米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電工株式会社

発明の名称 対面式厨房装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−29305(P2007−29305A)
公開日 平成19年2月8日(2007.2.8)
出願番号 特願2005−215083(P2005−215083)
出願日 平成17年7月25日(2005.7.25)
代理人 【識別番号】100093230
【弁理士】
【氏名又は名称】西澤 利夫
発明者 佐藤 靖史 / 鈴木 眞人 / 中村 隆宏 / 西崎 喜弘 / 安達 研治
要約 課題
リビング・ダイニングルームにいながら手洗い、花瓶の水の入れ替え等を行うことができ、洗面ボウルを備えていても、洗面ボウルの不使用時には外観を洗面ボウルを備えていない対面式厨房装置とほぼ同様にすることのできる清潔感のある対面式厨房装置を提供すること。

解決手段
キッチンとリビング・ダイニングルームとの境界に設置される対面式厨房装置において、シンク2をキッチン側に、洗面ボウル3をリビング・ダイニングルーム側に備え、洗面ボウルが、対面式厨房装置の本体1に収納可能になっている。
特許請求の範囲
【請求項1】
キッチンとリビング・ダイニングルームとの境界に設置される対面式厨房装置において、シンクをキッチン側に、洗面ボウルをリビング・ダイニングルーム側に備え、洗面ボウルが、対面式厨房装置の本体に収納可能になっていることを特徴とする対面式厨房装置。
【請求項2】
閉時にリビング・ダイニングルーム側の前面部と同一平面上に配置される蓋体に洗面ボウルが一体化され、蓋体の操作により洗面ボウルが使用可能状態、収納状態に切り替わる請求項1記載の対面式厨房装置。
【請求項3】
蓋体が開き戸式になっている請求項2記載の対面式厨房装置。
【請求項4】
蓋体が引き出し式になっている請求項2記載の対面式厨房装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本願発明は、対面式厨房装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
住宅の間取りでは、キッチンとリビング・ダイニングルームを隣接させ、続き間とするのが主流となっている。この場合、キッチンに配設される厨房装置は、キッチンとリビング・ダイニングルームの境界に設置される対面式となっている。
【0003】
対面式厨房装置は、調理、後片付け等のキッチンでの作業を開放感のある空間で行い、会話を交えた和やかな雰囲気で行うのを可能にしている。キッチンでの作業はリビング・ダイニングルームに向かって行うことができ、このため、開放感を味わえ、食器の配膳や後片付けは、対面式厨房装置に備えたカウンターを経由して行うことができる。
【0004】
一方、厨房装置として、シンクと洗面ボウルを横に並設したものを本出願人は提案している(特許文献1)。特許文献1に記載された厨房装置は、間取りに余裕を持たせることができ、配管工事を簡単にすることができるという利点を有している。
【特許文献1】実願昭57−139455号(実開昭59−44349号)のマイクロフィルム
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
厨房装置への洗面ボウルの組み込みは、対面式厨房装置にも要望され始めている。食事前の手洗い、食卓を飾る花の水の入れ替え等をわざわざ洗面所にまで行かなくとも、リビング・ダイニングルームにいながら簡単に済ませることができれば便利である。
【0006】
しかしながら、先に提案した厨房装置は対面式厨房装置でなく、洗面ボウルがシンクの横に並設されているため、手洗い、花瓶の水の入れ替え等をするには、キッチンまで回り込む必要があり、使い勝手が良好でない。また、特許文献1に記載された厨房装置は、洗面ボウルが露出することの不潔感を解消するために、洗面ボウルの上を覆う蓋体を備えているが、開時の蓋体は、対面式厨房装置では往々にして邪魔であり、不使用時に洗面ボウルを隠し、清潔感を持たせるためには、別の方策が望まれる。
【0007】
