米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 医学 -> 日機装株式会社

発明の名称 溶解装置及びそれによる溶解方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−236531(P2007−236531A)
公開日 平成19年9月20日(2007.9.20)
出願番号 特願2006−61213(P2006−61213)
出願日 平成18年3月7日(2006.3.7)
代理人 【識別番号】100095614
【弁理士】
【氏名又は名称】越川 隆夫
発明者 江後 友道
要約 課題
透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的且つ正確に行わせることができるとともに、当該透析用原液が不足する事態を避けつつ透析治療終了時点で大量の透析用原液が余ってしまうという不具合を回避することができる溶解装置及びそれによる溶解方法を提供する。

解決手段
透析用原液を得る溶解槽6と、透析用原液を一時的に収容する貯槽7と、該貯槽内に収容された透析用原液を透析装置4側に供給する原液供給ラインL1とを具備した溶解装置において、貯槽7内の透析用原液の残量を連続的且つリアルタイムで検出し得るレベルセンサ8と、その残量に基づき透析用原液の減少割合を演算する演算手段10と、その減少割合から貯槽7内の透析用原液が空となるまでの時間を推定するとともに、透析用原液が不足するか否かを判定する判定手段11とを備えたものである。
特許請求の範囲
【請求項1】
所定量の透析用粉末薬剤及び水が投入され、当該透析用粉末薬剤を溶解及び攪拌して透析用原液を得る溶解槽と、
前記溶解槽で得られた透析用原液を一時的に収容する貯槽と、
該貯槽内に収容された透析用原液を、患者に透析治療を施すための複数の透析装置側に供給する原液供給ラインと、
を具備した溶解装置において、
前記貯槽内の透析用原液の残量を連続的且つリアルタイムで検出し得る原液量検出手段と、
該原液量検出手段にて連続的且つリアルタイムで検出された残量に基づき、前記貯槽内における透析用原液の減少割合を演算する演算手段と、
該演算手段で演算された透析用原液の減少割合から前記貯槽内の透析用原液が空となるまでの時間を推定するとともに、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定する判定手段と、
を備えたことを特徴とする溶解装置。
【請求項2】
前記判定手段は、前記貯槽内の透析用原液が空となる推定された時間と前記透析装置による透析治療が全て終了する時刻とを比較し、透析用原液が不足するか否かを判定することを特徴とする請求項1記載の溶解装置。
【請求項3】
前記原液量検出手段は、前記貯槽内の透析用原液の液位を連続的且つリアルタイムで検出し得るセンサから成ることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の溶解装置。
【請求項4】
前記判定手段により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、前記溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入して追加の透析用原液を得ることを特徴とする請求項1〜請求項4の何れか1つに記載の溶解装置。
【請求項5】
前記判定手段により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、前記溶解槽にて追加の透析用原液が必要である旨の所定の報知を行う報知手段を具備したことを特徴とする請求項1〜請求項4の何れか1つに記載の溶解装置。
【請求項6】
前記溶解槽で追加の透析用原液を得るのに必要な時間を勘案したタイミングにて、前記溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入、或いは報知手段による所定の報知を行うことを特徴とする請求項4又は請求項5に記載の溶解装置。
【請求項7】
所定量の透析用粉末薬剤及び水が投入され、当該透析用粉末薬剤を溶解及び攪拌して透析用原液を得る溶解槽と、
前記溶解槽で得られた透析用原液を一時的に収容する貯槽と、
該貯槽内に収容された透析用原液を、患者に透析治療を施すための複数の透析装置側に供給する原液供給ラインと、
を具備した溶解装置による溶解方法において、
前記貯槽内の透析用原液の残量を連続的且つリアルタイムで検出し得る原液量検出工程と、
該原液量検出工程にて連続的且つリアルタイムで検出された残量に基づき、前記貯槽内における透析用原液の減少割合を演算する演算工程と、
該演算工程で演算された透析用原液の減少割合から前記貯槽内の透析用原液が空となるまでの時間を推定するとともに、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定する判定工程と、
を備えたことを特徴とする溶解装置による溶解方法。
【請求項8】
前記判定工程は、前記貯槽内の透析用原液が空となる推定された時間と前記透析装置による透析治療が全て終了する時刻とを比較し、透析用原液が不足するか否かを判定することを特徴とする請求項7記載の溶解装置による溶解方法。
【請求項9】
前記原液量検出工程は、前記貯槽内の透析用原液の液位を連続的且つリアルタイムで検出し得るセンサが用いられる特徴とする請求項7又は請求項8記載の溶解装置による溶解方法。
【請求項10】
前記判定工程により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、前記溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入して追加の透析用原液を得ることを特徴とする請求項7〜請求項9の何れか1つに記載の溶解装置による溶解方法。
【請求項11】
前記判定工程により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、前記溶解槽にて追加の透析用原液が必要である旨の所定の報知を行うことを特徴とする請求項7〜請求項10の何れか1つに記載の溶解装置による溶解方法。
