米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 東日本電信電話株式会社

発明の名称 問題作成支援装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−228628(P2003−228628A)
公開日 平成15年8月15日(2003.8.15)
出願番号 特願2002−25277(P2002−25277)
出願日 平成14年2月1日(2002.2.1)
代理人 【識別番号】100064908
【弁理士】
【氏名又は名称】志賀 正武 (外2名)
発明者 篠原 正典 / 高橋 寿彦 / 森 弘子 / 岡本 麻由美
要約 課題
CGI等のプログラム技術を知らない人でも、双方向型の問題を作成することができる問題作成支援装置を提供する。

解決手段
問題作成支援装置108は、解答時間難易度問題のタイトルおよび問題の出力形式を含む基本情報を入力する入力部と問題文のテキスト情報および必要において静止画像を入力する入力部と問題のヒントを示すテキスト情報および必要において静止画像を入力する入力部と問題の解き方を示す解説のテキスト情報および必要において静止画像を入力する入力部とを含む問題作成画面を通信回線を介して問題作成者のコンピュータに表示する。そして問題作成者のコンピュータから送信された情報から問題文ファイルヒントファイルおよび解説ファイルとを生成してデータベース115に記憶させデータベース115から各ファイルを読み出し通信回線を介して問題受験者のコンピュータ116に表示する。
特許請求の範囲
【請求項1】 解答時間、難易度、問題のタイトル、および問題の出力形式を含む基本情報を入力する入力部と、当該問題文のテキスト情報および必要において静止画像を入力する入力部と、問題のヒントを示すテキスト情報および必要において静止画像を入力する入力部と、問題の解き方を示す解説のテキスト情報および必要において静止画像を入力する入力部とを含む問題作成画面を、通信回線を介して問題作成者のコンピュータのWebブラウザ上に表示する第1の手段と、前記問題作成者のコンピュータから送信された情報から問題文ファイル、ヒントファイルおよび解説ファイルとを生成し、記憶手段に記憶させる第2の手段と、前記記憶手段から問題文ファイル、ヒントファイル、解説ファイルを読み出し、通信回線を介して問題受験者のコンピュータのWebブラウザ上に表示する第3の手段と、を具備することを特徴とする問題作成支援装置。
【請求項2】 前記第1の手段は、前記問題の出力形式として、択一式、複数選択式、穴埋め式および記述式のいずれか一つを選択可能に表示し、それぞれの問題出力形式に対応した解答入力欄として、択一式および複数選択式の場合には、解答候補数の入力部および正解の入力部を表示し、穴埋め式の場合には穴埋め部の位置、正解の入力部を表示し、記述式の場合には正解の入力部を表示し、前記第2の手段は、前記問題作成者のコンピュータから送信された情報から解答入力ファイルを生成して前記記憶手段に記憶させ、前記第3の手段は、前記記憶手段から前記回答入力ファイルを読み出し、通信回線を介して問題受験者のコンピュータのWebブラウザ上に表示することを特徴とする請求項1に記載の問題作成支援装置。
【請求項3】 解答時間、難易度、問題のタイトル、および問題の出力形式を含む基本情報を入力する入力部と、前記コンピュータ端末内に格納された問題文となるファイル名もしくは通信回線を介してアクセス可能なWebブラウザ上に存在するコンテンツのアドレスを入力する入力部と、前記コンピュータ端末内に格納された問題のヒントとなるファイル名もしくは通信回線を介してアクセス可能なWebブラウザ上に存在するコンテンツのアドレスを入力する入力部と、前記コンピュータ端末内に格納された問題の解説となるファイル名もしくは通信回線を介してアクセス可能なWebブラウザ上に存在するコンテンツのアドレスを入力する入力部とを含む問題作成画面を、通信回線を介して問題作成者のコンピュータのWebブラウザ上に表示する第1の手段と、前記問題作成者のコンピュータから送信された情報に基づいて問題文ファイル、ヒントファイルおよび解説ファイルとを生成し、記憶手段に記憶させる第2の手段と、前記記憶手段から問題文ファイル、ヒントファイル、解説ファイルを読み出し、通信回線を介して問題受験者のコンピュータのWebブラウザ上に表示する第3の手段と、を具備することを特徴とする問題作成支援装置。
