米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> オムロン株式会社

発明の名称 貫通型金属球検出装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−144116(P2007−144116A)
公開日 平成19年6月14日(2007.6.14)
出願番号 特願2006−133918(P2006−133918)
出願日 平成18年5月12日(2006.5.12)
代理人 【識別番号】100067747
【弁理士】
【氏名又は名称】永田 良昭
発明者 畠田 光男 / 一色 信賢 / 味岡 勉 / 山口 耕一 / 竹谷 宏昭
要約 課題
貫通孔の端面からコイル巻線までの距離が正確となるため、貫通孔を通過する球の正確な検知ができ、また貫通孔の内周面の段差を解消して球の流れの円滑化を図ることができる信頼性の高い検知構造を構築する。

解決手段
金属球を通過させる貫通孔の外周囲にコイル巻線を巻いてなるコイルスプールと、前記コイルスプールに巻かれたコイル巻線の両端を接続してなるセンサ回路を実装した配線基板と、前記コイルスプールと配線基板とを搭載するベースとを備えた貫通型金属球検出装置であって、前記コイルスプールに形成された貫通孔の端面を、前記コイルスプールの同じ端面側に該コイルスプールのカバー部材として配設される外殻部材の端面よりも軸方向に突出させて露出形成する。
特許請求の範囲
【請求項1】
金属球を通過させる貫通孔の外周囲にコイル巻線を巻いてなるコイルスプールと、
前記コイルスプールに巻かれたコイル巻線の両端を接続してなるセンサ回路を実装した配線基板と、
前記コイルスプールと配線基板とを搭載するベースと、
を備えた貫通型金属球検出装置であって、
前記コイルスプールに形成された貫通孔の端面を、前記コイルスプールの同じ端面側に該コイルスプールのカバー部材として配設される外殻部材の端面よりも軸方向に突出させて露出形成した
貫通型金属球検出装置。
【請求項2】
金属球を通過させる貫通孔の外周囲にコイル巻線を巻いてなるコイルスプールと、
前記コイルスプールに巻かれたコイル巻線の両端を接続してなるセンサ回路を実装した配線基板と、
前記コイルスプールと配線基板とを搭載するベースと、
を備えた貫通型金属球検出装置であって、
前記コイルスプールに形成された貫通孔の端面と、
前記コイルスプールの同じ端面側に該コイルスプールのカバー部材として配設される外殻部材の端面とを略同一の平面上に揃えた
貫通型金属球検出装置。
【請求項3】
前記コイルスプールの端面を磁気シールド用の外殻部材により被嵌して設けた
請求項1または2に記載の貫通型金属球検出装置。
【請求項4】
前記コイルスプールと、ベースと、シールド用の外殻部材とで囲まれる環状隙間を絶縁性樹脂材にてモールド固定してなる
請求項3に記載の貫通型金属球検出装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
この発明は、例えばパチンコ機などに内蔵されて遊技される金属球の通過の有無あるいは通過数を検知する貫通型金属球検出装置に関し、さらに詳しくは貫通孔を通過する球検出位置の精度を向上する貫通型金属球検出装置に関する。
【背景技術】
【0002】
一般に、パチンコ機などの遊技機には、遊技盤に備えられている入賞口に遊技用の金属球(以下球と称す)が入賞されたとき、あるいは払出し通路を球が通過したとき、その球の通過を貫通型金属球検出装置によって検知している。
【0003】
従来の貫通型金属球検出装置は、特許文献1に開示されているように、貫通孔の外周にコイルを巻いたコイルスプールと、前記コイル及びセンサ回路を収納するケースと、コイルに対する磁気シールドを目的とした金属製のシールド部材とを具備して構成している。
【0004】
前記金属製の球を検出する原理は、貫通孔の外周に巻かれたコイル巻線を含む高周波発振回路を発振させ、コイル巻線の周辺に一定の高周波磁界を発生させ、その中心である貫通孔に球が通過することによって、コイル巻線の周辺の磁界を変化させ、発振回路の動作を変化させることによって金属製の球の通過を検知している。
【0005】
よって、貫通型金属球検出装置が球を検出し始める位置の精度及び検出し終わる位置の精度は、貫通孔の要部を断面した図25の要部拡大断面図に示すように、外殻のケース251の端面251aからコイルスプール252に巻かれているコイル巻線253の位置までの球通過方向254の検知距離Lが定められる構造的な位置関係によって決まる。
【0006】
しかしながら、このような検知構造では貫通孔255が、ケース251、シールド部材256、コイルスプール252などの複数の部材を組合せて構成されるために、複数の部材の個々の寸法のばらつきに加え、組合せ時の接合面間によるばらつきが生じ、貫通型金属球検出装置が球Pを検出し始める位置と球Pを検出し終わる位置とがばらついてしまう。それゆえ、球が貫通孔に存在しているときは、検出信号を出力するという基準位置が確定できないために、該貫通型金属球検出装置の構造の設計に際して、球の有無を検知する用途には使用し難い。
