米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> ダイワ精工株式会社

発明の名称 釣り用バッグ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−110994(P2007−110994A)
公開日 平成19年5月10日(2007.5.10)
出願番号 特願2005−307287(P2005−307287)
出願日 平成17年10月21日(2005.10.21)
代理人 【識別番号】100072718
【弁理士】
【氏名又は名称】古谷 史旺
発明者 八木 啓之
要約 課題
本発明は釣り用バッグに関し、ショルダーベルトを備えた釣り用バッグに改良を加え、肩当ての機能を維持しつつ、簡単な構造でショルダーベルトや肩当ての垂れ下がりを防止してこれらの汚れや濡れを防止した釣り用バッグを提供することを目的とする。

解決手段
請求項1に係る発明は、バッグ本体に、一対のU字状ハンドルと肩当てを有するショルダーベルトを設けた釣り用バッグに於て、上記肩当てに、上記U字状ハンドルが挿通可能なスリットを設けると共に、当該スリットに沿って重合部を設けたことを特徴とする。
特許請求の範囲
【請求項1】
バッグ本体に、一対のU字状ハンドルと肩当てを有するショルダーベルトを設けた釣り用バッグに於て、
上記肩当てに、上記U字状ハンドルが挿通可能なスリットを設けると共に、当該スリットに沿って重合部を設けたことを特徴とする釣り用バッグ。
【請求項2】
バッグ本体に一対のU字状ハンドルと肩当てを有するショルダーベルトを設けた釣り用バッグに於て、
上記肩当てを、一対の肩当て部材を重ね合わせて形成し、重なり合う両肩当て部材間に、上記U字状ハンドルを挿通可能としたことを特徴とする釣り用バッグ。

発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、ショルダーベルトを備えた釣り用バッグに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、釣人は種々の釣具や餌等を釣り用バッグに収納して釣場に携帯し、また、釣った魚を釣り用バッグに収納して家路についている。
このため、この種の釣り用バッグには、手で持ち運ぶための一対のU字状ハンドルや肩に掛けて持ち運ぶためのショルダーベルトが取り付けられており、このショルダーベルトには、肩への食い込みを緩和するための肩当て(肩当てパッド)が、ショルダーベルトの長手方向に移動可能に取り付けられている。
【0003】
ところで、従来、ショルダーベルトは、釣り用バッグをハンドルで持ち運ぶ際に揺れ動いて邪魔になり、釣り用バッグを地面に置いて下方に垂らすと、長手方向の略中央部が地面に触れるような長さを有している。このため、釣り用バッグを濡れた釣場や船のデッキ等に置くと、地面に触れたショルダーベルトや肩当てが濡れたり汚れたりしてしまう不具合があり、この状態でショルダーベルトを肩に掛けると、ウェアが濡れたりしてしまう欠点があった。
【0004】
そこで、斯かる実情に鑑み特許文献1には、図7に示すようにショルダーベルト1に移動可能に取り付く肩当て3の裏面側とバッグ本体5の一側面7に、雄型面ファスナー(図示せず)と雌型面ファスナー9を取り付けた釣り用バッグ11が開示されている。
而して、斯かる釣り用バッグ11によれば、図示するように雄型面ファスナーと雌型面ファスナー9を接合することで、ショルダーベルト1や肩当て3が地面に触れることがなくなり、釣り用バッグ11を濡れた釣場や船のデッキ等に置いても、ショルダーベルト1や肩当て3が汚れたり濡れたりすることがなくなった。
【0005】
また、特許文献2には、図8に示すようにショルダーベルト13の肩当て部15に携行用ハンドル17が嵌合可能な透孔19を設けて、携行用ハンドル17による携行時やショルダーベルト13の不使用時に、上記透孔19に携行用ハンドル17を嵌合させてショルダーベルト13の位置決め保持を図ったキャディバッグ21が開示されている。
【特許文献1】特開2001−286252号公報
