米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 発電 -> 多摩川精機株式会社

発明の名称 レゾルバの絶縁キャップ構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2004−153973(P2004−153973A)
公開日 平成16年5月27日(2004.5.27)
出願番号 特願2002−319186(P2002−319186)
出願日 平成14年11月1日(2002.11.1)
代理人
発明者 豊竹 克年
要約 課題
本発明は、ステータコアに設ける絶縁輪状体に渡り線からげピンを一体に形成し、強度向上を得ることを目的とする。

解決手段
本発明によるレゾルバの絶縁キャップ構造は、ステータコア(1)に設けた絶縁輪状体(10)の各突片(2A)間の凹部(3A)に設けた渡り線からげピン(4)を絶縁輪状体(10)と一体に樹脂成形した構成である。
特許請求の範囲
【請求項1】
全体形状が輪状をなし内方へ向けて突出する複数の突片(2A)を有すると共にステータコア(1)の端面に設ける絶縁輪状体(10)と、前記各突片(2A)間に形成された凹部(3A)と、前記凹部(3A)の中心位置に形成され軸方向に沿って立設配置の渡り線からげピン(4)とからなるレゾルバの絶縁キャップ構造において、
前記渡り線からげピン(4)は前記絶縁輪状体(10)と一体に樹脂成形されていることを特徴とするレゾルバの絶縁キャップ構造。
【請求項2】
前記渡り線からげピン(4)は、前記絶縁輪状体(10)の端面から立ち上げられていることを特徴とする請求項1記載のレゾルバの絶縁キャップ構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、レゾルバの絶縁キャップ構造に関し、特に、渡り線からげピンを絶縁輪状体と一体に形成し、接着剤による接着をなくし、はがれ等をなくして信頼性を向上させるための新規な改良に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、用いられていたレゾルバの絶縁キャップ構造としては、社内で製作された構成であるため、文献としては示されていないが、図4及び図5で示す構成を挙げることができる。
図4において符号1で示されるものは図では一部のみしか示していないが、全体形状が輪状をなすステータコアであり、このステータコア1には内方へ突出する複数の磁極2が形成されている。
前記各磁極2間には、凹状のスロット3が形成され、このスロット3の内壁3aの中心位置には、図5で示されるように別体として形成された渡り線からげピン4が接着剤によって後工程として取付けられていた。
【0003】
従って、このステータコア1の各磁極2にステータ巻線(図示せず)を巻付けて、各スロット3内にステータ巻線を設ける場合、ステータコア1の表面に絶縁樹脂を塗布するか、又は、絶縁紙を巻付け、ステータ巻線とステータコア1との間の絶縁を確保し、一方の磁極2に巻付けたステータ巻線を隣りの磁極2に渡らせて巻付ける場合の渡り線(図示せず)は前記渡り線からげピン4の外側を渡って又は巻付けた後に巻付けられていた。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】
従来のレゾルバの絶縁キャップ構造は、以上のように構成されていたため、次のような課題が存在していた。
すなわち、渡り線からげピンを接着剤でスロットの内壁に接着していたため、ステータ巻線の巻付け動作時に、大きい力が加わると渡り線からげピンがステータコアのスロット部分から離脱することがあった。
従って、ステータコアに対するステータ巻線の巻付け作業の効率を上げることが困難であった。
【0005】
本発明は、以上のような課題を解決するためになされたもので、特に、渡り線からげピンを絶縁輪状体と一体に形成し、接着剤による接着をなくし、はがれ等をなくして信頼性を向上させるようにしたレゾルバの絶縁キャップ構造を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】
本発明によるレゾルバの絶縁キャップ構造は、全体形状が輪状をなし内方へ向けて突出する複数の突片を有すると共にステータコアの端面に設ける絶縁輪状体と、前記各突片間に形成された凹部と、前記凹部の中心位置に形成され軸方向に沿って立設配置の渡り線からげピンとからなるレゾルバの絶縁キャップ構造において、前記渡り線からげピンは前記絶縁輪状体と一体に樹脂成形されている構成であり、また、前記渡り線からげピンは、前記絶縁輪状体の端面から立ち上げられる構成である。
【0007】
【発明の実施の形態】
以下、図面と共に本発明によるレゾルバの絶縁キャップ構造の好適な実施の形態について説明する。尚、従来例と同一又は同等部分には同一符号を付して説明する。
図2において符号1で示されるものは、図では一部のみしか示していないが、全体形状が輪状をなすステータコアであり、このステータコア1の両端には樹脂成形の一対の絶縁輪状体10(当業者は絶縁キャップと云う)が設けられている。
【0008】
前記絶縁輪状体10には、内方へ向けて突出する複数の突片2Aが形成されており、各突片2Aは各磁極2に対応し、各磁極2は各突片2Aによって覆われることにより絶縁が施された状態となる。
【0009】
前記絶縁輪状体10の各突片2A間に形成された凹部3Aの中心位置には、ステータコア1の軸方向に沿ってその端面1aから形成された立設配置の渡り線からげピン4がこの絶縁輪状体10と一体に樹脂成形で成形されている。
前記絶縁輪状体10の突片2Aの内端には、図3のように、磁極2の外周にステータ巻線20を巻付けた場合のステータ巻線20の位置決めを行うための内側壁7が設けられている。
また、前記絶縁輪状体10の外縁位置には、図示しない巻線カバーを取付けるための輪状壁5が軸方向に突出して形成されている。
図3は前述の内側壁7、ステータ巻線20、渡り線からげピン4及び輪状壁5の半径方向に沿う関係を示すために、図1のA−A断面を開示している。
【0010】
次に、前述の状態で、図1に示す絶縁輪状体10を、図2のように、ステータコア1の両面に装着し、前記磁極2の外周にステータ巻線20を巻付ける。
この巻付けの際に、一方の磁極2に巻付けたステータ巻線20は、前記渡り線からげピン4の外側を経て隣りの磁極2に巻付けられる。
【0011】
【発明の効果】
本発明によるレゾルバの絶縁キャップ構造は、以上のように構成されているため、次のような効果を得ることができる。
すなわち、ステータコアに設ける絶縁輪状体に渡り線からげピンが一体に形成されているため、従来の接着構成に比較すると、その強度信頼性は大幅に向上し、巻線作業の効率向上と製品信頼性を得ることができる。また、渡り線からげピンを接着する必要がないため、接着作業をなくし、時間の短縮ができ、巻線作業の効率を上げることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明によるレゾルバの絶縁キャップ構造に用いる絶縁輪状体を示す斜視図である。
【図2】図1の絶縁輪状体をステータコアに取付けた状態の要部を示す斜視図である。
【図3】図1のA−A断面図である。
【図4】従来のステータコアを示す要部の斜視図である。
【図5】図4の渡り線からげピンを示す拡大斜視図である。
【符号の説明】
1 ステータコア
2A 突片
3A 凹部
4 渡り線からげピン
10 絶縁輪状体
10a 端面




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013