米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> ヤンマー株式会社

発明の名称 田植機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−159494(P2007−159494A)
公開日 平成19年6月28日(2007.6.28)
出願番号 特願2005−361034(P2005−361034)
出願日 平成17年12月14日(2005.12.14)
代理人 【識別番号】100080160
【弁理士】
【氏名又は名称】松尾 憲一郎
発明者 加藤 祐一 / 竹田 裕一 / 三宅 康司 / 本田 昌司 / 中島 和芳
要約 課題
必要に応じて整地装置の左右幅を短幅化することができるようにすること。

解決手段
走行部の後方に植付部を昇降自在に連結し、同植付部に整地装置を取り付けると共に、上記整地装置は、左右方向に軸線を向けたロータ回動軸と、同ロータ回動軸の外周に同軸的に取り付けた複数のロータと、左右に隣接するロータ間にてロータ回動軸に連動連結して走行部に設けた原動機部からの動力をロータ回動軸に伝動する伝動ケースとを具備する田植機において、ロータ回動軸は、植付部に支持された固定側回動軸と、同固定側回動軸の少なくとも左右いずれか一側端部に着脱自在に連結した着脱側回動軸とから形成し、同着脱側回動軸に少なくとも一個のロータを取り付けて、同ロータを着脱側回動軸を介して着脱自在となした。
特許請求の範囲
【請求項1】
走行部の後方に植付部を昇降自在に連結し、同植付部に整地装置を取り付けると共に、
上記整地装置は、左右方向に軸線を向けたロータ回動軸と、同ロータ回動軸の外周に同軸的に取り付けた複数のロータと、左右に隣接するロータ間にてロータ回動軸に連動連結して走行部に設けた原動機部からの動力をロータ回動軸に伝動する伝動ケースとを具備する田植機において、
ロータ回動軸は、植付部に支持された固定側回動軸と、同固定側回動軸の少なくとも左右いずれか一側端部に着脱自在に連結した着脱側回動軸とから形成し、同着脱側回動軸に少なくとも一個のロータを取り付けて、同ロータを着脱側回動軸を介して着脱自在となしたことを特徴とする田植機。
【請求項2】
固定側回動軸の外側端部を受ける固定側外側端部受体と、着脱側回動軸の内側端部を受ける着脱側内側端部受体に、相互に軸線方向に突き合う突き合わせ面を形成すると共に、一方の突き合わせ面には嵌合凹部を形成する一方、他方の突き合わせ面には嵌合凸部を形成して、同嵌合凸部と嵌合凹部とを突き合わせて嵌合させるようにしたことを特徴とする請求項1記載の田植機。
【請求項3】
着脱側回動軸の外側端部を受ける着脱側外側端部受体と、着脱側回動軸の内側端部を受ける着脱側内側端部受体とを連結体を介して連結したことを特徴とする請求項2記載の田植機。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、整地装置を具備する田植機に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、田植機の一形態として、走行部の後方に植付部を昇降自在に連結し、同植付部に整地装置を取り付けたものがある(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
そして、上記整地装置は、左右方向に軸線を向けたロータ回動軸と、同ロータ回動軸の外周に同軸的に取り付けた複数のロータと、左右に隣接するロータ間にてロータ回動軸に連動連結して走行部に設けた原動機部からの動力をロータ回動軸に伝動する伝動ケースとを具備している。
【0004】
また、ロータ回動軸は、植付部の左右幅と略同一幅に形成して、同ロータ回動軸の外周に複数のロータを同軸的に取り付けている。
【0005】
このようにして、ロータを回動させながら圃場面を移動させることにより、同ロータにより圃場面を整地(均す)することができるようにしている。
【特許文献1】特開2001−78503号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
