Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
電話装置管理システム、サーバ装置、電話装置及びプログラム - 株式会社田村電機製作所
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社田村電機製作所

発明の名称 電話装置管理システム、サーバ装置、電話装置及びプログラム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−298737(P2003−298737A)
公開日 平成15年10月17日(2003.10.17)
出願番号 特願2002−97864(P2002−97864)
出願日 平成14年3月29日(2002.3.29)
代理人 【識別番号】100064621
【弁理士】
【氏名又は名称】山川 政樹
【テーマコード(参考)】
5K030
5K049
5K051
【Fターム(参考)】
5K030 GA11 HA01 HB01 HC02 JT01 JT06 LD17 
5K049 BB01 BB04 BB19 FF32 GG11
5K051 CC00 CC01 CC02 DD03
発明者 小野塚 勝彦 / 田中 宏典
要約 課題
大量の利用情報を保存管理し、外部の装置から利用情報を参照することを可能にする。

解決手段
電話装置管理システムは、複数の電話装置1と、IPネットワーク4を介して複数の電話装置1に接続されたサーバ装置2を有する。サーバ装置2は、電話装置1の利用情報を記憶する記憶手段と、電話装置1から利用情報を取得して記憶手段に格納する格納手段と、電話装置1から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報を記憶手段から取得して、取得した利用情報を要求元の電話装置1に返送する検索手段とを備える。
特許請求の範囲
【請求項1】 通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する電話装置と、前記通信網を介して前記電話装置を複数接続可能なサーバ装置とを有する電話装置管理システムであって、前記サーバ装置は、前記電話装置の利用情報を記憶する記憶手段と、前記電話装置から利用情報を取得して前記記憶手段に格納する格納手段と、前記電話装置から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報を前記記憶手段から取得して、取得した利用情報を要求元の前記電話装置に返送する検索手段とを備えることを特徴とする電話装置管理システム。
【請求項2】 請求項1記載の電話装置管理システムにおいて、前記利用情報は、前記電話装置と通信網間のシーケンス、及び前記電話装置に対する操作を示すログ情報であることを特徴とする電話装置管理システム。
【請求項3】 通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する複数の電話装置に、前記通信網を介して接続されたサーバ装置であって、前記電話装置の利用情報を記憶する記憶手段と、前記電話装置から利用情報を取得して前記記憶手段に格納する格納手段と、前記電話装置から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報を前記記憶手段から取得して、取得した利用情報を要求元の前記電話装置に返送する検索手段とを備えることを特徴とするサーバ装置。
【請求項4】 請求項3記載のサーバ装置において、前記利用情報は、前記電話装置と通信網間のシーケンス、及び前記電話装置に対する操作を示すログ情報であることを特徴とするサーバ装置。
【請求項5】 通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する電話装置であって、前記通信網を介して接続されたサーバ装置に、自装置の利用情報を送信する利用情報送信手段と、前記送信した利用情報を記憶している前記サーバ装置に対して、自装置又は他の電話装置の利用情報の検索を要求する検索要求手段と、前記サーバ装置から前記検索要求で指定した利用情報を受信して処理する利用情報受信手段とを備えることを特徴とする電話装置。
【請求項6】 請求項5記載の電話装置において、前記利用情報は、前記電話装置と通信網間のシーケンス、及び前記電話装置に対する操作を示すログ情報であることを特徴とする電話装置。
【請求項7】 通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する複数の電話装置に、前記通信網を介して接続されたサーバ装置としてコンピュータを機能させるサーバ装置プログラムであって、前記電話装置から利用情報を取得してメモリに格納する格納手順と、前記電話装置から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報を前記メモリから取得して、取得した利用情報を要求元の前記電話装置に返送する検索手順とをコンピュータに実行させることを特徴とするサーバ装置プログラム。
【請求項8】 請求項7記載のサーバ装置プログラムにおいて、前記利用情報は、前記電話装置と通信網間のシーケンス、及び前記電話装置に対する操作を示すログ情報であることを特徴とするサーバ装置プログラム。
【請求項9】 通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する電話装置としてコンピュータを機能させる電話装置プログラムであって、前記通信網を介して接続されたサーバ装置に、自装置の利用情報を送信する利用情報送信手順と、前記送信した利用情報を記憶している前記サーバ装置に対して、自装置又は他の電話装置の利用情報の検索を要求する検索要求手順と、前記サーバ装置から前記検索要求で指定した利用情報を受信して処理する利用情報受信手順とをコンピュータに実行させることを特徴とする電話装置プログラム。
