米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 住友大阪セメント株式会社

発明の名称 生育部材
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−244351(P2007−244351A)
公開日 平成19年9月27日(2007.9.27)
出願番号 特願2006−76221(P2006−76221)
出願日 平成18年3月20日(2006.3.20)
代理人 【識別番号】100085338
【弁理士】
【氏名又は名称】赤澤 一博
発明者 鈴木 裕明 / 久恒 成史
要約 課題
取り扱い性に優れた藻類の藻類増殖部材2を提供する。

解決手段
藻類を生育するための藻類増殖部材本体21を具備する藻類の藻類増殖部材2であって、表面上に藻類の胞子等を付着させる前記藻類増殖部材本体21を、無機フィラーを含有する樹脂にて構成していることを特徴とする。
特許請求の範囲
【請求項1】
藻類を生育するための生育部材本体を具備する藻類の生育部材であって、
表面上に藻類の胞子等を付着させる前記生育部材本体を、無機フィラーを含有する樹脂にて構成していることを特徴とする藻類の生育部材。
【請求項2】
前記生育部材本体を、射出成形により成形することを特徴とする請求項1記載の藻類の生育部材。
【請求項3】
前記生育部材本体が、無機フィラーを50重量%以上含有することを特徴とする請求項1又は2記載の藻類の生育部材。
【請求項4】
前記無機フィラーが、海中に存在する資源に由来する無機フィラーなどの天然に産出される無機フィラーであることを特徴とする請求項1乃至3記載の藻類の生育部材。
【請求項5】
握った状態で操作可能な操作部と、前記生育部材本体を海底に保持する台座に設けたボルトに取り付けるためのナット部とを有し、
前記ナット部と前記ボルト部とを螺合させた状態で前記操作部を操作することにより、前記生育部材本体を前記ボルトに着脱可能に固定する止着具を具備し、
前記止着具を、無機フィラーを含有する樹脂にて構成していることを特徴とする請求項1乃至4記載の藻類の生育部材。
【請求項6】
前記生育部材本体に、当該生育部材本体を水中に吊り下げるための吊下げ具を取り付けるための取付部を設けていることを特徴とする請求項1乃至5記載の藻類の生育部材。
【請求項7】
前記生育部材本体の表面上に突起部を形成し、これら突起部に藻類の胞子等を付着させた種糸を掛け回すことによって、種糸を取り付けるように構成していることを特徴とする請求項1乃至6記載の藻類の生育部材。
【請求項8】
前記生育部材本体の表面において複数の前記突起部を避けた中央部に、当該生育部材本体を水中に吊り下げるための吊下げ具を当該生育部材本体の表面に添接させる添接路を形成していることを特徴とする請求項7記載の藻類の生育部材。
【請求項9】
前記生育部材本体の突起部又は前記止着具に、前記突起部に掛け回された種糸の端部を差し込んで固定する切欠部を形成していることを特徴とする請求項7又は8記載の藻類の生育部材。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、藻場を形成する藻類を生育するための生育部材に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、磯焼けなどにより消失した藻場をより効率よく回復し、あるいは従前は藻場が存在しなかった箇所に新たに藻場を造成して優良な漁場を創出する方策として、主として藻類の生育機能と海底に固定するための台座機能とを分けて考慮し、生育部材と台座部材とを着脱可能に取り付けられるようにしたいわゆる着脱式藻場増殖礁が考えられている。この着脱式藻場増殖礁では、生育部材を用いて生育に適した生育ゾーンで藻類を胞子から初期培養し或いは幼芽から中間培養し、藻類がある程度まで成育すれば藻場を造成すべき造成ゾーンに生育部材を移設して台座部材に取り付けることによって藻場増殖礁を形成するようにしたものである。(特許文献1参照)。
