Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
炊飯器 - 松下電器産業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 炊飯器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−29212(P2007−29212A)
公開日 平成19年2月8日(2007.2.8)
出願番号 特願2005−213673(P2005−213673)
出願日 平成17年7月25日(2005.7.25)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄
発明者 金澤 成寿 / 福本 明美
要約 課題
うす暗い室内であっても内釜に水がどのくらい入っているのかがわかり、高齢者でも簡単に炊飯作業ができる炊飯器を提供することを目的とする。

解決手段
米と水を入れる内釜7の内側側面の縦方向に、レンズ4を多数並べて構成される水位表示部5を設けたものである。これによって、水の入っているところの境界線がレンズ作用による屈折率の違いによって鮮明に浮かび上がり、今どこに水があるのかがはっきりとわかるようになるものである。したがって、うす暗い室内であっても内釜7に水がどのくらい入っているのかがわかり、高齢者でも簡単に炊飯作業ができる。
特許請求の範囲
【請求項1】
米と水を入れる内釜の内側側面の縦方向に、レンズを多数並べて構成される水位表示部を設けた炊飯器。
【請求項2】
水位表示部は、水に浸かっている部分の色が濃くなるような色合いとした請求項1に記載の炊飯器。
【請求項3】
水位表示部は、それ以外の部分の色合いと異なるようにした請求項1または2に記載の炊飯器。
【請求項4】
水位表示部は、内釜の内側側面の縦方向に複数設けた請求項1〜3のいずれか1項に記載の炊飯器。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、内釜の水位を見やすくした炊飯器に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、炊飯器は、内釜の水位を見やすくするために、内釜に水位線を直接刻印したり、インクにより目盛りを印刷したりするものがあった(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特開平2−36815号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、前記従来の構成では、うす暗い室内では、水位線や目盛りに合わせて水を加える場合、どこまで水が入っているのかが見づらいものであった。特に、高齢者の場合には視力も衰えているために、大変な作業となっていた。
【0004】
本発明は、前記従来の課題を解決するもので、うす暗い室内であっても内釜に水がどのくらい入っているのかがわかり、高齢者でも簡単に炊飯作業ができる炊飯器を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
前記従来の課題を解決するために、本発明の炊飯器は、米と水を入れる内釜の内側側面の縦方向に、レンズを多数並べて構成される水位表示部を設けたものである。
【0006】
これによって、水の入っているところの境界線がレンズ作用による屈折率の違いによって鮮明に浮かび上がり、今どこに水があるのかがはっきりとわかるようになるものである。
【発明の効果】
【0007】
本発明の炊飯器は、うす暗い室内であっても内釜に水がどのくらい入っているのかがわかり、高齢者でも簡単に炊飯作業ができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
第1の発明は、米と水を入れる内釜の内側側面の縦方向に、レンズを多数並べて構成される水位表示部を設けた炊飯器とすることにより、水の入っているところの境界線がレンズ作用による屈折率の違いによって鮮明に浮かび上がり、今どこに水があるのかがはっきりとわかるようになる。よって、何度も水位を確認することなく、高齢者でも簡単に炊飯作業ができる。
【0009】
第2の発明は、特に、第1の発明において、水位表示部は、水に浸かっている部分の色が濃くなるような色合いとしたことにより、よりはっきりと水面の位置がわかるものである。
【0010】
第3の発明は、特に、第1または第2の発明において、水位表示部は、それ以外の部分の色合いと異なるようにしたことにより、鮮明に水位表示部の部分が区別され、水面の位置が明確に見えるようになる。
【0011】
第4の発明は、特に、第1〜第3のいずれか1つの発明において、水位表示部は、内釜の内側側面の縦方向に複数設けたことにより、どの方向から見ても水面の位置を正確に見ることができる。
【0012】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
【0013】
(実施の形態1)
図1、図2は、本発明の実施の形態1における炊飯器を示している。
【0014】
図1に示すように、本実施の形態における炊飯器は、米と水を入れる内釜7の内側側面の縦方向に、レンズ4を多数並べて構成される水位表示部5を設けたものである。また、水位表示部5と平行して、内釜7の内側側面の縦方向には、水位目盛り6が設けられているものである。
【0015】