本願発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、リビング・ダイニングルームにいながら手洗い、花瓶の水の入れ替え等を行うことができ、洗面ボウルを備えていても、洗面ボウルの不使用時には外観を洗面ボウルを備えていない対面式厨房装置とほぼ同様にすることのできる清潔感のある対面式厨房装置を提供することを課題としている。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本願発明は、上記の課題を解決するために、第1には、キッチンとリビング・ダイニングルームとの境界に設置される対面式厨房装置において、シンクをキッチン側に、洗面ボウルをリビング・ダイニングルーム側に備え、洗面ボウルが、対面式厨房装置の本体に収納可能になっていることを特徴としている。
【0009】
本願発明は、第2には、閉時にリビング・ダイニングルーム側の前面部と同一平面上に配置される蓋体に洗面ボウルが一体化され、蓋体の操作により洗面ボウルが使用可能状態、収納状態に切り替わることを特徴としている。
【0010】
本願発明は、第3には、蓋体が開き戸式になっていることを特徴としている。
【0011】
本願発明は、第4には、蓋体が引き出し式になっていることを特徴としている。
【発明の効果】
【0012】
本願の第1の発明によれば、洗面ボウルは、対面式厨房装置のリビング・ダイニングルーム側に配置されているため、食事前の手洗い、花瓶の水の入れ替え等をリビング・ダイニングルームで行うことができ、使い勝手に優れる。また、洗面ボウルは、不使用時には対面式厨房装置の本体に収納することができ、洗面ボウルを設けていながらも、不使用時には、洗面ボウルを設けていない対面式厨房装置とほぼ同様の外観を呈し、清潔感がある。
【0013】
本願の第2の発明によれば、蓋体の開時に洗面ボウルの使用が可能となり、閉時には洗面ボウルは対面式厨房装置の本体に収納される。洗面ボウルの使用状態、収納状態の切り替えは蓋体の操作により切り替えられる。蓋体の開閉は、本体のリビング・ダイニングルーム側の前面部で行うことができ、操作が容易である。蓋体は、閉時には、本体のリビング・ダイニングルーム側の前面部と同一平面上に配置されるため、閉時の対面式厨房装置の外観は良好となる。
【0014】
本願の第3および第4の発明によれば、蓋体の開閉が容易であり、洗面ボウルの使用状態、収納状態の切り替えが容易となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
図1は、本願発明の対面式厨房装置の一実施形態を示した断面図である。
【0016】
対面式厨房装置の本体1には、キッチン側にシンク2が設けられ、リビング・ダイニングルーム側に洗面ボウル3が設けられている。シンク2、洗面ボウル3のそれぞれにカラン4、5が設けられている。カラン5は、洗面ボウル3の底部より立ち上がった立ち上がり壁部6に取り付けられている。
【0017】
本体1には、また、シンク2の奥側からリビング・ダイニングルーム側にかけて一段高くなったカウンター7が設けられている。洗面ボウル3は、カウンター7のほぼ直下に位置している。
【0018】
洗面ボウル3は、下端部において、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8に設けられた回動軸9により軸支され、上下方向90°の回動が可能となっている。下方へ回動させ、洗面ボウル3を本体1に対し直角に配置させると、洗面ボウル3の使用が可能となる。不使用時には、洗面ボウル3を上方に回動させる。本体1には、洗面ボウル3を収納することのできる収納空間が形成されていて、収納空間は、カウンター7の下方に位置している。このため、不使用時には、洗面ボウル3を本体1の内部に収納することができる。
【0019】
また、洗面ボウル3は、蓋体10と一体化されている。蓋体10は、閉時には、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置される。蓋体10は、回動軸9によって上下に回動する開き戸のようになっており、蓋体10を操作することにより、洗面ボウル3を使用可能状態、収納状態に切り替えることができる。
【0020】
以上の通りの対面式厨房装置では、洗面ボウル3が、本体1のリビング・ダイニングルーム側に配置されているため、食事前の手洗い、花瓶の水の入れ替え等をリビング・ダイニングルームで行うことができ、使い勝手に優れている。また、洗面ボウル3は、不使用時には本体1の内部に収納することができ、したがって、洗面ボウル3を設けていながらも、不使用時には洗面ボウル3を設けていない対面式厨房装置と同じ外観を呈し、清潔感がある。
【0021】