ところが、上記した整地装置では、ロータ回動軸を植付部の左右幅と略同一の広幅に形成しているために、田植機を運搬車の荷台に載せて搬送する際の積み卸し作業に整地装置が支障となることがある。
【0007】
また、左右広幅に形成したロータ回動軸の外側端部は、ガタや撓みを生じ易いために、同ロータ回動軸の外側端部に取り付けたロータが正常な整地機能を果たさなくなるという不具合もある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
そこで、本発明では、走行部の後方に植付部を昇降自在に連結し、同植付部に整地装置を取り付けると共に、上記整地装置は、左右方向に軸線を向けたロータ回動軸と、同ロータ回動軸の外周に同軸的に取り付けた複数のロータと、左右に隣接するロータ間にてロータ回動軸に連動連結して走行部に設けた原動機部からの動力をロータ回動軸に伝動する伝動ケースとを具備する田植機において、ロータ回動軸は、植付部に支持された固定側回動軸と、同固定側回動軸の少なくとも左右いずれか一側端部に着脱自在に連結した着脱側回動軸とから形成し、同着脱側回動軸に少なくとも一個のロータを取り付けて、同ロータを着脱側回動軸を介して着脱自在となしたことを特徴とする田植機を提供するものである。
【0009】
また、本発明は、以下の構成にも特徴を有する。
【0010】
(1)固定側回動軸の外側端部を受ける固定側外側端部受体と、着脱側回動軸の内側端部を受ける着脱側内側端部受体に、相互に軸線方向に突き合う突き合わせ面を形成すると共に、一方の突き合わせ面には嵌合凹部を形成する一方、他方の突き合わせ面には嵌合凸部を形成して、同嵌合凸部と嵌合凹部とを突き合わせて嵌合させるようにしたこと。
【0011】
(2)着脱側回動軸の外側端部を受ける着脱側外側端部受体と、着脱側回動軸の内側端部を受ける着脱側内側端部受体とを連結体を介して連結したこと。
【発明の効果】
【0012】
(1)請求項1記載の本発明では、走行部の後方に植付部を昇降自在に連結し、同植付部に整地装置を取り付けると共に、上記整地装置は、左右方向に軸線を向けたロータ回動軸と、同ロータ回動軸の外周に同軸的に取り付けた複数のロータと、左右に隣接するロータ間にてロータ回動軸に連動連結して走行部に設けた原動機部からの動力をロータ回動軸に伝動する伝動ケースとを具備する田植機において、ロータ回動軸は、植付部に支持された固定側回動軸と、同固定側回動軸の少なくとも左右いずれか一側端部に着脱自在に連結した着脱側回動軸とから形成し、同着脱側回動軸に少なくとも一個のロータを取り付けて、同ロータを着脱側回動軸を介して着脱自在となしている。
【0013】
このようにして、少なくとも左右いずれか一側端部のロータを着脱自在となしているため、必要に応じて整地装置の左右幅を短幅化することができる。
【0014】
従って、例えば、田植機を運搬車の荷台に載せて搬送する際には、上記のように一側端部のロータを取り外して整地装置の左右幅を短幅化しておくことにより、積み卸し作業に整地装置が支障とならないようにすることができる。
【0015】
(2)請求項2記載の本発明では、固定側回動軸の外側端部を受ける固定側外側端部受体と、着脱側回動軸の内側端部を受ける着脱側内側端部受体に、相互に軸線方向に突き合う突き合わせ面を形成すると共に、一方の突き合わせ面には嵌合凹部を形成する一方、他方の突き合わせ面には嵌合凸部を形成して、同嵌合凸部と嵌合凹部とを突き合わせて嵌合させるようにしている。
【0016】
このようにして、一方の突き合わせ面に形成した嵌合凹部と、他方突き合わせ面に形成した嵌合凸部とを突き合わせて嵌合させるようにしているため、固定側回動軸の外側端部を受ける固定側外側端部受体に、着脱側回動軸の内側端部を受ける着脱側内側端部受体を、軸線方向に突き合わせるだけで、芯ずれを起こすことなく簡単かつ確実に連結することができる。
【0017】
(3)請求項3記載の本発明では、着脱側回動軸の外側端部を受ける着脱側外側端部受体と、着脱側回動軸の内側端部を受ける着脱側内側端部受体とを連結体を介して連結している。
【0018】
このようにして、連結体を介して連結した着脱側外側端部受体と着脱側内側端部受体とにより、着脱側回動軸を両持ち支持しているため、着脱側回動軸を支持する剛性を向上させることができる。