【請求項12】
前記溶解槽で追加の透析用原液を得るのに必要な時間を勘案したタイミングにて、前記溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入、或いは報知手段による所定の報知を行うことを特徴とする請求項10又は請求項11に記載の溶解装置による溶解方法。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、透析用粉末薬剤を所定濃度に溶解して透析用原液を得るための溶解装置及びそれによる溶解方法に関する。
【背景技術】
【0002】
病院等で腎不全患者の治療に使用される透析液は、一般に重炭酸塩系と酢酸系とに区分され、このうち重炭酸塩系の透析液は、重炭酸ナトリウムを含まないもの(以下、A剤という。)と重炭酸ナトリウム(以下、B剤という。)の2種類の薬剤に水を混合して調整されるものである。近年、運搬性向上の観点から、これらA剤及びB剤を粉末化したもの(以下、透析用粉末薬剤という。)を透析の前に溶解する試みがなされているが、溶解後の溶液(特にB剤)については経時的に濃度の低下が生じやすく、透析後に翌日の分を作り置きしておくことが難しかった。
【0003】
このため、透析毎に溶解作業が必要となり、従来から溶解のための溶解装置が各種提案されている。例えば特許文献1には、透析用粉末薬剤を溶解する溶解槽(希釈タンク)と、該溶解槽にて生成した透析用原液を一時的に収容する貯槽(貯蔵タンク)とを具備し、当該貯槽で収容された透析用原液を人工透析液供給装置に逐次送液する溶解装置が開示されている。
【特許文献1】特開昭57−159529号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記従来の溶解装置においては、以下の如き問題があった。
病院等医療機関における溶解装置で溶解生成する透析用原液は、極めて多量であるとともに患者数が一定でない故使用量が日毎に変動し、且つ、原液組成の時間的変化を回避する理由から、通常、複数回に分けて生成される。即ち、貯槽内の透析用原液が少なくなった時点で追加の透析用原液を溶解槽で生成し、当該透析用原液が不足する事態を回避しているのである。
【0005】
然るに、通常の病院等医療機関においては、複数の透析装置が設置された透析室と透析用原液を生成する溶解装置(該溶解装置にて生成された透析用原液(A剤及びB剤)を混合して所定濃度の透析液を作製する透析液供給装置など含む)が設置された機械室とは別個とされており、貯槽内の透析用原液が少なくなっているか否かを判断するには、透析技士等医療従事者が透析室と機械室との両方を頻繁に監視しなければならないという問題があった。
【0006】
また、医療従事者が貯槽内の透析用原液の量を目視して、追加の生成を必要とするか否かの判断がなされるのであるが、各患者の透析治療時間が3〜5時間位の範囲で異なるため、これから使用するであろう透析用原液を予測するのは極めて困難である。従って、透析用原液の不足による透析治療の中断を避けるべく、透析治療終了間際において追加生成が不要であろうと思われる場合であっても、念のために追加生成せざるを得ず、大量の透析用原液が余ってしまう可能性が高いという問題もあった。
【0007】
本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的且つ正確に行わせることができるとともに、当該透析用原液が不足する事態を避けつつ透析治療終了時点で大量の透析用原液が余ってしまうという不具合を回避することができる溶解装置及びそれによる溶解方法を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
請求項1記載の発明は、所定量の透析用粉末薬剤及び水が投入され、当該透析用粉末薬剤を溶解及び攪拌して透析用原液を得る溶解槽と、前記溶解槽で得られた透析用原液を一時的に収容する貯槽と、該貯槽内に収容された透析用原液を、患者に透析治療を施すための複数の透析装置側に供給する原液供給ラインとを具備した溶解装置において、前記貯槽内の透析用原液の残量を連続的且つリアルタイムで検出し得る原液量検出手段と、該原液量検出手段にて連続的且つリアルタイムで検出された残量に基づき、前記貯槽内における透析用原液の減少割合を演算する演算手段と、該演算手段で演算された透析用原液の減少割合から前記貯槽内の透析用原液が空となるまでの時間を推定するとともに、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定する判定手段とを備えたことを特徴とする。
【0009】
請求項2記載の発明は、請求項1記載の溶解装置において、前記判定手段は、前記貯槽内の透析用原液が空となる推定された時間と前記透析装置による透析治療が全て終了する時刻とを比較し、透析用原液が不足するか否かを判定することを特徴とする。
【0010】
請求項3記載の発明は、請求項1又は請求項2記載の溶解装置において、前記原液量検出手段は、前記貯槽内の透析用原液の液位を連続的且つリアルタイムで検出し得るセンサから成ることを特徴とする。
【0011】
請求項4記載の発明は、請求項1〜請求項3の何れか1つに記載の溶解装置において、前記判定手段により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、前記溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入して追加の透析用原液を得ることを特徴とする。
【0012】
請求項5記載の発明は、請求項1〜請求項4の何れか1つに記載の溶解装置において、前記判定手段により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、前記溶解槽にて追加の透析用原液が必要である旨の所定の報知を行う報知手段を具備したことを特徴とする。
【0013】
