Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
野菜収穫機 - 井関農機株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 井関農機株式会社

発明の名称 野菜収穫機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−28992(P2007−28992A)
公開日 平成19年2月8日(2007.2.8)
出願番号 特願2005−216983(P2005−216983)
出願日 平成17年7月27日(2005.7.27)
代理人 【識別番号】100077779
【弁理士】
【氏名又は名称】牧 哲郎
発明者 石田 伊佐男 / 小田切 元 / 高木 真吾 / 岩部 孝章
要約 課題
簡易な構成の尻尾切断装置により、確実に尻尾を切断することができる野菜収穫機を提供する。

解決手段
野菜収穫機は、圃場から取出した作物の茎葉を挟持して吊下げ姿勢で作物を上昇搬送する挟持搬送装置(4)と、この挟持搬送装置(4)の下方で吊下げ姿勢の作物の尻尾を切断する尻尾切断装置(4a)とを備えて作物を収穫走行可能に構成され、上記尻尾切断装置(4a)は、横軸回転動作する外周刃(12)と、この外周刃(12)の作用領域まで尻尾を案内する案内路(13s)を形成したガイド板(13)とからなり、このガイド板(13)の案内路(13s)は、挟持搬送装置(4)の搬送方向に対して斜め方向に延びる斜行部(13t)を備えるものである。
特許請求の範囲
【請求項1】
圃場から取出した作物の茎葉を挟持して吊下げ姿勢で作物を上昇搬送する挟持搬送装置(4)と、この挟持搬送装置(4)の下方で吊下げ姿勢の作物の尻尾を切断する尻尾切断装置(4a)とを備えて作物を収穫走行する野菜収穫機において、上記尻尾切断装置(4a)は、横軸回転動作する外周刃(12)と、この外周刃(12)の作用領域まで尻尾を案内する案内路(13s)を形成したガイド板(13)とからなり、このガイド板(13)の案内路(13s)は、挟持搬送装置(4)の搬送方向に対して斜め方向に延びる斜行部(13t)を備えることを特徴とする野菜収穫機。
【請求項2】
前記ガイド板(13)は、外周刃(12)の作用領域の範囲の案内路(13s)を平面視で挟持搬送装置(4)の搬送方向(S)に揃えて形成したことを特徴とする請求項1記載の野菜収穫機。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、挟持搬送装置と尻尾切断装置とを備えてニンジン等の作物を収穫走行しつつその下端から延びる尻尾を切断する野菜収穫機に関するものである。
【背景技術】
【0002】
特許文献1に示される野菜収穫機が知られている。この野菜収穫機は、挟持搬送装置と尻尾切断装置とを備えることにより、ニンジン等の作物を収穫走行しつつその尻尾を切断することができる。
【0003】
詳細には、挟持搬送装置は、圃場から取出した作物の茎葉を挟持して吊下げ姿勢で作物を上昇搬送し、これを走行機体の走行速度と対応稼動することにより、作物を引抜いて直立姿勢で上昇搬送する。尻尾切断装置は、回転軸線を車幅方向として横軸回転動作する外周刃と、この外周刃の作用領域まで尻尾を案内する複数の案内路を挟持搬送装置の搬送方向に揃えて形成したガイド板とから構成され、上記挟持搬送装置の下方で作物の尻尾と干渉する位置に配置される。
【0004】
上記挟持搬送装置により圃場作物の茎葉部を挟持して吊下げ姿勢で上昇搬送し、このとき、作物の尻尾が尻尾切断装置のガイド板と干渉し、案内路に沿って外周刃の作用領域まで移送されることにより、尻尾が所定長さに切断される。
【特許文献1】特開2000−270645号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上記構成の尻尾切断装置は、ガイド板の隣接するスリットとスリットとの間のガイドフレーム部に移送されて来た尻尾は、スリットを外れたままガイドフレームの上を通過する場合があり、切断不良の後処理に手数を煩わされるという問題があった。
【0006】
