米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> ダイワ精工株式会社

発明の名称 魚釣用リール
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−37556(P2007−37556A)
公開日 平成19年2月15日(2007.2.15)
出願番号 特願2006−309886(P2006−309886)
出願日 平成18年11月16日(2006.11.16)
代理人 【識別番号】100097559
【弁理士】
【氏名又は名称】水野 浩司
発明者 堤 わたる
要約 課題
歯車と軸の回り止め部分において、芯出しの精度を高くすると共に歯車の傾きを無くし、異音や振動の発生を防止して低コストが図れる魚釣用リ−ルを提供する。

解決手段
本発明の魚釣用リールは、駆動機構の回転で回転される回転軸2aの外周に非円形状の回り止め部bと円形状の支持部aを形成し、歯車3の一側内部に非円形状の回り止め部bに嵌合する凹部からなる嵌合部3dと該歯車3の円筒部3aに円形状の支持部aに嵌合する中心孔3cを形成し、歯車3の円筒部3aをリール本体1に設けた軸受11に軸承して歯車3を直接回転支持すると共に、回転軸2aの円形状の支持部aと歯車3の円筒部3aとの嵌合する間に弾性部材13を介在させたたことを特徴とする。
特許請求の範囲
【請求項1】
リールの構成部品を収容するリール本体と、該リール本体内に釣糸をスプールに巻回する駆動機構を設けた魚釣用リールにおいて、
前記駆動機構の回転で回転される回転軸の外周に非円形状の回り止め部と円形状の支持部を形成し、歯車の一側内部に前記非円形状の回り止め部に嵌合する凹部からなる嵌合部と該歯車の円筒部に前記円形状の支持部に嵌合する中心孔を形成し、
該歯車の円筒部を前記リール本体に設けた軸受に軸承して該歯車を直接回転支持すると共に、前記回転軸の円形状の支持部と前記歯車の円筒部との嵌合する間に弾性部材を介在させたことを特徴とする魚釣用リール。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
この発明は、リ−ル本体内に設けた駆動機構の回転で回転される回転軸と歯車の回り止め嵌合部のガタを防止するように改善した魚釣用リ−ルに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、魚釣用リ−ルは、リ−ル本体内部に巻取り駆動機構やオシレ−ト機構を収容しており、該巻取り駆動機構及び該オシレ−ト機構へは、リ−ル本体に回転可能に取り付けられたハンドルの回転駆動力が歯車列を介して動力伝達されている。歯車は通常、軸に回り止め嵌合されており、その構成は、軸にスリ割り等の非円形部を形成し、同様に形状の孔を歯車に加工して双方を嵌合させることで行う構成であるが、この場合、非円形部にガタを生じ易く、又、軸と歯車の芯出しが難しい為、歯車が偏芯することが有り、早急な改善が望まれていた。
【0003】
前記の不具合を解消するべく、例えば、特許文献1には、歯車に円形の孔を形成すると共に、非円形部を形成し、軸部の円形部と歯車の円形部とで芯出しを行いながら、軸部の非円形部に係合した突起を有するプレ−トに歯車の非円形部を係合させることで芯出しの精度を上げながら回り止めする技術が記載されている。
【特許文献1】特開平9−313079号
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、上記した公知技術は、芯出しの精度は向上するが、歯車と軸の回り止めを、別部材を介して行っている為、ラジアルガタが大きく、又、スラスト方向のガタを抑えることが出来ない為、通常巻取り時に異音や振動を発生させてしまう。特に、非円形部にガタが生じ易くなると、歯車が傾き易くなり、これにより噛み合い不良が生じたり、歯面の偏磨耗が生じてしまい、これが、異音や振動の発生につながり、かつ耐久性を低下させてしまう。更に、部品点数が多く組み込み難い為、製造・組立コストが嵩み、リ−ルが高価となってしまう。
【0005】
本発明は、上記した問題に着目してなされたものであり、歯車と軸の回り止め部分において、芯出しの精度を高くすると共に歯車の傾きを無くし、更には、異音や振動の発生を防止して低コストが図れる魚釣用リ−ルを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、本発明は、リールの構成部品を収容するリール本体と、該リール本体内に釣糸をスプールに巻回する駆動機構を設けた魚釣用リールにおいて、前記駆動機構の回転で回転される回転軸の外周に非円形状の回り止め部と円形状の支持部を形成し、歯車の一側内部に前記非円形状の回り止め部に嵌合する凹部からなる嵌合部と該歯車の円筒部に前記円形状の支持部に嵌合する中心孔を形成し、該歯車の円筒部を前記リール本体に設けた軸受に軸承して該歯車を直接回転支持すると共に、前記回転軸の円形状の支持部と前記歯車の円筒部との嵌合する間に弾性部材を介在させたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、歯車と軸の回り止め部分において、芯出しの精度が高くかつ歯車の傾きが無くなり、異音や振動の発生を防止して低コストが図れる魚釣用リ−ルが得られる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
