米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 株式会社岡村製作所

発明の名称 テーブルのフレーム構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−125166(P2007−125166A)
公開日 平成19年5月24日(2007.5.24)
出願番号 特願2005−319797(P2005−319797)
出願日 平成17年11月2日(2005.11.2)
代理人 【識別番号】100098729
【弁理士】
【氏名又は名称】重信 和男
発明者 森谷 周平
要約 課題
ボルトの締め付け作業位置に制約がなく取付作業が簡便であり、しかも締結後のボルト頭を天板で覆うことができるテーブルのフレーム構造を提供すること。

解決手段
天板2と、支柱に取り付けられた支持フレーム10と、該支持フレーム10同士を連結する連結フレーム20とからなるテーブルのフレーム構造において、上面を開口13した支持フレーム10の前後端部14と、連結フレーム20の係合部とを凹凸係合(11,21)させ、前記支持フレーム10の係合部に穿設した挿通孔11bに連通する前記連結フレーム20の係合部に穿設した螺合孔22に締結具50を前記開口13側から締結することによって、前記支持フレーム10と連結フレーム20とを締結したフレーム構造。
特許請求の範囲
【請求項1】
天板と、左右の支柱に取り付けられた前後方向を向く少なくとも左右一対の支持フレームと、該支持フレーム同士を連結する連結フレームとからなるテーブルのフレーム構造であって、上面を開口した支持フレームの前後端部と、連結フレーム同士の対向し合う内側の係合部と、を凹凸係合させ、該凹凸係合は、一方を係合溝、他方を係合突部で構成し、前記支持フレームの凹凸係合部に穿設された挿通孔に連通する前記連結フレームの螺合孔に締結具を前記開口側から螺着することによって、前記支持フレームと連結フレームとを締結したことを特徴とするテーブルのフレーム構造。
【請求項2】
前記凹凸係合のうち、係合溝または係合突部の何れかを前記連結フレームの内側面における左右方向の略全長に渡って設けるとともに、この係合溝または係合突部に前記螺合孔を適宜の間隔を置いて複数穿設した請求項1に記載のテーブルのフレーム構造。
【請求項3】
前記凹凸係合により係合する前記係合溝と係合突起の係合面は、テーパ面で構成されている請求項1または2に記載のテーブルのフレーム構造。
【請求項4】
前記テーパ面は下方に向けて狭くなる傾斜面とし、前記テーパ面と直交する方向に前記螺合孔および挿通孔が形成されている請求項3に記載のテーブルのフレーム構造。
【請求項5】
前記連結フレームの下面には、下向きに開口するボルト頭が収納できる溝部が形成され、該溝部から上方に向かって貫通する貫通孔が穿設され、該貫通孔を介してボルトで前記天板が螺着される請求項1乃至4のいずれかに記載のテーブルのフレーム構造。
【請求項6】
前記支持フレームを前後一対の支持杆から構成した請求項1乃至5のいずれかに記載のテーブルのフレーム構造。
【請求項7】
前記左右一対の支柱には、それぞれが対向する方向に向く天板支持具が突設され、該天板支持具は前記天板を下方より止着可能である請求項1乃至6のいずれかに記載のテーブルのフレーム構造。
【請求項8】
前記連結フレーム、前記支持フレーム、および前記天板支持具の各上面は、互いに連結された状態において略同じ高さ位置で整合する請求項7に記載のテーブルのフレーム構造。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、天板と、左右の支柱に取り付けられた前後方向を向く少なくとも左右一対の支持フレームと、該支持フレーム同士を連結する連結フレームとからなるテーブルのフレーム構造に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、上面視横長矩形状のテーブルのフレーム構造として、左右に離間され天板の角部近傍下部に4つの支持脚が配置され、天板の前後端側部の長手方向を支持する側部フレームと、天板の左右両端側部を支持する端部フレームとが、各々支持脚に設けられた上面視L字状のコーナー連結部材を介してボルトで連結され、天板を支持する矩形の枠体が形成されているものが知られている。