解決しようとする問題点は、簡易な構成の尻尾切断装置により、確実に尻尾を切断することができる野菜収穫機を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1に係る発明は、圃場から取出した作物の茎葉を挟持して吊下げ姿勢で作物を上昇搬送する挟持搬送装置と、この挟持搬送装置の下方で吊下げ姿勢の作物の尻尾を切断する尻尾切断装置とを備えて作物を収穫走行する野菜収穫機において、上記尻尾切断装置は、横軸回転動作する外周刃と、この外周刃の作用領域まで尻尾を案内する案内路を形成したガイド板とからなり、このガイド板の案内路は、挟持搬送装置の搬送方向に対して斜め方向に延びる斜行部を備えることを特徴とする。
上記挟持搬送装置によって吊下げ移送される作物は、その尻尾が尻尾切断装置の案内路の斜行部を斜めに横切ることにより案内路内に導かれる。
【0008】
請求項2に係る発明は、請求項1の構成において、前記ガイド板は、外周刃の作用領域の範囲の案内路を平面視で挟持搬送装置の搬送方向に揃えて形成したことを特徴とする。
上記外周刃の作用領域では、挟持搬送装置の搬送方向に沿って尻尾が安定姿勢で移送される。
【発明の効果】
【0009】
請求項1の構成により、挟持搬送装置によって吊下げ移送される作物は、その尻尾が尻尾切断装置の案内路の斜行部を斜めに横切ることによって案内路内に導かれ、外周刃の作用領域まで案内されて確実に切断処理される。特に尻尾が曲がっている作物の場合に、案内路に案内し易い。
【0010】
請求項2の構成により、尻尾部分が案内路に確実に案内されてから、挟持搬送装置の搬送方向に沿って安定姿勢で外周刃の作用領域の近傍まで移送されることから、外周刃により尻尾を安定して確実に切断することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
上記技術思想に基づいて具体的に構成された実施の形態について以下に図面を参照しつつ説明する。
図1、図2は、それぞれ、本発明に係る野菜収穫機の側面図および平面図である。
野菜収穫機1は、左右のクローラ2、2による走行部によって走行可能に支持された機体に各種作業機器を搭載して構成される。
【0012】
詳細には、機体の先端位置で野菜の茎葉部を引起す引起し装置3、その茎葉部を挟持して引抜き搬送する挟持搬送装置4、その下方で搬送中の作物の尻尾を切り落とす尻尾切断装置4a、挟持搬送装置4の後部に搬送された作物の茎葉部を切断する茎葉切断装置5等が搭載され、また、残葉処理と選別作業のための選別部6、選別された野菜をコンテナに収容するための収容部7、各作業機の稼動操作と機体走行のための運転操作部8等が配置される。
【0013】
尻尾切断装置4aは、詳細には、図3の拡大側面図に示すように、モータ11の回転軸11cについて所定半径位置に等分周位置(図例は4等分周位置)に取付けた外周刃12と、この外周刃12の作用領域まで作物Wの下端部に下垂する尻尾を案内するためのスリット状の案内路13sを形成したガイド板13と、このガイド板13およびモータ11を支える左右のフレーム14a,14bとから構成される。この尻尾切断装置4aは、挟持搬送装置4の下方の機体フレーム1fに取付けられ、回転軸11cを水平に、かつ、平面視で挟持搬送装置4の搬送方向Sと直交して配置する。
【0014】
ガイド板13は、挟持搬送装置4による搬送中の作物Wの尻尾と干渉する位置に配置し、その前半側を略平板状の導入部13aとし、挟持搬送装置4との間の上下距離が次第に縮まるように挟持搬送装置4のベルト搬送方向Sに対して側面視で一定の角度αに傾斜して構成し、また、後半部を外周刃12の作用領域である切断部13bとし、外周刃12に臨んでその回転軌跡に沿うように曲面状に形成する。
【0015】
ガイド板13の案内路13sは、V矢視要部拡大図を図4に示すように、作物Wの尻尾が進入しうる程度の幅の複数のスリットを並列して形成し、少なくとも導入部13aの始端側に、挟持搬送装置4の搬送方向Sに対して方向が傾斜する斜行部13tを形成するとともに、その後方に続く切断部13bでは、搬送方向Sに揃えて形成する。上記斜行部13tの傾斜の程度は、少なくとも隣接の案内路13sのスリット幅が互いにオーバーラップする範囲Lである。
【0016】
