米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> ダイワ精工株式会社

発明の名称 釣竿
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−89468(P2007−89468A)
公開日 平成19年4月12日(2007.4.12)
出願番号 特願2005−282699(P2005−282699)
出願日 平成17年9月28日(2005.9.28)
代理人 【識別番号】100101421
【弁理士】
【氏名又は名称】越智 俊郎
発明者 渡邊 正憲 / 加藤 好尚
要約 課題
リール装着部本体とグリップ領域との境界部の撓みを防止しつつ、このグリップ領域をも釣竿全体の撓みバランスに貢献させる。

解決手段
繊維強化樹脂製竿杆10を挿通させて固定した管状のリール装着部本体12を有すると共に1対のフードF1,F2を設けたリール装着部を有し、竿杆はリール装着部本体の後側に隣接したグリップ領域Gにまで延伸している釣竿であって、前記リール装着部本体の後端近傍位置の竿杆の撓み剛性が、その周辺位置の竿杆の撓み剛性よりも大きいと共に、リール装着部直前部の竿杆撓み剛性よりも大きく、しかも、前記後端近傍を除いた範囲のグリップ領域において、竿杆の撓み剛性は後方に向かって低減しているよう構成する。
特許請求の範囲
【請求項1】
繊維強化樹脂製竿杆を挿通させて固定した管状のリール装着部本体を有すると共に1対のフードを設けたリール装着部を有し、竿杆はリール装着部本体の後側に隣接したグリップ領域にまで延伸している釣竿であって、
前記リール装着部本体の後端近傍位置の竿杆の撓み剛性が、その周辺位置の竿杆の撓み剛性よりも大きいと共に、リール装着部直前部の竿杆撓み剛性よりも大きく、しかも、前記後端近傍を除いた範囲のグリップ領域において、竿杆の撓み剛性は後方に向かって低減している
ことを特徴とする釣竿。
【請求項2】
前記管状のリール装着部本体の後端部は、外径が段差状に縮径し、後方に向かって延伸した縮径部を有している請求項1記載の釣竿。
【請求項3】
前記管状のリール装着部本体の後端面がその中心部ほど前方に位置するように傾斜した円錐状に形成され、リール装着部本体の後端部の肉厚が後方に向かって漸減している請求項1記載の釣竿。
【請求項4】
前記管状のリール装着部本体の後端部に、該リール装着部本体よりも軟質であって、前記グリップ領域のグリップ部材よりも硬質な中間部材を介在させ、リール装着部本体の後端部近くの撓み剛性変化を緩和させた請求項1記載の釣竿。
【請求項5】
前記管状のリール装着部本体の後端面と、前記グリップ領域のグリップ部材前端面との境界外周部に、リール装着部本体とグリップ部材とに亘って環状の金属製接続部材を設けた請求項1記載の釣竿。
【請求項6】
前記竿杆が管状体の竿管であって、前記管状のリール装着部本体の後端付近の竿管内部に補強部材が配設されており、該補強部材はその前端位置がリール装着部本体に位置し、後端位置がグリップ領域に位置している請求項1記載の釣竿。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明はリール装着部を有する釣竿に関する。
【背景技術】
【0002】
竿杆はリール装着部よりも前方領域は撓み領域であるため先細形状であって、撓み剛性が漸次小さくなるように形成している。一方、リール装着部領域とその後方領域(グリップ領域)は、所謂、ハンドル領域であり、撓みは予定しておらず、概ね一定の撓み剛性を有している。このため、ルアー竿のようにリール装着部本体が厚肉の管状のものである場合は、このリール装着部本体の剛性が非常に大きい。本願と直接の繋がりはないが、下記特許文献1にはルアー竿のハンドル領域における竿杆の捩り剛性向上の強化繊維配設の工夫が開示されている。
