Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
パチンコ遊技機 - サミー株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> サミー株式会社

発明の名称 パチンコ遊技機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−21081(P2007−21081A)
公開日 平成19年2月1日(2007.2.1)
出願番号 特願2005−211374(P2005−211374)
出願日 平成17年7月21日(2005.7.21)
代理人 【識別番号】100105315
【弁理士】
【氏名又は名称】伊藤 温
発明者 太田 友之
要約 課題
転落抽選が行なわれるタイプのパチンコ遊技機の興趣性をより高める手段の提供。

解決手段
識別情報表示内容決定手段が、第一の遊技状態では、停止識別情報として所定態様を所定確率で抽選し、第二の遊技状態では、前記所定確率よりも高い確率で前記所定態様を抽選すると共に、第二の遊技状態下、識別情報変動毎に、第二の遊技状態から第一の遊技状態へ状態移行するか否かを抽選する状態移行抽選手段を更に備えたパチンコ遊技機において、前記状態移行抽選手段は、ある識別情報変動に係る前記状態移行抽選を、当該識別情報変動の少なくとも一変動以前に行なうことを特徴とするパチンコ遊技機。
特許請求の範囲
【請求項1】
遊技球が流入し得る始動入賞口と、
遊技球が入賞し易い開状態と入賞し難い閉状態を採り得る可変入賞口と、
識別情報を変動表示及び停止表示可能な識別情報表示部と、
前記始動入賞口への遊技球の流入に基づき、遊技内容決定乱数を取得する乱数取得手段と、
前記遊技内容決定乱数に基づき、識別情報の変動態様と停止識別情報を決定する識別情報表示内容決定手段と、
前記識別情報表示内容決定手段による前記決定内容を受けて、前記識別情報表示部上に識別情報を前記変動態様に従い変動表示した後に前記停止識別情報を表示するよう制御する識別情報表示制御手段と、
前記停止識別情報が所定態様であるか否かを判定し、前記所定態様である場合、前記可変入賞口を遊技者に有利な状態へと可変する特別遊技への移行を決定する特別遊技移行判定手段と、
前記特別遊技を実行する特別遊技実行手段と
を有するパチンコ遊技機であって、
前記識別情報表示内容決定手段は、第一の遊技状態では、前記停止識別情報として前記所定態様を所定確率で抽選し、第二の遊技状態では、前記所定確率よりも高い確率で前記所定態様を抽選すると共に、
前記第二の遊技状態下、識別情報変動毎に、前記第二の遊技状態から前記第一の遊技状態へ状態移行するか否かを抽選する状態移行抽選手段を更に備えたパチンコ遊技機において、
前記状態移行抽選手段は、ある識別情報変動に係る前記状態移行抽選を、当該識別情報変動の少なくとも一変動以前に行なうことを特徴とするパチンコ遊技機。
【請求項2】
前記状態移行抽選手段は、ある識別情報変動に係る前記状態抽選を、前記識別情報変動より前に実行された特別遊技中に行なうか、又は、前記識別情報変動より前に実行された識別情報変動の際に行なう、請求項1記載のパチンコ遊技機。
【請求項3】
前記状態移行抽選手段は、特別遊技中に前記始動入賞口に遊技球が入賞した際、当該入賞の度に、当該特別遊技終了後の識別情報変動に係る前記状態移行抽選を順次行なう、請求項2記載のパチンコ遊技機。
【請求項4】
ある識別情報変動で前記状態移行することが決定している場合、当該識別情報変動までの残り回数を、前記識別情報表示部と同一又は異なる表示部に表示する第一の回数表示制御手段を更に有する、請求項1〜3のいずれか一項記載のパチンコ遊技機。
【請求項5】
少なくともある識別情報変動までは前記状態移行しないことが決定している場合、当該識別情報変動までの残り回数を、前記識別情報表示部と同一又は異なる表示部に表示する第二の回数表示制御手段を更に有する、請求項1〜4のいずれか一項記載のパチンコ遊技機。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、始動入賞口への遊技球の入賞に基づき取得した遊技内容決定乱数に基づき、抽選により、遊技者に有利な特別遊技状態への移行を決定するタイプのパチンコ遊技機であって、前記抽選確率として所定確率である第一の遊技状態と、前記所定確率よりも高確率である第二の遊技状態を備えたパチンコ遊技機に関する。特に、その中でも、第二の遊技状態から第一の遊技状態へ状態移行を識別情報変動の度に決定するタイプのパチンコ遊技機に関する。
【背景技術】
【0002】
現在のパチンコ遊技機は、始動入賞口といわれる入賞口に遊技球が流入したことに基づき、ディスプレー上で数字等の識別情報が所定時間変動した後に停止し、当該停止識別情報が所定態様(例えば「777」)である場合に、通常時は閉状態にある大入賞口が所定条件で開放するという特別遊技に移行するタイプが主流である(例えば、特許文献1)。
【0003】
ところで、以前より、特別遊技移行抽選を所定確率で行なう「通常遊技状態」の他、前記所定確率よりも高確率で特別遊技移行抽選を行なう「確率変動遊技状態」といった、複数の状態を採り得るパチンコ遊技機が存在する。そして、最近、特別遊技後に確率変動遊技状態に移行し、識別情報変動毎に、特別遊技移行抽選を行なう一方で通常遊技状態への転落抽選を行なうという、興趣性に溢れた機種が登場している。当該機種では、例えば、始動入賞口への遊技球の入賞毎に、遊技内容決定乱数(特別図柄抽選用乱数)と転落抽選用乱数を取得し、転落抽選判定と大当たり判定の両方を同時に行なっている。
【特許文献1】特開2001−334033
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、始動入賞口への遊技球の入賞毎に転落抽選を行なう場合、遊技者によっては毎回転落抽選が行なわれることに対して継続的な不安感を抱く者もあり好ましくない。更に、ある識別情報変動の際に通常遊技状態への転落が決定した場合、遊技者に対する当該転落の告知又は示唆は、当該識別情報変動の時点でしか可能でなく、当該告知や示唆のタイミングや内容にバラエティさを欠くという問題もある。
【0005】
更には、上記転落抽選が行なわれるタイプのパチンコ遊技機に限らず、従来の第1種と称されるパチンコ遊技機は、前記識別情報が変動中であるときに始動入賞口に遊技球が入賞した場合、所定条件下で当該入賞に基づく識別情報変動が一旦待機状態となる(保留機能)。ところで、この保留機能は、現在の機種の大部分が上限を4個と定めており、それを超える遊技球が始動入賞口に入賞した場合には、当該入賞に基づく賞球払出のみが行われ、それに基づく識別情報変動や特別遊技移行抽選は一切行われない。特に、通常遊技中であれば、保留が上限に達した場合に遊技を一旦中止すれば、保留を超える始動入賞口への遊技球の無駄な入賞を防止することができるが、特別遊技中においては、大入賞口が開放する時間が制限されているため、遊技を中止することは遊技者の不利益に繋がる結果、保留が上限に達した場合であっても遊技球を発射し続けざるを得ない。加えて、このタイプのパチンコ遊技機での醍醐味は、通常遊技中における、特別遊技移行決定に至るまでのディスプレー上の変動表示態様にあるといっても過言ではなく、当該変動中には特別遊技移行を期待させる画像処理上の各種工夫がなされている(例えば、スーパーリーチといった長時間に亘る凝った動画像演出や、特別遊技移行の期待度に対応したキャラクタ等の予告表示)。その一方で、特別遊技中は、基本的には特別遊技を盛り上げるデモ演出表示の他、ラウンド情報や当該ラウンドにおける入賞個数情報等が表示されるに留まる。即ち、特別遊技は、通常遊技中のような緊張感を遊技者に対して付与する機会と位置付けられていないのが現状である。
