米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 東陶機器株式会社

発明の名称 ドアパネル取付構造およびこれを備えた食器洗い機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2004−89325(P2004−89325A)
公開日 平成16年3月25日(2004.3.25)
出願番号 特願2002−252654(P2002−252654)
出願日 平成14年8月30日(2002.8.30)
代理人
発明者 堀内 啓史 / 驛  利男
要約 課題
食器洗い機の扉などに用いられる、少なくとも2枚以上の板状パネル部品の重ね合わせで構成される構造体にて、フレーム部のビス留め構造の他に、外れたり、板と板が離れる方向に膨らむ現象を回避するためにフック引掛け構造がなされているが、当該箇所は、膨らみ方向には位置規制がされるが、板同士が接近する方向の規制は行うことが出来ない。

解決手段
略先端に引掛け部、そして引掛け部よりも根元側に厚み方向規制リブを設置したアームにより構成されるフックを重ね合わせられるパネルの内側に設置し、同時にそのフックに対峙した面にはフック部を引掛け固定するためのパネル取付プレートを設置することにより、パネルの厚み方向において、膨らみ方向にも潰れ方向にもどちらにも位置規制を行うことが出来る。
特許請求の範囲
【請求項1】
少なくとも2枚以上の板状パネル部品の重ね合わせで構成される構造体において、略先端に引掛け部、そして引掛け部よりも根元側に厚み方向規制体が設置されたアームにより構成されるフック形状部位を他パネルに対峙した面に有し、またフック形状部位に対峙したもう一方のパネル面には、フック部を引掛け固定するためのパネル取付プレートを有するパネル取付構造。
【請求項2】
フック部を引掛け固定するためのパネル取付プレート部がパネルと同一部品で一体に構成されていることを特徴とする請求項1記載のパネル取付構造。
【請求項3】
厚み方向規制体がリブ形状になっていることを特徴とする請求項1〜2記載のパネル取付構造。
【請求項4】
厚み方向規制体の少なくとも一つの幅長が、他方のパネルを取付けた際の略同一方向の取付穴幅よりも大きいことを特徴とする請求項1〜3記載のパネル取付構造。
【請求項5】
厚み方向規制体の引掛け部側の面に突起を設け、また対峙するパネル取付プレートには突起が入り込む切り欠き若しくは穴が設置されたことを特徴とする請求項1〜4記載のパネル取付構造。
【請求項6】
複数のフック部が、引掛け部及び厚み方向規制体を外側に向けて略同一箇所に配置されていることを特徴とする請求項1〜5記載のパネル取付構造。
【請求項7】
被洗浄物を収納する洗浄槽、及び洗浄槽内に洗浄・すすぎのために用いる洗浄水・すすぎ水等の供給を行うための給水手段、及び洗浄槽から排出するための排出手段、並びに供給された洗浄水・すすぎ水を被洗浄物の洗浄・すすぎをするために供給する装置・噴射口が洗浄槽内に設けられ、且つ、外郭扉構造として、扉と洗浄槽を有した食器洗い機において、扉が請求項1〜6記載のパネル取付構造となっていることを特徴とする食器洗い機。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は食器洗い機の扉等の複数パネル材を重ね合わせて構成されるパネル取付構造に関する。
【0002】
【従来の技術】
例えば、図6に示すような食器洗い機の扉構造がある。扉は、外パネル4と内パネル5を重ね合わせる形態で構成されている。パネル間はフレーム部に配置されたビス留めで固定されているが、同時に、断面図6(b)にあるように、フレームのビス留め部分以外にも外パネルの内側に設置したアーム7先端に引掛け部8を有したフック部6と内パネル5に設置された矩形穴9を有する外パネル取付プレート10の矩形穴9部分との間でパネル厚み方向の抜け防止がなされている。そのため、ビス本数の削減を図ることが出来るのと同時に、例えば環境温度の違いによる外パネル4と内パネル5の寸法変化により発生する重ね合ったパネル構造体の中央付近の膨らみを防止出来る等の効果があった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、上記のパネル取付構造の場合、フック引掛け部分において、パネル同士が離れる方向である膨らみに対しては、膨らみ防止効果があるが、パネル同士が接近する方向への変形防止に対しては効果がなく、結果、厚み方向にパネルが潰されるような力が働いた場合、容易にパネルが潰れたり、変形・破損するといった問題を有していた。
【0004】
【課題を解決するための手段及び作用・効果】
上記目的を達成するために、請求項1では、少なくとも2枚以上の板状パネル部品の重ね合わせで構成される構造体において、略先端に引掛け部、そして引掛け部よりも根元側に厚み方向規制体が設置されたアームにより構成されるフックを他パネルに対峙した面に有し、またフック形状部位に対峙した面には、フック部を引掛け固定するためのパネル取付プレートを設置することにより、パネルの厚み方向において、膨らみ方向にも潰れ方向にもどちらにも位置規制することが出来る。
【0005】
請求項2では、フック部を引掛け固定するためのパネル取付プレート部がパネルと同一部品で一体に構成することにより、当該箇所においてパネル以外の部品を用いずに、請求項1と同様に、パネル間の潰れ・変形・破損を防止することが出来る。
【0006】
請求項3では、厚み方向規制体をリブ形状にすることにより、例えば樹脂材料で構成されたフック部の場合に肉厚を成形に適した厚みに出来たり、さらにリブの撓りを利用して、外部衝撃の吸収をすること等が出来る。
【0007】