請求項6記載の発明は、請求項4又は請求項5に記載の溶解装置において、前記溶解槽で追加の透析用原液を得るのに必要な時間を勘案したタイミングにて、前記溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入、或いは報知手段による所定の報知を行うことを特徴とする。
【0014】
請求項7記載の発明は、所定量の透析用粉末薬剤及び水が投入され、当該透析用粉末薬剤を溶解及び攪拌して透析用原液を得る溶解槽と、前記溶解槽で得られた透析用原液を一時的に収容する貯槽と、該貯槽内に収容された透析用原液を、患者に透析治療を施すための複数の透析装置側に供給する原液供給ラインとを具備した溶解装置による溶解方法において、前記貯槽内の透析用原液の残量を連続的且つリアルタイムで検出し得る原液量検出工程と、該原液量検出工程にて連続的且つリアルタイムで検出された残量に基づき、前記貯槽内における透析用原液の減少割合を演算する演算工程と、該演算工程で演算された透析用原液の減少割合から前記貯槽内の透析用原液が空となるまでの時間を推定するとともに、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定する判定工程とを備えたことを特徴とする。
【0015】
請求項8記載の発明は、請求項7記載の溶解装置による溶解方法において、前記判定工程は、前記貯槽内の透析用原液が空となる推定された時間と前記透析装置による透析治療が全て終了する時刻とを比較し、透析用原液が不足するか否かを判定することを特徴とする。
【0016】
請求項9記載の発明は、請求項7又は請求項8記載の溶解装置による溶解方法において、前記原液量検出工程は、前記貯槽内の透析用原液の液位を連続的且つリアルタイムで検出し得るセンサが用いられる特徴とする。
【0017】
請求項10記載の発明は、請求項7〜請求項9の何れか1つに記載の溶解装置による溶解方法において、前記判定工程により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、前記溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入して追加の透析用原液を得ることを特徴とする。
【0018】
請求項11記載の発明は、請求項7〜請求項10の何れか1つに記載の溶解装置による溶解方法において、前記判定工程により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、前記溶解槽にて追加の透析用原液が必要である旨の所定の報知を行うことを特徴とする。
【0019】
請求項12記載の発明は、請求項10又は請求項11に記載の溶解装置による溶解方法において、前記溶解槽で追加の透析用原液を得るのに必要な時間を勘案したタイミングにて、前記溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入、或いは報知手段による所定の報知を行うことを特徴とする。
【発明の効果】
【0020】
請求項1又は請求項7の発明によれば、透析用原液の減少割合に基づき、貯槽内の透析用原液が空となるまでの時間を演算して推定し、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定するので、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的且つ正確に行わせることができるとともに、当該透析用原液が不足する事態を避けつつ透析治療終了時点で大量の透析用原液が余ってしまうという不具合を回避することができる。
【0021】
請求項2又は請求項8の発明によれば、判定手段又は判定工程が、前記貯槽内の透析用原液が空となる推定された時間と前記透析装置による透析治療が全て終了する時刻とを比較し、透析用原液が不足するか否かを判定するので、より精度よく、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的に行わせることができる。
【0022】
請求項3又は請求項9の発明によれば、原液量検出手段又は原液量検出工程が、貯槽内の透析用原液の液位を連続的且つリアルタイムで検出し得るセンサが用いられるので、貯槽内の透析用原液の残量をより確実に把握させることができ、より精度よく、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的に行わせることができる。
【0023】
請求項4又は請求項10の発明によれば、判定手段又は判定工程により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入して追加の透析用原液を得るので、透析技士等医療従事者の負担を軽減し、作業性をより向上させることができる。
【0024】
請求項5又は請求項11の発明によれば、判定手段又は判定工程により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、溶解槽にて追加の透析用原液が必要である旨の所定の報知を行うので、水や透析用粉末薬剤の自動供給手段を具備しない溶解装置であっても、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的に行わせることができる。
【0025】
請求項6又は請求項12の発明によれば、溶解槽で追加の透析用原液を得るのに必要な時間を勘案したタイミングにて、溶解槽に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入、或いは報知手段による所定の報知を行うので、透析用原液が不足してしまう事態をより確実に回避することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0026】
以下、本発明の実施形態について図面を参照しながら具体的に説明する。
第1の実施形態に係る溶解装置は、透析用粉末薬剤を所定濃度に溶解して透析用原液を得るためのもので、図1に示すように、透析液供給装置2と共に機械室に設置されたものである。機械室とは隔離された透析室には、複数の透析装置4(透析監視装置)及び中央監視装置3が設置されている。
【0027】