【0006】
そこで、本発明は、前記転落抽選が行なわれるタイプのパチンコ遊技機の興趣性をより高めることを目的とする。更に、上記保留の上限を超えた場合の無駄打ちに基づく遊技者の不満の解消や特別遊技中の緊張感を高めることを副次的な目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明(1)は、遊技球が流入し得る始動入賞口(始動入賞口11)と、
遊技球が入賞し易い開状態と入賞し難い閉状態を採り得る可変入賞口(大入賞口12)と、
識別情報(特別図柄)を変動表示及び停止表示可能な識別情報表示部(特別図柄表示部14a)と、
前記始動入賞口(始動入賞口11)への遊技球の流入に基づき、遊技内容決定乱数を取得する乱数取得手段(乱数取得判定実行手段112)と、
前記遊技内容決定乱数に基づき、識別情報(特別図柄)の変動態様と停止識別情報を決定する識別情報表示内容決定手段(図柄内容決定手段114)と、
前記識別情報表示内容決定手段(図柄内容決定手段114)による前記決定内容を受けて、前記識別情報表示部(特別図柄表示部14a)上に識別情報(特別図柄)を前記変動態様に従い変動表示した後に前記停止識別情報を表示するよう制御する識別情報表示制御手段(特別図柄表示制御手段120)と、
前記停止識別情報が所定態様であるか否かを判定し、前記所定態様である場合、前記可変入賞口(大入賞口12)を遊技者に有利な状態へと可変する特別遊技への移行を決定する特別遊技移行判定手段(特別遊技移行判定実行手段180)と、
前記特別遊技を実行する特別遊技実行手段(特別遊技移行判定実行手段180)と
を有するパチンコ遊技機であって、
前記識別情報表示内容決定手段(図柄内容決定手段114)は、第一の遊技状態(低確率抽選状態)では、前記停止識別情報として前記所定態様を所定確率で抽選し、第二の遊技状態(高確率抽選状態)では、前記所定確率よりも高い確率で前記所定態様を抽選すると共に、
前記第二の遊技状態(高確率抽選状態)下、識別情報変動毎に、前記第二の遊技状態(高確率抽選状態)から前記第一の遊技状態(低確率抽選状態)へ状態移行するか否かを抽選する状態移行抽選手段(転落抽選制御手段160)を更に備えたパチンコ遊技機において、
前記状態移行抽選手段(転落抽選制御手段160)は、ある識別情報変動に係る前記状態移行抽選を、当該識別情報変動の少なくとも一変動以前に行なうことを特徴とするパチンコ遊技機である。
【0008】
本発明(2)は、前記状態移行抽選手段(転落抽選制御手段160)は、ある識別情報変動に係る前記状態抽選を、前記識別情報変動より前に実行された特別遊技中に行なうか、又は、前記識別情報変動より前に実行された識別情報変動の際に行なう、前記発明(1)のパチンコ遊技機である。
【0009】
本発明(3)は、前記状態移行抽選手段(転落抽選制御手段160)は、特別遊技中に前記始動入賞口(始動入賞口11)に遊技球が入賞した際、当該入賞の度に、当該特別遊技終了後の識別情報変動に係る前記状態移行抽選を順次行なう、前記発明(2)のパチンコ遊技機である。
【0010】
本発明(4)は、ある識別情報変動で前記状態移行することが決定している場合、当該識別情報変動までの残り回数を、前記識別情報表示部と同一又は異なる表示部(装飾図柄表示部14b)に表示する第一の回数表示制御手段(特別遊技中表示制御手段223)を更に有する、前記発明(1)〜(3)のいずれか一つのパチンコ遊技機である。
【0011】
本発明(5)は、少なくともある識別情報変動までは前記状態移行しないことが決定している場合、当該識別情報変動までの残り回数を、前記識別情報表示部と同一又は異なる表示部(装飾図柄表示部14b)に表示する第二の回数表示制御手段(特別遊技中表示制御手段223)を更に有する、前記発明(1)〜(4)のいずれか一つのパチンコ遊技機である。
【0012】
ここで、本発明における各用語の意味について説明する。「入賞」とは、賞球の払出の有無に関わらず、遊技者に対して何らかの利益状態を生じ得るもの一切を包含する概念であり、いわゆる「スルーチャッカー」も含む。「開状態」とは、遊技球が流入し易い状態を指し、「閉状態」とは、遊技球が流入不能な状態や遊技球が流入困難な状態を指す。「識別情報」とは、視覚的に認識可能なものであれば特に限定されず、例えば、数字、文字、図柄等を挙げることができる(例えば、特別図柄や装飾図柄)。「遊技内容決定乱数」とは、パチンコ遊技機において何らかの遊技内容を決定するための乱数であり、例えば、特別遊技の移行と関連した「当選乱数」、識別図柄の変動態様(又は変動時間)を決定するための「変動態様決定乱数」、特別図柄の停止図柄を決定する「特別図柄決定乱数」等を挙げることができる。尚、変動態様や停止識別情報の内容等を決定する際、これらすべての乱数を使用する必要はなく、互いに同一又は相違する、少なくとも一つの乱数を使用すればよい。「前記遊技内容決定乱数に基づき」とは、前記遊技内容決定乱数を直接使用して識別情報の表示内容を決定する場合のみならず、前記遊技内容決定乱数を使用して決定された他の識別情報(例えば特別図柄)の表示内容に基づき、識別情報(例えば装飾図柄)の表示内容を決定する場合を含む。「前記停止識別情報が所定態様であるか否かを判定し」とは、当該識別情報が所定態様であるか否かを直接的に判定する場合のみならず、当該識別情報(例えば装飾図柄)と他の識別情報(例えば特別図柄)とがシンクロしている場合、前記他の識別情報が特定態様であるか否かを判定することにより、間接的に当該識別情報が所定態様であるか否かを判定するような場合も含む。
【発明の効果】
【0013】
本発明(1)によれば、ある識別情報変動の際に行なわれるべき状態移行決定を事前に行なうよう構成されているので、遊技者に対して当該転落の事前告知又は示唆を行なうことが可能になる。その結果、遊技者は、毎回転落抽選が行なわれることに対して継続的な不安感を抱く事態から解消されると共に、当該告知や示唆のタイミングや内容にバラエティさを持たせることができ、遊技の興趣性を高めることが可能になるという効果を奏する。
【0014】
本発明(2)によれば、前記効果に加え、特別遊技中とか、転落に係る識別情報変動以前の識別情報変動の際といった、状態移行が行なわれるタイミングとは時間的に離隔した時点で状態移行抽選が行なわれるので、前記告知又は示唆のための時間として相当時間確保できる。そのため、例えば、状態移行が行なわれる識別情報変動より前の、複数回の識別情報変動に亘り、連続的な告知又は示唆を行なうことが可能になる等、告知又は示唆の内容にバラエティを持たせることができるという効果を奏する。
【0015】
本発明(3)によれば、前記効果に加え、特別遊技中における始動入賞口への遊技球の入賞毎に状態移行抽選が行われるので、保留の上限を超えた場合の無駄打ちに基づく遊技者の不満の解消や特別遊技中の緊張感を高めることが可能になるという効果を奏する。
【0016】
本発明(4)によれば、前記効果に加え、状態移行が行なわれるまでの識別情報変動回数を遊技者が認識できるので、状態移行が突然行なわれることに基づく遊技者のショックを軽減できると共に、当該変動回数の間、遊技者の意識を識別情報変動により集中させることが可能になるという効果を奏する。
【0017】
