米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 電気掃除機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2006−6611(P2006−6611A)
公開日 平成18年1月12日(2006.1.12)
出願番号 特願2004−187708(P2004−187708)
出願日 平成16年6月25日(2004.6.25)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄
発明者 仲本 博司
要約 課題
吸引風の低下が少なく集塵手段の塵埃捕集量を増加させることができる電気掃除機を提供する。

解決手段
集塵室13と、前記集塵室13と連通する電動送風機14を収納する電動送風機室15と、前記集塵室13に着脱自在に装着されるバスケット23と、前記バスケット23に着脱自在に装着されると共に前記電動送風機14で吸引される塵埃を捕集する集塵手段12とを備え、前記バスケット23底部に前記集塵手段12が密着するのを防止するリブ24を設け、且つ前記リブ24を前記電動送風機14側に向かって吸気風が流れるように傾斜させたもので、バスケット23の底部と集塵手段12の底部が密着しないので、集塵手段12の底部での通気風の減少が防止され、しかもリブ24の傾斜により吸引風の流れがスムーズになり、吸引風の低下を減少させ吸引効率を良化させることができる。
特許請求の範囲
【請求項1】
集塵室と、前記集塵室と連通する電動送風機を収納する電動送風機室と、前記集塵室に着脱自在に装着されるバスケットと、前記バスケットに着脱自在に装着されると共に前記電動送風機で吸引される塵埃を捕集する集塵手段とを備え、前記バスケット底部に前記集塵手段が密着するのを防止するリブを設け、且つ前記リブを前記電動送風機側に向かって吸気風が流れるように傾斜させたことを特徴とする電気掃除機。
【請求項2】
リブを複数設けたことを特徴とする請求項1に記載の電気掃除機。
【請求項3】
リブの上部に吸気風を通過させるための切り欠きを設けたことを特徴とする請求項1又は2に記載の電気掃除機。
【請求項4】
リブに切り欠きを複数設けたことを特徴とする請求項3に記載の電気掃除機。
【請求項5】
互いに隣り合うリブに設けた切り欠きの位置が互い違いになるようしたことを特徴とする請求項3又は4に記載の電気掃除機。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、紙袋に塵埃が溜まっても吸塵力の低下を防止できる電気掃除機に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来のこの種の電気掃除機について図9を用いて説明する。
【0003】
図において、従来の電気掃除機は、集塵室1及び電動送風機2を収納する電動送風機室3を有する掃除機本体5と、前記集塵室1の後方に回動自在に軸支されて集塵室1上面を開閉自在に覆う集塵蓋6と、塵埃を捕集する集塵手段である集塵袋7を装着し前記集塵室1に着脱自在に配設されるバスケット8と、バスケット8後方上部に回動自在に軸支されたハンドル9とを備えている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特開2000−102500号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記従来の電気掃除機の構成では、バスケット8の形状が集塵室1の内面形状に沿った形状をしており、開ききった集塵袋7がバスケット8内面に密着し、集塵袋7を通過した吸気風が電動送風機2へ流れるまでの空間が少なくなるため、集塵袋7内部に溜まった細塵等で集塵袋7が目詰りしてくると、吸引力が著しく低下してくるという課題があった。
【0005】
また、集塵袋7は、一般に紙等の材質で形成されているので、その集塵袋7の破裂を防止するために、集塵室1内部または、集塵蓋6内面からリブ等で集塵袋7を押さえ込んで開かせる必要があり、集塵袋7の持つ集塵容量を完全に活用することができなかった。
【0006】
