米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電工株式会社

発明の名称 キッチン用キャビネット
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−44173(P2007−44173A)
公開日 平成19年2月22日(2007.2.22)
出願番号 特願2005−230306(P2005−230306)
出願日 平成17年8月9日(2005.8.9)
代理人 【識別番号】100067828
【弁理士】
【氏名又は名称】小谷 悦司
発明者 石田尾 利斉
要約 課題
設置後でもユーザーが使用状況に合わせて引出しのレイアウトを自由に変更することができるキッチン用キャビネットを提供する。

解決手段
キッチン用キャビネット1は、高さが基準高さHの略1倍に設定された第1引出し41および高さが基準高さHの略2倍に設定された第2引出し42と、内部に各引出し41,42を上下に並んだ状態で収納可能なユニット本体43と、各引出し41,42を前後方向に移動可能に保持する桟部材44とを有したユニット4を備えている。ユニット本体43の両内側面には、基準高さHと略同一のピッチaで、桟部材44を前方から挿抜可能なあり溝43fが設けられていて、桟部材44は、これらのあり溝43fに選択的に差し込まれて取り付けられている。
特許請求の範囲
【請求項1】
高さが基準高さの略1倍に設定された第1引出しおよび高さが基準高さの略2倍または略3倍に設定された第2引出しと、前方に開口し、内部に前記各引出しを上下に並んだ状態で収納可能なユニット本体と、このユニット本体の両内側面に取り付けられて、前記各引出しを前後方向に移動可能に保持する桟部材とを有したユニットを備え、
前記ユニット本体の両内側面には、前記基準高さと略同一のピッチで、前記桟部材を前方から挿抜可能な溝が設けられていて、前記桟部材は、これらの溝に選択的に差し込まれて取り付けられていることを特徴とするキッチン用キャビネット。
【請求項2】
前記溝は、あり溝であり、前記桟部材は、前記あり溝に嵌り込み可能なあり部を有していることを特徴とする請求項1に記載のキッチン用キャビネット。
【請求項3】
前記桟部材は、全ての溝に差し込まれていることを特徴とする請求項1または2に記載のキッチン用キャビネット。
【請求項4】
前記第2引出しを保持する桟部材の上方で、かつ、第2引出しの占有領域内に位置する桟部材に、収納部材が前後方向に移動可能に保持されていることを特徴とする請求項3に記載のキッチン用キャビネット。
【請求項5】
前記ユニットは、左右方向に複数並んで設けられており、これらのユニットの少なくとも2つは、幅寸法が略同一に設定されていることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載のキッチン用キャビネット。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、箱型のユニットを備えたキッチン用キャビネットに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、複数の箱型のユニットを横並び(並列)に配置することにより構成されたキッチン用キャビネットが知られている(たとえば、特許文献1参照)。このキッチン用キャビネットでは、各ユニットの上にキッチンカウンターが載置され、このキッチンカウンターにシンクやコンロが設けられている。
【0003】
このような従来のキッチン用キャビネットには、キャビネットを構成するユニットの1つとして、皿や鍋、調味料の容器などを収納するための引出しを上下に複数段備えた引出しユニットが設けられている。これらの引出しは、前方に開口するユニット本体の両内側面に設けたレール部材により、前後方向に移動可能に保持されている。
【特許文献1】特開平11−230号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来のキッチン用キャビネットにおける引出しユニットでは、ユーザーの要望に応じて引出しの大きさ及び配置位置が予め決定され、それに合わせてレール部材が取り付けられていたため、キッチン用キャビネットの設置後にユーザーが引出しのレイアウトを変更するのは困難であった。
【0005】
本発明は、このような事情に鑑み、設置後でもユーザーが使用状況に合わせて引出しのレイアウトを自由に変更することができるキッチン用キャビネットを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
