米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> ダイワ精工株式会社

発明の名称 魚釣用リール
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−117096(P2007−117096A)
公開日 平成19年5月17日(2007.5.17)
出願番号 特願2007−30725(P2007−30725)
出願日 平成19年2月9日(2007.2.9)
代理人 【識別番号】100097559
【弁理士】
【氏名又は名称】水野 浩司
発明者 大石 晴通
要約 課題
実釣時において、ルアーアクションを支障無く行える魚釣用リールを提供することを目的とする。

解決手段
本発明は、リール本体に回転自在に支持したスプールを、フリー状態のクラッチOFFと巻取り状態のクラッチONに切換えるクラッチ機構17を備え、リール本体の側部に設けたハンドルの回転操作でスプールを回転駆動してスプールに釣糸を巻回する魚釣用リールにおいて、ハンドルの回転操作で連動回転する回転体に、一方向クラッチ50を介して釣糸巻取り用の補助操作部材の操作部40bを設け、クラッチ機構17でフリー状態のクラッチOFFにあるスプールを、操作部40bを操作することで一方向クラッチ50を介して巻取り状態のクラッチONに切換えると共に、引き続いてスプールに釣糸を補助的に巻回可能としたことを特徴とする。
特許請求の範囲
【請求項1】
リール本体に回転自在に支持したスプールを、フリー状態のクラッチOFFと巻取り状態のクラッチONに切換えるクラッチ機構を備え、前記リール本体の側部に設けたハンドルの回転操作で前記スプールを回転駆動して該スプールに釣糸を巻回する魚釣用リールにおいて、
前記ハンドルの回転操作で連動回転する回転体に、一方向クラッチを介して釣糸巻取り用の補助操作部材を設け、前記クラッチ機構でフリー状態のクラッチOFFにあるスプールを、前記補助操作部材を操作することで前記一方向クラッチを介して巻取り状態のクラッチONに切換えると共に、引き続いてスプールに釣糸を補助的に巻回可能としたことを特徴とする魚釣用リール。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、リール本体の側板間に釣糸が巻回されるスプールを回転自在に支持した魚釣用リールに関し、特に、ルアーフィッシングに適した魚釣用リールに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、釣法の一つとして、ルアーと称される疑似餌にアクションを与えて魚を釣るルアーフィッシングが知られており、例えば、特許文献1や特許文献2に開示されているような構成の魚釣用リールが使用されている。このルアーフィッシングにおいて、通常、魚は一定のスピードと動きをするものにあまり興味を示さない習性があることから、ロッド及びリールの操作によってルアーを止めたり、動かしたりする等のアクションを与えることが行なわれている。
【0003】
この場合の操作の一つとして、キャスト後にロッドを引き上げてルアーにアクションを与え、その引き上げた分の釣糸を、ロッドを下げながら糸ふけが生じないようにハンドルを回転操作してスプールに巻回することがある。そして、釣人は、この一連のルアーアクション(仕掛けの巻取り誘導操作)を、釣場の状況に応じて何回も繰り返し行い、魚のヒッティングを待つことになる。
【特許文献1】特開平5−103568号公報
【特許文献2】特開平11−42032号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、上記した構成の魚釣用リールでルアーフィッシングを行う場合、釣人は、上記したルアーアクション操作を、リールを握持保持した手によるロッド操作と、反対側の手による巻取り回転操作とを使い分けて行わなければならず、キャスティング操作後のロッドを操作する腕が伸びきっている状態や、ハンドルが下側に向いている状態(手首の関係上、ロッドと共に保持しているハンドルは下側を向き易い)では、他方の手が不自然な位置となって、容易かつ微妙なハンドル回転操作、すなわち巻取り操作が行えない、という不具合がある。
【0005】
また、釣場の障害物やハンドル側の手で物を持っている場合、或いは片方の手で釣竿を支え、他方の手で魚を取り込むための手網を持っている場合等、手がふさがってしまい、ハンドル側の手で巻取り操作ができない状況が発生することもある。
【0006】
