米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社富士通ゼネラル

発明の名称 飲食店舗における配膳管理方法と配膳管理システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−173369(P2003−173369A)
公開日 平成15年6月20日(2003.6.20)
出願番号 特願2001−371027(P2001−371027)
出願日 平成13年12月5日(2001.12.5)
代理人
発明者 三宅 克史
要約 課題
配膳する料理や飲食物種別を自動認識する、あるいは配膳が完了したオーダメニューを自動消込処理するなどして入力ミスや入力漏れや配膳ミスが発生し難い効率的な配膳管理方法と配膳管理システムを提供する。

解決手段
オーダや配膳を管理するオーダ管理手段21と配膳管理手段22とオーダデータファイル23とを有するOEコントローラ2と、オーダ処理手段31と厨房管理手段32とICデータ読書手段37操作入力手段34とを有する厨房端末3と、バーコードやICチップ等を有する配膳皿7と、食器種別を検出する食器種別検出手段51と飲食物種別を検出する飲食種別検出手段52と判断データ記憶手段54と操作入力手段55と配膳を通知する配膳通知手段53とを有する料理認識装置5と、ICデータ読書手段15と飲食種別解読手段17と配膳完了通知手段17とを有するハンディOE端末1とで構成する。
特許請求の範囲
【請求項1】 厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線と、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力した前記オーダメニューデータを前記構内通信回線を介して送受信するハンディOE( オーダエントリ)端末と、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータを受付登録すると共に前記厨房に設置された厨房端末にオーダ内容を通知するオーダエントリーコントローラ(以下 OEコントローラと略称する)と、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、前記OEコントローラは、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータのオーダ内容に基づいて前記厨房端末に調理指示を行うと共に該オーダ内容を受付登録するオーダ管理手段と、受付登録したオーダ内容に基づいて調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理手段と、前記オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイルとを備え、前記厨房端末は、前記構内通信回線に通信接続され、前記OEコントローラからの調理指示に基づき調理オーダを受付けると共に調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段を備え、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置する所定の配膳皿と、前記構内通信回線に通信接続され、所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置された所定の配膳皿を撮像入力した画像データより形状・寸法などに基づいて食器の種別を検出する食器種別検出手段と、検出された前記所定の配膳皿の形状・寸法や前記画像データと料理メニューに登録された食器種別データや飲食種別データとを比較演算して料理や飲料物の種別を検出して飲食物種別を特定する飲食種別検出手段と、前記比較演算に用いる判断データを記憶している判断データ記憶手段と、配膳の完了を入力する操作入力手段と、前記OEコントローラの前記配膳管理手段より配膳指示を受付けると共に配膳の完了した配膳完了メニューを通知する配膳通知手段とを有する料理認識装置とを設けて構成する配膳管理システムを用いて、調理済の所定の料理や飲食物などの飲食種別データと前記所定の料理や飲食物などが盛付けもしくは載置された画像データや前記所定の配膳皿の形状・寸法などの食器種別データとのそれぞれ対応する関係を、前記料理認識装置の前記判断データ記憶手段に予め記憶登録しておく段階と、調理済の料理や飲食物を所定の配膳皿に盛付けもしくは載置し、前記厨房端末の前記操作入力手段より調理の完了もしくは配膳指示を入力する段階と、前記厨房端末からの調理の完了もしくは配膳指示に基づいて、該配膳皿を前記料理認識装置の前記食器種別検出手段に呈示する段階と、前記食器種別検出手段が、呈示された前記配膳皿を撮像入力した画像データより形状・寸法などを抽出演算して食器種別を検出する段階と、前記料理認識装置の前記飲食種別検出手段が、前記食器種別検出手段で撮像した画像データや検出した食器種別データと前記判断データ記憶手段に登録されている料理の画像データや食器種別データや飲食種別データとを比較演算して飲食物種別を検出判断する段階と、前記料理認識装置の前記配膳通知手段が、前記飲食種別検出手段での該飲食物種別の検出結果に基づいて、配膳の完了した配膳完了メニューを前記OEコントローラの前記配膳管理手段に通知する段階とで構成することを特徴とする飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項2】 前記OEコントローラの前記配膳管理手段が、前記料理認識装置の前記配膳通知手段から受信した配膳完了メニューの通知に基づき、顧客毎の全ての配膳が完了した最終配膳データを前記オーダ管理手段に通知する段階を追加したことを特徴とする請求項1に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項3】 前記食器種別検出手段での食器種別の検出方法を、前記配膳皿の丸、四角などの所定形状を抽出すると共に各辺寸法や直径などの所定寸法を計測し食器種別を抽出演算する方法、または前記配膳皿の色彩に基づき食器種別を抽出演算する方法とすることを特徴とする請求項1または2に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項4】 前記食器種別検出手段での食器種別の検出方法を、前記配膳皿に印刷、貼付もしくは焼付けられたバーコードもしくは二次元コードなどのコード表示に基づき食器種別を抽出演算する方法とすることを特徴とする請求項1または2に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項5】 