【特許文献1】特開2005−13090号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
このため、リール装着部本体に比べて、リール装着部本体の後端、即ち、グリップ領域の前端部は相対的に撓み剛性が小さく、急変化する部位である。従って、引きの弱い獲物の場合の撓みは無視できるが、強い引きの獲物の場合は、本来撓みを予定していないが、このリール装着部本体の後端においてもある程度の撓みを生じ、リール装着部本体の後端部付近とグリップ領域前端部付近とを把持するパーミング時に、フッキング操作やランディング操作のように魚の動きに合わせて竿操作を行うと、その力が獲物に対して直ぐに伝達されず、遅れを生じ、獲物をばらしたりする。即ち、竿の操作性がよくない。また、撓みをリール装着部の前方領域だけにするよりも、リール装着部の後方側のグリップ領域をも釣竿全体としての撓みバランスに貢献させればより扱い易い釣竿となる。
依って解決しようとする課題は、リール装着部本体とグリップ領域との境界部の撓みを防止しつつ、このグリップ領域をも釣竿全体の撓みバランスに貢献させることである。
【課題を解決するための手段】
【0004】
上記目的に鑑みて本発明は第1の発明において、繊維強化樹脂製竿杆を挿通させて固定した管状のリール装着部本体を有すると共に1対のフードを設けたリール装着部を有し、竿杆はリール装着部本体の後側に隣接したグリップ領域にまで延伸している釣竿であって、前記リール装着部本体の後端近傍位置の竿杆の撓み剛性が、その周辺位置の竿杆の撓み剛性よりも大きいと共に、リール装着部直前部の竿杆撓み剛性よりも大きく、しかも、前記後端近傍を除いた範囲のグリップ領域において、竿杆の撓み剛性は後方に向かって低減していることを特徴とする釣竿を提供する。
後端近傍を除いた範囲という条件は、リール装着部本体の後端近傍という狭い範囲では、撓み剛性が後方に向かって漸減しているか、前方に向かって漸減しているか、一定かの何れかということは問題ではなく、補強していることで足りるためである。
【0005】
第2の発明において、第1の発明の管状のリール装着部本体の後端部は、外径が段差状に縮径し、後方に向かって延伸した縮径部を有しているよう構成する。
第3の発明において、第1の発明の管状のリール装着部本体の後端面がその中心部ほど前方に位置するように傾斜した円錐状に形成され、リール装着部本体の後端部の肉厚が後方に向かって漸減しているよう構成する。
【0006】
第4の発明において、第1の発明の管状のリール装着部本体の後端部に、該リール装着部本体よりも軟質であって、前記グリップ領域のグリップ部材よりも硬質な中間部材を介在させ、リール装着部本体の後端部近くの撓み剛性変化を緩和させるよう構成する。
第5の発明において、第1の発明の管状のリール装着部本体の後端面と、前記グリップ領域のグリップ部材前端面との境界外周部に、リール装着部本体とグリップ部材とに亘って環状の金属製接続部材を設けるよう構成する。
【0007】
第6の発明において、第1の発明の竿杆が管状体の竿管であって、前記管状のリール装着部本体の後端付近の竿管内部に補強部材が配設されており、該補強部材はその前端位置がリール装着部本体に位置し、後端位置がグリップ領域に位置しているよう構成する。
【発明の効果】
【0008】
第1の発明では、リール装着部本体の後端近傍位置の竿杆撓み剛性がリール装着部の直前部の竿杆撓み剛性よりも大きいのであり、このことは、撓みを予定しているリール装着部の前側領域の竿杆の最も後端位置の竿杆の撓み剛性よりも、リール装着部本体の後端近傍位置の竿杆撓み剛性を向上させている、即ち、撓みを予定している領域よりも高剛性になるように補強していることを意味する。しかも、その周辺位置の竿杆撓み剛性よりも大きいのであり、リール装着部本体の後端近傍が最も強く補強されている。従って、強い引きの獲物の場合でもこのリール装着部本体の後端位置で折曲状(への字状)に撓むことが防止でき、フッキング操作やランディング操作の操作性が向上する。更には、グリップ領域において、竿杆の剛性は後方に向かって低減しているので、既述のパーミング把持状態で釣竿操作をする場合に、釣竿後端部(グリップ領域後端部)上面を腕の下側に当てたり、後端面を腹に宛がったりして操作する場合は、把持部を基点にしてリール装着部から前側領域の竿杆のみならず、後側領域(グリップ領域)の竿杆も撓み、全長に亘った釣竿撓みが生じる。
