米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電工株式会社

発明の名称 対面式厨房装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−54410(P2007−54410A)
公開日 平成19年3月8日(2007.3.8)
出願番号 特願2005−244760(P2005−244760)
出願日 平成17年8月25日(2005.8.25)
代理人 【識別番号】100093230
【弁理士】
【氏名又は名称】西澤 利夫
発明者 佐藤 靖史 / 鈴木 眞人 / 中村 隆宏 / 西崎 喜弘 / 安達 研治
要約 課題
リビング・ダイニングルームからキッチンを見えないようにし、キッチンでの作業時に起こりやすいリビング・ダイニングルーム側への水跳ね等を防止し、かつ簡易な身支度はリビング・ダイニングルームで済ませることのできる対面式厨房装置を提供すること。

解決手段
キッチンとリビング・ダイニングルームとの境界に設置され、キッチンとリビング・ダイニングルームとの間の仕切りとなるカウンター部2を有する対面式厨房装置において、カウンター部に立てることのできる衝立4が設けられ、衝立は、立設状態においてリビング・ダイニングルーム側がミラーとなっている。
特許請求の範囲
【請求項1】
キッチンとリビング・ダイニングルームとの境界に設置され、キッチンとリビング・ダイニングルームとの間の仕切りとなるカウンター部を有する対面式厨房装置において、カウンター部に立てることのできる衝立が設けられ、衝立は、立設状態においてリビング・ダイニングルーム側がミラーとなっていることを特徴とする対面式厨房装置。
【請求項2】
衝立はハーフミラーであり、キッチンからリビング・ダイニングルームを透視することができる一方、リビング・ダイニングルームからはキッチンを透視することができず、リビング・ダイニングルームを映す請求項1記載の対面式厨房装置。
【請求項3】
衝立は、カウンター部に対し昇降自在とされているかまたは上下に回動自在とされている請求項1または2記載の対面式厨房装置。
【請求項4】
衝立の配設位置に対応してリビング・ダイニングルーム側に洗面ボウルが設けられている請求項1ないし3いずれか1項に記載の対面式厨房装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本願発明は、対面式厨房装置に関する。
【背景技術】
【0002】
住宅の間取りでは、キッチンとリビング・ダイニングルームを隣接させ、続き間とするのが主流となっている。この場合、キッチンに配設される厨房装置は、キッチンとリビング・ダイニングルームの境界に設置される対面式となっている。
【0003】
対面式厨房装置は、調理、後片付け等のキッチンでの作業を開放感のある空間で行い、会話を交えた和やかな雰囲気で行うのを可能にしている。キッチンでの作業はリビング・ダイニングルームに向かって行うことができ、このため、開放感を味わえ、配膳や後片付けは、対面式厨房装置に備えたカウンター部を経由して行うことができる。
【0004】
一方、対面式厨房装置では、カウンター部がキッチンとリビング・ダイニングルームの仕切りとして機能するものの、リビング・ダイニングルームからキッチンが見えてしまうという問題がある。この問題は来客時に顕在化される。また、キッチンでの作業時に、リビング・ダイニングルーム側に水跳ね等が生じるという問題もある。
【0005】
さらに、最近、簡易な身支度は、化粧室まで行かずにリビング・ダイニングルームで済ませたいという要望がある。
【0006】
本出願人は、特許文献1において、鏡の下端を背面パネルに回動自在に取り付けた流し台を提案している。
【特許文献1】特開平5−23226号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかしながら、特許文献1に記載された流し台は、背面パネルを有するものであり、対面式厨房装置ではなく、特許文献1は、対面式厨房装置において鏡をどのように取り付ければよいかという技術的指針を与えていない。また、特許文献1に記載された流し台において鏡が取り付けられるのは、子どもや車椅子を利用している等の視点の低い人が、食器等の洗浄や調理を行う際に、シンク、鍋等の中が見えるようにとの配慮からなされたのであり、リビング・ダイニングルームで身支度を行えるようにすることを意図してはいない。
