米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 浴槽放熱装置およびそれを用いた浴室乾燥システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2006−34314(P2006−34314A)
公開日 平成18年2月9日(2006.2.9)
出願番号 特願2004−214044(P2004−214044)
出願日 平成16年7月22日(2004.7.22)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄
発明者 柳 真介 / 河野 雅史 / 津山 達之
要約 課題
浴槽に貯留した湯の熱を浴槽内の空気を介して放熱手段に伝え周囲に放熱することで、浴室全体、特に放熱手段周囲の壁表面及び天井表面を素早く乾燥させることを目的とする。

解決手段
浴槽3と、放熱手段4とを備え、前記浴槽3に貯留した湯の熱を前記放熱手段4により浴室内に放熱することにより、浴室内の温度を上昇し、同時に相対湿度を下げることが可能となり、浴室内を短時間に乾燥することができる。
特許請求の範囲
【請求項1】
浴槽と、放熱手段とを備え、前記浴槽に貯留した湯の熱を前記放熱手段により周囲に放熱する浴槽放熱装置。
【請求項2】
前記放熱手段は浴槽の開口部を密閉する構成の請求項1に記載の浴槽放熱装置。
【請求項3】
前記放熱手段は少なくとも一部が浴槽に貯留した湯に接触する構成の請求項1または2に記載の浴槽放熱装置。
【請求項4】
前記放熱手段の少なくとも一部が浴室の壁に接触可能な構成の請求項1〜3のいずれか1項に記載の浴槽放熱装置。
【請求項5】
前記放熱手段は放熱フィンを備えた請求項1〜4のいずれか1項に記載の浴槽放熱装置。
【請求項6】
前記放熱手段はファンと攪拌手段を備えた請求項1〜5のいずれか1項に記載の浴槽放熱装置。
【請求項7】
前記放熱手段の吸熱部に付着した結露水を除去する結露除去手段を備えた請求項1〜6のいずれか1項に記載の浴槽放熱装置。
【請求項8】
前記除去手段は吸熱部に傾斜を設け、吸熱部の表面に親水処理を施した構成の請求項7に記載の浴槽放熱装置。
【請求項9】
吸気口と、排気口とを備えた浴室に、請求項1〜8のいずれか1項に記載の浴槽放熱装置を設置した浴室乾燥システム。
【請求項10】
前記排気口に換気扇を設置した請求項9に記載の浴室乾燥システム。
【請求項11】
前記換気扇は排気機能と循環機能を備えた請求項10に記載の浴室乾燥システム。
【請求項12】
前記吸気口に吸気ファンを設置した請求項9〜11のいずれか1項に記載の浴室乾燥システム。
【請求項13】
前記換気扇または/および前記吸気ファンの運転を制御する制御手段を備えた請求項12に記載の浴室乾燥システム。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は浴槽に貯留した湯の熱を利用する浴槽放熱装置およびその浴室放熱装置を用いて浴室を乾燥させる浴室乾燥システムに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、この種の浴槽放熱装置は、断熱材料と蓄熱材料からなる板状のふたを、蓄熱材料を下にして浴槽の開口部に載置し、浴槽の熱を蓄熱材料に蓄熱した後、ふたを反転して蓄熱材料を上にした状態で浴室の洗い場上に敷き床暖房機能を備えた浴室マットとして使用している(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
図6は、前記公報に記載された従来の浴槽放熱装置を示すものである。図6において、浴槽1の上面に載置したふた2は上部が断熱材2aで下部が蓄熱材2bの2層構造となっており、反転して洗い場上に敷き浴室マットとしても使用できる構成である。
【特許文献1】特開昭59−57623号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、前記従来の構成では、蓄熱材料に蓄熱し床暖房機能として使用する熱は、本来浴槽内の湯として有効に使用される熱であり、床暖房を有効にするためには浴槽の湯に余分な熱エネルギーを供給する必要があり、トータルとして熱エネルギーを無駄にしているという課題を有していた。
【0005】
本発明は、前記従来の課題を解決するもので、浴槽に貯留した入浴後の湯の余熱を放熱手段を介して周囲に放熱することで、浴室全体、特に放熱手段周囲の壁表面及び天井表面を素早く乾燥させるとした浴槽放熱装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