【請求項10】 請求項9記載の電話装置プログラムにおいて、前記利用情報は、前記電話装置と通信網間のシーケンス、及び前記電話装置に対する操作を示すログ情報であることを特徴とする電話装置プログラム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、電話装置管理システムに関し、特に通信網上にサーバ装置を設置し、複数の電話装置の利用情報をサーバ装置で管理する電話装置管理システム、サーバ装置、電話装置及びプログラムに関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に、電話装置管理システムは、電話回線に接続された主装置と、この主装置に接続された1台以上のボタン電話機とから構成されている。ボタン電話機では、キー操作やハンドセットの状態を検出し、これら操作情報を主装置に送信し、主装置では、ボタン電話機からの操作情報に基づき機能処理を行うことにより、電話回線との外線通話や他のボタン電話機との内線通話などの各種機能を実現するものとなっている。このような電話装置管理システムでは、主装置で配下のボタン電話機の発信履歴や着信履歴等の利用情報を管理していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の電話装置管理システムでは、主装置で発信履歴や着信履歴等の利用情報を管理しているため、大量のデータを保存しようとすると、主装置のメモリ容量を大きくする必要がある。しかしながら、主装置のメモリの増設には費用等の制約があるので、メモリ容量を十分に確保することが難しく、大量のデータを保存しておくことができないという問題点があった。
【0004】また、主装置で管理している利用情報を、その主装置に接続された情報処理端末等から参照することはできるが、主装置に接続されていない外部の装置から利用情報を参照することができず、利用情報を外部の装置で保守等に活用できないという問題点があった。
【0005】本発明は、上記課題を解決するためになされたもので、大量の利用情報を保存管理することができ、外部の装置から利用情報を参照することができる電話装置管理システム、サーバ装置、電話装置及びプログラムを提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する電話装置と、前記通信網を介して前記電話装置を複数接続可能なサーバ装置とを有する電話装置管理システムであって、前記サーバ装置は、前記電話装置の利用情報を記憶する記憶手段と、前記電話装置から利用情報を取得して前記記憶手段に格納する格納手段と、前記電話装置から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報を前記記憶手段から取得して、取得した利用情報を要求元の前記電話装置に返送する検索手段とを備えるものである。また、本発明の電話装置管理システムの1構成例において、前記利用情報は、前記電話装置と通信網間のシーケンス、及び前記電話装置に対する操作を示すログ情報である。
【0007】また、本発明は、通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する複数の電話装置に、前記通信網を介して接続されたサーバ装置であって、前記電話装置の利用情報を記憶する記憶手段と、前記電話装置から利用情報を取得して前記記憶手段に格納する格納手段と、前記電話装置から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報を前記記憶手段から取得して、取得した利用情報を要求元の前記電話装置に返送する検索手段とを備えるものである。また、本発明は、通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する電話装置であって、前記通信網を介して接続されたサーバ装置に、自装置の利用情報を送信する利用情報送信手段と、前記送信した利用情報を記憶している前記サーバ装置に対して、自装置又は他の電話装置の利用情報の検索を要求する検索要求手段と、前記サーバ装置から前記検索要求で指定した利用情報を受信して処理する利用情報受信手段とを備えるものである。
【0008】また、本発明は、通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する複数の電話装置に、前記通信網を介して接続されたサーバ装置としてコンピュータを機能させるサーバ装置プログラムであって、前記電話装置から利用情報を取得してメモリに格納する格納手順と、前記電話装置から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報を前記メモリから取得して、取得した利用情報を要求元の前記電話装置に返送する検索手順とをコンピュータに実行させるようにしたものである。また、本発明は、通信網を介して他の電話装置と通話を行い、またサーバ装置への接続情報を記憶する電話装置としてコンピュータを機能させる電話装置プログラムであって、前記通信網を介して接続されたサーバ装置に、自装置の利用情報を送信する利用情報送信手順と、前記送信した利用情報を記憶している前記サーバ装置に対して、自装置又は他の電話装置の利用情報の検索を要求する検索要求手順と、前記サーバ装置から前記検索要求で指定した利用情報を受信して処理する利用情報受信手順とをコンピュータに実行させるようにしたものである。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。図1は本発明の実施の形態となる電話装置管理システムの構成を示すブロック図である。本実施の形態の電話装置管理システムは、複数の電話装置1(1A−1,1A−2,1A−3,1B)と、複数の電話装置1の利用情報を管理し、電話装置1からの検索要求を受けたとき、指定された利用情報を要求元の電話装置1に返送するサーバ装置2と、アナログ電話回線やISDN回線、無線電話回線などの公衆電話交換回線網3と、インターネットやWAN等のIPネットワーク4と、イーサネット(登録商標)等の構内LAN5と、IPネットワーク4と構内LAN5とを接続するルータ6と、構内LAN5に接続されたPC等の情報処理端末7と、構内LAN5に接続されたミニサーバ装置8と、情報処理端末7に接続されたプリンタ9とから構成される。