また、溶解装置1で生成された透析用原液(A剤、B剤の各濃厚液)は、原液供給ラインL1(図3におけるL1a、L1b)を介して透析液供給装置2に至り、そこで所定濃度の透析液が作製されるとともに、かかる透析液は、透析液供給ラインL2〜L4を介して各透析装置4(透析監視装置)に供給される。尚、各透析装置4と中央監視装置3、及び中央監視装置3と溶解装置1とは、それぞれ配線D1〜D3、D4にて電気的に接続されている。
【0028】
溶解装置1は、図2に示すように、定量粉体フィーダ5と、溶解槽6と、貯槽7と、レベルセンサ8(原液量検出手段)と、演算手段10と、判定手段11と、入力手段12とから主に構成されている。尚、図示はしないが、同図と同様な構成の溶解装置が別個に配設されており、それぞれが透析用粉末薬剤としてのA剤、B剤を溶解撹拌して、各透析用原液を生成し得るようになっている。
【0029】
定量粉体フィーダ5は、所定量の透析用粉体薬剤(A剤又はB剤)を溶解槽6内に投入するためのもので、その駆動源が判定手段11と電気的に接続され、当該判定手段11からの制御信号に基づき、所定量の透析用粉体薬剤を溶解槽6内に投入し得るよう構成されている。また、溶解槽6は、水供給源Aと水供給ラインL5を介して接続されており、当該水供給ラインL5に配設された電磁バルブVwを開放することにより、溶解槽6内に溶解用の水が供給されるよう構成されている。
【0030】
溶解槽6は、上述の定量粉体フィーダ5及び水供給源Aから所定量の透析用粉体薬剤及び水が投入され、当該透析用粉末薬剤を溶解及び撹拌して透析用原液(各薬剤の濃厚液)を得るためのもので、内部の収容空間における所定位置にフロートスイッチ9が配設されている。即ち、溶解槽6内に溶解用の水が供給され、その水位がフロートスイッチ9に達した時点で当該水の供給を停止することにより、一定量の水が当該溶解槽6内に収容され得るようになっているのである。尚、図示しない撹拌手段等により、供給された水と透析用粉末薬剤とを撹拌して略均等な濃度の透析用原液を得るようにする。
【0031】
また、溶解槽6の下底からは移送ラインL6が延設されており、その途中に移送ポンプP1が配設されるとともに、当該移送ラインL6の先端が貯槽7に接続されている。これにより、移送ポンプP1を駆動させれば、溶解槽6にて得られた透析用原液が貯槽7内に至るようになっている。
【0032】
貯槽7は、溶解槽6で得られた透析用原液を一時的に収容するためのもので、ここから透析用原液が後述する透析液供給装置2(複数の透析装置4側)に必要量だけ順次供給されるよう構成されている。この貯槽7の下底からは、原液供給ラインL1(厳密には、2つの貯槽から延びる原液供給ラインL1a、L1b)が延設されており、その先端が透析液供給装置2に接続されている。即ち、貯槽7内の透析用原液は、透析液供給装置2に送られて所定濃度の透析液とされた後、各透析装置4に供給されるよう構成されているのである。
【0033】
一方、貯槽7の下面には、圧力ゲージ等から成るレベルセンサ8(原液量検出手段)が配設されており、かかるレベルセンサ8にて貯槽7内の透析用原液の残量を連続的且つリアルタイムで検出し得るよう構成されている。レベルセンサ8としての圧力ゲージは、貯槽7底面に付与される圧力から換算して当該貯槽7内における透析用原液の液圧を経時的に検出し得るもので、その検出された液圧に基づき透析用原液の量(残液の量)を連続的且つリアルタイムに検出することができる。
【0034】
尚、貯槽7内の液位(又は透析用原液の残量そのものであってもよい)を連続的且つリアルタイムに検出することにより、その液位の低下割合(透析用原液の減少割合)を検出し得るものであれば、圧力ゲージに代えて他の検出手段(超音波液面センサ若しくは磁歪式リニア変位センサ等)としてもよい。
【0035】
かかる原液量検出手段としてのレベルセンサ8は、演算手段10と電気的に接続されている。この演算手段10は、レベルセンサ8にて連続的且つリアルタイムで検出された残量に基づき、貯槽7内における透析用原液の減少割合を演算するものである。即ち、貯槽7内の透析用原液の液位を連続的且つリアルタイムに検出することにより、当該液位の低下割合(透析用原液の減少割合)を求めることができ、その減少割合に基づき透析用原液の消費速度を認識することができるのである。
【0036】
かかる演算手段10は、判定手段11と電気的に接続されている。この判定手段11は、演算手段10で演算された透析用原液の減少割合(液位の低下割合)から貯槽7内の透析用原液が空(残液が略0)となるまでの時間を演算して推定するとともに、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定するためのものである。また、判定手段11には、入力手段12が電気的に接続されており、かかる入力手段12により透析装置4による透析治療が全て終了する時刻(その日の全患者の透析治療が終了する予定時刻)を入力し得るよう構成されている。
【0037】
しかして、判定手段11は、貯槽7内の透析用原液が空となる推定された時間(不足時間)と透析装置4による透析治療が全て終了する時刻(透析終了時刻)とを比較し、不足時間が経過した時刻が透析終了時刻を経過しているか否かを判定すれば、透析用原液が不足するか否かが判定できるのである。具体的には、不足時間経過後の時刻が透析終了時刻を超えていなければ、追加の透析用原液は不要とされる一方、超えていれば不足すると判定されて追加の透析用原液が必要と判断される。
【0038】
尚、入力手段12にてその日の患者数など他のデータを入力し得るよう構成してもよく、その入力されたデータを参照して判定手段11による透析用原液の不足の判定を行わせるようにしてもよい。また、演算手段10、判定手段11及び入力手段12を中央監視装置3内に具備させれば、通常透析室にいる透析技士等医療従事者が機械室に行かなくても入力手段12による入力等が可能となる。
【0039】
判定手段11と定量粉体フィーダ5及び電磁バルブVwとは電気的に接続されており、当該判定手段11により供給すべき透析用原液が不足すると判定されると、所定の制御信号が定量粉体フィーダ5及び電磁バルブVwの駆動源に送信されるよう構成されている。これにより、前記判定手段により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、溶解槽6に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入して追加の透析用原液を得ることができる。