【0008】
本願発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、リビング・ダイニングルームからキッチンを見えないようにし、キッチンでの作業時に起こりやすいリビング・ダイニングルーム側への水跳ね等を防止し、かつ簡易な身支度はリビング・ダイニングルームで済ませることのできる対面式厨房装置を提供することを課題としている。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本願発明は、上記の課題を解決するために、第1には、キッチンとリビング・ダイニングルームとの境界に設置され、キッチンとリビング・ダイニングルームとの間の仕切りとなるカウンター部を有する対面式厨房装置において、カウンター部に立てることのできる衝立が設けられ、衝立は、立設状態においてリビング・ダイニングルーム側がミラーとなっていることを特徴としている。
【0010】
本願発明は、第2に、衝立はハーフミラーであり、キッチンからリビング・ダイニングルームを透視することができる一方、リビング・ダイニングルームからはキッチンを透視することができず、リビング・ダイニングルームを映すことを特徴としている。
【0011】
本願発明は、第3に、衝立は、カウンター部に対し昇降自在とされているかまたは上下に回動自在とされていることを特徴としている。
【0012】
本願発明は、第4に、衝立の配設位置に対応してリビング・ダイニングルーム側に洗面ボウルが設けられていることを特徴としている。
【発明の効果】
【0013】
本願の第1の発明によれば、カウンター部に立設される衝立によって、キッチンをリビング・ダイニングルームから見えないようにすることができる。また、キッチンでの作業時にリビング・ダイニングルーム側に向かって起こりやすい水跳ね等を防止することができる。さらに、衝立は、立設状態においてリビング・ダイニングルーム側がミラーとなっているので、簡易な身支度は化粧室まで行かなくともリビング・ダイニングルームで済ますことができる。衝立は、ミラーも兼務し、多機能となっており、ミラーの取付けのための構造が容易となる。そして、衝立は、必要に応じてカウンター部に立てることができ、不必要時にはしまうことができる。料理の配膳作業等の邪魔になることはない。
【0014】
本願の第2の発明によれば、衝立の構造が簡略化されるとともに、衝立を立設した状態でもキッチンからリビング・ダイニングルームの様子を見ることができ、調理作業をタイミングよく進めることができる。
【0015】
本願の第3の発明によれば、衝立のしまい場所を別途用意する必要がなく、衝立の立設は容易となる。
【0016】
本願の第4の発明によれば、簡易な洗顔、髭剃り等もリビング・ダイニングルームで行うことができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0017】
図1は、本願発明の対面式厨房装置の一実施形態を示した断面図である。
【0018】
図1に示した対面式厨房装置では、キッチン側にシンク1が設けられ、シンク1の背側からリビング・ダイニングルーム側にかけて一段高いカウンター部2が設けられている。カウンター部2は、キッチンとリビング・ダイニングルームとの間に配置され、両者を仕切っている。シンク1にはカラン3が設けられ、カウンター部2には板状の衝立4が立設されている。衝立4は、立設状態においてリビング・ダイニングルーム側がミラーとなっている。衝立4は、また、必要とされるときにカウンター部2に立てることができ、不必要時にはしまっておくことができるようになっている。料理の配膳作業等の邪魔をしないように考慮されている。
【0019】
衝立4をカウンター部2に立てた状態では、キッチンはリビング・ダイニングルームから見えず、隠れる。シンク1での食物や食器等の洗浄等の作業はリビング・ダイニングルームからは見えない。来客時等にキッチンを見せたくない場合に容易にキッチンを隠すことができる。また、衝立4をカウンター部2に立てておくと、シンク1での洗浄作業時に水がリビング・ダイニング側に飛散するのを防止することができる。衝立4が調理機器側まで横に長く延びていれば、調理時の油跳ね等も防止することができる。
【0020】