【0003】
そしてコーナー連結部材と側部フレーム及び端部フレームとの連結に際しては、先ずコーナー連結部材に設けた嵌合突起を側部フレームあるいは端部フレームに形設した取り付け嵌合溝に差し込み、側部フレームあるいは端部フレームの内側面からボルトを介して固定していた。(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
【特許文献1】特開2005−185641号公報(段落0022、図1,5)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1にあっては、コーナー連結部材と側部フレームあるいは端部フレームとの連結に際し、側部フレームあるいは端部フレームの内側面に回り込んでボルト締結しなければ成らず、ボルトの締め付け作業位置に制約があった。また側部フレームと端部フレームを支持脚に組み付けた後、天板を取り付けて上面を覆った場合、締結後のボルト頭は直には見えないが、天板を底の方から除くとボルト頭が剥き出しに見えてしまい、見栄えを完全に満足するものではなかった。
【0006】
本発明は、このような問題点に着目してなされたもので、ボルト等の締着具の締め付け作業位置に制約がなく取付作業が簡便であり、しかも締結後の締着具を天板で覆い隠すことができるテーブルのフレーム構造を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するために、本発明の請求項1に記載のテーブルのフレーム構造は、天板と、左右の支柱に取り付けられた前後方向を向く少なくとも左右一対の支持フレームと、該支持フレーム同士を連結する連結フレームとからなるテーブルのフレーム構造であって、上面を開口した支持フレームの前後端部と、連結フレーム同士の対向し合う内側の係合部と、を凹凸係合させ、該凹凸係合は、一方を係合溝、他方を係合突部で構成し、前記支持フレームの凹凸係合部に穿設された挿通孔に連通する前記連結フレームの螺合孔に締結具を前記開口側から螺着することによって、前記支持フレームと連結フレームとを締結したことを特徴としている。
この特徴によれば、挿通孔と螺合孔の位置を合わせ、係合溝と係合突起を凹凸係合することで、支持フレームの締結位置に連結フレームを容易に仮固定でき、フレーム構造の組立がし易い。また、締結具を支持フレームの上面の開口から挿通孔を介して、連結フレームの螺合孔に向けて螺合するので、作業者はどの位置からでも直に連結フレームと支持フレームとを締結することができる。そして、天板をフレーム構造に取り付けた際には、支持フレームの上面が覆われることから、締結具が外部に露出することがない。
【0008】
本発明の請求項2に記載のテーブルのフレーム構造は、請求項1に記載のテーブルのフレーム構造であって、前記凹凸係合のうち、係合溝または係合突部の何れかを前記連結フレームの内側面における左右方向の略全長に渡って設けるとともに、この係合溝または係合突部に前記螺合孔を適宜の間隔を置いて複数穿設したことを特徴としている。
この特徴によれば、連結フレームの略全長に渡って設けた係合溝または係合突部に適宜の間隔を置いて螺合孔を複数穿設することにより、支持フレームの取付位置や取付本数を螺合孔の位置に合わせて適宜選択して設定でき、天板の重量や大小に応じて対応可能である。
【0009】
本発明の請求項3に記載のテーブルのフレーム構造は、請求項1または2に記載のテーブルのフレーム構造であって、前記凹凸係合により係合する前記係合溝と係合突起の係合面は、テーパ面で構成されていることを特徴としている。
この特徴によれば、係合溝と係合突起とが互いにテーパ面を有するので、支持フレームと連結フレームの締結時に両者のテーパ面同士が密着されることで、両フレームの連結強度の向上が図られる。
