米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 医学 -> 花王株式会社

発明の名称 歯磨き組成物
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−70259(P2007−70259A)
公開日 平成19年3月22日(2007.3.22)
出願番号 特願2005−257105(P2005−257105)
出願日 平成17年9月5日(2005.9.5)
代理人 【識別番号】110000084
【氏名又は名称】特許業務法人アルガ特許事務所
発明者 加藤 和彦
要約 課題
より高い清涼感及び冷涼感を有しつつ、長期の保存安定性にも優れる、エリスリトールを含有する歯磨き組成物の提供。

解決手段
次の成分(A)〜(C):
特許請求の範囲
【請求項1】
次の成分(A)〜(C):
(A)粒子径が355μm未満のエリスリトール 20〜60質量%
(B)水 10〜40質量%
(C)エーテル化度が0.8〜1.5のカルボキシメチルセルロースナトリウム 0.05〜2質量%
を含有する歯磨き組成物。
【請求項2】
次の成分(A)〜(C):
(A)粒子径が355μm未満のエリスリトール 25〜60質量%
(B)水 10〜40質量%
(C)エーテル化度が0.8〜1.5のカルボキシメチルセルロースナトリウム 0.05〜2質量%
を配合する歯磨き組成物。
【請求項3】
成分(C)が、1%水溶液粘度が50cps以下のカルボキシメチルセルロースナトリウムである請求項1又は2記載の歯磨き組成物。
【請求項4】
成分(C)以外の粘結剤を含み、さらに、成分(C)を含む粘結剤全体の含有量が、0.6〜2質量%である請求項1〜3のいずれか1項記載の歯磨き組成物。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、エリスリトールを含有する歯磨き組成物に関する。
【背景技術】
【0002】
一般的に歯を磨く目的は、口腔内を清潔にし、清涼感を得ることにある。通常歯磨き組成物に配合されているメントールに代表される香料成分は、清涼感を付与するために必要不可欠なものであるが、近年、油っぽい食事や香辛料を多く使った食事が多くなる傾向があり、より高い清涼感を持った歯磨き組成物が望まれている。
【0003】
清涼感を向上させる手段として、香料成分の配合量を増やしたり、エタノール等の溶剤成分を新たに添加するといった方法があるが、これらの成分の配合量を増やすと口腔内への刺激が強くなり、また泡立ちが抑制されるため、磨いたときの使用感を損ねるという問題が生じる。
【0004】
従って、香料成分やエタノール等の溶剤の配合量を増やすことなく、より高い清涼感を得る歯磨き組成物が望まれる。
【0005】
特許文献1には、エリスリトールなどの吸熱水和反応を起こす成分を含有し、かつ、水分量が10質量%以下であることを特徴とした、清涼感に優れる歯磨き組成物が開示されている。しかしながら、水分含量が低いために、粘結剤として配合されている水溶性高分子が十分に溶解せず、経時的に水分や他の液体成分が系外に染み出す現象が見られ、保存安定性に問題があった。また、清涼感は得られるものの口腔内ではっきりとした冷涼感を得るまでには至っていなかった。
【特許文献1】特開2000−191483号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、より高い清涼感及び冷涼感を有しつつ、長期の保存安定性にも優れる、エリスリトールを含有する歯磨き組成物を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者は、まず、歯磨き時の清涼感及び冷涼感を高める方法を検討した結果、特定の粒子径を有するエリスリトールを含有し、さらに、その含有量及び組成物中の水分量を調整することで、清涼感及び冷涼感を高め得ることを見出した。しかしながら、エリスリトールの含有量が多く、組成物中の水分量が少ない場合、水分や他の液体成分の分離現象が生じ、保存安定性は十分とはいえなかった。そこで、保存安定性を向上する方法を検討した結果、特定のエーテル化度を有するカルボキシメチルセルロースナトリウムを添加することが保存安定性に有効であることを見出した。
