米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 日本電気株式会社

発明の名称 医療情報参照システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−91590(P2003−91590A)
公開日 平成15年3月28日(2003.3.28)
出願番号 特願2001−282845(P2001−282845)
出願日 平成13年9月18日(2001.9.18)
代理人 【識別番号】100088890
【弁理士】
【氏名又は名称】河原 純一
【テーマコード(参考)】
5B075
【Fターム(参考)】
5B075 KK07 KK43 ND06 ND23 PP02 PP22 QM01 UU40 
発明者 波内 良樹
要約 課題
医療情報参照装置のユーザインタフェースを利用者が求める形態に動的に変更し、かつ変更されたユーザインタフェースを再使用することを可能にする。

解決手段
ユーザインタフェース構成情報取得手段20は、ユーザインタフェース情報格納装置2からユーザインタフェース構成情報21を取得してユーザインタフェース構成情報管理手段10に管理させ、ユーザインタフェース構成手段30は、管理されたユーザインタフェース構成情報21をもとにユーザインタフェース31を構成する。ユーザインタフェース構成情報変更手段40は、ユーザインタフェースの変更があると、ユーザインタフェース構成情報管理手段10に管理されたユーザインタフェース構成情報21を変更する。ユーザインタフェース構成情報格納手段50は、変更されたユーザインタフェース構成情報21をユーザインタフェース情報格納装置2に格納する。
特許請求の範囲
【請求項1】 複数の医療情報参照装置とユーザインタフェース構成情報格納装置とが回線を介して接続されてなる医療情報参照システムにおいて、前記医療情報参照装置が、前記ユーザインタフェース構成情報格納装置からユーザインタフェース構成情報を取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報を管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するユーザインタフェース構成情報格納手段とを有することを特徴とする医療情報参照システム。
【請求項2】 複数の医療情報参照装置とユーザインタフェース構成情報格納装置とが回線を介して接続されてなる医療情報参照システムにおいて、前記ユーザインタフェース構成情報格納装置が、1つ以上のユーザインタフェース構成情報と、同一の利用者毎に使用するユーザインタフェース構成情報を列挙するユーザインタフェース構成情報リストとを格納し、前記医療情報参照装置が、前記ユーザインタフェース構成情報格納装置から利用者のユーザインタフェース構成情報リストを参照してユーザインタフェース構成情報のセットを取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報のセットを管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報のセット中の直前使用のユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理された直前使用のユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するとともに該利用者のユーザインタフェース構成情報リストを変更させるユーザインタフェース構成情報格納手段とを有することを特徴とする医療情報参照システム。
【請求項3】 前記ユーザインタフェース構成情報が、ユーザインタフェースを構成する最小単位であるビューワをリーフノードとして含むツリー構造を有し、ユーザインタフェースからのビューワの削除,ビューワの追加,またはビューワの配置変更が行われたときに、前記ユーザインタフェース構成情報変更手段が、ユーザインタフェースの変更内容に応じて前記ユーザインタフェース構成情報のツリー構造を変更して、新らたなユーザインタフェース構成情報を生成することを特徴とする請求項1または2記載の医療情報参照システム。
【請求項4】 ユーザインタフェース構成情報格納装置からユーザインタフェース構成情報を取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報を管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するユーザインタフェース構成情報格納手段とを有することを特徴とする医療情報参照装置。
