米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 日本電信電話株式会社

発明の名称 広告情報提供方法及び装置、並びに、広告情報提供処理用プログラム及びそのプログラムの記録媒体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−125363(P2003−125363A)
公開日 平成15年4月25日(2003.4.25)
出願番号 特願2001−318826(P2001−318826)
出願日 平成13年10月17日(2001.10.17)
代理人 【識別番号】100087848
【弁理士】
【氏名又は名称】小笠原 吉義 (外2名)
【テーマコード(参考)】
5C025
5C052
5C063
5C064
【Fターム(参考)】
5C025 AA01 AA30 BA25 BA27 
5C052 AA01 AA17 CC06 DD10 EE10
5C063 AB03 AB07 AC01 AC10 CA23 CA29 CA36 DA07 DA13 DA20 DB10
5C064 BA01 BA07 BB05 BB10 BC16 BC20 BD02 BD08 BD14 BD16
発明者 楢原 佳織 / 篠原 章夫 / 大森 信行 / 稲垣 博人 / 関口 英毅
要約 課題
本発明は、放送を使って広告情報を提供する構成を採るときにあって、視聴者が広告情報を簡単に取得できるようにすることを目的とする。

解決手段
先ず最初に、広告依頼者に対して、広告物を示す映像素材とその映像素材に関連付けられる広告映像との入力を促すことで、映像素材と広告映像とを入力し、続いて、放送映像制作者に対して、その入力した映像素材を用いた放送映像の入力を促すことで、その放送映像を入力し、続いて、視聴者に対して、その入力した放送映像を送信し、続いて、視聴者から、その送信した放送映像に埋め込まれている映像素材に対しての選択情報を受信し、続いて、視聴者に対して、その受信した選択情報の指す映像素材に関連付けられた広告映像を送信する。この構成に従って、視聴者は放送映像の中に現れた映像素材を選択することで、その映像素材に関連する広告情報を参照できるようになる。
特許請求の範囲
【請求項1】 放送映像情報とともに広告情報を供給する広告情報提供方法において、広告情報と関連付けられた映像素材が埋め込まれる放送映像を送信する過程と、前記映像素材に対する選択情報を受信する過程と、前記選択情報の指す前記映像素材に関連付けられた広告情報を送信する過程とを備えることを、特徴とする広告情報提供方法。
【請求項2】 放送映像情報とともに広告情報を供給する広告情報提供方法において、広告物を示す映像素材と該映像素材に関連付けられる広告情報との入力を促す過程と、前記映像素材を用いた放送映像の入力を促す過程と、前記放送映像を送信する過程と、前記映像素材に対する選択情報を受信する過程と、前記選択情報の指す前記映像素材に関連付けられた広告情報を送信する過程とを備えることを、特徴とする広告情報提供方法。
【請求項3】 放送映像情報とともに広告情報を供給する広告情報提供方法において、通信アドレスと関連付けられた映像素材が埋め込まれる放送映像を送信する過程と、前記映像素材に対する選択情報を受信する過程と、前記選択情報の指す前記映像素材に関連付けられた通信アドレスに対して広告情報の送信を要求する過程とを備えることを、特徴とする広告情報提供方法。
【請求項4】 放送映像情報とともに広告情報を供給する広告情報提供方法において、広告物を示す映像素材と該映像素材に関連付けられる通信アドレスとの入力を促す過程と、前記映像素材を用いた放送映像の入力を促す過程と、前記放送映像を送信する過程と、前記映像素材に対する選択情報を受信する過程と、前記選択情報の指す前記映像素材に関連付けられた通信アドレスに対して広告情報の送信を要求する過程とを備えることを、特徴とする広告情報提供方法。