【0007】
また、貫通孔は複数の部材を組合せて構成しているので、貫通孔の内周面に段差が生じやすく、段差が生じた場合は球の滑らかな通過を阻害する。さらに、球が貫通孔を通過するごとに通過速度を低下させて球通過時の妨げになり、遊技機自体の処理速度が損なわれるという問題を有していた。
【特許文献1】特開平9−45195号公報。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
そこでこの発明は、コイルスプールに形成されている貫通孔の外部に露出する端面と、該コイルスプールに巻かれているコイル巻線との位置関係が明確であるため、該コイルスプールの露出する端面を球検出開始位置に設定すれば、貫通孔の端面から内部のコイル巻線までの距離が正確に分るため貫通孔を通過する球を正確に検知できる。また、単一のコイルスプールに貫通孔を形成することが可能になり、貫通孔の内周面には段差が生じず、球の円滑な流れを確保することができ、信頼性の高い貫通型金属球検出装置を提供することができる。
【課題を解決するための手段】
【0009】
この発明は、金属球を通過させる貫通孔の外周囲にコイル巻線を巻いてなるコイルスプールと、前記コイルスプールに巻かれたコイル巻線の両端を接続してなるセンサ回路を実装した配線基板と、前記コイルスプールと配線基板とを搭載するベースとを備えた貫通型金属球検出装置であって、前記コイルスプールに形成された貫通孔の端面を、前記コイルスプールの同じ端面側に該コイルスプールのカバー部材として配設される外殻部材の端面よりも軸方向に突出させて露出形成したことを特徴とする。
【0010】
またこの発明は、金属球を通過させる貫通孔の外周囲にコイル巻線を巻いてなるコイルスプールと、前記コイルスプールに巻かれたコイル巻線の両端を接続してなるセンサ回路を実装した配線基板と、前記コイルスプールと配線基板とを搭載するベースと、を備えた貫通型金属球検出装置であって、前記コイルスプールに形成された貫通孔の端面と、前記コイルスプールの同じ端面側に該コイルスプールのカバー部材として配設される外殻部材の端面とを略同一の平面上に揃えて構成することができる。
【0011】
この発明の態様として、前記コイルスプールの端面を磁気シールド用の外殻部材により被嵌して構成することができる。
【0012】
またこの発明の態様として、前記コイルスプールと、ベースと、シールド用の外殻部材とで囲まれる環状隙間を絶縁性樹脂材にてモールド固定して構成することができる。
【発明の効果】
【0013】
この発明によれば、貫通孔の外部に露出する端面を球の検知開始基準位置に特定できるため、該貫通孔を通過し始める球に対する検知開始位置が正確になり、球の検知タイミングを正確にとれるので検知特性が向上する。また、コイルスプールの両端面に適用した場合は、両端面からの検知位置を特定できるため、検知開始位置から検知終了位置まで正確に検知できる。またこのときは、貫通型金属球検出装置の表裏の取付け方向に制限を受けず、取扱い性に優れ、高精度で信頼性の高い確かな球の検知ができる。
【実施例】
【0014】
この発明の一実施例を以下図面に基づいて説明する。
[第1実施例]
図面はパチンコ機に組込まれて球の通過を検知する金属球検知センサを示し、図1は金属球検知センサ11裏側の斜視図、図2は金属球検知センサ11にソケット12が接続された使用状態を示す斜視図、図3は金属球検知センサ11の裏側を斜め上方から見た分解斜視図、図4は金属球検知センサ11の裏側を斜め下方から見た分解斜視図を示す。
【0015】
以下の実施例は使用状態で記載すると、シールドカバーや部品搭載面側が下面になって搭載部品が見えなくなってしまうことから下面側を上面として説明する。金属球検知センサ11は、金属球の通過によりシールドカバーが変形しにくいように、シールドカバーや電子部品の搭載面側を下面にして使用する方が望ましい。
【0016】
この金属球検知センサ11は、静電気対策用に上面に設けられるシールドカバー13と、一側に内蔵されるコイルスプール14と他側に内蔵される配線基板15を連結してなる検知構成体16と、コネクタベース17と、これらを搭載するベース18と、該ベース18の上面に搭載した部品をモールド固定するための絶縁性樹脂材19とから構成される。
【0017】
前記検知構成体16を構成する一側のコイルスプール14は、コイル巻線20を巻回する巻胴部21の内側に、球Pを通過させる貫通孔22を有している。さらに、巻胴部21の上下両端に設けられたフランジ23,24間にコイル巻線20が巻かれる。
【0018】