【0010】
本発明の請求項4に記載のテーブルのフレーム構造は、請求項3に記載のテーブルのフレーム構造であって、前記テーパ面は下方に向けて狭くなる傾斜面とし、前記テーパ面と直交する方向に前記螺合孔および挿通孔が形成されていることを特徴としている。
この特徴によれば、テーパ面が下方に向けて傾斜され、テーパ面と直交した方向に螺合孔および挿通孔が形成されているので、締結具を支持フレームの開口側から挿通孔を介して螺合孔に向けて締着し易くなる。
【0011】
本発明の請求項5に記載のテーブルのフレーム構造は、請求項1乃至4のいずれかに記載のテーブルのフレーム構造であって、前記連結フレームの下面には、下向きに開口するボルト頭が収納できる溝部が形成され、該溝部から上方に向かって貫通する貫通孔が穿設され、該貫通孔を介してボルトで前記天板が螺着されることを特徴としている。
この特徴によれば、連結フレームの下面の溝部から貫通孔を介して、ボルトが天板の下面に螺着したときに、ボルト頭が溝部内に収納できるので、外部から露呈することなく、利用者のテーブル使用時においても手や服等への引っ掛かりが防止される。
【0012】
本発明の請求項6に記載のテーブルのフレーム構造は、請求項1乃至5のいずれかに記載のテーブルのフレーム構造であって、前記支持フレームを前後一対の支持杆から構成したことを特徴としている。
この特徴によれば、支持フレームが前後一対の支持杆で構成されているので、天板の前後幅が異なる各種の天板に対して、種々の長さの支持杆を選択することで対応できる。
【0013】
本発明の請求項7に記載のテーブルのフレーム構造は、請求項1乃至6のいずれかに記載のテーブルのフレーム構造であって、前記左右一対の支柱には、それぞれが対向する方向に向く天板支持具が突設され、該天板支持具は前記天板を下方より止着可能であることを特徴としている。
この特徴によれば、一対の支柱にそれぞれ突設した天板支持具により天板を止着することができるので、特に天板の前後寸法が大きなものである場合においても、その重量を天板支持具を介して支柱で受けて、天板の中央部での撓みをより効果的に防止することができる。
【0014】
本発明の請求項8に記載のテーブルのフレーム構造は、請求項7に記載のテーブルのフレーム構造であって、前記連結フレーム、前記支持フレーム、および前記天板支持具の各上面は、互いに連結された状態において略同じ高さ位置で整合することを特徴としている。
この特徴によれば、連結フレームおよび支持フレーム、そして天板支持具の上面が同高さで面一となり、これら部材の上面で天板の下面が安定して支持されるだけでなく、天板との間に隙間が生じていないので外部からの体裁もよい。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
本発明の実施例を以下に説明する。
【実施例1】
【0016】
図1は、本発明の実施例1におけるフレーム構造を用いたテーブルの全体像を示す斜視図であり、図2は、テーブルの分解組立斜視図であり、図3(a)は、連結フレームおよびカバー部材を示す正面図であり、図3(b)は、図3(a)のA−A線の断面図であり、図3(c)は、図3(a)のB−B線の断面図であり、図4(a)は、支持フレームの係合突部に連結フレームの係合溝を嵌入する過程を示す断面図であり、図4(b)は、ボルトで連結フレームと支持フレームとを締結する過程を示す平面図であり、図5(a)は、図4(b)のC−C線の断面図であり支持杆に連結フレームがボルトで締結された状態が示され、図5(b)は、図4(b)のD−D線の断面図であり連結フレームに天板がボルトで連結された状態が示されている。
【0017】