【特許文献1】特許第3532865号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、前記生育部材はコンクリートにて形成されることが多く、量産性等に劣るという不具合がある。例えば、コンクリートの流し込み成形では成形に要する時間はコンクリートの硬化時間に依存するため、通常、1個を製造するために1日程度もかかってしまう。更に、量産に際しては10個から1000個というような相当数の型枠を使用しなくてはならないため、煩雑な製造作業を強いられていた。
【0004】
一方、当該生育部材を、例えば、生育部材をロープ等に括りつけ海中に吊り下げて藻類を胞子から初期培養し、ある程度まで生育するような垂下式中間育成システム等に採用する場合には、当該生育部材がコンクリート製であるがゆえ重く扱いづらかった。
【課題を解決するための手段】
【0005】
そこで、本発明の生育部材は、藻類を生育するための生育部材本体を具備する藻類の生育部材であって、表面上に藻類の胞子等を付着させる前記生育部材本体を、無機フィラーを含有する樹脂にて構成していることを特徴とする。
【0006】
これにより、前記生育部材本体を射出成形等により簡易に製造することが可能となり、また、硬化時間も短くて済むため通常1個につき1分程度で製造することができ量産性を高めることができる。加えて、用意する型枠は、通常1個で済むため作業効率を上げることができる。更に、前記生育部材本体を海中での耐食性に優れ、軽量でありながら機械的強度が高い部材とすることが可能となる。よって、取り扱い性に優れ、例えば垂下式中間育成システム等にも好適に利用することができる。
【0007】
また、具体的には、前記生育部材本体を、射出成形により成形することが望ましい。
【0008】
加えて、環境への負荷を抑えるためには、前記生育部材本体に含有する無機フィラーを50重量%以上とすることや、当該無機フィラーを、天然に産出される無機フィラー、望ましくは、海中に存在する資源に由来する無機フィラーとすることが考えられる。
【0009】
更に、握った状態で操作可能な操作部と、前記生育部材本体を海底に保持する台座に設けたボルトに取り付けるためのナット部とを有し、前記ナット部と前記ボルト部とを螺合させた状態で前記操作部を操作することにより、前記生育部材本体を前記ボルトに着脱可能に固定する止着具を具備することで、台座への取り付け作業を円滑に行うことができると共に、台座への堅強な取付状態を維持することが可能となる。加えて、当該止着具を、無機フィラーを含有する樹脂にて構成することで、止着具も海中での耐食性に優れ、軽量でありながら機械的強度が高い部材とすることができる。
【0010】
また、前記生育部材本体に、当該生育部材本体を水中に吊り下げるための吊下げ具を取り付けるための取付部を設けることで、例えば生育部材本体のみを海中に吊り下げて藻類を胞子から初期培養等し藻類をある程度まで生育するような方法を容易に実現できる。
【0011】
更に、前記生育部材本体の表面上に突起部を形成し、これら突起部に藻類の胞子等を付着させた種糸を掛け回すことによって種糸を取り付けるように構成することで、生育部材本体に藻類が着生し成育すると、藻類は生育部材本体に形成した突起部を抱きかかえるように根を張ることができるため、藻類を安定的に生育部材本体に活着させることが可能となる。
【0012】
加えて、前記生育部材本体の表面において複数の前記突起部を避けた中央部に、当該生育部材本体を水中に吊り下げるための吊下げ具を当該生育部材本体の表面に添接させる添接路を形成することにより、前記吊下げ具が突起部と干渉せず良好な取付状態を実現できるようにしている。
【0013】
更に、突起部に掛け回した種糸を簡単に前記生育部材に固定するためには、前記生育部材本体の突起部又は前記止着具に、前記突起部に掛け回された種糸の端部を差し込んで固定する切欠部を形成することが望ましい。
【発明の効果】
【0014】
以上説明したように、量産性に優れ、製造時の作業効率を向上させた生育部材本体とすることが可能となり、更に、当該生育部材本体を通常の樹脂成形品と比較して環境負荷の小さい部材とすることができる。また、生育部材本体を海中での耐食性に優れ、軽量でありながら機械的強度が高い部材とすることが可能となる。よって、取り扱い性に優れ、例えば垂下式中間育成システム等にも好適に利用することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