【請求項5】 ユーザインタフェース構成情報格納装置から利用者のユーザインタフェース構成情報リストを参照してユーザインタフェース構成情報のセットを取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報のセットを管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報のセット中の直前使用のユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理された直前使用のユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するとともに該利用者のユーザインタフェース構成情報リストを変更させるユーザインタフェース構成情報格納手段とを有することを特徴とする医療情報参照装置。
【請求項6】 前記ユーザインタフェース構成情報が、ユーザインタフェースを構成する最小単位であるビューワをリーフノードとして含むツリー構造を有し、ユーザインタフェースからのビューワの削除,ビューワの追加,またはビューワの配置変更が行われたときに、前記ユーザインタフェース構成情報変更手段が、ユーザインタフェースの変更内容に応じて前記ユーザインタフェース構成情報のツリー構造を変更して、新らたなユーザインタフェース構成情報を生成することを特徴とする請求項5または6記載の医療情報参照装置。
【請求項7】 ユーザインタフェース構成情報格納装置からユーザインタフェース構成情報を取得する工程と、取得されたユーザインタフェース構成情報を管理する工程と、管理されたユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成する工程と、ユーザインタフェースが変更されたときに管理されたユーザインタフェース構成情報を動的に変更する工程と、変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納する工程とを含むことを特徴とする医療情報参照方法。
【請求項8】 ユーザインタフェース構成情報格納装置から利用者のユーザインタフェース構成情報リストを参照してユーザインタフェース構成情報のセットを取得する工程と、取得されたユーザインタフェース構成情報のセットを管理する工程と、管理されたユーザインタフェース構成情報のセット中の直前使用のユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成する工程と、ユーザインタフェースが変更されたときに管理された直前使用のユーザインタフェース構成情報を動的に変更する工程と、変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するとともに該利用者のユーザインタフェース構成情報リストを変更させる工程とを含むことを特徴とする医療情報参照方法。
【請求項9】 前記ユーザインタフェース構成情報が、ユーザインタフェースを構成する最小単位であるビューワをリーフノードとして含むツリー構造を有し、ユーザインタフェースからのビューワの削除,ビューワの追加,またはビューワの配置変更が行われたときに、ユーザインタフェースの変更内容に応じて前記ユーザインタフェース構成情報のツリー構造を変更して、新らたなユーザインタフェース構成情報を生成することを特徴とする請求項7または8記載の医療情報参照方法。
【請求項10】 コンピュータを、ユーザインタフェース構成情報格納装置からユーザインタフェース構成情報を取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報を管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するユーザインタフェース構成情報格納手段として機能させるためのプログラム。
【請求項11】 コンピュータを、ユーザインタフェース構成情報格納装置から利用者のユーザインタフェース構成情報リストを参照してユーザインタフェース構成情報のセットを取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報のセットを管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報のセット中の直前使用のユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理された直前使用のユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するとともに該利用者のユーザインタフェース構成情報リストを変更させるユーザインタフェース構成情報格納手段として機能させるためのプログラム。
【請求項12】 前記ユーザインタフェース構成情報が、ユーザインタフェースを構成する最小単位であるビューワをリーフノードとして含むツリー構造を有し、ユーザインタフェースからのビューワの削除,ビューワの追加,またはビューワの配置変更が行われたときに、前記ユーザインタフェース構成情報変更手段が、ユーザインタフェースの変更内容に応じて前記ユーザインタフェース構成情報のツリー構造を変更して、新らたなユーザインタフェース構成情報を生成することを特徴とする請求項10または11記載のプログラム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は医療情報参照システムに関し、特に医療情報を参照するユーザインタフェースを動的に変更可能な医療情報参照システムに関する。