前記配膳皿は、同記配膳皿に装着もしくは添着された無線接続によるデータ送受信インタフェースが可能なICチップを備え、前記食器種別検出手段での食器種別の検出方法を、前記ICチップに記憶された食器種別データを検出して食器種別を抽出する方法とすることを特徴とする請求項1または2に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項6】 前記飲食種別検出手段での飲食物種別の検出方法を、前記食器種別検出手段が撮像入力した画像データより料理の特徴画像を抽出して前記判断データ記憶手段に登録されている特徴画像とを比較演算して対応する飲食物種別を検出判断する方法とすることを特徴とする請求項1または2に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項7】 前記飲食種別検出手段での飲食物種別の検出方法を、前記食器種別検出手段が検出した画像データ、配膳皿形状データ、色彩データ、バーコードなどを解読したコードデータ、もしくは前記ICチップに書込まれた食器種別データと前記判断データ記憶手段に登録されている画像データ、食器種別データ、もしくは飲食種別データとを比較演算して対応する飲食物種別を検出判断する方法とすることを特徴とする請求項3ないし5のいずれかに記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項8】 前記配膳皿に装着もしくは添着された前記ICチップは飲食物種別データを予め書込み記憶可能とし、前記飲食種別検出手段での飲食物種別の検出方法を、前記ICチップに書込み記憶された前記飲食種別データを解読することにより飲食物種別を検出判断する方法とすることを特徴とする請求項5に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項9】 前記厨房端末は、前記ICチップと無線接続によるデータ送受信インタフェースを可能とするとともに、調理の終了時に前記配膳皿に盛付けもしくは載置される飲食物の飲食種別データを前記ICチップに書込むようにしたことを特徴とする請求項5または8に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項10】 前記ハンディOE端末は、前記ICチップに記憶されるICデータの読書きを行うICデータ読書手段と、読出した前記ICデータの内容から料理や飲料物の種別を解読する飲食種別解読手段と、解読した飲食種別データに基づいて前記専用通信回線を介して配膳完了の通知を行う配膳完了通知手段とを備え、前記ハンディOE端末は、顧客のテーブルに受付けたオーダに対応する料理や飲食物を配膳した時点で前記OEコントローラに配膳完了の通知を行うようにしたことを特徴とする請求項5、8、9のいずれかに記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項11】 厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線と、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力した前記オーダメニューデータを前記構内通信回線を介して送受信するハンディOE端末と、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータを受付登録すると共に前記厨房に設置された厨房端末にオーダ内容を通知するOEコントローラと、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、前記OEコントローラは、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータのオーダ内容に基づいて前記厨房端末に調理指示を行うと共に該オーダ内容を受付登録するオーダ管理手段と、受付登録したオーダ内容に基づいて調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理手段と、前記オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイルとを備え、前記配膳皿は、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置するとともに、盛付けもしくは載置された料理の種別を書込み記憶可能とするICチップを装着または添付され、前記厨房端末は、前記構内通信回線に通信接続され、前記OEコントローラからの調理指示に基づき調理オーダを受付けると共に調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段と、前記ICチップの内容の読出し、および盛付けもしくは載置された料理の種別や内容などのICデータの書込みを行うICデータ読書手段とを備え、前記ハンディOE端末は、前記構内通信回線に通信接続され、前記所定の配膳皿に装着または添付された前記ICチップの内容の読み書きを行うICデータ読書手段と、前記ICチップの内容を読み出して料理や飲料物の種別を解読する飲食種別解読手段と、配膳の完了を入力する操作入力手段と、前記OEコントローラの前記配膳管理手段より配膳指示を受付けると共に配膳の完了した配膳完了メニューを通知する配膳完了通知手段とを備えた配膳管理システムを用いて、前記厨房端末の前記操作入力手段により、調理の完了時に盛付けもしくは載置された飲食物の飲食物種別を入力する段階と、入力された飲食物の飲食物種別を前記配膳皿の前記ICチップに書込むとともに、調理の完了もしくは配膳指示の操作を行う段階と、前記ハンディOE端末が、前記配膳皿に装着または貼付された前記ICチップからICデータを読み出して飲食物の種別や内容を解読する段階と、前記ハンディOE端末が解読した前記ICデータの内容や前記OEコントローラからの配膳指示に基づいて、所定のテーブルに配膳する段階と、前記ハンディOE端末が、配膳の完了した配膳完了メニューを前記OEコントローラの前記配膳管理手段に通知する段階とで構成することを特徴とする飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項12】前記厨房端末は、前記所定の配膳皿を撮像入力した画像データより形状・寸法などに基づいて食器種別を検出する食器種別検出手段と、検出された前記所定の配膳皿の形状・寸法や前記画像データと料理メニューに登録された食器種別データや飲食種別データとを比較演算して料理や飲料物の種別を検出して飲食物種別を特定する飲食種別検出手段と、前記比較演算に用いる判断データを記憶している判断データ記憶手段とを有する料理認識装置が接続または通信接続され、調理済の所定の料理や飲食物などの飲食種別データと前記所定の料理や飲食物などが盛付けもしくは載置される所定の配膳皿の形状・寸法などの食器種別データとのそれぞれ対応する関係を、前記料理認識装置の前記判断データ記憶手段に予め記憶登録しておく段階と、調理の完了時に料理や飲食物などが盛付けもしくは載置された前記配膳皿を前記料理認識装置の前記食器種別検出手段に呈示する段階と、前記食器種別検出手段が、呈示された前記配膳皿の画像データより形状・寸法などを抽出演算して食器種別を検出する段階と、前記料理認識装置の前記飲食種別検出手段が、前記食器種別検出手段で検出した料理の画像データや食器種別データと前記判断データ記憶手段に登録されている料理の画像データや食器種別データや飲食種別データとを比較演算して飲食物の飲食物種別を検出判断する段階とを追加したことを特徴とする請求項11に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項13】 