このように、案内路13sの各スリット幅が互いにオーバーラップするように斜行部13tを形成することにより、作物Wの尻尾がその移送行程においていずれかの案内路13sに遭遇し、その案内作用を受けることにより、外周刃12の作用領域まで案内路13sに沿って案内されて確実に切断処理される。
【0017】
また、隣接する案内路13s、13sの間のガイドフレーム13fは平滑な平板状に形成する。また、必要により、導入部13aについて、図3におけるA―A線横断面図を図5(a)に示すように、中高の山型状のガイドフレーム13mを形成し、他方の切断部13bについては、B−B線横断面図を図5(b)に示すように、ガイドフレーム13fを平板状に形成することにより、山型状のガイドフレーム13mの傾斜面によって作物Wの尻尾を案内路13sに確実に進入させ、かつ、切断部13bのガイドフレーム13fを外周刃12に近接することができる。
【0018】
更に、図6の正面図(a)および側面図(b)に示す別構成のガイド板16は、前側の案内路13sの長さL1を後側の長さL2より長く形成する。この前側の案内路により根の折れ曲がりを防止して確実に切断することができ、また、後側を短くすることにより強度を確保することができる。
【0019】
尻尾切断装置4aの回転駆動部は、図7の回転軸線についての縦断面図に示すように、外周刃12を保持する回転軸11cおよびモータ11の周辺を覆う防塵カラー21を外周刃12と一体に構成する。この外周刃12と一体に防塵カラー21を構成することにより、遠心力を受ける外周刃12の広がりによるガイド板13との干渉が抑えられて異音の発生を防止できること、モータ11の軸部への泥の侵入が抑えられて軸の破損を防止できること、および、組付けが容易となること等の利点が得られる。
【0020】
次に、引起し装置3は、図8、図9の要部側面図および正面図に示すように、挟持搬送装置4の前方において、横起しベルト31のラグ先端の高さH1が縦起しベルト32のラグ先端の高さH2より下位となる高さ位置に配置する。上記位置関係により、横起しベルト31の方が下がっているために、掘り取りの深さをオペレータが見る時に、横起しベルト31が軽く土を引っかく状態にすることによって深さの目安とすることができる。
また、ソイラ34の先端に補助下葉掬い装置34bを取付け、この補助下葉掬い装置34bの先端は、作物の肩部を損傷しないように、挟持搬送装置4の側(上方)へ向けて形成する。
【0021】
上記縦起しベルト32のラグ先端高さH2は、図10の要部側面図に示すように、隣接条側の分草バー33や下葉掬上げ34aより上位に配置する。この位置関係とすることにより、縦起しベルト32は分草バー33や下葉掬上げ34aに乗った垂れ葉を払い落とすことがない。
【0022】
また、図11の要部側面図に示すように、挟持搬送装置4の先端に下葉掬上げ34aを取付けた場合は、縦起しベルト32のラグ下方に下葉掬上げ34aを配置し、この下葉掬上げ34aの下部にばね力で動く補助下葉掬い装置34bを設ける。この補助下葉掬い装置34bは、分草バーに乗ってきた長さの短い垂れ葉が下葉掬上げ34aの基部空間Aから零れ落ちる下葉をスターホイルへ案内することができる。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】収穫機の側面図である。
【図2】収穫機の平面図である。
【図3】尻尾切断装置の拡大側面図である。
【図4】図3におけるV矢視要部拡大図である。
【図5】図3におけるA―A線横断面図(a)およびB−B線横断面図(b)である。
【図6】別構成のガイド板の正面図(a)および側面図(b)である。
【図7】回転駆動部の縦断面図である。
【図8】引起し装置の要部側面図である。
【図9】引起し装置の要部正面図である。
【図10】引起し装置の要部側面図である。
【図11】別例の引起し装置の要部側面図である。
【符号の説明】
【0024】
1 野菜収穫機
2 走行部
4 挟持搬送装置
4a 尻尾切断装置
6 選別部
7 収容部
8 運転操作部
11c 回転軸
12 外周刃
13 ガイド板
13f ガイドフレーム
13m ガイドフレーム
13a 導入部
13b 切断部
13t 斜行部
13s 案内路
21 防塵カラー
S ベルト搬送方向
W 作物
α 角度




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013