本発明は上記課題を解決するもので、集塵手段の塵埃捕集量を増加させると共に、吸塵力低下の少ない使い勝手の良い電気掃除機を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記従来の課題を解決するために、本発明の電気掃除機は、集塵室と、前記集塵室と連通する電動送風機を収納する電動送風機室と、前記集塵室に着脱自在に装着されるバスケットと、前記バスケットに着脱自在に装着されると共に前記電動送風機で吸引される塵埃を捕集する集塵手段とを備え、前記バスケット底部に前記集塵手段が密着するのを防止するリブを設け、且つ前記リブを前記電動送風機側に向かって吸気風が流れるように傾斜させたもので、リブによりバスケット底部と集塵手段の底部が密着しないので、集塵手段の底部での通気風の減少が防止され、しかもリブが傾斜しているので電動送風機に吸引される吸気風の流れがスムーズになり、吸引風の低下を減少させ吸引効率を良化させることができる。
【発明の効果】
【0008】
本発明の電気掃除機は、集塵手段による塵埃捕集量が増加すると共に、吸塵力の低下が少なく、使い勝手の良いものである。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
第1の発明は、集塵室と、前記集塵室と連通する電動送風機を収納する電動送風機室と、前記集塵室に着脱自在に装着されるバスケットと、前記バスケットに着脱自在に装着されると共に前記電動送風機で吸引される塵埃を捕集する集塵手段とを備え、前記バスケット底部に前記集塵手段が密着するのを防止するリブを設け、且つ前記リブを前記電動送風機側に向かって吸気風が流れるように傾斜させたもので、リブによりバスケット底部と集塵手段の底部が密着しないので、集塵手段の底部での通気風の減少が防止され、しかもリブが傾斜しているので電動送風機に吸引される吸気風の流れがスムーズになり、吸引風の低下を減少させ吸引効率を良化させることができる。
【0010】
第2の発明は、特に、第1の発明のリブを複数設けたもので、紙などから形成された集塵手段を用いた場合でも、その集塵手段の底部が複数のリブで受けられるので、破れにくくなるものである。
【0011】
第3の発明は、特に、第1又は第2の発明のリブの上部に吸気風を通過させるための切り欠きを設けたもので、集塵手段の側面を通過した吸引風もリブに設けた切り欠きを経て電動送風機に吸引されるので、空気の通過抵抗を低減し、吸引効率を良化させることができる。
【0012】
第4の発明は、特に、第3の発明のリブに切り欠きを複数設けたもので、集塵手段の側面を通過した吸引風がリブに設けた切り欠きを経て電動送風機に吸引される際の空気の通過抵抗がより低減され、吸引効率を一層良化させることができる。
【0013】
第5の発明は、特に、第3又は第4の発明の互いに隣り合うリブに設けた切り欠きの位置が互い違いになるようしたもので、リブの切り欠きから抜け出た吸気風が隣り合うリブに阻害されることなく流れることができ、吸引効率をさらに良化させることができる。
【0014】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によりこの発明が限定されるものではない。
【0015】
(実施の形態1)
本発明の第1の実施の形態について、図1〜図8を用いて説明する。
【0016】
図1〜5において、掃除機本体10は、外郭を形成する上方開口した下カバー11と、下カバー11の前方に配され塵埃を捕集する集塵手段12を収納する集塵室13と、下カバー11の後方に配され吸引風を発生する電動送風機14を収納する電動送風機室15を備え、前記電動送風機室15の上方は上カバー16で覆われ、また前記集塵室13の上方は、前記上カバー16に回動自在に軸支され開閉自在の蓋体18によって覆い被されるようになっている。
【0017】
集塵手段12は、硬質材で形成された固定部12aと、紙や布等の軟質材で形成され、通風性を有し、かつ袋状に形成された集塵部12bから構成されている。前記集塵室13の前方には逆止弁22を保持した前壁21が形成され、その集塵室13側下方には断面が略L字状の保持リブ45をコの字状に設けている。また、その上方には、バネ46で付勢されると共に、回動自在に軸支された固定部押さえ47が配設されており、これらは前記集塵手段12を収納するための保持手段として構成されるものである。
【0018】
その収納構成は、以下の通りである。
【0019】