【請求項5】 放送映像情報とともに広告情報を供給する広告情報提供装置において、広告物を示す映像素材と該映像素材に関連付けられる広告情報との入力を促す手段と、前記映像素材を用いた放送映像の入力を促す手段と、前記映像素材と広告情報との間のリンク情報を蓄積するとともに、前記放送映像に埋め込まれた前記映像素材についての情報を蓄積する手段と、前記放送映像を送信する手段と、前記映像素材に対する選択情報を受信する手段と、前記選択情報の指す前記映像素材に関連付けられた広告情報を送信する手段とを備えることを、特徴とする広告情報提供装置。
【請求項6】 放送映像情報とともに広告情報を供給する広告情報提供装置において、広告物を示す映像素材と該映像素材に関連付けられる通信アドレスとの入力を促す手段と、前記映像素材を用いた放送映像の入力を促す手段と、前記映像素材と通信アドレスとの間のリンク情報を蓄積するとともに、前記放送映像に埋め込まれた前記映像素材についての情報を蓄積する手段と、前記放送映像を送信する手段と、前記映像素材に対する選択情報を受信する手段と、前記選択情報の指す前記映像素材に関連付けられた通信アドレスに対して広告情報の送信を要求する手段とを備えることを、特徴とする広告情報提供装置。
【請求項7】 請求項1ないし4のいずれか1項に記載される広告情報提供方法の実現に用いられる処理をコンピュータに実行させるための広告情報提供処理用プログラム。
【請求項8】 請求項1ないし4のいずれか1項に記載される広告情報提供方法の実現に用いられる処理をコンピュータに実行させるためのプログラムを記録した広告情報提供処理用プログラムの記録媒体。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、放送を使って広告情報を提供する広告情報提供方法及び装置と、その広告情報の提供技術の実現に用いられる広告情報提供処理用プログラムと、そのプログラムを記録した広告情報提供処理用プログラムの記録媒体とに関し、特に、視聴者が商品やサービスやこれに関連する情報を簡単に取得できるようにする広告情報提供方法及び装置と、その広告情報の提供技術の実現に用いられる広告情報提供処理用プログラムと、そのプログラムを記録した広告情報提供処理用プログラムの記録媒体とに関する。
【0002】
【従来の技術】従来より放送番組の合間における時間内の映像を使って、商品やサービスなどの宣伝情報を放映することは周知である。
【0003】また、昨今のインターネットの普及により、閲覧用ソフトウェアを用いて、サーバ上に掲示されたり広告主から該サーバに配信された宣伝映像を閲覧することも広く行われている。
【0004】このような閲覧情報を閲覧する場合には、受信者は目的の広告情報に到達するために、多くの場合検索エンジンを用いるなどの手段により、そのアドレスを調べる必要がある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このような従来技術に従っていると、所望の情報を得るために、積極的に商品やサービスやこれに関連する情報を求めるための操作が必要になるという問題点がある。
【0006】また、閲覧者が商品やサービスやこれに関連する情報を衝動的に欲しいと思うような場合に、所望の情報を直ちに検索できないことで欲求を満たせないことが起こるという問題点がある。
【0007】本発明はかかる事情に鑑みてなされたものであって、放送を使って広告情報を提供する構成を採るときにあって、視聴者が商品やサービスやこれに関連する情報を簡単に取得できるようにする新たな広告情報の提供技術の構築を目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】この目的を達成するために、本発明の広告情報提供方法は、放送映像情報とともに広告情報を供給するという構成を採るときにあって、広告物を示す映像素材とその映像素材に関連付けられる広告情報との入力を促す第1の処理過程と、第1の処理過程で入力した映像素材を用いた放送映像の入力を促す第2の処理過程と、第2の処理過程で入力した放送映像を送信する第3の処理過程と、第3の処理過程で送信した放送映像に埋め込まれている映像素材に対しての選択情報を受信する第4の処理過程と、第4の処理過程で受信した選択情報の指す映像素材に関連付けられた広告情報を送信する第5の処理過程とを備える。