以下、本発明の一実施形態を、図面を参照して説明する。
【0016】
本発明の藻類増殖部材2(本発明の「生育部材」に相当する。)を採用した増殖礁Aは、海底に沈設して使用されるものであって、例えば、図1に示すように、アワビ、トコブシ、サザエ、ウニ等の磯根資源を稚体から成体まで成育・増殖させることを主目的とする磯根資源増殖ブロック1(本発明の「台座」に相当する。)と、アラメ、クロメ、カジメ、ホンダワラ等の藻類を生育・増殖させて藻場を形成することを主目的とする藻類増殖部材2と、藻類増殖部材2を磯根資源増殖ブロック1に着脱可能に取り付けるための止着具Xと、海底に接地されてこれら磯根資源増殖ブロック1及び藻類増殖部材2を支持するコンクリートベース3と、磯根資源増殖ブロック1とコンクリートベース3との間に配する中間取付部材4と、磯根資源増殖ブロック1及び藻類増殖部材2を覆うことで覆った内部空間に稚体の成育・増殖に適した磯根資源成育領域及び藻類の生育・増殖に適した藻類生育領域Pを形成する防護ネット装置5と、コンクリートベース3に設けた貫通孔に対して着脱可能な貫通孔用部材6とを具備して成る。以下、各部を具体的に説明する。
【0017】
磯根資源増殖ブロック1は、図1、図2に示すように、平面視ほぼ正方形の平板の下に、下面を上面よりも小さいほぼ正方形状とした正四角錐台を一体に連続させた形状をなすコンクリート製ブロックからなる本体部11を主体としている。そして、その上面に、藻類増殖部材2を取付可能に設定している。なお、当該上面に、さらに他の磯根資源増殖ブロック1を取り付けることもできる。また、この本体部11の下端部には、コンクリートベース3のブロック取付部(図示せず)に挿入するアンカー筋12を下方へ鉛直に突出させて埋設してある。すなわち、このアンカー筋12がブロック取付部内のバネワッシャに引っ掛かる構成により、磯根資源増殖ブロック1が中間取付部材4を介してコンクリートベース3に固定されることとなる。さらに、本体部11の上端部には、隣接する磯根資源増殖ブロック1に向けて突出する半球状の突起13が形成してあり、この突起13により隣接する本体部11同士が直接衝突して欠けたり割れたりすることを防止している。なお、この突起13は、ブロック取付部34に軸着された磯根資源増殖ブロック1が水平方向へ回転することを抑制する機能と、隣接する磯根資源増殖ブロック1の位置決め機能をも有している。また、本体部11の上面には、藻類増殖部材2を着脱可能に取り付けられるようにするために、複数(図示例では4本)のステンレス製のボルト14を起立姿勢で埋設してある。
【0018】
藻類増殖部材2は、図2に示すように、藻類を生育するための藻類増殖部材本体21(本発明の「生育部材本体」に相当する。)と、当該藻類増殖部材本体21に生育した藻類が根を張るための根張部221を有する根張用スペーサ22とを具備し、当該根張用スペーサ22を前記藻類増殖部材本体21と、当該藻類増殖部材本体21を海底Pに保持する重しとしてのアンカー機能を有する磯根資源増殖ブロック1との間に、着脱可能に介在させる構成としている。
【0019】
藻類増殖部材本体21は、上面に砂利の形状を模した浅い凹凸形状を転写した逆勾配を有する凹凸を形成し、アラメ等の海藻B0が根で凹凸を抱え込んで活着しやすいように構成されている円盤型プレートであり、具体的には、図2に示すように、薄板状の基材部211の表面上に複数の突起部212を形成し、これら突起部212にアラメ等の海藻B0の胞子や遊走子、ホンダワラの幼胚等を付着させた種糸Yを掛け回して取り付ける構成を有している。
【0020】
更に、当該藻類増殖部材本体212は、図4に示すように、前記種糸Yを表面に巻き付けた状態で海中に吊り下げて海藻B0を育成する垂下式中間育成システムに適しているため、図5に示すように、その表面上に当該藻類増殖部材本体21を水中に吊り下げるための吊下げ具Hを構成するロープH1を当該藻類増殖部材本体212の表面に添接させる添接路213、214を形成すると共に、当該吊下げ具Hに当該藻類増殖部材本体212を取り付けるための吊下げ具取付部215を設けている。
【0021】
