Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
電気掃除機 - 松下電器産業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 電気掃除機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−6918(P2007−6918A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−187670(P2005−187670)
出願日 平成17年6月28日(2005.6.28)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄
発明者 山本 雅史
要約 課題
安全性および使用性に優れた電気掃除機を提供する。

解決手段
塵埃を吸引するためのファンモーターと、塵埃を吸引する吸込み具に連通し、塵埃を捕集するための集塵室と、前記ファンモーターの動作を制御するための本体スイッチ4と、前記本体スイッチ4を動作させるための可動式のスイッチペダル5とを内蔵した本体1と、前記本体1略上方に設けられた、前記本体1を持ち運ぶためのハンドル部8と、前記スイッチペダル5に設けられ前記ハンドル部8略下部に突出する可動可能なスイッチレバー部9とを備え、前記本体1を持ち運ぶために前記ハンドル部8を握った際、前記スイッチレバー部9も握る構成とした。これにより、前記本体持ち運び時にスイッチレバー部9も握ることになり、スイッチペダル5の動作が抑制され、動作できなくなることから、運搬時の安全性を向上した電気掃除機を提供することができる。
特許請求の範囲
【請求項1】
塵埃を吸引するためのファンモーターと、塵埃を吸引する吸込み具に連通し、塵埃を捕集するための集塵室と、前記ファンモーターの動作を制御するための本体スイッチと、前記本体スイッチを動作させるための可動式のスイッチペダルとを内蔵した本体と、前記本体略上方に設けられた、前記本体を持ち運ぶためのハンドル部と、前記スイッチペダルに設けられ前記ハンドル部略下部に突出する可動可能なスイッチレバー部とを備え、前記本体を持ち運ぶために前記ハンドル部を握った際、前記スイッチレバー部も握る構成とした電気掃除機。
【請求項2】
塵埃を吸引するためのファンモーターと、塵埃を吸引する吸込み具に連通し、塵埃を捕集するための集塵室と、電源コードを巻取り収納するためのコードリールと、前記コードリールの動作を制御するための可動式のコードペダルとを内蔵した本体と、前記本体略上方に設けられた、前記本体を持ち運ぶためのハンドル部と、前記コードペダルに設けられ前記ハンドル部略下部に突出する可動可能なコードレバー部とを備え、前記本体を持ち運ぶために前記ハンドル部を握った際、前記コードレバー部も握る構成とした電気掃除機。
【請求項3】
ペダルまたはハンドル部または本体に、レバーの動作を抑制する、可動可能なストッパーを形成した請求項1または2記載の電気掃除機。
【請求項4】
ハンドル部の略中央部に、スイッチレバー部またはコードレバー部の動作を抑制する、可動可能なストッパーを形成した請求項1または2記載の電気掃除機。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は一般家庭で使用される電気掃除機に関するもので、特に安全性および使用性に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来の電気掃除機を、図11を用いて説明する。
【0003】
図11に示す電気掃除機は、塵埃を吸引するためのファンモーター(図示せず)と、塵埃を吸引する吸込み具に連通し、塵埃を捕集するための集塵室(図示せず)と、前記ファンモーターの動作を制御するための本体スイッチ18と、電源コードを巻取り収納するためのコードリール(図示せず)と、前記コードリールの動作を制御するための可動式のコードペダル20を内蔵した本体21から構成されており、前記本体21を持ち運ぶためのハンドル部22を前記本体21略上部に設けている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特開平8−168457号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら上記従来の電気掃除機の構成では、前記ハンドル部22を持って、前記本体21持ち運ぶ時に前記本体スイッチ18を触ってしまい突然前記本体21が動作し、起動時の回転力により前記ハンドル部22を持っている手にひねり力が加わり、手を痛める危険性があった。また持ち運び時に、前記コードペダル20を押してしまうことにより、意図せずコードが巻き取られてしまい、コード先端の金属部分が手等に当たり、怪我をする危険性があった。
【0005】