【0002】
【従来の技術】従来の医療情報参照システムは、それらに静的に実装されたユーザインタフェースを用いて、利用者に対して固定的な形態による医療情報の提示を行っていた。
【0003】また、一部の医療情報参照システムは、ユーザインタフェースの形態を利用者の要求に応じて一時的に変更できるようにしていたが、これらの変更を医療情報参照システムの次回使用時や他のクライアントコンピュータにおいて再使用する場合には機能的に不十分であった。
【0004】たとえば、特開2001−67428に開示された「医療情報検索用ユーザインタフェース装置」は、利用者の検索意図に応じて検索条件入力用ユーザインタフェースおよび検索結果出力用ユーザインタフェースを動的に構成できるように、ユーザインタフェース構成情報管理手段は複数のユーザインタフェース構成情報を管理し、検索条件入力用ユーザインタフェース構成手段はユーザインタフェース情報管理手段より選択されたユーザインタフェース構成情報に基づいて利用者が医療情報の検索条件を入力するための検索条件入力用ユーザインタフェースを動的に構成し、検索結果出力用ユーザインタフェース構成手段はユーザインタフェース情報管理手段より選択されたユーザインタフェース構成情報に基づいて利用者が検索結果医療情報を参照するための検索結果出力用ユーザインタフェースを動的に構成するようにしていた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来の医療情報参照システムの第1の問題点は、医療情報を利用者に提示するユーザインタフェースの形態が固定であることである。その理由は、1つの医療情報に対して求められるユーザインタフェースの形態は、利用者の参照目的によって異なるということを考慮していないためである。
【0006】従来の医療情報参照システムの第2の問題点は、ユーザインタフェースの変更機能がある場合においても再使用を考慮していないことである。その理由は、利用者のユーザインタフェースの変更意図を、一時的なものとして扱っているためである。
【0007】本発明の目的は、利用者が求める形態のユーザインタフェースを動的に構成し、そのユーザインタフェース構成情報を再使用することが可能な医療情報参照システムを提供することにある。
【0008】また、本発明の他の目的は、利用者が求める形態のユーザインタフェースを動的に構成し、そのユーザインタフェース構成情報を再使用することが可能な医療情報参照装置を提供することにある。
【0009】さらに、本発明の別の目的は、利用者が求める形態のユーザインタフェースを動的に構成し、そのユーザインタフェース構成情報を再使用することが可能な医療情報参照方法を提供することにある。
【0010】なお、他の先行技術として、特開2001−109447に開示された「情報収集提示装置」がある。この装置は、拡張性を有し、収集した情報に対して柔軟に提示方法を決定でき、全ての状況別に提示方法などを定義しなくてもよい情報収集提示装置を得るために、各エージェントが共有情報として参照する収集情報定義データベースと、外部システムに接続され、情報収集を行い、また、状態変化通知を出力する情報収集エージェントと、情報提示要求の検知を行い、提示要求状況情報を出力する提示要求検知エージェントと、収集情報評価式データベースと、提示要求状況情報に基づき、収集情報の評価を行う収集情報評価エージェントと、提示テンプレートデータベースと、提示要求状況情報に基づき、提示方法の決定を行う提示方法決定エージェントとを備えているが、提示方法決定エージェントが提示方法の決定を行う点で、利用者がユーザインタフェースを決定する本発明とはその構成および効果が異なっている。
【0011】
【課題を解決するための手段】本発明の医療情報参照システムは、複数の医療情報参照装置とユーザインタフェース構成情報格納装置とが回線を介して接続されてなる医療情報参照システムにおいて、前記医療情報参照装置が、前記ユーザインタフェース構成情報格納装置からユーザインタフェース構成情報を取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報を管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するユーザインタフェース構成情報格納手段とを有することを特徴とする。