【0009】このように構成される本発明の広告情報提供方法では、第1の処理過程で、広告依頼者に対して、広告物を示す映像素材とその映像素材に関連付けられる広告情報との入力を促すことで、映像素材とそれに関連付けられた広告情報とを入力すると、第2の処理過程で、放送映像制作者に対して、その入力した映像素材を用いた放送映像の入力を促すことで、その入力した映像素材を用いた放送映像を入力する。
【0010】そして、第3の処理過程で、視聴者に対して、その入力した放送映像を送信し、第4の処理過程で、その放送映像の送信に応答して、視聴者から放送映像に埋め込まれている映像素材の選択情報が送られてくると、それを受信し、第5の処理過程で、視聴者に対して、その受信した選択情報の指す映像素材に関連付けられた広告情報を送信する。
【0011】また、この目的を達成するために、本発明の広告情報提供方法は、放送映像情報とともに広告情報を供給するという構成を採るときにあって、広告物を示す映像素材とその映像素材に関連付けられる通信アドレスとの入力を促す第1の処理過程と、第1の処理過程で入力した映像素材を用いた放送映像の入力を促す第2の処理過程と、第2の処理過程で入力した放送映像を送信する第3の処理過程と、第3の処理過程で送信した放送映像に埋め込まれている映像素材に対しての選択情報を受信する第4の処理過程と、第4の処理過程で受信した選択情報の指す映像素材に関連付けられた通信アドレスに対して広告情報の送信を要求する第5の処理過程とを備える。
【0012】このように構成される本発明の広告情報提供方法では、第1の処理過程で、広告依頼者に対して、広告物を示す映像素材とその映像素材に関連付けられる通信アドレスとの入力を促すことで、映像素材とそれに関連付けられた通信アドレスとを入力すると、第2の処理過程で、放送映像制作者に対して、その入力した映像素材を用いた放送映像の入力を促すことで、その入力した映像素材を用いた放送映像を入力する。
【0013】そして、第3の処理過程で、視聴者に対して、その入力した放送映像を送信し、第4の処理過程で、その放送映像の送信に応答して、視聴者から放送映像に埋め込まれている映像素材の選択情報が送られてくると、それを受信し、第5の処理過程で、視聴者に対して、その受信した選択情報の指す映像素材に関連付けられた通信アドレスに対して広告情報の送信を要求する。
【0014】このようにして、本発明によれば、視聴者は放送映像の中に現れた小道具などの映像素材を選択することで、その映像素材に関連する広告情報を参照できるようになるので、視聴者は自分が興味を持つ商品やサービスやこれに関連する情報を簡単に取得できるようになる。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、実施の形態に従って本発明を詳細に説明する。
【0016】図1に、本発明の一実施形態例を図示する。
【0017】図中、1は本発明を具備する広告情報提供装置、2は視聴者の操作する視聴者端末、3は広告依頼者の操作する広告依頼者端末、4は放送映像制作者の操作する放送映像制作者端末、5はこれらの間を接続するネットワークである。
【0018】本発明の広告情報提供装置1は、広告依頼者入力情報入力部100/放送映像制作者入力情報入力部101/放送映像送信部102を備える広告情報提供部10と、提供情報蓄積部11とを備える。
【0019】この広告情報提供部10は、コンピュータプログラムで実現できるものであり、本発明を実施する計算機に接続されるディスク装置やフロッピィディスク、CD−ROMなどの可搬記録媒体に格納しておき、本発明を実施する際にインストールすることにより、容易に実現することが可能である。
【0020】図2に、提供情報蓄積部11の蓄積する情報の一実施形態例を図示する。
【0021】この図に示すように、提供情報蓄積部11は、広告物を示す各映像素材の映像内容及び各広告映像の映像内容を管理するとともに、これらの映像素材と広告映像との間のリンク情報を管理する第1の蓄積部110と、視聴者に送信される各放送映像の映像内容を管理するとともに、これらの放送映像に埋め込まれている映像素材についての情報(例えば、埋め込み先の映像位置/映像素材ID)を管理する第2の蓄積部111とを備える。