【0008】
すなわち、本発明は、次の成分(A)〜(C):
(A)粒子径が355μm未満のエリスリトール 20〜60質量%
(B)水 10〜40質量%
(C)エーテル化度が0.8〜1.5のカルボキシメチルセルロースナトリウム 0.05〜2質量%
を含有する歯磨き組成物である。
また、本発明は、次の成分(A)〜(C):
(A)粒子径が355μm未満のエリスリトール 25〜60質量%
(B)水 10〜40質量%
(C)エーテル化度が0.8〜1.5のカルボキシメチルセルロースナトリウム 0.05〜2質量%
を配合する歯磨き組成物である。
【発明の効果】
【0009】
本発明により、高い清涼感及び冷涼感が得られ、さらに、長期の保存安定性にも優れる歯磨き組成物の提供が可能となった。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
本発明の歯磨き組成物は、粒子径が355μm未満のエリスリトール(成分(A))を含有することを特徴とする。通常入手可能なエリスリトールは、ブドウ糖を発酵させた後、再結晶して得られる結晶状のエリスリトールであり、その粒子径は本発明品のものよりも大きい。従って、本発明の歯磨き組成物には入手したエリスリトールを粉砕して粒子径を調整したものを使用することが好ましい。
エリスリトールの粉砕には、ローラミル、ハンマーミル、高速度粉砕機、パルベライザーなどを使用するのが一般的であるが、粒度の調整が簡便で、かつ、生産効率にも優れる高速度粉砕機、ハンマーミルによる粉砕が好ましい。
また、エリスリトールの構造としては、L−エリスリトール、D−エリスリトール、meso−エリスリトールの3種の異性体が存在するが、本発明はこれらいずれの構造のものであってもよい。結晶状のエリスリトールは、市販品としては、日研化学(株)、三菱化学フーズ(株)、セレスター社製等のものが入手可能である。
【0011】
エリスリトールの粒子径は、清涼感、冷涼感を得られることから355μm未満であるが、3μm以上355μm未満が好ましい。口の中で冷涼感が持続するという観点から、45μm以上355μm未満が好ましく、さらに好ましくは45μm以上300μm未満、特に好ましくは45μm以上250μm未満である。
【0012】
なお、エリスリトールの粒子径は以下のように測定される。
篩:JIS標準篩 φ75mm
目開き:上段より、それぞれ500μm、355μm、250μm、180μm、125μm、90μm及び45μmの目開きを有する篩の下に受器を有する。
振盪機:ミクロ型電磁振動機M−2型(筒井理化学器機(株))
方法:試料15gを500μm篩上に載せ、電磁振動機にて5分間分級する。250μm、180μm、125μm、90μm及び45μmの目開きを有する篩上に存在するエリスリトールの合計量を粒子径45μm以上355μm未満のエリスリトールとする。
また、45μm未満の粒度分布は乾式レーザー分布回折式粒度分布測定装置により測定することができる。
【0013】
本発明の歯磨き組成物中、粒子径が355μm未満のエリスリトールの含有量は、高い清涼感を得る観点から、20〜60質量%、より好ましくは25〜55質量%、さらにより好ましくは30〜50質量%である。
このため、粒子径が355μm未満のエリスリトールの配合量は、25〜60質量%、より好ましくは30〜55質量%、さらに好ましくは35〜50質量%である。
【0014】
本発明の歯磨き組成物中、水(成分(B))の含有量は、保存安定性及びより高い清涼感、冷涼感を得る観点から、10〜40質量%、より好ましくは12〜35質量%、さらに好ましくは15〜30質量%、特に好ましくは18〜25質量%である。
【0015】
本発明で用いられるカルボキシメチルセルロースナトリウム(成分(C))は、安定性を向上する観点から、エーテル化度が0.8〜1.5であるが、好ましくは0.8〜1.3、さらに好ましくは0.8〜1.0である。エーテル化度が1.5を超える場合、水溶液の粘性が高くなり、歯磨き組成物に適用した場合にペーストの分散性や糸引き性に問題が生じ易く、他方、エーテル化度が0.8未満の場合、水に対する溶解性が低いため、保存による液分離が生じ、好ましくない。ここで、エーテル化度とは、セルロースの水酸基に置換されたカルボキシメチル基のグルコース単位あたりの数を示すものである。