本発明(5)によれば、前記効果に加え、少なくとも状態移行が行なわれない識別情報変動回数を遊技者が認識できるので、当該変動回数の間は、状態移行に対する不安感を遊技者に抱かせないことが可能になるという効果を奏する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0018】
以下、本発明を実施するための最良形態について説明する。尚、あくまで最良の形態であり、本発明が適用可能なパチンコ遊技機、各手段が存在する場所や機能等、各種処理に関しての各ステップの順序、フラグのオン・オフのタイミング、各ステップの処理を担う手段名等に関し、以下の態様に限定されるものではない。例えば、本最良形態は従来の第1種遊技機であるが、これに何ら限定されず、第3種や複合機等も本発明の対象となり得る。
【0019】
はじめに、図1を参照しながら、本最良形態に係るパチンコ遊技機の外観を説明する。まず、図1に示すように、該パチンコ遊技機は、外枠に対して前枠が回動可能に固定されている構成を採っている。該前枠には、遊技領域1を有する遊技盤を収容する収容枠が形成されており、この収容枠に遊技盤が保持されている。該遊技盤には、内レール及び外レールにより区画された遊技領域1が形成されており、この遊技領域1に、特別図柄の表示等を行う特別図柄表示部14a及び装飾図柄の表示等を行う装飾図柄表示部14bを含む識別情報表示部14と、打球の流入を検知可能なセンサが取り付けられている始動入賞口11と、特別遊技中に所定条件で図示しないソレノイドで駆動され得る、遊技球が流入し易い「開状態」と遊技球が流入不能な「閉状態」に可変する大入賞口12と、いずれの入賞口にも入賞しなかった打球を遊技領域外に排出するためのアウト口20とが設けられている。更に、前枠右下には、遊技領域へ遊技球を発射する際の発射強度を連続的又は段階的に変化させ得る、遊技球発射装置と接続したハンドル10が設置されている。
【0020】
図2は、該パチンコ遊技機の背面であり、遊技者の利益と直接関係する制御を行う主制御装置(メイン基板)100、遊技内容に興趣性を付与する装飾図柄表示部14b上での各種演出を司る表示制御装置(サブ基板)200、賞球払出機構19(賞球タンク19a、賞球レール19b)、賞球払出装置18等が、前枠裏面(遊技側と反対側)に設けられている。
【0021】
次に、図3のブロック図を参照しながら、本最良形態に係るパチンコ遊技機の各種機能について説明する。まず、主制御装置100は、各種周辺機器、即ち、普通電動役物を備えた(且つ遊技球が入賞した際に入賞信号を発するセンサが取り付けられた)始動入賞口11、通常遊技状態においては閉状態であるが特別遊技状態においては開状態に可変する大入賞口12、特別図柄表示部14a、表示制御装置200、賞球払出装置18及び各種遊技効果ランプ(例えばサイドランプ)と電気的に接続されている。尚、識別情報表示部14の内、特別図柄表示部14aが、主制御装置100と情報伝達可能に接続されており、装飾図柄表示部14bは、後述する表示制御装置200と情報伝達可能に接続されている。即ち、特別図柄表示部14aは、主制御装置100により制御され、装飾図柄表示部14bは、表示制御装置200により制御されることを意味する。以下、各要素について詳述する。
【0022】
まず、主制御装置100は、遊技者に有利な特別遊技状態に移行するか否かの判定を行う特別遊技移行決定手段110と、特別図柄表示部14a上で所定時間特別図柄を変動させた後に停止表示する制御を行う特別図柄表示制御手段120と、現在の遊技状態{例えば、特別遊技状態、特別遊技移行抽選に関連した抽選確率に関する状態(高確率抽選状態、低確率抽選状態)}や各種フラグのオンオフ状況を一時記憶するための遊技状態一時記憶手段150と、高確率抽選状態を低確率抽選状態に移行させるか否かの決定と当該状態に移行させる処理を行なうための転落抽選制御手段160と、表示制御装置200側で表示制御を行うに際して必要なすべての情報{例えば、停止図柄情報、停止図柄の属性情報(当たり、外れ)、変動態様に関する情報(例えば、変動時間)、特別遊技の開始信号・状態情報・終了信号等}を送信するための情報送信手段170と、停止した特別図柄が所定態様であるか否かの判定を行うと共に、所定態様である場合には、大入賞口12を所定条件で開状態にするという特別遊技を実行するための特別遊技移行判定実行手段180と、始動入賞口11等をはじめとする各種入賞口への遊技球の入賞に基づき所定の賞球の払出を行うように賞球払出装置18を制御する賞球払出制御手段190とを有している。
【0023】
ここで、特別遊技移行決定手段110は、始動入賞口11へ遊技球が入賞したか否かを判定する始動入賞口入賞判定手段111と、始動入賞口11への遊技球の入賞に基づき遊技内容決定乱数を取得するか否かを判定すると共に、判定結果に応じて遊技内容決定乱数(例えば、当選乱数、変動態様決定乱数、特別図柄決定乱数等)及び転落抽選乱数(特別遊技中であって保留球が上限に達している場合には転落抽選乱数のみ)を取得する乱数取得判定実行手段112と、取得した遊技内容決定乱数に基づく図柄変動が許可されていない場合に当該乱数を保留情報一時記憶手段113aに記憶するための保留情報一時記憶判定実行手段113と、遊技内容決定乱数に基づき、特別図柄の停止図柄と変動態様(変動時間等)を決定する図柄内容決定手段114とを有している。ここで、保留情報一時記憶判定実行手段113は、最大4個まで記憶可能な、前記乱数を保留順序と結合した形で一時記憶するための保留情報一時記憶手段113aを有している。更に、図柄内容決定手段114は、停止図柄や変動態様を決定する際に参照される図柄内容決定用当選テーブル114aを有しており、当該テーブル114aは、遊技状態に応じて異なる各種当選テーブルを備えている(通常遊技→低確率用当選テーブル114a、確率変動遊技→高確率用当選テーブル114a)。
【0024】
また、特別図柄表示制御手段120は、前記図柄内容決定手段114により決定された変動態様に係る変動時間を管理するための図柄変動時間管理手段121を更に有している。ここで、図柄変動時間管理手段121は、ゼロクリア可能なタイマ121a(デクリメントカウンタ)を更に有している。
【0025】
次に、転落抽選制御手段160は、特別遊技後に実行される特別遊技移行決定抽選について、高確率で抽選することを保証した回数をカウントするための非転落保証回数カウンタ161と、転落抽選の際に参照される転落抽選テーブル162とを更に有している。
【0026】
次に、本最良形態に係るパチンコ遊技機における周辺機器について詳述する。まず、識別情報表示部14は、前記のように、主制御装置100からの指示に基づき特別図柄の変動表示及び停止表示を行うと共に、現時点での保留情報の報知を行う特別図柄表示部14aと、後述する表示制御装置200からの指示に基づき装飾図柄の変動表示及び停止表示並びに特別遊技中の表示を行うことを含め、特別遊技移行とは直接関係しない各種演出表示を行う装飾図柄表示部14bとを有している。
【0027】
以下、本最良形態に係る表示制御装置200について詳述する。まず、表示制御装置200は、主制御装置100側からの表示情報{例えば、停止図柄の種類、図柄の変動時間や図柄の属性(当たり図柄、外れ図柄)、図柄変動の開始タイミングや確定表示タイミング情報、特別遊技開始信号・状態情報・終了信号等}を受信するための表示情報受信手段210と、装飾図柄表示部14bでの表示に関する一切の制御を司る表示制御手段220とを有している。尚、表示制御装置200は、図示しないが、他にも、装飾図柄が変動していない状況で行うデモ表示、確率変動遊技時に行う特殊背景表示等を行う各種手段を有している。