【0022】この構成に従って、提供情報蓄積部11は、例えば、「最近の注文住宅」という放送映像には、その映像位置“pp”(例えば、映像の経過時間と画面内の座標とで記述される)に、A住宅(株)の建てた「家」の映像内容を持つID“a”の映像素材が埋め込まれていて、その映像素材には、A住宅(株)の業務内容について説明する“AAA”という広告映像が関連付けられているということを管理するのである。
【0023】図3に、広告依頼者入力情報入力部100の実行する処理フローの一実施形態例を図示し、図4に、放送映像制作者入力情報入力部101の実行する処理フローの一実施形態例を図示し、図5に、放送映像送信部102の実行する処理フローの一実施形態例を図示する。
【0024】次に、これらの処理フローに従って、本発明について詳細に説明する。
【0025】広告依頼者入力情報入力部100は、広告情報の入力要求が発行されることで起動されると、図3の処理フローに示すように、先ず最初に、ステップ1で、広告依頼者端末3に対して、広告情報入力画面を提示することで、広告物を示す映像素材と、それに関連付けられる広告映像との入力を要求する。
【0026】広告依頼者は、この広告情報入力画面が提示されると、広告物を示す映像素材と、それに関連付けられる広告映像とを入力して、それを返信してくる。
【0027】例えば、A住宅(株)という広告依頼者は、A住宅(株)の建てた「家」の映像内容を持つ映像素材と、それに関連付けられるA住宅(株)の業務内容について説明する“AAA”という映像内容を持つ広告映像とを入力して、それを返信してくるのである。
【0028】これから、続いて、ステップ2で、広告情報入力画面への入力を待って、この入力情報が返信されてくると、続くステップ3で、入力された情報を受け取り、続くステップ4で、広告依頼者端末3に対して、その受け取った情報を提示することで、その受け取った情報でよいのか否かの確認を求める。
【0029】続いて、ステップ5で、この確認要求に応答して、広告依頼者端末3からOKの確認が得られたのか否かを判断して、NGの応答が得られたことを判断するときには、ステップ6に進んで、受け取った情報をキャンセルしてステップ2に戻る。
【0030】一方、ステップ5で、広告依頼者端末3からOKの確認が得られたことを判断するときには、ステップ7に進んで、受け取った映像素材にIDを割り付ける。例えば、受け取ったA住宅(株)の建てた「家」の映像内容を持つ映像素材に対して、映像素材ID“a”を割り付けるのである。
【0031】続いて、ステップ8で、第1の蓄積部110に対して、受け取った映像素材及び広告映像の映像内容を登録するとともに、この2つの間に成立するリンク情報を登録する。
【0032】例えば、A住宅(株)の建てた「家」の映像内容を持つ映像素材と、A住宅(株)の業務内容について説明する“AAA”という映像内容を持つ広告映像とを登録するとともに、そのA住宅(株)の建てた「家」の映像素材に関連付けられる広告映像がA住宅(株)の業務内容について説明する“AAA”という広告映像であるということを登録するのである。
【0033】続いて、ステップ9で、制作予定の放送映像の一覧画面を使って広告依頼者端末3と対話することで、広告依頼者から、受け取った映像素材の埋め込み先となる制作予定の放送映像のIDについて取得する。
【0034】例えば、A住宅(株)という広告依頼者が、A住宅(株)の建てた「家」という映像素材を「最近の注文住宅」という制作予定の放送映像に埋め込むことを希望するときには、A住宅(株)という広告依頼者から、その制作予定の「最近の注文住宅」の放送映像IDを取得するのである。
【0035】続いて、ステップ10で、受け取った映像素材と、取得した制作予定の放送映像のIDとを通知しつつ、放送映像制作者入力情報入力部101を起動して、処理を終了する。