また、垂直方向に貫通孔22を開口した巻胴部21からは水平方向に平板状の基板接続部25を延設している。この基端接続部25は端部にコ形部26が設けられ、このコ形部26のコ形空間に後述する配線基板15の端部が差し込まれて一体に連結される。また、基板接続部25の上面には、コイル巻線20側からの両端を配線基板15側に配線接続する際に掛け回すための一対の中継突部27を突設している。
【0019】
前記配線基板15は、上面にIC、抵抗、コンデンサ等の電子部品15aを実装して発振回路や検波回路、出力回路等が構成されている。そして、この配線基板15の一端部が前記基板接続部25のコ形部26に差し込まれて取付けられ、この指し込み部分の両側に、コイル巻線20の両端部をそれぞれ接続する突片28が突設されている。そして、これらの突片28に発振回路や信号出力用の回路パターンが接続される。
【0020】
配線基板15の他端部には凹形状に切欠いた切欠き開口部29を開口しており、この切欠き開口部29にコネクタベース17が取付けられる。コネクタベース17は一側面を開放した箱形状を有し、外周囲の3側面が切欠き開口部29に保持されて、該コネクタベース17が配線基板15に縦貫された状態に取付けられる。そして、このコネクタベース17を配線基板15に取付けたときの一側面に設けられる配線接続用の開放端側にコネクタピン17aが並列して対向し、ここに、金属球検知センサ11を示す図5の平面図及び図6の側面図にも示すように、ソケット12が差し込まれて電気的に接続される。
【0021】
ベース18は上面を開放した長方体を有し、該ベース18の一側にコイルスプール14を搭載し、他側に配線基板15を搭載する。このベース18の一側には、コイルスプール14の貫通孔22と対応して開口するベース貫通孔30を有し、該ベース貫通孔30に前記コイルスプール14の巻胴部21の下部が嵌合して固定される。
【0022】
また、ベース18の中間部には位置決め溝31を有し、ここに基板接続部25の裏面中央に形成された位置決め突部32(図4参照)を嵌合させて位置決めしている。同じく、位置決め溝31に隣接して幅方向に長くコ型部26の嵌合用に凹部形成した凹型嵌合部33には、基板接続部25のコ形部26の下側が嵌合して同様に位置決めされる。
【0023】
さらに、ベース18の他側(配線基板15側)の端部にはコネクタベース嵌合用の凹部35を有しており、ここにコネクタベース17の下部が嵌まり込んで固定される。また、ベース18の外周囲側面のうち、コネクタベース17と対応する一側面は、外部よりソケット12を着脱する配線接続用に開放した段付き開放部36に開口している。
【0024】
また、ベース18の両外側面には小さな突起37や凹状段部37aを複数形成しており、後述する絶縁性樹脂材19をモールド固定した際に、該ベース18と絶縁性樹脂材19との連結性を高める役目を有している。
【0025】
前記シールドカバー13は、相互干渉や周囲金属の影響を抑制するのに適した銅材などの導電性を有する金属板で構成され、下面及び一側面を開放した箱形状を有している。そして、このシールドカバー13の上面中央部に、貫通孔22より少し大径のカバー貫通孔38を開口し、該カバー貫通孔38が前記貫通孔22と対応し、且つ貫通孔22の内周面を除く巻胴部21の外周囲を覆った状態でベース18に取付けられる。このシールドカバー13の一開放側面を除く閉鎖された外周囲の3側面13a,13b,13cは、ベース18の同対応位置の3側面18a,18b,18cに対応して軽く嵌合させると共に、部分的にカシメて仮止めした状態に取付けられる。
【0026】
また、シールドカバー13の開放された一側面には、開放側の該シールドカバー13より端縁を少し延設させた樹脂連結片39を延設しており、後述する絶縁性樹脂材19によりモールド固定した際に、シールドカバー13側の開放面における該シールドカバー13と絶縁性樹脂材19との接触面積を増やして双方の連結性を高める役目を有している。
【0027】
そして、ベース18上に、検知構成体16とコネクタベース17とシールドカバー13を組付けた後、最後に絶縁性樹脂材19によって、図1及び図2と、図5をA−A断面して示す図7、及び図5をB−B断面して示す図8に示すように、前記ベース18の他側に搭載されている配線基板15の上方及び前記コイル巻線20の外周面側に形成される環状隙間40を絶縁性樹脂材19によりモールド固定して封止する。
【0028】
前記絶縁性樹脂材19を用いてモールド固定した場合は、該絶縁性樹脂材19にて配線基板15の上面を封止できるため、配線基板15は外部からの静電気の悪影響を受けない。また、球Pが貫通孔22を通過する際に該球Pが貫通孔22の内周面に当って生じる振動を絶縁性樹脂材19によって抑制できるため電子部品15a間の共振を抑制する効果が得られる。また、絶縁性樹脂材19は、配線基板15の上面を保護するカバー兼用に設けることができる。このため、上面カバーは不要になり、カバーの高さ分だけ低くした薄型の金属球検知センサ11を構築できる。