図1から図4は、本発明に係る魚釣用リールの一実施形態である魚釣用スピニングリールを示しており、図1は魚釣用スピニングリ−ルの要部断面平面図、図2は魚釣用スピニングリ−ルの要部拡大断面平面図、図3は回転軸と歯車の分解拡大断面平面図、図4は回転軸と歯車の分解斜視図である。
【0009】
魚釣用スピニングリ−ルは、リ−ル本体1の一側開口が蓋体10で閉塞され、蓋体10はリ−ル本体1に形成された図示しないビスで取り付けられている。リ−ル本体1に取り付けられた防水軸受11に回転体2の回転軸2a他側外周が歯車3の円筒部3aを介して軸承され、蓋体10に取り付けられた防水軸受12で回転体2の回転軸2aの一側外周が軸承されている。回転軸2aの外周一側には駆動歯車2bが一体に形成され、回転軸2aの外周他側に鍔部2cと切欠き2dで非円形状の回り止め部bと円形状の支持部aと周溝2eが形成されている。周溝2eにはOリングからなる弾性部材13が嵌められている。非円形状の回り止め部bと円形状の支持部aに歯車3が嵌合されて回り止めされている。
【0010】
歯車3には円筒部3aと歯部3bと中心孔3cが形成され、中心孔3cの一側内部に非円形状の回り止め部bが嵌合される凹部からなる嵌合部3dが形成されている。
【0011】
回転軸2aには、図2に示すように、右側の端部から左側に向けて雌ネジ穴2fとバカ穴2gと雌ネジ穴2hとバカ穴2jが形成されている。前記雌ネジ穴2fにはハンドル軸4の雄ネジ4aが螺合される。この時ハンドル軸4の雄ネジ4bはバカ穴2gの中に挿入されている。ハンドル軸4の左右交換で雄ネジ4bが雌ネジ穴2hに螺合される時は、雄ネジ4aはバカ穴2iの中に挿入される。ハンドル軸4にはハンドル14が折り畳み可能に連結されている。
【0012】
リ−ル本体1の前部には防水軸受15で回転軸筒5が回転自在に軸受されると共に前側に突出されている。軸受15より前側の回転軸筒5の外周に逆転防止爪車16とロ−タ6の中心軸筒6aが嵌合されてナット17で固定されている。回転軸筒5の基端5aは軸受部1aの透孔1bで回転自在に軸承され、基端5aの前側に一体的に形成されたピニオン5bに駆動歯車2bが噛合されてロ−タ6はハンドル14の回転に連動して回転されるように支持されている。回転軸筒5の中心孔5cには先端にスプ−ル18が取り付けられたスプ−ル軸7が前後往復動可能に摺動自在に挿入され、スプ−ル軸7の後端の回り止め部7aに摺動体8がビス19で取り付けられている。
【0013】
ロ−タ6は中心軸筒6aで回転軸筒5に取り付けられ、中心軸筒6aと前壁6bと大径の筒部6cと大径の筒部6cの基部6d、6eの外周から前方に向けて突出された一対の支持腕6f、6gとで形成されている。一対のベ−ル支持腕6f、6gの先端部外側に一方のベ−ル支持部材20と他方のベ−ル支持部材21がビス22、23で釣糸巻取位置と釣糸放出位置に反転自在に軸承されている。一方のベ−ル支持部材20には釣糸案内ロ−ラ24の取付部25が取り付けられている。他方のベ−ル支持部材21と釣糸案内ロ−ラ24の取付部25の間にベ−ル26が取り付けられている。スプ−ル18に巻回された釣糸27は釣糸案内ロ−ラ24で案内されて引き出される。
【0014】
摺動体8は板状の本体部8aと突出部8bとで形成されている。本体部8aには縦方向の係合溝8cが形成され、突出部8bに横向きの回り止め透孔8dが形成されている。更に突出部8bには回り止め透孔8dと直交するビス孔8eが形成されてビス19が挿入されている。摺動体8はリ−ル本体1の前後方向に設けた図示しない軸杆によってスプ−ル軸7に対する回転方向の動きの規制を図りながら前後方向に移動案内可能に設けられている。摺動体8と連動歯車9の対向面は互いに接触しないように間隙が形成されて摺動体8を前後方向に移動案内している。
【0015】
リ−ル本体1内の側壁面に軸筒からなる支持部1cが形成されて支持部1cに連動歯車9が転がり軸受28を介して軸承されると共に、側壁面に形成されたリブからなる環状の台部1d上に載せられている。連動歯車9は平歯車状に形成されて外周に歯部9aが形成され、中心に軸孔9bが形成されて一側面の偏心位置に係合突部9cが形成されている。連動歯車9の中心の軸孔9bに転がり軸受28が挿入されて転がり軸受28はリ−ル本体1内の軸筒からなる支持部1cに螺合されたビス29で抜け止めされている。連動歯車9の係合突部9cは摺動体8の係合溝8cに挿入されている。連動歯車9は回転軸2a外周に回り止め嵌合された歯車3に噛合されている。本実施形態では、歯車3と連動歯車9と摺動体8でスプ−ル18とスプ−ル軸7が前後往復動可能のオシレ−ト機構が構成されている。