【0036】このようにして起動されると、放送映像制作者入力情報入力部101は、図4の処理フローに示すように、先ず最初に、ステップ1で、広告依頼者入力情報入力部100から通知された制作予定の放送映像IDを通知しつつ、放送映像制作者端末4に対して、広告依頼者入力情報入力部100から通知された映像素材を掲載する放送映像制作要求画面を提示することで、その映像素材を用いた放送映像の制作を要求する。
【0037】放送映像制作者は、この放送映像制作要求画面が提示されると、そこに掲載される映像素材を埋め込みつつ、制作予定の放送映像を制作して、その制作した放送映像のどの映像位置に、どの映像素材を埋め込んだのかを返信しつつ、その制作した放送映像を返信してくる。
【0038】例えば、通知された映像素材がA住宅(株)の建てた「家」という映像内容で、通知された制作予定の放送映像が「最近の注文住宅」という映像内容である場合には、A住宅(株)の建てた「家」という映像素材を埋め込んだ形で「最近の注文住宅」という放送映像を制作して、その映像素材をどの映像位置に埋め込んだのかを返信しつつ、その制作した「最近の注文住宅」という放送映像を返信してくるのである。
【0039】これから、続くステップ2で、放送映像制作者により制作された映像素材の埋め込まれた放送映像と、その放送映像のどの映像位置にどの映像素材が埋め込まれているのかという情報(この実施形態例の場合には、埋め込み先の映像位置と映像素材IDとで構成される)とを受け取る。
【0040】続いて、ステップ3で、第2の蓄積部111に対して、受け取った放送映像の映像内容と、受け取った映像位置の情報と、受け取った映像素材IDとを登録して、処理を終了する。
【0041】例えば、「最近の注文住宅」という放送映像が制作されるときに、A住宅(株)の建てた「家」という映像素材が映像位置“pp”に埋め込まれる場合には、その映像素材の埋め込まれた「最近の注文住宅」という放送映像の映像内容と、その映像素材の埋め込まれている映像位置“pp”と、その映像素材のID“a”とを登録して、処理を終了するのである。
【0042】このようにして、提供情報蓄積部11には、図2に示すように、広告物を示す各映像素材の映像内容及び各広告映像の映像内容と、これらの映像素材と広告映像との間のリンク情報と、視聴者に送信される各放送映像の映像内容と、これらの放送映像に埋め込まれている映像素材についての情報とが登録されることになる。
【0043】この提供情報蓄積部11の蓄積する情報を受けて、放送映像送信部102は、視聴者から放送映像の送信要求があると、図5の処理フローに示すように、先ず最初に、ステップ1で、視聴者端末2に対して、放送予定の放送映像の一覧画面を提示することで、送信する放送映像の選択を要求する。
【0044】視聴者は、この放送映像一覧画面が提示されると、その中から送信を希望する放送映像を選択して、それを返信してくる。例えば、「最近の注文住宅」という放送映像の送信を希望するときには、その「最近の注文住宅」のIDを返信してくるのである。
【0045】これから、続いて、ステップ2で、視聴者より選択された送信要求のある放送映像のIDを受け取り、続くステップ3で、その送信要求の放送映像の送信を開始する。このとき送信する放送映像には、映像素材の現れる座標や経過時間を示す情報が含まれている。
【0046】視聴者は、放送映像が送信されてくると、それを視聴することになるが、その視聴を終了するときには、放送映像送信部102に対して、その旨を通知してくる。そして、視聴者は、その視聴時に、放送映像中に現れる映像素材に興味がある場合には、それをマウスなどのポインティングデバイスを使って選択し、これを受けて、視聴者端末2は、放送映像送信部102に対して、そのポインティングデバイスの指す映像位置(映像の経過時間と画面内の座標とで記述される)を通知してくる。
【0047】これから、続いて、ステップ4で、視聴者端末2から送信終了の指示があるのか否かを判断するとともに、放送映像を最後まで送信したのか否かを判断して、送信終了の指示があるときや放送映像を最後まで送信したことを判断するときには、放送映像の送信を終了し、そうでないことを判断するときには、ステップ5に進んで、視聴者端末2からポインティングデバイスの指す映像位置情報が通知されてきたのか否かを判断する。
