米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電工株式会社

発明の名称 照明付き洋式便器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−117236(P2007−117236A)
公開日 平成19年5月17日(2007.5.17)
出願番号 特願2005−310732(P2005−310732)
出願日 平成17年10月26日(2005.10.26)
代理人
発明者 川田 宗一郎
要約 課題
便器本体の脚回りを局所的に照明するとともに、便器本体内の便器ボウル部をも照明可能とし、視力の衰えた高齢者でも容易に大便や小便の色等を観察することができる照明付き洋式便器を提供する。

解決手段
便器本体2の上面に便座3および便蓋4が設けられた洋式便器であって、上記便蓋4の前端部41を便座3の上部前縁よりも前方に延出させるとともに、延出した前端部41の裏面先端に発光体1を回動自在に取り付け、上記便蓋4の倒伏時には、上記発光体1が下方の床面を照らし、上記便蓋4の起立時には上記発光体1が便器本体2の便器ボウル部21を照らすようにされた照明付き洋式便器A。
特許請求の範囲
【請求項1】
便器本体の上面に便座および便蓋が設けられた洋式便器であって、上記便蓋の前端部を便座の上部前縁よりも前方に延出させるとともに、延出した前端部の裏面先端に発光体を回動自在に取り付け、上記便蓋の倒伏時には、上記発光体が下方の床面を照らし、上記便蓋の起立時には上記発光体が便器本体の便器ボウル部を照らすようにされた照明付き洋式便器。
【請求項2】
上記発光体が、延出した便蓋の前端部の裏面先端に自重により回動自在にヒンジ結合された請求項1に記載の照明付き洋式便器。
【請求項3】
上記発光体が、延出した便蓋の前端部の裏面先端に自在接手により回動自在に取り付けられた請求項1に記載の照明付き洋式便器。
【請求項4】
上記発光体がLEDである請求項1に記載の照明付き洋式便器。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、洋式便器に関する。さらに詳しくは、便蓋に発光体が取り付けられた照明付き洋式便器に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、高齢化社会を迎え、足腰が弱った、あるいは視力が衰えた、または認知症を発症した高齢者が増えつつあり、このような高齢者に適合するように改良された洋式便器が種々提案されている。例えば、下記特許文献1には、用を足すとき、トイレ室の照明器具を付け忘れても、人体検知センサが人の入室を検知して洋式便器前方の床面を局所的に照明し、洋式便器の陰に隠れたスリッパ等を見つけ易いように配慮された照明付き便器設備が提案されている。
【0003】
一方、大便や小便の色、あるいはその他の状態を確認することは健康管理上、非常に大切なこととされている。しかしながら、洋式便器の便器本体の内部へは光が届きにくく、とくに、健康管理上、毎日の観察が必要とされる高齢者にとって、衰えた視力で便の色や状態を視認することは困難である。そこで懐中電灯等を用いて便器本体の内部を照らすことも考えられるが不便であって、実行しにくいという問題がある。
【特許文献1】特開2004−261221号公報(第1〜4頁、第1図、第2図)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明は、このような状況のもとで考え出されたものであって、トイレ室の照明器具とは別に発光体を便蓋に取り付け、洋式便器の陰に隠れて明るさの不足する便器本体の脚回りを局所的に照明するとともに、便器本体内部の便器ボウル部をも照明可能とし、視力の衰えた高齢者でも容易に大便や小便の色等を観察することができる照明付き洋式便器を提供することを、その課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記課題を解決するために、本発明においては、つぎのような技術的手段を講じている。すなわち、請求項1に記載の発明によれば、便器本体の上面に便座および便蓋が設けられた洋式便器であって、上記便蓋の前端部を便座の上部前縁よりも前方に延出させるとともに、延出した前端部の裏面先端に発光体を回動自在に取り付け、上記便蓋の倒伏時には、上記発光体が下方の床面を照らし、上記便蓋の起立時には上記発光体が便器本体の便器ボウル部を照らすようにされた照明付き洋式便器が提供される。
【0006】
請求項2に記載の照明付き洋式便器は、請求項1に記載の発明に加えて、上記発光体が、延出した便蓋の前端部の裏面先端に自重により回動自在にヒンジ結合される。
【0007】
請求項3に記載の照明付き洋式便器は、請求項1に記載の発明に加えて、上記発光体が、延出した便蓋の前端部の裏面先端に自在接手により回動自在に取り付けられる。
【0008】
請求項4に記載の照明付き洋式便器は、請求項1に記載の発明に加えて、上記発光体がLEDとされる。
【発明の効果】
【0009】
請求項1に記載の発明にかかる照明付き洋式便器は上記のとおりであり、便蓋の前端部を便座の上部前縁よりも前方に延出させ、該延出した前端部の裏面先端に発光体を回動自在に取り付け、上記便蓋の倒伏時には、上記発光体が下方の床面を照らすため、トイレ室床面の便器本体の脚回りが照明され、スリッパ等を容易に見つけることができるとともに、とくに、高齢者が蹴つまずき、転倒する等の事故を防ぐことができる。