【0019】
その結果、左右広幅に形成したロータ回動軸において、ガタや撓みを生じ易い外側端部の着脱側回動軸を強固に支持することができて、着脱側回動軸に取り付けたロータの整地機能を良好に確保することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0020】
図1に示すAは、本発明に係る田植機であり、同田植機Aは、走行部1の後方に昇降機構3を介して植付部2を昇降自在に連結し、同植付部2に整地装置4を取り付けている。
【0021】
走行部1は、図1に示すように、機体フレーム10の前部に原動機部11を配設し、同原動機部11の後方に運転部12を配設すると共に、機体フレーム10の前部下方にフロントアクスルケース(図示せず)を介して左右一対の前車輪13,13を取り付ける一方、機体フレーム10の後部にリヤアクスルケース14を介して左右一対の後車輪15,15を取り付けている。16は、運転部12に設けたハンドル、17は、運転部12に設けた運転席である。
【0022】
そして、機体フレーム10には、原動機部11の後下方でかつフロントアクスルケースの上方に位置させてミッション部20を配設しており、同ミッション部20は、原動機部11に伝動ベルト(図示せず)を介して連動連結する一方、フロントアクスルケースに連動連設し、同フロントアクスルケースに伝動シャフト21を介して前記リヤアクスルケース14を連動連結している。
【0023】
このようにして、原動機部11から動力を伝動ベルト→ミッション部20→フロントアクスルケース→伝動シャフト21→リヤアクスルケース14に伝達して、前・後車輪13,13,15,15の四輪駆動が行えるようにしている。
【0024】
植付部2は、図1及び図2に示すように、植付ミッションケース25の前部より上方へ植付フレーム26を立設して、同植付フレーム26に苗載台27を植付ミッションケース25の上方にて左右往復移動自在に取り付け、植付ミッションケース25の後部に設けた植付爪28により苗載台27上に載置した苗マットから苗株を切削して圃場に植え付けるようにしている。29はフロートである。
【0025】
昇降機構3は、図1及び図2に示すように、走行部1の機体フレーム10の後部に設けた立ち上がりフレーム形成体30と、植付部2の植付フレーム26との間に介設しており、トップリンク31とロワリンク32と、同ロワリンク32を昇降させる昇降シリンダ(図示せず)とを具備している。
【0026】
このようにして、昇降シリンダによりロワリンク32とトップリンク31を介して植付部2を昇降させることができるようにしている。
【0027】
整地装置4は、図1〜図3に示すように、植付部2の直前方に配置した整地本体35と、走行部1のリヤアクスルケース14の前壁に取り付けた伝動機構部36と、同伝動機構部36と上記整地本体35との間に介設した整地伝動シャフト37とを具備している。
【0028】
そして、整地本体35は、植付部2の植付フレーム26に取り付けた昇降支持機枠38と、同昇降支持機枠38の下端部間に横架した左・右側ロータ回動軸39,39と、各ロータ回動軸39,39の外周に同軸的に取り付けた複数(本実施の形態では5個づつ)のロータ40と、略中央部において左右に隣接するロータ40,40間にて各ロータ回動軸39,39に連動連結して、走行部1に設けた原動機部11からの動力を各ロータ回動軸39,39に伝動する伝動ケース41とから構成している。
【0029】
ここで、昇降支持機枠38は、植付フレーム26に左右一対の枢支ブラケット42,42を介して左右方向に伸延する回動支軸43を回動自在に横架し、同回動支軸43の左右側部より前方へ向けて左右一対の昇降アーム44,44を突設し、各昇降アーム44,44の先端部に上下方向に伸延するリンク45,45を介して上下方向に伸延する左右一対の摺動ロッド46,46の上端部を連結している。
【0030】
そして、左右一対の摺動ロッド46,46は、植付フレーム26に取り付けた左右一対のガイド体47,47に中途部を上下摺動自在にガイドさせており、下端部にて左・右側ロータ回動軸39,39の各中途部を枢支している。
