米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> ダイワ精工株式会社

発明の名称 釣竿
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−89469(P2007−89469A)
公開日 平成19年4月12日(2007.4.12)
出願番号 特願2005−282700(P2005−282700)
出願日 平成17年9月28日(2005.9.28)
代理人 【識別番号】100101421
【弁理士】
【氏名又は名称】越智 俊郎
発明者 清田 義春 / 渡邊 正憲
要約 課題
釣竿のインロー継合部の損傷を防止する。

解決手段
前側に移動フード16Aを設け、後側に固定フード16Bを設けたリール装着部を有し、各竿管が繊維強化樹脂製の釣竿であって、後側竿管10と前側竿管12とを、これらよりも小径の連結杆14によってインロー継合構造とし、該前後竿管の端面間領域が、リールを装着した状態における移動フード16Aを駆動するナット部材18の長さ範囲内に位置しており、前記前側竿管の後端部外周に膨出部12Tを設け、該膨出部とナット部材内周との隙間を、該膨出部の直前部の竿管外周と、リールを装着した状態において前記膨出部の対面する位置のナット部材18HA内周との隙間よりも小さくするか、或いは膨出部がナット部材内周に当接する状態とする。
特許請求の範囲
【請求項1】
前側に移動フードを設け、後側に固定フードを設けたリール装着部を有し、各竿管が繊維強化樹脂製の釣竿であって、
後側竿管と前側竿管とを、これらよりも小径の連結杆によってインロー継合構造とし、該前後竿管の端面間領域が、リールを装着した状態における移動フードを駆動するナット部材の長さ範囲内に位置しており、
前記前側竿管の後端部外周に膨出部を設け、該膨出部とナット部材内周との隙間を、該膨出部の直前部の竿管外周と、リールを装着した状態において前記膨出部の対面する位置のナット部材内周との隙間よりも小さくするか、或いは膨出部がナット部材内周に当接する状態とした
ことを特徴とする釣竿。
【請求項2】
前記膨出部は前側竿管よりも柔軟な材料で形成されている請求項1記載の釣竿。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明はリール装着部とインロー継合部を有する釣竿に関し、特にルアー竿や船竿に関する。
【背景技術】
【0002】
下記特許文献1にはルアー竿の一種が開示されている。前側竿管と後側竿管が小径の連結杆によってインロー継式に継ぎ合わされており、このインロー継式の小径領域がナット部材の長さ範囲に位置し、獲物が掛かった際にこのインロー継合領域も撓むが、ナット部材の剛性がこの小径領域とその前後に加算されるため、補強となり、折損を防止できるというものである。
【特許文献1】特開2004−201571
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
然しながら、ナット部材は螺合操作により移動する部材である他、竿管自体も真円には成形できない。従って、ナット部材内周と竿管外周との間は所定の大きさの隙間を確保しておく必要がある。釣りの際に竿管が撓むが、前記所定隙間の存在のため、撓んだ竿管は必ずしもナット部材内周に当接できず、ナット部材の剛性を生かせずに前側竿管の後端部に亀裂が生じることがある。また、ルアー竿や船竿では、移動フードはナット部材に一体化されており、この場合、ナット部材を締め込んでリールの足を締結すると、幾分かナット部材が傾く。このため、ナット部材の前端内周縁と前側竿管外周との隙間に偏りが生じ、シャクリ操作等の釣竿操作によって前側竿管が支点折れする虞がある。
依って解決しようとする課題は、釣竿のインロー継合部の損傷を防止することである。
【課題を解決するための手段】
【0004】
上記目的に鑑みて本発明は第1の発明において、前側に移動フードを設け、後側に固定フードを設けたリール装着部を有し、各竿管が繊維強化樹脂製の釣竿であって、後側竿管と前側竿管とを、これらよりも小径の連結杆によってインロー継合構造とし、該前後竿管の端面間領域が、リールを装着した状態における移動フードを駆動するナット部材の長さ範囲内に位置しており、前記前側竿管の後端部外周に膨出部を設け、該膨出部とナット部材内周との隙間を、該膨出部の直前部の竿管外周と、リールを装着した状態において前記膨出部の対面する位置のナット部材内周との隙間よりも小さくするか、或いは膨出部がナット部材内周に当接する状態としたことを特徴とする釣竿を提供する。
インロー継ぎ合せにおいて、小径連結杆が前後竿管とは独立していてもよく、また、何れかの竿管に接着等によって一体化、或いは特別な接着剤無しで一体形成されていてもよい。即ち、ここでのインロー継ぎ合せは最も広い意味であり、分類の仕方によっては逆並継式や並継式と見ることができる場合がある。
リールサイズによって問題のある場合は、その釣竿の標準的なサイズのリールで考える。
膨出部には、肉盛部や、部品としてのゴムリング等を接着固定したもの等が含まれる。
【0005】
第2の発明では、第1の発明の膨出部は前側竿管よりも柔軟な材料で形成されているよう構成する。
【発明の効果】
【0006】