【請求項4】 前記第1の手段は、前記問題の出力形式として、択一式、複数選択式、穴埋め式および記述式のいずれか一つを選択可能に表示し、それぞれの問題出力形式に対応した解答入力欄として、択一式および複数選択式の場合には、解答候補数の入力部および正解の入力部を表示し、穴埋め式の場合には穴埋め部の位置、正解の入力部を表示し、記述式の場合には正解の入力部を表示し、前記第2の手段は、前記問題作成者のコンピュータから送信された情報から解答入力ファイルを生成して前記記憶手段に記憶させ、前記第3の手段は、前記記憶手段から前記回答入力ファイルを読み出し、通信回線を介して問題受験者のコンピュータへ送信し、前記Webブラウザと表示位置が異なる別のWebブラウザ上に前記回答入力ファイルを表示することを特徴とする請求項3に記載の問題作成支援装置。
【請求項5】 前記第1の手段は、前記問題作成者が問題の公開/非公開の設定を入力する入力部を表示し、前記第2の手段は、前記問題作成者のコンピュータから送信された公開/非公開の設定を前記記憶手段に記憶させ、前記第3の手段は、前記問題作成者が公開と設定した場合にのみ前記記憶手段から各ファイルを読み出し、通信回線を介して問題受験者のコンピュータのWebブラウザ上に表示することを特徴とする請求項1〜請求項4のいずれかの項に記載の問題作成支援装置。
【請求項6】 前記第1の手段は、問題作成者のコンピュータのWebブラウザ上に、本問題作成支援装置とは別のコンピュータによる問題解答システムによって自動的に採点を行う自動採点方式にするか、あるいは、当該システムに予め登録された採点者が採点を行う手動採点方式にするかを入力する入力部を表示することを特徴とする請求項1〜請求項4のいずれかの項に記載の問題作成支援装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、コンピュータを利用した学習システムで演習や試験に用いられる問題の作成および利用する技術に関するものであり、問題作成者がCGI(Common Gateway Interface)等のプログラミング技術を知らなくても、テキスト入力、ファイル指定、インターネット上に格納された問題文等のアドレス指定などを行うことにより、また、択一式、複数選択式、穴埋め式、記述式の問題形式を選択し、指示に従い正解、解答候補などの項目を入力するだけで、インターネットを介して双方向的に回答が可能な問題を容易に作成することができる問題作成支援装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】インターネット上のWebに公開された演習問題あるいは試験問題の多くは、問題受験者と問題が格納されたサーバとの間で双方向的に回答の送受信が行われている。このような双方向的な問題を作成する場合、通常CGIプログラムなどのWeb作成技術を用いて問題を作成していた。そのため、このようなプログラム技術を知らない人にとって、双方向的な問題を作成することは困難であった。 HTML (Hyper Text Markup Language)言語を使ってテキストや静止画を用いて問題文を作成することはできるが、回答を自動的に採点する双方向的な問題作成は困難であった。
【0003】また、通常インターネットを使った学習システムにより問題を実行させる場合、問題の回答を採点するだけのものが多く、問題を解くためのヒントや問題の解き方を表示した解説を併せて表示するものは少ない。これは問題文、ヒント、解説をそれぞれ作成するという作業を行うと共に、それぞれが相互に対応するようにハイパーテキスト形式でリンクさせる処理が必要であり、作成者に負担がかかってしまうという問題があるからである。
【0004】また、印刷物による演習問題や試験問題の問題文はテキストや図形・絵などの画像が含まれているものが一般的である。これに対し、Web技術の中の例えばFlushやJava(登録商標)やJava(登録商標)Scriptなどのプログラム言語を使えば、アニメーションなどの動画を活用した問題や、マウス操作を行いながら解答するクイズ形式やパズル形式の問題作成が可能である。事実、これらの形式の問題はCD-ROM等のメディア媒体に格納されコンピュータで利用できるようになっている。しかし、これらの形式の問題はインターネットを使った学習システムで利用するために作成されたものは少なく、ましてや、これらの既に存在するパズル形式のゲーム、クイズ形式のゲーム等を使った問題と従来のテキスト形式の問題を任意に選択し、学習システムに一般的に含まれる回答機能との互換性を保持して登録することは容易ではなく、多大な作成費用を要していた。このように種々のプログラム言語上で動作する試験問題を学習システムで有効に活用できない問題があった。
【0005】この他、インターネットを使った学習システムを使って学習させる場合には、一般的に、学習プロセスが立てられ、それに沿って定められた期間に学習すべき内容が明確に決められ、その学習の関連した問題を受講者に解かせるように学習が進められる。そのため、問題を学習プロセスに則して作成する必要があり、この作業により学習期間が変わる毎に問題を作成し直すといった稼働が発生する問題があった。