突起部212は、前記基材部211の片面上に凸の形状をなすように部分的に盛り上げた隆起部であり、前記添接路213、214を回避した位置に複数設けている。また、当該突起部212には、図6に示すように、掛け回した種糸Yの端部を差し込んで固定するための第一の切欠部212Aを設けている。
【0022】
当該第一の切欠部212Aは、前記突起部212の基端近傍に設けたものであり、前記突起部212の外周面側から中心に向って突起部212の一部を切り欠いて形成している。そして、開口させた外周面側から前記突起部212に掛け回された種糸Yを当該突起部212の中心に向って差し入れることで当該種糸Yの端部を固定できる構成としている。
【0023】
添接路213、214は、図4に示すように、複数の突起部212を避けた中央部に設けた藻類増殖部材本体21の平面的な表面上の部位であり、藻類増殖部材本体21を吊り下げるロープH1を添接路213、214に添接させて取り付けた状態で海中に吊す際に、そのロープH1を前記表面に沿って幅方向に亘って通過させる。また、本実施の形態においては、藻類増殖部材本体21の中心位置にて直交する第一の添接路213と第二の添接路214とを形成している。
【0024】
吊下げ具取付部215は、前記藻類増殖部材本体21を前記吊下げ具Hに取り付けるための取付部である。本実施の形態においては、前記第一の添接路213と第二の添接路214とが交わる位置、つまり、当該藻類増殖部材本体21の略中央部に厚み方向に貫通する直径2CM程度の貫通孔であり、当該貫通孔に前記ロープH1を通すことで、藻類増殖部材本体21を吊下げ具Hに取り付けられるようにしている。
【0025】
また、当該吊下げ具取付部215は、前記藻類増殖部材本体21を磯根資源増殖ブロック1に取り付けるための取付部としての機能も有している。具体的には、吊下げ具取付部215である貫通孔に磯根資源増殖ブロック1上に設けたボルト14を挿通させた状態で止着具X及び薄肉略リング状を成すゴム製の弾性体(図示せず)を用いて藻類増殖部材本体21を磯根資源増殖ブロック1の上方に着脱可能に固定する。
【0026】
従って本実施形態の場合、当該吊下げ具取付部215を用いてロープH1に藻類増殖部材本体21を吊下げる垂下式中間育成システムを採用し、この藻類増殖部材本体21を、海藻B0が海底でウニ、巻貝、ウミウシ等の植食生物による食害被害に遭いにくくなる大きさ、すなわちフロロタンニン等の苦み成分を分泌できる大きさである目視により海藻B0が3〜10CMとなるまで生長させ、その後当該藻類増殖部材本体21を海中から引き上げて作業船上で当該藻類増殖部材本体21を磯根資源増殖ブロック1のボルト14に根張用スペーサ22を介在させた状態で着脱可能に取り付ける。
【0027】
根張用スペーサ22は、垂下式中間育成システムにて前記藻類増殖部材本体21の上に育成した藻類の根を広げるために必要となる根張部221を確保するために、前記藻類増殖部材本体21と前記磯根資源増殖ブロック1とを離間させる機能を有するものであり、前記藻類増殖部材本体21と同様に、略中央部に厚み方向に貫通する直径2CM程度の貫通孔を形成し、当該貫通孔に前記磯根資源増殖ブロック1上に設けたボルト14を挿通させた状態で止着具Xを用いて前記藻類増殖部材本体21と前記磯根資源増殖ブロック1との間に着脱可能に固定される。また、当該根張用スペーサ22を手で取り扱い得る程度の大きさ及び重量(約1.5KG程度)を有するものとすることで、運搬等の取り扱い、メンテナンスの便を向上するようにしている。
【0028】
詳述すると、当該根張用スペーサ22は、図3、図6に示すように、上下左右対称形状を成すコンクリート製の円柱部材であり、前記藻類増殖部材本体21の下面と略同様の平面形状を有する上面と、当該上面と連続して設けた根張部221を形成する側周面と、当該側周面と連続して設けた下面とを有する。
【0029】
尚、根張用スペーサ22を藻類増殖部材本体21と前記磯根資源増殖ブロック1との間に固定した状態で、当該根張用スペーサ22の上面と前記藻類増殖部材本体21の下面、当該根張用スペーサ22の下面と磯根資源増殖ブロック1の上面とが当接するため、取付性(取り付けた時の座り等)を考慮して前記根張用スペーサ22の上下面及び前記藻類増殖部材本体21の下面、磯根資源増殖ブロック1の上面を平坦面としている。
【0030】