前記従来の課題を解決するために、本発明の浴槽放熱装置は、浴槽と、放熱手段とを備え、前記浴槽に貯留した湯の熱を前記放熱手段により周囲に放熱する浴槽放熱装置としたものである。
【0007】
これによって、浴槽に貯留した湯の余熱が放熱手段を介して周囲に放熱し、周囲温度を上げ同時に相対湿度を下げることが可能となる。
【発明の効果】
【0008】
以上のように、請求項1から13のいずれか一項記載の発明によれば、浴室全体、特に放熱手段の周囲の壁表面及び天井表面を素早く乾燥させることができ、しかも入浴後に浴槽に貯留した湯を再利用することで効率的にエネルギーを活用することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
第1の発明は浴槽と、放熱手段とを備え、前記浴槽に貯留した湯の熱を前記放熱手段により周囲に放熱する構成とすることにより、浴槽に貯留した湯の熱が放熱手段を介して周囲に放熱し、周囲温度を上げ同時に周囲湿度を下げるとなり、浴室全体、特に放熱手段周囲の壁表面及び天井表面を素早く乾燥させることができ、しかも入浴後に浴槽に貯留した湯を再利用することで効率的にエネルギーを活用することができる。
【0010】
第2の発明は、特に、第1の発明の放熱手段は浴槽の開口部を密閉する構成とすることにより、浴槽に貯留した湯の熱が放熱手段を介して周囲に伝わる際、湯の蒸気は浴槽の中に完全に閉じ込められ、周囲に蒸気が漏れないことで周囲湿度の上昇を抑え、浴室全体、特に放熱手段周囲の壁表面及び天井表面を素早くしかも効率的に乾燥させることができる。
【0011】
第3の発明は、特に、第1の発明または第2の発明の放熱手段は少なくとも一部が浴槽に貯留した湯に接触する構成とすることにより、浴槽に貯留した湯の熱が直接、放熱手段に伝わるため、湯の熱が空気を介して伝わる場合と比較して、放熱手段への熱伝導が早く結果として放熱速度及び放熱性能を向上させ浴室全体の乾燥を早めることができる。
【0012】
第4の発明は、特に、第1〜3のいずれか1つの発明の放熱手段の少なくとも一部が浴室の壁に接触可能な構成とすることにより、浴槽に貯留した湯の熱が放熱手段に伝わった後、壁に接触している部分から周囲の壁に直接熱伝導するため、壁に接触していないときと比較して、壁自体の温度を上昇するとともに、壁全体から放熱することにより、浴室全体の乾燥を早めることができる。
【0013】
第5の発明は、特に、第1〜4のいずれか1つの発明の放熱手段が放熱フィンを備えるとすることにより、浴槽に貯留した湯の熱が放熱手段に伝わったあと、放熱手段に設けた放熱フィンによって放熱されることとなり、放熱速度及び放熱性能を向上させ浴室全体の乾燥を早めることができる。
【0014】
第6の発明は、特に、第1〜5のいずれか1つの発明の放熱手段はファンと攪拌手段を備えるとすることにより、攪拌手段によって浴槽に貯留した湯の熱が効率的に浴槽内の空気に熱伝導し、ファンによって浴槽内の空気の熱が効率的に放熱手段に伝わることとなり、放熱速度及び放熱性能を向上させ浴室全体の乾燥を早めることができる。
【0015】
第7の発明は、特に、第1〜6のいずれか1つの発明の放熱手段の吸熱部に付着した結露水を除去する結露除去手段を備えるとすることにより、浴槽に貯留した湯の熱が浴槽内の空気を介して放熱手段に伝わる際、吸熱部への熱伝達率が向上し、放熱速度及び放熱性能を向上させ浴室全体の乾燥を早めることができる。
【0016】
第8の発明は、特に、第7の発明の除去手段は吸熱部に傾斜を設け、吸熱部の表面に親水処理を施した構成とすることにより、結露水が吸熱部に付着することなく浴槽内部へ落下するため、吸熱部への熱伝達率が向上し、放熱速度及び放熱性能を向上させ浴室全体の乾燥を早めることができる。
【0017】
第9の発明は、吸気口と、排気口を備えた浴室に、第1〜8のいずれか1つの発明の浴槽放熱装置を設置した構成とすることにより、浴室に設置した吸気口と排気口により浴室内部全体に空気の流れを作り、浴槽放熱装置から放熱された熱が空気の流れに沿って浴室全体に伝わることとなり、浴室全体を素早くしかも効率良く乾燥させることができる。
【0018】
第10の発明は、特に、第9の発明の排気口に換気扇を設置することにより、浴室内部全体に空気の流れを作り、浴槽放熱装置から放熱された熱が空気の流れに沿って浴室全体に伝わることとなり、浴室全体を素早くしかも効率良く乾燥させることができる。
【0019】
第11の発明は、特に、第10の発明の換気扇は排気機能と循環機能を備えることにより、換気扇の循環機能により吸い込んだ空気を浴室内部全体で循環させ、浴室内部の湿った空気を換気扇の排気機能により浴室外部へ排出することとなり、排気のみの換気扇と比べて、浴室内を循環する空気の量を増やすことができ、浴室全体、特に浴室の隅部を素早くしかも効率良く乾燥させることができる。