【0010】
また、上記便蓋の起立時には発光体が便器本体内の便器ボウル部を照らすため、使用者は、用足し後、便器ボウル内の大便や小便の色、あるいはその他の状態を容易に視認することが可能となり、とくに、視力の衰えた高齢者が自らの健康状態を確認することができる。
【0011】
請求項2に記載の照明付き洋式便器は上記のとおりであり、請求項1の照明付き洋式便器の有する効果に加え、上記発光体が、延出した便蓋の前端部の裏面先端に自重により回動自在にヒンジ結合されているため、便蓋を倒伏した状態では発光部は下向きとなり、下方の床面を照らし、トイレ室床面の便器本体の脚回りを照明することができる。また、便蓋を起立した状態では、ヒンジを軸として自重で揺動し、発光体が便蓋の裏面に当接して発光部位が固定され、便器本体内の便器ボウル部を照明することができる。
【0012】
請求項3に記載の照明付き洋式便器は上記のとおりであり、請求項1の照明付き洋式便器の有する効果に加え、上記発光体が、延出した便蓋の前端部の裏面先端に自在接手により回動自在に取り付けられているため、所望の位置を照らすように発光体を回動させ、発光部位を調整することができる。
【0013】
請求項4に記載の照明付き洋式便器は上記のとおりであり、請求項1の照明付き洋式便器の有する効果に加え、上記発光体がLEDとされ、消費電力が極めて小さいため、維持費を少なく抑えることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0014】
以下、本発明の実施形態について図面を参照して、詳細に説明する。図1は、本発明にかかる照明付き洋式便器Aを示す斜視図である。図1に示すように、上記照明付き洋式便器Aは便器本体2とその上面に回動自在に載置される便座3とこの便座3に載置されるとともに、便器本体2内の便器ボウル部21を回動自在に覆う便蓋4とからなっている。便蓋4の裏面には、便蓋4を便座3に載置する際の衝撃を吸収するため緩衝材5が設けられている。
【0015】
上記便蓋4の前端部41は便座3の上部前縁よりも前方に延出して設けられ、さらに、上記前端部41の裏面先端には、LEDからなる発光体1がヒンジ11によって自重により回動自在に取り付けられている。また、上記発光体1の図示しない電気的配線は、人体検知センサによってオン、オフする電源スイッチに接続されている。
【0016】
図2は、上記照明付き洋式便器Aの便蓋4を倒伏させた状態を、便蓋4のみを側断面で示す部分断面側面図である。トイレ室に人がいないときは、上記便蓋4は倒伏しているため、発光体1はヒンジ11を軸として自重で回動し、図2に示されるように、発光部12は下向きとなっている。
【0017】
この状態でトイレ室に人が入ると、人体検知センサが検知して電源をオンとし、発光体1の発光部12は下方の便器本体2の脚回りを照らす。このようにすることによって、トイレ室床面の便器本体2の脚回りが照明され、スリッパ等を容易に見つけることができるとともに、使用者の足元を照らし、とくに高齢者が蹴つまずき、転倒することを防ぐ。
【0018】
図3は、用を足した後、便蓋4を起立させた状態を便蓋4のみを側断面で示す部分断面側面図である。図3に示されているように、便蓋4を起立させると発光体1はヒンジ11を軸として自重で回動し、便蓋4の裏面に当接するとともに、発光部位が固定される。このようにして、発光体1の発光部12から照射された光は便器本体2内の便器ボウル部21を照らし、便器ボウル部21内の大便や小便の色、あるいはその他の状態を容易に視認することが可能となるため、とくに、視力の衰えた高齢者が自らの健康状態を確認することができる。
【0019】
図4は、本発明にかかる照明付き洋式便器Aの他の実施形態であり、便蓋4の前端部41に弾性係合部6が付設されている。図2に示したように、発光体1は便蓋4の前端部41の裏面先端にヒンジ11を介して回動自在に取り付けられ、ブラブラして不安定であるため、固定して用いたい場合、上記弾性係合部6で発光体1を弾性係止することができる。係止後は、弾性係止を解除することにより、再び、発光体を回動自在とすることができる。
【0020】
また、ヒンジ11に替えてフレキシブルな素材からなる自在接手を便蓋4の前端部41の裏面先端に設け、この自在接手を介して発光体1を回動自在に取り付けることもできる。このようにすることにより、発光体を自由に回動させ、発光部位を調整することができるため、所望の位置を容易に照らすことが可能となる。以上述べたように本発明にかかる照明付き洋式便器Aは種々設計変更可能であり、特許請求の範囲を逸脱しない限り、本発明の技術的範囲に属する。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】本発明にかかる照明付き洋式便器を示す斜視図である。
【図2】上記照明付き洋式便器の便蓋を倒伏させた状態を示す部分断面側面図である。
【図3】上記照明付き洋式便器の便蓋を起立させた状態を示す部分断面側面図である。
【図4】本発明にかかる照明付き洋式便器の他の実施形態を示す部分断面側面図である。
【符号の説明】
【0022】
A 本発明にかかる照明付き洋式便器
1 発光体
11 ヒンジ
12 発光部
2 便器本体
21 便器ボウル部
3 便座
4 便蓋
41 前端部
5 緩衝材
6 弾性係合部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013