米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 東陶機器株式会社

発明の名称 シャワー装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2004−129740(P2004−129740A)
公開日 平成16年4月30日(2004.4.30)
出願番号 特願2002−295497(P2002−295497)
出願日 平成14年10月8日(2002.10.8)
代理人
発明者 藤井 真人 / 三浦 彰司 / 清藤 義弘
要約 課題
一体感のある外観性を確保するとともにいろいろな吐水形態を楽しむことができ、さらに施工しやすいシャワー装置を提供することを目的とする。

解決手段
上下方向に延設された1本のパイプに、給水管および給湯管との接続部を上下に配置して設け、かつ、この給水管および給湯管との接続部を通過した湯水を混合する湯水混合部を、湯水混合部の長手方向が縦向きとなるようにパイプ内に配置し、さらに、このパイプに湯水混合部と連通する吐水部を備え、さらに、湯水混合部から吐水部までの通水路に流量調整弁を備えてなることを特徴とするシャワー装置とした。
特許請求の範囲
【請求項1】
上下方向に延設された1本のパイプに、給水管および給湯管との接続部を上下に配置して設け、
この給水管および給湯管との接続部を通過した湯水を混合する湯水混合部を、湯水混合部の長手方向が縦向きとなるようにパイプ内に配置し、
このパイプに湯水混合部と連通する吐水部を備え、さらに、湯水混合部から吐水部までの通水路に流量調整弁を備えてなることを特徴とするシャワー装置。
【請求項2】
前記パイプ内径は、湯水混合部の外径と略同一であることを特徴とする請求項1に記載のシャワー装置。
【請求項3】
前記湯水混合部は、サーモスタットより構成されていることを特徴とする請求項1または2に記載のシャワー装置。
【請求項4】
前記パイプ内に配置した湯水混合部の下方に周方向に回転する温度調整ハンドルを設けてなることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1つに記載のシャワー装置。
【請求項5】
前記パイプの外径は、全長に亘り略同径であることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1つに記載のシャワー装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、シャワー装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、浴室やシャワールーム等で設置されるシャワー装置には、湯水混合栓本体から可撓性のシャワーホースを分岐し、このシャワーホース先端にシャワーノズルを設けたものがある。
そして、湯水混合栓に設けたカランもしくはシャワーノズルのいずれかを選択して吐水する構成となっている。
この従来のシャワー装置では、シャワーホースが床に垂れ下がり、洗体したときの湯水やあか等が床を流れるときにシャワーホースに付着するため、シャワーホースが汚れてしまうおそれがあった。また、シャワーホースが使用時に床に垂れ下がった状態となるので邪魔となるおそれもあった。
【0003】
そのため、このシャワーホースが床に垂れ下がらず、またシャワー装置の使用勝手を向上させた技術として、実開平2−112758号がある。
このシャワー装置は、給水管と給湯管が同高さに壁から取り出され、それに湯水混合栓が接続されている。そして、この湯水混合栓の裏面側から給湯管を立ち上げてトップシャワーヘッドとハンドシャワーヘッドに分岐する分岐部を横方向に延設して、この分岐部にそれぞれのシャワーヘッドへの吐水流量調整つまみを設けている。
このように、湯水混合栓から立ち上げた給湯管の途中からハンドシャワーヘッドに連通するシャワーホースを分岐しているため、シャワーホースが床に垂れ下がるおそれが低減されるのである。また、この従来技術のシャワー装置においては、ハンドシャワーだけでなく、トップシャワーもできるだけ、いろいろなシャワー形態を楽しむことができる。
【0004】
また、いろいろなシャワー形態を楽しめるシャワー装置としては、実開昭63−197488号がある。
このシャワー装置は、給水管と給湯管が同高さに壁から取り出され、それに湯水混合栓が接続されている。そして、この湯水混合栓の裏面側にハンドシャワーノズルに連通したシャワーホースを接続し、さらに湯水混合栓から立ち上げた給湯管に対して横方向にボディシャワー装置を設けている。そして、このボディーシャワー装置からもシャワーを吐水することができるようになっている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、これらのシャワーホースの床への垂れ下がりに対して配慮したシャワー装置やいろいろなシャワー形態を持つシャワー装置は、湯水混合栓からの立ち上げ給湯管(垂直方向に配置)に対して、湯水混合栓、分岐部やボディーシャワー装置など(水平方向に配置)がクロスして配置されており、シャワー装置として一体感がなく、また、外観形状が複雑となり清掃性が悪いといった問題点がある。