【0012】また、本発明の医療情報参照システムは、複数の医療情報参照装置とユーザインタフェース構成情報格納装置とが回線を介して接続されてなる医療情報参照システムにおいて、前記ユーザインタフェース構成情報格納装置が、1つ以上のユーザインタフェース構成情報と、同一の利用者毎に使用するユーザインタフェース構成情報を列挙するユーザインタフェース構成情報リストとを格納し、前記医療情報参照装置が、前記ユーザインタフェース構成情報格納装置から利用者のユーザインタフェース構成情報リストを参照してユーザインタフェース構成情報のセットを取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報のセットを管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報のセット中の直前使用のユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理された直前使用のユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するとともに該利用者のユーザインタフェース構成情報リストを変更させるユーザインタフェース構成情報格納手段とを有することを特徴とする。
【0013】さらに、本発明の医療情報参照システムは、前記ユーザインタフェース構成情報が、ユーザインタフェースを構成する最小単位であるビューワをリーフノードとして含むツリー構造を有し、ユーザインタフェースからのビューワの削除,ビューワの追加,またはビューワの配置変更が行われたときに、前記ユーザインタフェース構成情報変更手段が、ユーザインタフェースの変更内容に応じて前記ユーザインタフェース構成情報のツリー構造を変更して、新らたなユーザインタフェース構成情報を生成することを特徴とする。
【0014】一方、本発明の医療情報参照装置は、ユーザインタフェース構成情報格納装置からユーザインタフェース構成情報を取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報を管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するユーザインタフェース構成情報格納手段とを有することを特徴とする。
【0015】また、本発明の医療情報参照装置は、ユーザインタフェース構成情報格納装置から利用者のユーザインタフェース構成情報リストを参照してユーザインタフェース構成情報のセットを取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報のセットを管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報のセット中の直前使用のユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理された直前使用のユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するとともに該利用者のユーザインタフェース構成情報リストを変更させるユーザインタフェース構成情報格納手段とを有することを特徴とする。
【0016】さらに、本発明の医療情報参照装置は、前記ユーザインタフェース構成情報が、ユーザインタフェースを構成する最小単位であるビューワをリーフノードとして含むツリー構造を有し、ユーザインタフェースからのビューワの削除,ビューワの追加,またはビューワの配置変更が行われたときに、前記ユーザインタフェース構成情報変更手段が、ユーザインタフェースの変更内容に応じて前記ユーザインタフェース構成情報のツリー構造を変更して、新らたなユーザインタフェース構成情報を生成することを特徴とする。
【0017】他方、本発明の医療情報参照方法は、ユーザインタフェース構成情報格納装置からユーザインタフェース構成情報を取得する工程と、取得されたユーザインタフェース構成情報を管理する工程と、管理されたユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成する工程と、ユーザインタフェースが変更されたときに管理されたユーザインタフェース構成情報を動的に変更する工程と、変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納する工程とを含むことを特徴とする。
【0018】また、本発明の医療情報参照方法は、ユーザインタフェース構成情報格納装置から利用者のユーザインタフェース構成情報リストを参照してユーザインタフェース構成情報のセットを取得する工程と、取得されたユーザインタフェース構成情報のセットを管理する工程と、管理されたユーザインタフェース構成情報のセット中の直前使用のユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成する工程と、ユーザインタフェースが変更されたときに管理された直前使用のユーザインタフェース構成情報を動的に変更する工程と、変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するとともに該利用者のユーザインタフェース構成情報リストを変更させる工程とを含むことを特徴とする。