【0020】
第12の発明は、特に、第9〜11のいずれか1つの発明の吸気口に吸気ファンを設置することにより、浴室外部の乾燥した空気を強制的に浴室内部へ取り込むこととなり、吸気ファンがない場合と比較して、浴室全体、特に浴室の隅部を素早くしかも効率良く乾燥させることができる。
【0021】
第13の発明は、特に、第12の発明の換気扇または/および吸気ファンの運転を制御する制御手段を備える構成とすることにより、換気扇と吸気ファンの運転タイミング及び運転時間を制御手段にてコントロールすることで、状況に応じて浴室内部の空気の量および流れを変えることとなり、浴室全体を素早くしかも効率良く乾燥させることができる。
【0022】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
【0023】
(実施の形態1)
図1は、本発明の第1の実施の形態における浴槽放熱装置の斜視図を示すものである。
【0024】
また、図2は、本発明の第1の実施の形態における浴槽放熱装置の断面図を示すものである。
【0025】
図に示すように、浴槽3の開口部3aを密閉するように浴槽3の上縁部3bに放熱手段4を載置してある。放熱手段4は本体板5を浴槽3の略半分の大きさの銅板で構成し、2個の本体板5を用いて浴槽3の開口部3aを密閉する。一方の本体板5の端部には壁接触突出部5aを備え壁7と密着させる。本体板5の上面には複数の放熱フィン5bと持ち運ぶ際に用いる取っ手5cが設置してある。
【0026】
図2に示すように、本体板5の裏面に突出して設けた湯接触突出部5dが浴槽3に貯留した湯6に潜入して接触しており、湯接触突出部5dには湯6を攪拌する手段として攪拌モータ9を設置している。
【0027】
また、本体板5の裏面はほぼ全面が吸熱部5eとなっており、その一部には浴槽3の上部空間に対応する位置にファン8が設置してあり、本体板5の周囲には、浴槽3からの蒸気漏れを防ぐためのパッキン21が設置してある。
【0028】
以上のように構成された浴槽放熱装置について、以下その動作、作用を説明する。
【0029】
まず、入浴後に浴槽3の中に湯6を貯めた状態で開口部を完全に密閉するように放熱手段4を2個載せると、浴槽3の湯6の熱が放熱手段4の湯接触突出部5aを介して本体板5に伝わり、一方、湯6の上部の空気の熱は吸熱部5eを介しても伝わってくる。本体板5に熱伝導した熱エネルギーは壁接触突出部5aと放熱フィン5bに分散し、壁接触突出部5aに伝わった熱は壁7を伝わって浴室周囲の壁7から放熱され、放熱フィン5bに伝わった熱はそのまま上部の空気中に放熱される。
【0030】
以上のように、本実施の形態においては浴槽3の開口部3aを密閉するように放熱手段4を載せる構成とすることにより、浴槽3に貯留した湯6の熱が外部への蒸気漏れがない状態で浴槽内の空気または直接、湯接触突出部5dを介して放熱手段4に伝わり、浴室周囲全体に放熱することになり、周囲温度が上がり、同時に周囲湿度を下がることで浴室全体、特に放熱手段4の周囲の壁表面及び天井表面を素早く乾燥させることができ、しかも入浴後に浴槽3に貯留した湯6を浴室乾燥に再利用することで効率的にエネルギーを活用することができる。
【0031】
また、本実施の形態では湯接触突出部5dに攪拌手段としての攪拌モータ9を設置し、浴槽3の上部の空気に流れを作るためにファン8を設置したことにより、攪拌モータ9によって浴槽3に貯留した湯6の熱が効率的に空気または湯接触突出部5dに伝わり、ファン8によって空気中の熱が吸熱部5eを介して効率的に放熱手段4に伝わることになり、放熱速度及び放熱性能を向上させ浴室全体の乾燥をさらに早めることもできる。
【0032】
なお、本実施の形態においては、本体板5を銅板としたが、熱伝導性の良い材料であれば金属でも樹脂でもよい。
【0033】
なお、本実施の形態においては、持ち運びしやすいように本体板5に取っ手5cを設け2分割にして浴槽3の開口部を密閉する構成としたが、分割の数を増やしたり、1枚もので構成してもよく、さらに、2分割構成で一方は浴槽放熱装置でもう片方は断熱性の高い通常の風呂ふたとしてもよい。
【0034】
(実施の形態2)
図3は、本発明の第2の実施の形態における浴槽放熱装置の断面図を示すものである。
【0035】
図3において、放熱手段10の本体板11の裏面の吸熱部11aに傾斜を設け、吸熱部11aの表面に親水処理としての親水塗料11bを塗布している。
【0036】
また、本体板11の裏面下方には吹き出し方向を吸熱部11aとした結露除去手段としての結露防止用ファン12を設置してある。
