米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> ブリヂストンスポーツ株式会社

発明の名称 ゴルフクラブヘッド
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−151827(P2007−151827A)
公開日 平成19年6月21日(2007.6.21)
出願番号 特願2005−351280(P2005−351280)
出願日 平成17年12月5日(2005.12.5)
代理人 【識別番号】100076428
【弁理士】
【氏名又は名称】大塚 康徳
発明者 松永 英夫 / 坂 航 / 島崎 秀夫
要約 課題
粘弾性体の装着によりゴルフクラブヘッドの振動を低減するにあたり、より広範囲な周波数の振動を低減するゴルフクラブヘッドを提供する。

解決手段
中空のゴルフクラブヘッドAに、第1の粘弾性材料からなる粘弾性体60aと、前記第1の粘弾性材料とは損失係数の温度依存性が異なる第2の粘弾性材料からなる粘弾性体60bと、を装着する。
特許請求の範囲
【請求項1】
中空のゴルフクラブヘッドにおいて、
第1の粘弾性材料からなる第1粘弾性体と、前記第1の粘弾性材料とは損失係数の温度依存性が異なる第2の粘弾性材料からなる第2粘弾性体と、が装着されたゴルフクラブヘッド。
【請求項2】
前記第1の粘弾性材料と前記第2の粘弾性材料とは損失係数のピーク値温度が異なることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項3】
前記第1の粘弾性材料の損失係数のピーク値と、前記第2の粘弾性材料の損失係数のピーク値と、がいずれも0.3以上であることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項4】
前記第1の粘弾性材料と前記第2の粘弾性材料とは、その損失係数のピーク値温度が、一方が摂氏−30度未満で、他方が摂氏−30度以上であることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項5】
前記ゴルフクラブヘッドの周壁に、前記第1及び第2粘弾性体を重ねて固定する固定部を設けたことを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項6】
前記ゴルフクラブヘッドの周壁に、前記第1及び第2粘弾性体をそれぞれ個別に固定する第1及び第2固定部を設けたことを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項7】
前記第1及び第2粘弾性体の少なくともいずれか一方は、前記ゴルフクラブヘッドのソール部に装着されることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項8】
前記ゴルフクラブヘッドは、ウッド型又はユーティリティ型のゴルフクラブヘッドであることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項9】
更に、前記第1及び第2粘弾性体とは別の1又は複数の粘弾性体が装着され、
各々の前記粘弾性体を構成する各々の粘弾性材料は相互に損失係数の温度依存性が異なることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッド。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明はゴルフクラブヘッドに関し、特に、粘弾性体の装着によるゴルフクラブヘッドの制振技術に関する。
【背景技術】
【0002】
インパクト時の打感の向上や打音の調整のため、粘弾性体を取り付けたゴルフクラブヘッドが提案されている。粘弾性体を取り付けることでインパクト時の振動が粘弾性体により吸収され、打感が向上されると共にプレイヤーに耳障りとなる打音を低減することができる。特許文献1には比重と弾性が異なる複数種類の弾性錘を装着したゴルフクラブヘッドが開示されている。また、特許文献2には硬度が異なる複数種類の弾性体を装着したゴルフクラブヘッドが開示されている。
【0003】
【特許文献1】実用新案登録第3112038号公報
【特許文献2】特開2004−313777号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ここで、本発明の発明者がゴルフクラブヘッド単体での共振周波数について検証したところ、概ね4000Hz〜10000Hzの範囲の複数の周波数において共振周波数が確認された。従って、ゴルフクラブヘッドの振動をより効果的に低減するためには、広範な周波数の範囲について振動を低減できる粘弾性体をゴルフクラブヘッドに装着することが望ましい。しかし、一般に粘弾性材料が振動低減に効果的な周波数の範囲にはその材料に応じて限界がある。また、本発明の発明者がゴルフクラブ全体での共振周波数について検証したところ、概ね2000Hz以下の範囲の複数の周波数において共振周波数が確認された。従って、ゴルフクラブ全体としてその振動を低減しようとする場合には更に広範な周波数の範囲について振動を低減する必要がある。