水位表示部5の詳細は、図2に示すように、内釜基材1の表面に色あるいは図柄の異なったパターンA2およびパターンB3が施され、その上にレンズ4が多数並べて配置された構成となっている。ここで、レンズ4は、円筒状または半円筒状のレンズを有するレンチキュラーレンズとしたが、これに限らずフレネルレンズでも同じ効果が得られるものである。つまり、パターンA2、パターンB3上に形成される凹凸の形状を最適に設計することで同様な効果が得られるものである。
【0016】
以上のように構成された炊飯器において、以下のようにその作用を説明する。
【0017】
炊飯時に、内釜7に米と水を入れた場合、加えられた量に従い水位表示部5と水位目盛り6のところに水位面が示される。このとき、水に浸かった部分と浸からなかった部分では、レンズ4の隙間に水が入り込むことによって、屈折率が変わってくることによって、水に触れていない部分と見えるパターンが変わる(例えば、あらかじめレンズ4の下に描かれていたパターンA2、パターンB3)。このため、水がどの位置まできているのかがはっきりとわかるものである。
【0018】
このように、多数並べたレンズ4の作用により、水の入っているところの境界線が屈折率の違いによって鮮明に浮かび上がり、今どこに水があるのかがはっきりとわかるようになる。よって、何度も水位を確認することなく、高齢者でも簡単に炊飯作業ができる。
【0019】
(実施の形態2)
図3は、本発明の実施の形態2における炊飯器の水位表示部を示している。実施の形態1と同一要素については同一符号を付しその説明を省略する。
【0020】
図に示すように、本実施の形態では、水位表示部5は、水に浸かっている部分の色が濃くなるような色合いとしたものである。すなわち、内釜7に水9が加えられたとき、水に浸かったときの水位表示部8では、水の作用によって屈折率が変わり、下に描かれていたパターンA2、パターンB3の色の濃い部分あるいはダーク調の色調が浮かび上がるようにパターンA2、パターンB3を設計してある。
【0021】
以上のように構成された炊飯器において、内釜7に米と水を加えて炊飯する際に、米の量に合わせた最適な水量を加えるために水位目盛り6に合わせて水を加えられ、水位表示部5にも水に浸かる部分と浸からない部分とに分かれる。このとき、水に浸かった部分では、既述したように、色が濃くなる。したがって、水に浸かっていない水位表示部5の部分と水に浸かったときの水位表示部8の境目がはっきりとなり、どのくらい水が入っているのかが鮮明にわかるものである。
【0022】
このように、水位表示部5は、水に浸かっている部分の色が濃くなるような色合いとしたことにより、よりはっきりと水面の位置がわかるものである。
【0023】
(実施の形態3)
図4は、本発明の実施の形態3における炊飯器の水位表示部を示している。実施の形態1と同一要素については同一符号を付しその説明を省略する。
【0024】
図に示すように、本実施の形態では、水位表示部5は、それ以外の周辺部分、すなわち周辺部分のみ、あるいは内釜内側面10全体の色合いと異なるようにしたものである。
【0025】
以上のように構成された炊飯器において、内釜7に米と水を加えて炊飯する際に、水位は、加えられた量に従い水位面が示される。このとき、内釜内側面10に設けられた水位表示部5にも水9が入り込み他の部分とは違った水の屈折が発生する。つまり、他の平面な内釜内側面10と比べて、水位表示部5のところの水に浸かったときの水位表示部8はコントラスト(陰影)が強調されて見え、更に、水に浸からない水位表示部5と異なる彩色領域が設けられることによって、水面の位置がより明瞭になり、水がどこまで入っているのかが鮮明にわかるものである。
【0026】
このように、水位表示部5は、それ以外の部分の色合いと異なるようにしたことにより、鮮明に水位表示部5の部分が区別され、水面の位置が明確に見えるようになる。
【0027】
(実施の形態4)
図5は、本発明の実施の形態4における炊飯器の内釜を示している。実施の形態1と同一要素については同一符号を付しその説明を省略する。
【0028】
図に示すように、本実施の形態では、水位表示部5は、内釜7の内側側面の縦方向に複数設けたものである。ここでは、水位表示部5を3カ所に設けている。水位表示部5の構成は、実施の形態1〜3に示したいずれの構成であってもよい。
【0029】
このように、水位表示部5を複数設けたことにより、内釜7のどの方向から見ても水位を合わせやすくすることができるものである。
【産業上の利用可能性】
【0030】
以上のように、本発明にかかる炊飯器は、うす暗い室内であっても内釜に水がどのくらい入っているのかがわかり、高齢者でも簡単に炊飯作業ができるので、一般家庭だけでなく業務用の炊飯器にも幅広く使用できるものである。
【図面の簡単な説明】
【0031】
【図1】本発明の実施の形態1における炊飯器の内釜を示す斜視図
【図2】同炊飯器の内釜に設けた水位表示部の要部断面図
【図3】本発明の実施の形態2における炊飯器の水位表示部を示す拡大図
【図4】本発明の実施の形態3における炊飯器の水位表示部を示す拡大図
【図5】本発明の実施の形態4における炊飯器の内釜を示す斜視図
【符号の説明】
【0032】
1 内釜基材
2 パターンA
3 パターンB
4 レンズ
5 水位表示部
6 水位目盛り
7 内釜
8 水に浸かったときの水位表示部
9 水
10 内釜内側面




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013