【0006】
また、外観性を向上させたシャワー装置として、実開平6−66484号のように、シャワーパネル内に給湯管や機能部等を組み込んだ隠蔽タイプのものもある。
しかしながら、このシャワー装置の場合、設置スペースを確保しなければならないこと、また、設置する室内空間が狭くなってしまうこと、さらには、壁に固定するために壁の強度を確保しなければならず大掛かりな施工が伴なってしまうこと、等の問題がある。
【0007】
そこで、本発明では上記の問題点を解決するため、一体感のある外観性を確保するとともにいろいろな吐水形態を楽しむことができ、さらに施工しやすいシャワー装置を提供することを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段および作用・効果】
本発明の請求項1では、上下方向に延設された1本のパイプに、給水管および給湯管との接続部を上下に配置して設け、この給水管および給湯管との接続部を通過した湯水を混合する湯水混合部を、湯水混合部の長手方向が縦向きとなるようにパイプ内に配置し、このパイプに湯水混合部と連通する吐水部を備え、さらに、湯水混合部から吐水部までの通水路に流量調整弁を備えてなることを特徴とするシャワー装置とした。
【0009】
これにより、主として1本の縦長のパイプ内に湯水混合部ならびに吐水部を形成することができる。そのため、従来のように、湯水混合部と他の吐水部とを別々に配置したり、湯水混合部が横方向に長く延設し、吐水部が縦方向に長く延設して外観が複雑形状となることもないため、一体感のある外観性を確保することができ、また、清掃しやすく、総合的に使用者に快適性を提供することができる。
また、縦長としたので、設置スペースを小さくすることができる。
さらに、室内側だけの施工で設置することができるので、短時間にしかも簡単に設置工事が行なえ、設置コストの削減を図ることができる。
【0010】
本発明の請求項2では、前記パイプ内径は、湯水混合部の外径と略同一であることを特徴とする請求項1に記載のシャワー装置とした。
【0011】
これにより、パイプに湯水混合部を挿入し、水密性を保つことができる。そのため、湯水混合部からの通水路を水密を保って形成しやすい。
さらに、パイプの内径を湯水混合部の外径に合わせることで、パイプ自体の径を大きくする必要がないため、シャワー装置本体の外観形状をスリムとすることができる。
【0012】
本発明の請求項3では、前記湯水混合部は、サーモスタットより構成されていることを特徴とする請求項1または2に記載のシャワー装置とした。
【0013】
これにより、従来のサーモスタット機構を採用して縦形に配置することで、本シャワー装置用に特別に湯水混合部を作る必要がない。そのため、従来の湯水混合部を利用して安価に本シャワー装置を製造して、あたらしいシャワー生活を提供することができる。
【0014】
本発明の請求項4では、前記パイプ内に配置した湯水混合部の下方に周方向に回転する温度調整ハンドルを設けてなることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1つに記載のシャワー装置とした。
【0015】
これにより、温度調整を簡単に操作することができる。
特に、複数の吐水部を湯水混合部の上方に配置する場合に、湯水混合部からの通水経路をそのままパイプ内の上方に立ち上げればよく、通水経路を形成しやすい。
特に、サーモスタット機構を採用することで、従来の水栓を縦向きに配置し、さらに流量調整ハンドルを設けていた部分にパイプを延設させて通水路を形成させることができる。そのため、従来の湯水混合部を利用して安価に本シャワー装置を製造して、あたらしいシャワー生活を提供することができる。
【0016】
本発明の請求項5では、前記パイプの外径は、全長に亘り略同径であることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1つに記載のシャワー装置とした。
【0017】
これにより、シャワー装置本体の外観をより一体感ある形状にまとめることができる。
【0018】
【発明の実施の形態】
以下に図面を参照して本発明をより具体的に説明する。
図1に本発明のシャワー装置1の外観図を示す。
このシャワー装置1は、上下方向に伸び延設する1本のパイプ6に対して、湯水混合部7と複数の吐水部を備えている。
そして、このパイプ6は、全長に亘り、ほぼ同一径の外観形状としており、かつ、内径は湯水混合部7の外径と略同一径としている。