【0006】さらに、従来の印刷物を用いた問題を解く場合には、マークシート方式の問題のようにコンピュータが自動的に採点できるものと、採点者が手動で採点を行う場合があり、後者の方が一般的に行われてきている。しかし、コンピュータを使った学習システムにおいては、問題内容が自動的に採点できるものにするという制限が加わってしまう。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】この発明は、このような事情を考慮してなされたもので、その目的は、CGI等のプログラム技術を知らない人でも、テキスト入力や貼付、画像貼付などの簡単な作業と、正解、解答候補などのテキストを入力するだけで、双方向型の問題を作成することができる問題作成支援装置を提供することにある。
【0008】また、この発明の他の目的は、問題作成と同時に問題を解くためのヒントや問題の解き方を表示した解説をテキスト入力や貼付、画像を貼付する方法で相互の関連性を保持して作成することができる問題作成支援装置を提供することにある。また、この発明のさらに他の目的は、既に作成されインターネット上で利用できる他の問題文やFlushやJava(登録商標)やJava(登録商標)Scriptなどのプログラム言語を使って動作するパズル形式のゲーム、クイズ形式のゲーム等の問題を容易に学習システムの中に組み込める問題作成支援装置を提供することにある。
【0009】また、この発明のさらに他の目的は、問題を公開するか非公開とするかを設定可能とすることにより、学習期間が変わる毎に問題を作成する必要が無く、いつでもあるいは一括で問題を作成することができる問題作成支援装置を提供することにある。また、この発明のさらに他の目的は、自動採点にも手動採点にも対応することができる問題作成支援装置を提供することにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記の課題を解決した問題作成システムを提供するものであり、CGI技術を知らなくても問題文、ヒント文、解説文をタイピングにより入力、もしくは、すでにこれらが電子テキスト情報として存在する場合には、該当する部分をコピー&ペースト法を使って入力し、択一式、複数選択式、穴埋め式、記述式の問題形式を選択し、指示に従い正解、解答候補などの項目を入力するだけで、インターネットを介して双方向的に回答が可能な問題を容易に作成できるようにしている。テキスト情報だけでなく、同時に絵や図形などの静止画像を問題文、ヒント文、解説文に挿入することを可能にし、同一画面上で問題、ヒント、解説を作成できるようにし、それぞれを自動的に相互に関連付けることにより、問題とヒント、問題と解説を個々に関連付けることを不要としている。
【0011】また、既にWeb上に作成された問題やヒント、解説となるコンテンツが存在する場合、また、それらがHTML形式に限らずFlush、Java(登録商標)、あるいはJava(登録商標)Scriptなどのプログラム言語で書かれている場合でも、それらの格納場所(URL)を記載するだけで、問題、ヒント、解説として利用できるようにしている。また、択一式、複数選択式、穴埋め式、記述式の問題形式を選択し、指示に従い正解、解答候補などの項目を入力することにより、解答用紙を作成することが可能であり、問題文の表示とその解答用紙をWeb上の別画面に表示することにより、解答結果を学習履歴を把握する別のコンピュータを用いたシステムと組み合わせることにより、既存の問題を効果的に活用した学習システムの実現を可能としている。
【0012】また、学習塾や学校では予め設定された学習計画に沿って学習させることが多い。このような学習をコンピュータを利用した学習システムを用いて実施する場合、問題受験者に対して学習計画に沿った時期に合わせて問題を提示する必要がある。このような計画に準じて問題を作成する作業を省き、一度にまとめて問題を作成できるようにしている。これらの問題データベース中の問題を「表示」、「非表示」とするコマンドにより、問題受験者に対して時期に合った問題の提示を可能としている。これにより、問題作成者に対して計画に準じて発生する問題作成作業を簡略化することができる。また、「公開」、「非公開」の修正はいつでも何度でも可能としているため、種々の学習計画に自在に対応できる利点もある。
【0013】さらに、問題に解答する場合において、解答された問題の正誤をコンピュータを用いた自動採点法、もしくは採点者による手動採点法で行うかを問題作成時に個別に設定できるようにすることにより、両者を混合した問題作成を可能としている。