【0029】
さらに、充填された絶縁性樹脂材19は、金属球検知センサ11を平面的に表した図5をC−C断面して示す図9、及び図5をD−D断面して示す図10にも見られるように、上面を閉鎖するシールドカバー13と、コイルスプール14の外周面と、その外周囲及び下面を閉鎖するベース18との間で囲まれる環状隙間40に行き渡る。このため、絶縁性樹脂材19がコイル巻線20を包み込んで保護すると共に、仮止め状態にあったシールドカバー13をベース18上に一体に固定することができる。また、コイル巻線20を細線化しても絶縁性樹脂材19により球Pが貫通孔22を通過する際に該球Pが貫通孔22の内周面に当って生じる振動から保護されるので、巻数を減らさずに細線化が可能になり、小さく収納できることから高さ方向を低くして金属球検知センサ11の薄型化に貢献することができる。
【0030】
前記シールドカバー13は図2に示すようにコイルスプール14の貫通孔22に球Pが上方から流入する該貫通孔22周辺の下面側及び貫通孔22周辺の外側面を静電気対策用に覆い、且つ安定電位と接続しないので、貫通孔22を通過する球Pが帯電していても、該シールドカバー13や絶縁性樹脂材19によって遮断し、内部のコイル巻線20を保護することができる。このため、コイルスプール14のコイル巻線20は外部からの静電気の悪影響を受けなくなる。従って、コイル巻線20は安定した検知感度を維持して正確に球の検知動作を実行する。ことに、シールドカバー13を外殻部材として設け、コイル巻線20との間に絶縁性樹脂材19を配設することでコイル巻線20の検知感度を保護することができる。このような検知感度の保護技術を確立することにより、コイル巻線20に貫通孔22の上面からの静電気を防止するためのシールド部材を省略することができ、そのシールド部材の高さ分だけ配設寸法を低くできる。このため、コイルスプール14側においても金属球検知センサ11を薄型化できる。
【0031】
さらに、シールドカバー13とコイルスプール14との球Pが流出される各上面13d,14a側を略同一の平面高さに揃えている。このため、これらの上面13d,14aとコイル巻線20までの距離が一定となり、各上面13d,14aが検知基準位置となり、球の検知開始位置が一定となる。従って、貫通孔22を通過し始める球Pに対するコイル巻線20での検知タイミングが常に正確にとれ、個々の球に対する正確な検知特性が得られる。
【0032】
この場合、コイルスプール14の上面14aを、シールドカバー13の上面13dより僅かに軸方向に突出させて設けても、該コイルスプール14の上面14aは外部に露出して球流入側の検知基準位置となるため、コイルスプール14の上面14aとシールドカバー13の上面13dとは同じか、もしくはコイルスプール14の上面14aを僅かに突出させて設けてもよく、何れにしても同様な作用効果が得られる。
【0033】
また、コイルスプール14の下面14b側も、該コイルスプール14を保持するベース18の下面18dと略同一の平面上に揃えている。このため、各下面14b,18dからコイル巻線20までの距離が一定であり、下面14b,18d側を検知基準位置に設定することもできる。
【0034】
さらに、コイルスプール14の上下面14a,14bから検知位置を特定できるため、球Pが貫通孔22を通過するときの検知開始位置から検知終了位置まで正確に検知できる。またこのときは、金属球検知センサ11の表裏の取付け方向に制限を受けず、取扱い性に優れ、高精度で信頼性の高い確かな球の検知ができる。
【0035】
この際、上面13d,14aからコイル巻線20までの距離は、上面のシールドカバー13からの金属としての影響を受けない距離に設定する。さらに、下面14b,18dからコイル巻線20までの距離も同様に金属としての影響を受けない一定の距離をとって設けている。例えば、2個の金属球検知センサ11を上下に連設して球の流下方向を検知するように構成した場合にでも、下部の金属球検知センサ11の上面に位置するシールドカバー13の金属による静電気の影響を、上部の金属球検知センサ11のコイル巻線20が受けない一定の距離をとって設けている。
【0036】
前記貫通孔22は単一のコイルスプール14を縦貫して開口しているため一部材で済み、他部材の存在がなく、それゆえ該貫通孔22の内周面には段差が生じず、球Pの円滑な流れを確保することができる。
【0037】
さらに、粘性の高い絶縁性樹脂材19を用いれば、コイル巻線20の充填部分においても、巻線空間への樹脂の侵入及び介在が少なくなり、コイル巻線20の性能を劣化させない利点がある。また、接着性の高い絶縁性樹脂材19を用いれば、部品の固定強度が高まり、剛性も高めることができる。従って、高粘性、高接着性及び電気絶縁性に優れた絶縁性樹脂材19を用いるのが適している。
【0038】