【0010】本実施の形態では、電話装置1A−1,1A−2,1A−3、構内LAN5、ルータ6、情報処理端末7、ミニサーバ装置8及びプリンタ9がグループA(例えば○○会社)に属し、電話装置1BがグループB(例えば□□会社)に属するものとする。また、電話装置1A−1,1A−2、ルータ6、構内LAN5、情報処理端末7、ミニサーバ装置8及びプリンタ9は○○会社の本社内に設置され、電話装置1A−3は○○会社の支社内に設置されているものとする。
【0011】各電話装置1(1A−1,1A−2,1A−3,1B)は、公衆電話交換回線網3や構内LAN5あるいはIPネットワーク4と接続される主装置10(10A−1,10A−2,10A−3,10B)と、内線回線を介して主装置10と接続される複数のボタン電話機11(11A−1,11A−2,11A−3,11B)とを有する。
【0012】また、電話装置1A−3,1Bは、LAN15A−3,15Bを介して主装置10A−3,10Bに接続されたPC等の情報処理端末13A−3,13Bと、情報処理端末13A−3,13Bに接続されたプリンタ14A−3,14Bとを有する。主装置10と情報処理端末13とプリンタ14は、自装置又は他の電話装置1の利用情報の検索を要求する検索要求手段、及びサーバ装置2から検索要求で指定した利用情報を受信して処理する利用情報受信手段となる。さらに、主装置10は、サーバ装置2に自装置の利用情報を送信する利用情報送信手段となる。
【0013】主装置10と情報処理端末13とプリンタ14は、検索要求で指定した利用情報をサーバ装置2から受信して処理を行うが、このときの処理としては、受信した利用情報を情報処理端末13に転送したり、利用情報を情報処理端末13で表示したり、利用情報をプリンタ14で印刷する等の処理がある。
【0014】図2は電話装置1A−1の主装置10A−1の構成を示すブロック図である。主装置10A−1は、公衆電話交換回線網インタフェース部(以下、公衆電話交換回線網I/F部とする)100、LANインタフェース部(以下、LANI/F部とする)101、内線インタフェース部(以下、内線I/F部とする)103、スイッチ104、記憶部105及び制御部106を有している。
【0015】公衆電話交換回線網I/F部100は、公衆電話交換回線網3と接続され、発信や着信などの呼制御を行い、公衆電話交換回線網3からの音声データ又はアナログ音声信号をスイッチ104に送出し、スイッチ104からの音声データ又はアナログ音声信号を公衆電話交換回線網3に送出する。
【0016】LANI/F部101は、構内LAN5と接続され、パケットを用いたデータ通信を行う。内線I/F部103は、内線回線12を介して複数のボタン電話機11A−1を収容し、ボタン電話機11A−1からの音声データ又はアナログ音声信号をスイッチ104に送出し、スイッチ104からの音声データ又はアナログ音声信号をボタン電話機11A−1に送出する。
【0017】スイッチ104は、制御部106の指示に応じて、内線I/F部103と公衆電話交換回線網I/F部100との間を接続して音声通話路を形成する。記憶部105は、制御部106の動作に必要なプログラム、自装置の識別コード(以下、IDとする)、配下のボタン電話機11のID、サーバ装置2のアドレスなどを予め記憶している。
【0018】制御部106は、CPUなどのマイクロプロセッサやその周辺回路から構成され、記憶部105に予め格納されているプログラムに従って動作し、主装置全体を制御する。電話装置1A−2の主装置10A−2の構成は主装置10A−1と同様である。
【0019】図3は電話装置1A−3の主装置10A−3の構成を示すブロック図であり、図2と同様の構成には同一の符号を付してある。LANI/F部101は、LAN15A−3と接続され、パケットを用いたデータ通信を行う。IPネットワークインタフェース部(以下、IPネットワークI/F部とする)102は、IPネットワーク4と接続され、IPパケットを用いた一般的なデータ通信のほか、音声データを格納したIPパケットを用いてIPネットワーク電話通信を行う。電話装置1Bの主装置10Bの構成は主装置10A−3と同様である。
【0020】図4はサーバ装置2の構成を示すブロック図である。サーバ装置2は、IPネットワークI/F部20、記憶装置21及び制御部22を有している。制御部22は、電話装置1から利用情報を取得して記憶装置21に格納する格納手段、及び電話装置1から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報を記憶装置21から取得して、取得した利用情報を要求元の電話装置1に返送する検索手段となる。
【0021】IPネットワークI/F部20は、IPネットワーク4と接続され、IPパケットを用いたデータ通信を行う。記憶装置21は、制御部22の動作に必要なプログラム、電話装置1の利用情報を管理するデータベースなどを記憶している。制御部22は、CPUなどのマイクロプロセッサやその周辺回路から構成され、記憶部21に予め格納されているプログラムに従って動作し、サーバ装置全体を制御する。制御部22は、コマンド解析/生成部220、主装置認証及びアドレス解決部221及びデータベース参照/格納処理部222を有している。
【0022】コマンド解析/生成部220は、IPネットワークI/F部20で受信したコマンドを解析すると共に、解析したコマンドの要求に応じて主装置認証及びアドレス解決部221あるいはデータベース参照/格納処理部222で行われた処理の結果を要求元の主装置10に返送する。
【0023】主装置認証及びアドレス解決部221は、認証要求に応じて主装置10の認証を行い、この認証によって主装置10へのサービス提供の可否を判断し、サービス提供可と判断したとき、要求元の主装置10のアドレスを解決して、主装置10との間に通信リンクを確立する。データベース参照/格納処理部222は、電話装置1から受信した利用情報を記憶装置21のデータベースに格納し、また電話装置1から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報をデータベースから取得する。