根張部221は、垂下式中間育成システムにて前記藻類増殖部材本体21の上に藻類を育成した後、当該藻類増殖部材本体21に育成した藻類の根を広げて藻類増殖部材2に根付かせるための部位であり、前記藻類増殖部材本体21に設けた藻類の育成面(上面)と段差無く連続するように形成している。
【0031】
止着具Xは、図3に示すように、握った状態で操作可能な操作部X2および前記磯根資源増殖ブロック1に設けたボルト14に取り付けるためのナット部X3を有し、前記ボルト14と前記ナット部X3とを螺合させた状態で前記操作部X2を操作することにより、前記藻類増殖部材本体21及び前記根張用スペーサ22を前記ボルト14に着脱可能に固定するものである。
【0032】
詳述すると、略円板状の台座部X1と、この台座部X1の上面側に設けた操作部X2とを具備するものである。また、図6に示すように、当該操作部X2の基端近傍には、前記藻類増殖部材本体21に掛け回した種糸Yの端部を差し込んで固定するための第二の切欠部X21を設けている。具体的には、前記操作部X2の外周面側から中心に向って操作部X2の一部を切り欠いて形成している。そして、開口させた外周面側から前記突起部212に掛け回された種糸Yを操作部X2の中心に向って差し入れることで当該種糸Yの端部を固定できる構成としている。
【0033】
操作部X2は、台座部X1の略中央部から起立する略円柱状の起立部X23と、この起立部X23を挟み込む位置に設けられ上方に向けて二股に分かれる一対の薄板状の鍔部X22とを具備して成るものであって、操作部X2全体を把持して操作することもできるし、操作部X2の一部(例えば、一方の鍔部X22)を把持して操作することもできる。
【0034】
また、本実施形態では、台座部X1の裏面から起立部X23の略中央高さ位置にかけてナット部X3を形成し、このナット部X3を利用してボルト14に螺着可能にしている。
【0035】
ここで、当該止着具X及び前記藻類増殖部材本体21の材質について詳述する。
【0036】
前記止着具X及び前記藻類増殖部材本体21は、天然に産出される無機フィラーと、総容量に対し一定量以下の樹脂とを含有する。
【0037】
具体的には、前記無機フィラーは通常の樹脂と比較して環境への負荷が小さいため、前記無機フィラーの含有率を、50重量%以上(好ましくは、60重量%以上、より好ましくは、70重量%以上)としている。当該無機フィラーの含有率は、例えば衝撃強度など、得られる成形品に必要な物性を鑑みて判断する。また、当該無機フィラーの粒径は、成形に支障が無い程度、例えば、平均粒径数百μm以下程度であれば良い。
【0038】
更に、当該無機フィラーは天然に産出される無機フィラーであり、特に前記止着具X及び藻類増殖部材本体21は、自然界、更には海中で使用されるため、当該無機フィラーを海中に存在する資源に由来する無機フィラーとすることが望ましい。
【0039】
ここで、天然に産出される無機フィラーとしては、珪石粉末、炭酸カルシウム粉末、石灰石粉末、シラス粉末、骨石粉末、珪藻土粉末、粘土粉末等が考えられる。また、海中に存在する資源に由来する無機フィラーとしては、牡蠣、ホタテ、サザエ、赤貝、つぶ貝、アサリ、しじみ等の貝殻粉末や、サンゴ粉末等が挙げられる。
【0040】
その他、強度向上のための添加物として、弾性率、強度、弾性回復率等の力学特性に優れた短繊維、ウィスカ、フィブリッド等の繊維状のものであり、例えばガラス繊維、炭素繊維、アルミナ繊維、炭化ケイ素繊維、チタン酸カリウムやホウ酸アルミニウム等のウイスカ、ボロン繊維やチタン繊維等の金属繊維、アラミド繊維等の有機繊維、ヤシ、もみがら、ケナフ、麻、木綿、絹や納豆等の天然由来の繊維状物質を止着具X及び前記藻類増殖部材本体21に混在することが考えられる。
【0041】
前記無機フィラーと混合される材料を構成する樹脂は、本実施の形態においては加熱により融解し、冷却すると固化する熱可塑性樹脂を用いる。
【0042】