【0028】
ここで、表示情報受信手段210は、主制御装置100からの図柄情報を一時記憶するためのメイン側情報一時記憶手段211を有している。尚、メイン側情報一時記憶手段211に一時記憶された図柄情報は、以下で説明する各処理において、後述の各種手段により必要に応じ適宜参照される。
【0029】
また、表示制御手段220は、装飾図柄の表示制御を司る装飾図柄表示制御手段221と、現在の遊技状態(高確率状態又は低確率状態)の報知と非転落保証回数の表示等、遊技状態に関する表示を司る遊技状態表示制御手段222と、特別遊技中の一切の表示制御を司る特別遊技中表示制御手段223とを有している。ここで、装飾図柄表示制御手段221は、主制御装置100側からの図柄情報に基づき、装飾図柄の変動態様と停止図柄を決定するための装飾図柄表示内容決定手段221aと、装飾図柄の変動態様データ等が記憶されている装飾図柄変動態様記憶手段221bとを更に有する。また、装飾図柄表示内容決定手段221aは、変動内容を決定する際に参照される変動内容決定テーブル221aを更に有している。
【0030】
次に、本最良形態に係る処理の流れを説明する。まず、図4は、主制御装置100が行う一般的な処理の流れを示したメインフローチャートである。図4に示すように、主制御装置100は、遊技内容決定乱数取得に係る第1種特別遊技決定用乱数取得処理100、遊技内容決定乱数に基づき特別遊技移行の可否を決定すると共に特別図柄の表示内容(変動態様・停止図柄)を決定する第1種特別遊技移行決定・特別図柄表示処理200、大入賞口12を所定条件下で開状態にする第1種特別遊技実行処理300、特別遊技中における始動入賞口11への遊技球の入賞に基づき、当該特別遊技後における高確率変動状態の転落タイミングを決定するための特別遊技中転落抽選処理400と、各種入賞口への遊技球の入賞に基づき賞球の払出制御処理を行なう賞球払出処理500の各処理をループして行っている。そして、各処理の条件が成立した際、当該処理を行うこととし、当該条件が不成立の場合には当該処理をスキップしている。各処理の概要を説明する(以下で詳述されている処理を除く)と、賞球払出処理500は、賞球払出に係るいずれかの入賞口(始動入賞口、大入賞口等)に入賞した際、賞球払出制御手段190が、賞球払出装置18に対して払出指示を出し、これを受けて、賞球払出装置18が、指示を受けた数分賞球を払出す、というものである。以下、第1種特別遊技決定用乱数取得処理100から詳述する。尚、本最良形態における処理では、ある処理の途中(終了していない状況)で他の処理に移行し、かつ、他の処理が終了した後に当該処理の途中に戻る必要がある場合には、他の処理が終了した後に再び当該処理の途中に戻ることを担保するため、例えば、当該処理の途中から他の処理に移行する際にフラグを発生させる等のステップが存在する。但し、フローチャートが複雑になるので、以下のフローチャートでは、このようなステップは場合により割愛することとする。
【0031】
次に、図5のフローチャートを参照しながら、本最良形態に係る主制御装置100側で行われる第1種特別遊技決定用乱数取得処理100について説明する。まず、ステップ102で、始動入賞口入賞判定手段111が、始動入賞口11に入賞したか否かを判定する。ステップ102でYesの場合、ステップ104で、乱数取得判定実行手段112は、保留情報一時記憶手段113aを参照し、保留球が上限(例えば4個)でないか否かを判定する。ステップ104でYesの場合、ステップ106で、乱数取得判定実行手段112は、遊技内容決定乱数(当選乱数、変動態様決定乱数、特別図柄決定乱数等)及び転落抽選乱数を取得し、保留情報一時記憶判定実行手段113が、何個目の保留であるかという情報と共に当該乱数を保留情報一時記憶手段113aにセットし、次の処理(第1種特別遊技移行決定・特別図柄表示処理200)に移行する。尚、ステップ102及びステップ104でNoの場合も、次の処理(第1種特別遊技移行決定・特別図柄表示処理200)に移行する。
【0032】
次に、図6のフローチャートを参照しながら、本最良形態に係る主制御装置100側で行われる第1種特別遊技移行決定・特別図柄表示処理200について説明する。まず、ステップ202で、特別遊技移行決定手段110は、変動開始条件が成立しているか否かを判定する。ステップ202でYesの場合、ステップ204で、図柄内容決定手段114は、遊技状態一時記憶手段150を参照して、高確率抽選フラグがオンであるか否かを判定する。ここでまず、ステップ204でNoの場合には、ステップ222で、図柄内容決定手段114は、参照テーブルとして低確率用当選テーブル114aをセットし、ステップ224に移行する。他方、ステップ204でYesの場合、ステップ206で、図柄内容決定手段114は、参照テーブルとして高確率用当選テーブル114aをセットする。次に、ステップ208で、転落抽選制御手段160は、非転落保証回数カウンタ161を参照して、非転落保証回数(N)が0でないか否かを判定する。ステップ208でYesの場合、転落抽選制御手段160は、非転落保証カウンタ161中に記憶されている非転落保証回数値を1減算し、ステップ224に移行する。
【0033】
他方、ステップ208でNoの場合、即ち、非転落保証回数値が0である場合、ステップ212で、転落抽選制御手段160は、遊技状態一時記憶手段150を参照し、転落決定フラグがオフであるか否かを判定する。ここで、「転落決定フラグ」は、特別遊技中に始動入賞口11に入賞した遊技球に基づき転落抽選を行なった際、転落が決定した場合にオンになるフラグである(図8のステップ422参照)。ステップ212でYesの場合、即ち、非転落保証回数値は0でありかつ高確率変動中の場合、ステップ214で、転落抽選制御手段160は、当該保留球に係る転落抽選乱数に基づき、転落抽選テーブル162を参照し、転落抽選を行なう。次に、ステップ216で、転落抽選制御手段160は、前記ステップ214で転落が決定したか否かを判定する。そして、ステップ216でYesの場合、ステップ218で、転落抽選制御手段160は、遊技状態一時記憶手段150にアクセスし、高確率抽選フラグをオフにし、ステップ224に移行する。また、ステップ216でNoの場合には、上記処理をスキップし、ステップ224に移行する。他方、ステップ212でNoの場合、即ち、転落決定フラグがオンである場合には、ステップ220で、転落抽選制御手段160は、遊技状態一時記憶手段150にアクセスし、転落決定フラグをオフにし、ステップ218に移行する。
【0034】
次に、ステップ224で、図柄内容決定手段114は、セットした各当選テーブルを参照し、遊技内容決定乱数(例えば、当選乱数及び特別図柄決定乱数)に基づいて特別図柄に関する停止図柄を決定すると共に、遊技内容決定乱数(例えば、当選乱数及び変動態様決定乱数)に基づいて特別図柄の変動態様を決定する。そして、ステップ226で、情報送信手段170が、ステップ224で決定した特別図柄に関する図柄情報(停止図柄情報、停止図柄の属性情報、変動態様情報等)及び現在の遊技状態を表示制御装置200側に送信する。ここで、ステップ224で表示制御装置200側に当該図柄変動時の遊技状態を送信する理由は、当該状態に関する情報が、表示制御装置200側で行われる後述の確率変動状態表示制御処理1100(特に、ステップ1106)において要求されるからである。
