨材層のウエットブラスト時における粉砕微粒化が満足に行なわれず、すぐれた研磨機能を期待することができない。
さらに、上側層および下側層の平均層厚を、それぞれ0.05〜2μmおよび0.1〜3μmとしたのは、その平均層厚が0.05μm未満および0.1μm未満では、ウエットブラスト時における下側層の粉砕化酸化チタン微粒、上側層の粉砕化窒酸化チタン微粒の割合が少な過ぎて、研磨機能を十分に発揮することができず、一方、その平均層厚がそれぞれ2μmおよび3μmを越えても、研磨機能が急激に低下するようになり、いずれの場合もα型Al23層の表面をRa:0.2μm以下の表面粗さに研磨することができなくなるという理由にもとづくものである。
また、平均層厚に関して、上記上側層と下側層の合計平均層厚を0.1μm以上としたのは、0.1μm未満ではクランプ駒当接面部分の研磨材層による挟み締め力緩衝効果および防震効果を十分に発揮することができないという理由にもよるものである。
【0013】
(c)研磨液のAl23微粒の割合
研磨液のAl23微粒には、ウエットブラスト時に研磨材層を構成する下側層の粉砕化酸化チタン微粒および上側層の粉砕化窒酸化チタン微粒と共存した状態で、α型Al23層の表面を研磨する作用があるが、その割合が水との合量に占める割合で15質量%未満でも、また60質量%を越えても研磨機能が急激に低下するようになることから、その割合を15〜60質量%と定めた。
【発明の効果】
【0014】
この発明の被覆切削チップは、硬質被覆層の上部層を構成するα型Al23層の切刃稜線部を含むすくい面および逃げ面が、Ra:0.2μm以下の表面粗さに研磨され、さらにクランプ駒当接面部分に存在する研磨材層が、工具本体への被覆切削チップの取り付けに際して、高速切削加工では不可欠の高い挟み締め力の緩衝層として作用するほか、切削加工時に発生する強力な機械的震動の防震層として作用することから、前記α型Al23層に対する圧縮応力が著しく緩和され、かつ、前記クランプ駒による震動攻撃がきわめて小さなものとなり、この結果前記α型Al23層における剥離やチッピング発生の原因となる割れ発生が防止されるようになることと相俟って、各種の鋼や鋳鉄などの切削加工を、切削速度が350m/min.を越える高速で行うのに用いた場合にも、すぐれた耐チッピング性を発揮し、使用寿命の一層の延命化を可能とするものである。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
つぎに、この発明の被覆切削チップを実施例により具体的に説明する。
【実施例】
【0016】
原料粉末として、いずれも1〜3μmの平均粒径を有するWC粉末、TiC粉末、ZrC粉末、VC粉末、TaC粉末、NbC粉末、Cr32粉末、TiN粉末、TaN粉末、およびCo粉末を用意し、これら原料粉末を、表1に示される配合組成に配合し、さらにワックスを加えてアセトン中で24時間ボールミル混合し、減圧乾燥した後、98MPaの圧力で所定形状の圧粉体にプレス成形し、この圧粉体を5Paの真空中、1370〜1470℃の範囲内の所定の温度に1時間保持の条件で真空焼結し、焼結後、切刃部にR:0.07mmのホーニング加工を施すことによりISO・CNMG120408に規定するスローアウエイチップ形状をもったWC基超硬合金製のチップ基体A〜Fをそれぞれ製造した。
【0017】
また、原料粉末として、いずれも0.5〜2μmの平均粒径を有するTiCN(質量比でTiC/TiN=50/50)粉末、Mo2C粉末、ZrC粉末、NbC粉末、TaC粉末、WC粉末、Co粉末、およびNi粉末を用意し、これら原料粉末を、表2に示される配合組成に配合し、ボールミルで24時間湿式混合し、乾燥した後、98MPaの圧力で圧粉体にプレス成形し、この圧粉体を1.3kPaの窒素雰囲気中、温度:1540℃に1時間保持の条件で焼結し、焼結後、切刃部分にR:0.07mmのホーニング加工を施すことによりISO規格・CNMG120412のチップ形状をもったTiCN基サーメット製のチップ基体a〜fを形成した。
【0018】
ついで、これらのチップ基体A〜Fおよびチップ基体a〜fのそれぞれを、通常の化学蒸着装置に装入し、
まず、表3(表3中のl−TiCNは特開平6−8010号公報に記載される縦長成長結晶組織をもつTiCN層の形成条件を示すものであり、これ以外は通常の粒状結晶組織の形成条件を示すものである)に示される条件にて、表6に示される目標層厚のTi化合物層およびα型Al23層を硬質被覆層の下部層および上部層として蒸着形成し(図4参照)、
ついで、研磨材層の下側層形成用酸化チタン層[TiO(1)〜(6)のいずれか]を表4に示される条件で形成した後、上側層形成用窒化チタン層(TiN層)を同じく表3に示される条件で、表6に示される目標層厚で蒸着形成して、表6に示される組成、すなわち厚さ方向中央部をオージェ分光分析装置で測定して、それぞれ表6に示されるX値およびY値の下側層および上側層からなる研磨材層を形成し(図2参照)、
引き続いて、上記の下側層および上側層からなる研磨材層形成の被覆切削チップに、表5に示されるブラスト条件で、かつ表6に示される組み合わせでウエットブラストを施して、クランプ駒当接面部分に研磨材層を存在させた状態で、前記α型Al23層(上部層)の切刃稜線部を含むすくい面および逃げ面を、同じく表6に示される表面粗さに研磨することにより本発明被覆切削チップ1〜13をそれぞれ製造した(図1参照)。
【0019】
また、比較の目的で、表7に示される通り、下側層および上側層からなる研磨材層の形成を行なわない以外は同一の条件で従来被覆切削チップ1〜13をそれぞれ製造した(図4参照)。
この結果得られた従来被覆切削チップ1〜13の硬質被覆層を構成するα型Al23層のウエットブラスト後の表面粗さを表7に示した。
【0020】
また、上記本発明被覆切削チップ1〜13および従来被覆切削チップ1〜13の硬質被覆層の構成層の厚さを、走査型電子顕微鏡を用いて測定(縦断面測定)したところ、いずれも目標層厚と実質的に同じ平均層厚(5点測定の平均値)を示した。
【0021】
つぎに、上記の本発明被覆切削チップ1〜13および従来被覆切削チップ1〜13の各種の被覆切削チップについて、それぞれ図3,5に示される通り、いずれも工具鋼製バイト(工具本体)のシャンク先端部にクランプ駒のクランプねじによる挟み締めにより取り付けた状態で、
被削材:JIS・SCM440の長さ方向等間隔4本縦溝入り丸棒、
切削速度:350m/min、
切り込み:1.5mm、
送り:0.3mm/rev、
切削時間:8分、
の条件(切削条件Aという)での合金鋼の乾式断続高速切削試験(通常の切削速度は180m/min)、
被削材:JIS・S45Cの丸棒、
切削速度:500m/min、
切り込み:1mm、
送り:0.2mm/rev、
切削時間:5分、
の条件(切削条件Bという)での炭素鋼の湿式連続高速切削試験(通常の切削速度は300m/min)、さらに、
被削材:JIS・FC300の丸棒、
切削速度:500m/min、
切り込み:2.5mm、
送り:0.3mm/rev、
切削時間:15分、
の条件(切削条件Cという)での鋳鉄の湿式連続高速切削試験(通常の切削速度は250m/min)を行い、いずれの切削試験でも切刃の逃げ面摩耗幅を測定した。この測定結果を表8に示した。
【0022】
【表1】