【0024】図5はサーバ装置2の記憶装置21に格納されたデータベース210の構成を示す図である。データベース210には、各主装置10に固有の情報である主装置別利用情報212と、主装置配下のボタン電話機11の機能を設定するための機能設定情報213と、複数の電話装置1が属するグループ全体に共通の情報を格納するグループ共通サービス情報214と、電話装置管理システム全体に共通の情報を格納するシステム共通サービス情報215とが格納されている。
【0025】前述のように、電話装置1A−1,1A−2,1A−3はグループAに属し、電話装置1BはグループBに属している。したがって、図5に示すように、主装置別利用情報212A−1,212A−2,212A−3,212Bが主装置毎に存在し、グループ共通サービス情報214A,214Bがグループ毎に存在する。
【0026】図6は主装置別利用情報212の構成を示す図である。図6に示すように、主装置別利用情報212は、主装置10のIDとボタン電話機11のIDに対応するログ情報が格納され、同様に主装置IDと電話機IDに対応する着信履歴が格納され、さらに主装置IDと電話機IDに対応する発信履歴が格納されたものである。
【0027】次に、以上のような電話装置管理システムの着呼時、ダイヤル発呼時の動作を説明する。ここでは、公衆電話交換回線網3がISDN回線の場合を例にとって説明する。図7は電話装置管理システムの着呼時の動作を示すシーケンス図、図8はダイヤル発呼時の動作を示すシーケンス図である。
【0028】まず、着呼時の動作を説明する。ボタン電話機11への着呼時、ISDN回線3の図示しない交換機は、着呼側のボタン電話機11を収容している主装置10にSETUP(呼設定)メッセージを送信する(図7ステップS101)。公衆電話交換回線網I/F部100を介してSETUPメッセージを受信した主装置10の制御部106は、公衆電話交換回線網I/F部100を介してISDN回線3にALERT(呼出)メッセージを送出する(ステップS102)。
【0029】また、制御部106は、受信したSETUPメッセージ中の着信者電話番号(以下、着番号と略する)に対応するボタン電話機11を内線I/F部103を通じて制御し、このボタン電話機11を着信鳴動させると共に、SETUPメッセージから抽出した発信者電話番号(以下、発番号と略する)をボタン電話機11に送って表示させる(ステップS103)。続いて、制御部106は、自装置のID(主装置ID)を含む認証要求をサーバ装置2に送信する(ステップS104)。このとき、送信先アドレス、すなわちサーバ装置2のアドレスは、記憶部105に予め設定されている。
【0030】サーバ装置2のIPネットワークI/F部20は、IPネットワーク4から認証要求を受信して制御部22に渡す。制御部22のコマンド解析/生成部220は、コマンド解析の結果、認証要求であることを認識すると、この認証要求を主装置認証及びアドレス解決部221に渡す。主装置認証及びアドレス解決部221は、認証要求から抽出した主装置IDが記憶装置21に登録されているか否かをデータベース参照/格納処理部222を通じて確認し、主装置10へのサービス提供の可否を判断する。
【0031】該当する主装置IDが記憶装置21にあらかじめ登録されている場合、主装置認証及びアドレス解決部221は、認証要求元の主装置10へのサービス提供が可能と判断し、この主装置10のアドレスを記憶装置21に登録するアドレス解決を行い、認証OKを示す認証確認結果を作成するようコマンド解析/生成部220に通知する。コマンド解析/生成部220は、記憶装置21に登録されたアドレスに基づいて要求元の主装置10に、作成した認証確認結果を返送する(ステップS105)。こうして、主装置10とサーバ装置2との通信リンクが確立する。
【0032】なお、該当する主装置IDが記憶装置21に登録されていない場合には、認証NGを示す認証確認結果が主装置10に返され、サービス提供が拒否されることは言うまでもない。
【0033】次に、認証OKの認証確認結果を受信した主装置10の制御部106は、着呼が生じた日時と、外線番号(SETUPメッセージから抽出した着番号)と、着呼を示す情報と、SETUPメッセージから抽出した発番号とからなる図9(a)のようなログ情報を作成する。そして、制御部106は、このログ情報と、自装置のIDと、前記着番号に対応するボタン電話機11のIDとを含むログ情報登録要求をサーバ装置2に送信する(ステップS106)。
【0034】また、制御部106は、自装置のIDと、前記着番号に対応するボタン電話機11のIDと、SETUPメッセージから抽出した発番号とを含む名称検索要求をサーバ装置2に送信する(ステップS107)。ここでは、ログ情報登録要求と名称検索要求を別々に送っているが、これらの情報の中身はほとんど同じなので、一緒にして送ってもよい。
【0035】サーバ装置2のコマンド解析/生成部220は、IPネットワークI/F部20を通じて受け取ったコマンドを解析した結果、主装置10からのログ情報登録要求と名称検索要求であることを認識すると、このログ情報登録要求と名称検索要求をデータベース参照/格納処理部222に渡す。データベース参照/格納処理部222は、ログ情報登録要求に含まれる主装置IDと電話機IDとログ情報とを対応付けて記憶装置21のデータベース210に格納する。
【0036】続いて、データベース参照/格納処理部222は、名称検索要求に含まれる主装置IDと電話機IDと発番号とを基に記憶装置21のデータベース210を参照して、この主装置IDと電話機IDと発番号とに対応する発信者名称情報を取得する。そして、データベース参照/格納処理部222は、取得した発信者名称情報をコマンド解析/生成部220に渡す。コマンド解析/生成部220は、発信者名称情報を含む名称検索応答を作成してサービス要求元の主装置10に返送する(ステップS108)。
【0037】主装置10の制御部106は、内線I/F部103を通じて前記着番号に対応するボタン電話機11に、名称検索応答から抽出した発信者名称情報を渡す。これにより、ボタン電話機11の表示部に発信者名称が表示される(ステップS109)。
