米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> ダイワ精工株式会社

発明の名称 釣竿
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−60996(P2007−60996A)
公開日 平成19年3月15日(2007.3.15)
出願番号 特願2005−251531(P2005−251531)
出願日 平成17年8月31日(2005.8.31)
代理人 【識別番号】100058479
【弁理士】
【氏名又は名称】鈴江 武彦
発明者 江塚 尚之 / 大津 武則 / 大田 勲 / 竹内 真一
要約 課題
穂先部に装着された釣糸結着部の抜けや脱落を防止した釣竿を提供すること

解決手段
釣糸を結着する釣糸結着部14を支える筒状軸杆18を備え、この筒状軸杆18を金属製の穂先部12aに、軸方向の相対移動を規制する凹部16と凸部22とで形成した保持手段で保持させた釣竿。
特許請求の範囲
【請求項1】
釣糸を結着する釣糸結着部を支える筒状軸杆を備え、この筒状軸杆を金属製の穂先部に、軸方向の相対移動を規制する保持手段で保持させたことを特徴とする釣竿。
【請求項2】
前記筒状軸杆の軸方向に沿って、前記釣糸結着部が外部に露出する位置とこの釣糸結着部の全体を内部に収納する位置との間を移動可能な筒状保持体を備えることを特徴とする請求項1に記載の釣竿。
【請求項3】
前記保持手段は、前記金属製の穂先部の外周に周方向に沿って延設された凹部と、前記筒状軸杆の内周から突出させた周方向に延びる凸部とを有し、この凸部を、前記凹部に圧入することにより、金属製の穂先部に筒状軸杆が圧着固定されることを特徴とする請求項1又は2に記載の釣竿。
【請求項4】
前記保持手段は、前記金属製の穂先部の外周に周方向に沿って設けられた凸部と、前記筒状軸杆の内周に凹部又はこの筒状軸杆を半径方向に貫通する貫通孔を設け、前記凸部を、前記凹部又は貫通孔に嵌合させることにより、金属製の穂先部に筒状軸杆を固定したことを特徴とする請求項1又は2に記載の釣竿。
【請求項5】
前記保持手段は、前記凹部が0.1mm以上の深さを有することを特徴とする請求項3又は4に記載の釣竿。
【請求項6】
前記保持手段は、金属製の穂先部と筒状軸杆との互いに嵌合する部位で、軸方向に沿って複数箇所に設けられることを特徴とする請求項1から5のいずれか1つに記載の釣竿。
【請求項7】
前記保持手段は、金属製の穂先部と筒状軸杆とのそれぞれに設けられ、互いに螺合によって固定されるねじ部を有することを特徴とする請求項1又は2に記載の釣竿。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、釣竿に関し、特に、釣糸を先端に結着する釣糸結着部の基端を支える筒状軸杆を穂先部に保持させた釣竿に関する。
【背景技術】
【0002】
例えば鮎竿あるいは渓流竿等のように、穂先部に釣糸の道糸を結着する釣竿には、釣糸を結着する釣糸結着部を、筒状軸杆を介して穂先部に接着固定し、この筒状軸杆の軸線を中心として回転自在に支え、この釣糸結着部を軸方向に移動自在の筒状保持体で釣糸結着部から釣糸が脱落するのを防止したものが知られている(例えば特開2000−157108参照)。
【特許文献1】特開2000−157108
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、このような従来の釣竿では、釣糸結着部を支える筒状保持体が、繊維強化樹脂プリプレグ等により中空あるいは中実に形成された穂先竿の外周に、接着剤を介して固定される。穂先竿は極めて細径の構造を有し、この細径の穂先竿の外周に嵌合する筒状軸杆も細径構造に形成されるため、接着状態にバラツキが生じ易く、一方、このような接着状態は、外部からは確認することができない。したがって、穂先部に対する釣糸結着部の固定強度にもバラツキが生じる。