前記OEコントローラの前記配膳管理手段は、料理や飲食物などの配膳先を前記ハンディOE端末に指示する、もしくは前記ハンディOE端末からの問い合わせに対して配膳先の回答を行うようにしたことを特徴とする請求項11または12に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項14】 前記厨房端末が、前記OEコントローラの前記配膳管理手段の指示に基づいて調理の完了した料理や飲食物の配膳先を前記ICチップに書き込むとともに、前記ハンディOE端末が前記ICチップに書き込まれた配膳先を検出して配膳するようにしたことを特徴とする請求項11ないし13に記載の飲食店舗における配膳管理方法。
【請求項15】 厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線と、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力した前記オーダメニューデータを前記構内通信回線を介して送受信するハンディOE端末と、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータを受付登録すると共に前記厨房に設置された厨房端末にオーダ内容を通知するOEコントローラと、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、前記OEコントローラは、前記構内通信回線との通信接続制御を行う通信制御手段と、オーダメニューを受付けるオーダ受付部と該オーダ内容を登録管理するオーダ管理部と該オーダ内容に基づいて前記厨房端末に調理指示を行う厨房指示部と配膳が完了したオーダを配膳完了オーダとして登録する完了オーダ登録部とを有するオーダ管理手段と、受付登録したオーダ内容に基づいて配膳指令を行う配膳指令部と調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理部と配膳完了メニューデータに基づき未配膳データの消込みを行う配膳消込部とを有する配膳管理手段と、前記オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイルとからなり、前記厨房端末は、前記構内通信回線との通信制御を行う通信制御手段と、前記OEコントローラからの調理指示に基づき調理オーダを受付けるオーダ受付部を有するオーダ処理手段と、厨房内の調理工程を管理する厨房管理部と調理完了を通知する調理完了通知部と調理完了通知に基づき配膳指示を行う配膳指示部とを有する厨房管理手段と、調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段とからなり、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置する所定の配膳皿と、前記構内通信回線に通信接続する通信制御手段と、前記配膳皿を撮像し画像データを生成する撮像部と前記画像データより配膳皿の特徴画像データを抽出する画像抽出部と該特徴画像データより画像の形状、寸法などの形状抽出データを抽出演算する形状抽出演算部と該形状抽出データに基づき食器種別を判断する食器種別判断部とを有する食器種別検出手段と、該食器種別検出手段が抽出した特徴画像データより料理もしくは飲料物の形状、寸法などの料理形状抽出データと料理メニューに登録された料理形状抽出データとの相関データを比較演算する形状比較演算部と該相関データに基づいて料理種別を判断する料理種別判断部と単独もしくは複数の構成料理種別よりメニュー種別を判断するメニュー判断部とを有する飲食種別検出手段と、食器種別データを記憶登録している食器データファイルと料理種別データを記憶登録している料理データファイルとメニューデータを記憶登録しているメニューデータファイルとを有する判断データ記憶手段と、配膳完了を入力する操作入力手段と、前記配膳管理手段より配膳指示を受付ける配膳指示受付部と配膳完了入力に基づき配膳済の配膳完了メニューを前記OEコントローラに通知する配膳完了メニュー通知部とを有する配膳通知手段とからなる料理認識装置とを設けて構成することを特徴とする飲食店舗における配膳管理システム。
【請求項16】 前記食器種別検出手段に、前記特徴画像データより色彩抽出データを抽出演算する色彩抽出演算部を追加設置することを特徴とする請求項15に記載の飲食店舗における配膳管理システム。
【請求項17】 前記食器種別検出手段に、前記特徴画像データよりバーコードを抽出し、バーコードデータを復調するバーコード復調部、もしくは前記特徴画像データより二次元コードを抽出し、二次元コードデータを復調する二次元コード復調部を追加設置することを特徴とする請求項15に記載の飲食店舗における配膳管理システム。
【請求項18】 前記飲食種別検出手段に、前記食器種別検出手段が抽出した料理もしくは飲料物の特徴画像データと料理メニューに登録された料理毎の特徴画像データとの相関データを比較演算する画像比較演算部を追加設置することを特徴とする請求項15に記載の飲食店舗における配膳管理システム。
【請求項19】 前記飲食種別検出手段に、前記バーコード復調部が復調したバーコードデータより飲食種別データを解読するバーコード解読部、もしくは前記二次元コード復調部が復調した二次元コードデータより飲食種別データを解読する二次元コード解読部を追加設置することを特徴とする請求項17に記載の飲食店舗における配膳管理システム。
【請求項20】 前記飲食種別検出手段に、前記食器種別検出手段が抽出した特徴画像データより料理もしくは飲料物の色彩抽出データと料理メニューに登録された料理色彩抽出データとの相関データを比較演算する色彩比較演算部を追加設置することを特徴とする請求項15に記載の飲食店舗における配膳管理システム。