図1のシャワー装置1においては、吐水部は、カラン2とハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4から構成されている。
そして、湯水混合部7を挟んで、下方にカラン2を設置し、上方にハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4とを設置している。
湯水混合部7の下方に温度調整ハンドル8を設け、さらにその下にカラン2が設置している。
そして、湯水混合部7の上方には、シャワー用流量調整ハンドル10が設けられている。
なお、湯水混合部7の横には、フック23を膨出して設けている。
図2は、図1のシャワー装置1を浴室のカウンター22上に設置した場合の使用状態図を示している。
なお、図示しないが、浴室の洗い場やシャワールームの床から立ち上げるようにしてもよい。
【0019】
図3のシャワー装置1においては、吐水部は、ボディシャワーノズル5とハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4から構成されている。
そして、湯水混合部7の上方に吐水部は位置するように構成されている。
図3のシャワー装置1においては、シャワールームなどの立って使用する場合に好適と言える。
【0020】
次に、図4は、給水管と給湯管の接続部17、18から流れてきた湯水が湯水混合部7で適温に混合されて、この湯水混合部7から各吐水部までの通水経路を示している。
図4では、壁から給水管と給湯管を室内に取込んだ場合を示しているが、床から給水管と給湯管を立ち上げた場合も同様である。
まず、給水管と給湯管の接続部17、18から供給された湯水は、湯水混合部7で混合される。
また、この湯水混合部7の下方に隣接して配置した温度調整ハンドル8を周方向に回転させて湯温を調整する。
この湯水混合部7で適温になった湯水は、各吐水部2、3、4、5の流量調整弁まで各通水路A、B、Cを経由して送られる。
つまり、湯水混合部7の上方のパイプ6内において、カラン2用の通水路Aと、ボディシャワーノズル5用の通水路Cと、ハンドシャワーノズル3及びヘッドシャワーノズル4用の通水路Bとに通水路を3分岐されている。また、ボディシャワーノズル5を設けたパイプ6部において、ボディシャワーノズル5用の通水路Cと、ハンドシャワーノズル3及びヘッドシャワーノズル4用の通水路Bとの2経路が設けられている。
そして、各流量調整弁を開くことで、それに連通した吐水部から吐水が開始される。
なお、ハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4との吐水においては、切替えハンドル11により、どちらか一方を選択するようにしている。
図5乃至図6に示したように、湯水混合部7ならびに各吐水部、さらに各吐水部2、3、4、5、への通水路A、B、Cは、ユニットとして形成している。
このように各ユニットにて構成されているため、必要な吐水部だけを選択して湯水混合部7に接続することができる。
そのため、図1のように、吐水部としてカラン2とハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4を選択したり、図3のように、吐水部としてボディシャワーノズル5とハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4を選択したり、使用者の好みによって吐水部を選択して簡単に組み立てることができるのである。
【0021】
次に、図5乃至図9を用いて、湯水混合部7と各吐水部の具体的な構成を説明する。
図5は、図3のA部分に相当するシャワー装置の側断面図を示している。
湯水混合部7は、サーモスタット混合栓の湯水混合部7と同様に構成されている。
給水管と給湯管の接続部17、18が上下方向(縦方向)にパイプ6に配置されている。
さらに、この湯水混合部7を長手方向が縦向きになるようにパイプ6内に配置している。
また、この湯水混合部7の外径とパイプ6との内径を略同一としている。そして、このパイプ6の全長の径をほぼ変えることなく、1本のパイプ6を形成している。
なお、1本のパイプ6とは、途中で継ぎ足しをしたものも含む。このシャワー装置1においては、各ユニット毎に構成し、それを各パイプ6に組み付け、それらのパイプ6をさらに縦方向に積み上げて1つのシャワー装置1を構成している。
【0022】
さて、給水管および給湯管の接続部17、18から湯水は、黒矢印で示すように、湯水混合部7に送られて適温になり、さらに湯水混合部7の上方に位置する吐水部へと送られる。
なお、湯温調整は、湯水混合部の下方に設けた温度調整ハンドル8を周方向に回転させて行なう。
図8は、湯と水が湯水混合部7に流れて混合され、各吐水部へ通水する通水経路を示している。
湯水混合部7の上方に位置する吐水部(ハンドシャワーノズル3、ヘッドシャワーノズル4、ボディシャワーノズル5)へはパイプ6の内部の通水路B、Cを経由して送られ、湯水混合部7の下側の吐水部(カラン2)へは、パイプ6裏に配置した通水路(通水管)Aを経由して送られる。