【0004】
本発明は、このような事情に基いてなされたもので、穂先部に装着された釣糸結着部の抜けや脱落を防止した釣竿を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記目的を達成するため、本発明によると、釣糸を結着する釣糸結着部を支える筒状軸杆を備え、この筒状軸杆を金属製の穂先部に、軸方向の相対移動を規制する保持手段で保持させた釣竿が提供される。
前記筒状軸杆の軸方向に沿って、前記釣糸結着部が外部に露出する位置とこの釣糸結着部の全体を内部に収納する位置との間を移動可能な筒状保持体を更に備えてもよい。
【0006】
前記保持手段は、前記金属製の穂先部の外周に周方向に沿って延設された凹部と、前記筒状軸杆の内周から突出させた周方向に延びる凸部とを有し、この凸部を、前記凹部に圧入することにより、金属製の穂先部に筒状軸杆を圧着固定することができる。
【0007】
これとは逆に、前記保持手段は、前記金属製の穂先部の外周に周方向に沿って設けられた凸部と、前記筒状軸杆の内周に凹部又はこの筒状軸杆を半径方向に貫通する貫通孔を設け、前記凸部を、前記凹部又は貫通孔に嵌合させることにより、金属製の穂先部に筒状軸杆を固定してもよい。
【0008】
このような保持手段は、凹部が0.1mm以上の深さを有することが好ましい。
また、保持手段は、金属製の穂先部と筒状軸杆との互いに嵌合する部位で、軸方向に沿って複数箇所に設けてもよい。
また、保持手段は、金属製の穂先部と筒状軸杆とのそれぞれに設けられ、互いに螺合によって固定されるねじ部を有することもできる。
【発明の効果】
【0009】
本発明の釣竿によると、金属製の穂先部に、例えば凹部と凸部との圧着による保持手段で、筒状軸杆が保持されることにより、釣糸結着部を支える筒状軸杆の固定強度を高めることができ、筒状軸杆および釣糸結着部が穂先部から抜け落ち難い。
釣糸結着部が外部に露出する位置とこの釣糸結着部の全体を内部に収納する位置との間を移動可能な筒状保持体を更に備える場合には、釣糸結着部を保護し、釣糸が意に反して外れるのを防止することができる。
【0010】
このような保持手段の凹部が0.1mm以上の深さを有する場合には、金属製の穂先部に対して確実かつ容易に固定することができる。
保持手段が、ねじ部で形成される場合には、より強固な固定強度が得られると共に、固定する部位における固定曲がりが発生し難く、取付けおよび取外しが容易である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
図1および図2は、本発明の好ましい実施形態による釣竿10の穂先部を示す。
本実施形態の釣竿10は、例えば鮎竿あるいは渓流竿として大きく撓むことができると共に魚信に敏感な金属製の穂先竿12を備え、この穂先竿12の先端部すなわち穂先部12aに、釣糸を結着するためのフック状の釣糸結着部14を有する結着装置Kを取付けてある。
【0012】
この穂先竿12は、例えばNi−Ti系合金、Ni−Ti−Fe系合金、Ni−Ti−Cu系合金、Ni−Ti−Cr系合金等、伸び率が3%以上(具体的には5〜8%程度)で、例えば軸方向の引張り荷重で約3%以上の伸びを生じさせる状態に形状変化をさせた際に、約70%以上の復元率で元の形状に回復することができる超弾性合金で形成してある。この穂先竿12は、その全体をこのような超弾性合金により、中実構造あるいは中空構造に形成することができる。このような穂先竿12の先端部は、先側と元側とが同径のストレート形状が好ましいが、外周面を緩いテーパ状に形成した先細り形状であってもよい。
【0013】