【0019】さらに、本発明の医療情報参照方法は、前記ユーザインタフェース構成情報が、ユーザインタフェースを構成する最小単位であるビューワをリーフノードとして含むツリー構造を有し、ユーザインタフェースからのビューワの削除,ビューワの追加,またはビューワの配置変更が行われたときに、ユーザインタフェースの変更内容に応じて前記ユーザインタフェース構成情報のツリー構造を変更して、新らたなユーザインタフェース構成情報を生成することを特徴とする。
【0020】加えて、本発明のプログラムは、コンピュータを、ユーザインタフェース構成情報格納装置からユーザインタフェース構成情報を取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報を管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するユーザインタフェース構成情報格納手段として機能させることを特徴とする。
【0021】また、本発明のプログラムは、コンピュータを、ユーザインタフェース構成情報格納装置から利用者のユーザインタフェース構成情報リストを参照してユーザインタフェース構成情報のセットを取得するユーザインタフェース構成情報取得手段と、このユーザインタフェース構成情報取得手段により取得されたユーザインタフェース構成情報のセットを管理するユーザインタフェース構成情報管理手段と、このユーザインタフェース構成情報管理手段により管理されたユーザインタフェース構成情報のセット中の直前使用のユーザインタフェース構成情報をもとにユーザインタフェースを構成するユーザインタフェース構成手段と、このユーザインタフェース構成手段により構成されたユーザインタフェースが変更されたときに前記ユーザインタフェース構成情報管理手段により管理された直前使用のユーザインタフェース構成情報を動的に変更するユーザインタフェース構成情報変更手段と、このユーザインタフェース構成情報変更手段により変更されたユーザインタフェース構成情報を前記ユーザインタフェース構成情報格納装置に格納するとともに該利用者のユーザインタフェース構成情報リストを変更させるユーザインタフェース構成情報格納手段として機能させることを特徴とする。
【0022】さらに、本発明のプログラムは、前記ユーザインタフェース構成情報が、ユーザインタフェースを構成する最小単位であるビューワをリーフノードとして含むツリー構造を有し、ユーザインタフェースからのビューワの削除,ビューワの追加,またはビューワの配置変更が行われたときに、前記ユーザインタフェース構成情報変更手段が、ユーザインタフェースの変更内容に応じて前記ユーザインタフェース構成情報のツリー構造を変更して、新らたなユーザインタフェース構成情報を生成することを特徴とする。
【0023】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。
【0024】(1) 第1の実施の形態図1は、本発明の第1の実施の形態に係る医療情報参照システムの構成を示すブロック図である。本実施の形態に係る医療情報参照システムは、クライアントコンピュータでなる複数(図示は2台)の医療情報参照装置1と、サーバコンピュータでなるユーザインタフェース構成情報格納装置2と、医療情報参照装置1,ユーザインタフェース構成情報格納装置2間を接続する回線3とから、その主要部が構成されている。
【0025】医療情報参照装置1は、ユーザインタフェース構成情報21を管理するユーザインタフェース構成情報管理手段10と、ユーザインタフェース構成情報格納装置2からユーザインタフェース構成情報21を取得するユーザインタフェース構成情報取得手段20と、ユーザインタフェース構成情報21をもとにユーザインタフェース31を構成するユーザインタフェース構成手段30と、ユーザインタフェース構成情報21を変更(追加,修正および削除)するユーザインタフェース構成情報変更手段40と、ユーザインタフェース構成情報21をユーザインタフェース構成情報格納装置2に格納するユーザインタフェース構成情報格納手段50とを含んで構成されている。
【0026】ユーザインタフェース構成情報格納装置2は、ユーザインタフェース構成情報21と、同一の利用者が使用するユーザインタフェース構成情報21のリストであるユーザインタフェース構成情報リスト22とを格納している。
【0027】回線3は、LAN(Local Area Network),WAN(Wide Area Network),インターネット等の各種の通信回線が使用可能である。
【0028】ユーザインタフェース構成情報21は、たとえば図2(a)に示すように、ユーザインタフェース31を構成する最小単位であるビューワ(Viewer)V1,V2,V3をリーフノードとするツリー構造を有しており、各ビューワV1,V2,V3の位置に応じて各対応情報のユーザインタフェースが、図2(b)に示すように決定されるようになっている。