本発明は上記課題を解決するもので、低コストで、安全性および使用性に優れた電気掃除機を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために本発明は、塵埃を吸引するためのファンモーターと、塵埃を吸引する吸込み具に連通し、塵埃を捕集するための集塵室と、前記ファンモーターの動作を制御するための本体スイッチと、前記本体スイッチを動作させるための可動式のスイッチペダルとを内蔵した本体と、前記本体略上方に設けられた、前記本体を持ち運ぶためのハンドル部と、前記スイッチペダルに設けられ前記ハンドル部略下部に突出する可動可能なスイッチレバー部とを備え、前記本体を持ち運ぶために前記ハンドル部を握った際、前記スイッチレバー部も握る構成とした。これにより、前記本体持ち運び時に前記ハンドル部を握ることにより、前記ハンドル部下部に突出した前記スイッチレバー部も同時に握ることになるため、前記スイッチペダルの動作が抑制される。すなわち、前記本体を持ち運ぶ際には前記スイッチペダルは動作できなくなることから、運搬時の安全性を向上させることができる。
【発明の効果】
【0007】
本発明は、安全性および使用性に優れた電気掃除機を提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
第1の発明は、塵埃を吸引するためのファンモーターと、塵埃を吸引する吸込み具に連通し、塵埃を捕集するための集塵室と、前記ファンモーターの動作を制御するための本体スイッチと、前記本体スイッチを動作させるための可動式のスイッチペダルとを内蔵した本体と、前記本体略上方に設けられた、前記本体を持ち運ぶためのハンドル部と、前記スイッチペダルに設けられ前記ハンドル部略下部に突出する可動可能なスイッチレバー部とを備え、前記本体を持ち運ぶために前記ハンドル部を握った際、前記スイッチレバー部も握る構成とした。これにより、前記本体持ち運び時に前記ハンドル部を握ることにより、前記ハンドル部下部に突出した前記スイッチレバー部も同時に握ることになり、前記スイッチペダルの動作が抑制される。すなわち、前記本体を持ち運ぶ際には前記スイッチペダルは動作できなくなることから、前記本体持ち運び時に前記スイッチペダルを触ってしまい突然前記本体が動作し、起動時の回転力により前記ハンドル部を持っている手にひねり力が加わることにより手を痛める危険性を防止でき、運搬時の安全性を向上させた電気掃除機を提供することができる。
【0009】
第2の発明は、塵埃を吸引するためのファンモーターと、塵埃を吸引する吸込み具に連通し、塵埃を捕集するための集塵室と、電源コードを巻取り収納するためのコードリールと、前記コードリールの動作を制御するための可動式のコードペダルとを内蔵した本体と、前記本体略上方に設けられた、前記本体を持ち運ぶためのハンドル部と、前記コードペダルに設けられ前記ハンドル部略下部に突出する可動可能なコードレバー部とを備え、前記本体を持ち運ぶために前記ハンドル部を握った際、前記コードレバー部も握る構成とした。これにより、前記本体持ち運び時に前記ハンドル部を握ることにより、前記ハンドル部下部に突出した前記コードレバー部も同時に握ることになるため、前記コードペダルの動作が抑制される。すなわち、前記本体を持ち運ぶ際には前記コードペダルは動作できなくなることから、持ち運び時に前記コードペダルを押してしまうことにより、意図せずコードが巻き取られてしまい、コード先端の金属部分が手等に当たることにより怪我をする危険性を防止でき、運搬時の安全性を向上させた電気掃除機を提供することができる。
【0010】
第3の発明は、ペダルまたはハンドル部または本体に、レバーの動作を抑制させる可動可能なストッパーを形成させた構成のため、子供が前記スイッチペダルを誤って押した際に突然前記本体が動作するといった危険性を防止できる安全性に優れた電気掃除機を提供することができる。
【0011】
第4の発明は、ハンドル部の略中央部に、スイッチレバー部またはコードレバー部の動作を抑制する、可動可能なストッパーを形成したことにより、子供が誤って前記ハンドル部を持ち上げようとした際に、前記ストッパーが邪魔をして前記ハンドル部を持つことを防止でき、安全性に優れた電気掃除機を提供することができる。
【0012】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、本実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
【0013】
(実施の形態1)
本発明の第1の実施の形態について図1〜図4を用いて説明する。
【0014】
図1〜図4において本体1は塵埃を吸引するためのファンモーター2と、塵埃を吸引する吸込み具に連通し、塵埃を捕集するための集塵室3と、前記ファンモーター2の動作を制御するための本体スイッチ4と前記本体スイッチ4を動作させるための可動式のスイッチペダル5と、電源コードを巻取り収納するためのコードリール6と、前記コードリール6の動作を制御するための可動式のコードペダル7を内蔵しており、前記本体1を持ち運ぶためのハンドル部8を前記本体1略上部に備えている。
【0015】
また、前記スイッチペダル5に前記ハンドル部8略下部に突出させた可動可能なスイッチレバー部9および前記コードペダル7に前記ハンドル部8略下部に突出させた可動可能なコードレバー部10を設けている。
【0016】
以上のように構成された電気掃除機について図1〜図4を用いてその動作、作用を説明する。
【0017】
前記本体1持ち運び時に前記ハンドル部8を握ると、前記ハンドル部8下部に突出した前記スイッチレバー部9も同時に握ることになる。そうすると、前記スイッチペダル5が動作できなくなる。すなわち、前記本体1を持ち運ぶ際には前記スイッチペダル5は動作できなくなることから、前記本体1持ち運び時に前記スイッチペダル5を触ってしまい突然前記本体1が動作し、起動時の回転力により前記ハンドル部8を持っている手にひねり力が加わることにより手を痛める危険性を防止できる。