【0035】
次に、ステップ228で、図柄変動時間管理手段121が、所定時間(前記ステップ224で決定した変動態様に係る変動時間)をタイマ121aにセットする。そして、ステップ230で、特別図柄表示制御手段120は、特別図柄表示部14a上で、前記ステップ224で決定した変動態様に従い、特別図柄の変動表示を開始する。次に、ステップ232で、図柄変動時間管理手段121が、前記所定時間に到達したか否かを判定する。ステップ232でYesの場合、ステップ234で、情報送信手段170は、所定時間に到達した旨のコマンドを表示制御装置200側に送信する。次に、ステップ236で、特別図柄表示制御手段120は、特別図柄表示部14a上での特別図柄の変動表示を停止し、前記ステップ224で決定した停止図柄を確定停止図柄として表示制御する。次に、ステップ238で、特別遊技移行決定手段110は、特別図柄表示部14a上で停止した特別図柄が特定態様(当たり)であるか否かを判定する。ステップ238でYesの場合、ステップ240で、特別遊技移行決定手段110は、第1種特別遊技実行フラグをオンにし、次の処理(第1種特別遊技実行処理300)に移行する。尚、ステップ232でNoの場合及びステップ238でNoの場合にも、次の処理(第1種特別遊技実行処理300)に移行する。
【0036】
また、ステップ202でNoの場合、ステップ242で、特別遊技移行決定手段110は、特別図柄が変動中であるか否かを判定する。ステップ242でYesの場合、ステップ232に移行する。尚、ステップ242でNoの場合、次の処理(第1種特別遊技実行処理300)に移行する。
【0037】
次に、図7のフローチャートを参照しながら、本最良形態に係る主制御装置100側で行われる第1種特別遊技実行処理300について説明する。まず、ステップ302で、特別遊技移行判定実行手段180が、第1種特別遊技実行フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ302でYesの場合、ステップ304で、情報送信手段130は、表示制御装置200側に特別遊技開始信号を送信する。次に、ステップ306及びステップ308で、特別遊技移行判定実行手段180は、第1種特別遊技実行フラグをオフにすると共に、第1種特別遊技実行継続フラグをオンにし、ステップ312に移行する。他方、ステップ302でNoの場合、ステップ310で、特別遊技移行判定実行手段180は、第1種特別遊技実行継続フラグがオンであるか否かを判定する。そして、ステップ310でYesの場合には、ステップ312に移行する。尚、ステップ310でNoの場合には、特別遊技移行判定実行手段180は、特別遊技の許可が下りていないと判定し、次の処理(特別遊技中転落抽選処理400)に移行する。
【0038】
次に、ステップ312で、特別遊技移行判定実行手段180は、ラウンド継続フラグがオンであるか否か、換言すれば、当該ラウンドが途中であるか否かを判定する。ステップ312でYesの場合、即ち、当該ラウンドが途中である場合、以下で詳述するステップ314〜322の処理を行うことなく、ステップ324に移行する。他方、ステップ312でNoの場合、即ち、当該ラウンドの開始直前である場合、まず、ステップ314で、特別遊技移行判定実行手段180は、タイマをゼロクリアすると共に所定値(例えば30秒)セットする。次に、ステップ316で、特別遊技移行判定実行手段180は、入賞球カウンタをゼロクリアする。そして、ステップ318で、特別遊技移行判定実行手段180は、ラウンド数カウンタに1を加算する。尚、ラウンド数カウンタ内に記憶されているラウンド数は、特別遊技開始直後(初期値)は0であり、以後ラウンドを重ねていく毎に1ずつインクリメントされる。次に、ステップ320で、特別遊技移行判定実行手段180は、ラウンド継続フラグをオンにする。そして、ステップ322で、特別遊技移行判定実行手段180は、大入賞口12のソレノイドを駆動して大入賞口12を開放し、ステップ324に移行する。
【0039】
次に、ステップ324で、情報送信手段170は、表示制御装置200側に現在の遊技状態情報(例えば、現在のラウンド数や遊技球の入賞個数等)を送信する。そして、ステップ326で、特別遊技移行判定実行手段180は、入賞球カウンタを参照して当該ラウンドで所定球(例えば10球)の入賞球があったか否かを判定する。ステップ326でYesの場合には、ステップ330に移行する。他方、ステップ326でNoの場合、ステップ328で、特別遊技移行判定実行手段180は、タイマを参照して所定時間が経過したか否かを判定する。ステップ328でYesの場合にも、ステップ330に移行し、Noの場合には、次の処理(特別遊技中転落抽選処理400)に移行する。
【0040】
次に、ステップ330で、特別遊技移行判定実行手段180は、ソレノイドの駆動を停止して大入賞口12を閉鎖する。そして、ステップ332で、特別遊技移行判定実行手段180は、ラウンド継続フラグをオフにする。次に、ステップ334で、特別遊技移行判定実行手段180は、ラウンド数カウンタを参照して、当該ラウンドが最終ラウンドか否かを判定する。ステップ334でYesの場合、ステップ336で、特別遊技移行判定実行手段180は、第1種特別遊技実行継続フラグをオフにする。そして、ステップ338で、情報送信手段170は、表示制御装置200側に特別遊技終了信号を送信し、次の処理(特別遊技中転落抽選処理400)に移行する。尚、ステップ334でNoの場合にも、次の処理(特別遊技中転落抽選処理400)に移行する。
【0041】
次に、図8のフローチャートを参照しながら、本最良形態に係るパチンコ遊技機の主制御装置100側での特別遊技中転落抽選処理400について説明する。まず、ステップ402で、転落抽選制御手段160は、遊技状態一時記憶手段160を参照して、特別遊技中転落抽選継続フラグがオフであるか否かを判定する。ステップ402でYesの場合、ステップ404で、転落抽選制御手段160は、遊技状態一時記憶手段160を参照して、特別遊技中フラグがオンであるか否かを判定する。ステップ404でYesの場合、ステップ406及びステップ408で、転落抽選制御手段160は、特別遊技中転落抽選継続フラグをオンにすると共に、非転落保証回数カウンタ161中の非転落保証回数値に初期値(0)をセットする。次に、ステップ410で、転落抽選制御手段160は、始動入賞口11に遊技球が入賞したか否かを判定する。ステップ410でYesの場合、ステップ412で、転落抽選制御手段160は、保留情報一時記憶手段113aを参照し、保留球が既に上限に達しているか否かを判定する。ここで、まだ上限に達していない場合には、当該特別遊技中転落抽選処理は行なわず、通常通り、遊技内容決定乱数取得処理100が行われることになる。そこで本処理が行なわれる場合、即ち、ステップ412でYesの場合には、ステップ414で、転落抽選制御手段160は、非転落保証回数カウンタ161中の非転落保証回数値に1を加算する。そして、ステップ416で、転落抽選制御手段160は、当該入賞に基づき転落抽選乱数を取得する。次に、ステップ418で、転落抽選制御手段160は、転落抽選テーブル162を参照し、当該転落抽選乱数に基づき転落抽選を行なう。そして、ステップ420で、転落抽選制御手段160は、ステップ418で転落決定がされたか否かを判定する。ステップ420でYesの場合、ステップ422及びステップ424で、転落抽選制御手段160は、転落決定フラグをオンにすると共に、情報送信手段170は、表示制御装置200側に転落情報(特別遊技終了後、N回目の図柄変動で転落することが確定した旨の情報)を送信する。そして、ステップ426で、転落抽選制御手段160は、特別遊技中転落抽選継続フラグをオフにし、次の処理(賞球払出処理500)に移行する。
