Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
レーザー発光機(レーザーサイト)つきゴルフクラブ。 - 安達 秀行
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 安達 秀行

発明の名称 レーザー発光機(レーザーサイト)つきゴルフクラブ。
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−82963(P2007−82963A)
公開日 平成19年4月5日(2007.4.5)
出願番号 特願2005−303598(P2005−303598)
出願日 平成17年9月20日(2005.9.20)
代理人
発明者 安達 秀行
要約 課題
従来のゴルフスゥイング弧(スウィングプレーン練習機)は、大きく広い場所を必要とし、且つ練習者の体格やクラブの長さにより器具を調整する作業を必要とした。
また、大きな器具の割りに正確なスウィング弧の練習が出来ないという問題がある。
本発明品は、まったく新しい観念からこれらの欠点が無い器具を開発し、より多くのゴルファーに楽しみを広げる為のゴルフクラブである。

解決手段
ゴルフスウィングをする為の道具の一部にレーザー発光機(レーザーサイト)と一端に滑り止めのグリップを取付けることで特別な器具を必要とせずに小型化と正確性を兼ね備え、クラブフェースの角度変化とクラブの移動線の確認と誘導を備えたゴルフクラブで、これにより練習者が悩む、器具の保管場所や練習場所の心配と練習時間の節約ができ能率の良い練習が可能となる。
特許請求の範囲
【請求項1】
レーザー発光機(レーザーサイト)を設けたレーザーサイトつきゴルフクラブ。
【請求項2】
ゴルフスウィングをする為の道具の管の一部に取付けたレーザー発光機(レーザーサイト)を固定しそれを作動させる為の電源と電源スイッチを取付け、ゴルフスウィングをする為の道具を振回す時の滑り止め用グリップを取付けた請求項目1記載のレーザー発光機を設けたレーザーサイトつきゴルフクラブ。
【請求項3】
ゴルフスウィングをする為の道具の一部に取付けたレーザー発光機(レーザーサイト)と電源部とスイッチがある部分は、請求項2記載の滑り止めグリップが付く部分と取外しがきき、それにより請求項2記載の滑り止めグリップが付く管の長さと形を変え使用できる請求項目1記載のレーザー発光機を設けたレーザーサイトつきゴルフクラブ。
【請求項4】
ゴルフスウィングをする為の道具の一部にレーザー発光機(レーザーサイト)を取付けた請求項目1記載のレーザー発光機を設けたレーザーサイトつきゴルフクラブ。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、ゴルフスウィングを正しいスウィング弧に導く為とクラブフェースの角度変化が目で見て解り易く工夫したゴルフクラブに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来のゴルフクラブでは、クラブフェースの微妙な角度変化が目で見て判りずらく、尚且つ正しいスウィング弧の誘導が無かった。その結果、ボールを実際に打つまでどの様にボールが飛んで行くか判断しにくかった。
【0003】
従来存在するスウィング弧の学習器具は、大掛かりで広い場所を必要とし、尚且つ個々の体格やゴルフクラブの長さにより器具の調整がとても大変で手間と時間がかかり且つ保管と移動が大変な作業だった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
これは次の欠点があった。
従来は、ゴルフスゥイングをするための道具の一部にレーザー発光機(レーザーサイト)を設けて、ゴルフスウィングをする為の道具を素振りをするだけで正しいゴルフスウィングに導く為の練習器具が無く、スウィング弧を覚える為に大掛かりな鉄枠や木枠を首が入るように切り抜き、この中に首を入れてゴルフクラブを振りゴルフ軌道を学習している練習器具や筋力アップの器具などが存在する。
【0005】
従来のスウィング弧を覚える器具は、ゴルフクラブを振る人やクラブの長さにより器具に取付けてあるボルトを動かし器具の角度を変える必要があり、正確なスウィング弧を学ぶ練習機が無かった。
本発明は、以上のような欠点を失くす為になされたものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
ゴルフスゥイングをするためのクラブの両端にレーザーの発光機(レーザーサイト)を設け、これを起動する為の電源元とスイッチをこの道具に取付ける。本発明は、以上の構成よりなるレーザー発光機(レーザーサイト)つきゴルフクラブ。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、本発明の実施の形態について説明する。