なお、穂先竿12は、全体を超弾性合金で形成することに代え、図示しない芯材にこのような超弾性合金を用い、その外側に繊維強化樹脂層を形成してもよい。この繊維強化樹脂層を外側に設ける場合は、超弾性合金の弾性率が約64N/mmのときに、約4.9〜294N/mmの範囲の弾性率を持つ炭素繊維強化樹脂あるいはガラス繊維強化樹脂を用いることが好ましい。このような繊維強化樹脂層を外側に形成する場合であっても、上述の結着装置Kを取付ける穂先部12aには、このような樹脂層で覆われることなく、外周部には金属を露出させることが好ましい。
【0014】
本実施形態の釣竿10は、このような金属製の穂先竿12の先端部である穂先部12aに、この外周に周方向に沿って断面が略矩形状の凹部16を延設してあり、この凹部16を介して釣糸用の結着装置Kを取付けることができる。
【0015】
この結着装置Kは、釣糸結着部14を支える筒状軸杆18を備え、この筒状軸杆18が穂先部12aの外周部に嵌合される。本実施形態の筒状軸杆18は、基端側が開口しかつ先端側が閉じ、穂先部12aの外面との間に略0.1mm程度の僅かな間隙を形成する内孔20を有する。この筒状軸杆18の内孔20内に、先端が内孔20の閉端部に当接するまで穂先竿12の穂先部12aを挿入し、穂先部12aに形成した凹部16に対応した部位を筒状軸杆18の外側からカシメ等により、この凹部16内に筒状軸杆18の一部が形成する凸部22を圧入させることで、穂先部12aに対する筒状軸杆18の軸方向の相対移動を規制することができる。したがって、本実施形態では、穂先部12aの外周に形成した凹部16と筒状軸杆18の内周から突出して凹部16内に圧入される凸部22とが、穂先竿12の穂先部12aと結着装置Kの筒状軸杆18との軸方向の相対移動を規制する保持手段を形成する。
【0016】
この筒状軸杆18の先端側には、周方向溝24を形成した首部26を穂先部12aと同軸状に形成してある。一方、釣糸結着部14の元側には頭部28が一体に設けられ、この頭部28の元側から延びるスカート部30がこの首部26の外周上に装着される。このスカート部30の外径は、頭部28よりも僅かに縮径されており、頭部28との間に段部29が形成される。また、スカート部30の内周からは、カシメ等によりスカート部30の一部で形成した突出部32が周方向溝24内に突入して、この周方向溝24と緩く嵌合する。これにより、釣糸結着部14が穂先部12a上に、軸方向移動不能でかつ穂先部12aの軸線を中心として回転自在に装着され、結着した釣糸が捩れるのを防止する。本実施形態では、筒状軸杆18の首部26は、内孔20を形成した部位の外径よりも、スカート部30の肉厚分だけ小径に形成してあり、スカート部30の端部が筒状軸杆18の外周面上に段部を形成することはない。換言すると、スカート部30の外径は、筒状軸杆18の内孔20を形成した部位の外径とほぼ等しい。
【0017】
また、筒状軸杆18の元側部には、少なくとも周方向の一部を外方に突出させた膨出部34を形成してある。この膨出部34の先側は、穂先部12aの軸線に対して僅かな角度で先細状に傾斜する傾斜部36を有する。この傾斜部36は、後述する筒状保持体38の後縁部を係止することができ、穂先部12aを下向きにして配置したときに、この筒状保持体38が自重で先端側に滑落するのを阻止する。
【0018】
筒状保持体38は、筒状軸杆18の外側に装着され、先側の端部を外方に折り返して滑らかな湾曲面に形成した円筒状形状を有し、図1の(A)に示す引込位置と、図1の(B)に示す突出位置との間を軸方向に移動することができる。この筒状保持体38の内径は、釣糸結着部14を突出させた頭部28よりも、先側が僅かに大きく、元側が僅かに小さく形成してあり、引込位置に配置されて元側を膨出部34の傾斜部36で係止されたときに、釣糸結着部14を露出して釣糸結着操作を容易とし、突出位置に配置されたときに、釣糸結着部14を完全に覆い、フック状形状の釣糸結着部14から釣糸が脱落するのを防止する。突出位置に配置されたときに、筒状保持体38の先側端部が滑らかな湾曲面で形成されているため、釣糸を傷つけることはない。