【0038】前記着番号に対応するボタン電話機11のユーザは、表示された発信者名称を見て、応答する場合にはハンドセットを上げる。ユーザがハンドセットを上げると、ボタン電話機11から主装置10に着信応答が通知される(ステップS110)。内線I/F部103を介して着信応答を受け取った主装置10の制御部106は、公衆電話交換回線網I/F部100を介してISDN回線3にCONN(応答)メッセージを送出する(ステップS111)。
【0039】さらに、制御部106は、着信応答が生じた日時と、外線番号(SETUPメッセージから抽出した着番号)と、応答したボタン電話機11に対応する内線番号と、応答を示す情報とからなる図9(b)のようなログ情報を作成する。そして、制御部106は、このログ情報と、自装置のIDと、前記応答したボタン電話機11のIDとを含むログ情報登録要求をサーバ装置2に送信する(ステップS112)。サーバ装置2のデータベース参照/格納処理部222は、受信したログ情報登録要求に含まれる主装置IDと電話機IDとログ情報とを対応付けて記憶装置21のデータベース210に格納する。
【0040】次に、CONNメッセージを受信したISDN回線3の交換機は、CONNACK(応答確認)メッセージを主装置10に返送する(ステップS113)。CONNACKメッセージを受信した主装置10の制御部106は、スイッチ104を制御して、内線I/F部103と公衆電話交換回線網I/F部100との間を接続することで、ISDN回線3の図示しない相手側電話機と前記着番号に対応するボタン電話機11との間に音声通話路を形成する(ステップS114)。こうして、相手側電話機とボタン電話機11との間で音声通話が開始される。
【0041】通話中に、ユーザがボタン電話機11を保留にすると、ボタン電話機11から主装置10に保留が通知される(ステップS115)。主装置10の制御部106は、保留が生じた日時と、外線番号(SETUPメッセージから抽出した着番号)と、保留したボタン電話機11に対応する内線番号と、保留を示す情報とからなる図9(c)のようなログ情報を作成する。
【0042】制御部106は、作成したログ情報と、自装置のIDと、前記保留したボタン電話機11のIDとを含むログ情報登録要求をサーバ装置2に送信する(ステップS116)。サーバ装置2のデータベース参照/格納処理部222は、受信したログ情報登録要求に含まれる主装置IDと電話機IDとログ情報とを対応付けて記憶装置21のデータベース210に格納する。
【0043】次に、ユーザがボタン電話機11の保留を解除すると、ボタン電話機11から主装置10に保留解除が通知される(ステップS117)。主装置10の制御部106は、保留が解除された日時と、外線番号(SETUPメッセージから抽出した着番号)と、保留解除したボタン電話機11に対応する内線番号と、保留解除を示す情報とからなる図9(d)のようなログ情報を作成する。
【0044】制御部106は、作成したログ情報と、自装置のIDと、前記保留解除したボタン電話機11のIDとを含むログ情報登録要求をサーバ装置2に送信する(ステップS118)。サーバ装置2のデータベース参照/格納処理部222は、受信したログ情報登録要求に含まれる主装置IDと電話機IDとログ情報とを対応付けて記憶装置21のデータベース210に格納する。
【0045】次に、ユーザがボタン電話機11のハンドセットを下ろすと、ボタン電話機11から主装置10に終話が通知される(ステップS119)。主装置10の制御部106は、通話が終了した日時と、外線番号(SETUPメッセージから抽出した着番号)と、通話を終了したボタン電話機11に対応する内線番号と、切断を示す情報とからなる図9(e)のようなログ情報を作成する。
【0046】制御部106は、作成したログ情報と、自装置のIDと、前記通話を終了したボタン電話機11のIDとを含むログ情報登録要求をサーバ装置2に送信する(ステップS120)。サーバ装置2のデータベース参照/格納処理部222は、受信したログ情報登録要求に含まれる主装置IDと電話機IDとログ情報とを対応付けて記憶装置21のデータベース210に格納する。
【0047】主装置10の制御部106は、DISC(切断)メッセージをサーバ装置2に送信する(ステップS121)。DISCメッセージを受信したISDN回線3の交換機は、REL(解放)メッセージを主装置10に返送する(ステップS122)。RELメッセージを受信した主装置10の制御部106は、RELCOMP(解放完了)メッセージをサーバ装置2に送信する(ステップS123)。
【0048】最後に、制御部106は、通話が開始された日時と、SETUPメッセージから抽出した発番号と、SETUPメッセージから抽出した着番号と、通話時間とからなる図10(a)に示すような着信履歴を作成する。そして、制御部106は、作成した着信履歴と、自装置のIDと、前記通話を終了したボタン電話機11のIDとを含む着信履歴登録要求をサーバ装置2に送信する(ステップS124)。
【0049】サーバ装置2のコマンド解析/生成部220は、IPネットワークI/F部20を通じて受け取ったコマンドを解析した結果、主装置10からの着信履歴登録要求であることを認識すると、この着信履歴登録要求をデータベース参照/格納処理部222に渡す。データベース参照/格納処理部222は、着信履歴登録要求に含まれる主装置IDと電話機IDと着信履歴とを対応付けて記憶装置21のデータベース210に格納する。
【0050】次に、電話装置管理システムのダイヤル発呼時の動作を説明する。配下のボタン電話機11からダイヤル発呼が生じると(図8ステップS201)、主装置10の制御部106は、このボタン電話機11がダイヤルした着番号を含むSETUPメッセージを作成して、このSETUPメッセージを公衆電話交換回線網I/F部100を介してISDN回線3に送出する(ステップS202)。
【0051】ステップS203,S204の処理は、それぞれステップS104,S105と同じである。認証OKの認証確認結果を受信した主装置10の制御部106は、発呼が生じた日時と、ダイヤル発呼したボタン電話機11に対応する外線番号及び内線番号と、発呼を示す情報と、ボタン電話機11がダイヤルした着番号とからなる図9(f)に示すようなログ情報を作成する。そして、制御部106は、作成したログ情報と、自装置のIDと、前記ダイヤル発呼したボタン電話機11のIDとを含むログ情報登録要求をサーバ装置2に送信する(ステップS205)。