以下、本実施例の説明において、図1に示されたテーブル1に対面した状態で見て、テーブル1の手前側を前方とし、テーブル1の奥行き側を後方とし、左手側を左方、右手側を右方として説明する。図1および図2に示されるように、テーブル1は、主に上面視横長矩形状に形成された天板2と、この天板2の長手方向を支持すべく前後に対向して左右方向に向けて延設された一対の連結フレーム19,20および天板2の左右両端側部を支持すべく左右に対向して前後方向に向く一対の支持杆9,10から構成される左右の支持フレーム8,8から成るフレーム構造と、この支持フレーム8,8が連結される左右の支柱3,3および該支柱3,3の下部に連結され床面60に設置された前後方向を向く一対のベース脚5,6から成る脚体4,4と、から構成され、例えば、企業の会議室や図書館、学校等の教室にて利用可能になっている。
【0018】
連結フレーム19,20と支持杆9,10とは、前方側に配置の左右の支持杆9,9の前端に連結フレーム19が連結されるとともに、後方側に配置の左右の支持杆10,10の後端に連結フレーム20が連結されることで、上面視横長矩形状のフレームが構成され、このフレーム構造を介して天板2が脚体4,4に支持される構成になっている。尚、本実施例において、連結フレーム19,20および支持フレーム8(支持杆9,10)、そして支柱3,3およびベース脚5,6はアルミ合金で成型されていることから、軽量で持ち運べ易く且つ強度的にも優れているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、これらの部材を他の材質として強度のある硬質のプラスチック材を用いて成型しても良い。
【0019】
特に図示しないが、予め支持杆9,10は支柱3の上端から下方に向けてボルトで連結固定されており、同様にベース脚5,6は支柱3の下端から上方に向けてボルトで連結固定されたことで、側面視エ字状に一体でテーブル1の脚体4,4として構成されている。また、連結フレーム19,20の左右端部には、ABS樹脂材からなるカバー部材30が各々取り付け可能になっている。
【0020】
次に、連結フレーム19,20および支持フレーム8を構成する支持杆9,10について具体的に説明するが、前後の連結フレーム19,20および支持杆9,10は、それぞれ前後対称の同一構造のため、連結フレーム20および支持杆10のみの連結構造を説明することとし、連結フレーム19および支持杆9については割愛して以下に説明する。
【0021】
図3(a)〜(c)に示されるように、連結フレーム20の内側面28には左右方向の全長に渡って、後方に向けて凹設された係合溝21が形成されており、係合溝21には、下方に向けて狭く傾斜したテーパ面21aが形成され、係合溝21の長手方向に沿って螺合孔22が内部に向けて穿設されている。螺合孔22はテーパ面21aと直交する方向に形成されている。尚、特に図示しないが係合溝21には所定間隔を置いて、同様の螺合孔22,22・・・が2個で1組として複数箇所に穿設されており、後述する支持杆10の取付位置や取付本数を適宜選択可能になっており、天板の重量や大小に応じて対応可能である。
【0022】
連結フレーム20の端部27には、左右に貫通する嵌入孔26a,26bが前後に形成され、前述の螺合孔22が嵌入孔26bに貫通して穿設されている。尚、端部27に取り付けられるカバー部材30には、前後に挿入部30aおよび30bが凸設されており、嵌入孔26aに挿入部30aが、嵌入孔26bに挿入部30bが取れないようにそれぞれきつく嵌入している。これにより嵌入孔26a,26bが閉塞され見栄えが良くなるとともに、金属端面27での引っ掛かり等が防止され安全性が高められている。
【0023】
連結フレーム20の下面24には、下向きに開口する溝部25が左右方向の全長に形成され、溝部25から嵌入孔26bまで上下方向に貫通する貫通孔25aが形成されるとともに、同様にして嵌入孔26bから上面23まで貫通する貫通孔23aが形成されており、また連結フレーム20の上面23はフラットに形成されている。この溝部25の長さは天板取付のためのボルトが螺着されたときに、少なくともボルト頭が隠れるような長さに設定されている。
【0024】