さらに、衝立4は、立設状態においてリビング・ダイニングルーム側がミラーとなっているので、簡易な身支度は、化粧室まで行かなくともリビング・ダイニングルームで済ますことができる。このように、衝立4は、キッチンを見えなくし、水跳ね等を防止するばかりでなく、ミラーも兼務しており、多機能となっている。ミラーの取付けのための構造が簡略化されている。
【0021】
図1に示した対面式厨房装置では、衝立4の配設位置に対応してリビング・ダイニングルーム側に洗面ボウル5が設けられている。洗面ボウル5は、カウンター部2の下方に配置されており、カラン6を備えている。したがって、図1に示した対面式厨房装置では、身支度ばかりでなく、ミラーを利用して簡易な洗顔、髭剃り等もリビング・ダイニングルームで行うことができる。洗面ボウル5での作業については、キッチン側への水跳ねが懸念されるが、衝立4の存在により水がキッチン側に飛散するのが防止される。図1に示した対面式厨房装置のように洗面ボウル5を設ける場合、給湯・給水配管および排水管の配設等を考慮すると、洗面ボウル5は、図1に示したように、シンク1の対面側に配置するのが好ましい。
【0022】
立設状態においてリビング・ダイニングルーム側がミラーとなっている衝立4は、たとえばハーフミラーとすることができる。ハーフミラーとすることにより、衝立4の構造を簡略化することができ、また、キッチンを見えなくすることと、リビング・ダイニングルームを映すことを容易に実現することができる。ハーフミラーの場合、キッチンからはリビング・ダイニングルームを透視することができる。したがって、キッチンを隠しながらも、キッチンにいて、リビング・ダイニングルームの様子を見ることができ、食事の進行状況に応じて調理作業をタイミングよく進めることなどが可能となる。
【0023】
また、衝立4は、図2に示した対面式厨房装置のように、カウンター部2に対して昇降自在に配設することができる。図2に示した対面式厨房装置では、キッチンを見えなくし、水跳ね等を防止し、また、ミラーを使用可能にする場合には、衝立4を引き上げ、カウンター部2に立設することができる。衝立4は、必要でない時には引き下げ、カウンター部2から上方に突出させずにしまっておくことができる。衝立4の立設と片付けが容易であり、衝立4のしまい場所を別途用意する必要がない。衝立4の昇降は、手動、電動のいずれであってもよく、たとえば、カウンター部2のリビング・ダイニングルーム側にレールを設け、このレールに沿って衝立4を昇降自在とすることができる。
【0024】
なお、図2に示した対面式厨房装置は、図1に示した洗面ボウル5を備えていない。対面式厨房装置への洗面ボウル5の組み込みは任意であり、また、図2には示されていない位置、すなわち、シンク1に対面する位置に必ずしも設けなくてよい。洗面ボウル5を設ける場合には、対面式厨房装置においてリビング・ダイニングルーム側に位置していればよい。洗面ボウル5が、対面式厨房装置のリビング・ダイニングルーム側に位置していると、手洗いなどをリビング・ダイニングルームで簡単に行うことができ、便利である。
【0025】
さらに、衝立4は、図3に示した対面式厨房装置のように、カウンター部2に対して上下に90°回動自在に設けることができる。衝立4は、カウンター部2において天板に相当する位置に配設されている。カウンター部2に立設する場合には、衝立4を上方に90°回動させ、カウンター部2に垂直となるように開け、不要時には、下方に90°回動させ、カウンター部2の天板に一致するように閉じる。このように、衝立4をカウンター部2に上下に回動自在に配設することにより、衝立4を対面式厨房装置にコンパクトに組み込むことができ、立設と片付けを容易に実現し、しまい場所を別途用意する必要がない。衝立4をカウンター部2に対して上下に回動自在に設ける場合、カウンター部2のキッチン側の上端部に回動軸を設け、この回動軸に衝立4を支持させることができる。衝立4の上下の回動は手動、電動のいずれであってもよい。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】本願発明の対面式厨房装置の一実施形態を示した断面図である。
【図2】本出願発明の対面式厨房装置の別の実施形態を示した断面図である。
【図3】本出願発明の対面式厨房装置の別の実施形態を示した断面図である。
【符号の説明】
【0027】
1 シンク
2 カウンター部
3 カラン
4 衝立
5 洗面ボウル
6 カラン




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013