本発明は、上記したような問題に基づいてなされたものであり、実釣時において、ルアーアクション操作を支障無く行える魚釣用リールを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記した目的を達成するために、本発明に係る魚釣用リールは、リール本体に回転自在に支持したスプールを、フリー状態のクラッチOFFと巻取り状態のクラッチONに切換えるクラッチ機構を備え、前記リール本体の側部に設けたハンドルの回転操作で前記スプールを回転駆動して該スプールに釣糸を巻回する構成において、前記ハンドルの回転操作で連動回転する回転体に、一方向クラッチを介して釣糸巻取り用の補助操作部材を設け、前記クラッチ機構でフリー状態のクラッチOFFにあるスプールを、前記補助操作部材を操作することで前記一方向クラッチを介して巻取り状態のクラッチONに切換えると共に、引き続いてスプールに釣糸を補助的に巻回可能としたことを特徴とする。
【0008】
上記した構成の魚釣用リールによれば、キャスティング操作を行った後、釣竿を握持保持している側の手の指で補助操作部材を操作することにより、そのままスプールの巻取り操作が行えるようになる。すなわち、通常、キャスティング操作に際しては、クラッチ機構をスプールフリー状態(クラッチOFF)に切換えた後、仕掛けをキャスティングするが、仕掛け投擲後、そのまま釣竿と共にリール本体を握持保持している手の指で操作部材を操作すると、一方向クラッチを介して、そのままハンドル軸が回転することによって、クラッチ機構はスプールフリー状態(クラッチOFF)から巻取り状態(クラッチON)に切換えられ、かつ、そのまま連続してスプールの微妙な巻取り操作(巻取り補助操作)が行えるようになる。この際、手を持ち替える必要は無く、一方の手(左手)のままでクラッチOFFからクラッチONへの切換えができ、かつ引き続いて補助巻取り操作が行えると共に、素早くハンドルによる巻取り操作に移行することができる。
【0009】
上記した補助操作部材の操作は、釣竿を操作する腕の伸縮状態や、その腕の手首の状態に何等影響を受けることなく、釣竿を握持保持している側の手の指による操作で、クラッチONへの切換操作、及び引き続いて容易かつ微妙な釣糸の巻取り操作が行えるようになる。さらに、ハンドルの回転操作で連動回転する回転体には、一方向クラッチが介在されていることから、ハンドルを巻取り操作した際の駆動力が補助操作部材に伝達されることはなく、ハンドルの巻取り操作時に補助操作部材が駆動されることもない。
【発明の効果】
【0010】
本発明の魚釣用リールによれば、釣竿を保持した手の指で補助操作部材を移動操作することで、リールを安定して保持した状態を維持しながら、ルアーアクション操作を迅速かつ容易に行えるようになる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
以下、本発明に係る魚釣用リールの実施形態について、添付図面を参照して具体的に説明する。
図1〜図8は、本発明に係る魚釣用リールの一実施形態を示す図であり、図1は平面図、図2は補助操作部材の支持部の構成を示す部分断面平面図、図3は図2の主要部の拡大図、図4は補助操作部材の平面図、図5は側板を外してハンドル側から見た側面図、図6は図1のA−A線に沿った断面図、図7は一方向クラッチの拡大図、そして、図8は補助操作部材の構成を示す断面図である。
【0012】
本実施形態の魚釣用リールのリール本体1は、左右フレーム2a,2bと、各フレームに対し、所定の空間をもって装着される左右側板3a,3bとを備えており、一方の側板側(本実施形態では右側板3b側)には、ハンドル5を装着したハンドル軸6が回転可能に支持されている。
【0013】
左右側板3a,3b間には、釣糸が巻回されるスプール7が取り付けられたスプール軸8が回転可能に支持されており、スプール7は、前記ハンドル軸6に取り付けられている駆動歯車10及びスプール軸8に継脱可能に支持されているピニオン12を具備した巻取り駆動機構13を介して、ハンドル5の回転操作によって回転駆動されるように構成されている。また、左右側板3a,3b間には、スプール軸8よりも前方側で、かつ上方側に、リール本体を握り込んだ際、親指が載置できるように指当て部材(サムレスト)15が配置されている。
【0014】
前記ハンドル軸6には、スプール7に対する制動力を調節する公知のドラグ機構を操作するためのドラグ調節体16が設けられており、このドラグ調節体16を回転操作することにより、釣糸繰出時のスプール回転に所望の制動力が付与されるようになっている。また、前記ピニオン12には、公知のクラッチ機構17が係合しており、スプール後方のクラッチレバー18を押し下げることでスプール軸との継合を解除してクラッチOFF(スプールフリー状態)とし、ハンドル5を巻取り操作することで、クラッチOFFからクラッチON(スプール回転状態)に自動復帰できるようになっている。
【0015】