図4(a)(b)に示されるように、支持杆10の後方の端部14には、後方に向けて凸設される係合突部11が形成され、係合突部11には下方に向けて狭く傾斜したテーパ面11aが形成されている。支持杆10の上面12には前後方向に所定間隔で上方を向く複数の開口が形成されると共に、複数の補強用リブ12aが形成されている。特に後端部14側の開口は深めに凹没された凹部13となっている。係合突部11にはテーパ面11aと直交する方向で凹部13まで貫通する挿通孔11bが2個形成されている。この係合突部11が連結フレーム20の係合溝21に嵌め込まれて凹凸係合されるように構成されている。
【0025】
次に、支持杆10に連結フレーム20を組み付け、天板2を支持する組立手順に付き図4および図5に基づいて説明する。
【0026】
まず、図4(a)に示されるように、支持杆10の挿通孔11bと連結フレーム20の螺合孔22が重なる位置で、係合突部11に向けて係合溝21を嵌入させることで凹凸係合され、支持杆10に連結フレーム20が仮固定される。凹凸係合時にはテーパ面11aとテーパ面21aとが密着されるとともに端部14と内側面28は付け合わさり、螺合孔22と挿通孔11が重なって前後斜め方向に連通される。
【0027】
そして、図4(b)に示されるように、支持杆10に連結フレーム20が仮固定された状態で、締結具であるボルト50を2本用いて凹部13の上方から一対の挿通孔11b,11bに向けて、それぞれ矢印に示される方向に挿通させていく。ボルト50の回動操作は直接指での操作や公知のドライバ工具による操作でも良いが、図5(a)に示されるように、ボルト50の取り付け作業を容易かつ確実に行うため本実施例では六角レンチ55を用いて作業が行われる。挿通孔11bおよび螺合孔22は、テーパ面11a,21aに直交するように配置されているので、ボルト50を凹部13の開口側から斜め方向に挿通孔11bを介して螺合孔22に向けて締着し易い構成になっている。
【0028】
そこで、ボルト50が六角レンチ55の操作により、凹部13の上方から挿通孔11bを介して、連結フレーム20の螺合孔22に向けて螺合し締め込まれていくことで、連結フレーム20が直に支持杆10に締結される。
【0029】
そして、ボルト50による支持杆10と連結フレーム20の締結時には、係合突部11と係合溝21の凹凸係合によって、両者のテーパ面11a,21a同士が密着されることで密着面積が大きく確保され、両部材10,20の連結強度の向上が図られている。このようにして、図2に示された他の支持杆9および連結フレーム19も同様にして、締結具であるボルト50を介して締結され、前後に連結フレーム19,20、左右に前後一対の支持杆9,10からなる支持フレーム8,8で、天板2を支持するフレーム構造が簡素に構成される。
【0030】
以上の説明から、ボルト50の締結のみで支持フレーム8,8に連結フレーム19,20を簡便に締結できるので、例えば、左右幅の長い天板を用いる場合には連結フレームを長尺のものに替えるだけで容易に対応できる。さらに、支持フレーム8,8が前後一対の支持杆9,10から構成されたことで、前後幅の長さが異なる天板であっても、最適な長さの支持杆9,10を使用することで容易に対応できる。
【0031】
次いで、天板の取付手段について図5(b)に基づき説明すると、天板2の下面2b外周囲にはボルト穴2aが複数形成されており、このボルト穴2aと連結フレーム20の貫通孔23aの位置を合わせるように天板2を支持杆10および連結フレーム20の上面12,23に載置する。そして、ボルト51を連結フレーム20の溝部25より上方に向けて、貫通孔25a,嵌入孔26b,貫通孔23aを介して、ボルト穴2aに螺着して天板2を固定する。特に図示しないが連結フレーム19にも同様にしてボルト51で天板2の下面2bとが螺着される。
【0032】
つまり、本実施例においては、連結フレーム19,20の左右端部の四箇所、天板の大きさに応じてその他中央側の複数箇所で天板2が螺着されている。尚、ボルト51のボルト頭51aは、溝部25内に収納されることから、外部から露呈することなく遮蔽され見栄えも高められるとともに、利用者のテーブル1の使用時においてもボルト頭51aが下方(外方)に突設されることなく、利用者の手や服等への引っ掛かりが防止され安全性も高められている。