さらに、配線基板15側に絶縁性樹脂材19を充填して封止した際には、金属球検知センサ11を平面的に表した図5をE−E断面して示す図11、及び図5をF−F断面して示す図12のように、コネクタベース17の部分まで充填して各部品を強固にモールド固定する。また、図5をG−G断面して示す図13のように、コネクタベース17の外周囲の3側面を抱き込むようにモールド固定して、該コネクタベース17を配線基板15及びベース18に一体に固定する。
【0039】
特に、絶縁性樹脂材19により配線基板15やコネクタベース17を強固にモールド固定できるので配線基板15やコネクタベース17は外力を受けて簡単に外れなくなる。例えば、コネクタベース17に外部からソケット12を着脱するような場合に、コネクタベース17を配線基板15から剥離させて上方へ持ち上げる剥離力、あるいは引っ張るなどの剥離力が働いても、コネクタベース17の外周囲が絶縁性樹脂材19によりモールド固定されているため配線基板15及びベース18から容易に外れ難くなり、断線不良等のおそれがなくなる。
【0040】
ところで、このコネクタベース17自体についても、高さ抑制機能を持たせて薄型化を図っている。まず、コネクタベース17を配線基板15に縦貫させた状態に取付けることにより、コネクタベース17を若干沈み込ませた状態に取付けることができ、該コネクタベース17の搭載高さを低くすることができる。また、コネクタベース17の下面に対応するベース18の上面にもコネクタベース嵌合用の凹部35を形成しているため、ここに嵌合されるコネクタベース17をさらに沈み込ませて、コネクタベース17の搭載高さを一層低くして取付けることができる。
【0041】
これにより、ベース18上に封止される絶縁性樹脂材19の上面高さと、コネクタベース17の上面高さとの双方を低くして略同高さに揃えることができる。このため、金属球検知センサ11の配線基板15側の高さを抑えることができ、また外形状は長方体の平板状にできるため、上下方向を薄型化した金属球検知センサ11が得られる。
【0042】
さらに、コネクタベース17のコネクタピン17aとソケット12のコンタクト12aとの接合に際しても薄型化を図るための工夫を施している。この配線接続部の薄型化に際しては、コネクタベース17のコネクタピン17aに凹部対応して挿脱自在に接続されるソケット12のコンタクト12aの断面形状について、該コンタクト12aの縦横の長さ比のうち、縦方向を短く横方向を長くした横長のコンタクト12aに形成している。このため、コンタクト12aの高さ方向を短縮することに基づいてコネクタベース17の高さを抑制することができる。この結果、該コネクタベース17を薄型化でき、ひいては金属球検知センサ11の薄型化につながる。
【0043】
次に、金属球検知センサ11の製造方法について説明する。
まず、コイルスプール14と配線基板15とを一体に連結してなる検知構成体16を、凹状に形成されたベース18の上面に搭載する。このとき、ベース18の一側にはコイル巻線20を巻いてなるコイルスプール14が搭載され、ベース18の他側には前記コイルスプール14に巻かれたコイル巻線20の両端を接続してなるセンサ回路を実装した配線基板15が搭載される。
【0044】
また、搭載時には、ベース貫通孔30にコイルスプール14の筒状に設けられた巻胴部21の下部を嵌合させることにより、コイルスプール14は正確に貫通孔22との芯合せが行われてベース18に搭載される。また、基板接続部25の位置決め突部32をベース18の位置決め溝31に嵌合させ、且つ該基板接続部25のコ形部26の下部をベース18の凹型嵌合部33に嵌合させることで、検知構成体16をベース18に正確に位置決めして搭載することができる。
【0045】
前記ベース18に検知構成体16を搭載した後、コイルスプール14側の上面及び貫通孔22周辺のベース18の外側面を、シールドカバー13で覆って仮固定した状態で、前記コイル巻線20の外周面側に形成される環状隙間40、及び配線基板15の上方を絶縁性樹脂材19によりモールド固定して平板状の長方体に封止することにより金属球検知センサ11を単一の部品として一体的に設けることができる。
【0046】
このときの絶縁性樹脂材19の充填方法としては内蔵部品に過剰なストレスを加えず、コイル巻線20を変形させないように熱可塑性樹脂を用いた後述する低圧充填工法を使用すればよい。
【0047】
前記絶縁性樹脂材19の充填時に、該絶縁性樹脂材19がコイル巻線20の線間に侵入すると、コイル巻線20の線間に誘電率の高い材料が存在することになり、コイル巻線20の線間容量が増すことになる。このために、金属球検知センサ11の検出デバイスとなるコイル巻線20の感度が低下する。もしくは、製造工程の環境条件によって絶縁性樹脂材19の浸入度合いがばらつき、検出性能そのものをばらつかせる(検出距離性能がばらつく)といったことが想定されることから、コイル巻線20の線間に充填された絶縁性樹脂材19が浸入しない条件が好ましい。これを実現するための条件としては、充填時もしくは低圧成型時の樹脂粘度が、充填される全域へ行き渡り、しかも樹脂粘度が高いことが必要である。例えば、溶解粘度2000Pa/S以上の熱可塑性樹脂が好ましい。