【0052】また、制御部106は、自装置のIDと、前記ダイヤル発呼したボタン電話機11のIDと、このボタン電話機11がダイヤルした着番号とを含む名称検索要求をサーバ装置2に送信する(ステップS206)。ここでは、ログ情報登録要求と名称検索要求を別々に送っているが、これらの情報の中身はほとんど同じなので、一緒にして送ってもよい。
【0053】サーバ装置2のコマンド解析/生成部220は、IPネットワークI/F部20を通じて受け取ったコマンドを解析した結果、主装置10からのログ情報登録要求と名称検索要求であることを認識すると、このログ情報登録要求と名称検索要求をデータベース参照/格納処理部222に渡す。データベース参照/格納処理部222は、ログ情報登録要求に含まれる主装置IDと電話機IDとログ情報とを対応付けて記憶装置21のデータベース210に格納する。
【0054】SETUPメッセージを受信したISDN回線3の図示しない交換機は、CALLPROC(呼設定受付)メッセージを主装置10に返す(ステップS207)。公衆電話交換回線網I/F部100を介してCALLPROCメッセージを受信した主装置10の制御部106は、ダイヤル発呼したボタン電話機11を内線I/F部103を通じて制御し、このボタン電話機11に発呼中であることを示す発呼画面を表示させる(ステップS208)。
【0055】次に、サーバ装置2のデータベース参照/格納処理部222は、受信した名称検索要求に含まれる主装置IDと電話機IDと着番号とを基に記憶装置21のデータベース210を参照して、この主装置IDと電話機IDと着番号に対応する着信者名称情報を取得する。データベース参照/格納処理部222は、取得した着信者名称情報をコマンド解析/生成部220に渡す。コマンド解析/生成部220は、着信者名称情報を含む名称検索応答を作成してサービス要求元の主装置10に返送する(ステップS209)。
【0056】主装置10の制御部106は、内線I/F部103を通じて前記ダイヤル発呼したボタン電話機11に、名称検索応答から抽出した着信者名称情報を渡す。これにより、ボタン電話機11の表示部に着信者名称が表示される(ステップS210)。
【0057】図示しない相手側の電話機が応答すると、ISDN回線3の交換機は、主装置10にCONNメッセージを送信する(ステップS211)。CONNメッセージを受信した主装置10の制御部106は、スイッチ104を制御して、内線I/F部103と公衆電話交換回線網I/F部100との間を接続することで、ISDN回線3の図示しない相手側電話機と前記ダイヤル発呼したボタン電話機11との間に音声通話路を形成する(ステップS212)。こうして、相手側電話機とボタン電話機11との間で音声通話が開始される。
【0058】次に、ダイヤル発呼したボタン電話機11のユーザがハンドセットを下ろすと、ボタン電話機11から主装置10に終話が通知される(ステップS213)。主装置10の制御部106は、通話が終了した日時と、通話を終了したボタン電話機11に対応する外線番号及び内線番号と、切断を示す情報とからなる図9(e)のようなログ情報を作成する。
【0059】制御部106は、作成したログ情報と、自装置のIDと、前記通話を終了したボタン電話機11のIDとを含むログ情報登録要求をサーバ装置2に送信する(ステップS214)。サーバ装置2のデータベース参照/格納処理部222は、受信したログ情報登録要求に含まれる主装置IDと電話機IDとログ情報とを対応付けて記憶装置21のデータベース210に格納する。
【0060】ステップS215,S216,S217の処理は、それぞれステップS121,S122,S123と同じである。最後に、主装置10の制御部106は、通話が開始された日時と、前記ダイヤル発呼したボタン電話機11に対応する外線番号(発番号)と、このボタン電話機11がダイヤルした着番号と、通話時間とからなる図10(b)のような発信履歴を作成する。そして、制御部106は、作成した発信履歴と、自装置のIDと、前記ダイヤル発呼したボタン電話機11のIDとを含む発信履歴登録要求をサーバ装置2に送信する(ステップS218)。
【0061】サーバ装置2のコマンド解析/生成部220は、IPネットワークI/F部20を通じて受け取ったコマンドを解析した結果、主装置10からの発信履歴登録要求であることを認識すると、この発信履歴登録要求をデータベース参照/格納処理部222に渡す。データベース参照/格納処理部222は、発信履歴登録要求に含まれる主装置IDと電話機IDと発信履歴とを対応付けて記憶装置21のデータベース210に格納する。
【0062】次に、サーバ装置2に格納されたログ情報、発信履歴あるいは着信履歴を参照する動作について説明する。図11はログ情報参照時の動作を示すシーケンス図、図12は発信履歴参照時の動作を示すシーケンス図、図13は着信履歴参照時の動作を示すシーケンス図である。
【0063】まず、情報処理端末13(13A−3,13B)からログ情報を参照するときの動作を説明する。ユーザは、ログ情報の検索条件として、所望の日時と外線番号と内線番号とを情報処理端末13に入力する。このとき、日時については複数指定してもよいし、何時から何時までというように範囲指定してもよい。また、外線番号と内線番号についても複数指定可能である。
【0064】情報処理端末13は、入力された検索条件を含むログ要求をLAN15(15A−3,15B)を介して主装置10(10A−3,10B)に送信する(図11ステップS301)。LANI/F部101を介してログ要求を受信した主装置10の制御部106は、自装置のID(主装置ID)を含む認証要求をサーバ装置2に送信する(ステップS302)。ステップS303の処理はステップS105と同じである。