【0031】
また、回動支軸43の中央部には、前後方向に伸延する昇降操作レバー48の基端部を取り付けている。
【0032】
このようにして、昇降操作レバー48を上下方向に回動操作することにより、左右一対の摺動ロッド46,46を上下方向に摺動させて、左・右側ロータ回動軸39,39に取り付けたロータ40を、圃場面G(図1参照)に接地させた使用位置と、圃場面Gから離隔させた不使用位置との間で昇降させることができるようにしている。
【0033】
左・右側ロータ回動軸39,39は、図4及び図5にも示すように、植付部2に前記昇降支持機枠38を介して支持された固定側回動軸50,50と、各固定側回動軸50,50の外側端部に着脱自在に連結した着脱側回動軸51,51とから形成し、各着脱側回動軸51,51に少なくとも一個のロータ40,40を取り付けて、各ロータ40,40を着脱側回動軸51,51を介して着脱自在となしている。
【0034】
そして、各ロータ回動軸39を形成する固定側回動軸50と着脱側回動軸51は、それぞれ左右方向に伸延する筒状の中空軸50a,51aと、各中空軸50a,51a中の中央部に嵌入した中実軸50b,51bとから形成している。
【0035】
また、固定側回動軸50は、図5に示すように、昇降支持機枠38の一部を形成する摺動ロッド46の下端部に設けた固定側外側端部受体52に外側端部を枢支させており、同固定側外側端部受体52は、摺動ロッド46の下端部に固定側軸受け片53を取り付けて形成している。
【0036】
一方、着脱側回動軸51は、図5に示すように、上記固定側外側端部受体52に着脱自在に取り付けた着脱側内側端部受体54に内側端部を枢支させており、同着脱側内側端部受体54は、着脱側連結片55と、同着脱側連結片55に左右方向に軸線を向けて取り付けた着脱側軸受け片56とから形成している。
【0037】
そして、固定側外側端部受体52と着脱側内側端部受体54に、相互に軸線方向に突き合う突き合わせ面を形成すると共に、一方の突き合わせ面(本実施の形態では摺動ロッド46の下部に形成)46aには嵌合凹部53aを形成する一方、他方の突き合わせ面(本実施の形態では着脱側内側端部受体54に形成)55aには嵌合凸部56aを形成して、同嵌合凸部56aと嵌合凹部53aとを突き合わせて嵌合させるようにしている。57は連結ボルトである。
【0038】
また、着脱側回動軸51の外側端部を受ける着脱側外側端部受体58と、着脱側回動軸51の内側端部を受ける着脱側内側端部受体54とを連結体59を介して連結している。
【0039】
ここで、固定側軸受け片53には、ベアリング60を介して左右方向に伸延する中空内側軸61の外側部を軸支すると共に、同中空内側軸61の内側部を固定側回動軸50の中空軸50a中に嵌入させて連動連結している。
【0040】
そして、着脱側軸受け片56には、ベアリング62を介して左右方向に伸延する中実内側軸63の中途部を軸支すると共に、同中実内側軸63の内側部を前記中空軸50aの外側部中に抜き差し自在に嵌入させて連動連結する一方、着脱側回動軸51の中空軸51aの内側部中に嵌入させて連動連結している。
【0041】
また、着脱側外側端部受体58には、ベアリング64を介して左右方向に伸延する中空内側軸65の外側部を軸支すると共に、同中空内側軸65の内側部を着脱側回動軸51の中空軸51aの外側部に嵌入させて連動連結している。
【0042】
このようにして、左右側端部のロータ40,40を着脱自在となしているため、必要に応じて整地装置4の左右幅を短幅化することができる。
【0043】
従って、例えば、田植機を運搬車の荷台に載せて搬送する際には、上記のように左右側端部のロータ40,40を取り外して整地装置4の左右幅を短幅化しておくことにより、積み卸し作業に整地装置4が支障とならないようにすることができる。
【0044】
しかも、一方の突き合わせ面46aに形成した嵌合凹部53aと、他方突き合わせ面55aに形成した嵌合凸部56aとを突き合わせて嵌合させるようにしているため、固定側回動軸50の外側端部を受ける固定側外側端部受体52に、着脱側回動軸51の内側端部を受ける着脱側内側端部受体54を、軸線方向に突き合わせるだけで、芯ずれを起こすことなく簡単かつ確実に連結することができる。