さらに、洗面ボウル3は、蓋体10の開時に使用が可能となり、閉時に本体1の内部に収納される。洗面ボウル3の使用可能状態、収納状態の切り替えは、蓋体10の操作によって行うことができる。蓋体10の開閉は、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8で行うことができ、操作は容易である。また、蓋体10は、上下に回動する開き戸式であり、蓋体10の開閉は容易であって、洗面ボウル3の使用状態、収納状態の切り替えが容易である。しかも、蓋体10は、閉時には本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置されるため、閉時の外観は良好である。
【0022】
図2は、本願発明の対面式厨房装置の別の実施形態を示した断面図である。
【0023】
本実施形態において、図1の実施形態で示されたものと同じものには同一の符号を付している。
【0024】
本実施形態では、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8が、カウンター7の直下から下方に、洗面ボウル3の縦幅分の長さでかつ洗面ボウル3の厚み分切り欠かれている。切り欠かれた部分にカラン5が配設されている。洗面ボウル3は、給排水管11の洗面ボウル3に接続された部分を回動の中心として、上下に90°回動することができるようになっている。また、洗面ボウル3は、開き戸式の蓋体10と一体化されていて、蓋体10の上下方向の回動による開閉で使用可能状態、収納状態に切り替えられる。
【0025】
洗面ボウル3を使用する際には、蓋体10を操作し、洗面ボウル3を下方に90°回動させ、本体1に対して直角に配置する。不使用時には、蓋体10を操作し、洗面ボウル3を上方に90°回動させる。洗面ボウル3は、本体1のリビング・ダイニングルーム側の切り欠かれた部分に納まり、カラン5は、洗面ボウル3の内部に収納される。蓋体10は、閉時には本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置される。
【0026】
したがって、本実施形態の対面式厨房装置も、図1に示した対面式厨房装置と同様に、洗面ボウル3が、本体1のリビング・ダイニングルーム側に配置されているため、食事前の手洗い、花瓶の水の入れ替え等をリビング・ダイニングルームで行うことができ、使い勝手に優れている。また、洗面ボウル3は、不使用時には本体1に収納することができ、このため、洗面ボウル3を設けていながらも、不使用時には洗面ボウル3を設けていない対面式厨房装置と同じ外観を呈し、清潔感がある。
【0027】
さらに、洗面ボウル3は、蓋体10の開時に使用が可能となり、閉時に本体1に収納される。洗面ボウル3の使用可能状態、収納状態の切り替えを蓋体10の操作によって行うことができる。蓋体10の開閉は、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8で行うことができ、操作は容易である。また、蓋体10は、上下に回動する開き戸式であり、蓋体10の開閉は容易であって、洗面ボウル3の使用状態、収納状態の切り替えが容易である。しかも、蓋体10は、閉時には本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置されるため、閉時の外観は良好である。
【0028】
加えて、本実施形態の対面式厨房装置では、給排水管11の洗面ボウル3に接続された部分を洗面ボウル3の回動の中心としているため、使用可能状態と収納状態とにおける給排水管11の移動距離を短くすることができ、したがって、水密性を保ちやすく、防水性の面で安全設計が容易となる。
【0029】
図3は、本願発明の対面式厨房装置の一実施形態を示した断面図である。
【0030】
本実施形態において、図2の実施形態で示されたものと同じものには同一の符号を付している。
【0031】
本実施形態では、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8が、上端から下方に洗面ボウル3の厚み分切り欠かれている。カウンター7も、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8が切り欠かれた分、奥行が短くなっている。カラン5は、洗面ボウル3に配設されている。洗面ボウル3は、給排水管11の洗面ボウル3に接続された部分を回動の中心として、上下に90°回動することができるようになっている。また、洗面ボウル3は、開き戸式の蓋体10と一体化されていて、蓋体10の上下方向の回動による開閉で使用可能状態、収納状態に切り替えられる。