【0065】認証OKの認証確認結果を受信した主装置10の制御部106は、ログ要求から抽出した検索条件と、自装置のIDとを含むログ情報検索要求をサーバ装置2に送信する(ステップS304)。サーバ装置2のコマンド解析/生成部220は、IPネットワークI/F部20を通じて受け取ったコマンドを解析した結果、主装置10からのログ情報検索要求であることを認識すると、このログ情報検索要求をデータベース参照/格納処理部222に渡す。
【0066】データベース参照/格納処理部222は、ログ情報検索要求に含まれる検索条件を基に記憶装置21のデータベース210を参照して、検索条件で指定された日時と外線番号と内線番号とを含むログ情報を取得する。そして、データベース参照/格納処理部222は、取得したログ情報をコマンド解析/生成部220に渡す。コマンド解析/生成部220は、ログ情報を含むログ情報検索応答を作成して要求元の主装置10に返送する(ステップS305)。
【0067】主装置10の制御部106は、ログ情報検索応答から抽出したログ情報を、LAN15を介して要求元の情報処理端末13に渡す。これにより、情報処理端末13の画面にログ情報が表示される(ステップS306)。また、情報処理端末13に接続されたプリンタ14(14A−3,14B)にログ情報を出力して、プリンタ14でログ情報を印刷出力することも可能である。こうして、電話装置1内の情報処理端末13を使って、自装置のログ情報あるいは他の電話装置1のログ情報を参照することができる。
【0068】次に、情報処理端末13から発信履歴を参照するときの動作を説明する。ユーザは、発信履歴の検索条件として、所望の日時と所望の発信者を指定する発番号とを情報処理端末13に入力する。このとき、日時については複数指定してもよいし、何時から何時までというように範囲指定してもよい。また、発番号についても複数指定可能である。
【0069】情報処理端末13は、入力された検索条件を含む発信履歴要求をLAN15を介して主装置10に送信する(図12ステップS401)。発信履歴要求を受信した主装置10の制御部106は、自装置のIDを含む認証要求をサーバ装置2に送信する(ステップS402)。ステップS403の処理はステップS105と同じである。
【0070】認証OKの認証確認結果を受信した主装置10の制御部106は、発信履歴要求から抽出した検索条件と、自装置のIDとを含む発信履歴検索要求をサーバ装置2に送信する(ステップS404)。サーバ装置2のコマンド解析/生成部220は、IPネットワークI/F部20を通じて受け取った発信履歴検索要求をデータベース参照/格納処理部222に渡す。
【0071】データベース参照/格納処理部222は、発信履歴検索要求に含まれる検索条件を基に記憶装置21のデータベース210を参照して、検索条件で指定された日時と発番号とを含む発信履歴を取得する。さらに、データベース参照/格納処理部222は、取得した発信履歴の着番号に対応する着信者名称情報をデータベース210から取得する。
【0072】そして、データベース参照/格納処理部222は、取得した発信履歴と着信者名称情報とをコマンド解析/生成部220に渡す。コマンド解析/生成部220は、発信履歴と着信者名称情報とを含む発信履歴検索応答を作成して要求元の主装置10に返送する(ステップS405)。
【0073】主装置10の制御部106は、発信履歴検索応答から抽出した発信履歴と着信者名称情報を、LAN15を介して要求元の情報処理端末13に渡す。これにより、情報処理端末13の画面に発信履歴とこの発信履歴の着番号に対応する着信者名称情報が表示される(ステップS406)。ログ情報と同様に、プリンタ14で発信履歴と着信者名称情報を印刷出力することも可能である。こうして、電話装置1内の情報処理端末13を使って、自装置の発信履歴あるいは他の電話装置1の発信履歴を参照することができる。
【0074】次に、情報処理端末13から着信履歴を参照するときの動作を説明する。ユーザは、着信履歴の検索条件として、所望の日時と所望の着信者を指定する着番号とを情報処理端末13に入力する。このとき、日時については複数指定してもよいし、何時から何時までというように範囲指定してもよい。また、着番号についても複数指定可能である。
【0075】情報処理端末13は、入力された検索条件を含む着信履歴要求をLAN15を介して主装置10に送信する(図13ステップS501)。着信履歴要求を受信した主装置10の制御部106は、自装置のIDを含む認証要求をサーバ装置2に送信する(ステップS502)。ステップS503の処理はステップS105と同じである。
【0076】認証OKの認証確認結果を受信した主装置10の制御部106は、着信履歴要求から抽出した検索条件と、自装置のIDとを含む着信履歴検索要求をサーバ装置2に送信する(ステップS504)。サーバ装置2のコマンド解析/生成部220は、IPネットワークI/F部20を通じて受け取った着信履歴検索要求をデータベース参照/格納処理部222に渡す。
【0077】データベース参照/格納処理部222は、着信履歴検索要求に含まれる検索条件を基に記憶装置21のデータベース210を参照して、検索条件で指定された日時と着番号とを含む着信履歴を取得する。さらに、データベース参照/格納処理部222は、取得した着信履歴の発番号に対応する発信者名称情報をデータベース210から取得する。
【0078】そして、データベース参照/格納処理部222は、取得した着信履歴と発信者名称情報とをコマンド解析/生成部220に渡す。コマンド解析/生成部220は、着信履歴と発信者名称情報とを含む着信履歴検索応答を作成して要求元の主装置10に返送する(ステップS505)。
【0079】主装置10の制御部106は、着信履歴検索応答から抽出した着信履歴と発信者名称情報を、LAN15を介して要求元の情報処理端末13に渡す。これにより、情報処理端末13の画面に着信履歴とこの着信履歴の発番号に対応する発信者名称情報が表示される(ステップS506)。ログ情報と同様に、プリンタ14で着信履歴と発信者名称情報を印刷出力することも可能である。こうして、電話装置1内の情報処理端末13を使って、自装置の着信履歴あるいは他の電話装置1の着信履歴を参照することができる。