【特許文献2】実開平3−18867号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかし乍ら、図7の釣り用バッグ11にあっては、肩当て3の裏面側とバッグ本体5の一側面7に、夫々、別途雄型面ファスナーと雌型面ファスナー9を取り付けなければならず、また、両面ファスナー9は共にゴミや汚れが付き易い欠点があった。
そして、斯様にゴミや汚れが一度付いてしまうと、ゴミ等が取れ難くなって面ファスナー9同士の接合力が弱まり、この状態で使用していると、不用意に雄型面ファスナーと雌型面ファスナー9の接合が外れて、垂れ下がったショルダーベルト1や肩当て3が地面に触れてしまう虞があった。
【0007】
一方、図8の如くショルダーベルト13の肩当て部15に透孔17を設けた構造にあっては、肩当て部15を肩に当てた際に透孔17が開き気味に変形し、而も、常時開口している透孔17を設けたことで肩当て部15の広い面積が確保できず、肩当て部15が肩に食い込み易くなるといった不具合が指摘されていた。
本発明は斯かる実情に鑑み案出されたもので、ショルダーベルトを備えた釣り用バッグに改良を加え、肩当ての機能を維持しつつ、簡単な構造でショルダーベルトや肩当ての垂れ下がりを防止してこれらの汚れや濡れを防止した釣り用バッグを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
斯かる目的を達成するため、請求項1に係る発明は、バッグ本体に、一対のU字状ハンドルと肩当てを有するショルダーベルトを設けた釣り用バッグに於て、上記肩当てに、上記U字状ハンドルが挿通可能なスリットを設けると共に、当該スリットに沿って重合部を設けたことを特徴とする。
また、請求項2に係る発明は、バッグ本体に一対のU字状ハンドルと肩当てを有するショルダーベルトを設けた釣り用バッグに於て、上記肩当てを、一対の肩当て部材を重ね合わせて形成し、重なり合う両肩当て部材間に、上記U字状ハンドルを挿通可能としたことを特徴としている。
【発明の効果】
【0009】
請求項1に係る発明によれば、U字状ハンドルを肩当てのスリットに挿通させることで、ショルダーベルトの肩当てが保持され、更に肩当てはスリットに沿って重合部を設けたため、U字状ハンドルに対し移動が防止されて保持される。
この結果、ショルダーベルトや肩当てが揺れ動くことがなくなり、釣り用バッグが持ち運び易くなる。
【0010】
また、肩当てを肩に当てた際にスリットが開き難くなり、重合部によって肩当ての広い面積が確保できるため、肩当てが肩に食い込むことがなく肩当ての機能を良好に維持することができる利点を有する。
同様に請求項2に係る発明によっても、U字状ハンドルを肩当て部材の間に挿通させることで、ショルダーベルトの肩当てが保持され、更に肩当ては一対の肩当て部材を重ね合わせて形成したため、U字状ハンドルに対し移動が防止されて保持される。
【0011】
この結果、ショルダーベルトや肩当てが揺れ動くことがなくなり、釣り用バッグが持ち運び易くなる。
また、肩当てを肩に当てた際に肩当て部材がずれても、重なり合う両肩当て部材によって肩当ての広い面積が確保できるため、肩当てが肩に食い込むことがなく、肩当ての機能を良好に維持できる利点を有する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
以下、本発明の実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。
図1乃至図4は請求項1に係る釣り用バッグの一実施形態を示し、図1に於て、23は表裏にナイロン織布や合成樹脂フィルム等からなる薄い化粧布25を添着した合成樹脂発泡材(独立気泡発泡材または連続気泡発泡材)で形成した防水性を有するバッグ本体で、バッグ本体23は底面及び側面を有するボックス状に形成されて内部を収納部とし、上部に収納口が開口している。
【0013】
そして、収納口の一側(後述する背面側側面35)に、バッグ本体23と同一材料で形成された蓋体27が、合成樹脂シートからなるヒンジ部材(図示せず)を介して連結されており、蓋体27の周縁部には、当該蓋体27を収納口に被せた際(蓋体27による収納口の閉鎖時)に、バッグ本体23の上部外周を覆うスカート部(側壁)29が当該外周に沿って延設されている。そして、バッグ本体23の正面側側面31とスカート部29との間に、蓋止めフロントベルト33が装着されている。
