米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 株式会社足立ライト工業所

発明の名称 遊技機の球こぼれ防止装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−29304(P2007−29304A)
公開日 平成19年2月8日(2007.2.8)
出願番号 特願2005−215081(P2005−215081)
出願日 平成17年7月25日(2005.7.25)
代理人 【識別番号】100112531
【弁理士】
【氏名又は名称】伊藤 浩二
発明者 原 徳昭
要約 課題
前板に供給皿と貯留皿とが形成されているパチンコ球等の遊技球を遊技媒体とする遊技機において、前板を開いた際に球こぼれを防ぐための装置を簡単な構成にできて製造コストを軽減できるようにする。

解決手段
供給皿24および貯留皿25が形成された前板2が遊技機本体1の前面に開閉可能に設けられ、遊技機本体に設けられた賞球払出装置7の賞球払出通路8の下流に分岐部9が設けられ、前記供給皿が満杯の場合は該賞球払出通路に排出された遊技球が該分岐部を経て貯留皿に排出されるように構成した遊技機において、賞球払出通路の分岐部の下流に2つの賞球排出口10,11を横並び状に形成し、供給皿の賞球流入口28と貯留皿の賞球流入口29とを該各賞球排出口と対向し得るように前記前板の裏面に横並び状に形成すると共に、その2つの賞球排出口に跨る1枚のシャッター板48を遊技機本体側に設け、前板が開かれたとき該シャッター板が2つの賞球排出口10,11を同時に閉鎖するようにした。
特許請求の範囲
【請求項1】
供給皿および貯留皿が形成された前板が遊技機本体の前面に開閉可能に設けられ、遊技機本体に設けられた賞球払出装置の賞球払出通路の下流に分岐部が設けられ、前記供給皿が満杯の場合は該賞球払出通路に排出された遊技球が該分岐部を経て貯留皿に排出されるように構成した遊技機において、
賞球払出通路の分岐部の下流に2つの賞球排出口を横並び状に形成し、供給皿の賞球流入口と貯留皿の賞球流入口とを該各賞球排出口と対向し得るように前記前板の裏面に横並び状に形成すると共に、その2つの賞球排出口に跨る1枚のシャッター板を遊技機本体側に設け、前板が開かれたとき該シャッター板が2つの賞球排出口を同時に閉鎖するようにしたことを特徴とする遊技機の球こぼれ防止装置。
【請求項2】
2つの賞球排出口の下縁に両賞球排出口に跨る1枚のシャッター板を上下にスライド可能に設け、該シャッター板を常には上向きに付勢する付勢部材を設けると共に、前板が閉じられたとき該前板に衝突することで該シャッター板を付勢部材の弾性に抗して下降させ両賞球排出口を開口させるカンチレバーを遊技機本体の前面に突出させてなる請求項1に記載の遊技機の球こぼれ防止装置。
【請求項3】
供給皿および貯留皿が形成された前板が遊技機本体の前面に開閉可能に設けられ、遊技機本体に設けられた賞球払出装置の賞球払出通路の下流に分岐部が設けられ、前記供給皿が満杯の場合は該賞球払出通路に排出された遊技球が該分岐部を経て貯留皿に排出されるように構成した遊技機において、
賞球払出通路の分岐部の下流に2つの賞球排出口を横並び状に形成し、供給皿の賞球流入口と貯留皿の賞球流入口とを該各賞球排出口と対向し得るように前記前板の裏面に横並び状に形成すると共に、その両賞球流入口に跨る1枚のシャッター板を前板の裏面側に設け、前板が開かれたとき該シャッター板が両賞球流入口を同時に閉鎖するようにしたことを特徴とする遊技機の球こぼれ防止装置。
【請求項4】
両賞球流入口の下縁に両賞球流入口に跨る1枚のシャッター板を上下にスライド可能に設け、該シャッター板を常には上向きに付勢する付勢部材を設けると共に、前板が閉じられたとき遊技機本体に衝突することで該シャッター板を付勢部材の弾性に抗して下降させ両賞球流入口を開口させるカンチレバーを前板の裏面に突出させてなる請求項3に記載の遊技機の球こぼれ防止装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
この発明は遊技媒体としてパチンコ球等の球を使用する遊技機の球こぼれ防止装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
パチンコ球等の遊技球を遊技媒体とするパチンコ遊技機,雀球遊技機、或いはパチンコ球を遊技媒体とするスロットマシン(パロットと称される)等の遊技機では、遊技者に賞として払い出す遊技球を受けると共に該遊技球を一列に揃えて打球発射部や遊技球計数部に供給するための球受皿(以下、供給皿という)と、該供給皿から溢れた遊技球を貯留するための球受皿(以下、貯留皿という)とが遊技機本体に対し開閉可能に枢着された前板の前面にそれぞれ突出状に一体的に形成されている。そして、該前板は保守・点検を行うために開閉される。
