米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 清水建設株式会社

番号 発明の名称
1 地下コンクリート構造物および地下コンクリート構造物の構築方法
2 外ダイアフラムおよびそれを用いた柱と梁の接合構造
3 フルPCa床板のジョイント構造
4 既存床の補強工法および既存建物の免震化工法
5 プレキャストコンクリート床版の接合構造
6 コンクリート構造物の補強構造
7 鋼管柱の柱脚接合部の構造および施工方法
8 鉄筋コンクリート柱構造
9 鉄筋コンクリート構造物の制震構造
10 水平スリットユニット及び耐震構造の施工方法
11 ダムの嵩上げ工法
12 スタッドおよび合成地下壁
13 セグメントの継手構造
14 鉄筋コンクリート壁の接合構造
15 フルPC柱の吊り上げ方法および吊り治具
16 エレベータの壁つなぎ方法
17 地盤側方流動対策構造
18 外壁構造およびその施工方法
19 組積造柱状体の補強構造
20 フルPCa床板および床の構造
21 耐震壁の構造
22 コンクリート充填鋼管柱の接合構造
23 ダブルスキン
24 遮水シート法面上の客土安定構造及びその構築方法
25 耐震補強構造
26 杭頭部の接合構造およびその施工方法
27 ロックボルト挿入装置およびロックボルト打設方法
28 トンネル工法
29 トンネル構築工法
30 梁と床板の接合構造
31 塔状構造物
32 掘削装置
33 制振構造物および構造物の耐震補強方法
34 集合住宅
35 集合住宅
36 放射線検診施設レイアウト
37 集合住宅
38 トンネル工法
39 トンネル資材搬送装置
40 シールド掘削機及びこれを用いたトンネル築造方法
41 シールド掘削機及びこれを用いたトンネル築造方法
42 組積造構造物の補強構造
43 組積造構造物の補強構造
44 制震構造
45 地中排水工法
46 パネルユニット及びパネル下地構造材の取付装置
47 ガードフェンス
48 ロックボルト
49 建物の架構構造
50 地下水揚水時の許容揚水量の算出方法
51 場所打ちコンクリート杭と基礎との接合構造
52 セグメントの継手構造
53 建築物の耐震補強構造
54 排水処理方法
55 地盤の安定化用管体設置工法、トンネルの先受け工法及びそれに用いる掘削装置
56 粘性耐震壁の製作方法
57 耐震補強構造
58 建築物の耐震補強構造
59 鉄筋組立工法および鉄筋籠展開装置
60 張弦梁の支持構造
61 組石造外壁の改修工法
62 制震構造および制震工法
63 原位置地盤の飽和度測定方法
64 地盤・構造物変形量予測方法およびプログラム
65 免震構造
66 建物の耐震補強工法
67 構造物の支持構造及び支持工法
68 覆工コンクリート養生設備
69 ステージ足場
70 コンクリート締固め用バイブレータおよび締固め方法
71 フルPCa床板、床の構造、フルPCa床板の製造方法
72 駅のコンコース
73 資材用水平搬送装置
74 インサート金物、及び、それを用いたアンカー構造、ブラケットの支持構造、荷重物の支持工法
75 水平掘削装置及びその掘削方法
76 地中壁の施工方法
77 複層構造物の施工方法
78 カーテンウォール
79 既設杭を再利用した建物支持構造及びその構築方法
80 建物の耐震補強構造
81 段差付きスラブおよびその施工方法
82 補強材の接続方法およびその補強材の継手ならびに補強材の定着方法およびその補強材の定着端部
83 シールドトンネルの分岐合流施工方法
84 浮力を利用した免震構造
85 柱状構造物の切断装置
86 杭基礎の耐震補強構造および耐震補強方法
87 梁構造
88 建物
89 建築物の耐震補強構造
90 鋼管柱および鋼管柱の接合工法
91 既設構造物のアンダーピニング構造及び方法、並びに、既設構造物の近くに新設構造物を構築する方法
92 板状建物の架構構造
93 複合構造架構
94 電磁波シールド工法
95 地盤改良工法
96 既製コンクリート杭及び杭頭内部の軸方向剪断補強構造
97 薬液注入工法及び薬液注入装置
98 地盤改良工法
99 地盤改良工法
100 蓄熱槽

[1][2]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013