【0048】
また、成型圧力についてもコイル巻線20の線間に浸透しないように成型圧力を加えないことが好ましく、具体的には2MPa以下という低圧の成型もしくは充填のみで製造する低圧充填工法が適している。
【0049】
この結果、コイル巻線20に絶縁性樹脂材19を接触させることは避けられないが、検出感度の低下・検出性能の製造ばらつき等が最小限に抑えられ、コイル巻線20部分での絶縁性樹脂材19による剛性強化、薄型化を実現できる。さらに、粘度の高い樹脂を充填する場合、配線基板15に実装された電子部品15aと配線基板15の隙間に絶縁性樹脂材19が浸入せず、充填した絶縁性樹脂材19の膨張・収縮によって電子部品15aが剥離するおそれも解消できる。
【0050】
このような製造方法によれば、仮組立後に絶縁性樹脂材19を充填するだけなので金属球検知センサ11を簡単に製造することができ、且つ絶縁性樹脂材19の介在により配線基板15やコイル巻線20を気密に保護する安定した成形ができる。
【0051】
また、モールド工程で絶縁性樹脂材19に接する各部材は一体に固定されるため部材間の連結性を高めることができる。さらに、絶縁性樹脂材19を成形用の金型内に充填することによって、金属球検知センサ11の上面高さを平板状の同一の平面高さに容易に揃えて所望の形状に成形することができる。このため、金属球検知センサ11の検知開始位置となる上面高さを精度良く製造することができ、上面からコイル巻線20までの上下の距離が正確となり、コイル巻線20の検知特性を安定させて検知時のばらつきを抑えることができる。このため、金属球検知センサ11のセンサ性能の向上を図ることができる。
【0052】
次に、このように製造された金属球検知センサ11の使用状態について説明する。
金属球検知センサ11のコネクタベース17にソケット12が差し込まれ、該金属球検知センサ11に電源が供給されると、コイル巻線20が励磁され、その内側の貫通孔22に向けて磁束を発生させる。これにより、金属球検知センサ11は球Pの通過を検知する検知待機状態になる。この検知待機状態で、今、図2に示すように、この金属球検知センサ11の貫通孔22に上方から下方に向けて球Pが通過するとき、球Pが貫通孔22の上面に到達した時点でコイル巻線20の磁束が乱れ始め、これに基づいてセンサ回路側で検知動作を開始する。そして、球Pが貫通孔22を通過した時点で磁束の乱れは元の整然とした検知待機状態に戻り、球1個の検知が終了する。
【0053】
このとき、コイル巻線20側からは配線基板15側の図示しない発振回路、検波回路及び出力回路等からなるセンサ回路へと導かれ、これよりソケット12を介して球検知信号が図示しない制御部に出力され、球P1個が通過されたことを確認する。また、通過する球Pが帯電している際は、シールドカバー13や絶縁性樹脂材19によってコイル巻線20側に向かう静電気を遮断するため、コイル巻線20及び配線基板15に対しては静電気による悪影響をきたすことはない。このような検知動作が球Pの通過ごとに繰返され、球通過の有無及び、ここを通過した球の計数値が求められる。
【0054】
このように、金属球検知センサ11はコイル巻線20の外部の上面側に、シールドカバー13を上ケース及び磁気シールドを兼ねた外殻部材として配設することにより、内部のコイル巻線20を外部の静電気から保護することができる。また、シールドカバー13に対しては放電構造を省略することができる。
【0055】
さらに、絶縁性樹脂材19を用いて金属球検知センサ11をモールド固定するため、金属球検知センサ11はシールドカバー13側と配線基板15側との隣接する接続部間を絶縁分離することができる。このため、金属球検知センサ11は絶縁性樹脂材19が、配線基板15側のセンサ回路に対する静電気防止部材として機能し、該センサ回路に静電気が侵入(電気的ノイズ)するのを解消する信頼性の高い静電気対策が得られる。
【0056】
さらに、金属球検知センサ11の薄型化に際しても、コイル巻線20側にあっては、外部の球が流入する上面側をシールドカバー13で覆うだけでシールド機能が得られるため、上ケースを兼ねたシールドカバー13を設けるだけでコイル巻線20側を薄型化できる。また、配線基板15側にあっては、その上面全体を絶縁性樹脂材19を用いて上ケースの代わりに兼用できるため、上ケースを省略して配線基板15側の薄型化を実現することができる。
【0057】
[第2実施例]
この金属球検知センサ141は、第1実施例の金属球検知センサ11と比較して、ベース18全体を覆うシールドカバー142を用いる点と、絶縁性樹脂材19をコイル巻線20側だけに用いて、配線基板15側には用いない点が異なるだけで、他の構成は同じであるため、同一の構成については同一の符号を用いて、その説明を省略する。