なお、図3においては、カラン2を設けていないので、このカラン2への通水路Aを塞いでおく。
図9は、サーモスタットによる自動温度調整機構の概略を示している。
図示するように、Ni−Ti合金などの形状記憶合金バネ21とバイアスバネ22との釣り合いにより、バルブ19を制御して、湯水の混合比を調整している。
【0023】
次に、吐水部について説明する。
吐水部は、カラン2、ハンドシャワーノズル3、ヘッドシャワーノズル4、ボディシャワーノズル5などから構成することができる。
まずカラン2について説明する。
図1に示すように、カラン2は、湯水混合部7の下方でかつシャワー装置1本体のパイプ6から前方に膨出するように設けている。
このカラン2の先端には、流量調整ハンドル9を有している。この流量調整ハンドル9に連動してシリンダ弁などの流量調整弁(図示せず)が開閉し、吐水・止水をおこなうことができる。
このようにカラン2の先端に流量調整ハンドル9を設けているため、風呂椅子に座って流量調整ハンドル9に楽な姿勢でアプローチしカラン2からの吐水を行なうことができる。
なお、このカラン2からの吐水の温度調整は、上方に設置した湯水混合部7にて行なわれる。
そして、湯水混合部7からの通水は、図4に示すように、パイプ6の背面の外側に配置した固定部16内に設けた通水路(通水管)Aにより行なう。
なお、このカラン2は、水平に膨出させても、斜めに膨出させてもよく、また、膨出させる長さも自由に変更してもよい。
【0024】
次に、図6、7を用いて、湯水混合部7よりも上方に位置する吐水部(ボディシャワーノズル5とハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4)について説明する。
まず、ボディシャワーノズル5について説明する。
ボディシャワーノズル5は、立った状態で、上半身の縦方向の広範囲に吐水を行なうためのものである。
そのため、図3に示すようにこのボディシャワーノズル5は、パイプ6の中間部である切替えハンドル11とシャワーノズル用流量調整ハンドル10との間の前方に上下に複数の吐水口5aを形成することで構成されている。
図6には、湯水混合部7からの湯水がボディシャワーノズル5まで通水する通水路を示す。なお、白矢印がその流れ方向を示している。
図6(B)の横断面図に示すように、シャワーノズル用流量ハンドル10(流量調整弁10a)を回避してその外周に形成された通水路10bを通って、ボディシャワー用流量調整ハンドル14(流量調整弁14a)に通水される。
なお、各流量調整弁10a、14aは、シリンダ弁から構成されている。
そして、ボディシャワー用流量調整ハンドル14(流量調整弁14a)を経由して、ボディシャワーノズル5へと通水される。
【0025】
次に、ハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4からの吐水について説明する。
図1乃至3に示すように、ハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4は、切替えハンドル11にて切り替える可能としている。
そして、シャワーノズル用流量調整ハンドル10にて吐水流量を調整する。
このシャワーノズル用流量調整ハンドル10は、湯水混合部7の上方に隣接して配置しているので、風呂椅子に座った状態でハンドシャワーノズル3からの吐水を行ないたい場合に、楽な姿勢でシャワーノズル用流量調整ハンドル10を操作することができ、また、立った状態でも操作しやすい位置にある。
なお、ハンドシャワーノズル3は、パイプ6から膨出して設けたフック23に引っ掛けておくことが可能である。
【0026】
シャワー装置1本体のパイプ6の中間部における側方に分岐金具12を設けて、この分岐金具12にシャワーホース13の一端を接続し、そのシャワーホース13の他端をハンドシャワーノズル3に接続している。
このハンドシャワーノズル3には、複数の吐水形態が選択できるように吐水切替操作部を有している。また、ハンドシャワーノズル3には、止水・吐水を行なう操作ボタン3aが握手部に設けられている。
【0027】
一方、ヘッドシャワーノズル4は、シャワー装置1本体のパイプ6の上端に設けられいる。
なお、このヘッドシャワーノズル4は、パイプ6に対して、回転自在に配置してもよい。
また、ヘッドシャワーノズル4は、内部に大きく3つの吐水群15を配置しており、この吐水群15は、すべて同じ吐水形態としても、また、すべて異なる吐水形態としてもよい。
さらに、この吐水形態を1つずつ選択できるようにしてもよく、さらには、ここの吐水群の吐水方向を変えられるようにしてもよい。
【0028】