【0016】
また、カルボキシメチルセルロースの粘度は、安定性を向上する観点から、1%の水溶液粘度が、50cps以下、さらに30cps以下、特に5〜20cpsであるのが好ましい。ここで、水溶液粘度は、B型粘度計を使用し、25℃、60回転で測定した粘度である。このようなカルボキシメチルセルロースは、CMCダイセル(ダイセル化学社製)、サンローズ(日本製紙社製)、セロゲン(第一工業製薬社製)、セコール(NOVIANT)から入手可能である。
【0017】
本発明の歯磨き組成物中、カルボキシメチルセルロースナトリウムの含有量は、保存安定性の観点から、0.05〜2質量%、より好ましくは0.1〜1.5質量%、さらにより好ましくは0.2〜1質量%である。
【0018】
さらに、本発明の歯磨き組成物には、保存安定性を補う観点から、成分(C)以外の粘結剤を適宜加えることができ、歯磨き組成物中、成分(C)を含めた粘結剤全体の含有量は、0.6〜2質量%、より好ましくは0.7〜1.5質量%、さらにより好ましくは、0.8〜1.2質量%である。粘結剤としては、アルギン酸ナトリウム、カラギーナン、キサンタンガム、ポリアクリル酸ナトリウム、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキプロピルセルロース、ペクチン、トラガントガム、アラビアガム、グアーガム、カラヤガム、ローカストビーンガム、ジェランガム、タマリンドガム、サイリウムシードガム、ポリビニルアルコール、コンドロイチン硫酸ナトリウム、メトキシエチレン無水マレイン酸共重合体からなる水溶性高分子を1種または2種以上使用するのが好ましい。
【0019】
本発明の歯磨き組成物には、前記成分の他、例えば発泡剤、発泡助剤、研磨剤、湿潤剤、甘味剤、保存料、酵素、pH調整剤、殺菌剤、薬効成分、顔料、色素、香料等を適宜含有させることができる。また、他の粒子径(355μm以上)のエリスリトールを含有させてもよい。この場合でも、組成物中に含有する全エリスリトール粒子の平均粒子径又は配合する全エリスリトール粒子の平均粒子径は200μm以下が好ましく、更に好ましくは30〜150μmである。なお、平均粒子径は、45μm以上の場合は篩下率(積算量)を正規確立紙にプロットし50%に対応する値を採用し、45μm未満の場合は乾式レーザー分布回折式粒度分布測定装置により測定した値を採用する。
【0020】
研磨剤としては、沈降性シリカ、シリカゲル、アルミノシリケート、ジルコノシリケート等のシリカ系研磨剤、第2リン酸カルシウム・2水和物及び無水和物、ピロリン酸カルシウム、炭酸カルシウム、アルミナ、水酸化アルミニウム、酢酸マグネシウム、第3リン酸マグネシウム、ゼオライト、合成樹脂系研磨剤等が好適に用いられる。
【0021】
湿潤剤としては、グリセリン、ソルビトール、プロピレングリコール、ポリエチレングリコール、キシリトール、マルチット、ラクチット、トレハロース等が好適に用いられる。
【0022】
更に、甘味剤としては、サッカリンナトリウム、アスパルテーム、ソーマチン、アセスルファムカリウム、ステビオサイド、ステビアエキス、パラメトキシシンナミックアルデヒド、ネオヘスペリジルジヒドロカルコン、ペリラルチン等が挙げられる。
【0023】
香料としては、l−メントール、カルボン、アネトール、オイゲノール、リモネン、ペパーミント油、スペアミント油、オシメン、n−アミルアルコール、シトロネロール、α−テルピネオール、サリチル酸メチル、メチルアセテート、シトロネオールアセテート、シネオール、リナロール、エチルリナロール、ワニリン、チモール、レモン油、オレンジ油、セージ油、ローズマリー油、桂皮油、ピメント油、シソ油、丁子油、ユーカリ油等が挙げられる。
【0024】