【0029】図3は、図2(a)に示したビューワV1,V2,V3を記述するユーザインタフェース構成情報21の一例を示す。このユーザインタフェース構成情報21は、XML(eXtensible Markup Language)形式でコード記述されたものであり、ルートノードN1および中間ノードN2は、<CHILD>タグ以下に下位のツリー構造を定義する。ルートノードN1および中間ノードN2自身の情報として<TYPE>タグが定義され、この値により下位のツリー構造に含まれるビューワの配置パターンが決定する。
【0030】図4(a)および(b)は、図2(a)に示したユーザインタフェース構成情報21からビューワV1が削除された場合の、ユーザインタフェース構成情報21のツリー構造およびユーザインタフェースを示す図である。
【0031】図5は、図4(a)に示したビューワV2,V3を記述するユーザインタフェース構成情報21の一例を示す。
【0032】図6(a)および(b)は、図2(a)に示したユーザインタフェース構成情報21にビューワV4が追加された場合の、ユーザインタフェース構成情報21のツリー構造およびユーザインタフェースを示す図である。
【0033】図7は、図6(a)に示したビューワV1,V2,V3,V4を記述するユーザインタフェース構成情報21の一例を示す。
【0034】図8(a)および(b)は、図2(a)に示したユーザインタフェース構成情報21においてビューワV2が移動された場合の、ユーザインタフェース構成情報21のツリー構造およびユーザインタフェースを示す図である。
【0035】図9は、図8(a)に示したビューワV1,V2,V3を記述するユーザインタフェース構成情報21の一例を示す。
【0036】図10は、ユーザインタフェース構成情報リスト22の一例を示す。使用するユーザインタフェース構成情報リスト22は、医療情報参照装置1から与えられる利用者ID(IDentification),利用者の職制,利用者の所属科等の利用者情報に基づいて決定される。
【0037】図11を参照すると、医療情報参照装置1の起動時の処理は、利用者情報送信ステップS101と、ユーザインタフェース構成情報セット送信ステップS102と、ユーザインタフェース構成情報セット取得ステップS103と、ユーザインタフェース構成情報セット管理ステップS104と、ユーザインタフェース構成ステップS105とからなる。
【0038】図12を参照すると、医療情報参照装置1のユーザインタフェース構成情報変更時の処理は、ユーザインタフェース変更ステップS201と、ユーザインタフェース構成情報変更ステップS202とからなる。
【0039】図13を参照すると、医療情報参照装置1の終了時の処理は、ユーザインタフェース構成情報セット送信ステップS301と、ユーザインタフェース構成情報セット置き換えステップS302と、ユーザインタフェース構成情報リスト更新ステップS303とからなる。
【0040】図14は、同一の利用者が異なる医療情報参照装置1から医療情報を参照した場合にも、ユーザインタフェースが保存されることを説明するフローチャートである。
【0041】次に、このように構成された第1の実施の形態に係る医療情報参照システムの動作について、図1ないし図14を参照しながら詳細に説明する。
【0042】医療情報参照装置1は、利用者が使用を開始する時点(起動時)で、利用者情報を取得し(ログイン)、ユーザインタフェース構成情報取得手段20により、その利用者情報をユーザインタフェース構成情報格納装置2に送信して、利用者によって使用可能なユーザインタフェース構成情報21のセットを要求する(ステップS101)。
【0043】ユーザインタフェース構成情報格納装置2では、送信されてきた利用者情報を有するユーザインタフェース構成情報リスト22を参照して、このユーザインタフェース構成情報リスト22に記述されている使用可能なユーザインターフェース構成情報21の識別IDを有するユーザインタフェース構成情報21のセットを医療情報参照装置1に送信する(ステップS102)。
【0044】医療情報参照装置1は、ユーザインタフェース構成情報取得手段20により、ユーザインタフェース構成情報21のセットを取得すると(ステップS103)、ユーザインタフェース構成情報21のセットをユーザインタフェース構成情報管理手段10に管理させる(ステップS104)。
【0045】ユーザインタフェース構成情報21のセットがユーザインタフェース構成情報管理手段10に管理されると、ユーザインタフェース構成手段30は、直近に使用されたことを示すユーザインタフェース構成情報21に基づいて画面上にビューワを配置してユーザインタフェースを構成する(ステップS105)。
【0046】ここでは、たとえば図3に示すようなユーザインタフェース構成情報21に基づいて、図2(b)に示されるようなユーザインタフェースが構成されたものとする。すなわち、患者基本情報が画面の上半分に表示され、検査結果が画面の左下四半部に表示され、診察記事が右下四半部に表示されたものとする。