【0005】
従って、本発明の目的は、粘弾性体の装着によりゴルフクラブヘッドの振動を低減するにあたり、より広範囲な周波数の振動を低減することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明によれば、中空のゴルフクラブヘッドにおいて、第1の粘弾性材料からなる第1粘弾性体と、前記第1の粘弾性材料とは損失係数の温度依存性が異なる第2の粘弾性材料からなる第2粘弾性体と、が装着されたゴルフクラブヘッドが提供される。
【0007】
粘弾性材料の損失係数(tanδ)の温度依存性は、各温度に対するその粘弾性材料の振動減衰効果の程度を示すものであるが、各周波数に対するその粘弾性材料の振動減衰効果の程度に関係する。つまり、相対的に、低温度において損失係数が高い粘弾性材料は高周波数帯に対する振動減衰効果が高い一方、高温度において損失係数が高い粘弾性材料は低周波数帯に対する振動減衰効果が高い。
【0008】
従って、損失係数の温度依存性が異なる複数種類の粘弾性材料を併用することで、より広範囲な周波数の振動を低減することができる。
【発明の効果】
【0009】
以上述べた通り、本発明によれば、粘弾性体の装着によりゴルフクラブヘッドの振動を低減するにあたり、より広範囲な周波数の振動を低減することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
図1は本発明の一実施形態に係るゴルフクラブヘッドAの構造を示す断面図及び要部拡大図である。ゴルフクラブヘッドAは中空体をなしており、その周壁が、ゴルフボールの打面を形成するフェース部10、ゴルフクラブヘッドAの上面をなすクラウン部20、ゴルフクラブヘッドAのトウ側、ヒール側及びバック側の側面をなすサイド部30(バック側のみ図示)、ゴルフクラブヘッドAの底面をなすソール部40、を構成している。ゴルフクラブヘッドAはまたシャフトが取り付けられるホゼル部50が設けられている。ゴルフクラブヘッドAは例えばチタン系金属材料から構成することが望ましい。
【0011】
ゴルフクラブヘッドAはドライバ用のゴルフクラブヘッドであるが、本発明はドライバ以外のフェアウエイウッド等も含むウッド型のゴルフクラブヘッド、ユーティリティ型のゴルフクラブヘッド、その他の中空のゴルフクラブヘッドに適用可能である。
【0012】
ソール部40にはゴルフクラブヘッドAの内部に突出した凹部41が一体的に形成されており、凹部41内に粘弾性体60a、60bが配設されている。凹部41は粘弾性体60a、60bが重ねて固定される固定部を構成する。本実施形態において凹部41はその側壁の輪郭が円形をなしているが、凹部41の形状はこれに限らず、その側壁の輪郭は楕円形でも角形であってもよい。凹部41の底面41aにはネジ穴41bが形成されている。ネジ穴41bは底面41aの略中心に位置している。
【0013】
ネジ穴41bには固定部材50が螺合しており、固定部材50と介挿部材70とにより粘弾性体60a、60bが固定されている。図2は粘弾性体の固定構造の分解斜視図であり、粘弾性体60a、60bと、介挿部材70と、固定部材50の斜視図である。図2において介挿部材70は一部破断図である。
【0014】
固定部材50は、一端にネジ穴41bと螺合するネジが形成された軸体52と、軸体52の他端に一体に接続された頭部51と、を有する。粘弾性体60a、60bはいずれも円形の平板状をなし、その中心部分には軸体52が通過する開口部60a'、60b'が設けられている。開口部60a'、60b'は円形の貫通穴であるがこれに限られず、例えば、図3(B)に例示する粘弾性体60cのように、切り欠き60c'としてもよい。また、粘弾性体60a、60b、60cは円形をなしているが、その形状は楕円形、角形であってもよい。
【0015】
粘弾性体60aと粘弾性体60bとは損失係数(tanδ)の温度依存性が異なる粘弾性材料から構成される。粘弾性材料の損失係数の温度依存性は、各温度に対するその粘弾性材料の振動減衰効果の程度を示すものであるが、各周波数に対するその粘弾性材料の振動減衰効果の程度に関係する。つまり、相対的に、低温度において損失係数が高い粘弾性材料は高周波数帯に対する振動減衰効果が高い一方、高温度において損失係数が高い粘弾性材料は低周波数帯に対する振動減衰効果が高い。本実施形態では、互いに損失係数の温度依存性が異なる粘弾性材料からなる粘弾性体60a及び60bを併用することで、より広範囲な周波数の振動を低減することができる。
【0016】
粘弾性体60a及び60bを構成する粘弾性材料としては、例えば、IIR(臭化ブチル組成物)、NBR(アクリロニトリルブタジエンゴム)、天然ゴム、シリコンゴム、スチレン系ゴム等が挙げられる。粘弾性体60a及び60bは、上記粘弾性材料に例えば金属粉末等を混入して形成し、その比重を調整することもできる。