【0042】
他方、ステップ402でNoの場合、即ち、特別遊技中転落抽選処理の途中である場合には、ステップ410に移行する。また、ステップ410でNoの場合、即ち、始動入賞口に入賞しない場合には、ステップ430で、転落抽選制御手段160は、遊技状態一時記憶手段150を参照して、特別遊技中フラグがオフであるか否かを判定する。ステップ430でYesの場合、ステップ432で、転落抽選制御手段160は、高確率抽選フラグをオンにし、ステップ426に移行する。また、ステップ420でNoの場合、即ち、転落抽選の結果転落決定がなされなかった場合には、ステップ428で、情報送信手段170は、表示制御装置200側に非転落情報(特別遊技終了後、N回目の図柄変動までは転落しないことが確定している旨の情報)を送信し、次の処理(賞球払出処理500)に移行する。また、ステップ404及びステップ430でNoの場合にも、次の処理(賞球払出処理500)に移行する。更に、ステップ412でNoの場合には、ステップ430に移行する。
【0043】
次に、図9〜図12のフローチャートを参照しながら、表示制御装置200が行なう各種処理について説明する。まず、表示制御装置200は、非遊技状態時、低確率抽選状態時(通常遊技状態時)、高確率抽選状態時(確率変動遊技状態時)及び特別遊技状態時の夫々で、様々な画像表示処理を行っている。ここで、図9は、本発明と特に関連する処理の流れを示したメインフローチャートである。図9に示すように、表示制御装置200は、非特別遊技中(高確率遊技状態、低確率遊技状態)における装飾図柄表示部14b上に表示される遊技状態に関する遊技状態表示制御処理1100と、装飾図柄の変動表示及び停止表示に関する装飾図柄表示制御処理1200と、特別遊技中に装飾図柄表示部14bで行なわれる表示(例えば、ラウンド数表示、特別遊技中に始動入賞口11に遊技球が入賞した際の転落抽選結果の表示)に関する特別遊技中表示制御処理1300の各処理をループして行っている。そして、各処理の条件が成立した際、当該処理を行うこととし、当該条件が不成立の場合には当該処理をスキップしている。各処理の概要を説明する。
【0044】
まず、図10のフローチャートを参照しながら、本最良形態に係る表示制御装置200側で行われる遊技状態表示制御処理1100について詳述する。まず、ステップ1102で、遊技状態表示制御手段222は、メイン側情報一時記憶手段211を参照し、主制御装置100側から送信された非転落保証回数値(N)が0で無いか否か、即ち、現在まだ非転落保証状態が継続しているか否かを判定する。ステップ1102でYesの場合、ステップ1104で、遊技状態表示制御手段222は、装飾図柄表示部14b上で「あとN回高確率状態継続確定!」と表示する。そして、ステップ1106で、遊技状態表示制御手段222は、メイン側情報一時記憶手段211を参照し、現在の遊技状態は高確率状態であるか否かを判定する。尚、ステップ1102でYesの場合にはステップ1106も必然的にYesとなる。ステップ1106でYesの場合、ステップ1108で、遊技状態表示制御手段222は、装飾図柄表示部14b上で「高確率状態中」と表示し、次の処理(装飾図柄表示制御処理1200)に移行する。他方、ステップ1106でNoの場合には、装飾図柄表示部14bに現在の遊技状態を表示することなく、次の処理(装飾図柄表示制御処理1200)に移行する。尚、ステップ1102でNoの場合にはステップ1106に移行する。
【0045】
次に、図11のフローチャートを参照しながら、本最良形態に係る表示制御装置200側で行われる装飾図柄表示制御処理1200について詳述する。まず、ステップ1202で、装飾図柄表示制御手段221は、メイン側情報一時記憶手段211を参照し、主制御装置100側から図柄情報を受信したか否かを判定する。ステップ1202でYesの場合、ステップ1204で、装飾図柄表示内容決定手段221aは、メイン側情報一時記憶手段211内に一時記憶された主制御装置100側からの図柄情報に基づき、変動内容決定テーブル221aを参照して、装飾図柄の変動態様と停止図柄を決定する。次に、ステップ1206で、装飾図柄表示制御手段221は、前記ステップ1204での決定内容に従い、装飾図柄表示部14b上で装飾図柄の変動表示を開始する。そして、ステップ1208で、装飾図柄表示制御手段221は、メイン側情報一時記憶手段211を参照し、主制御装置100側から確定表示コマンドを受信したか否かを判定する。ステップ1208でYesの場合、ステップ1210で、装飾図柄表示制御手段221は、前記ステップ1204での決定内容に従い、装飾図柄の停止図柄を確定表示し、次の処理(特別遊技中表示制御処理1300)に移行する。尚、ステップ1202及びステップ1208でNoの場合にも、次の処理(特別遊技中表示制御処理1300)に移行する。
【0046】
次に、図12のフローチャートを参照しながら、本最良形態に係る表示制御装置200側で行われる特別遊技中表示制御処理1300について詳述する。まず、ステップ1302で、特別遊技中表示制御手段223は、メイン側情報一時記憶手段211を参照して、主制御装置100側から第1種特別遊技開始信号を受信したか否かを判定する。ステップ1302でYesの場合、ステップ1304で、特別遊技中表示制御手段223は、メイン側情報一時記憶手段211を参照して、現在の遊技状態(ラウンド数、入賞個数等)を装飾図柄表示部14b上に表示する。次に、ステップ1306で、特別遊技中表示制御手段223は、メイン側情報一時記憶手段211を参照して、主制御装置100側から転落情報(図8のステップ424参照)を受信したか否かを判定する。ステップ1306でYesの場合、ステップ1308で、特別遊技中表示制御手段223は、前記ステップで入手した情報に基づき、「N回で転落!」という内容を装飾図柄表示部14b上に表示し、ステップ1314に移行する。他方、ステップ1306でNoの場合には、ステップ1310で、特別遊技中表示制御手段223は、メイン側情報一時記憶手段211を参照して、主制御装置100側から非転落情報(図8のステップ428参照)を受信したか否かを判定する。ステップ1310でYesの場合、ステップ1312で、特別遊技中表示制御手段223は、前記ステップで入手した情報に基づき、「N回継続確定!」という内容を装飾図柄表示部14b上に表示し、ステップ1314に移行する。
【0047】
そして、ステップ1314で、特別遊技中表示制御手段223は、メイン側情報一時記憶手段211を参照して、主制御装置100側から特別遊技終了信号を受信したか否かを判定する。ステップ1314でYesの場合、次の処理(確率変動状態表示制御処理1100)に移行する。他方、ステップ1314でNoの場合には、ステップ1304に移行する。また、ステップ1302でNoの場合には、次の処理(確率変動状態表示制御処理1100)に移行する。更に、ステップ1310でNoの場合には、ステップ1314に移行する。
【0048】