前記巻取り駆動機構13には、歯車伝達機構20が連結されており、後述する補助操作部材を操作することで、歯車伝達機構20を介してスプールを補助的に巻取り操作できるように構成されている。本実施形態における歯車伝達機構20は、前記駆動歯車10と隣接するようにハンドル軸6に取り付けられた歯車21と、この歯車21に噛合すると共にスプール7に釣糸を平行に巻回するよう左右に往復動する公知のレベルワインド装置30を構成する駆動軸31の端部に取り付けられた歯車22と、右フレーム2bに一体回転可能に併設支持された歯車23,24とを備えている。なお、前記歯車22は、併設された歯車の内、ハンドル側の歯車23に噛合している。
【0016】
前記左右側板3a,3b間には、補助操作部材40が回動可能に支持されている。この補助操作部材40は、左右フレーム2a,2b間に、軸受を介して回転可能に支持された駆動軸41を囲繞するように配設される基部40aと、この基部40aから軸方向に亘って径方向に突出する操作部40bとを備えており、基部40aにピン42を嵌め込むことで駆動軸41に固定されている。なお、補助操作部材40の基部には、左フレーム2aとの間で付勢バネ43が設けられており、操作部40bは、常時前方側に回動する方向に付勢されている。この場合、操作部40bは、通常状態において、図5及び図6に示すように、後方側斜め上方に向けて突出するように配置、構成しておくことが好ましい。
【0017】
前記補助操作部材40は、その操作部40bが釣竿を保持した手の指で操作可能な位置、例えば、本実施形態のように、左右側板3a,3b間に回動可能に支持されていれば良いが、このような配置個所とした場合、上記した指当て部材15の後方側において回動可能に支持しておくことが好ましい。補助操作部材40をこのような位置に配置しておくことにより、リール本体を握り込んだ際に指当て部材15に親指を載置すると、そのまま親指の腹部で倒伏操作を行うことが可能となる。
【0018】
また、操作部40bは、基部40aより先端部が先細状となるように形成されている。この場合、先細状とは、基部から先端部にかけて、幅形状、厚み形状の内、いずれか一方が先細となるように形成されていれば良いが、糸絡みを効果的に防止でき、かつ操作性の向上が図れるように、両者が共に先細となるように形成されているのが好ましい。本実施形態における操作部40bは、幅形状、及び厚み形状が、共に基部から先端部に移行するにつれて、略直線状に先細となるように形成されている。また、本実施形態における基部40aは、左右フレーム間において、指当て部材15の後端縁の略全体と重なる程度の幅広に形成されている。
【0019】
前記駆動軸41は、右フレーム2bからハンドル側に突出しており、その突出端には、前記歯車24と噛合する歯車45が取り付けられている。そして、この歯車45と前記駆動軸41との間には、一方向クラッチ50が介在されている。一方向クラッチ50は、右側板側に設けられた一方向クラッチ収容部51内に収容されており、歯車45に嵌合される外輪52と、複数のコロ53及びこれを保持する保持器54とを備えており、各コロ53は、図7に示すように、保持器54との間に介在されたバネ部材55の付勢力によって外輪52の楔領域に付勢されている。
【0020】
このような構成の一方向クラッチ50によれば、補助操作部材40の操作部40bを付勢バネ43の付勢力に抗して後方に回動(倒伏)操作すると、駆動軸41は、図7において反時計回りに回転されることから、各コロ53が楔領域に押し付けられて、その回転は、そのまま歯車45に伝達される。そして、この歯車45の回転は、上記した歯車伝達機構20を介して巻取り駆動機構13の駆動歯車10に伝達され、ハンドル5を釣糸巻取り方向に回転させる(釣糸をスプールに補助的に巻回する)。一方、ハンドル5を釣糸巻取り方向に回転操作すると、その回転は、歯車伝達機構20を介して歯車45に伝達されるものの、図7において、歯車45が反時計回りに回転しても、各コロ53はフリー回転領域に移動することから、その回転が駆動軸41(補助操作部材40)に伝達されることはない。
【0021】
上記のように構成された補助操作部材40を設けたことにより、クラッチ機構17をスプールフリー状態に切換えてキャスティング操作を行った後、ルアーアクションを行うに際して、釣竿と共にリール本体の反ハンドル側側板3aを握持保持している手の指H(親指)で操作部40bを付勢バネ43の付勢力に抗して回動操作(倒伏操作)することが可能となる(図9及び図10参照)。このような回動操作を行うことで、前記一方向クラッチ50を介して、その回動力がハンドル軸6に伝達されることから、クラッチ機構17がスプールフリー状態から巻取り状態に切換えられると共に、そのまま連続してスプール7の微妙な巻取り操作(巻取り補助操作)が行えるようになる。
【0022】