前記課題を解決するために、本発明に係るキッチン用キャビネットは、高さが基準高さの略1倍に設定された第1引出しおよび高さが基準高さの略2倍または略3倍に設定された第2引出しと、前方に開口し、内部に前記各引出しを上下に並んだ状態で収納可能なユニット本体と、このユニット本体の両内側面に取り付けられて、前記各引出しを前後方向に移動可能に保持する桟部材とを有したユニットを備え、前記ユニット本体の両内側面には、前記基準高さと略同一のピッチで、前記桟部材を前方から挿抜可能な溝が設けられていて、前記桟部材は、これらの溝に選択的に差し込まれて取り付けられていることを特徴とするものである。
【0007】
溝の開口側の薄肉部分の強度を大きく確保するために、前記溝は、あり溝であり、前記桟部材は、前記あり溝に嵌り込み可能なあり部を有していることが好ましい。
【0008】
桟部材の取付位置を変更することなく引出しの入れ替えが可能となるようにするために、前記桟部材は、全ての溝に差し込まれていることが好ましい。
【0009】
第2引出しを引出せば、その内部の収納部材の引出しが可能となる2段引き(もくしは3段引き)を実現するために、前記第2引出しを保持する桟部材の上方で、かつ、第2引出しの占有領域内に位置する桟部材に、収納部材が前後方向に移動可能に保持されていることが好ましい。
【0010】
ユニット同士の間で引出しを自由に入れ替えることを可能とするために、前記ユニットは、左右方向に複数並んで設けられており、これらのユニットの少なくとも2つは、幅寸法が略同一に設定されていることが好ましい。
【発明の効果】
【0011】
本発明によれば、ユニット本体の両内側面には、基準高さと略同一のピッチで、桟部材を前方から挿抜可能な溝が設けられているので、ユーザーが溝から桟部材を抜き出して他の溝に差し込むことにより、桟部材の取付位置を簡単に変更することができる。そして、このように桟部材の取付位置を変更することにより、各引出しを上下に入れ替えることが可能となる。すなわち、その時々の使い勝手に合わせて引出しの配置を変更することができ、また引出しの配置変更によってキッチン用キャビネットの外観やデザインを変更することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
以下、本発明を実施するための最良の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。
【0013】
図1に示すように、本発明の一実施形態に係るキッチン用キャビネット1は、左右方向に並んで配置される複数の箱型のユニット2〜6と、これらのユニット2〜6の上に載置されるキッチンカウンター11とを備えている。
【0014】
前記キッチンカウンター11は、平面視で略横長長方形状の形状となっており、右側位置にはシンク12が設けられ、左側位置にはコンロ13が設けられている。
【0015】
前記ユニット2〜6は、シンク12に対応する位置に配置されるシンクユニット2と、コンロ13に対応する位置に配置されるコンロユニット3と、これらのユニット2,3の間に配置される2つの引出しユニット4,5と、コンロユニット3の左側に配置される幅狭の引出しユニット6とからなっている。
【0016】
前記コンロユニット3の前面の上部には、コンロ13のグリル扉や操作部などが設けられた前面を前方に露出させるための開口3aが設けられており、この開口3aにコンロ13の前端部が嵌り込んでコンロ13の前面が各ユニット2〜6の前面と略面一になっている。
【0017】
前記各引出しユニット4〜6は、互いに幅寸法が異なるだけであって、それらの構造は全て同じであるので、代表として引出しユニット4について説明する。
【0018】
引出しユニット4は、高さが基準高さHの略1倍に設定された2つの第1引出し41(引出しユニット5では51、引出しユニット6では61)と、高さが基準高さHの略2倍に設定された1つの第2引出し42(引出しユニット5では52、引出しユニット6では62)とを有しているとともに、前方に開口し、内部に前記各引出し41,42を上下に並んだ状態で収納可能なユニット本体43(引出しユニット5では53、引出しユニット6では63)を有している。
【0019】
ここで、基準高さHとは、引出しユニット4における引出しの占有高さH’を、最小の高さの引出しのみで構成したときに決定される段数(本実施形態では4段)で割ったときの高さのことである。なお、本実施形態では、基準高さHは、キッチンカウンター11の下面からコンロ13の下面までの高さと一致している。
【0020】