【0045】
さらには、連結体59を介して連結した着脱側外側端部受体58と着脱側内側端部受体54とにより、着脱側回動軸51を両持ち支持しているため、着脱側回動軸51を支持する剛性を向上させることができる。
【0046】
その結果、左右広幅に形成したロータ回動軸39において、ガタや撓みを生じ易い外側端部の着脱側回動軸51を強固に支持することができて、着脱側回動軸51に取り付けたロータ40の整地機能を良好に確保することができる。
【0047】
ロータ40は、左右方向に伸延して代掻き機能を有する複数(本実施の形態では6枚)のロータ本片70と、これらのロータ本片70を固定側回動軸50ないしは着脱側回動軸51の外周に固定する一対の固定片71,71を複数組(本実施の形態では3組)設けて形成している。
【0048】
しかも、左最外側に位置する一対の固定片71,71と右最外側に位置する一対の固定片71,71は、それぞれロータ本片70の左右側端部よりも一定幅W1,W1だけ内方に位置させて、各固定片71,71とロータ本片70とにより、後述する伝動ケース41の出力軸収容体75の左右側部が嵌入する嵌入用凹部72,72を形成している。73は、固定71,71同士を連結する連結ボルトである。
【0049】
このようにして、固定側回動軸50ないしは着脱側回動軸51の外周に取り付けた複数のロータ本片70を、各回動軸50,51を中心に回動させながら圃場面上を移動させることにより、圃場面を代掻きして整地することができるようにしている。
【0050】
伝動ケース41は、図4及び図6〜図9に示すように、左右方向に軸線を向けた筒状の出力軸収容体75と、同出力軸収容体75の前周面中央部に連通させて前方へ軸線を向けた筒状の入力軸収容体76とからケース本体77を形成している。
【0051】
そして、出力軸収容体75内に、ベアリング79,80を介して左右方向に軸線を向けた伝動出力軸78を回動自在に支持する一方、入力軸収容体76内に、ベアリング82を介して前後方向に軸線を向けた伝動入力軸81を回動自在に支持し、伝動出力軸78の中途部に取り付けた伝動入力ギヤ83に、伝動入力軸81の後端部に取り付けた伝動出力ギヤ84を噛合させている。
【0052】
また、伝動出力軸78の左右側端部は、それぞれ左右に隣接する固定側回動軸50,50の中空軸50a,50aの内側部に嵌入させて連動連結する一方、伝動入力軸81の前端部は、ユニバーサルジョイント85を介して整地伝動シャフト37の後端部に連動連結している。
【0053】
ここで、左右に隣接するロータ40,40の嵌入用凹部72,72内には、出力軸収容体75の左右側端部75a,75aを嵌入させた状態にて、各左右側端部75a,75aと、ロータ本片70の左右側端部70a,70aとを、内外側に一定幅W2,W2だけ重合状態となしており、かかる状態にて出力軸収容体75内に横架した伝動出力軸78と固定側回動軸50,50とは、同一軸線上にて連動連結している。
【0054】
しかも、出力軸収容体75の左右側端部75a,75a内にそれぞれシール材86,86を設けると共に、同シール材86,86はロータ40,40の外側端部に形成した嵌入用凹部72,72内に配置している。
【0055】
このようにして、原動機部11からの動力を伝動機構部36→整地伝動シャフト37→ユニバーサルジョイント85→伝動入力軸81→伝動出力ギヤ84→伝動入力ギヤ83→伝動出力軸78→固定側回動軸50,50→着脱側回動軸51,51に伝達し、各回動軸50,50,51,51の外周に取り付けたロータ40を回動させて整地作業を行うことができるようにしている。
【0056】
この際、出力軸収容体75の左右側端部75a,75aを、左右に隣接するロータ40,40の外側端部に形成した嵌入用凹部72,72内に嵌入させているため、可及的に左右に隣接するロータ40,40の間隔を小さくして、ロータ40,40により整地されない未整地部の左右幅(図4に示す左右に隣接するロータ本片70,70の左右側端部70a,70a同士の間隔W3)を小さくすることができる。しかも、伝動ケース41の伝動機能は良好に確保することができる。