具体的には、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、シンジオタクチックポリスチレン、ABS樹脂、AES樹脂、ポリアミド、ポリアセタール、ポリエステル、ポリカーボネート、変性ポリフェニレンエーテル、ポリスルホン、ポリアリレート、ポリエーテルイミド、ポリアミドイミド、ポリフェニレンサルファイド、液晶ポリエステル、PEEK、PEN、パラフィンワックス、モンタンワックス、カルナバワックス、脂肪酸エステル、グリセライト、変性ワックス及びシラン変性ポリオレフィン重合体等、公知の熱可塑性樹脂の中から、耐海水性、耐候性、藻類との相性を鑑みて選定した樹脂を使用する。
【0043】
尚、特に好ましいものは、シンジオタクチックポリスチレン、AES樹脂である。
【0044】
前記藻類増殖部材本体21や止着具Xを製造する成形方法としては、射出成形法、押出成形法、加圧成形法等を用いることができるが、これらに限定されるものではなく、公知の成形法を利用することができる。特に射出成形では、量産性に優れ、また製造時の作業が煩雑とならず、更に品質のばらつきが小さい部材を得ることができる。加えて、三次元の任意の形状に精度よく成形できるので、寸法精度の優れた良好な部品を製造することができる。
【0045】
コンクリートベース3は、図1に示すように、海底において当該増殖礁Aを安定設置するためのアンカー機能を有する部材であって、コンクリートにより一体形成されたベース本体31及び三本の支持脚32から構成されるものを基本構成としている。
【0046】
中間取付部材4は、図1に示すように、平面視略矩形状を成す薄板状の基板部41と、この基板部41の上面に突設した4つの隙間調節用突起部42とを具備し、これら各部をコンクリートにより一体に形成したものである。
【0047】
防護ネット装置5は、図1に示すように、コンクリートベース3に立設した柱状部材51と、これら柱状部材51を利用して取り付けられる防護ネット52と、この防護ネット52を柱状部材51に留める留め具53とを具備して成るものである。なお、同図における防護ネット52及び留め具53は作図の都合上一部を省略して図示している。以下、各部をより具体的に説明する。
【0048】
防護ネット52は、可撓性を有する化繊製のものであって、図1に示すように、4つの柱状部材51の上端部間を結んでなる面と略同じ大きさを有する上面網521と、隣接する柱状部材51間にそれぞれ配される計4つの起立網522とを備えてなり、且つ、上面網521の各辺とこれら上面網521の各辺にそれぞれ隣接する起立網522の辺とを連続させた単一のものである。
【0049】
そして、上面網521の網目寸法を、アイゴ、イスズミ、ブダイ等の藻食性魚類が通過できない程度の大きさに設定している。また、起立網522を、上下2段を成すように構成し、下段側の網目寸法を、稚体の通過を妨げ得るとともにヒトデ、タコ等の肉食性海中動物の侵入を防ぎ得る程度に設定する一方、上段側の網目寸法を、下段側の網目寸法よりも拡開させつつ藻食性魚類が通過できない程度の大きさに設定している。さらに、フジツボや貝等の付着物が防護ネット52に付着することを防止するために防護ネット52全体にシリコンを塗布している。
【0050】
また、本実施形態では、留め具53として、いわゆるインシュロックタイプの結束バンドを用いている。そして、この留め具53は、カッターナイフや鋏等刃部を有する道具を用いて切断できるよう、一般的な合成樹脂製のものとしている。
【0051】
貫通孔用部材6は、図1に示すように、剛性のある平面視略矩形状の枠体とこの枠体に周縁部を支持させた化繊製の網部とを備えるものである。そして、当該貫通孔用部材6の網目寸法を、稚体の通過を妨げ得る程度に設定している。また、本実施形態では、フジツボや貝等の付着物が貫通孔用部材6に付着することを防止するために貫通孔用部材6全体にシリコンを塗布している。
【0052】
次に、藻類増殖部材2を磯根資源増殖ブロック1に取り付ける方法について説明する。
【0053】
なお、防護ネット52は、その一部又は全部が柱状部材51から取り外されており、作業者が、藻類増殖部材2及び磯根資源増殖ブロック1に容易にアクセスできるものとして説明を進めることとする。
【0054】
まず、図4に示すように、垂下式中間育成システムにて前記藻類増殖部材本体21の上に藻類を育成した後、当該藻類増殖部材本体21を海中から引き上げて吊下げ具Hから藻類増殖部材本体21を取り外す。そして、図2に示すように、当該藻類増殖部材本体21を磯根資源増殖ブロック1のボルト14に根張用スペーサ22を介在させた状態で貫通させる。