【請求項21】 前記配膳皿は、同記配膳皿に無線接続によるデータ送受信インタフェースが可能なICチップが装着もしくは添着される、または前記ICチップが装着もしくは添着されたICカードを備えるとともに、前記食器種別検出手段に、前記ICチップもしくは前記ICカードに記憶された食器種別データまたは飲食種別データなどのICデータの読書を行うICデータ読書部と、同ICデータ読書部が読出した前記ICデータより食器種別または飲食物種別を解読するICデータ解読部とを追加設置することを特徴とする請求項15に記載の飲食店舗における配膳管理システム。
【請求項22】 前記厨房端末は、前記ICチップや前記ICカードに食器種別データまたは飲食種別データなどのICデータの読み書きを行うICデータ読書手段を備えることを特徴とする請求項21に記載の飲食店舗における配膳管理システム。
【請求項23】 前記ハンディOE端末は、前記ICチップに記憶されるICデータを読み書きするICデータ読書手段と、同ICデータ読書手段が読取ったICデータから飲食物種別を解読する飲食種別解読手段とを備えることを特徴とする請求項21または22に記載の飲食店舗における配膳管理システム。
【請求項24】 厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線と、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力した前記オーダメニューデータを前記構内通信回線を介して送受信するハンディOE端末と、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータを受付登録すると共に前記厨房に設置された厨房端末にオーダ内容を通知するOEコントローラと、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、前記OEコントローラは、前記構内通信回線との通信接続制御を行う通信制御手段と、オーダメニューを受付けるオーダ受付部と該オーダ内容を登録管理するオーダ管理部と該オーダ内容に基づいて前記厨房端末に調理指示を行う厨房指示部と配膳が完了したオーダを配膳完了オーダとして登録する完了オーダ登録部とを有するオーダ管理手段と、受付登録したオーダ内容に基づいて配膳指令を行う配膳指令部と調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理部と配膳完了メニューデータに基づき未配膳データの消込みを行う配膳消込部とを有する配膳管理手段と、前記オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイルとからなり、前記配膳皿は、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置するとともに、盛付けもしくは載置された料理の種別を書込み記憶可能とするICチップを装着または添付され、前記厨房端末は、前記構内通信回線との通信制御を行う通信制御手段と、前記OEコントローラからの調理指示に基づき調理オーダを受付けるオーダ受付部を有するオーダ処理手段と、厨房内の調理工程を管理する厨房管理部と調理完了を通知する調理完了通知部と調理完了通知に基づき配膳指示を行う配膳指示部とを有する厨房管理手段と、調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段と、前記ICチップの内容の読出し、および盛付けもしくは載置された料理の種別や内容や配膳先などのICデータの読書きを行うICデータ読書手段とからなり、前記ハンディOE端末は、前記構内通信回線との通信制御を行う通信制御手段と、前記所定の配膳皿に装着または添付された前記ICチップの内容の読み書きを行うICデータ読書手段と、前記ICチップの内容を読出して料理や飲料物の種別を解読する飲食種別解読手段と、配膳の完了を入力する操作入力手段と、前記OEコントローラの前記配膳管理手段より配膳指示を受付けると共に配膳の完了した配膳完了メニューを通知する配膳完了通知手段とからなることを特徴とする配膳管理システム。
【請求項25】 前記厨房端末は、前記所定の配膳皿を撮像入力した画像データより形状・寸法などに基づいて食器種別を検出する食器種別検出手段と、検出された前記所定の配膳皿の形状・寸法や前記画像データと料理メニューに登録された食器種別データや飲食種別データとを比較演算して料理や飲料物の種別を検出して飲食物種別を特定する飲食種別検出手段と、前記比較演算に用いる判断データを記憶している判断データ記憶手段とを有する料理認識装置が接続されることを特徴とする請求項24に記載の配膳管理システム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】厨房を有する飲食サービス店舗におけるオーダメニューの受付、調理及び配膳の管理システムに関わり、より詳細には厨房に配膳する料理の認識装置を追加設置して配膳メニュー認識の自動処理を行う配膳管理方法と配膳管理システムに係わる。
【0002】
【従来の技術】図1、図2に示す本発明による飲食店舗における配膳管理システムの第一ないし第三の実施例のシステム構成図の一部を流用して従来技術の動作と問題点を説明する。顧客のオーダメニューを受付入力し、該オーダメニューを無線送信するハンディOE端末1と、店舗内に敷設された構内通信回線Nと、オーダメニューを無線受信し構内通信回線Nに中継送信する無線通信端末4と、オーダメニューを受信登録すると共に厨房に設置された厨房端末3にオーダ内容を通知するOEコントローラ2と、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末6とで基本構成される飲食サービス店舗システムを利用している。接客係員はハンディOE端末1を用いて顧客のオーダを受付け、該オーダデータは無線通信端末4及び構内通信回線Nを経由してOEコントローラ2に通知される。OEコントローラ2のオーダ管理手段21は該オーダデータをオーダデータファイル23に受付登録すると共に厨房端末3に調理指示を行う。
【0003】 厨房端末3は、調理指示と添付された該オーダデータを受付ると共に伝票発行部31bおよびプリンタ部30を介してオーダ伝票を印刷発行する。表示部35が設置されたシステムにあっては、調理指示が表示出力される。厨房係員はオーダ伝票に基づいて所定の料理メニューを調理し、調理が完了すると操作入力手段34より調理完了を入力すると共に未調理のオーダ消込操作を行う。配膳指示は、厨房管理手段32が図示していない表示装置を用いて接客係員に指示する。接客係員は、配膳皿の料理及び飲料物とオーダ伝票とを客席に配膳する。この際、オーダ伝票に記載されたオーダメニューと実際の料理メニューとを確認すると共に不足分は再度追加して配膳する。