【0014】
また、バッグ本体23の正面側側面31と背面側側面35の上部外周には、一対のU字状ハンドル37,39が取り付けられており、図1及び図2に示すように両U字状ハンドル37,39は、手で釣り用バッグ41を持ち運ぶ際に、面ファスナー43,45が縫着されたループ状のベルト47で中央部分を一つに束ねることができるようになっている。
更に、バッグ本体23の左右側面49,51間に、織布または合成樹脂(成形品),布帛,皮革等からなる一本の薄肉な帯状のショルダーベルト53が架け渡されており、ショルダーベルト53の両端部53aは、左右側面49,51に縫着で固定されている。
【0015】
而して、本実施形態に於て、ショルダーベルト53は、釣り用バッグ41を地面に置いて下方に垂らすと、長手方向の中央部分が地面に触れる長さを有しており、このショルダーベルト53の中央部分に、ショルダーベルト53の全長の略1/3の寸法(長さL)を有する長手方向に湾曲した板状の肩当て55が取り付けられている。
そして、本実施形態は、ショルダーベルト53の長手方向に沿って肩当て55の中央に、既述したU字状ハンドル37,39が挿通可能なスリット57を設けたもので、スリット57は肩当て55の表面から裏面に貫通し、肩当て55の湾曲形状に合わせて長手方向に湾曲するように形成されている。
【0016】
即ち、図3及び図4に示すように肩当て55は、所定の肉厚と幅寸法を以って板状に加工したウレタン等の合成樹脂の発泡材からなる芯材59を、塩化ビニルやエチレン酢酸ビニル等の化粧布61で被覆した構造からなり、芯材59の中央はその長手方向に所定幅を以って切り欠かれている。そして、図4に示すようにこの切欠きに沿って内方へ延設された化粧布61の端部61a,61bが縫着されており、これら内方へ延設されて縫着された化粧布61の端部61a,61b同士が重なり合って、U字状ハンドル37,39が挿通可能な前記スリット57が形成されると共に、縫着された化粧布61の端部61a,61b同士が重なり合うことで、スリット57に沿って重合部63が設けられている。
【0017】
そして、肩当て55の両端側外周にショルダーベルト53の接続部材65が縫着されて、当該接続部材65にショルダーベルト53が接続されている。
本実施形態はこのように構成されているから、釣り用バッグ41を肩に掛けて持ち運ぶ際には、従来と同様の方法でショルダーベルト53を使用すればよい。
而して、上述したように肩当て55にはスリット57に沿って重合部63が設けられているため、肩当て55を肩に当てた際に釣り用バッグ41の重みでスリット57が開き気味に変形しても、化粧布61の端部61a,61b同士が重なり合う重合部63によって肩当て55の広い面積が確保でき、肩当て55が肩に食い込むことがない。
【0018】
一方、釣り用バッグ41を手で持ち運ぶ際には、既述したベルト47で両U字状ハンドル37,39の中央部分を一つに束ね、或いは図2に示すようにU字状ハンドル37,39の一方を肩当て55のスリット57に挿通させて、ベルト47で両U字状ハンドル37,39の中央部分を一つに束ねればよい。
而して、図2に示すようにU字状ハンドル37を肩当て55のスリット57に挿通させて、肩当て55をU字状ハンドル37の付け根まで移動させると、重合部63により形成されるスリット57は、端部61a,61b同士が肩当て55の表面側と裏面がで重なり合うため、スリット57は肩当て55の幅方向に沿って形成され、U字状ハンドル37は肩当て55の幅H方向に沿って挿通されるため、U字状ハンドル37で付勢された重合部63によって肩当て55はバッグ本体23の正面側側面31に沿って収まり、外方へ大きく突出することがない。
【0019】
このため、携行時に肩当て55が身体に大きく触れて違和感を感じることがなく、また、肩当て55は、重合部63によってU字状ハンドル37を挟持するため、ショルダーベルト53が揺れ動くことが防止される。