前記ユニット本体43は、図2(a)(b)および図3(a)に示すように、略縦長長方形状の2枚の側板43aと、これらの側板43aの後端部同士を下端部を僅かに残した状態で連結する背板43bと、側板43aの下部同士を連結する底板43cと、背板43bと対向する向きで側板43aの前側上端部同士を連結する目隠し板43dとを有している。すなわち、両側板43aの内側面、底板43cの上面、および目隠し板43dの下端面で前方に開口する開口が形成され、両側板43aの内側面、背板43bの前面、および目隠し板43dの後面で上方に開口する開口が形成されている。なお、上方に開口する開口は、キッチンカウンター11で塞がれるようになっている。
【0021】
また、底板43cの下側には、底板43cの前端部から少し後側に控えた位置に側板43a同士の間を塞ぐ塞ぎ板43eが設けられており、両側板43aの前側下端部は、底板43cの下面および塞ぎ板43eの前面に沿って切り取られている。
【0022】
前記両側板43aの内側面には、前記各引出し41,42を前後方向に移動可能に保持する3段の桟部材44が取り付けられている。
【0023】
具体的には、図4および図5(a)に示すように、両側板43aの内側面には、基準高さHと略同一のピッチaで、4段のあり溝43fが設けられている。これらのあり溝43fは、台形の断面形状で前後方向に延在し、側板43aの前端面に開口している。
【0024】
前記桟部材44は、あり溝43fに嵌り込み可能なあり部44aと、あり溝43fからユニット本体43の内側に張り出す受け部44bとを有していて、前方からあり溝43fに差し込み可能となっている。そして、桟部材44は、あり溝43fに選択的に差し込まれることにより、両側板43aの内側面に取り付けられるようになっている。図例では、桟部材44は、1段目、2段目、および4段目のあり溝43fに差し込まれている。
【0025】
なお、桟部材44が差し込まれていない3段目のあり溝43fには、図5(b)で示すような桟部材44のあり部44aのみで構成されたダミー部材46を差し込むようにして、あり溝43fに異物が入り込むのを防止してもよい。
【0026】
また、両側板43aの前端面には、上下方向で全てのあり溝43fに跨る大きさのエンドプレート45がネジ止め固定されるようになっており、このエンドプレート45によって桟部材44の前方への抜け止めが図られている。なお、桟部材44の抜け止め構造は、エンドプレート45に限らず適宜選定可能である。
【0027】
前記第1引出し41は、2枚の側板41bと、これらの側板41bの後端部同士を接続する背板41cと、側板41bおよび背板41cで囲まれる空間の下側を塞ぐ底板41dと、側板41bの前端面および底板41dの前端面が接合され、第1引出し41の前面を構成する化粧板41aとからなっており、化粧板41aの高さ寸法が前記基準高さHの略1倍になっている。そして、両側板41bの外側面には、図3(b)に示すように、前記桟部材44の受け部44bが嵌り込んで係合する摺動溝41eが形成されており、この摺動溝41eに桟部材44の受け部44bが係合することにより、第1引出し41が桟部材44に前後方向に移動可能に保持されるようになる。また、摺動溝41eと桟部材44の受け部44bとの係合状態が解除されるまで第1引出し41を前方に引出せば、第1引出し41をユニット本体43から取り外すことができ、逆に取り外した状態から摺動溝41eの位置と桟部材44の受け部44bの位置とを合致させた状態で第1引出し41をユニット本体43内に押し込めば、再度第1引出し41を桟部材44に保持させることができる。
【0028】
前記第2引出し42は、図示は省略するが、第1引出し41と同様の構造となっており、高さ方向の寸法が異なるだけである。すなわち、第2引出し42は、高さ寸法が基準高さHの略2倍の化粧板42aを有しており、両側板の外側面には桟部材44の受け部44bが嵌り込んで係合する摺動溝が形成されている。ただし、第2引出し42における化粧板42aの下端部から摺動溝までの高さ寸法は、第1引出し41における化粧板41aの下端部から摺動溝41eまでの高さ寸法と略同一に設定されている。また、第2引出し42も、第1引出し41と同様に、ユニット本体43に対して前方から着脱可能となっている。
【0029】
このように、本実施形態では、ユニット本体43の両側板43aの内側面には、基準高さHと略同一のピッチaで4段のあり溝43fが設けられているので、ユーザーがエンドプレート45を取り外した後に、あり溝43fから桟部材44を抜き出して他のあり溝43fに差し込むことにより、桟部材44の取付位置を簡単に変更することができる。そして、このように桟部材44の取付位置を変更することにより、各引出し41,42を上下に入れ替えることが可能となる。
【0030】