【0058】
図14は金属球検知センサ141裏側の外観斜視図、図15は金属球検知センサ141の裏側を斜め上方から見た分解斜視図、図16は金属球検知センサ141の裏側を斜め下方から見た分解斜視図を示す。
【0059】
以下の実施例は使用状態で記載すると、シールドカバーや部品搭載面側が下面になって搭載部品が見えなくなってしまうことから下面側を上面として説明する。金属球検知センサ141は、金属球の通過によりシールドカバーが変形しにくいように、シールドカバーや電子部品の搭載面側を下面にして使用する方が望ましい。
【0060】
前記シールドカバー142は、銅材などの導電性を有する金属板で構成され、下面及び一側面を開放した箱形状を有している。そして、このシールドカバー142の上面中央部に貫通孔22より少し大径のカバー貫通孔38を開口し、該カバー貫通孔38が前記貫通孔22と対応し、ベース18の下面及び前記貫通孔22の内周面を除く、ベース上方の外周囲全体を該1枚のシールドカバー142により被覆する構成としている。このときのシールドカバー142とベース18との連結構造は、シールドカバー142の両側面に2個一対に開口した係合口143を有し、これらの係合口143をベース18の両側面に突設した小さな係合突起144に係合させて一体に連結する。
【0061】
このシールドカバー142を設けた場合は、ベース18に搭載した搭載部品の全体を外部からの静電気より保護することができる。また、絶縁性樹脂材19を省略することができる構成となるほか、該シールドカバー142を金属球検知センサ141の上面カバーに兼用させることができるため部品点数を削減することができる。
【0062】
[第3実施例]
この金属球検知センサ171は、第1実施例の金属球検知センサ11と比較して、上面カバー172を用いる点と、絶縁性樹脂材19をコイル巻線20側だけに用いて、配線基板15側には用いない点が異なるだけで、他の構成は同じであるため、同一の構成については同一の符号を用いて、その説明を省略する。
【0063】
図17は金属球検知センサ171裏側の外観斜視図、図18は金属球検知センサ171の裏側を斜め上方から見た分解斜視図、図19は金属球検知センサ171の裏側を斜め下方から見た分解斜視図を示す。
【0064】
以下の実施例は使用状態で記載すると、シールドカバーや部品搭載面側が下面になって搭載部品が見えなくなってしまうことから下面側を上面として説明する。金属球検知センサ171は、金属球の通過によりシールドカバーが変形しにくいように、シールドカバーや電子部品の搭載面側を下面にして使用する方が望ましい。
【0065】
前記上面カバー172は逆凹形状を有し、ベース18の他側上面に配設された配線基板15の上方を、空間を隔てて覆ったものである。このときの上面カバー172とベース18との連結構造は、上面カバー172の両側面に2個一対に開口した係合口173を有し、これらの係合口173をベース18の両側面に突設した小さな係合突起174に係合させて一体に連結する。
【0066】
この上面カバー172を設けた場合は、この上面カバー172を用いて配線基板15の上面を覆うことにより電子部品15aを保護する機能を有するほか、検知にばらつきがあっても、上面カバー172を開けて内部の電子部品15aを人手により調整できるため検知のばらつきを調整できる利点がある。
【0067】
[第4実施例]
この金属球検知センサ201は、第1実施例の金属球検知センサ11と比較して、モールド固定強化用の連結促進孔202を多数穿孔した多孔型シールドカバー203を設けた点が異なるだけで、他の構成は同じであるため、同一の構成については同一の符号を用いて、その説明を省略する。
【0068】
図20は金属球検知センサ201裏側の外観斜視図、図21は金属球検知センサ201の裏側を斜め上方から見た分解斜視図、図22は金属球検知センサ201の裏側を斜め下方から見た分解斜視図、図23は金属球検知センサ201裏側の多孔型シールドカバー取付け時の要部拡大平面図、図24は連結促進孔202に絶縁性樹脂材19が充填された状態を示す要部拡大縦断面図を示す。
【0069】
前記多孔型シールドカバー203は、小さな連結促進孔202をシールドカバーの上面全体に渡って多数設けることにより、モールド固定時に充填される絶縁性樹脂材19が各連結促進孔202に行き渡り、この結果、多孔型シールドカバー203は絶縁性樹脂材19を介してコイルスプール14及びベース18に強固に連結して固定される。また、連結促進孔202のほかに、連結促進用に切欠いた切欠き部などを形成して設けることもできる。
【0070】
前記第1〜第4実施例の金属球検知センサ11,141,171,201をパチンコ機に取付ける際、該金属球検知センサ11,141,171,201の何れか1つをホルダ(図示省略)により一体化して保持し、該ホルダを、パチンコ機の遊技盤面の入賞口に相当する金属球通過位置にビス止めして取付ければよい。