請求項4では、厚み方向規制体の少なくとも一つの幅長を、他方のパネルを取付けた際の略同一方向の取付穴幅よりも大きくすることで、フック部のずれ、その他の要因で厚み方向規制体がパネル取付プレートの取付穴を通過してしまい、パネル同士が所望位置よりも接近してしまう不具合を解消することが出来る。
【0008】
請求項5では、厚み方向規制体の引掛け部側の面に突起を、また対峙するパネル取付プレートには突起が入り込む切り欠き若しくは穴を設置することにより、パネルの潰れ方向の規制に加えて、パネルの面方向の規制も同時に行うことが出来る。
【0009】
請求項6では、複数のフック部が、引掛け部及び厚み方向規制体を外側に向けて略同一箇所に配置することにより、複数の規制体であること、及び一つの引掛け部分の引っ掛りが外れようと面方向にずれが生じると、他方の引掛け部分の引っ掛り代が大きくなる効果で、パネル面の位置規制をより強固に行うことが出来る。
【0010】
請求項7では、被洗浄物を収納する洗浄槽、及び洗浄槽内に洗浄・すすぎのために用いる洗浄水・すすぎ水等の供給を行うための給水手段、及び洗浄槽から排出するための排出手段、並びに供給された洗浄水・すすぎ水を被洗浄物の洗浄・すすぎをするために供給する装置・噴射口が洗浄槽内に設けられ、且つ、外郭扉構造として、扉と洗浄槽を有した食器洗い機において、扉を請求項1〜6記載のパネル取付構造とすることにより、扉厚み方向において、膨らみ方向にも潰れ方向にも変形しにくい扉を持つ食器洗い機を提供することが出来る。
【0011】
【発明の実施の形態】
以下、図1〜図3に基づき、第1の実施例について説明する。本実施例は、食器洗い機の扉の内側パネルと外側パネルの合わせ構造を表している。
図1は、食器洗い機の外観図を示しており、また図2は、下扉を食器洗い機洗浄部の内側から見た図である。さらに図3は、下扉の図2上のA部断面を示している。
図1に示すように、食器洗い機1の前面にはパネル上の上下2枚の扉2、3が設けられている。ここでは、下扉3に着目して、構造例を示す。下扉3は、図2に示すように外観上、外パネル4と内パネル5の2枚を合わせて形態となっており、また外パネル4と内パネル5は、フレーム部分にビス11にて留められている。なお、図3に示す断面図にあるように、フレームのビス留め部分以外にも外パネルの内側に設置したフック部6と、内パネル5に設置された矩形穴9を有する外パネル取付プレート10の矩形穴9部分との間で抜け防止がなされている。なお、図3(c)にあるように、フック部6は、アーム部7先端の引掛け部8の他にアーム部7の先端から下の部分に厚み方向規制体12が設置されており、引掛け部8と厚み方向規制体12の間には、外パネル取付プレートの厚みより大きいスペース13が確保されている。
この構成により、外パネル4と内パネル5の厚み方向の位置関係は、外パネル取付プレート10の厚みと引掛け部8の外パネル取付プレート側の面14と厚み方向規制体の外パネル取付プレート側の面15により規制されるため、仮に扉の外側からの外力などが働いたとしても、扉が膨らんだり、逆に凹んだりすることを防止することが出来る。
また本実施例においては、図3(c)にあるように、厚み方向規制体の幅17を外パネル取付プレートの矩形穴幅16よりも大きくすることで、厚み方向規制体が矩形穴16を通り抜ける等の問題を回避し、確実に厚み方向の規制を行うことが出来る。
なお本実施例では、厚み方向規制体12の形状をリブ形状にしている。このような形状にすることで、例えばリブを樹脂のインジェクション成形に適した厚みに出来たり、或いは、パネルの厚潰れ方向の外力に対する衝撃を吸収することなどが出来る。
さらに本実施例においては、外パネル取付プレートがパネルとは別部材として内パネルにビス留めされているが、内パネルと同一部品で一体構成にすることなども可能である。
【0012】
次に図4に基づき、第2の実施例について説明する。本実施例では、フック部の厚み方向規制体の外パネル取付プレート側面15側に突起18を設け、また外パネル取付プレートには、矩形穴9のサイドに抜け防止穴19を別途設けている。
こうした形態により、パネルの潰れ方向の規制に加えて、パネルの面方向の規制も同時に行うことが出来る。
【0013】
次に、図5に基づき、第3の実施例について説明する。本実施例では、一箇所のフック部が2つのアーム部7からなっており、また各々のアーム7に設置されている引掛け部8と厚み方向規制体12は互いに反対側に向いて取付けられている。
こうした形態により、一つの引掛け部分の引っ掛りが外れようと面方向にずれが生じると、他方の引掛け部分の引っ掛り代が大きくなる効果で、パネル面の位置規制をより強固に行うことが出来る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明における扉パネル構造を有する食器洗い機の外観を示す。
【図2】本発明における扉の食器洗い機洗浄槽側から見た図を示す。
【図3】本発明における第1の実施例を示す。
(a)扉の断面全体図
(b)扉のフック部断面図
(c)フック部詳細図
【図4】本発明における第2の実施例を示す。
【図5】本発明における第3の実施例を示す。
【図6】従来の食器洗い機の扉構造を示す。
(a)扉の断面全体図
(b)扉のフック部断面図
【符号の説明】
1…食器洗い機本体
2…上扉
3…下扉
4…外パネル
5…内パネル
6…フック部
7…アーム部
8…引掛け部
9…矩形穴
10…外パネル取付プレート
11…ビス留め箇所
12…厚み方向規制体
13…外パネル取付けスペース
14…引掛け部8の外パネル取付プレート側の面
15…厚み方向規制体12の外パネル取付プレート側の面
16…外パネル取付プレート10の矩形穴幅
17…厚み方向規制体12の幅
18…厚み方向規制体に設けた突起
19…抜け防止穴




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013