【0004】 厨房においては、オーダ内容とオーダを受けてからの経過時間を考慮しながら調理を行い、調理完了と同時に操作入力手段34から対象メニューを選択してのオーダ消込操作か、画面をタッチしてオーダ消込操作かを行っている。この方法では操作が煩雑であるため、特に繁忙時間帯には入力ミスや入力漏れが発生し易く、衛生面でも好ましくないと云った問題点がある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】以上に説明した問題点に鑑み、本発明は飲食サービス店舗システムにおいて、配膳する料理種別を自動認識する、あるいは配膳の完了したオーダメニューを自動消込処理するなどして、入力ミスや入力漏れや配膳ミスが発生し難い効率的な配膳管理方法と配膳管理システムを提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記問題点を解決するため、厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線と、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力した前記オーダメニューデータを前記構内通信回線を介して送受信するハンディOE( オーダエントリ)端末と、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータを受付登録すると共に前記厨房に設置された厨房端末にオーダ内容を通知するオーダエントリーコントローラ(以下 OEコントローラと略称する)と、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、前記OEコントローラは、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータのオーダ内容に基づいて前記厨房端末に調理指示を行うと共に該オーダ内容を受付登録するオーダ管理手段と、受付登録したオーダ内容に基づいて調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理手段と、前記オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイルとを備え、前記厨房端末は、前記構内通信回線に通信接続され、前記OEコントローラからの調理指示に基づき調理オーダを受付けると共に調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段を備え、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置する所定の配膳皿と、前記構内通信回線に通信接続され、所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置された所定の配膳皿を撮像入力した画像データより形状・寸法などに基づいて食器の種別を検出する食器種別検出手段と、検出された前記所定の配膳皿の形状・寸法や前記画像データと料理メニューに登録された食器種別データや飲食種別データとを比較演算して料理や飲料物の種別を検出して飲食物種別を特定する飲食種別検出手段と、前記比較演算に用いる判断データを記憶している判断データ記憶手段と、配膳の完了を入力する操作入力手段と、前記OEコントローラの前記配膳管理手段より配膳指示を受付けると共に配膳の完了した配膳完了メニューを通知する配膳通知手段とを有する料理認識装置とを設けて構成する配膳管理システムを用いて、調理済の所定の料理や飲食物などの飲食種別データと前記所定の料理や飲食物などが盛付けもしくは載置された画像データや前記所定の配膳皿の形状・寸法などの食器種別データとのそれぞれ対応する関係を、前記料理認識装置の前記判断データ記憶手段に予め記憶登録しておく段階と、調理済の料理や飲食物を所定の配膳皿に盛付けもしくは載置し、前記厨房端末の前記操作入力手段より調理の完了もしくは配膳指示を入力する段階と、前記厨房端末からの調理の完了もしくは配膳指示に基づいて、該配膳皿を前記料理認識装置の前記食器種別検出手段に呈示する段階と、前記食器種別検出手段が、呈示された前記配膳皿を撮像入力した画像データより形状・寸法などを抽出演算して食器種別を検出する段階と、前記料理認識装置の前記飲食種別検出手段が、前記食器種別検出手段で撮像した画像データや検出した食器種別データと前記判断データ記憶手段に登録されている料理の画像データや食器種別データや飲食種別データとを比較演算して飲食物種別を検出判断する段階と、前記料理認識装置の前記配膳通知手段が、前記飲食種別検出手段での該飲食物種別の検出結果に基づいて、配膳の完了した配膳完了メニューを前記OEコントローラの前記配膳管理手段に通知する段階とで構成する。
【0007】 前記OEコントローラの前記配膳管理手段が、前記料理認識装置の前記配膳通知手段から受信した配膳完了メニューの通知に基づき、顧客毎の全ての配膳が完了した最終配膳データを前記オーダ管理手段に通知する段階を追加した。
【0008】 前記食器種別検出手段での食器種別の検出方法を、前記配膳皿の丸、四角などの所定形状を抽出すると共に各辺寸法や直径などの所定寸法を計測し食器種別を抽出演算する方法、または前記配膳皿の色彩に基づき食器種別を抽出演算する方法、または前記配膳皿に印刷、貼付もしくは焼付けられたバーコードもしくは二次元コードなどのコード表示に基づき食器種別を抽出演算する方法とする。
【0009】 前記配膳皿は、同記配膳皿に装着もしくは添着された無線接続によるデータ送受信インタフェースが可能なICチップを備え、前記食器種別検出手段での食器種別の検出方法を、前記ICチップに記憶された食器種別データを検出して食器種別を抽出する方法とする。
【0010】 前記飲食種別検出手段での飲食物種別の検出方法を、前記食器種別検出手段が撮像入力した画像データより料理の特徴画像を抽出して前記判断データ記憶手段に登録されている特徴画像とを比較演算して対応する飲食物種別を検出判断する方法とする、または前記食器種別検出手段が検出した画像データ、配膳皿形状データ、色彩データ、バーコードや二次元コードなどを解読したコードデータ、もしくは前記ICチップに書込まれた食器種別データと前記判断データ記憶手段に登録されている画像データ、食器種別データ、もしくは飲食種別データとを比較演算して対応する飲食物種別を検出判断する方法とする、または前記配膳皿に装着もしくは添着された前記ICチップは飲食物種別データを予め書込み記憶可能とし、前記ICチップに書込み記憶された前記飲食種別データを解読することにより飲食物種別を検出判断する方法とする。