【0037】
以上のように構成された浴槽放熱装置について、以下その動作、作用を説明する。
【0038】
まず、浴槽3に貯留した湯の熱が本体板11に伝わる際、熱は蒸気を含んでいるため、本体板11裏面の吸熱部11aに結露水が付着するが、親水塗料11bを塗布しているため、結露水の表面積が増すことにより、重力で傾斜のある吸熱部11aの表面を流れ、浴槽3の湯6の中に結露水が流れ落ちる。
【0039】
以上のように、本実施の形態においては本体板11の吸熱部11aの表面に親水塗料11bを塗布していることにより、結露水の付着を低減することになり、結露水が付着することによる断熱性の上昇を抑制し、放熱性能を常に維持し続けることで浴室全体の乾燥を早めることができる。
【0040】
また、本実施の形態では結露除去手段として、本体板11に吹き出し方向を吸熱部11aとした結露防止用ファン12を設置したことにより、結露防止用ファン12の風が結露水の付着した吸熱部11aに当たり、結露水を蒸発させるまたは直接吹き飛ばすこととなり、更なる結露水の付着を低減することもでき、浴室全体の乾燥を早めることができる。
【0041】
(実施の形態3)
図4は、本発明の第3の実施の形態における浴室乾燥システムの断面図を示すものである。
【0042】
図4において、浴室22のドア23の下方部の吸気口13に吸気ファン16を設置し、天井24の排気口14に換気扇15を設置する。換気扇15と吸気ファン16をそれぞれ天井24の上に置いた制御手段としての制御装置17に電気接続し、コントローラー24にて換気扇15と吸気ファン16の操作を行えるようにし、換気扇15,吸気ファン16をそれぞれ単独、あるいは連動して作動できる構成にしている。浴槽3の中に湯6を貯留させ、浴槽3の上に放熱手段4を置き、浴槽放熱装置18を形成する。
【0043】
以上のように構成された浴室乾燥システムについて、以下その動作、作用を説明する。
【0044】
まず、浴槽3に貯留した湯6の熱が放熱手段4の放熱フィン5bから、浴室22の内部に放熱される。一方、コントローラー24にて換気扇15と吸気ファン16の電源をONすると、浴室外からの乾燥した空気が吸気口13を通って、浴室22の内部に吸い込まれ、浴室22の下方から上方へと空気が流れるときに浴槽放熱装置18から放熱された熱を取り込こんだあと、浴室22の中の水分を含み、天井24に設置した換気扇15により浴室外へ排気される。
【0045】
以上のように、本実施の形態においては浴室内に吸い込まれた空気が浴槽放熱装置18から放熱された熱を取り込こみ、換気扇15にて浴室22の隅々まで空気が行渡り、浴室外へ排気するため浴室全体を素早くしかも効率良く乾燥させることができる。
【0046】
なお、本実施の形態における換気扇を図5に示すような循環型換気扇25を設置することもできる。循環型換気扇25には換気扇吸気口26と循環機能としての換気扇吹出口20と換気扇ファン27と排気機能としての換気扇排気口19を備えており、浴室22の天井24設置した循環型換気扇25の換気扇ファン27を駆動させると、換気扇吸気口26から空気が吸い込まれ、吸い込まれた空気の一部が換気扇吹出口20から浴室内へ吹き出され、残りが換気扇排気口19から浴室外へ排気される。
【0047】
以上のように、循環型換気扇を使用すると、浴室内を循環する空気の量が増加するため、浴室の隅々まで空気を送れることになり、浴室全体を素早くしかも効率良く乾燥させることができる。
【産業上の利用可能性】
【0048】
以上のように、本発明にかかる浴槽放熱装置は浴室内部全体を素早くしかも効率良く乾燥させることが可能となるため、洗面空間、脱衣空間、台所空間の乾燥等の用途にも適用できる。
【図面の簡単な説明】
【0049】
【図1】本発明の実施の形態1における浴槽放熱装置の斜視図
【図2】本発明の実施の形態1における浴槽放熱装置の断面図
【図3】本発明の実施の形態2における浴槽放熱装置の断面図
【図4】本発明の実施の形態3における浴室乾燥システムの断面図
【図5】本発明の実施の形態3における別の換気扇の断面図
【図6】従来の浴槽放熱装置の断面図
【符号の説明】
【0050】
3 浴槽
3a 開口部
4 放熱手段
5b 放熱フィン
5e、11a 吸熱部
6 湯
7 壁
8 ファン
9 攪拌モータ(攪拌手段)
11b 親水塗料(親水処理)
12 結露防止用ファン(結露除去手段)
13 吸気口
14 排気口
15 換気扇
16 吸気ファン
17 制御装置(制御手段)
18 浴槽放熱装置
19 換気扇排気口(排気機能)
20 換気扇吹出口(循環機能)




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013