【0009】
即ち、把持している部位と釣竿後端との間(グリップ領域)が撓むことにより、釣竿後端部を腕の下側に当てたり、腹に宛がったりして操作する場合に、負荷がリール装着部の前側領域のみならずグリップ領域の撓みによっても吸収され、釣人への負担が少なくなる。また、釣糸もより細いものが使用可能となる。更には、釣竿の全長が撓むので、従来のように、リール装着部直前部の竿杆の撓み曲率が大きくなることが防止でき、曲率が緩やかになり、その分、釣竿強度が向上する。また、一方の手でリール装着部を把持し、他方の手で釣竿後端部を握ってキャスティングすると、釣竿全長の撓みを利用したキャスティング操作となり、仕掛けの飛距離が伸びると共に、投擲の正確さが向上する。即ち、キャスティング性能が向上する。
【0010】
第2の発明では、第1発明のリール装着部本体の後端近傍位置の竿杆撓み剛性向上に加えて、上記縮径部の撓み剛性を付加するため、本来撓みを予定していないリール装着部本体後端近くの折曲状の撓みを効果的に防止しつつ応力集中を低減できる。
第3の発明では、第1発明のリール装着部本体の後端近傍位置の竿杆撓み剛性向上に加えて、上記リール装着部本体の円錐状後端面を有して後端部肉厚が後方に向かって漸減しているため、リール装着部本体後端部の撓み剛性を漸減させているため、この領域を把持した操作では、リール装着部本体後端近くの撓み性を急変させない。従って、リール装着部の前側領域と、後側であるグリップ領域との撓みの滑らかな連続性を担保する。また、グリップ部材の先端部を上記円錐状後端面部に挿入できるため、グリップ部材が不用意に外れ難い。
【0011】
第4の発明では、第1発明のリール装着部本体の後端近傍位置の竿杆撓み剛性向上に加えて、上記の中間部材を介在させ、リール装着部本体の後端部近くの撓み剛性変化を緩和させているため、リール装着部本体後端近くの折曲状撓みを効果的に防止しつつ応力集中を低減できる。
第5の発明では、第1発明のリール装着部本体の後端近傍位置の竿杆撓み剛性向上に加えて、上記の境界外周部に環状の金属製接続部材を設けているため、リール装着部本体後端近くの折曲状撓みを効果的に防止できる他、環状金属部材のため、装飾的効果が向上する。
【0012】
第6の発明では、第1発明のリール装着部本体の後端近傍位置の竿杆撓み剛性向上に加えて、上記補強部材のために、更にリール装着部本体の後端近傍位置の竿杆撓み剛性が向上し、リール装着部本体後端近くの折曲状撓みが効果的に防止される。
【発明を実施するための最良の形態】
【0013】
以下、本発明を添付図面に示す実施形態例に基づき、更に詳細に説明する。図1(a)は本発明に係る釣竿としてのルアー竿の要部の部分断面側面図であり、(b)は(a)の竿杆の径方向拡大断面図である。エポキシ樹脂等の合成樹脂をマトリックスとし、炭素繊維等の強化繊維で強化した繊維強化樹脂製竿杆10は、硬質の合成樹脂(例えば、ABS樹脂、ポリアミド(PA)、ポリスチレン(PS)、ポリプロピレン(PP)、ポリカーボネート(PC))製や金属製や木製の管状のリール装着部本体12を前後方向に挿通して、互いに接着固定されている。このリール装着部本体の後方領域はグリップ領域Gであり、前記竿杆はこのグリップ領域のほぼ後端にまで至っている。グリップ領域Gには、コルクやEVA等の発泡性樹脂によって中間グリップG1、後部グリップG2を設けている。
【0014】