集塵手段12は、装着部であるバスケット23に装着され、その後バスケット23ごと集塵室13に装着され、集塵手段12の固定部12aの上端枠に固定部押さえ47を回動させて引っ掛けて保持すると共に、収納を行うものである。その際前記固定部12aは、逆止弁22と密着した状態で保持され、塵埃を捕集する集塵手段12と集塵室13とのエアタイトが確立し、ゴミもれ対策が行えるようになっている。
【0020】
図4に示すように、前記バスケット23底部には、そのバスケット23の底面と集塵部12bの底面とが密着しないようにする為のリブ24が、掃除機本体10の長手方向に複数設けられ、しかも前記リブ24は電動送風機14側に向かって吸気風が流れるよう傾斜している(図4において、右肩上りに傾斜)。また、リブ24の上部には、図4、5に示すように、集塵手段12の側部からの吸引風を通過させるための切り欠き25が設けられ、さらに互いに隣り合うリブ24の切り欠き25が互い違いになるよう配設されている。
【0021】
以上の構成により、集塵手段12の側部を通過した吸引風がリブ24の切り欠き25から隣り合うリブ24間に流入すると共に、抜け出た吸気風が隣り合うリブ24に阻害されることなく連通口20に向かって流れることができ、吸引効率を良化させることができるものである。
【0022】
また集塵部12bが膨らんだ時、前記集塵部12bの膨らみを略上方から所定以内に押さえる押さえ部材となる袋押さえ部材44が蓋体18内面に爪嵌合またはネジ(図示しない)により固定されている。
【0023】
電動送風機14は、クッション前42及びクッション後17を介して下カバー11と上カバー16とで狭持されている。19は、集塵室13と電動送風機室15とを仕切る仕切壁で、下カバー11及び蓋体18に相対するように設けられており、この仕切壁19同士の間にパッキン(図示せず)を介して空気のタイトを行い、気密性を確保している。
【0024】
仕切壁19に設けた連通口20は、集塵室13と電動送風機14を連通するもので、格子状のリブが形成されている。連通口20の集塵室13側前方所謂集塵室13内には、下カバー11より立設し、収納された集塵手段12の集塵部12b外面に臨んで、振動動作を与えるための振動板29を有した除塵手段28が設けられている。
【0025】
振動板29の集塵部12bと接触する表面には、集塵部12bが密着するのを防止するために、断面が略台形形状の凸部(図示せず)がほぼ均等に複数個設けられており、これにより、集塵部12bの通気性を向上させるようにしている。この振動板29は図示しないが集塵部12bと接触する部分の中央を凹状に形成しして集塵手段の容量を最大限活用できるようにするとともに集塵部12bと接触しない部分は平面状とすることもできる。
【0026】
次に、除塵手段28の構成及び動作の詳細を説明する。
【0027】
図3、7、8において、除塵手段28は、集塵室13下方の下カバー11下部内に格納され蓋カバー30で固定されており、除塵手段28の本体ケース31からは、可動板32より立設した中空円柱状のアーム33が集塵室13内へ突出しており、このアーム33に格子形状をなす振動板29の下部にある突起48が挿入嵌合されている。振動板29は、仕切壁19の連通口20に面する集塵部12bの外面に臨んだ位置に配設しているため、集塵部12bを通過して連通口20から吸引される吸引風を遮らないように格子形状としている。また、アーム33はリング状のゴム製ブッシング34を介して本体ケース31に固定されている。
【0028】
本体ケース31内には、電磁石35、36の吸引作用面と対向して平行に配置された磁石37を先端部に固着した可動板32が内蔵されており、可動板32の磁石37と反対側の一端はゴム製のスリーブ38を介してネジ39により、可動板32が回動自在となるように本体ケース31に固定されている。
【0029】
振動制御回路(図示せず)によりスイッチ(図示せず)がONされ、電磁石35、36にAC100V電源が通電されると、電磁石35、36に生じた磁界により先端部に磁石37を固着した可動板32が、ネジ39で固定した一端を支点として、アーム33がゴム製ブッシング34を前後に撓ませながら矢印40、41方向へAC100V電源の電源周波数(50Hzまたは60Hz)に応じた周期で振動する。その振動はアーム33を介して振動板29に伝えられ、振動板29も同様に矢印40、41方向へ振動し、集塵手段12の集塵部12bの外面を振動させて内面に付着堆積した塵埃を振るい落とすものである。
【0030】