【0055】
その後、当該藻類増殖部材本体21の上から止着具Xをボルト14に嵌め、止着具Xの操作部X2を用いて止着具Xを締まる向きへ回すことで、ボルト14とナット部X3が螺着し、当該藻類増殖部材本体21を磯根資源増殖ブロック1に根張用スペーサ22を介在させた状態で固定することができる。
【0056】
以上のような藻類増殖部材2の構成を実現することにより、前記藻類増殖部材本体21を射出成形等により簡易に製造することが可能となり、また、硬化時間も短くて済むため通常1個につき1分程度で製造することができ量産性を高めることができる。加えて、用意する型枠は、通常1個で済むため作業効率を上げることができる。更に、前記藻類増殖部材本体21を海中での耐食性に優れ、軽量でありながら機械的強度が高い部材とすることが可能となる。よって、取り扱い性に優れ、例えば垂下式中間育成システム等にも好適に利用することができる。
【0057】
加えて、前記藻類増殖部材本体21に含有する無機フィラーを50重量%以上とし、更に、当該無機フィラーを、海中に存在する資源に由来する無機フィラーとしていることで、環境への負荷を抑えることができる。
【0058】
更に、握った状態で操作可能な操作部X2と、前記藻類増殖部材本体21を海底に保持する磯根資源増殖ブロック1に設けたボルトに取り付けるためのナット部X3とを有し、前記ナット部X3と前記ボルト部とを螺合させた状態で前記操作部X2を操作することにより、前記藻類増殖部材本体21を前記ボルトに着脱可能に固定する止着具Xを具備することで、磯根資源増殖ブロック1への取り付け作業を円滑に行うことができると共に、磯根資源増殖ブロック1への堅強な取付状態を維持することが可能となる。加えて、当該止着具Xを、無機フィラーを含有する樹脂にて構成しているため、止着具Xも海中での耐食性に優れ、軽量でありながら機械的強度が高い部材とすることができる。
【0059】
加えて、前記藻類増殖部材本体21に、当該藻類増殖部材本体21を水中に吊り下げるための吊下げ具Hを取り付けるための吊下げ具取付部215を設けることで、例えば藻類増殖部材本体21のみを海中に吊り下げて藻類を胞子から初期培養等し藻類をある程度まで生育するような方法を容易に実現できる。
【0060】
また、前記藻類増殖部材本体21の表面上に突起部212を形成し、これら突起部212に藻類の胞子等を付着させた種糸Yを掛け回すことによって種糸Yを取り付けるように構成することで、藻類増殖部材本体21に藻類が着生し成育すると、藻類は藻類増殖部材本体21に形成した突起部212を抱きかかえるように根を張ることができるため、藻類を安定的に藻類増殖部材本体21に活着させることが可能となる。
【0061】
加えて、前記藻類増殖部材本体21の表面において複数の前記突起部212を避けた中央部に、当該藻類増殖部材本体21を水中に吊り下げるための吊下げ具Hを当該藻類増殖部材本体21の表面に添接させる添接路213,214を形成することにより、前記吊下げ具Hが突起部212と干渉せず良好な取付状態を実現できるようにしている。
【0062】
更に、前記藻類増殖部材本体21の突起部212又は前記止着具Xに、前記突起部212に掛け回された種糸Yの端部を差し込んで固定する切欠部212A、X21を形成しているため、突起部212に掛け回した種糸Yを簡単に前記藻類増殖部材2に固定することができる。
【0063】
なお、本発明は上記したこれらの実施形態に限られるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で種々変形が可能である。
【0064】
例えば、本実施の形態においては、台座として磯根資源増殖ブロック1を利用しているが、その他、海中に存在する岩などを台座として利用しても良い。
【0065】
また、図7に示すように、前記藻類増殖部材本体21が、前記根張用スペーサ22に対して位置ずれすることを防止する位置ずれ防止手段23を設けることも考えられる。
【0066】
具体的には、前記位置ずれ防止手段23は、前記根張用スペーサ22に設けた凹部231に、前記藻類増殖部材本体21を嵌合することで、当該藻類増殖部材本体21が根張用スペーサ22に対して位置ずれすることを防止する。尚、他の構成については前記実施形態と同様であり、また図7及び以下に示す図8において、前記実施形態と同様構成には前記実施形態と同じ符号を付している。