前記リール装着部本体の上側後部には固定フードF2が形成されている。一方、前部にはナット部材14が螺合されており、このナット部材の後端部には移動フードF1が形成されている。このナット部材14の表面にはグリップ部材が設けられており、前部グリップともなる。なお、固定フードの径方向反対側付近にはトリガーTが形成されており、リールは両軸受型リールが使用されるが、トリガーが無くてスピニングリールを使用するタイプの竿でもよい。また、固定フードが前側、移動フードが後側の場合もある。
【0015】
上記リール装着部とグリップ領域とを併せたハンドル領域における竿杆10の縦断面図である(b)を参照すると、リール装着部の前方領域から竿杆後端にまで至っている竿杆本体層L1の上に、第1補強層L2と第2補強層L3とが設けれらている。図2を参照すると、強化繊維が円周方向に指向した裏打ち層P1Bと、強化繊維が長手方向に指向した表層P1Aとを重ね合わせた略矩形状のプリプレグP1を芯金に巻回した後、強化繊維が円周方向に指向した裏打ち層P2Bと、強化繊維が長手方向に指向した表層P2Aとを重ね合わせた略矩形状のプリプレグP2(実態はプリプレグP1と同じである)を巻回する。こうして前記本体層L1に対応する本体素材層を形成する。
【0016】
この本体素材層の後方部の上に、三角形状のプリプレグP3を巻回する。これも、強化繊維が円周方向に指向した裏打ち層P3Bと、強化繊維が長手方向に指向した表層P3Aとを重ね合わせて第1補強層L2に対応する第1補強素材層を形成する。更に、この上に、台形状のプリプレグP4を巻回して第2補強層L3に対応する第2補強素材層を形成する。プリプレグP4は強化繊維が円周方向に指向した裏打ち層P4Bと、強化繊維が長手方向に指向した表層P4Aとを重ね合わせている。こうして各プリプレグを巻回した素材を、常法に従って加圧加熱処理して竿杆を成形する。
【0017】
以上のプリプレグの内、竿杆の撓み剛性に実質的に寄与しない各裏打ち層は別とし、表層の各強化繊維(炭素繊維)の縦弾性率を例示する。プリプレグP1Aから順次外側に向かって35000kgf/mm(343000N/mm)、35000kgf/mm(343000N/mm)、46000kgf/mm(450800N/mm)、26000kgf/mm(254800N/mm)である。また、プリプレグP3の三角形の頂点部P3Tはリール装着部本体12の後端位置近傍、即ち、グリップ領域Gの前端位置近傍に位置させている。従って、図1の(b)に示すように、第1補強層L2はリール装着部本体12の後端位置近傍から、前方に行くに従って薄肉となる。また、後方に行くに従って薄肉となる。更には、プリプレグP3の三角形形状はグリップ領域側が長く、リール装着部側は短い。
【0018】
上記の構成によって、リール装着部本体12の後端位置近傍が最も大きな撓み剛性になるように補強されている。このため、リール装着部本体12の後端位置前後を把持するパーミング状態においてフッキング等の操作を行っても、把持部位は殆ど撓まず、操作の遅れを防止でき、快適な操作性が確保できる。また、この例ではリール装着部本体12の後端部には竿杆10の外周に当接するか対面するように環状の段差縮径部12Aが後方に向かって適宜長さ延伸している(第2発明)ため、更に把持部位は折曲状には撓み難い。更には、グリップ領域Gにおいては、後方程撓み剛性が低下するため、釣竿後端を腹に宛がったりして釣竿操作を行った場合、リール装着部本体12の後端位置近傍を基点としてこのグリップ領域Gも滑らかに撓む。従って、釣竿全体がリール装着部本体12の後端位置近傍を基点として前後に撓み、釣竿全体が滑らかに湾曲する。
【0019】