【0047】利用者によってユーザインタフェースからビューワの削除,ビューワの追加,またはビューワの配置変更が行われると(ステップS201)、ユーザインタフェース構成情報変更手段40は、ユーザインタフェースの変更内容に応じてユーザインタフェース構成情報21のツリー構造を変更して、新たなユーザインタフェース構成情報21を生成する(ステップS202)。具体的には、ノード情報のルートを示すタグ<NODE>または<LEAF>配下のツリー構造を単位にして操作することにより、ビューワの追加,削除および配置変更を実現する。
【0048】いま、たとえば図2(b)に示したユーザインタフェースから、図4(b)に示すような検査結果の表示が削除されたユーザインタフェースに変更された場合、ユーザインタフェース構成情報21は、図5に示すように変更される。
【0049】また、たとえば図2(b)に示したユーザインタフェースから、図6(b)に示すような病名の表示が追加されたユーザインタフェースに変更された場合、ユーザインタフェース構成情報21は、図7に示すように変更される。
【0050】さらに、たとえば図2(b)に示したユーザインタフェースから、図8(b)に示すような観察記事の表示位置が移動したユーザインタフェースに変更された場合、ユーザインタフェース構成情報21は、図9に示すように変更される。
【0051】利用者が医療情報参照装置1の使用を終了すると、ユーザインタフェース構成情報格納手段50は、ユーザインタフェース構成情報管理手段10に管理されているユーザインタフェース構成情報21のセットをユーザインタフェース構成情報格納装置2に送信する(ステップS301)。
【0052】ユーザインタフェース構成情報格納装置2では、受信したユーザインタフェース構成情報21のセットに基づいて、古いユーザインタフェース構成情報21のセットを新しいユーザインタフェース構成情報21のセットで置き換えるとともに(ステップS302)、利用者情報を有するユーザインタフェース構成情報リスト22を更新する(ステップS303)。
【0053】たとえば、図14に示すように、利用者である医師が自室で医療情報参照装置1を起動して(工程A1)、ある患者の医療情報を参照したとすると(工程A2)、まず直近に使用したユーザインタフェースで医療情報が表示される(工程A3)。
【0054】次に、医師が、その患者の医療情報に対してある特徴を発見し、以降特定の情報をクローズアップして参照できるようユーザインタフェース31を変更したとする(工程A4)。
【0055】この後、医師が、医療情報の参照を終了し自室の医療情報参照装置1を終了させたとすると(工程A5)、その終了過程で変更されたユーザインタフェース31を反映するユーザインタフェース構成情報21を含むユーザインタフェース構成情報21のセットがユーザインタフェース構成情報格納装置2に送信される(工程A6)。
【0056】このため、ユーザインタフェース構成情報格納装置2では、受信されたユーザインタフェース構成情報21のセットに基づいてユーザインタフェース構成情報21およびユーザインタフェース構成情報リスト22が更新される(工程A7)。
【0057】このため、同一の医師が、後に、外来診察室で医療情報参照装置1を起動して(工程B1)、医療情報を参照しようとした場合、ユーザインタフェース構成情報格納装置2に保存されていた直前に使用されたユーザインタフェース構成情報21を用いたユーザインタフェースで医療情報を参照することができる(工程B2)。
【0058】(2) 第2の実施の形態図15は、本発明の第2の実施の形態に係る医療情報参照システムの構成を示すブロック図である。第2の実施の形態に係る医療情報参照システムは、図1に示した第1の実施の形態に係る医療情報参照システムに対して、各医療情報参照装置1が医療情報参照プログラム100をそれぞれ備える点だけが異なっている。
【0059】医療情報参照プログラム100は、コンピュータでなる医療情報参照装置1に読み込まれ、ユーザインタフェース構成情報管理手段10,ユーザインタフェース構成情報取得手段20,ユーザインタフェース構成手段30,ユーザインタフェース構成情報変更手段40,およびユーザインタフェース構成情報格納手段50として医療情報参照装置1を制御する。医療情報参照プログラム100の制御による医療情報参照装置1の動作は、第1の実施の形態における医療情報参照装置1の動作と全く同様になるので、その詳しい説明を割愛する。
【0060】
【発明の効果】本発明の第1の効果は、利用者がユーザインタフェース構成情報を動的に変更できるという点である。これにより、医療情報参照装置自体に変更を加えることなく、必要な時点で利用者毎に自身の目的にあったユーザインタフェース構成情報を生成して、自身の検索意図に合う形態で医療情報を参照することが可能になる。
【0061】第2の効果は、動的に生成したユーザインタフェース構成情報を保存し、再使用できるという点である。これにより、変更したユーザインタフェース構成情報を次回の医療情報参照装置の起動時に使用できたり、他のクライアントコンピュータでなる医療情報参照装置を使用した場合においても使用することが可能になる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013