【0040】
ここで、溶解槽6で追加の透析用原液を得るためには、水及び透析用粉末薬剤の投入、及び溶解、撹拌動作のために所定時間を要する。そのため、本実施形態においては、溶解槽6で追加の透析用原液を得るのに必要な時間を予め測定しておき、その必要な時間を勘案したタイミングにて溶解槽6に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入するよう制御されることとなる。
【0041】
透析液供給装置2は、図3に示すように、水が流動するとともにその水量を計測する水計量手段13が配設された水供給ラインLwと、定量ポンプPa(ピストンポンプ)が接続されるとともにA剤を溶解して得られた透析用原液を流動させる原液ラインL1aと、定量ポンプPb(ピストンポンプ)が接続されるとともにB剤を溶解して得られた透析用原液を流動させる原液ラインL1bと、透析液貯槽14と、送液ポンプP2とを主に有して構成されている。尚、原液ラインL1a及びL1bは、図2における原液供給ラインL1と連通したものである。また、図3において作製した透析液の濃度を測定する濃度測定部や透析液を加温する加温部などは省略してある。
【0042】
水供給ラインLwにおける水は、水計量手段13を経た後、原液ラインL1a及びL1bからの透析用原液を混合し、所定濃度の透析液を作製した後、その透析液が透析液貯槽14内に至ることとなる。かかる透析液貯槽14には、フロートスイッチSH、及びフロートスイッチSLが配設されており、当該透析液貯槽14内の透析液の液位が上限又は下限に達したことを検出することが可能とされている。然るに、透析液が透析液貯槽14を経由することにより、透析液から発生したガス等を分離除去し得るよう構成されており、ガス等が分離除去された透析液は、送液ポンプP2の駆動により透析液供給ラインL2〜L4を介して各透析装置4に供給される。
【0043】
然るに、各透析装置4に供給された透析液により、患者に対して透析治療が施されることとなる。また、各透析装置4と中央監視装置3との間では、透析治療に関わるデータ(治療条件や治療時間等)が送受信されており、最適且つ安全な治療が行われるよう構成されている。
【0044】
次に、本実施形態に係る溶解装置における作用について説明する。
まず、予め入力手段12にて透析装置4による透析治療が全て終了する時刻(透析終了時刻)を入力しておく。そして、電磁バルブVwを開放して、フロートスイッチ9が液位を検知するまで溶解槽6内に水を投入するとともに、定量粉体フィーダ5から所定量の透析用粉末薬剤を投入し、当該透析用粉体薬剤を溶解及び撹拌して透析用原液を得る。
【0045】
通常、本実施形態の如き溶解装置においては、溶解可能な容量はフロートスイッチ9で決まる水量に相当する量だけであり、1袋分の透析用粉体薬剤から生成される透析用原液量(例えばB原液の場合は、11.34L、A原液の場合は、9L)が得られるよう設定されている。
【0046】
その後、移送ポンプP1を駆動させて、溶解槽6内の透析用原液の全量を貯槽7に移送させておく。しかして、透析治療が開始されると、原液供給ラインL1を介して透析液供給装置2に透析用原液が供給され、そこで所定濃度の透析液が作製されるとともに、当該作製された透析液が各透析装置4に供給されて患者に対する透析治療が施されることとなる。
【0047】
上記の如き溶解装置1による透析用原液の供給の過程において、透析装置4で消費される透析液に応じて貯槽7内の透析用原液の残量が減少し、その液位が暫時低下することとなるので、その貯槽7内の透析用原液の残量(液位)をレベルセンサ8にて連続的且つリアルタイムで検出する(原液量検出工程)。そして、レベルセンサ8にて検出された透析用原液の残量に基づき、ある時点から次の時点までの透析用原液の減少割合(消費速度)を演算手段10にて演算する(演算工程)。
【0048】
演算工程にて求められた減少割合は、判定手段11に送信され、当該減少割合から貯槽7内の透析用原液が空となるまでの時間を演算して推定するとともに、その推定した時間と入力手段12にて入力された透析終了時刻とを比較し、供給すべき透析用原液が不足するか否かが判定される(判定工程)。かかる判定手段11による追加の要否判定は、本実施形態においては、例えば追加の透析用原液を得るのに必要な時間を予め測定しておき、その必要な時間間際まで溶解作業を行うのを待ち、その後、溶解作業を行わせるよう構成されている。
【0049】
判定工程にて透析用原液が不足すると判定された場合、制御信号が定量粉体フィーダ5及び電磁バルブVwの駆動源に送信され、溶解槽6に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入して追加の透析用原液を得る。但し、上述したように、当該制御信号は、追加の透析用原液を得るのに必要な時間間際まで待ち、その後送信されることとなる。
【0050】
然るに、本実施形態において適用される透析液供給装置2は多人数用(単独の透析液供給装置から複数の透析装置にそれぞれ作製した透析液を送液するもの)であるため、通常、透析液調整は間欠に行われ、貯槽7内の透析用原液も間欠に残量が変化することとなる。このような場合でも、間欠に変化する透析用原液の残量を平均化し、貯槽7内における透析用原液の減少割合を演算手段10にて演算することができる。
【0051】
また、透析治療終了に近づくに伴い、透析治療が施される患者数が順次減るので、透析用原液の減少割合も減ることとなる。従って、透析治療が行われる時間帯の遅い段階(最終段階)で判定手段11による追加の要否の判定を行うようにするのが好ましい。即ち、既述の如く1回の溶解で得られる透析用原液量は、A原液の場合において9Lであるので、1日に実際に使用されるA原液量が仮に200Lだとすると、198Lの透析用原液が作製される22回の溶解動作まで(所定時間経過まで)は判定手段11による判定を行わず、透析終了時刻間際となった時点で当該時刻を基準として追加の要否の判定するようにしてもよい。尚、実施に使用される透析用原液量(200L)を正確に把握するのは困難であるが、例えばおおまかに15袋(9L×15袋=135L)の原液を作製するまでは溶解動作を続け、それ以降は透析終了時刻を基準として追加の要否判定を行いながら溶解を続行させるようにしてもよい。