【0003】
ところで、前板が開いたときに、遊技機本体の賞球払出通路の賞球流出口と、前記供給皿の賞球流入口とが離間するため、その隙間から遊技球が外にこぼれ落ちることがあり、このこぼれ落ちを防ぐために下記特許文献1,2に開示された賞球流出規制装置の発明では、前板の開閉と連動する賞球流出規制手段を設け、前板を開いた際に賞球流出口が自動的に閉じられるようにしている。
【特許文献1】特開2003−205155号公報
【特許文献2】実公平6−30223号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
一方、昨今のパチンコ遊技機は遊技盤に液晶表示器等の大型のディスプレイが設けられることから、遊技盤をなるべく大きくする必要があり、そのために上記供給皿と貯留皿との高さの差が従来のように大きく採れなくなってきている。このため供給皿に通じる賞球流入口だけでなく貯留皿に通じる賞球流入口からも上記のような球こぼれが生じ易くなるので、その球こぼれを防ぐための装置を設けようとすると構成が非常に複雑になり、製造コストも高くなるおそれがあった。
また、遊技盤を透過視認するための透明板を保持している枠体の下部に供給皿と貯留皿とを一体的に形成することで斬新なデザインが採り入れられたパチンコ遊技機が知られているが、その場合、遊技盤面に球詰まり等のトラブルが生じて透明板を開けなければならないときにも上記のような球こぼれが生じるおそれがあった。
この発明は上記のような問題点を解消し得る遊技機の球こぼれ防止装置を提供しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
そのために請求項1に記載した遊技機の球こぼれ防止装置の発明は、供給皿および貯留皿が形成された前板が遊技機本体の前面に開閉可能に設けられ、遊技機本体に設けられた賞球払出装置の賞球払出通路の下流に分岐部が設けられ、前記供給皿が満杯の場合は該賞球払出通路に排出された遊技球が該分岐部を経て貯留皿に排出されるように構成した遊技機において、賞球払出通路の分岐部の下流に2つの賞球排出口を横並び状に形成し、供給皿の賞球流入口と貯留皿の賞球流入口とを該各賞球排出口と対向し得るように前記前板の裏面に横並び状に形成すると共に、その2つの賞球排出口に跨る1枚のシャッター板を遊技機本体側に設け、前板が開かれたとき該シャッター板が2つの賞球排出口を同時に閉鎖するようにしたことを特徴とする。
また請求項2に記載した発明は、上記球こぼれ防止装置において、2つの賞球排出口の下縁に両賞球排出口に跨る1枚のシャッター板を上下にスライド可能に設け、該シャッター板を常には上向きに付勢する付勢部材を設けると共に、前板が閉じられたとき該前板に衝突することで該シャッター板を付勢部材の弾性に抗して下降させ両賞球排出口を開口させるカンチレバーを遊技機本体の前面に突出させてなることを特徴とする。
また請求項3に記載した遊技機の球こぼれ防止装置の発明は、供給皿および貯留皿が形成された前板が遊技機本体の前面に開閉可能に設けられ、遊技機本体に設けられた賞球払出装置の賞球払出通路の下流に分岐部が設けられ、前記供給皿が満杯の場合は該賞球払出通路に排出された遊技球が該分岐部を経て貯留皿に排出されるように構成した遊技機において、賞球払出通路の分岐部の下流に2つの賞球排出口を横並び状に形成し、供給皿の賞球流入口と貯留皿の賞球流入口とを該各賞球排出口と対向し得るように前記前板の裏面に横並び状に形成すると共に、その両賞球流入口に跨る1枚のシャッター板を前板の裏面側に設け、前板が開かれたとき該シャッター板が両賞球流入口を同時に閉鎖するようにしたことを特徴とする。
また請求項4に記載した発明は、上記請求項3に記載した球こぼれ防止装置において、両賞球流入口の下縁に両賞球流入口に跨る1枚のシャッター板を上下にスライド可能に設け、該シャッター板を常には上向きに付勢する付勢部材を設けると共に、前板が閉じられたとき遊技機本体に衝突することで該シャッター板を付勢部材の弾性に抗して下降させ両賞球流入口を開口させるカンチレバーを前板の裏面に突出させてなることを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
請求項1および2に記載の発明によれば、一枚のシャッター板によって賞球払出通路の分岐部の下流の2つの賞球排出口が前板の開閉と連動して開閉するようにできるので、構成が簡単になり製造コストも軽減される。