【0057】
さらには、出力軸収容体75の左右側端部75a,75a内に設けたシール材86,86を、ロータ40,40の外側端部に形成した嵌入用凹部72,72内に配置しているため、圃場に浮遊している藁の切れ端等がシール材86,86に巻き付くのを防止することができて、整地装置の整地機能を良好に確保することができる。
【0058】
伝動ケース41の下面には、図6〜図9に示すように、圃場面に浮遊している藁の切れ端等を後下方へ向けて案内する案内面87を形成している。
【0059】
すなわち、案内面87は、三角形状でかつ左右対称に形成した左・右側面87a,87aを具備し、左・右側面87a,87aは、後方へ下り傾斜面でかつ外側方より内側方へ向けて下り傾斜面となした下方膨出面に形成すると共に、左・右側面87a,87aが接合して形成される稜線87bを、後下方へ下り傾斜状の直線となして、左・右側面87a,87aにより圃場面に浮遊している藁の切れ端等を後下方かつ左右側方へ向けて振り分けるようにして案内することができるようにしている。
【0060】
このようにして、伝動ケース41の下面に形成した案内面87により、圃場面に浮遊している藁の切れ端等を後下方へ向けて案内することができるため、同伝動ケース41に藁の切れ端等が引っ掛かるという不具合をなくすことができる。
【0061】
この際、伝動ケース41の案内面87は、藁の切れ端等を後下方へ向けて案内するため、藁の切れ端等を圃場中に深く押し込むこともできる。
【0062】
しかも、伝動ケース41の案内面87を下方膨出面となして、圃場面に浮遊している藁の切れ端等を後下方かつ左右側方へ向けて案内することができるようにしているため、伝動ケース41の左右側方に隣接するロータ40,40により藁の切れ端等を圃場中に押し込むことができると共に、回転するロータ40,40により藁の切れ端等を圃場中に鋤込むことができる。その結果、整地装置4による整地機能を良好に確保することができる。
【0063】
なお、本実施の形態では、伝動ケース41の案内面87に左・右側面87a,87aを具備させているが、圃場面に浮遊している藁の切れ端等を後下方かつ少なくとも左右いずれか一側方へ向けて案内することができれば、左・右側面87a,87aの内のいずれか一面だけで形成することもできる。
【0064】
伝動機構部36は、図1〜図3に示すように、リヤアクスルケース14の前壁に取り付けており、同伝動機構部36の上部には、フロントアクスルケースとリヤアクスルケース14との間に介設した伝動シャフト21の後部を前後方向に貫通させて連動連結し、同伝動シャフト21に連動連結した整地用出力軸88を伝動機構部36の下部より後方へ突出させている。
【0065】
整地伝動シャフト37は、前後方向に伸延する前半部形成シャフト89の後端部と、前後方向に伸延する後半部形成シャフト90の前端部とを、ユニバーサルジョイント91を介して連動連結しており、前半部形成シャフト89は、前記整地用出力軸88の突出端部に前端部を連動連結すると共に、リヤアクスルケース14の下面に取り付けた軸支持片92に中途部を支持させて略水平状態に配置する一方、後半部形成シャフト90は、その後下方に配置した伝動ケース41の伝動入力軸81に、ユニバーサルジョイント85を介して連動連結している。
【図面の簡単な説明】
【0066】
【図1】本発明に係る田植機の側面図。
【図2】同田植機の整地装置の側面説明図。
【図3】同整地装置の平面説明図。
【図4】同整地装置の伝動ケースの一部切欠正面説明図。
【図5】同整地装置の着脱側回動軸の一部切欠正面説明図。
【図6】伝動ケースの側面図。
【図7】同伝動ケースの正面図。
【図8】同伝動ケースの底面図。
【図9】同伝動ケースの下方からの斜視図。
【符号の説明】
【0067】
A 田植機
1 走行部
2 植付部
3 昇降機構
4 整地装置
35 整地本体
36 伝動機構部
37 整地伝動シャフト
38 昇降支持機枠
39 ロータ回動軸
40 ロータ
41 伝動ケース




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013