以上のように、本実施の形態によれば、バスケット23の底部に集塵手段12が密着するのを防止するリブ24を設け、且つリブ24を電動送風機14側に向かって吸気風が流れるように傾斜させたので、リブ24によりバスケット23の底部と集塵手段12の底部が密着せず、集塵手段12の底部での通気風の減少が防止され、しかもリブ24が傾斜しているので電動送風機14に吸引される吸気風の流れがスムーズになり、吸引風の低下を減少させ吸引効率を良化させることができる。
【0031】
さらに、リブ24を複数設けた事により、紙などから形成された集塵手段12を用いた場合でも、その集塵手段12の底部が複数のリブで受けられるので、破れにくくなるものである。
【0032】
また、リブ24の上部に吸気風を通過させるための切り欠き25を設けた事により、集塵手段12の側面を通過した吸引風も切り欠き25を経て電動送風機14に吸引されるので、空気の通過抵抗を低減し、吸引効率を良化させることができる。
【0033】
また、リブ24に切り欠き25を複数設けたことにより、集塵手段12の側面を通過した吸引風がリブ24に設けた切り欠き25を経て電動送風機14に吸引される際の空気の通過抵抗がより低減され、吸引効率を一層良化させることができる。
【0034】
また、互いに隣り合うリブ24に設けた切り欠き25の位置が互い違いになるようしたので、リブ24の切り欠き25から抜け出た吸気風が隣り合うリブ24に阻害されることなく流れることができ、吸引効率をさらに良化させることができる。
【0035】
また、集塵部12bに付着した塵埃を取り除く除塵手段28を配したことにより、集塵手段12の集塵部12bに付着し堆積した塵埃をはたき落とすことが可能となる。その結果、吸引風の低下を減少させ吸引効率を良化させることができる。
【0036】
また、除塵手段28を集塵室13内部に設けたことにより、除塵手段28の構成として複数の部品による動作の連動が不用となり、且つ集塵手段12に除塵動作を直接与えるようにしているので、構成が簡素化され、部品数の削減並びに関係部品の低減による規制緩和で除塵手段28の構成の多様化が実現できるようになる。
【0037】
また、集塵室13内部に設けた集塵手段12の集塵部12bに、除塵手段28が動作を直接加えるようにしたので、主として塵埃が付着し堆積した部分に直接除塵動作を加えることになり効率的な除塵効果が得られるものとなる。
【0038】
また、集塵室13の内部に設けた集塵手段12の集塵部12bを軟質材で形成したことにより、除塵手段28による除塵動作が軟質材で形成された集塵部12bのみの動きで緩和され、硬質材で形成された固定部12aまでは前記動作が伝わらないので、逆止部22と前記集塵手段12の固定部12aとの密着部への動きの連動が無く、エアタイト性が向上し、ゴミ漏れ等が解消されるものとなる。
【0039】
また、除塵手段28を電動送風機室15と集塵室13を連通する連通口20に近傍に、特に連通口20に対向するように配設したので、吸引風が通過し塵埃の付着が多い集塵部12bの除塵が可能となる。その結果、除塵手段28における除塵効果の拡大が図れるものとなる。
【0040】
また、除塵手段28は、格子状に形成し通気性を持たせた構成としたことにより、吸引風に対する通風抵抗が低減でき、電気掃除機における吸い込み性能の劣化を防止することができる。
【産業上の利用可能性】
【0041】
以上のように、本発明にかかる電気掃除機は、集塵手段による塵埃捕集量が増加すると共に、吸塵力の低下が少なく、使い勝手の良いもので、家庭用、業務用電気掃除機、電気集塵機などに広く適用できる。
【図面の簡単な説明】
【0042】
【図1】本発明の実施の形態1における電気掃除機の掃除機本体の断面図
【図2】同掃除機本体の集塵室内部の分解斜視図
【図3】同集塵室内部の斜視図
【図4】同電気掃除機のバスケットの上面図
【図5】図4のA−A断面図
【図6】図4のB−B断面図
【図7】同電気掃除機の除塵手段の分解斜視図
【図8】同除塵手段の下面図
【図9】従来の電気掃除機の掃除機本体の断面図
【符号の説明】
【0043】
12 集塵手段
13 集塵室
14 電動送風機
15 電動送風機室
18 蓋体
23 バスケット
24 リブ
25 切り欠き
28 除塵手段
29 振動板




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013