例えば、図2(a)(b)に示すような第2引出し42が最下段に配置された状態から、図6(a)(b)に示すように、第2引出し42を最上段に配置変更する場合には、エンドプレート45を取り外した後に、1段目の桟部材44を1段目のあり溝43fから抜き出して、3段目のあり溝43fに差し込めばよい。このようにすれば、1段目の桟部材44で第2引出し42を保持し、2段目および3段目の桟部材44で第1引出し41を保持することが可能になる。あるいは、図7(a)(b)に示すように、第2引出し42を中段に配置変更する場合には、エンドプレート45を取り外した後に、2段目の桟部材44を2段目のあり溝43fから抜き出して、3段目のあり溝43fに差し込めばよい。このようにすれば、2段目の桟部材44で第2引出し42を保持し、1段目および3段目の桟部材44で第1引出し41を保持することが可能になる。
【0031】
前記シンクユニット2は、高さが基準高さHの略1倍に設定された1つの第1引出し21と、高さが基準高さHの略2倍に設定された1つの第2引出し22と、前方に開口し、内部に前記各引出し21,22を上下に並んだ状態で収納可能なユニット本体23とを有している。
【0032】
前記第1引出し21、第2引出し22、およびユニット本体23の構造は、基本的には前記引出しユニット4の第1引出し41、第2引出し42、およびユニット本体43の構造と同様であるが、ユニット本体23の前面の上部には、基準高さHと略同一の高さの固定板25が取り付けられていて、シンク12が存する高さ位置には引出しが配置できないようになっている。また、ユニット本体23の両内側面には、図示は省略するがユニット本体43と同様に、基準高さHと略同一のピッチaで、桟部材44を前方から挿抜可能な3段のあり溝が設けられており、1段目と3段目のあり溝に2段の桟部材44が差し込まれて取り付けられている。
【0033】
前記コンロユニット3は、高さが基準高さHの略1倍に設定された1つの第1引出し31と、高さが基準高さHの略2倍に設定された1つの第2引出し32と、前方に開口し、内部に前記各引出し31,32を上下に並んだ状態で収納可能なユニット本体33とを有している。
【0034】
前記第1引出し31、第2引出し32、およびユニット本体33の構造も、基本的には前記引出しユニット4の第1引出し41、第2引出し42、およびユニット本体43の構造と同様であるが、前述したように1つの第1引出し41に代えてコンロ13が配置されている。また、ユニット本体33の両内側面には、図示は省略するがユニット本体43と同様に、基準高さHと略同一のピッチaで、桟部材44を前方から挿抜可能な3段のあり溝が設けられており、1段目と3段目のあり溝に2段の桟部材44が差し込まれて取り付けられている。
【0035】
このような構成のキッチン用キャビネット1であれば、キッチン用キャビネット1を設置した当初は、図1に示すような引出しのレイアウトであっても、各ユニット2〜6の桟部材44の取付位置を変更することにより、第1引出し21〜61および第2引出し22〜62を上下に入れ替えることが可能となり、これにより、ユーザーがキッチン用キャビネットの外観やデザインを変更することができる。例えば、図8(a)に示すように、各ユニット2〜6の第2引出し22〜62を中段に配置すれば、これらの第2引出し22〜62で構成される太いラインをキッチン用キャビネット1の真中に持ってくることができる。あるいは、図8(b)(c)に示すように、ユーザーがその時々の使い勝手に合わせて引出しの配置を変更することも可能である。
【0036】
また、各ユニット2〜6の第1引出し21〜61のうちの1つの化粧板(引出しユニット4では化粧板41a)を他の引出しの化粧板と異なる色にすることによって、例えば設置当初には1本のラインを呈するようにしておいて、その後に引出しの配置を変更することにより、キッチン用キャビネット1の模様パターンを変更することもできる。
【0037】
さらには、各引出しユニット4〜6は幅寸法が異なるだけであるので、各引出しユニット4〜6のユニット本体を構成する両側板(引出しユニット4では側板43a)は、全てのユニット4〜6で共通化することができ、製造コストを低減することができる。
【0038】
なお、前記実施形態では、各引出しユニット4〜6の幅寸法が異なる形態を示したが、例えば図9(a)に示すように、引出しユニット5の幅寸法が引出しユニット4の幅寸法と略同一に設定されていてもよい。
【0039】
このようにすれば、引出しユニット4,5同士の間で、第1引出し41,51同士または第2引出し42,52同士を入れ替えることが可能であるし、あるいは、引出しユニット4の桟部材44を引出しユニット5に付け替えることにより、図9(b)に示すように、引出しユニット4の2つの第1引出し41と引出しユニット5の1つの第2引出し52とを入れ替えることも可能である。