【0048】この判断処理により、視聴者端末2からポインティングデバイスの指す映像位置情報の通知がないことを判断するときには、ステップ4に戻り、通知があることを判断するときには、ステップ6に進んで、その通知される映像位置情報を受信する。
【0049】続いて、ステップ7で、提供情報蓄積部11の第2の蓄積部111を参照することで、受信した映像位置情報の指す映像素材IDを取得し、その取得した映像素材IDを検索キーにして提供情報蓄積部11の第1の蓄積部110を参照することで、その映像素材IDに関連付けられる広告映像を取り出す。
【0050】続いて、ステップ8で、その取り出した広告映像を視聴者端末2に送信する。この送信処理に従って、視聴者は、放送映像を視聴しているときに、その放送映像の中から興味のある映像素材を選択することで、それに関連する広告映像を参照できるようになる。
【0051】このとき表示する広告映像では、その選択された映像素材(広告物)の購入の申し込みなどができるようにする機能を用意している。
【0052】これから、続いて、ステップ9で、提示した広告映像に対して視聴者から処理要求が発行されるのを待って、処理要求が発行されるときには、続くステップ10で、その発行された処理要求が広告映像の消去を指示する処理要求であるのか否かを判断する。
【0053】この判断処理により、広告映像の消去を指示する処理要求であることを判断するときには、ステップ11に進んで、広告映像を消去してからステップ4に戻り、広告映像の消去処理以外の処理要求がある場合には、ステップ12に進んで、発行された処理要求の処理を実行してからステップ4に戻る。
【0054】このようにして、本発明によれば、図6に示すように、視聴者は、例えば、「最近の注文住宅」という放送映像を視聴しているときに、その放送映像の中に埋め込まれているA住宅(株)の建てた「家」に興味を示して、それを選択すると、A住宅(株)の業務内容について説明する“AAA”という映像内容を持つ広告映像を視聴できるようになるのである。
【0055】図7に、以上に説明した実施形態例で実行される広告映像の提供の処理手順を図示する。
【0056】この図に示すように、本発明の広告情報提供装置1は、先ず最初に、広告依頼者に対して、広告物を示す映像素材とその映像素材に関連付けられる広告映像との入力を促すことで、映像素材と広告映像とを入力し、続いて、放送映像制作者に対して、その入力した映像素材を用いた放送映像の入力を促すことで、その放送映像を入力し、続いて、視聴者に対して、その入力した放送映像を送信し、続いて、視聴者から、その送信した放送映像に埋め込まれている映像素材に対しての選択情報を受信し、続いて、視聴者に対して、その受信した選択情報の指す映像素材に関連付けられた広告映像を送信することで、視聴者に対して、広告映像を提示するように処理するのである。
【0057】図8に、提供情報蓄積部11の蓄積する情報の他の実施形態例を図示する。
【0058】図2に示す実施形態例に従う場合には、提供情報蓄積部11は、第1の蓄積部110を使って、各映像素材の映像内容及び各広告映像の映像内容を管理するとともに、これらの映像素材と広告映像との間のリンク情報を管理するという構成を採ったが、この図に示す実施形態例に従う場合には、広告映像の代わりに広告映像蓄積装置6の通信アドレスを管理するという構成を採っている。
【0059】提供情報蓄積部11は、例えば、各広告依頼者が自分の所で広告映像蓄積装置6を用意するような場合には、この実施形態例に従って、広告映像の代わりに、広告映像を蓄積し送信する機能を持つ広告映像蓄積装置6の通信アドレスを管理するという構成を採ることになる。
【0060】提供情報蓄積部11が図8に示す実施形態例に従う場合には、広告情報提供部10は、視聴者端末2から映像素材の埋め込み先となる映像位置情報が送られてくると、先ず最初に、提供情報蓄積部11の第2の蓄積部111を参照することで、受信した映像位置情報の指す映像素材IDを取得し、続いて、その取得した映像素材IDを検索キーにして提供情報蓄積部11の第1の蓄積部110を参照することで、その映像素材IDに対応付けられる通信アドレスを特定する。