次に、図13及び図14のタイミングチャートを参照しながら、本最良形態に係るパチンコ遊技機の作用について説明する。まず、これらの図を簡単に説明すると、「始動入賞口への入賞」とは、縦線を付したタイミングで始動入賞口11への入賞があったことを示す。また、最下欄の「図柄変動」に付した符号及び番号は、前記縦線の上に付した符号及び番号の入賞に基づく図柄変動であることを意味する。更に、前記縦線の上に付した番号の内、白抜きの丸は転落抽選の結果転落しなかったことを示し、黒抜きの丸は転落抽選の結果転落したことを示し、数字のみは転落抽選が行なわれないことを示す。
【0049】
まず、図13のタイミングチャートは、特別遊技中に転落が決定した場合の例である。そこで、図13のタイミングチャートを時系列的に説明すると、まず、始動入賞口11に遊技球が入賞し(入賞X)、図柄変動Xが開始する。そして、当該図柄変動Xの間、始動入賞口11に遊技球が更に三個入賞し(入賞A〜C)、これらの入賞は一旦保留される。そして、入賞Xに基づく図柄変動の結果、特定態様が揃ったために特別遊技状態に移行する。ここで、この特別遊技移行直後は、保留球は上限には達していない(3個)。そして、当該特別遊技中、始動入賞口11に遊技球が更に入賞し(入賞D)、これにより保留球は上限に達する(4個)。即ち、当該特別遊技中におけるこれ以後の始動入賞口11への遊技球の入賞は、保留されない状況となる。この状況下、当該特別遊技中の始動入賞口11へ遊技球が入賞した場合、その入賞の度に、当該特別遊技終了後の図柄変動に係る転落抽選を順次前倒しで行なう。
【0050】
具体的に説明すると、まず、「入賞1」は、前記状況(保留されない状況)となって最初の入賞である。そして、この「入賞1」に基づき、当該特別遊技終了後の初回の図柄変動(図中の「保留1(A)」に相当する図柄変動)に係る転落抽選が行なわれる。本例では、この「入賞1」に基づく転落抽選の結果は、「非転落」である。この結果、当該特別遊技終了後最低1変動(1回)は確率変動状態が継続することが確定する。
【0051】
ここで、図15及び図16に、「入賞1」に関する、入賞から転落抽選結果までの報知の様子を示す。まず、図15に示すように、「入賞1」を受け、装飾図柄表示部14b上には「始動入賞口イン! 抽選結果は・・・」と表示され、遊技者の緊張感を高める演出が行なわれる。そして、多少の時間をあけ、図16に示すように、「成功! 1回継続確定!」と、抽選結果が表示される。即ち、遊技者に対して、当該特別遊技終了後最低1回は確率変動遊技状態が継続すること、換言すれば、当該特別遊技終了後1回転目においては、通常遊技状態に転落することが無いことが報知されることになる。
【0052】
再び図13のタイミングチャートに戻ると、「入賞2」〜「入賞6」は、夫々、当該特別遊技終了後2〜6変動目における転落抽選であり、いずれの抽選結果も「非転落」である。この結果、当該特別遊技終了後最低6変動は確率変動状態が継続することが確定する。
【0053】
次に、「入賞7」は、当該特別遊技終了後7変動目における転落抽選であり、抽選結果は「転落」である。この結果、当該特別遊技終了後の7変動終了後に転落することが確定する。
【0054】
ここで、図15及び図17に、「入賞7」に関する、入賞から転落抽選結果までの報知の様子を示す。まず、図15に示すように、「入賞7」を受け、前記同様、装飾図柄表示部14b上には「始動入賞口イン! 抽選結果は・・・」と表示される。そして、図17に示すように、「失敗! 7回で転落!」と、抽選結果が表示される。また、図18に、当該特別遊技終了後における、高確率抽選状態回数の報知の様子を示す。図18に示すように、当該特別遊技終了時に、装飾図柄表示部14b上には「7回までチャンスだよ」という表示がなされる。即ち、遊技者に対して、当該特別遊技終了後7変動だけ高確率抽選状態が継続すること、換言すれば、当該特別遊技終了後8変動目からは低確率抽選状態になることが報知されることになる。
【0055】
再び図13のタイミングチャートに戻ると、転落決定がなされた「入賞7」以後、当該特別遊技中に入賞した「入賞8」及び「入賞9」については、転落抽選が行なわれず、これらの入賞に基づく賞球払出のみが実行される。
【0056】
そして、当該特別遊技終了後、図柄変動が開始する。この際、前記のように、当該特別遊技終了後7回転までは高確率抽選状態が担保されており、8回転目から低確率抽選状態に移行することが決定している。この状況下、まず、4個の保留球に基づく図柄変動(「入賞A」〜「入賞D」)が行なわれる。その後、保留球が上限に達していない状況下で入賞した「入賞10」〜「入賞14」の図柄変動が行なわれる。但し、「入賞12」の図柄変動までが高確率抽選状態であり、その後状態移行し、「入賞13」以降は低確率抽選状態となる。即ち、当該特別遊技終了後の「入賞A」〜「入賞D」及び「入賞10」〜「入賞12」に係る7変動が終了した後、低確率抽選状態に転落する。
【0057】
次に、図14のタイミングチャートを参照しながら、特別遊技中に転落が決定されなかった場合の例について説明する。尚、当該タイミングチャートの前段部分は図13と同一であるので説明を割愛する。当該特別遊技中、「入賞D」により保留球が上限(4個)に達した後、「入賞1」〜「入賞9」という9個の入賞があり、いずれの入賞に基づく抽選結果も「非転落」であった例である。その結果、当該特別遊技終了後最低9変動は高確率抽選状態が継続することが確定する。
【0058】
ここで、図19に、当該特別遊技終了後における、高確率抽選状態回数の報知の様子を示す。図19に示すように、当該特別遊技終了時に、装飾図柄表示部14b上には「最低9回は継続するよ」という表示がなされる。即ち、遊技者に対して、当該特別遊技終了後9変動は高確率抽選継続状態が保証され、それ以後は逐次転落抽選が行なわれることが報知されることになる。
【0059】
再び図14のタイミングチャートに戻ると、当該特別遊技終了後、図柄変動が開始する。この際、前記のように、当該特別遊技終了後9変動までは高確率抽選継続状態が担保されており、10変動目からその都度転落抽選が行なわれることが決定している。この状況下、まず、4個の保留球に基づく図柄変動(「入賞A」〜「入賞D」)が行なわれる。その後、保留球が上限に達していない状況下で入賞した「入賞10」〜「入賞21」の図柄変動が行なわれる。但し、「入賞14」の図柄変動までが高確率抽選継続保証状態であり、それ以後の「入賞15」からはその都度転落抽選が行なわれる。本例では、「入賞18」で転落決定し、「入賞19」に基づく図柄変動以降は低確率抽選状態となる。このように、本例においては、特別遊技中に非転落決定がなされた9変動に加え、当該9変動が終了した後にその都度転落抽選が行なわれた結果、転落決定がなされるまでの4変動の合計13変動が、高確率抽選状態である。
【0060】
本最良形態によれば、ある特別図柄変動の際に行なわれるべき状態移行決定を事前に行なうよう構成されているので、遊技者に対して当該転落の事前告知又は示唆を行なうことが可能になる。その結果、遊技者は、毎回転落抽選が行なわれることに対して継続的な不安感を抱く事態から解消されると共に、当該告知や示唆のタイミングや内容にバラエティさを持たせることができ、遊技の興趣性を高めることが可能になるという効果を奏する。
【0061】
更に、特別遊技中とか、転落に係る特別図柄変動以前の図柄変動の際といった、状態移行が行なわれるタイミングとは時間的に離隔した時点で状態移行抽選が行なわれるので、前記告知又は示唆のための時間として相当時間確保できる。そのため、例えば、状態移行が行なわれる特別図柄変動より前の、複数回の特別図柄変動に亘り、連続的な告知又は示唆を行なうことが可能になる等、告知又は示唆の内容にバラエティを持たせることができるという効果を奏する。
【0062】