【0008】
ゴルフスゥイングをするための道具の上部にあたる一端にレーザー発光機を固定する。
【0009】
ゴルフスゥイングをするための道具の下部にある一端にレーザーの発光機を固定する。
【0010】
ゴルフスゥイングをするための道具にあたる一端に固定したレーザー発光機を起動する為の電源と電源スイッチを取付ける。
【0011】
ゴルフスゥイングをする道具の下部の一端に持った時の滑止め用グリップを取付ける。
【0012】
本発明は、以上のような構造でこれを使用する時は、スイッチを入れてゴルフスゥイングをする道具の両端に取付けたレーザー光(レーザーポイント)を点灯させ、グリップを持ちゴルフスウィングの練習をしながら実際にボールを打つことができる。
【0013】
そうすると次の要領でゴルフのスウィング弧の練習ができる。
従来のゴルフクラブと同様にレーザー発光機(レーザーサイト)つきゴルフ練習機を素振りすることにより、取付けたレーザー発光機からでるレーザーポイントの動きでクラブフェースの角度変化やクラブの軌道線やスウィング弧の軌道と同時に正しいスウィング弧の誘導が可能となる。
【発明の効果】
【0014】
従来あるスウィング弧を学習する練習器具と違い、広い場所を必要とせず、人の体格ごとに器具の調整する手間もなく、本発明品のスイッチを入れるだけでゴルフに一番必要なスウィング弧の練習が正確かつ簡単にできる。
【0015】
本発明品のレーザーポイントの動きを学習することにより、結果、ボールをゴルフクラブのスイートスポットに当てる確率が増し、ボールを打った時に飛んでいくボールのコントロールが上手くでき、遠くにある飛ばしたい場所に正確にボールを運ぶ事が可能になる。 ゴルフクラブとして実際にボールを打つことも可能である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0016】
以下、本発明の実施の形態を図に基づいて説明する。
【0017】
図1においては、筒1をこの一端にレーザー発光機2,3,4,5,6を取り付け、取付けたレーザー発光機を起動させるための電源11とスイッチ8を取付けて、電源を押さえるバネ9と電源キャップ10を取付け、ボールを打つためのヘッドを取り付ける。
【0018】
図2においては、筒12の一端にレーザー発光機7を取り付け、この筒に取付けたレーザー発光機を起動させるためのスイッチ13を取付け、この筒の一端に図1における筒に取付けた電源11を取込むためのバネ14とキャップ15を取付け配線18をし、反対の一端に滑り止めのグリップ16を取付ける。
【0019】
図3において、図1の管全体を図2の管の中に差し込み一体化させる。
【0020】
図3において、図1と図2の管は、分離したい時には引き抜くことができ、図1の管を収納する図2の管の長さを変えれば本来あるゴルフクラブのように様々な形と長さのレーザー発光機つきゴルフクラブができる。
【0021】
図2における滑り止めグリップ16を手で握り、図2における取付けた電源スイッチ13と図1に取付けたスイッチ8を入れ、管の両端に取付けたレーザーポイントを点灯させ、図4における図1と図2が一体化した管全体を、ゴルフクラブと同様な動きの素振りの中で図4における管の両端に取付けた単数及び複数のレーザーポイントの動く様子によりクラブフェースの開き具合やこの開く時期とスウィング弧の大きさと角度が判明し、さらに取付けたレーザーポイントの点灯位置が正しいスウィング弧を誘導するので管に取付けた別のレーザーポイントをその誘導ポイントに合わせるように管をスウィングすることで正しいスウィング弧の位置と角度が学習できる。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】レーザー発光機と電源部を取付ける管の部分断面図
【図2】図1のレーザー発光機を取付けた管を収納する管の部分断面図
【図3】本発明の形態断面図
【図4】本発明の形態図
【符号の説明】
【0023】
1 管A(レーザーと電源が入るの管)
2 レーザー発光機(レーザーサイト)A
3 レーザー発光機(レーザーサイト)B
4 レーザー発光機(レーザーサイト)C
5 レーザー発光機(レーザーサイト)D
6 レーザー発光機(レーザーサイト)E
7 レーザー発光機(レーザーサイト)F
8 電源スイッチA
9 電源部分を押すバネA
10 電源キャップA
11 電源
12 管Aを収納する管B
13 電源スイッチB
14 管Aの電源部分を供給するためのバネB
15 バネBのキャップ
16 手で握るための滑り止めグリップ
17 管Aと管Bを固定するための管C
18 配線
19 ボールを打つためのヘッド




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013