【0061】そして、その特定した通信アドレスの指す広告映像蓄積装置6に対して、映像素材に関連付けられる広告映像の送信を指示することで、視聴者端末2に対して、広告映像を提示するように処理することになる。
【0062】このようにして、提供情報蓄積部11が図8に示す実施形態例に従う場合にも、図9に示すように、視聴者は、例えば、「最近の注文住宅」という放送映像を視聴しているときに、その放送映像の中に埋め込まれているA住宅(株)の建てた「家」に興味を示して、それを選択すると、A住宅(株)の業務内容について説明する“AAA”という映像内容を持つ広告映像を視聴できるようになるのである。
【0063】図10に、提供情報蓄積部11が図8に示す実施形態例に従う場合に実行される広告映像の提供の処理手順を図示する。
【0064】この実施形態例に従う場合には、この図に示すように、本発明の広告情報提供装置1は、先ず最初に、広告依頼者に対して、広告物を示す映像素材とその映像素材に関連付けられる広告映像を蓄積する広告映像蓄積装置6の通信アドレスとの入力を促すことで、映像素材と広告映像蓄積装置6の通信アドレスとを入力し、続いて、放送映像制作者に対して、その入力した映像素材を用いた放送映像の入力を促すことで、その放送映像を入力し、続いて、視聴者に対して、その入力した放送映像を送信し、続いて、視聴者から、その送信した放送映像に埋め込まれている映像素材に対しての選択情報を受信し、続いて、その受信した選択情報の指す映像素材に対応付けられた通信アドレスの広告映像蓄積装置6に対して、その受信した選択情報の指す映像素材に関連付けられた広告映像の送信を指示することで、視聴者に対して、広告映像を提示するように処理するのである。
【0065】ここで、広告依頼者に対して、映像素材に関連付けられる広告映像を蓄積する広告映像蓄積装置6の通信アドレスの入力を促すときには、例えば、映像素材とその名称や業種で区分けされた通信アドレスとの対データからなるリストを広告依頼者に提示して、その中から通信アドレスを選択させるようにすることになる。
【0066】また、広告映像蓄積装置6に対して、広告映像の送信を指示するときには、視聴者の選択した映像素材に関連付けられる広告映像の識別情報と、広告映像の送信先となる視聴者のアドレスとを通知することで、視聴者の要求する広告映像を送信できるように指示することになる。
【0067】図示実施形態例に従って本発明を説明したが、本発明はこれに限定されるものではない。例えば、実施形態例では、映像素材の埋め込み位置となる映像位置情報を使って、広告情報提供装置1が視聴者の選択した映像素材を把握できるようにする構成を採ったが、映像素材の識別子や名称を使って実現することも可能である。
【0068】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、映像情報のみならず、それを構成する映像素材とリンクする物品やサービスの広告情報や、その広告情報を得るのに必要となる通信アドレスが放送されることになる。そして、視聴者は、この放送される映像情報を見ながら映像素材を指示することによって、その映像素材にリンクされる広告情報の提供を要求できることになる。
【0069】これから、本発明によれば、視聴者は放送映像の中に現れた小道具などの映像素材を選択することで、その映像素材に関連する広告情報を参照できるようになるので、視聴者は自分が興味を持つ商品やサービスやこれに関連する情報を簡単に取得できるようになる。
【0070】したがって、放送内容に連想されて物品の購入の希望が生じた場合に、その物品に対応する詳細な情報を直ちに閲覧できるようになる。その一方で、広告を必ずしも必要としない視聴者に対して広告情報の閲覧を強いるという不都合がなくなるという効果もある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013