米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> トムソン ライセンシング ソシエテ アノニム

番号 発明の名称
1 通信ネットワーク内で対称鍵を管理する処理及び、この処理を実行する装置
2 ビデオ装置及びビデオ装置向け方法ならびにビデオレコーダ
3 ラスタ歪み補正付き偏向装置
4 ランダム行アクセス式のイメージャにおけるアスペクト比変換のためのシステム及び方法
5 液晶イメージャのための黒ライン挿入のためのシステム及び方法
6 電磁波を送信及び受信する装置
7 PDPの蛍光体遅延低減のための立体的画像分離
8 ビデオ装置およびビデオプレーヤ
9 1つ又は複数のファイル内のデータを自動的あるいは電子的にアドレス指定する方法及び装置
10 陰極線管の蛍光体保護
11 偏向装置
12 動的な水平方向の直線性補正
13 TVモニタディスプレイ
14 ビデオ信号/S‐ビデオ信号の自動検出装置
15 受信機の機能にアクセスするための制御命令を伝送及び実行するための装置及びプロセッサ
16 テレビジョン・モニタ表示装置および表示方法
17 ガイド・デモンストレーション後の高精細度モードへの自動復帰
18 電源装置
19 記録可能な記憶媒体の欠陥を検出する方法並びにシステム
20 OFDMシステムでの選択的等化器タップ初期化の方法および装置
21 電話向け加入者回線インタフェース回路の鳴動レンジを広げる鳴動ブースト回路
22 時間的な予測による符号化方法
23 放射ダイバーシチを用いて信号を受信及び/又は発信する装置
24 放送番組をインストールする方法および装置
25 適応アルゴリズムを使用するOFDM等化器タップ初期化の方法および装置
26 電子デバイスのためのケーシング及びこのようなケーシングを組み立てる方法
27 ラスタ歪み補正装置
28 カラービデオ表示信号プロセッサ
29 複数チャネルデータストリーム伝送を可能にする方法、装置、およびデータ構造
30 外部メモリ・アダプタを含む多機能モデム
31 データストリームをDVD記録する方法及びDVD記録装置
32 受信されたストリーミング・コンテンツ・チャンネルを変更する方法および装置
33 バースト状に送信された信号を受信するための利得制御方法及びそれを利用する受信機
34 ホーム・チャンネル割り当て方法およびそのシステム
35 デジタルビデオのブロードキャストデータを記録するための方法、及びデジタルビデオレコーダ
36 MPEG標準に準拠して符号化されたビデオデータを復号するための方法及び装置
37 陰極線管を制御するための回路及びテレビジョン受信機
38 データストリームの一部を異なるチャネルから同時に取り出すための方法および装置
39 モデムのフロント‐エンド装置および方法
40 画像記録システム、この種のシステムのための後処理装置およびこれらに関連するカートリッジ
41 伝送チャンネルを検出するための方法、この方法を使用した受信装置
42 ディジタルビデオレコーダ及びディジタル記録方法
43 無線ビデオカメラ
44 CDフォーマット識別のための方法及び装置
45 データを補正するための方法及び装置
46 通信ネットワーク内の無線リンクを評価する方法
47 プロダクションシステム
48 ビデオ中の補助情報を処理する方法およびシステム
49 ビデオ信号におけるノイズ成分を決定する方法および装置ならびにフィルムスキャナ
50 コンテンション方式媒体アクセスを用いるネットワークにおける無線リンクのアダプテーション方法
51 オリジナルイメージから電気的イメージ信号を生成する装置
52 テレビジョンシステムにおいてリスト中のサービスにマークをつける方法、および、その方法が関連付けられる装置
53 コンテンツを表わすディジタルデータを伝送する方法
54 記録媒体の保守サポート
55 アコースティックサウンド再生装置
56 3Dシーンのモデリング方法
57 音調補償付き拡張立体音響回路
58 データ伝送方法
59 データ送信装置及びデータ受信装置
60 非HAVi装置の制御のためにHAVi装置上にユーザインタフェースを生成する方法

[1]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013