【0067】
前記凹部231は、前記根張用スペーサ22の上面(前記藻類増殖部材本体21との当接面)を、前記藻類増殖部材本体21の体積分凹ませたものであり、その深さを前記藻類増殖部材本体21の厚みと略同一とすると共に、その平面視開口形状を前記藻類増殖部材本体21の平面視形状と略同一としている。
【0068】
したがって、前記根張用スペーサ22に前記藻類増殖部材本体21を嵌め合わせた状態で、前記根張用スペーサ22の上面と前記藻類増殖部材本体21の上面とは略面一になると共に、前記根張用スペーサ22の凹部231内周面と前記藻類増殖部材本体21の外周面とが当接して両者間の位置ずれ、つまり、水平方向への位置ずれを防止することができる。
【0069】
よって、前記根張用スペーサ22を前記藻類増殖部材本体21と前記磯根資源増殖ブロック1との間に介在させ、前記根張用スペーサ22の根張部221まで張り巡らせた前記藻類増殖部材本体21の上に生育した藻類BOの根を、例えば、前記藻類増殖部材本体21等の着脱の際に切ってしまう恐れがない。
【0070】
更に、上述の通り、前記根張用スペーサ22に設けた凹部231に前記藻類増殖部材本体21を嵌合することで当該藻類増殖部材本体21が根張用スペーサ22に対して位置ずれすることを防止しているため、当該位置ずれ防止手段23を簡易な構成とすることが可能となる。
【0071】
また、図8に示すように、第二位置ずれ防止手段24として、前記根張用スペーサ22に凸部241を設け、前記藻類増殖部材本体21に前記凸部241を嵌め合わせる開孔242を設けることで、より強固に位置ずれを防止することができる。
【0072】
具体的には、前記根張用スペーサ22の凹部231の底面に上方に向けて突出する円柱状の凸部241を一対設け、前記藻類増殖部材本体21に前記凸部241の直径と略同様の直径を有する一対の開孔242を設ける。
【0073】
尚、図8に記載する実施形態においては、当該第二位置ずれ防止手段24と、前記根張用スペーサ22に設けた凹部231に前記藻類増殖部材本体21を嵌合する第一位置ずれ防止手段23とを有しているが、勿論、当該第二位置ずれ防止手段23のみを有する構成としても良い。
【0074】
更には、上記第一位置ずれ防止手段23や第二位置ずれ防止手段24の構成に拘らず、他の構成により前記根張用スペーサ22と前記藻類増殖部材本体21とを凹凸係合させて両者の位置ずれを防止する位置ずれ防止手段とすることも考えられる。
【0075】
加えて、上記第一位置ずれ防止手段23や第二位置ずれ防止手段24においては、水平方向の位置ずれを防止する構成としているが、垂直方向の位置ずれを防止する構成としても良い。
【図面の簡単な説明】
【0076】
【図1】本発明の一実施形態に係る増殖礁を示す斜視図。
【図2】同実施形態における止着具及び藻類増殖部材等の取付関係を示す斜視図。
【図3】同実施形態における藻類増殖部材を磯根資源増殖ブロックに取り付けた状態を示す斜視図。
【図4】同実施形態における藻類増殖部材の取り扱い方法を示す模式図。
【図5】同実施形態における止着具及び藻類増殖部材の平面図。
【図6】同実施形態における止着具及び藻類増殖部材の断面図。
【図7】他の実施形態における止着具及び藻類増殖部材の斜視図(a)及び断面図(b)。
【図8】他の実施形態における止着具及び藻類増殖部材の斜視図(a)及び断面図(b)。
【符号の説明】
【0077】
B0・・・藻類(海藻)
H・・・吊下げ具
X・・・止着具
X2・・・操作部
X3・・・ナット部
X21・・・切欠部(第二の切欠部)
Y・・・種糸
1・・・台座(磯根資源増殖ブロック)
2・・・生育部材(藻類増殖部材)
14・・・ボルト
21・・・生育部材本体(藻類増殖部材本体)
212・・・突起部
212A・・・切欠部(第一の切欠部)
213・・・添接路(第一の添接路)
214・・・添接路(第二の添接路)
215・・・取付部(吊下げ具取付部)




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013