【0011】 前記厨房端末は、前記ICチップと無線接続によるデータ送受信インタフェースを可能とするとともに、調理の終了時に前記配膳皿に盛付けもしくは載置される飲食物の飲食種別データを前記ICチップに書込むようにした。
【0012】 前記ハンディOE端末は、前記ICチップに記憶されるICデータの読書きを行うICデータ読書手段と、読出した前記ICデータの内容から料理や飲料物の種別を解読する飲食種別解読手段と、解読した飲食種別データに基づいて前記専用通信回線を介して配膳完了の通知を行う配膳完了通知手段とを備え、前記ハンディOE端末は、顧客のテーブルに受付けたオーダに対応する料理や飲食物を配膳した時点で前記OEコントローラに配膳完了の通知を行うようにした。
【0013】 厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線と、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力した前記オーダメニューデータを前記構内通信回線を介して送受信するハンディOE端末と、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータを受付登録すると共に前記厨房に設置された厨房端末にオーダ内容を通知するOEコントローラと、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、前記OEコントローラは、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータのオーダ内容に基づいて前記厨房端末に調理指示を行うと共に該オーダ内容を受付登録するオーダ管理手段と、受付登録したオーダ内容に基づいて調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理手段と、前記オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイルとを備え、前記配膳皿は、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置するとともに、盛付けもしくは載置された料理の種別を書込み記憶可能とするICチップを装着または添付され、前記厨房端末は、前記構内通信回線に通信接続され、前記OEコントローラからの調理指示に基づき調理オーダを受付けると共に調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段と、前記ICチップの内容の読出し、および盛付けもしくは載置された料理の種別や内容などのICデータの書込みを行うICデータ読書手段とを備え、前記ハンディOE端末は、前記構内通信回線に通信接続され、前記所定の配膳皿に装着または添付された前記ICチップの内容の読み書きを行うICデータ読書手段と、前記ICチップの内容を読み出して料理や飲料物の種別を解読する飲食種別解読手段と、配膳の完了を入力する操作入力手段と、前記OEコントローラの前記配膳管理手段より配膳指示を受付けると共に配膳の完了した配膳完了メニューを通知する配膳完了通知手段とを備えた配膳管理システムを用いて、前記厨房端末の前記操作入力手段により、調理の完了時に盛付けもしくは載置された飲食物の飲食物種別を入力する段階と、入力された飲食物の飲食物種別を前記配膳皿の前記ICチップに書込むとともに、調理の完了もしくは配膳指示の操作を行う段階と、前記ハンディOE端末が、前記配膳皿に装着または貼付された前記ICチップからICデータを読み出して飲食物の種別や内容を解読する段階と、前記ハンディOE端末が解読した前記ICデータの内容や前記OEコントローラからの配膳指示に基づいて、所定のテーブルに配膳する段階と、前記ハンディOE端末が、配膳の完了した配膳完了メニューを前記OEコントローラの前記配膳管理手段に通知する段階とで構成する。
【0014】 前記厨房端末は、前記所定の配膳皿を撮像入力した画像データより形状・寸法などに基づいて食器種別を検出する食器種別検出手段と、検出された前記所定の配膳皿の形状・寸法や前記画像データと料理メニューに登録された食器種別データや飲食種別データとを比較演算して料理や飲料物の種別を検出して飲食物種別を特定する飲食種別検出手段と、前記比較演算に用いる判断データを記憶している判断データ記憶手段とを有する料理認識装置が接続または通信接続され、調理済の所定の料理や飲食物などの飲食種別データと前記所定の料理や飲食物などが盛付けもしくは載置される所定の配膳皿の形状・寸法などの食器種別データとのそれぞれ対応する関係を、前記料理認識装置の前記判断データ記憶手段に予め記憶登録しておく段階と、調理の完了時に料理や飲食物などが盛付けもしくは載置された前記配膳皿を前記料理認識装置の前記食器種別検出手段に呈示する段階と、前記食器種別検出手段が、呈示された前記配膳皿の画像データより形状・寸法などを抽出演算して食器種別を検出する段階と、前記料理認識装置の前記飲食種別検出手段が、前記食器種別検出手段で検出した料理の画像データや食器種別データと前記判断データ記憶手段に登録されている料理の画像データや食器種別データや飲食種別データとを比較演算して飲食物の飲食物種別を検出判断する段階とを追加した。
【0015】 前記OEコントローラの前記配膳管理手段は、料理や飲食物などの配膳先を前記ハンディOE端末に指示する、もしくは前記ハンディOE端末からの問い合わせに対して配膳先の回答を行うようにした。
【0016】 前記厨房端末が、前記OEコントローラの前記配膳管理手段の指示に基づいて調理の完了した料理や飲食物の配膳先を前記ICチップに書き込むとともに、前記ハンディOE端末が前記ICチップに書き込まれた配膳先を検出して配膳するようにした。