【0014】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照し、この発明の実施の形態について説明する。図1はこの発明の第1の実施の形態による問題作成支援装置を用いた支援システムのブロック図を示す。この図において、101は問題作成者のコンピュータ、102〜105はコンピュータ101のWeb画面に表示された入力部であり、102は解答時間、難易度、問題のタイトル、問題の出力形式などの基本情報を入力する入力部、103は問題のテキスト情報および問題に用いる静止画を入力する入力部、104はヒントのテキスト情報およびヒントに用いる静止画を入力する入力部、105は解説のテキスト情報および解説に用いる静止画を入力する入力部である。また、106はこれらの情報を通信回線107を介してこの発明の実施形態によるサーバコンピュータ(問題作成支援装置)108に送信するためのボタンを示す。
【0015】サーバコンピュータ108で受信されたこれらの情報は、問題文ファイル生成部109、ヒントファイル生成部110、解説ファイル生成部111によって、それぞれファイルが作成され、相互の関連性を保ったままデータベース115に格納される。問題受験者のコンピュータ116が通信回線107を介して、サーバコンピュータ108にアクセスした場合、サーバコンピュータ108はデータベース115から各ファイルを読み出して問題受験者のコンピュータ116へ送信し、コンピュータ116の画面に問題文112とヒント文113および解説文114をそれぞれ別々のブラウザ上に表示する。
【0016】図2は問題作成者のコンピュータ101のWeb画面上に表示される各入力部を具体的に表示したものである。102は問題のタイトル等の基本情報入力部で、任意に文章を入力する部分や予め設定された語彙から選択する部分で構成されている。103は問題文、104はヒント文、105は解説文の入力部であり、これらの入力部は直接文字を入力するか、すでに電子化されたテキストがある場合、その該当部分をコピー&ぺースト処理で入力することができる。
【0017】問題文やヒントおよび解説に用いる静止画は、問題作成者のコンピュータ内に予め格納された画像のファイル名を指定することにより入力する。情報の送信ボタン106を押すことにより、これらの情報は通信回線107を介して、サーバコンピュータ108に送信される。
【0018】図3および図4は、問題の出題形式が択一式の場合の画面イメージを示したもので、図3が択一式の問題と解答候補および正解を入力して送信する画面イメージ、図4が図3の情報を受信してサーバコンピュータ108で処理した後の、問題受験者のコンピュータ116に表示された問題と解答方式を示す。図3に示すように問題作成者は問題の基本情報102を入力し、その時に問題の出力形式として択一式を選択する。択一式を選択することにより解答候補数と解答候補の入力部および正解入力部で構成される解答形式301が表示される。なお、複数選択式を選択すると、正解入力部が複数入力可となり、穴埋め式を選択すると、穴埋め部の入力部と正解入力部、記述式を選択すると正解入力部が自動的に表示される。
【0019】図4では問題と問題に用いた図と解答の選択部が表示される。択一式を選択したことにより、解答候補にラジオボタンが表示され、受験者が選択可能となっている。このようにCGIプログラミング言語を知らなくても図4に示すようにインタラクティブな問題作成が可能である。
【0020】図5は本発明の第2の実施形態によるサーバコンピュータ(問題作成支援装置)208を用いた支援システムの構成を示すブロック図である。この図において、201は問題作成者のコンピュータ、202〜205はコンピュータ101のWeb画面に表示された入力部であり、203は問題作成者のコンピュータ内に格納された問題文のファイル名、あるいは、Web上に掲載されている問題文のURLアドレスを入力する入力部、204は問題作成者のコンピュータ内に格納されたヒントのファイル名あるいはWeb上に掲載されているヒントのURLアドレスを入力する入力部、205は問題作成者のコンピュータ内に格納された解説のファイル名あるいはWeb上に掲載されている解説のURLアドレスを入力する入力部を示す。通信回線107によりサーバコンピュータ208で受信されたこれらの情報は問題文ファイル生成部209、ヒントファイル生成部210、解説ファイル生成部211によってそれぞれファイルが作成され、相互の関連性を保ったままデータベース215に格納される。
【0021】問題受験者のコンピュータ216が通信回線107を介して、コンピュータ208をアクセスした場合、問題受験者のコンピュータ216の画面上に問題文212とヒント文213および解説文214をそれぞれ別々のブラウザ上に表示する。