また、その他の各種有効成分としては、正リン酸のカリウム塩、ナトリウム塩等の水溶性リン酸化合物、アラントインクロルヒドロキシアルミニウム、ヒノキチオール、塩化リゾチーム、グリチルリチン酸及びその塩類、塩化ナトリウム、トラネキサム酸、イプシロンアミノカプロン酸、酢酸dl−トコフェロール、アズレン、グリチルレチン酸、銅クロロフィリンナトリウム、グルコン酸銅等の銅化合物、乳酸アルミニウム、塩化ストロンチウム、硝酸カリウム、ベルベリン、ヒドロキサム酸及びその誘導体、トリポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、デキストラナーゼ、ムタナーゼ、アミラーゼ、メトキシエチレン、無水マレイン酸共重合体、ポリビニルピロリドン、エピジヒドロコレステリン、ジヒドロコレステロール、クエン酸亜鉛、トウキ、オウバク、チョウジ、ローズマリー、オウゴン、ベニバナ等の抽出物、α−ビサボロール、クロルヘキシジン塩類、トリクロサン、塩化セチルピリジニウム、塩化ベンゼトニウム、トリクロロカルバニリド等が挙げられる。
【0025】
本発明の歯磨き組成物は、より高い清涼感を得る観点から、エリスリトールが粉末の状態で分散しているのが望ましい。そのためには、エリスリトールは製造の最終工程に、粉体のままで投入することが好ましい。このような製造方法を用いることで、エリスリトールは水にほとんど溶解せずに、歯磨き組成物中に粉末の状態で存在させることが可能となる。具体的には、例えば、精製水、湿潤剤、粘結剤、香味剤、保存料、研磨剤、発泡剤、甘味剤及び薬効成分等の各成分を処方量計測した後、一定の製造条件に従って混合し、粘結剤を十分に膨潤させ、さらに、研磨剤及び発泡剤、香味剤、粉末状のエリスリトールを加えて脱泡混合し、本発明の歯磨き組成物を製造できる。
【実施例】
【0026】
[歯磨き組成物の調製]
表1に示す組成に従って、実施例1〜4及び比較例1〜3の歯磨き組成物を調製した。なお、エリスリトールは最後に添加した。
【0027】
(1)清涼感及び冷涼感の評価
被験者10名(男性5名、女性5名)が、歯ブラシに各歯磨き組成物1gをとり、約2分間自由にブラッシングし、歯磨き時の冷涼感及び口をすすいだ後のサッパリ感の強さを次の基準で評価した。なお、表1に示す判定の結果は10名中最も評価が多かったものを示した。
【0028】
<清涼感の評価基準>
◎:口の中のサッパリ感が強い
○:口の中のサッパリ感がやや強い
×:口の中のサッパリ感が弱い
<冷涼感の評価基準>
◎:口の中をはっきり感じ、かつ、その冷涼感が持続する
○:口の中の冷涼感をやや感じる
×:口の中の冷涼感を感じない
【0029】
(2)保存安定性の評価
表1に示す歯磨き組成物を、それぞれ保存用の歯磨きチューブに詰め、5℃、室温、40℃で3ヶ月間保存した。その後、チューブを切り開いて、歯磨き組成物から液体成分が分離しているか否か次の基準で評価した。
<保存安定性の評価基準>
◎:液体の分離が全く見られない
○:液体の分離がわずかに見られる
×:明らかに液体の分離が見られる
【0030】
【表1】


【0031】
表1に示したように、実施例1〜4の歯磨き組成物では、粒子径が355μm未満のエリスリトールを多く含み、さらに、エーテル化度が0.9、1%水溶液粘度が15cpsのカルボキシメチルセルロースナトリウムを含んでいるため、清涼感、冷涼感及び長期の保存安定性に優れるという結果だった。また、実施例2〜4の歯磨き組成物では、粒子径が355μm未満のエリスリトールをより多く含んでいるため、清涼感、冷涼感にさらに優れるという結果だった。
【0032】
一方、比較例1の歯磨き組成物では、粒子径が355μm未満のエリスリトールの含有量が少なく、また、組成物中の水分量が多いため、清涼感が弱いという結果だった。比較例2の歯磨き組成物では、エーテル化度が0.65、1%水溶液粘度が30cpsのカルボキシメチルセルロースナトリウムを含むため、長期の保存安定性が悪いという結果だった。また、比較例3の歯磨き組成物では、粒子径が355μm以上のエリスリトールを多量に含んでいるため、冷涼感は感じられず、さらに、エーテル化度が0.65、1%水溶液粘度が30cpsのカルボキシメチルセルロースナトリウムを含むため、長期の保存安定性が悪いという結果だった。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013