【0017】 厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線と、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力した前記オーダメニューデータを前記構内通信回線を介して送受信するハンディOE端末と、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータを受付登録すると共に前記厨房に設置された厨房端末にオーダ内容を通知するOEコントローラと、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、前記OEコントローラは、前記構内通信回線との通信接続制御を行う通信制御手段と、オーダメニューを受付けるオーダ受付部と該オーダ内容を登録管理するオーダ管理部と該オーダ内容に基づいて前記厨房端末に調理指示を行う厨房指示部と配膳が完了したオーダを配膳完了オーダとして登録する完了オーダ登録部とを有するオーダ管理手段と、受付登録したオーダ内容に基づいて配膳指令を行う配膳指令部と調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理部と配膳完了メニューデータに基づき未配膳データの消込みを行う配膳消込部とを有する配膳管理手段と、前記オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイルとからなり、前記厨房端末は、前記構内通信回線との通信制御を行う通信制御手段と、前記OEコントローラからの調理指示に基づき調理オーダを受付けるオーダ受付部を有するオーダ処理手段と、厨房内の調理工程を管理する厨房管理部と調理完了を通知する調理完了通知部と調理完了通知に基づき配膳指示を行う配膳指示部とを有する厨房管理手段と、調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段とからなり、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置する所定の配膳皿と、前記構内通信回線に通信接続する通信制御手段と、前記配膳皿を撮像し画像データを生成する撮像部と前記画像データより配膳皿の特徴画像データを抽出する画像抽出部と該特徴画像データより画像の形状、寸法などの形状抽出データを抽出演算する形状抽出演算部と該形状抽出データに基づき食器種別を判断する食器種別判断部とを有する食器種別検出手段と、該食器種別検出手段が抽出した特徴画像データより料理もしくは飲料物の形状、寸法などの料理形状抽出データと料理メニューに登録された料理形状抽出データとの相関データを比較演算する形状比較演算部と該相関データに基づいて料理種別を判断する料理種別判断部と単独もしくは複数の構成料理種別よりメニュー種別を判断するメニュー判断部とを有する飲食種別検出手段と、食器種別データを記憶登録している食器データファイルと料理種別データを記憶登録している料理データファイルとメニューデータを記憶登録しているメニューデータファイルとを有する判断データ記憶手段と、配膳完了を入力する操作入力手段と、前記配膳管理手段より配膳指示を受付ける配膳指示受付部と配膳完了入力に基づき配膳済の配膳完了メニューを前記OEコントローラに通知する配膳完了メニュー通知部とを有する配膳通知手段とからなる料理認識装置とを設けて構成する。
【0018】 前記食器種別検出手段に、前記特徴画像データより色彩抽出データを抽出演算する色彩抽出演算部を追加設置する、もしくは前記特徴画像データよりバーコードを抽出し、バーコードデータを復調するバーコード復調部、もしくは前記特徴画像データより二次元コードを抽出し、二次元コードデータを復調する二次元コード復調部を追加設置する。
【0019】 前記飲食種別検出手段に、前記食器種別検出手段が抽出した料理もしくは飲料物の特徴画像データと料理メニューに登録された料理毎の特徴画像データとの相関データを比較演算する画像比較演算部を追加設置する、もしくは前記バーコード復調部が復調したバーコードデータより飲食種別データを解読するバーコード解読部、もしくは前記二次元コード復調部が復調した二次元コードデータより飲食種別データを解読する二次元コード解読部を追加設置する、もしくは前記食器種別検出手段が抽出した特徴画像データより料理もしくは飲料物の色彩抽出データと料理メニューに登録された料理色彩抽出データとの相関データを比較演算する色彩比較演算部を追加設置する。
【0020】 前記配膳皿は、同記配膳皿に無線接続によるデータ送受信インタフェースが可能なICチップが装着もしくは添着される、または前記ICチップが装着もしくは添着されたICカードを備えるとともに、前記食器種別検出手段に、前記ICチップもしくは前記ICカードに記憶された食器種別データまたは飲食種別データなどのICデータの読書を行うICデータ読書部と、同ICデータ読書部が読出した前記ICデータより食器種別または飲食物種別を解読するICデータ解読部とを追加設置する。
【0021】 前記厨房端末は、前記ICチップや前記ICカードに食器種別データまたは飲食種別データなどのICデータの読み書きを行うICデータ読書手段を備える。
【0022】 前記ハンディOE端末は、前記ICチップに記憶されるICデータを読み書きするICデータ読書手段と、同ICデータ読書手段が読取ったICデータから飲食物種別を解読する飲食種別解読手段とを備える。
【0023】 厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線と、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力した前記オーダメニューデータを前記構内通信回線を介して送受信するハンディOE端末と、前記構内通信回線を経由して受信した前記オーダメニューデータを受付登録すると共に前記厨房に設置された厨房端末にオーダ内容を通知するOEコントローラと、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、前記OEコントローラは、前記構内通信回線との通信接続制御を行う通信制御手段と、オーダメニューを受付けるオーダ受付部と該オーダ内容を登録管理するオーダ管理部と該オーダ内容に基づいて前記厨房端末に調理指示を行う厨房指示部と配膳が完了したオーダを配膳完了オーダとして登録する完了オーダ登録部とを有するオーダ管理手段と、受付登録したオーダ内容に基づいて配膳指令を行う配膳指令部と調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理部と配膳完了メニューデータに基づき未配膳データの消込みを行う配膳消込部とを有する配膳管理手段と、前記オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイルとからなり、前記配膳皿は、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置するとともに、盛付けもしくは載置された料理の種別を書込み記憶可能とするICチップを装着または添付され、前記厨房端末は、前記構内通信回線との通信制御を行う通信制御手段と、前記OEコントローラからの調理指示に基づき調理オーダを受付けるオーダ受付部を有するオーダ処理手段と、厨房内の調理工程を管理する厨房管理部と調理完了を通知する調理完了通知部と調理完了通知に基づき配膳指示を行う配膳指示部とを有する厨房管理手段と、調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段と、前記ICチップの内容の読出し、および盛付けもしくは載置された料理の種別や内容や配膳先などのICデータの読書きを行うICデータ読書手段とからなり、前記ハンディOE端末は、前記構内通信回線との通信制御を行う通信制御手段と、前記所定の配膳皿に装着または添付された前記ICチップの内容の読み書きを行うICデータ読書手段と、前記ICチップの内容を読出して料理や飲料物の種別を解読する飲食種別解読手段と、配膳の完了を入力する操作入力手段と、前記OEコントローラの前記配膳管理手段より配膳指示を受付けると共に配膳の完了した配膳完了メニューを通知する配膳完了通知手段とからなる。