【0016】
スプ−ル18は、釣糸27が巻回される外周の釣糸巻回胴部18aと、前側の鍔部18bと、後側の大径の筒部18cとで形成されている。
【0017】
魚釣用スピニングリ−ルの動作は、一方のベ−ル支持部材20と他方のベ−ル支持部材21が釣糸巻取位置にあって釣糸27がスプ−ル18に巻回される方向にハンドル14が回転されると、駆動歯車2bが回転されてピニオン5bを介して回転軸筒5が回転され、ロ−タ6が回転される。駆動歯車2bが回転されると、回転軸2aが回転されて歯車3が回転され、連動歯車9が回転される。連動歯車9の回転で摺動体8が係合突部9cで直線往復動されてスプ−ル軸7とスプ−ル18が直線往復動され、一方のベ−ル支持部材20に設けられた釣糸案内ロ−ラ24で釣糸27が案内されて前後に往復動されるスプ−ル18に平行に巻回される。即ち連動歯車9の回転運動で摺動体8とスプ−ル軸7とスプ−ル18が直線往復運動に変換される。
【0018】
回転体2の回転で駆動力が伝達される歯車3は、回転体2の回転軸2aの円形状の支持部aに歯車3の円筒部3aが嵌合されてOリングからなる弾性部材13が介在され、回転軸2aの非円形状の回り止め部bと歯車3の凹部からなる嵌合部3dで回り止めされて回転軸2aの駆動力が歯車3に伝達される。
【0019】
前記のように魚釣用リ−ルが構成されると、回転体2の回転軸2aの円形状の支持部aに歯車3の円筒部3aが嵌合されて回転軸2aの非円形状の回り止め部bと歯車3の凹部からなる嵌合部3dで回り止めされて回転軸2aの駆動力が歯車3に伝達されるから、公知技術と比較して、部品点数が少なく、組み込み易いので、製造コスト及び組立コストを押さえることが出来る。また、回転体2の回転軸2aの円形状の支持部aと歯車3の円筒部3aの間にOリングからなる弾性部材13を介在させることで、回転軸2aと歯車3の嵌合部のガタ付きが減り、特に軽負荷時においてガタをゼロとすることが出来るので、通常巻取り時の振動や異音を防止出来る。
【0020】
さらに、歯車3の円筒部3aの中に回転体2の回転軸2aを嵌合し、円筒部3aを軸受11に軸承して歯車3を直接回転支持するので、歯車3の傾きによる噛み合い不良を解消出来、歯面の偏摩耗を防ぐこととなり、異音及び振動を防止し且つ耐久性が著しく向上する。この場合、回転体2の回転軸2aの円形状の支持部aと歯車3の円筒部3aの間にOリングからなる弾性部材13を介在させることで、異音及び振動を防止し且つ耐久性を向上させると同時に、回転軸2aと歯車3間からの水の浸入を阻止出来るので、高耐久性且つ高い防水性を備えたリ−ルを提供することが可能となる。
【0021】
また、回転軸2aの非円形状の回り止め部bと歯車3の凹部からなる嵌合部3dで回り止めを行い、回転軸2aの円形状の支持部aと歯車3の円筒部3aで芯出しと軸支を行うので、歯車3の支持精度が高くなり、且つ、円形状の支持部aに弾性部材13を介在させることで弾性部材13の保持溝を形成し易くなり、加工が簡単となる上に、歯車3と回転軸2aとの嵌合部のガタ付きが減り、特に軽負荷においてガタをゼロとすることが出来るので、通常巻取り時の振動や異音を防止出来る。
【0022】
図5は、本発明の第2の実施形態を示す図であり、上記した魚釣用スピニングリールにおける回転軸と歯車の拡大断面平面図である。
【0023】
この実施形態では、回転体2の回転軸2aの非円形状の回り止め部bをピン30で構成し、歯車3にピン30が嵌合可能な凹部からなる嵌合部3eが形成されている。他の構成は前記第1の実施形態と略同一である。
【0024】
以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明は、上記した魚釣用スピニングリール以外にも、両軸受型リール等、他の形式の魚釣用リールにおける各種の回転軸と歯車の回り止め嵌合部に適用することが可能である。例えば、オシレート機構における螺旋溝が形成された駆動軸と、それに嵌合され、ドライブギヤによって回転駆動される歯車部分に適用することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0025】
【図1】魚釣用リールの第1の実施形態を示しており、魚釣用スピニングリ−ルの要部断面平面図。
【図2】魚釣用スピニングリ−ルの要部拡大断面平面図。
【図3】回転軸と歯車の分解拡大断面平面図。
【図4】回転軸と歯車の分解斜視図。
【図5】第2の実施形態を示す図であり、魚釣用スピニングリールにおける回転軸と歯車の拡大断面平面図。
【符号の説明】
【0026】
1 リ−ル本体
2a 回転軸
3 歯車
3a 円筒部
3d、3e 嵌合部
13 弾性部材
a 円形状の支持部
b 非円形状の回り止め部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013