【0032】
洗面ボウル3を使用する際には、蓋体10を操作し、洗面ボウル3を下方に90°回動させ、本体1に対して直角に配置する。不使用時には、蓋体10を操作し、洗面ボウル3を上方に90°回動させる。洗面ボウル3は、本体1のリビング・ダイニングルーム側の切り欠かれた部分に収納される。蓋体10は、閉時には本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置される。
【0033】
したがって、本実施形態の対面式厨房装置も、図2に示した対面式厨房装置と同様に、洗面ボウル3が、本体1のリビング・ダイニングルーム側に配置されているため、食事前の手洗い、花瓶の水の入れ替え等をリビング・ダイニングルームで行うことができ、使い勝手に優れている。また、洗面ボウル3は、不使用時には本体1に収納することができ、このため、洗面ボウル3を設けていながらも、不使用時には洗面ボウル3を設けていない対面式厨房装置と同じ外観を呈し、清潔感がある。
【0034】
さらに、洗面ボウル3は、蓋体10の開時に使用が可能となり、閉時には本体1に収納される。洗面ボウル3の使用可能状態、収納状態の切り替えを蓋体10の操作によって行うことができる。蓋体10の開閉は、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8で行うことができ、操作は容易である。また、蓋体10は、上下に回動する開き戸式であり、蓋体10の開閉は容易であって、洗面ボウル3の使用状態、収納状態の切り替えが容易である。しかも、蓋体10は、閉時には本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置されるため、閉時の外観は良好である。
【0035】
さらにまた、給排水管11の洗面ボウル3に接続された部分を洗面ボウル3の回動の中心としているため、使用可能状態と収納状態とにおける給排水管11の移動距離を短くすることができ、したがって、水密性を保ちやすく、防水性の面で安全設計が容易となる。
【0036】
加えて、本実施形態の対面式厨房装置では、カラン5が洗面ボウル3に配設されているため、洗面ボウル3の開口を大きくとる必要がなく、コンパクトな設計が可能となる。
【0037】
図4は、本願発明の対面式厨房装置の別の実施形態を示した要部平面図である。
【0038】
本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と閉時に同一平面上に配置される横開き戸式の蓋体10に、1/4円形状とした洗面ボウル3が一体化され、洗面ボウル3の横90°の回動が可能とされている。カラン5は洗面ボウル3に配設されていて、洗面ボウル3の回動とともに回動するようになっている。洗面ボウル3の回動の中心は、給排水管11となっている。
【0039】
洗面ボウル3を使用する際には、蓋体10を横方向に回動させ、洗面ボウル3およびカラン5を本体1から引き出す。蓋体10の回動角度は90°までの任意の角度とすることができ、必要な分だけ洗面ボウル3を引き出すことができる。
【0040】
不使用時には、蓋体10を、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置されるまで回動させて閉める。洗面ボウル3およびカラン5は、蓋体10の回動にともなって本体1の内部に収納される。
【0041】
したがって、本実施形態の対面式厨房装置も、洗面ボウル3が、本体1のリビング・ダイニングルーム側に配置されているため、食事前の手洗い、花瓶の水の入れ替え等をリビング・ダイニングルームで行うことができ、使い勝手に優れている。また、洗面ボウル3は、不使用時には本体1の内部に収納することができ、このため、洗面ボウル3を設けていながらも、不使用時には洗面ボウル3を設けていない従来の対面式厨房装置と同じ外観を呈し、清潔感がある。
【0042】
さらに、洗面ボウル3は、蓋体10の開時に使用が可能となり、閉時には本体1の内部に収納される。洗面ボウル3の使用可能状態、収納状態の切り替えを蓋体10の操作によって行うことができる。蓋体10の開閉は、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8で行うことができ、操作は容易である。また、蓋体10は、横方向に回動する開き戸式であり、蓋体10の開閉は容易であって、洗面ボウル3の使用状態、収納状態の切り替えが容易である。しかも、蓋体10は、閉時には本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置されるため、閉時の外観は良好である。