【0080】以上のような着呼時、ダイヤル発呼時、参照時において、主装置10とサーバ装置2との間の通信は、主装置が10A−1又は10A−2である場合、LANI/F部101、構内LAN5、ルータ6及びIPネットワーク4を介して行われ、主装置が10A−3又は10Bである場合、IPネットワークI/F部102及びIPネットワーク4を介して行われる。
【0081】以上のように、本実施の形態では、複数の電話装置1の利用情報を共通のサーバ装置2で集中管理するようにしたので、大量の利用情報を保存管理することができ、電話装置1から自装置の利用情報だけでなく、他の電話装置1の利用情報も参照することができる。
【0082】その結果、ある主装置10に接続されたボタン電話機11の発信履歴を、別の主装置10に接続された情報処理端末13から参照して、発信操作を行うことが可能となる。また、各電話装置1の利用情報をシステムの保守等に活用することができる。例えば、ある電話装置1の発着信量が多い場合には、この電話装置1に係る設備を拡張する必要があることが分かる。逆に、電話装置1の発着信量が少ない場合には、この電話装置1に係る設備を削減してもよいことが分かる。
【0083】また、電話装置毎にサーバを設置する必要がないので、システムの設置コストを低減することができ、設置に必要な作業負担を軽減することができる。複数の電話装置1を使用する企業などにとっては電話装置毎のサーバを保守管理する必要がなくなり、またサーバ装置2の設置場所に赴くことなく、IPネットワーク4を介してサーバ装置2の保守管理を行うことも可能である。このような保守管理は、情報処理端末7,13から行うことが可能である。また、サーバ装置2から情報処理端末7,13に対して保守情報を常時送信させることも可能である。これにより、サーバ装置2の状態を遠隔管理することができる。
【0084】なお、本実施の形態では、情報処理端末7とプリンタ9を電話装置1A−1,1A−2の外部に配置しているが、情報処理端末7とプリンタ9を電話装置1A−1,1A−2の内部に配置してもよく、情報処理端末7を使って情報処理端末13と同様の処理が行えることは言うまでもない。
【0085】また、本実施の形態では、公衆電話交換回線網3がISDN回線の場合を例にとって説明したが、これに限るものでないことは言うまでもない。例えば、公衆電話交換回線網3がアナログ電話回線の場合には、LANI/F部101(又はIPネットワークI/F部102)からの音声データをアナログ音声信号に変換してスイッチ104に送出し、スイッチ104からのアナログ音声信号を音声データに変換してLANI/F部101(IPネットワークI/F部102)に送出するデータ/音声変換部を、LANI/F部101(IPネットワークI/F部102)とスイッチ104との間に設ければよい。また、ボタン電話機11をIPネットワーク電話機として、公衆電話交換回線網3を使用せずにIPネットワーク4を用いて音声通話を行うようにしてもよい。
【0086】また、本実施の形態では、各電話装置1の利用情報をサーバ装置2に格納するようにしているが、大組織のシステムでは、レスポンスの兼ね合いから構内LAN5上にミニサーバ装置8を設置して、ミニサーバ装置8によってサーバ装置2の機能の少なくとも1部を実現することも可能である。この場合、IPネットワーク4上に設置したサーバ装置2のデータベース210とミニサーバ装置8のデータベースとをIPネットワーク4を経由して同期させることで、電話装置1の要求に対するレスポンスを向上させ、サーバ装置2の負荷を軽減することができる。
【0087】サーバ装置2、主装置10(あるいは主装置10と情報処理端末13を含む電話装置1)の構成はそれぞれコンピュータで実現することができる。このコンピュータは、CPUと、ROM(リードオンリメモリ)と、RAM(ランダムアクセスメモリ)と、フレキシブルディスク装置等の補助記憶装置と、ハードディスク装置等の大容量の外部記憶装置と、公衆電話交換回線網3やIPネットワーク4、構内LAN5、ボタン電話機11などとの間のインタフェース装置といった構成を有している。
【0088】コンピュータをサーバ装置2、主装置10(電話装置1)として機能させるためのサーバ装置プログラム、主装置プログラム(電話装置プログラム)は、フレキシブルディスク、CD−ROM、メモリカード等の記録媒体に記録された状態で提供される。この記録媒体をコンピュータの補助記憶装置に挿入すると、媒体に記録されたプログラムが読み取られる。そして、CPUは、読み込んだプログラムをRAMあるいは外部記憶装置に書き込み、このプログラムに従って本実施の形態で説明したような処理を実行する。
【0089】
【発明の効果】本発明によれば、通信網を介して複数の電話装置に接続されたサーバ装置に、電話装置の利用情報を記憶する記憶手段と、電話装置から利用情報を取得して記憶手段に格納する格納手段と、電話装置から利用情報の検索要求を受けたとき、この検索要求で指定された利用情報を記憶手段から取得して、取得した利用情報を要求元の電話装置に返送する検索手段とを設けることにより、複数の電話装置の利用情報を共通のサーバ装置で集中管理するようにしたので、大量の利用情報を保存管理することができ、電話装置から自装置の利用情報だけでなく、他の電話装置の利用情報も参照することができる。その結果、他の電話装置の利用情報を参照して発信操作を行ったり、各電話装置の利用情報をシステムの保守等に活用したりすることができる。また、従来の電話装置管理システムのように電話装置毎にサーバを設置する必要がなく、システムの設置コストを低減することができ、設置に必要な作業負担を軽減することができる。また、プログラムや利用情報の保守管理は、複数の電話装置に共通のサーバ装置に対して行えばよいので、複数の電話装置を使用する企業などにとっては、電話装置毎のサーバを保守管理する必要がなくなる。また、サーバ装置の設置場所に赴くことなく、通信網を介してサーバ装置の保守管理を行うことも可能である。その結果、保守管理に必要な作業負担を軽減することができる。また、電話装置に膨大な量のサービス情報を記憶させておく必要がなく、膨大な情報量を扱う業務を電話装置で行う必要がなくなるので、処理分散を実現でき、電話装置の負荷を軽減することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013