【0052】
また更に、溶解槽6内に透析用原液が残存している場合、追加の透析用原液を更に生成する必要がないため、判定手段11による追加の要否の判定は、当該溶解槽6内に透析用原液が残存していない場合に限るのが好ましい。
【0053】
本実施形態によれば、透析用原液の減少割合に基づき、貯槽7内の透析用原液が空となるまでの時間を演算して推定し、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定するので、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的且つ正確に行わせることができるとともに、当該透析用原液が不足する事態を避けつつ透析治療終了時点で大量の透析用原液が余ってしまうという不具合を回避することができる。
【0054】
また、判定手段11又は判定工程により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、溶解槽6に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入して追加の透析用原液を得るので、透析技士等医療従事者の負担を軽減し、作業性をより向上させることができる。更に、判定手段11又は判定工程が、貯槽7内の透析用原液が空となる推定された時間と透析装置4による透析治療が全て終了する時刻とを比較し、透析用原液が不足するか否かを判定するので、より精度よく、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的に行わせることができる。
【0055】
また更に、原液量検出手段又は原液量検出工程が、貯槽7内の透析用原液の液位を連続的且つリアルタイムで検出し得る圧力ゲージなどのセンサが用いられるので、貯槽7内の透析用原液の残量をより確実に把握させることができ、より精度よく、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的に行わせることができる。同時に、溶解槽6で追加の透析用原液を得るのに必要な時間を勘案したタイミングにて、溶解槽6に所定量の透析用粉末薬剤及び水を自動的に投入するので、透析用原液が不足してしまう事態をより確実に回避することができる。
【0056】
特に、本実施形態においては、上述の如く溶解槽6の容量が比較的小さい(B原液の場合は、11.34L、A原液の場合は、9L)ため、1回の溶解に要する時間が短くなっている。このため、追加の透析用原液を得るのに必要な時間を勘案したタイミングを遅らせることができ、判定精度をより向上させることができるとともに、1回の溶解量が少ない故、透析用原液の無駄を更に減らすことができる。尚、本実施形態によれば、透析用原液の使用量を正確に求めなくても、予想される使用量より少なめに溶解するよう動作させ、不足が生じた際に自動的に追加溶解できる。
【0057】
次に、本発明に係る第2の実施形態について説明する。
本実施形態に係る溶解装置は、第1の実施形態と同様、透析用粉末薬剤を所定濃度に溶解して透析用原液を得るべく機械室に設置されたもので(図1参照)、図4に示すように、溶解槽6と、貯槽7と、レベルセンサ8(原液量検出手段)と、演算手段10と、判定手段11と、入力手段12と、報知手段16とから主に構成されている。
【0058】
尚、第1の実施形態と同様の構成要素には、同一の符号を付すこととし、その詳細な説明を省略することとする。また、第1の実施形態と同様、図4と同様な構成の溶解装置が別個に配設されており、それぞれが透析用粉末薬剤としてのA剤、B剤を溶解撹拌して、各透析用原液を生成し得るようになっているとともに、図1で示すように、各溶解装置から透析液供給装置2に透析用原液が供給されるようになっている。
【0059】
溶解槽6は、内部の収容空間の一部にフロートシャフトとフロートから成るフロート式センサ15が配設されており、電磁バルブVwを開放することにより供給される水の水位を検出し得るようになっている。また、本実施形態に係る溶解槽6は、第1の実施形態の定量粉体フィーダの如き自動的に透析用粉末薬剤を投入する手段を具備しておらず、ボトルや袋などに収容された透析用粉末薬剤を手作業で投入するものである。
【0060】
報知手段16は、判定手段11により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、溶解槽6にて追加の透析用原液が必要である旨の報知を行うものである。報知手段16は、例えば画面などの表示手段にて追加の透析用原液が必要である旨のメッセージを表示したり、或いはLED等による点灯又は点滅を行って報知を行うものであってもよい。また、別個にスピーカ等を設け、当該スピーカから警告音を発するよう構成してもよい。尚、報知手段16は、機械室或いは透析室の何れに設置してもよいが、透析室に設置すれば、通常透析室にいる透析技士等医療従事者に対して確実に注意を促すことができる。
【0061】
次に、本実施形態に係る溶解装置における作用について説明する。
まず、予め入力手段12にて透析装置4による透析治療が全て終了する時刻(透析終了時刻)を入力しておく。そして、手動操作で電磁バルブVwを開放して、フロートスイッチ15が所望の液位を検知するまで溶解槽6内に水を投入するとともに、手作業にて所定量の透析用粉末薬剤を投入し、当該透析用粉体薬剤を溶解及び撹拌して透析用原液を得る。
【0062】
通常、本実施形態の如き溶解装置においては、透析技士等医療従事者が頻繁に機械室に行かなければならなくなるのを回避すべく溶解槽6の容量は比較的大きく(通常、100〜200L)設定される一方、装置全体の大型化を避けるべく貯槽7は比較的小さく(通常、50L程度)設定されている。