【0033】
また、支持杆10と連結フレーム20の上面12,23の高さは、これら両部材10,20が互いに連結された状態において同一の高さで整合され、天板2の下面2bに当接するように面一で形成され、特に図示しない支持杆9と連結フレーム19が互いに連結された状態においても、上面12,23の高さと同一に整合されることから、天板2と支持杆9,10および連結フレーム19,20の間に隙間を生じさせずに外部からの体裁もよく、これら部材10,20の上面12,23で天板2の下面2bが安定して支持されガタツキを生じさせることもない。
【0034】
さらに、この天板2の取り付けによって、支持杆10の凹部13の上面が覆われることから、締結具であるボルト50のボルト頭50aが外部に露出することなく、特に図示しない支持杆9も同様の構成であり、これらの凹部13の開口が完全に閉蓋され、ボルト頭50aを露出させずに外部からの見栄えを損なうことがない。
【実施例2】
【0035】
次に、本発明の実施例2を図6に基づいて説明する。図6(a)は、本発明の実施例2におけるテーブルのフレーム構造を示す一部破断平面図であり、図6(b)は、テーブルの全体像を示す平面図である。尚、以下の実施例2において前述の実施例1と同様の構造部分に関しては、同一の符号を付すことにより詳細な説明は省略することにする。
【0036】
図6(a)に示されるように、左右一対の支持フレーム8’,8’をそれぞれ構成する支持杆9’、支持杆10’において、支持杆9’の後端近傍上面23’および支持杆10’の前端近傍上面23’’よりも一段低くなった一対の段部12b,12b’が形成され、この段部12b,12b’には、下方に向けてボルト穴9a’,10a’が形成されている。
【0037】
段部12b,12b’には、天板支持具40,41の他端側を取り付け可能になっており、天板支持具40,41の一端側が互いに向かい合うように内側に突設されている。天板支持具40,41には、上下に貫通するボルト孔44が前後左右で4箇所形成される他に、ボルト穴9a’,10a’のための連結孔43,43’が2箇所形成されている。
【0038】
これら天板支持具40,41を支持フレーム8’,8’に取り付けるには、天板支持具40,41の他端側を段部12b,12b’内に載置し、ボルト穴9a’に前方の連結孔43を重ね合わせるとともに、ボルト穴10a’に後方の連結孔43’を重ね合わせ、上方より2本のボルト52,52をそれぞれの連結孔43,43’に挿通して、対応するボルト穴9a’、10a’に螺合することで、支持フレーム8’に天板支持具40が連結固定される。
【0039】
尚、この取り付けによって天板支持具40,41も支持フレーム8’,8’および連結フレーム19,20から構成されるフレーム構造の一部となるとともに、連結フレーム19,20の高さおよび、支持フレーム8’,8’の高さ、そして天板支持具40の高さとが、整合された状態となる。つまり、支持フレーム8’,8’および連結フレーム19,20、そして天板支持具40の上面が同じ高さで面一となり、これら部材に天板2を載置した際に、天板2との間に隙間を生じさせずに外部からの体裁もよく、これら部材の上面で天板2の下面が安定して支持されガタツキも生じさせない。
【0040】
次いで、左右の天板支持具40,41の下方からボルト孔44に向けて、図6(b)に示されるように、ボルト51’を上方に向けて貫通させ、特に図示しないが天板2’の下面に予め形成されたボルト穴に螺合することで、天板2’の左右端側の前後中間位置が天板支持具40,41に止着される。また、天板2’の4箇所の角部は実施例1と同様にボルト51で連結フレーム19,20の図6(a)に示される各貫通孔23aを介して止着される。
【0041】