そして、釣り用バッグ41を濡れた釣場や船のデッキ等に置く際に、図2の如くU字状ハンドル37を肩当て55のスリット57に挿通させていた場合には、そのまま釣り用バッグ41を釣場等に置けばよく、また、肩に掛けて運んできた釣り用バッグ41を釣場や船のデッキ等に置く際には、図2に示すようにU字状ハンドル37,39の一方を肩当て55のスリット57に挿通させて、肩当て55をU字状ハンドル37,39の付け根まで移動させておけばよい。
【0020】
而して、斯様にU字状ハンドル37,39の一方を肩当て55のスリット57に挿通させて、肩当て55をU字状ハンドル37,39の付け根まで移動させておけば、ショルダーベルト53と肩当て55が地面やデッキから所定高さ上方に位置し、また、肩当て55と両端部53aとの領域は図2に示すようにU字状に弛緩した状態にあるが、その最下部も地面やデッキから離間した状態になる。
【0021】
このように、本実施形態によれば、U字状ハンドル37,39の一方を肩当て55のスリット57に挿通させることで、釣り用バッグ41を濡れた釣場や船のデッキ等に置いてショルダーベルト53を下方に垂らしても、ショルダーベルト53や肩当て55が地面やデッキに触れることがないため、ショルダーベルト53や肩当て55が汚れたり濡れたりすることがなくなった。
【0022】
更に、既述したようにU字状ハンドル37を肩当て55のスリット57に挿通させて、肩当て55をU字状ハンドル37の付け根まで移動させると、肩当て55がバッグ本体23の正面側側面31に沿って収まり外方へ大きく突出することがないため、携行時に肩当て55が身体に大きく触れて違和感を感じることがなく、また、肩当て55を肩に当てた際にスリット57が開き難く、化粧布61の端部61a,61b同士が重なり合う重合部63によって肩当て55の広い面積が確保できるため、肩当て55が肩に食い込むことがなく、図8の従来例に比し肩当て55の機能を良好に維持することができる利点を有する。
【0023】
更にまた、U字状ハンドル37を肩当て55のスリット57に挿通させることで、ショルダーベルト53の肩当て55が保持され、更に肩当て55はスリット57に沿って重合部63を設けたため、U字状ハンドル37に対し移動が防止されて保持され、この結果、ショルダーベルト53や肩当て55が揺れ動くことがなくなり、釣り用バッグ41が持ち運び易くなる。
【0024】
尚、本実施形態は、ショルダーベルト53の両端部53aをバッグ本体23の左右側面49,51に縫着固定した釣り用バッグ41に適用したが、ナス環を用いてショルダーベルトの両端部をバッグ本体に着脱自在とした釣り用バッグに本発明を適用できることは勿論である。
図5及び図6は請求項2の一実施形態に係る釣り用バッグに用いた肩当てを示し、図中、67,69は、所定の肉厚と幅寸法を以って平面視円弧状に加工したウレタン等の合成樹脂の発泡材からなる芯材で、両芯材67,69の表面を塩化ビニルやエチレン酢酸ビニル等の化粧布71で被覆して同一形状の2枚の肩当て部材73,75が形成されている。
【0025】
そして、図5に示すように本実施形態は、2枚の肩当て部材73,75を重ね合わせて、重合するそれらの両端部に接続部材65を縫着して長さL,幅Hを有する肩当て77を形成したもので、重なり合う両肩当て部材73,75間の間隙79に、U字状ハンドル37,39の一方または両方が挿通可能となっている。
尚、その他の構成は図1の実施形態と同様であるので、同一のものには同一符号を付してそれらの説明は省略する。
【0026】
本実施形態はこのように構成されているから、釣り用バッグを肩に掛けて持ち運ぶ際には、従来と同様の方法でショルダーベルト53を使用すればよく、肩当て77を肩に当てた際に釣り用バッグの重みで肩当て部材73,75がずれても、これらによって肩当て77の広い面積が確保できるため、肩当て77が肩に食い込むことがない。
一方、釣り用バッグを手で持ち運ぶ際には、図1の実施形態と同様、ベルト47で両U字状ハンドル37,39の中央部分を一つに束ね、或いはU字状ハンドル37,39の一方を肩当て部材73,75間の間隙79に挿通させて、ベルト47で両U字状ハンドル37,39の中央部分を一つに束ねればよい。
【0027】