【0040】
さらには、各ユニット2〜6の第2引出し22〜62の高さは、基準高さHの略3倍に設定されていてもよいし、第1引出し21〜61および第2引出し22〜62の数も適宜選定可能である。
【0041】
また、ユニット本体43の両側板43aの内側面に設けられる溝は、あり溝43fである必要はなく、桟部材44を前方から挿抜可能なものであればよい。例えば桟部材44の断面形状を略L字状として、両側板43aの内側面に断面略L字状の溝を設けてもよい。または、桟部材44の断面形状を横向きT字状として、両側板43aの内側面に断面略T字状の溝を設けてもよい。ただし、このようにした場合には、溝の開口側の薄肉部分の肉厚が薄くなって当該薄肉部分の強度を大きく確保することは難しいが、前記実施形態のようにすれば、溝の開口側の薄肉部分の強度を大きく確保することができる。
【0042】
さらに、前記実施形態では、桟部材44があり溝43fの段数よりも1段少ない段数で設けられていて、桟部材44が選択的にあり溝43fに差し込まれているが、桟部材44をあり溝43fの段数と同じ段数で設けて、全てのあり溝43fに差し込むようにしてもよい。
【0043】
このようにすれば、桟部材44の取付位置を変更することなく引出しの入れ替えが可能となる。
【0044】
さらに全てのあり溝43fに桟部材44を差し込んだ場合には、図10に示すように、第2引出し42を保持する桟部材44の上方で、かつ、第2引出し42の占有領域内に位置する桟部材44、換言すれば、第1引出し41または第2引出し42のどちらも保持していない3段目の桟部材44を利用して、この桟部材44にカゴやトレイなどの収納部材47を載置させてもよい。
【0045】
前記収納部材47は、図11(a)に示すように、平面視および正面視で矩形の容器状であってもよいし、あるいは収納容積をより多く確保するために、図11(b)に示すように、桟部材44に載置可能であるとともに桟部材44の間に入り込む段差形状であってもよい。
【0046】
このように桟部材44に収納部材47を載置することにより、収納部材47を桟部材44に前後方向に移動可能に保持させることができ、引出し41,42を保持していない桟部材44を合理的に利用して、第2引出し42を引出せば、その内部の収納部材47の引出しが可能となる2段引きを実現することができる。
【0047】
なお、第2引出し42の高さが基準高さHの略3倍である場合には、第2引出し42の占有領域内には2段の桟部材44が位置することになるが、どちらの桟部材44に収納部材47を載置させてもよい。または、両方の桟部材44に収納部材47を載置させた場合には、第2引出し42を引出せば、その内部の2段の収納部材47の引出しが可能となる3段引きを実現することができる。
【図面の簡単な説明】
【0048】
【図1】本発明の一実施形態に係るキッチン用キャビネットの正面図である。
【図2】(a)は引出しユニットの正面図、(b)はその側面図である。
【図3】(a)は図2(a)のI−I線断面図、(b)は(a)のII−II線断面図である。
【図4】ユニット本体の側板の側面図である。
【図5】(a)はユニット本体の側板と桟部材の分解斜視図、(b)はダミー部材の斜視図である。
【図6】(a)は第2引出しを最上段に配置したときの引出しユニットの正面図、(b)はその側面図である。
【図7】(a)は第2引出しを中段に配置したときの引出しユニットの正面図、(b)はその側面図である。
【図8】(a)〜(c)は各ユニットの引出しの配置を変更したときのキッチン用キャビネットの正面図である。
【図9】(a)は変形例の実施形態に係るキッチン用キャビネットの正面図、(b)は各ユニットの引出しの配置を変更したときのキッチン用キャビネットの正面図である。
【図10】桟部材に収納部材が保持された状態の引出しユニットの斜視図である。
【図11】(a)は一形態の収納部材が桟部材に保持された状態の正面図、(b)は他の一形態の収納部材が桟部材に保持された状態の正面図である。
【符号の説明】
【0049】
1 キッチン用キャビネット
11 キッチンカウンター
2 シンクユニット
21,31,41,51,61 第1引出し
22,32,42,52,62 第2引出し
23,33,43,53,63 ユニット本体
3 コンロユニット
4〜6 引出しユニット
41b 側板
41e 摺動溝
43a 側板
43f あり溝
44 桟部材
44a あり部
44b 受け部
47 収納部材




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013