以上の説明により実施例2では、一対の支持フレーム8’,8’にそれぞれ突設した天板支持具40,41に天板2を止着したことで、天板2の前後中間位置の撓みが確実に防止される。特に天板2の前後寸法を大とした場合において、天板支持具40,41を支持フレーム8’,8’の前後中間位置に設けて止着した場合には、天板2’の中央部での撓みが、より効果的に防止され天板2’の使用時に何ら不都合を生じさせることはない。
【0042】
以上、本発明の実施例を図面により説明してきたが、具体的な構成はこれら実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における変更や追加があっても本発明に含まれ、例えば上記実施例では、係合溝21および係合突部11の係合面をテーパ面11a,21aとしたことで、このテーパ面同士が接合され連結強度が向上することから好ましいが、本発明は必ずテーパ面を構成しなければならないものではなく、垂直面で当接し合う通常の凹凸係合でも良い。
【0043】
また、上記実施例では、支持フレーム8を前後一対の支持杆9,10から構成したことで、天板2の前後幅の長さに合わせて適宜前後の長さを調整できることから好ましいが、本発明はこれに限定されるものではなく、支持フレーム8を一本の支持杆で構成しても良いことは言うまでもなく、前後に長さ調整を行える伸縮可能な支持フレームであっても良い。
【0044】
また、上記実施例では、支持フレーム側に係合突部11、連結フレーム側に係合溝21を設けた例で説明したが、逆に、支持フレーム側に係合溝、連結フレーム側に係合突部を設けても良い。また、天板とフレーム構造との止着は、ボルトによる螺着で例で説明したが、螺着であればボルトに限らずネジ等の他のいかなる締着具であっても良い。更に螺着する箇所は、主として、連結フレームだけで説明したが、支持フレームにもリブ等を利用してボルト挿入孔して天板と螺着させている。
【図面の簡単な説明】
【0045】
【図1】本発明の実施例1におけるフレーム構造を用いたテーブルの全体像を示す斜視図である。
【図2】テーブルの分解組立斜視図である。
【図3】(a)は、連結フレームおよびカバー部材を示す正面図であり、(b)は、図3(a)のA−A線の断面図であり、(c)は、図3(a)のB−B線の断面図である。
【図4】(a)は、支持フレームの一部である支持杆の係合突部に連結フレームの係合溝を嵌入する過程を示す断面図であり、(b)は、ボルトで連結フレームを支持杆に締結する過程を示す平面図である。
【図5】(a)は、図4(b)のC−C線の断面図であり支持杆に連結フレームがボルトで締結された状態が示され、(b)は、図4(b)のD−D線の断面図であり連結フレームに天板がボルトで連結された状態が示されている。
【図6】(a)は、本発明の実施例2におけるテーブルのフレーム構造を示す一部破断平面図であり、(b)は、テーブルの全体像を示す平面図である。
【符号の説明】
【0046】
1、1’ テーブル
2、2’ 天板
2a ボルト穴
2b 下面
3 支柱
3a 孔蓋
4 脚体
5、6 ベース脚
8、8’ 支持フレーム
9、9’ 支持杆(支持フレームの一部)
9a’ ボルト穴
10、10’ 支持杆(支持フレームの一部)
10a’ ボルト穴
11 係合突部(係合部の一部)
11a テーパ面
11b 挿通孔
12 上面
12a リブ
12b、12b’ 段部
13 凹部
14 端部
19、20 連結フレーム
21 係合溝(係合部の一部)
21a テーパ面
22 螺合孔
23、23’、23’’ 上面
23a 貫通孔
24 下面
25 溝部
25a 貫通孔
26 端部
26a、26b 嵌入孔
27 端部
28 内側面
30 カバー部材
30a、30b 挿入部
40、41 天板支持具
42 上面
43、43’ 連結孔
44 ボルト孔
50 ボルト(締結具)
50a ボルト頭(締結具の頭部)
51、51’ ボルト
51a ボルト頭
52 ボルト
55 六角レンチ
60 床面




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013