すなわち、一方の手(左手)でスプール後方のクラッチレバー18を押し下げてクラッチOFF(スプールフリー状態)とし、キャスティング操作後に、図10に示すように、この一方の手の親指で補助操作部材40を押込むように回動操作することで、ハンドルが巻取り方向に駆動回転してクラッチ機構17が自動的にOFFからON(巻取り状態)に切換えられる。つまり、手を持ち替えることなく、一方の手(左手)のままでクラッチONからOFF、OFFからONの切換え、そして、引き続いて補助巻取り操作が行なえると共に、他方の手(右手)で素早くハンドルによる巻取り操作に移行することができる。
【0023】
これにより、釣竿を操作する腕の伸縮状態や、その腕の手首の状態に何等影響を受けることなく、リール本体1を握持保持している手の指による操作で、安定した保持状態を維持しながら微妙な釣糸の巻取り操作が迅速且つ容易に行えるようになる。特に、巻回操作を行う操作部分はレバー形状に形成されているため、釣竿を保持した手の指が優しくフィットすることができ、回動操作が容易に行えるようになる。また、補助操作部材40の駆動軸41と歯車45との間には、一方向クラッチ50が介在しているため、ハンドル5を巻取り操作してスプール7に釣糸を巻回する時には、補助操作部材40が連動することはなく、魚釣用リール全体として操作性の向上が図れる。
【0024】
そして、補助操作部材40の操作部40bは、上記したように、基部40aより先端部が、幅方向及び厚み方向共に先細状となるように形成されているため、釣糸の放出操作時や巻取り操作時等で釣糸が操作部40bに絡んでも、自然に又は容易に解けやすく、糸絡みのトラブルが回避できる。また、幅方向に先細状となっていることから、釣竿を保持した手の指(親指)で傾斜に沿っての移動操作が行ない易くなり、特に、指当て部材15に載置した状態では、その腹部で自然に倒伏操作することができる。このため、リール本体を安定して保持した状態を維持しながらルアーアクション操作が迅速かつ容易に行なえるようになる。さらに、リール本体を保持した手の親指操作時の操作面が大きく取れるため、補助操作部材40の親指移動による操作性も向上する。
【0025】
上記した補助操作部材の操作部は、例えば、以下のように種々変形することが可能である。
図11に示す補助操作部材の操作部40bは、幅方向において、両サイド40cが外側に湾曲するように先細に形成されたものであり、図12に示す補助操作部材の操作部40bは、両サイドから先端部に至るまで外側に湾曲するように、略半円形状に形成されたものである。このように両サイドを湾曲状に先細に形成することで、指当て部材15から指を斜め後方にずらすようにして操作する際の指の当たりが向上し、巻取り補助操作が行い易くなる。
【0026】
また、図13に示す補助操作部材の操作部40bは、幅方向において、両サイド40cが内側に湾曲するように先細に形成されたものである。このような先細形状でも、指の当たりが向上し、巻取り補助操作が行い易くなる。
【0027】
なお、上記した補助操作部材には、図14〜図16に示すように、その中央部分に貫通孔40dを形成しておいても良い。このような貫通孔を形成しておくことにより、釣場の移動時など、仕掛けを引っ掛けることができ、魚釣用リールとしての操作性の向上が図れる。
【0028】
以上、本発明の実施形態について説明したが、上述した一方向クラッチを介在して配設される補助操作部材は、ハンドルを巻取り駆動した際に、回転駆動される各所の回転体上に設けることが可能である。また、補助操作部材の操作部は釣竿を保持した手の指で操作可能な位置に設けられていればリール本体の適所に設けることが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0029】
【図1】本発明に係る魚釣用リールの一実施形態を示す平面図。
【図2】補助操作部材の支持部の構成を示す部分断面平面図。
【図3】図2の主要部の拡大図。
【図4】補助操作部材を示す平面図。
【図5】側板を外してハンドル側から見た側面図、
【図6】図1のA−A線に沿った断面図。
【図7】一方向クラッチの拡大図。
【図8】補助操作部材の構成を示す断面図。
【図9】補助操作部材の操作前の状態を示す図。
【図10】補助操作部材の操作中の状態を示す図。
【図11】補助操作部材の第1の変形例を示す平面図。
【図12】補助操作部材の第2の変形例を示す平面図。
【図13】補助操作部材の第3の変形例を示す平面図。
【図14】補助操作部材の第4の変形例を示す断面図。
【図15】補助操作部材の第4の変形例を示す平面図。
【図16】補助操作部材の第4の変形例を示す図であり、押込んだ状態を示す平面図。
【符号の説明】
【0030】
1 リール本体
3a,3b 側板
5 ハンドル
7 スプール
17 クラッチ機構
40 補助操作部材
40a 基部
40b 操作部
41 駆動軸
50 一方向クラッチ




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013