【0023】
【表2】


【0024】
【表3】


【0025】
【表4】


【0026】
【表5】


【0027】
【表6】


【0028】
【表7】


【0029】
【表8】


【0030】
表6〜8に示される結果から、本発明被覆切削チップ1〜13は、いずれも硬質被覆層の上部層を構成するα型Al23層の切刃稜線部を含むすくい面および逃げ面が、Ra:0.2μm以下の表面粗さに研磨され、さらにクランプ駒当接面部分に存在する研磨材層が、工具本体への被覆切削チップの取り付けに際しては、350m/minを越える高速切削加工では不可欠の高い挟み締め力の緩衝層として作用し、さらに切削加工時に発生する強力な機械的震動の防震層としても作用することから、前記α型Al23層に対する圧縮応力が著しく緩和され、かつ、前記クランプ駒による震動攻撃がきわめて小さなものとなり、この結果前記α型Al23層における剥離やチッピング発生の原因となる割れ発生が防止され、鋼および鋳鉄の高速切削加工で、すぐれた耐チッピング性を示し、長期に亘ってすぐれた切削性能を発揮するのに対して、硬質被覆層の上部層を構成するα型Al23層の表面粗さが、Ra:0.3〜0.6μmを示す従来被覆切削チップ1〜13においては、いずれも350m/minを越える高速切削加工では、工具取り付けに高い挟み締め力を必要とすることと相俟って、前記α型Al23層にチッピングが発生し、比較的短時間で使用寿命に至ることが明らかである。
【0031】
上述のように、この発明の被覆切削チップは、各種鋼や鋳鉄などの通常の条件での連続切削や断続切削は勿論のこと、特に切削加工を350m/minを越えた高速で行う場合にもすぐれた耐チッピング性を示し、長期に亘ってすぐれた切削性能を発揮するものであるから、切削装置の高性能化並びに切削加工の省力化および省エネ化、さらに低コスト化に十分満足に対応できるものである。
【図面の簡単な説明】
【0032】
【図1】硬質被覆層の一部を切り欠いて示した本発明被覆切削チップの概略斜視図である。
【図2】研磨材層の一部を切り欠いて示した研磨材層蒸着形成の被覆切削チップの概略斜視図である。
【図3】本発明被覆切削チップの工具本体への取りつけ態様を示す概略斜視図である。
【図4】硬質被覆層の一部を切り欠いて示した従来被覆切削チップの概略斜視図である。
【図5】従来被覆切削チップの工具本体への取りつけ態様を示す概略斜視図である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013