【0019】
更に、この筒状保持体38は、突出位置に配置されたときに、頭部28の先側に係合する小突部40を内周側に突出させてある。これにより、魚釣中に、釣糸結着部14に一端を結ばれた釣糸に作用する力で、筒状保持体38が意に反して引込位置に戻るのを防止する。また、図示の筒状保持体38は、引込位置にあるときに筒状軸杆18の首部26に形成した周方向溝24および突出部32を露出させ、突出位置にあるときに穂先部12aの凹部16および突部22を露出させる長さに形成してあるが、一方の位置にあるときに、周方向溝24および凹部16の双方がこの筒状保持体38の外側に配置される長さに形成してもよい。
【0020】
このような結着装置Kを形成する筒状軸杆18および筒状保持体38は、例えばSUS、真鍮、アルミニウム合金あるいはチタン等の金属の他、繊維強化樹脂やセラミックス等の適宜の材料で形成することができる。特に、筒状軸杆18を金属で形成する場合には、金属製の穂先部12aとの固定強度を高めることができ、この筒状軸杆18および釣糸結着部14が穂先部12aから抜け落ちるのを防止することができる。また、釣糸結着部14、頭部28およびスカート部30は十分な強度を持つ金属で形成することが好ましい。
【0021】
このような結着装置Kを穂先部12aに取付ける場合は、釣糸結着部14と筒状軸杆18と筒状保持体30とから釣糸の結着装置Kを組立てた後、以下のように行うことが好ましい。
まず、金属製の穂先部12aの外面に接着剤を塗布し、筒状軸杆18の内孔20内に挿入する。このとき、筒状軸杆18の内孔20の内面にも接着剤を塗布してもよい。
筒状軸杆18の開口端から漏出した余分の接着剤を払拭した後、筒状軸杆18の穂先部12aの凹部16に対応した部位を、カシメ等により圧着し、凸部22を凹部16内に圧入する。この凸部22は、筒状軸杆18の全周にわたって連続的に形成してもよく、あるいは、不連続状態に少なくとも一箇所に形成してもよい。穂先部12aの外径と筒状軸杆18の内孔20の内径との差は、0.1mm程度であるため、簡単かつ確実に圧着することができ、ガタツキを生じさせることもない。
【0022】
図2に示すように、この穂先部12aと筒状軸杆18とが金属で形成されている場合には、凹部16の深さdがほぼ0.1mm以上に形成されていることが好ましい。このような凹部16に圧入される凸部22は、凹部16の側壁部16aに係合する側部を内孔20の周面から略直角に立上げることも可能である。しかし、凹部16の側壁部16aに係合するものであれば、凸部22の側部を傾斜面で形成しあるいは湾曲面で形成してもよい。いずれの場合も、その形状的な係合により、これらの2つの部材を確実に抜け止め係合させることができる。また、圧着は、凹部16と凸部22との噛合いを生じさせる場合に限らず、穂先部12aの円筒状外面とこれに対向する筒状軸部18の円筒状内面とを、互いに圧接する状態として、その押圧力で、これらの2つの部材を抜け止め係合させてもよい。但し、この場合の固定力は、凹部16と凸部22とを嵌合させた場合よりも低下するため、それぞれの係合面を粗面状に形成しておくことが好ましい。
【0023】
このように圧着した後、接着剤が硬化するまで、筒状軸杆18側すなわち穂先部12aを上側にした状態に保持し、筒状軸杆18を所要位置に保持しておくことが好ましい。
【0024】
なお、筒状軸杆18と穂先部12aとの圧着は、接着剤が硬化した後に行っても良い。特に、エポキシ樹脂系の接着剤を使用した場合には、この接着剤が硬化した後も弾性を有しているため、圧着により接着層を破壊する虞はないからである。なお、接着剤は、このようなエポキシ樹脂系の他にも、シアノアクリレート系、塩化ビニール系、嫌気性アクリル系であってもよい。また、上述とは逆に、接着剤を塗布することなく、筒状軸杆18と穂先部12aと圧着し、この後、例えばシアノアクリレート系接着剤等の瞬間接着剤をその隙間から流し込んでもよい。