【0017】
ここで、粘弾性体60a及び60bは、互いに損失係数のピーク値温度が異なる粘弾性材料から構成されることが望ましい。一般に粘弾性材料の損失係数はピーク値温度を境にして各温度に対する損失係数が徐々に下がる。従って、損失係数のピーク値温度が異なる粘弾性材料を併用することにより、より広範囲な周波数の振動を低減できる。
【0018】
また、粘弾性体60a及び60bは、損失係数のピーク値がいずれも0.3以上の粘弾性材料から構成されることが望ましい。損失係数が0.3以上であると、より高い振動減衰効果が得られる。
【0019】
また、粘弾性体60aを構成する粘弾性材料と粘弾性体60bを構成する粘弾性材料とは、その損失係数のピーク値温度が、一方が摂氏−30度未満で、他方が摂氏−30度以上であることが望ましい。損失係数のピーク値温度が摂氏−30度未満の粘弾性材料は相対的に高周波数帯に対する振動減衰効果が高く、摂氏−30度以上の粘弾性材料は相対的に低周波数体に対する振動減衰効果が高い。従って、より広範囲な周波数の振動を低減できる。
【0020】
介挿部材70は粘弾性体60a、60bと固定部材50の頭部51との間に介挿される部材であり、粘弾性体60a、60bを略均一に凹部41の底面41aに押圧するための部材である。介挿部材70は粘弾性体60a、60bの外形と同形状の平坦面70aを有し、また、その中心には軸体51が通過する開口部70bが設けられている。開口部70bは円形の貫通穴であるがこれに限られず、粘弾性体の場合(図3(B))と同様に、切り欠きとしてもよい。介挿部材70の中心部分は周縁側の部分よりも薄肉とされており、凹部41へ固定部材50を取り付けた際に、固定部材50の頭部51の一部が埋没するような外観となるようにされている。
【0021】
係る構成からなるゴルフクラブヘッドAでは固定部材50の軸体52を介挿部材70、粘弾性体60a、60bの各開口部70b、60a'、60b'に挿入し、軸体52の先端のネジをネジ穴41bに螺合する。これにより、頭部51と底面41aとの間に粘弾性体60a、60bが挟持されて固定される。
【0022】
しかして、本実施形態のゴルフクラブヘッドAでは互いに損失係数の温度依存性が異なる粘弾性材料からなる粘弾性体60a及び60bを併用することで、より広範囲な周波数の振動を低減することができる。
【0023】
また、粘弾性体60a、60bを固定部材50の軸体52が通過する構造とすることで、前記凹部の深さをより浅くでき、粘弾性体60a、60bを周壁(ソール部40)に、より近い位置にて固定することができる。従って、粘弾性体60a、60bによる制振効果を向上することができる。
【0024】
また、本実施形態では介挿部材70を頭部51と粘弾性体60a、60bとの間に介挿したことで、頭部51の大きさによらず、粘弾性体60a、60bを略均一に底面41aに押圧することができ、粘弾性体60bと底面41aとの密着性が確保できる。これは制振効果を更に向上させる。また、介挿部材70を設けたことで粘弾性体60a、60bが外部へ露出せず、保護されるため、粘弾性体60a、60bが損傷することを防止することができる。
【0025】
なお、固定部材50、介挿部材70はゴルフクラブヘッドAの重心位置を調整するための部材としても活用できる。例えば、固定部材50、介挿部材70をゴルフクラブヘッドAの周壁とは比重の異なる材料から構成することができる。例えば、ゴルフクラブヘッドAの周壁をチタン合金(比重:約4.5)とした場合、固定部材50、介挿部材70をステンレス(比重:約7.8)やタングステン合金(比重:約13.0)とした場合、これらは錘としても機能し、ゴルフクラブヘッドAの重心位置が固定部材50、介挿部材70の部位に近づくことになる。逆に、固定部材50、介挿部材70をアルミ合金(比重:約2.7)とすれば、ゴルフクラブヘッドAの重心位置が固定部材50、介挿部材70の部位から遠ざかることになる。
【0026】
なお、本実施形態では2つの粘弾性体60a、60bをゴルフクラブヘッドAに装着したが、3つ以上の粘弾性体を装着してもよい。この場合、各粘弾性体を構成する各々の粘弾性材料は相互に損失係数の温度依存性が異なるものであることが望ましい。
【0027】
また、本実施形態では2つの粘弾性体60a、60bを重ねて凹部41内に固定するようにしているが、異なる部位に粘弾性体60aと60bとを固定するようにしてもよい。粘弾性体の固定部位については、ソール部40の他、サイド部30、クラウン部20が挙げられるが、本実施形態のようにソール部40に固定することで、ゴルフクラブヘッド40の低重心化が図れる。従って、複数の粘弾性体の少なくともいずれか一つをソール部に固定することが望ましい。また、バック側のサイド部30に粘弾性体を固定するとゴルフクラブヘッドAの深重心化が図れる。
【0028】