【0063】
その後、移送ポンプP1を駆動させて、溶解槽6内の透析用原液の全量を貯槽7に移送させておく。しかして、透析治療が開始されると、原液供給ラインL1を介して透析液供給装置2に透析用原液が供給され、そこで所定濃度の透析液が作製されるとともに、当該作製された透析液が各透析装置4に供給されて患者に対する透析治療が施されることとなる。
【0064】
上記の如き溶解装置1による透析用原液の供給の過程において、透析装置4で消費される透析液に応じて貯槽7内の透析用原液の残量が減少し、その液位が暫時低下することとなるので、その貯槽7内の透析用原液の残量(液位)をレベルセンサ8にて連続的且つリアルタイムで検出する(原液量検出工程)。そして、レベルセンサ8にて検出された透析用原液の残量に基づき、ある時点から次の時点までの透析用原液の減少割合(消費速度)を演算手段10にて演算する(演算工程)。
【0065】
演算工程にて求められた減少割合は、判定手段11に送信され、当該減少割合から貯槽7内の透析用原液が空となるまでの時間を演算して推定するとともに、その推定した時間と入力手段12にて入力された透析終了時刻とを比較し、供給すべき透析用原液が不足するか否かが判定される(判定工程)。判定工程にて透析用原液が不足すると判定された場合、報知手段16により所定の報知がなされ、これに従い、透析技士等医療従事者が手動操作で電磁バルブVwを開放させ、所望量の水を供給するとともに、手作業にて溶解槽6に所定量の透析用粉末薬剤を投入して追加の透析用原液を得る。
【0066】
ここで、溶解槽6で追加の透析用原液を得るのに必要な時間を予め測定しておき、その必要な時間を勘案したタイミングにて報知手段16による所定の報知を行うように構成されている。また、間欠に変化する透析用原液の残量を平均化し、貯槽7内における透析用原液の減少割合を演算手段10にて演算すること等は、第1の実施形態と同様である。
【0067】
本実施形態によれば、第1の実施形態と同様、透析用原液の減少割合に基づき、貯槽7内の透析用原液が空となるまでの時間を演算して推定し、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定するので、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的且つ正確に行わせることができるとともに、当該透析用原液が不足する事態を避けつつ透析治療終了時点で大量の透析用原液が余ってしまうという不具合を回避することができる。
【0068】
また、判定手段11又は判定工程により供給すべき透析用原液が不足すると判定されたことを条件として、溶解槽6にて追加の透析用原液が必要である旨の所定の報知を行うので、水や透析用粉末薬剤の自動供給手段を具備しない溶解装置6であっても、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的に行わせることができる。更に、判定手段11又は判定工程が、貯槽7内の透析用原液が空となる推定された時間と透析装置4による透析治療が全て終了する時刻とを比較し、透析用原液が不足するか否かを判定するので、より精度よく、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的に行わせることができる。
【0069】
また更に、原液量検出手段又は原液量検出工程が、貯槽7内の透析用原液の液位を連続的且つリアルタイムで検出し得る圧力ゲージなどのセンサが用いられるので、貯槽7内の透析用原液の残量をより確実に把握させることができ、より精度よく、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的に行わせることができる。同時に、溶解槽6で追加の透析用原液を得るのに必要な時間を勘案したタイミングにて、報知手段16による所定の報知を行うので、透析用原液が不足してしまう事態をより確実に回避することができる。
【0070】
尚、溶解槽6には、連続した液位の測定を可能としたフロートシャフトとフロートから成るフロート式センサ15が設けられているため、水量を任意に選択することができ、溶解して作製する透析用原液の量を任意変えることができる。従って、比較的大きな容量とされた溶解槽6にて少ない量の溶解を行わせることができるので、追加の透析用原液を得るのに必要な時間を勘案したタイミングを遅らせることができ、判定精度をより向上させることができるとともに、1回の溶解量が少ない故、透析用原液の無駄を更に減らすことができる。
【0071】
また、本実施形態における溶解槽6は、透析技士等医療従事者が機械室に行って透析用粉末薬剤を投入するので、目視による不足の判断が容易とされ、必ずしも透析終了時刻を入力しておく必要がない。但し、当該透析終了時刻を入力する場合、追加溶解で必要な溶解量を表示するようにすれば、溶解量を決める参考となり便利である。
【0072】
次に、本発明に係る第3の実施形態について説明する。
本実施形態に係る溶解装置は、先の実施形態と同様、透析用粉末薬剤を所定濃度に溶解して透析用原液を得るべく機械室に設置されたもので(図1参照)、図5に示すように、溶解槽17と、貯槽18と、レベルセンサ19(原液量検出手段)と、演算手段10と、判定手段11と、入力手段12とから主に構成されている。
【0073】
尚、先の実施形態と同様の構成要素には、同一の符号を付すこととし、その詳細な説明を省略することとする。また、先の実施形態と同様、図5と同様な構成の溶解装置が別個に配設されており、それぞれが透析用粉末薬剤としてのA剤、B剤を溶解撹拌して、各透析用原液を生成し得るようになっているとともに、図1で示すように、各溶解装置から透析液供給装置2に透析用原液が供給されるようになっている。
【0074】
溶解槽17は、内部の収容空間の一部にフロートスイッチSH(上限検知用)、SL(下限検知用)を有しており、電磁バルブVwを開放することにより供給される水の水位を所定とするよう構成されている。溶解槽17と貯槽18とは上下に併設されており、両者は電磁バルブVが接続された移送ラインL8にて連結されている。即ち、電磁バルブVを開放すれば、溶解槽17内の透析用原液が重力にて貯槽18内に送液されるようになっている。