而して、U字状ハンドル37を肩当て部材73,75間の間隙79に挿通させて、肩当て77をU字状ハンドル37の付け根まで移動させると、肩当て部材73,75を重合して形成されるスリット状の間隙79は肩当て77の幅方向の両端側に開口し、この開口に従ってU字状ハンドル37を更に差し込むと、肩当て部材73,75によって表面側と裏面側で挟まれてその幅方向Hに沿って差し込まれ、U字状ハンドル37で付勢された一方の肩当て部材73によって肩当て77はバッグ本体23の正面側側面31に沿って収まり、外方へ大きく突出することがない。
【0028】
このため、携行時に肩当て77が身体に大きく触れて違和感を感じることがなく、また、肩当て77は、重合した肩当て部材73,75によってU字状ハンドル37を挟持するため、ショルダーベルト53が揺れ動くことが防止される。
そして、釣り用バッグを濡れた釣場や船のデッキ等に置く際に、既述したようにU字状ハンドル37を間隙79に挿通させていた場合には、そのまま釣り用バッグを釣場等に置けばよく、また、肩に掛けて運んできた釣り用バッグを釣場や船のデッキ等に置く際には、U字状ハンドル37,39の一方を間隙79に挿通させて、肩当て77をU字状ハンドル37,39の付け根まで移動させておけばよい。
【0029】
而して、斯様にU字状ハンドル37,39の一方を肩当て77の間隙79に挿通させて肩当て77をU字状ハンドル37,39の付け根まで移動させておけば、ショルダーベルト53と肩当て77が地面やデッキから所定高さ上方に位置し、また、肩当て77と両端部53aとの領域は図2と同様、U字状に弛緩した状態にあるが、その最下部も地面やデッキから離間した状態にある。
【0030】
このように、本実施形態によれば、U字状ハンドル37,39の一方を肩当て77の間隙79に挿通させることで、釣り用バッグを濡れた釣場や船のデッキ等に置いてショルダーベルト53を下方に垂らしても、ショルダーベルト53や肩当て77が地面やデッキに触れることがないため、ショルダーベルト53や肩当て77が汚れたり濡れたりすることがない。
【0031】
更に、既述したようにU字状ハンドル37を肩当て77の間隙79に挿通させて、肩当て77をU字状ハンドル37の付け根まで移動させると、肩当て77がバッグ本体23の正面側側面31に沿って収まり外方へ大きく突出することがないため、携行時に肩当て77が身体に大きく触れて違和感を感じることがなく、また、肩当て77を肩に当てた際に釣り用バッグ41の重みで肩当て部材73,75がずれても、重なり合う両肩当て部材73,75によって肩当て77の広い面積が確保できるため、本実施形態によっても肩当て77が肩に食い込むことがなく、図8の従来例に比し肩当て77の機能を良好に維持できる利点を有する。
【0032】
更にまた、U字状ハンドル37を肩当て部材73,75の間に挿通させることで、ショルダーベルト53の肩当て77が保持され、更に肩当て77は一対の肩当て部材73,75を重ね合わせて形成したため、U字状ハンドル37に対し移動が防止されて保持される。
この結果、ショルダーベルト53や肩当て77が揺れ動くことがなくなり、釣り用バッグが持ち運び易くなる。
【図面の簡単な説明】
【0033】
【図1】請求項1の一実施形態に係る釣り用バッグの全体斜視図である。
【図2】請求項1の一実施形態に係る釣り用バッグの全体斜視図である。
【図3】図1の釣り用バッグに用いた肩当ての拡大平面図である。
【図4】図3のIV−IV線断面図である。
【図5】請求項2の一実施形態に係る釣り用バッグに用いた肩当ての拡大平面図である。
【図6】図5のVI−VI線断面図である。
【図7】従来の釣り用バッグの全体斜視図である。
【図8】従来のキャディバッグの全体斜視図である。
【符号の説明】
【0034】
23 バッグ本体
27 蓋体
29 スカート部
31 正面側側面
33 蓋止めフロントベルト
35 背面側側面
37,39 U字状ハンドル
41 釣り用バッグ
43,45 面ファスナー
47 ベルト
53 ショルダーベルト
55,77 肩当て
57 スリット
59,67,69 芯材
61,71 化粧布
61a,61b 端部
63 重合部
65 接続部材
73,75 肩当て部材
79 間隙




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013