図3(A)は複数の粘弾性体を複数箇所に固定したゴルフクラブヘッドBの構造を示す断面図である。同図においてゴルフクラブヘッドAと同じ構成については同じ符号を付し、説明を割愛する。ゴルフクラブヘッドBではソール部40に粘弾性体61aが、バック側のサイド部30に粘弾性体61bがそれぞれ固定されている。ゴルフクラブヘッドAの場合と同様に、粘弾性体61aと粘弾性体61bとは損失係数の温度依存性が異なる粘弾性材料から構成される。
【0029】
粘弾性体61aの固定構造は上述したゴルフクラブヘッドAの場合と同様である。粘弾性体61bの固定構造も同様である。以下、簡単に説明する。バック側のサイド部30にはゴルフクラブヘッドBの内部に突出した凹部31が一体的に形成されており、凹部31内に粘弾性体61bが配設されている。凹部31は凹部41とは別個の固定部を構成する。凹部31の底面31aにはネジ穴31bが形成されている。ネジ穴31bには固定部材50と同様の固定部材50'が螺合しており、固定部材50'と介挿部材70と同様の介挿部材70'とにより粘弾性体61bが固定されている。固定部材50'は、一端にネジ穴31bと螺合するネジが形成された軸体52'と、軸体52'の他端に一体に接続された頭部51'と、を有する。
【0030】
しかして、固定部材50'の軸体52'を介挿部材70'、粘弾性体61bの各開口部70b'、61b'に挿入し、軸体52'の先端のネジをネジ穴31bに螺合する。これにより、頭部51'と底面31aとの間に粘弾性体61bが挟持されて固定される。
【0031】
係る構成からなるゴルフクラブヘッドBでは、ソール部40、サイド部30にそれぞれ生じる振動に対して個別の制振効果を高めることができる。バック側のサイド部30に粘弾性体61b並びにその固定構造を配したことでゴルフクラブヘッドBのバック側が重くなり深重心化が図れる。また、ソール部40に粘弾性体61a及びその固定構造を配したことでゴルフクラブヘッドBのソール部40側が重くなり低重心化が図れる。従って、ゴルフクラブヘッドBによれば制振効果に加えて、低重心化、深重心化を図ることができる。2組の固定構造の各固定部材50、50'、介挿部材70、70'の材料は同じものとしても、異なるものとしてもよい。異なるものとすることで、上述した重心位置の調整を図ることもできる。
【実施例】
【0032】
図1に示したゴルフクラブヘッドAについて比較試験を行なった。本発明の実施例と比較例とにおいて使用した粘弾性体60a及び60bの粘弾性材料は以下の通りである。
・実施例:
臭化ブチル組成物(粘弾性体60a及び60bで損失係数の温度依存性が異なる。)
・比較例1:
スチレン系熱可塑性エラストマ(粘弾性体60a及び60bで損失係数の温度依存性は同じ。)
・比較例2:
粘弾性体60a及び60bを装填しない。
【0033】
図4(A)は実験に用いた各粘弾性材料の損失係数の温度依存性を示す図であり、1Hzの振動に対する温度依存性を示す図である。同図において、線aは実施例の粘弾性体60aに用いた粘弾性材料(臭化ブチル組成物)の損失係数の温度依存性、線bは実施例の粘弾性体60bに用いた粘弾性材料(臭化ブチル組成物)の損失係数の温度依存性、線cは比較例1の粘弾性体60a及び60bに用いた粘弾性材料(スチレン系熱可塑性エラストマ)の損失係数の温度依存性を示す。
【0034】
なお、実施例の粘弾性体60a及び60bに用いた各粘弾性材料は、その損失係数のピーク値温度が異なっている。また、その損失係数のピーク値はいずれも0.3以上である。また、粘弾性体60aの粘弾性材料の損失係数のピーク値温度は摂氏−30度未満である。粘弾性体60bの粘弾性材料の損失係数のピーク値温度は摂氏−30度以上である。
【0035】
図4(B)は実施例及び比較例1及び2の各ゴルフクラブヘッドに対する振動計測実験の結果を示す図であり、モーダル解析により減衰比を算出したものである。図中のプロットは各ゴルフクラブヘッドの共振周波数における減衰比を示しており、四角のプロットは実施例、丸のプロットは比較例1、三角のプロットは比較例2を示す。実施例では広範囲の周波数において高い減衰比が得られていることが分かる。
【図面の簡単な説明】
【0036】
【図1】本発明の一実施形態に係るゴルフクラブヘッドAの構造を示す断面図及び要部拡大図である。
【図2】粘弾性体の固定構造の分解斜視図である。
【図3】(A)は本発明の他の実施形態に係るゴルフクラブヘッドBの構造を示す断面図、(B)は粘弾性体の形態例を示す図である。
【図4】(A)は比較実験に用いた各粘弾性材料の損失係数の温度依存性を示す図、(B)は実施例及び比較例1及び2の各ゴルフクラブヘッドに対する振動計測実験の結果を示す図である。
【符号の説明】
【0037】
A、B ゴルフクラブヘッド
31、41 凹部
31b、41b ネジ穴
50、50' 固定部材
60a、60b、60c、61a、61b 粘弾性体
70、70' 介挿部材




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013