図3は、本発明に係る釣竿の要部の第2形態例を示す。図1の例と主に異なるところを説明する。竿杆10は、リール装着部本体後端近くにおいて前側領域10Aを厚肉化させた後方領域の厚肉領域10Bとしている。段差状に厚肉化しているのは、リール装着部本体にその後端面の中心寄り部を窪ませた窪み段差部を設け、この窪み段差部に収まる位置から後方である。この厚肉領域10Bは、相対的に薄肉の竿杆10Aの軸長方向繊維と同じ(程度の)弾性率の軸長方向繊維を主に使用して厚肉化しており、前側領域10Aよりも相当に撓み剛性が向上している。従って、リール装着部本体12の後端面と中間グリップG1前端面との境界における釣竿の撓みが防止でき、竿杆10への応力集中も防止できる。なお、厚肉領域10Bの撓み剛性が、所定グリップ領域において後方に向かって低減していることは同じである。明示しなくても以下の各形態例において同様である。
【0020】
図4は、本発明に係る釣竿の要部の第3形態例(第3発明)を示す。図1の例と主に異なるところを説明する。リール装着部本体後端面12Sは、中心部ほど前方に位置するように傾斜した円錐状に形成されていると共に、リール装着部本体後端部は後方に向かって漸次薄肉化している故、この領域を把持した操作では、リール装着部本体後端近くの撓み性を折曲状に急変させない。従って、リール装着部の前側領域と、後側であるグリップ領域との撓みの滑らかな連続性を担保する。
【0021】
図5は、本発明に係る釣竿の要部の第4形態例(第4発明)を示す。図1の例と主に異なるところを説明する。リール装着部本体と中間グリップG1との間に、各端部に設けた窪み段差部12Kに嵌まり込む形態の環状の中間部材14を介在させ、その内周を竿杆10と接着固定している。該中間部材はリール装着部本体よりも軟質であって、中間グリップよりも硬質な材料(合成樹脂)で形成する。これにより、リール装着部本体の後端部近くの撓み剛性の急変化を緩和させ、滑らかな撓みの連続性を担保し、応力集中も防止できる。
【0022】
図6は、本発明に係る釣竿の要部の第5形態例(第5発明)を示す。図1の例と主に異なるところを説明する。リール装着部本体12の後端面と、中間グリップG1の前端面との境界外周部に、リール装着部本体と中間グリップとに亘って環状の金属製接続部材16を配設し、接着固定している。このため、このリール装着部本体後端近くの折曲状撓みを効果的に防止できる他、金属製部材故、装飾効果が高まる。
【0023】
図7は、本発明に係る釣竿の要部の第6形態例(第6発明)を示す。管状の竿杆、即ち、竿管10の内部であって、リール装着部本体12の後端付近に補強部材18を配設している。その前端位置はリール装着部本体の領域に位置しており、後端位置は中間グリップG1の領域に位置している。従って、リール装着部本体後端近くの折曲状撓みが効果的に防止できる。この補強部材は、上記中間部材14と同様な硬さが好ましい。これによってリール装着部本体後端部における竿管10の応力集中も防止可能である。
【0024】
撓みをさせる中間グリップG1(グリップ領域)側端部における応力集中を効果的に防止するには、第7形態例(第6発明)を示す図8のように、補強部材18’の肉厚をその端部に向かって漸減させるとよい。応力集中防止のためでは、リール装着部本体側端部についても漸減させる方が好ましい。
【産業上の利用可能性】
【0025】
本発明は、ルアー竿、フライ竿、船竿に利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】図1は本発明に係る釣竿としてのルアー竿の要部の部分断面側面図である。
【図2】図2は図1の竿杆の成形説明図である。
【図3】図3は本発明に係る第2形態例の要部図である。
【図4】図4は本発明に係る第3形態例の要部図である。
【図5】図5は本発明に係る第4形態例の要部図である。
【図6】図6は本発明に係る第5形態例の要部図である。
【図7】図7は本発明に係る第6形態例の要部図である。
【図8】図8は本発明に係る第7形態例の要部図である。
【符号の説明】
【0027】
10 竿杆
12 リール装着部本体
F1 移動フード
F2 固定フード
G グリップ領域




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013