【0022】図6は問題作成者のコンピュータ201のWeb画面上に表示される入力部分を具体的に表示したものである。202は問題のタイトル等の基本情報入力部で、任意に文章を入力する部分や予め設定された語彙から選択する部分で構成されている。203は問題文、204はヒント文、205は解説文の入力部であり、問題文、ヒント文、解説文が各々格納されているファイル(問題作成者のコンピュータ内のファイル)のファイル名もしくは通信回線を介してアクセス可能なWebブラウザ上に存在するコンテンツのアドレス(URL)を入力する入力部である。この場合、ファイル名は問題作成者のコンピュータ201のデータベースを参照して指定することができる。そして、情報の送信ボタン206を押すことにより、これらの情報は通信回線107を介して、サーバコンピュータ208に送信される。
【0023】図7は、問題としてWeb上に既に存在する問題602を用いて、その解答用紙を作成する場合である。201は問題作成者のブラウザ上に表示される内容の一部である。問題作成者は入力部202で問題の基本情報を入力する。この場合、問題文602の問題のタイトルが「頭の体操」、問題の出力形式が記述式で、教科が算数にあたるなどの情報が入力される。本例ではWeb上の既存の問題文602を利用しているためそれが格納されているURLを入力部203に入力する。
【0024】問題が記述式で解答するものであるため、正解を入力する入力部601が表示される。そこに問題の正解であるA:3、B:1・・・・などと正解を入力する。登録する問題の解答形式により問題の出力形式を選択できる。入力部202に入力された基本情報、問題文602が存在するURL、入力部601の正解情報をサーバコンピュータ208へ送信することにより、サーバコンピュータ208は正解を隠した解答用紙603を作成し、問題受験者のコンピュータ216上に表示する。解答用紙が表示されたブラウザとは異なるブラウザ上に問題文602が併せて表示される。これにより既存の問題文を用いてインタラクティブな解答形式を容易に作成することが可能である。
【0025】図8は、この発明の第3の実施形態によるサーバコンピュータ(問題作成支援装置)を用いた支援システムの説明図である。この実施形態によるサーバコンピュータは、問題作成者のコンピュータの表示画面に、基本情報を入力する入力部800として、問題のタイトル、難易度等に加えて、問題文の公開/非公開を入力する入力部801、採点方式を入力する入力部802および手動採点の場合の採点者を入力する入力部803を各々表示するようになっている。
【0026】問題作成者が入力部801の公開/非公開を選択すると、公開の場合には問題作成者によって入力された各データがデータベース815内の公開用データベース804に、非公開の場合には非公開データベース805に各々格納される。公開、非公開の設定は修正可能であり、随時設定変更できる。採点方式の選択は基本情報の中の採点方式入力部802において自動採点か手動採点のいずれかを選択する。手動採点を選択した場合には採点者入力部803において採点者名を入力する。これにより、自動採点による解答は本システムとは別の自動解答システム806に送られ、手動採点による解答は入力部803に書き込まれた採点者に送られる。これにより、自動採点用の問題と手動採点用の問題が作成可能である。
【0027】
【発明の効果】以上説明したように、本発明を用いることにより、CGI等のプログラミング技術を知らなくても、テキスト入力を行うだけで択一式、複数選択式、穴埋め式、記述式の双方向型の問題を容易に作成することができる。また、問題文、ヒント文、解説文が相互に関連した状態で、かつ、それぞれに図面を貼付できるため、特に相互のリンクを意識せずに画像を利用した問題、ヒント、解説を作成することができる。これにより、コンピュータプログラムを知らない人でもインターネット上に双方向型の問題が作成可能であり、学校や塾等での利用が可能である。
【0028】また、この発明によれば、既にWeb上に存在するテキスト問題や、クイズやゲームなどのようにJava(登録商標)、Flush、Java(登録商標)Scriptなどのプログラム上で起動する問題文、ヒント文、解説文をも取り込むことが可能である。この場合、解答用紙だけを作成して双方向型の問題にすることや、さらにそれらの解答結果を個人の学習履歴等を管理する別の学習システムに反映させることで、既に作成したコンテンツの有効活用が期待できる。同様に自動採点や手動採点の問題も混在して作成できることも、種々のコンテンツの有効活用に繋がる。さらに、問題のインターネット上への公開、非公開を随時、容易に設定・変更できるため、学習カリキュラムに併せて作成する負担を低減できる効果がある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013