【0018】
また、前記本体1持ち運び時に前記ハンドル部8を握ることにより、前記ハンドル部8下部に突出した前記コードレバー部10も同時に握ることになるため、前記コードペダル7の動作が抑制される。すなわち、前記本体1を持ち運ぶ際には前記コードペダル7は動作できなくなることから、持ち運び時に前記コードペダル7を押してしまうことにより、意図せずコードが巻き取られてしまい、コード先端の金属刃が手等に当たることにより怪我をする危険性を防止できる。
【0019】
以上のように本実施の形態においては、前記本体1を持ち運ぶ際に前記本体スイッチ4や前記コードリール6を動作させることなく安全性に優れた電気掃除機を提供することができる。
【0020】
(実施の形態2)
本発明の第2の実施の形態について図5〜図10を用いて説明する。
【0021】
図5〜図10において本体1は塵埃を吸引するためのファンモーター2と、塵埃を吸引する吸込み具に連通し、塵埃を捕集するための集塵室3と、前記ファンモーター2の動作を制御するための本体スイッチ4と、電源コードを巻取り収納するためのコードリール6と、前記本体スイッチ4を動作させるための可動式のスイッチペダル部11と前記コードリール6の動作を制御するための可動式のコードペダル部12を備えて一体形成したペダル13を内蔵しており、前記本体1を持ち運ぶためのハンドル部8を前記本体1略上部に備えている。
【0022】
また、図7、8において前記ペダル13の下面には軟質部14を施している。
【0023】
また、図9、10において前記ハンドル部8の略中央部の前記本体1上には、可動式のストッパー15を備えている。この前記ストッパー15は表面に突出させることにより前記ペダル13に近接させるようにしている。
【0024】
以上のように構成された電気掃除機について図5〜図10を用いてその動作、作用を説明する。
【0025】
前記本体1持ち運び時に前記ハンドル部8を握ると、前記ハンドル部8下部に位置する前記ペダル13も同時に握ることになる。そうすると、前記スイッチペダル部11と前記コードペダル部12が同時に動作できなくなる。すなわち、前記本体1持ち運び時に前記スイッチペダル部11を触ってしまい突然前記本体1が動作し、起動時の回転力により前記ハンドル部8を持っている手にひねり力が加わることにより手を痛める危険性を防止できる。
【0026】
あわせて、前記本体1持ち運び時に前記コードペダル部12を押してしまうことにより、意図せずコードが巻き取られてしまい、コード先端の金属刃が手等に当たることにより怪我をする危険性を防止できる。
【0027】
また、前記ブレーキペダル部11と前記コードペダル部12を一体化できるのでコスト削減にもつなげることができる。
【0028】
図7、8に示すように、前記ペダル13の下面表面を軟質部14で形成したことにより、前記ハンドル部8を持った際の手への負担を抑えることができる。
【0029】
また、前記ペダル13の表面に滑り止めの加工を施すことにより、前記ペダル13を足で操作した際にも滑ることなく確実に操作させることができるとともに、前記ペダル13下面の表面にも同様の加工を施すことにより、前記ハンドル部8を持った際の滑り止めにもなるため、安全性の向上を図ることができる。
【0030】
図9、10に示すように、前記本体1に前記ペダル13の動作を抑制させる可動可能のストッパー15を形成させることにより、あらかじめ前記ストッパー15を突出させておけば、万が一子供が前記ペダル13を誤って押した際にも前記ストッパー15により前記ペダル13の動作が抑制されているため、突然前記本体1が動作するといった危険性を防止できると。また、前記ストッパー15を前記ハンドル部8の略中央部に設けたことにより、子供が前記ハンドル部8を持ち上げようとした際に、前記ストッパー15が前記ハンドル部8の下の空間に手が入ることを邪魔することにより、前記ハンドル部8を持つことを防止できる。
【0031】
以上のように本実施の形態においては、前記本体1を持ち運ぶ際に前記ペダル13を動作させることなく安全性、使用性そして原価面で優れた電気掃除機を提供することができる。
【産業上の利用可能性】
【0032】
以上のように、本発明にかかる電気掃除機は、使用性、安全性に優れ、さらにコスト低減も図ることのできる極めて有用なものである。
【図面の簡単な説明】
【0033】
【図1】本発明の実施の形態1を示す電気掃除機の平面図
【図2】同電気掃除機の要部断面図
【図3】同電気掃除機の要部断面図
【図4】同電気掃除機の要部断面図
【図5】本発明の実施の形態2を示す電気掃除機の要部断面図
【図6】同電気掃除機の要部断面図
【図7】同電気掃除機の要部断面図
【図8】同電気掃除機の要部断面図
【図9】同電気掃除機の要部断面図
【図10】同電気掃除機の要部断面図
【図11】従来の電気掃除機の斜視図
【符号の説明】
【0034】
1 本体
2 ファンモーター
3 集塵室
4 本体スイッチ
5 スイッチペダル
8 ハンドル部
9 スイッチレバー部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013