【0075】
また、移送ラインL8の途中と溶解槽17の上部とは循環ラインL7にて接続されており、該循環ラインL7の途中に循環ポンプP3が接続されるとともに、透析用粉末薬剤を収容したボトルBが接続され得るようになっている。これにより、電磁バルブVを閉塞した状態にて循環ポンプP3を駆動させれば、溶解槽17内の水が循環ラインL7及びボトルB内を循環することとなり、溶解及び攪拌がなされて均一濃度の透析用原液を得ることができる。尚、ボルトBは、追加の溶解が必要とされると、空のものから新たな透析用粉末薬剤を収容したものに自動的に交換されるよう構成されている。
【0076】
また、本実施形態に係る判定手段11は、電磁バルブVw及び循環ポンプP3の駆動源と電気的に接続されており、当該判定手段11により供給すべき透析用原液が不足すると判定されると、電磁バルブVwを開放して溶解槽17内に水を自動的に供給するとともに、循環ポンプP3を駆動させて水を循環ラインL7及びボトルB内で循環させ、当該ボトルB内の透析用原液を攪拌しつつ溶解し得るよう構成されている。
【0077】
尚、第2の実施形態の如く、判定手段11により供給すべき透析用原液が不足すると判定されると、追加の透析用原液が必要である旨の報知を行う報知手段を当該判定手段11に接続するよう構成してもよい。然るに、図5中、符号L9は、溶解槽17及び貯槽18の上部から延設された通気ラインを示しており、電磁バルブVを開放して溶解槽17内の透析用原液が貯槽18内に移送される過程で、貯槽18内に存在していた空気を排出するとともに、溶解槽17で透析用原液が減少した分だけ当該溶解槽17内に空気を導入し得るようになっている。
【0078】
本実施形態によっても、先の実施形態と同様、演算手段10にて演算された透析用原液の減少割合に基づき、貯槽18内の透析用原液が空となるまでの時間を演算して推定し、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定手段11にて判定するので、透析用原液の追加生成をすべきか否かの判断を自動的且つ正確に行わせることができるとともに、当該透析用原液が不足する事態を避けつつ透析治療終了時点で大量の透析用原液が余ってしまうという不具合を回避することができる。
【0079】
以上、本実施形態について説明したが、本発明はこれらに限定されず、例えば透析室に個人用透析装置(透析装置毎に透析液供給装置の如き透析液を作製する手段を具備したもの)を併設したものに適用してもよい。この場合であっても、貯槽内の透析用原液の残量を連続的且つリアルタイムで検出し、その残量に基づき透析用原液の減少割合を演算するとともに、当該減少割合から貯槽内の透析用原液が空となるまでの時間を推定し、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定することができる。
【0080】
特に、第1の実施形態におけるフロートスイッチ9に代えて、第2の実施形態におけるフロート式センサ15とすれば、比較的小さな溶解槽6を用いつつ定量粉体フィーダ5により自動で溶解動作を行わせることができる。即ち、フロート式センサ15を用いることにより、透析終了時刻間際における最終溶解段階では、溶解槽の容量に拘わらず少量の追加溶解も可能となる。従って、少量の追加溶解を可能とし、透析用原液の無駄を少なくすることができる。
【0081】
また、例えば透析液供給装置2に配設された透析液貯槽14(図3参照)内の液位を連続的且つリアルタイムで検出し、当該透析液貯槽14内の透析液の減少割合から透析用原液の減少割合を推定することにより、貯槽内の透析用原液が空となるまでの時間を間接的に推定するようにしてもよい。この場合であっても、判定手段にて供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定することができる。
【0082】
また更に、報知手段により溶解槽にて追加の透析用原液が必要である旨の所定の報知を行うものの場合、その報知を見逃す可能性がある。そこで、追加の透析用原液が必要であると報知した際、各透析装置や中央監視装置に信号を送り、透析装置における透析液使用量を強制的に減少させることによって貯槽内の透析用原液が空となるまでの時間を延ばすことができる。そのとき、更に報知手段による報知を行うのが好ましい。
【産業上の利用可能性】
【0083】
貯槽内の透析用原液の残量を連続的且つリアルタイムで検出し、その検出された残量に基づき、前記貯槽内における透析用原液の減少割合を演算して、当該減少割合から貯槽内の透析用原液が空となるまでの時間を推定するとともに、供給すべき透析用原液が不足するか否かを判定する溶解装置及びそれによる溶解方法であれば、他の機能が付加された如き形態によるもの等にも適用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0084】
【図1】本発明の実施形態(第1〜第3の実施形態に共通)における溶解装置と他の構成要素との接続状態を示す模式図
【図2】本発明の第1の実施形態における溶解装置の構成を示す模式図
【図3】本発明の実施形態(第1〜第3の実施形態に共通)における透析液供給装置の構成を示す模式図
【図4】本発明の第2の実施形態における溶解装置の構成を示す模式図
【図5】本発明の第3の実施形態における溶解装置の構成を示す模式図
【符号の説明】
【0085】
1 溶解装置
2 透析液供給装置
3 中央監視装置
4 透析装置(透析監視装置)
5 定量粉体フィーダ
6 溶解槽
7 貯槽
8 レベルセンサ(原液量検出手段)
9 フロートスイッチ
10 演算手段
11 判定手段
12 入力手段
13 水計量手段
14 透析液貯槽
15 フロート式センサ
16 報知手段
17 溶解槽
18 貯槽
L1(L1a、L1b) 原液供給ライン
L2〜L4 透析液供給ライン
L5 水供給ライン
L6 移送ライン
L7 循環ライン
L8 移送ライン
L9 通気ライン




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013