請求項3および4に記載の発明によれば、一枚のシャッター板によって供給皿に通じる賞球流入口と貯留皿に通じる賞球流入口とが前板の開閉と連動して開閉するようにできるので、構成が簡単になり製造コストも軽減される。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
次に請求項1および2に記載の発明の実施形態をパチンコ遊技機について図面に従い説明する。図1はこのパチンコ遊技機を前方から見た斜視図、図2は要部の縦断面図、図3は要部の水平断面図で、1は遊技機本体、2は該遊技機本体の前面にヒンジ3によって開閉可能に枢着された前板である。また図4はこの前板2を前方に開いたときの斜視図である。遊技機本体1は保持枠4に支持された遊技盤5が設けられていると共に、該保持枠の下部に打球発射装置6が設けられている。7は該保持枠の裏側に設けられた賞球払出装置である。該賞球払出装置7からは縦樋状の賞球払出通路8が垂下状に設けられ、該賞球払出通路8の下端には分岐部9が形成され2つの賞球排出口10,11に分岐している。そして該賞球排出口10,11は該遊技機本体1の前面に同じ高さで横並び状に開口している。また、遊技機本体1の前面に取付板13がビス14によって固着され、該取付板13に賞球排出口10,11を開閉する球こぼれ防止装置12が設けられる。なお、球こぼれ防止装置12の構成は後に詳しく説明する。
【0008】
一方、前板2には、上半部に遊技盤5を透過視認するための透明板20を保持する枠体21が形成され、下部右隅に打球発射ハンドル22が装着されると共に、隔壁23により左右に仕切られた供給皿24および貯留皿25がそれぞれ前方突出状で一体的に形成されている。なお、供給皿24の底壁面は貯留皿25の底壁面よりも少し高所に形成される。26は供給皿24の一側に開設された球放出口、27は貯留皿25の一側に開設された球放出口である。また、28,29は前記賞球排出口10,11と合致し得るように前板2の裏面に横並び状に形成された一対の賞球流入口で、その一方の賞球流入口28は筒状部30を介して前記球放出口26に連通し、もう一方の賞球流入口29は供給皿24の下側に形成された筒状部31を介して前記球放出口27に連通している。32は前板2の裏面に設けられた打球供給装置、33は供給皿24にある遊技球を一列に整列させ該打球供給装置に流出させるために該供給皿24に形成された整列樋部、34は該供給皿24にある遊技球を貯留皿25に移動させたいときに遊技者が操作し得るように整列樋部33の下端部に設けられた開閉弁操作用摘子、35は該整列樋部33の下端開口、36は前板2の前面に設けられた貸球要求操作用等の押しボタンスイッチ群、37は貯留皿25の底壁に形成された球抜孔、38は該球抜孔を遊技者が開閉操作し得るように設けられた球抜レバーである。また、39は前板2の裏面に設けられたファール球受である。
【0009】
球こぼれ防止装置12は、図5の分解斜視図にも示したように、上縁部に前記賞球排出口10,11と同じ内径の角枠状の一対の短筒体43,44が形成され下縁部には角筺形のガイド体45が一体に形成された組付部材42と、ガイド体45内に遊嵌するガイド部46が裏面中央に一体に形成され両側縁には係合部47a,47bが一体に形成された略長方形状のシャッター板48と、係合部47a,47bに係合し得る突片49a,49bが両端部寄りに形成され一端部にはさらに半径方向に延びるカンチレバー50が形成された回転軸51と、コイル状に圧縮された付勢部材としてのバネ52とからなり、前記取付板13に形成されたバネ座53上に該バネ52を支持し、該バネの上端をガイド部46に当接させ該バネの弾性によりシャッター板48を上向きに付勢すると共に、回転軸51の両端部を取付板13に回転自在に軸支し、組付部材42をビス54により取付板13に固着することにより、シャッター板48を短筒体43,44の前面にて上下にスライド可能となるように設けてなる。そして、カンチレバー50を取付板13に開設された縦長孔55から遊技機本体1の前面に突出させ、前板2が閉じられているときは該カンチレバー50が該前板2の裏側の接触面2aに衝突していることで回転軸51の突片49a,49bが係合部47a,47bを圧下しバネ52の弾性に抗してシャッター板48が下降せられ、該シャッター板48の上端縁が短筒体43,44の下縁部に沈むことで、賞球排出口10,11はそれぞれ賞球流入口28,29と連通状態となる。このため、前板2が閉じられているときは、賞球払出装置7から遊技球が払出されると、その遊技球は賞球払出通路8、分岐部9、賞球排出口10、短筒体43、賞球流入口28、筒状部30を経て球放出口26より供給皿24に払い出される。また供給皿24が遊技球で満杯になりその遊技球が分岐部9まで連なると、賞球払出装置7から払出された遊技球は賞球排出口11、短筒体44、賞球流入口29、筒状部31を経て球放出口27より貯留皿25に払い出されるようになる。なお、前記ファール球受39に受けられた遊技球は賞球流入口29に流入した遊技球と合流して貯留皿25に払い戻される。