【0025】
このように釣糸結着装置Kを穂先部12aに取付けられた釣竿10は、金属製の穂先部12aと筒状軸杆18とを、互いに形状的に噛合いあるいは押圧する強固な保持手段で連結したことにより、固定強度を高めることができ、筒状軸杆18が穂先部12aから抜け落ちるのを防止することができる。
【0026】
図3は、種々の変形例による釣竿10を示す。なお、図3に示す変形例も基本的には上述の実施形態と同様であるため、同様な部位には同様な符号を付し、その詳細な説明を省略する。
【0027】
図3の(A)は、上述の実施形態における保持手段の凹部16に代えて、穂先部12aの外周に周方向に沿って凸部42を連続的に設け、内孔20の内面にこの凸部42が嵌合する周方向凹部44を周方向に沿って設けたものである。また、図3の(B)は、穂先部12aの外周に、周方向に沿って一定の間隔をおいて複数の凸部46を設け、筒状軸杆18の壁面を半径方向に貫通する貫通孔48を凸部46に対応させて設けたものである。いずれの保持手段も、その形状的な噛合いにより、釣糸結着部14を支える筒状軸杆38の固定強度を高めることができ、筒状軸杆38が穂先部12aから抜け落ち難い構造を形成する。
【0028】
また、図3の(C)は、穂先部12aの先端と筒状軸杆38の内孔20とに互いに螺合するねじを形成したねじ結合部50により、これらの穂先部12aと筒状軸杆38とを固定したものである。この場合には、結着装置Kの着脱が可能であり、必要に応じて結着装置Kのみを交換することができる。
【0029】
更に、図3の(D)は、図1に示す実施形態と同様な凹部16が軸方向に間隔をおいて、例えば2箇所等の複数位置に配置し、これに対応する凸部22を内孔20の内面に形成したものである。この場合には、複数部位で穂先部12aと結着装置Kの筒状軸杆38とを固定することができるため、より強固な固定強度が得られると共に、固定曲がり、すなわちカシメ等の圧着力が周方向に沿って不均等に作用することにより、筒状軸杆38が穂先部12aの軸線に対して曲がる状態となることが防止される。
【0030】
なお、図3の(D)の変形例のように、穂先部12aの軸方向に沿う複数部位で筒状軸杆18を固定する場合には、その一方に、例えば図3の(A)に示す凸部42あるいは図3の(B)に示す凸部46を用いることも可能である。
また、上述の実施形態あるいは変形例では、釣糸結着部14の先側をフック状に形成し、このフック状に形成した部分に釣糸を掛けるようにしたが、これに限らず、螺旋状構造あるいはチチ輪状構造等の種々の構造に形成することができる。フック状構造に代えて、例えばリング状等の釣糸が抜け出る可能性の低い構造を採用する場合には、筒状保持体32を省略することも可能である。この場合には、竿先部の軽量化が促進される。
【図面の簡単な説明】
【0031】
【図1】本発明の好ましい実施形態による釣竿の先端部を示し、(A)は釣糸結着部を露出した状態の説明図、(B)は釣糸結着部を筒状保持体で覆った状態の説明図。
【図2】図1に示す穂先部と筒状軸杆とを結合する保持手段の拡大図。
【図3】種々の変形例を示し、(A)は穂先部に周方向に連続する凸部を有する保持手段を有する釣竿の先端部の説明図、(B)は周方向に沿う複数の凸部を有する保持手段の説明図、(C)はねじを用いた保持手段を有する釣竿の先端部の説明図、(D)は軸方向に沿って設けた複数の保持手段を有する釣竿の先端部の説明図。
【符号の説明】
【0032】
10…釣竿、12…穂先竿、12a…穂先部、14…釣糸結着部、16…凹部(保持手段)、18…筒状軸杆、22…凸部(保持手段)、38…筒状保持体。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013