【0043】
さらにまた、給排水管11を洗面ボウル3の回動の中心としているため、使用可能状態と収納状態とにおける給排水管11の移動距離を短くすることができ、したがって、水密性を保ちやすく、給排水器具に衝撃がかかりにくく、安全性が高い。
【0044】
加えて、本実施形態の対面式厨房装置では、洗面ボウル3は、必要な分だけ引き出すことが可能である。
【0045】
図5は、本願発明の別の実施形態を示した要部斜視図である。
【0046】
閉時に本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置される蓋体10は、前後方向の引き出し、押し入れが可能になっている。洗面ボウル3は蓋体10と一体化され、蓋体10の前後動にともなって本体1から引き出され、本体1の内部に収納される。シンク2の奥側からリビング・ダイニングルーム側の前面部8にかけて一段高く形成されたカウンター7のほぼ直下の本体1の内部には、洗面ボウル3を収納する収納空間が形成されている。蓋体10の閉時には、洗面ボウル3は収納空間に収納される。
【0047】
カラン5は洗面ボウル3に設けられている。洗面ボウル3の左右の側壁部12にはレール13が設けられ、スムーズな前後動が可能になっている。側壁部12の上端は、蓋体10側に向かって低くなり、傾斜している。この傾斜は、洗面ボウル3の使用時に作業を行いやすくするための配慮からなされたものである。同様の目的で蓋体10は、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8に形成された開口14より高さが低くなっている。蓋体10には、開閉を容易とするために取っ手15が上端部に設けられている。
【0048】
本実施形態の対面式厨房装置も、シンク2がキッチン側に配置され、洗面ボウル3が、本体1のリビング・ダイニングルーム側に配置されているため、食事前の手洗い、花瓶の水の入れ替え等をリビング・ダイニングルームで行うことができ、使い勝手に優れている。また、洗面ボウル3は、不使用時には本体1の内部に収納することができ、このため、洗面ボウル3を設けていながらも、不使用時には洗面ボウル3を設けていない対面式厨房装置とほぼ同様な外観を呈し、清潔感がある。
【0049】
さらに、洗面ボウル3は、蓋体10の開時に使用が可能となり、閉時には本体1の内部に収納される。洗面ボウル3の使用可能状態、収納状態の切り替えを蓋体10の操作によって行うことができる。蓋体10の開閉は、本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8で行うことができ、操作は容易である。蓋体10は、引き出し式であり、蓋体10の開閉は容易である。蓋体10を前後に移動させることで洗面ボウル3の使用状態、収納状態の切り替えができ、切り替えは容易である。また、蓋体10は、閉時には本体1のリビング・ダイニングルーム側の前面部8と同一平面上に配置されるため、閉時の外観は良好である。
【0050】
さらにまた、本実施形態の対面式厨房装置では、図4に示した対面式厨房装置と同様に、洗面ボウル3は、必要な分だけ引き出すことが可能である。加えて、本実施形態の対面式厨房装置には、蓋体10が引き出し式であるため、前述の開き戸式の蓋体10と比べ、洗面ボウル3の面積を大きくとることができるという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0051】
【図1】本願発明の対面式厨房装置の一実施形態を示した断面図である。
【図2】本願発明の対面式厨房装置の別の実施形態を示した断面図である。
【図3】本願発明の対面式厨房装置の別の実施形態を示した断面図である。
【図4】本願発明の対面式厨房装置の別の実施形態を示した要部平面図である。
【図5】本願発明の対面式厨房装置の別の実施形態を示した要部斜視図である。
【符号の説明】
【0052】
1 本体
2 シンク
3 洗面ボウル
4、5 カラン
6 立ち上がり壁部
7 カウンター
8 前面部
9 回動軸
10 蓋体
11 給排水管
12 側壁部
13 レール
14 開口
15 取っ手




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013