【0010】
一方、前板2が開かれると、カンチレバー50が該前板2の裏面から離れバネ52の弾性によりシャッター板48が図4,図6に示したように上昇し、該シャッター板が賞球排出口10,11を閉鎖するので、前板2が開かれても、賞球排出口10,11付近の遊技球が外にこぼれ落ちることがない。そして前板2を閉じるとカンチレバー50が該前板2の裏面の接触面2aに衝突し、シャッター板48が自動的に下降することで、再び賞球排出口10,11がそれぞれ賞球流入口28,29に連通する。このようにこの実施形態では、一枚のシャッター板48によって2つの賞球排出口10,11が前板2の開閉と連動して自動的に開閉するので、両賞球排出口10,11にそれぞれシャッター板を設けるよりも構成が簡単となり製造コストを大幅に軽減することができる。
【0011】
次に請求項3および4に記載した発明の実施形態を説明する。この実施形態は前記実施形態において取付板13に設けられた球こぼれ防止装置12を図7に示したように前板2の裏面側に設け、前板2が開かれたときシャッター板48が両賞球流入口28,29を同時に閉鎖し得るようにしたものである。前板2を開いたとき両賞球流入口28,29付近にある遊技球が外にこぼれ落ちるのを防止することができる。なお、図7中の図4と同じ符号は、同一部分又は相当部分を示す。
【0012】
このようにこの発明の球こぼれ防止装置は、遊技機本体1側または前板2側のいずれに設けてもよい。また、遊技機本体1側と前板2側の両方にこの発明の球こぼれ防止装置を設ければ、遊技球が外にこぼれ落ちるのを一層完璧に防止することができる。
【0013】
なお、上記実施形態では回転軸51の一端部にカンチレバー50を設けたが、回転軸51の両端部にそれぞれカンチレバーを設け前板2を閉じたとき該各カンチレバーが同時に該前板2の裏面の接触面2aに衝突するようにすることにより、幅広のシャッター板でも左右で片寄ることなく常にバランス良く上下にスライドさせることができる。
また、シャッター板48を上下にスライドさせる機構はこれらの実施形態に限らず、例えば図8に示したようにシャッター板48の前面にクサビ片56を設けると共に、前板2を閉じたとき該クサビ片56の斜面に相対する押圧ローラ57を設け、前板2を閉じたとき該押圧ローラ57が該斜面を押圧しそのときの下向分力で前板2がバネ52の弾性に抗して下降するように構成してもよい。
【0014】
またこの実施形態では、前板2に枠体21が一体に形成されたものを説明したが、前板と枠体とが別体に形成された遊技機にもこの発明を適用することができる。
また、この発明はこの実施形態に示したパチンコ遊技機に限らず、パチンコ球等の遊技球を遊技媒体とする雀球遊技機、スロットマシン等の遊技機における前板の開閉に伴う球こぼれを防止するのにも同様に適用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本発明に係る球こぼれ防止装置が設けられたパチンコ遊技機の斜視図。
【図2】本発明に係る遊技機の球こぼれ防止装置の要部の縦断面図。
【図3】本発明に係る遊技機の球こぼれ防止装置の要部の水平断面図。
【図4】本発明に係る球こぼれ防止装置が設けられた遊技機の前板を開いたときの斜視図。
【図5】本発明に係る球こぼれ防止装置の分解斜視図。
【図6】本発明の作動を示す球こぼれ防止装置の要部の縦断面図。
【図7】本発明に係る球こぼれ防止装置の他の実施形態を示す前板を開いたときの斜視図。
【図8】本発明に係る球こぼれ防止装置の他の実施形態を示す分解斜視図。
【符号の説明】
【0016】
1 遊技機本体
2 前板
7 賞球払出装置
8 賞球払出通路
9 分岐部
10,11 賞球排出口
13 取付板
12 球こぼれ防止装置
24 供給皿
25 貯留皿
28,29 賞球流入口
42 組付部材
45 ガイド体
46 ガイド部
47a,47b 係合部
48 シャッター板
49a,49b 突片
50 カンチレバー
51 回転軸
52 付勢部材(バネ)




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013