更に、特別遊技中における始動入賞口への遊技球の入賞毎に状態移行抽選が行われるので、保留の上限を超えた場合の無駄打ちに基づく遊技者の不満の解消や特別遊技中の緊張感を高めることが可能になるという効果を奏する。
【0063】
更に、状態移行が行なわれるまでの識別情報変動回数を遊技者が認識できるので、状態移行が突然行なわれることに基づく遊技者のショックを軽減できると共に、当該変動回数の間、遊技者の意識を識別情報変動により集中させることが可能になるという効果を奏する。
【0064】
更に、少なくとも状態移行が行なわれない識別情報変動回数を遊技者が認識できるので、当該変動回数の間は、状態移行に対する不安感を遊技者に抱かせないことが可能になるという効果を奏する。
【0065】
尚、上記最良形態においては、特別遊技中に保留球が上限に達した状況下、始動入賞口に遊技球が入賞した場合に転落抽選を行なうよう構成したが、ある図柄変動に係る転落抽選を事前に行なう限り特に限定されない。例えば、特別遊技中の大入賞口へ遊技球が入賞した場合に転落抽選を行なってもよい。その他、例えば、以下の変更例を挙げることができる。
【0066】
抽選タイミング
(1)上記最良形態のような当該特別遊技中でなく、当該特別遊技が終了した後の図柄変動中に転落抽選を行なうよう構成してもよい。具体的には、X回転目(X>0)の転落抽選を、X−1回目(X−1>0)以前の識別情報変動時に行なってもよい。
(2)上記最良形態においては始動入賞口への遊技球の入賞の度に転落抽選を行なうよう構成したが、始動入賞口への入賞に関わらず、所定数(例えば特別遊技終了後50変動分)の転落抽選を事前にまとめて行なうように構成してもよい{この場合、前記所定数のすべてで非転落決定が行われた場合、所定タイミング(例えば、特別遊技終了後50変動目)で、更に所定数の転落抽選を行なうように構成してもよい}。また、転落するまで転落抽選を行なうよう構成してもよい。
【0067】
状態移行タイミング
上記最良形態においては、X回転目に転落決定がなされた場合、X+1回目から低確率変動状態に転落するよう構成したが、例えば、X回転目から低確率変動状態に転落するように構成してもよい。また、非転落保証回数経過後における、各回毎の転落抽選に関しても、例えば、転落抽選を行なってから特別遊技移行抽選{転落抽選に当選した場合、その回転から通常時の乱数で当たり判定を行なう}を行なう手法や、ハズレ乱数取得後に転落抽選を行なう手法のいずれであってもよい。
【0068】
抽選方法
上記最良形態においては、始動入賞口への遊技球の入賞の度に転落抽選用乱数を取得するように構成したが、乱数以外の手法で転落抽選を行なうように構成してもよい。例えば、特別遊技開始からの当該入賞時間に基づき転落抽選を行なうように構成してもよい。
【図面の簡単な説明】
【0069】
【図1】図1は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機の正面図である。
【図2】図2は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機の背面図である。
【図3】図3は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機の機能ブロック図である。
【図4】図4は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機における、主制御装置側でのメインフローチャートである。
【図5】図5は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機における、主制御装置側での第1種特別遊技決定用乱数取得処理のフローチャートである。
【図6】図6は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機における、主制御装置側での第1種特別遊技移行決定・特別図柄表示処理のフローチャートである。
【図7】図7は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機における、主制御装置側での第1種特別遊技実行処理のフローチャートである。
【図8】図8は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機における、主制御装置側での特別遊技中転落抽選処理のフローチャートである。
【図9】図9は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機における、表示制御装置側でのメインフローチャートである。
【図10】図10は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機における、表示制御装置側での遊技状態表示制御処理のフローチャートである。
【図11】図11は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機における、表示制御装置側での装飾図柄表示制御処理のフローチャートである。
【図12】図12は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機における、表示制御装置側での特別遊技中表示制御処理のフローチャートである。
【図13】図13は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機に係るパチンコ遊技機における作用を示すタイミングチャートの一例である(特別遊技中に転落決定された場合)。
【図14】図14は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機に係るパチンコ遊技機における作用を示すタイミングチャートの一例である(特別遊技中に転落決定されなかった場合)。
【図15】図15は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機に係るパチンコ遊技機における、特別遊技中の表示内容の一例である(始動入賞口に入賞した旨の報知)。
【図16】図16は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機に係るパチンコ遊技機における、特別遊技中の表示内容の一例である(1回目の非転落決定報知)。
【図17】図17は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機に係るパチンコ遊技機における、特別遊技中の表示内容の一例である(7回目での転落決定報知)。
【図18】図18は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機に係るパチンコ遊技機における、特別遊技直後の表示内容の一例である(7回目まで高確率抽選状態である旨の報知)。
【図19】図19は、本発明の最良形態に係るパチンコ遊技機に係るパチンコ遊技機における、特別遊技直後の表示内容の一例である(最低9回は高確率抽選継続状態である旨の報知)。
【符号の説明】
【0070】
11 始動入賞口
12 大入賞口
14a 特別図柄表示部
112 乱数取得判定実行手段
114 図柄内容決定手段
120 特別図柄表示制御手段
160 転落抽選制御手段
180 特別遊技移行判定実行手段
223 特別遊技中表示制御手段




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013