第1の発明では、前側竿管は膨出部によってナット部材内周との隙間が小さくなるか、当接状態となるため、撓んだ際にナット部材の内周に当接する。従って、竿管はナット部材によって補強される状態となり、損傷が防止される。
移動フードがナット部材と一体の場合は、膨出部の存在によってリール足の締結に伴うナット部材の傾きが防止でき、ナット部材の前端内周縁と前側竿管外周との隙間の偏りを防止でき、シャクリ操作等の釣竿操作による前側竿管の折損が防止される。
第2の発明では、膨出部が柔軟な材料で形成されているため、ナット部材内周に当接しても、ナット部材の螺合進退を容易にさせる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、本発明を添付図面に示す実施形態例に基づき、更に詳細に説明する。
図1は本発明に係る釣竿としての2本継ぎのルアー竿の側面図であり、図2は図1の要部の拡大部分断面図、図3は図2の部分拡大図である。手元領域であるハンドル部22とリール装着部のリールシート本体20の各一部分に挿通している後側竿管10と、その前側の前側竿管12とを、小径連結杆14でインロー式に継ぎ合わせている。前後の竿管10,12は、エポキシ樹脂等の合成樹脂をマトリックスとし、炭素繊維等の強化繊維で強化した繊維強化樹脂製であり、小径連結杆も繊維強化樹脂製であるが、これに限らない。
【0008】
ルアー竿にはリール装着部が設けられており、後方側に固定フード16Bを一体に形成したリールシート本体20の途中まで前記後側竿管10が挿入されて、互いに接着固定されている。このリールシート本体の前側領域には雄ねじ部が形成されており、ナット部材18の本体部18H内面に設けた雌ねじ部がこれに螺合する。この本体部の後端部には移動フード16Aが一体に形成されている。リールシート本体20の前記固定フードの径方向反対側付近にはトリガーTが形成されている。
【0009】
前後の竿管10,12のインロー継合部の小径連結杆の露出している領域付近は、リールRを締結した状態の前記ナット部材本体18Hの雌ねじ領域の前側の領域18HAに位置しており、ナット部材の長さ範囲内にある。また、ナット部材の前端部には口金部材18Kが装着されている。この実施形態例での前側領域18HAの内径(ナット部材内径)、口金部材18Kの内径、この付近の前側竿管の外径の寸法を順に例示すると、15.2mm、16.5mm、13.2mmである。従って、ナット部材内周とインロー継合領域の前側竿管外周との径方向隙間は、片側で1mm程である。
【0010】
この隙間では獲物が掛かって竿管が撓んでも、前側竿管12外周がナット部材内周を押圧する状態にはなり難い。そこで、前側竿管の後端部に膨出部の一形態の肉盛部13を設ける。この肉盛部の肉厚を確保するために、前側竿管12の後端部外周に一段と低い段差部12Tを設け、この段差部の上に肉盛部を設けている。その他、段差部を設けないで外周面に肉盛部等を設けることもある。この肉盛部は前側竿管12よりも柔軟な材料で形成することが好ましいが、それ以外でもよい。前者としては、糸を巻回し、これに接着性の樹脂(例えば、エポキシ樹脂)を含浸させたもの、樹脂材のみのもの、エラストマー等があり、後者としては硬質の樹脂材がある。また、ゴム又はエラストマー材の部品を接着固定で取り付ける場合(肉盛部というよりは膨出部)もある。同じ程度の硬さのものとして繊維強化樹脂材等がある。柔軟な材料の肉盛部の場合は、ナット部材内周を幾分押圧する外径寸法となっても、ナット部材の回動が可能であるし、ガタツキ無くスムーズに回動でき、肉盛部にもナット部材内周にも傷を付け難い。
【0011】
肉盛部の外径を例示すると14.5mmであり、径方向片側隙間は0.35mmとなる。この程度の隙間ならば、獲物が掛かった際の竿管の撓みによって前側竿管12の後端部である肉盛部13がナット部材内周に当接、押圧し、ナット部材によるインロー継合部への補強効果が現われる。従って、前側竿管12の後端部の亀裂割れが防止できる。肉盛部の幅は3〜15mmであり、好ましくは5mm前後である。
更には、この肉盛部の存在によって、移動フードと一体化したナット部材18は、リールRの足を締結した場合に該ナット部材が傾くことを防止できる。従って、ナット部材前端部の口金部材18Kと前側竿管12外周との隙間の偏りを防止でき、所謂、支点折れを防止できる。また、ナット部材のガタつきが防止される。
【0012】
以上はトリガー付きのルアー竿を例示したが、スピニングリールを装着して使用する釣竿ではトリガーが無い。また、移動フードとナット部材とが別体の形態でもよい。
【産業上の利用可能性】
【0013】
本発明は、ルアー竿や船竿に利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】図1は本発明に係る釣竿としての2本継ぎのルアー竿の側面図である。
【図2】図2は図1の要部の拡大部分断面図である。
【図3】図3は図2の部分拡大図である。
【符号の説明】
【0015】
10 後側竿管
12 前側竿管
16A 移動フード
16B 固定フード
18 ナット部材
20 リールシート本体




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013