なお、シャワー装置1本体のパイプ6の中間部(分岐金具12を設けた場所)の前方に切替えハンドル11を設けている。そして、この切替えハンドル11により、ハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4からの吐水の切替えを行なう。
そして、この切替えハンドル11は、引っ張ることで、弁体11aが後から前に(図では左から右に)動き、通水経路を切り替えて、ハンドシャワーノズル3からヘッドシャワーノズル4へと吐水を切り替える構成となっている。そして、ダイバーター機構を用いることで、一旦止水したときには、必ずハンドシャワーノズル3から吐水するようにしている。これにより、パイプ6内に溜まった冷たい停滞水をヘッドシャワーノズル4から不用意に吐水するおそれがない。
この切替えハンドル11のダイバーター機構について、図7に基づき説明する。
この切替えハンドル11の引っ張ることでヘッドシャワーノズル4への通水状態とするが、このとき水圧がかかっているため、弁体11aはハンドシャワーノズル3の通水路を塞いだ状態(図では弁体が右側に位置した状態)で維持される。しかしながら、止水すると、水圧が下がり、ばね11bの弾性力により、弁体11aが前から後ろへ(図では右から左へ)と動き通水路を切り替えられるのである。
【0029】
次に、図6乃至7に基づき、ハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4への通水路について説明する。
図6中の黒矢印がハンドシャワーノズル3とヘッドシャワーノズル4への通水路の流れを示している。まず、図5の湯水混合部7で適温となった湯水が図6の下方から流れ、シャワーノズル用流量調整ハンドル10に流れ込む。このシャワーノズル用流量調整ハンドル10を操作させて、流量調整弁10aを開くことにより、この流量調整弁10aよりも上方へ位置している切替えハンドル11まで通水する。
なお、図16(B)の構造と同様に、ボディシャワー用流量調整ハンドル14(流量調整弁14a)を避けてその外周に通水路を形成し、さらにボディシャワーノズル5の後側に通水路11dを形成して、切替えハンドル11まで通水路を形成している。
図7は、ハンドシャワーノズル3へ通水されている状態である。黒矢印がハンドシャワーノズル3への通水路の流れである。また、白矢印は、ヘッドシャワーノズル4への通水路の流れである。
なお、図1乃至図3では、切替えハンドル11の側方に分岐金具12を設けているが、図7に示すように、切替えハンドル11よりも上方に分岐金具12を設けてもよく、また分岐金具12をパイプ6の背面の外側に配置してもよい。
【0030】
次に、このシャワー装置1の固定構造について説明する。
シャワー装置1本体のパイプ6は、上方と湯水混合部7で固定部16により固定している。
上方の固定部16は、分岐金具12よりも上方として、壁に固定している。
湯水混合部7での固定部16は、壁給水の場合は、接続部17、18を給水管および給湯管に接続することで行なう。また、床給水の場合は、上方の固定と同様の固定16で壁に固定する。
【0031】
なお、上述した湯水混合部は、サーモスタット機構を採用した例を挙げて説明したが、従来のシングルレバーカートリッジを逆さにして上述と同様にパイプ内に配置して、湯水混合部の下方に流量調整兼温度調整ハンドルを配置し、湯水混合部の上方に吐水部を配置してシャワー装置を構成してもよい。
【0032】
【発明の効果】
以上により、一体感のある外観性を確保するとともにいろいろな吐水形態を楽しむことができ、さらに施工しやすいシャワー装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本件発明の一実施の形態であるシャワー装置の外観図を示す。
【図2】図1のシャワー装置をカウンター上に設置した使用状態図を示す。
【図3】本件発明の他の実施の形態であるシャワー装置の外観図を示す。
【図4】図1の配管経路図を示す。
【図5】図3のA部分に相当するシャワー装置の側断面図を示す。
【図6】図3のB部分に相当するシャワー装置の側断面図を示す。
【図7】図3のC部分に相当するシャワー装置の側断面図を示す。
【図8】図5の湯水の流れを示す。
【図9】図5の湯水の温度調整機構を示す。
【符号の説明】
1 シャワー装置
2 カラン
3 ハンドシャワーノズル
4 ヘッドシャワーノズル
5 ボディシャワーノズル
6 パイプ
7 湯水混合部
8 温度調整ハンドル
9 カラン用流量調整ハンドル
10 シャワーノズル用流量調整ハンドル
11 シャワー切替えハンドル
12 分岐金具
13 シャワーホース
14 ボディシャワー用流量調整ハンドル
15 吐水口
16 固定部
17 給水管の接続部
18 給湯管の接続部
19 バルブ
20 バイアスバネ
21 形状記憶合金バネ
22 カウンター
23 フック




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013