【0071】
前記遊技盤面に取付けられるホルダはセンサ保持機能に加えて、該ホルダについても静電気対策を施したセンサ保護機能を加えることができる。例えば、第1実施例の場合、前記ホルダ自体の外表面に、前記金属球検知センサ11のシールドカバー13と接触する導電性金属層(メッキ処理等)を形成し、該導電性金属層の一部に接触して、グランドに接続された静電気逃し用のリード線を接続すればよい。これにより、金属球通過位置からの静電気対策として備えられているシールドカバー13によって、内部のセンサ回路部を静電気から保護できるだけでなく、金属球検知センサ11の全体を覆うホルダからも静電気を分散させたり、静電気をグランドへと逃すという静電気対策を施すことができる。
【0072】
また、前記金属球検知センサ11は主にパチンコ機の入賞口に使用されることから、該金属球検知センサ11のセンサ回路部を改造して、多く入賞したように誤入賞信号を出力させるセンサ回路部の改造が行われるおそれがある。このような改造が行われたことを外観上で容易に発見できることが望まれている。
【0073】
それゆえ、内部のセンサ回路部の改造防止手段として、前記金属球検知センサ11のセンサ回路部を平板状にモールド固定して覆っている絶縁性樹脂材19の外表面に、製造日・場所などを表す文字や記号等による製品情報の印字(マーキング)を施すのが適している。これにより、センサ回路部の改造を試みようとしても、絶縁性樹脂材19が変形したり、印字も乱れたりするため一目で不正がなされたか否かを確認することができる。具体的には、絶縁性樹脂材19を剥がし、その後、絶縁性樹脂材19によるモールドの再現と、同じフォントによるマーキングの再現との2重の再現が必要になり、不正防止力(セキュリティ性)が高まる。さらに、この絶縁性樹脂材19を透明の絶縁性樹脂材にて形成すれば、正規の電子部品の配置や形状の適否を外観から一目で確認できる。
【0074】
この発明の構成と、上述の一実施例の構成との対応において、
この発明の貫通型金属球検出装置は、実施例の金属球検知センサ11,141,171,201に対応し、
以下同様に、
外殻部材は、シールドカバー13,142及び多孔型シールドカバー203に対応し、
コイルスプールの一方の端面は、コイルスプールの上面14aに対応するも、この発明は上述の実施例のみに限定されるものではなく、請求項に記載された技術思想に基づいて応用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0075】
【図1】第1実施例の金属球検知センサの裏側を示す外観斜視図。
【図2】第1実施例の金属球検知センサの使用状態を示す外観斜視図。
【図3】第1実施例の金属球検知センサの裏側を斜め上方から見た分解斜視図。
【図4】第1実施例の金属球検知センサの裏側を斜め下方から見た分解斜視図。
【図5】第1実施例の金属球検知センサの裏側を示す平面図。
【図6】第1実施例の金属球検知センサのコネクタベース側を示す側面図。
【図7】第1実施例の図5のA−A線矢視断面図。
【図8】第1実施例の図5のB−B線矢視断面図。
【図9】第1実施例の図5のC−C線矢視断面図。
【図10】第1実施例の図5のD−D線矢視断面図。
【図11】第1実施例の図5のE−E線矢視断面図。
【図12】第1実施例の図5のF−F線矢視断面図。
【図13】第1実施例の図5のG−G線矢視断面図。
【図14】第2実施例の金属球検知センサの裏側を示す外観斜視図。
【図15】第2実施例の金属球検知センサの裏側を斜め上方から見た分解斜視図。
【図16】第2実施例の金属球検知センサの裏側を斜め下方から見た分解斜視図。
【図17】第3実施例の金属球検知センサの裏側を示す外観斜視図。
【図18】第3実施例の金属球検知センサの裏側を斜め上方から見た分解斜視図。
【図19】第3実施例の金属球検知センサの裏側を斜め下方から見た分解斜視図。
【図20】第4実施例の金属球検知センサの裏側を示す外観斜視図。
【図21】第4実施例の金属球検知センサの裏側を斜め上方から見た分解斜視図。
【図22】第4実施例の金属球検知センサの裏側を斜め下方から見た分解斜視図。
【図23】第4実施例の金属球検知センサ裏側の多孔型シールドカバーの取付け状態を示す拡大平面図。
【図24】第4実施例の金属球検知センサ裏側の連結促進孔に絶縁性樹脂材が充填された状態を示す要部拡大縦断面図。
【図25】従来の貫通型金属球検出装置の使用状態を示す要部拡大縦断面図。
【符号の説明】
【0076】
11,141,171,201…金属球検知センサ
13,142,203…シールドカバー
13d,14a…上面
14b,18d…下面
19…絶縁性樹脂材
22…貫通孔
40…環状隙間




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013