【0024】 前記厨房端末は、前記所定の配膳皿を撮像入力した画像データより形状・寸法などに基づいて食器種別を検出する食器種別検出手段と、検出された前記所定の配膳皿の形状・寸法や前記画像データと料理メニューに登録された食器種別データや飲食種別データとを比較演算して料理や飲料物の種別を検出して飲食物種別を特定する飲食種別検出手段と、前記比較演算に用いる判断データを記憶している判断データ記憶手段とを有する料理認識装置が接続される。
【0025】
【発明の実施の形態】図1は本発明による飲食店舗における配膳管理システムの第一および第二の実施例のシステム構成図である。図1を用いて、第一の実施例の構成を概略説明する。第一の実施例の飲食店舗における配膳管理システムは、厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線Nと、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力したオーダメニューデータを構内通信回線Nを介して送受信するハンディOE端末1と、構内通信回線Nを経由して受信したオーダメニューデータを受付登録すると共に厨房に設置された厨房端末3にオーダ内容を通知するOEコントローラ2と、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末6とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、OEコントローラ2は、構内通信回線Nを経由して受信したオーダメニューデータのオーダ内容に基づいて厨房端末3に調理指示を行うと共に該オーダ内容を受付登録するオーダ管理手段21と、受付登録したオーダ内容に基づいて調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理手段22と、オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイル23とを備え、厨房端末3は、構内通信回線Nに通信接続され、OEコントローラ2からの調理指示に基づき調理オーダを受付けると共に調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段34を備え、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置する単独又は複数の所定の配膳皿7と、構内通信回線Nに通信接続され、所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置された所定の配膳皿7を撮像入力した画像データより形状・寸法などに基づいて食器の種別を検出する食器種別検出手段51と、検出された所定の配膳皿7の形状・寸法や画像データと料理メニューに登録された食器種別データや飲食種別データとを比較演算して料理や飲料物の種別を検出して飲料物種別を特定する飲食種別検出手段52と、比較演算に用いる判断データを記憶している判断データ記憶手段54と、配膳の完了を入力する操作入力手段55と、OEコントローラ2の配膳管理手段22より配膳指示を受付けると共に配膳の完了した配膳完了メニューを通知する配膳通知手段53とを有する料理認識装置5とを設けて構成されている。
【0026】図3に示す本発明による飲食店舗における配膳管理方法の第一の実施例の動作フロー図を用いて、本願の配膳管理方法を説明する。第一の実施例の飲食店舗における配膳管理方法は、第一の実施例の配膳管理システムを用いて、調理済の所定の料理や飲食物などの飲食種別データと所定の料理や飲食物などが盛付けもしくは載置された画像データや所定の配膳皿7の形状・寸法などの食器種別データとのそれぞれ対応する関係を、料理認識装置5の判断データ記憶手段54に予め記憶登録しておく段階(ST1)と、調理済の料理や飲食物を所定の配膳皿7に盛付けもしくは載置し、厨房端末3の操作入力手段34より調理の完了もしくは配膳指示を入力する段階(ST2)と、厨房端末3からの調理の完了もしくは配膳指示に基づいて、該配膳皿7を料理認識装置5の食器種別検出手段51に呈示する段階(ST3)と、食器種別検出手段51が、呈示された配膳皿7を撮像入力した画像データより形状・寸法などを抽出演算して食器種別を検出する段階(ST4)と、料理認識装置5の飲食種別検出手段52が、食器種別検出手段51で撮像した画像データや検出した食器種別データと判断データ記憶手段54に登録されている料理の画像データや食器種別データや飲食種別データとを比較演算して飲食物種別を検出判断する段階(ST5)と、料理認識装置5の配膳通知手段53が、飲食種別検出手段52での該飲食物種別の検出結果に基づいて、配膳の完了した配膳完了メニューをOEコントローラ2の配膳管理手段22に通知する段階(ST6)とで構成されている。
【0027】 さらに、OEコントローラ2の配膳管理手段22が、料理認識装置5の配膳通知手段53から受信した配膳完了メニューの通知に基づき、顧客毎の全ての配膳が完了した最終配膳データをオーダ管理手段21に通知する段階(ST7)を追加して構成している。
【0028】 食器種別検出手段51での食器種別の検出方法を、配膳皿7の丸、四角などの所定形状を抽出すると共に各辺寸法や直径などの所定寸法を計測し食器種別を抽出演算する方法、配膳皿7の色彩に基づき食器種別を抽出演算する方法、または配膳皿7に印刷、貼付もしくは焼付けられたバーコードもしくは二次元コードなどのコード表示に基づき食器種別を抽出演算する方法などが選択採用されている。
【0029】 さらに、配膳皿7は、配膳皿7に装着もしくは添着された無線接続によるデータ送受信インタフェースが可能なICチップを備え、食器種別検出手段51での食器種別の検出方法を、ICチップに記憶された食器種別データを検出して食器種別を抽出する方法としてもよい。
【0030】 加えて、飲食種別検出手段52での飲食物種別の検出方法を、食器種別検出手段51が撮像入力した画像データより料理の特徴画像を抽出して判断データ記憶手段54に登録されている特徴画像とを比較演算して対応する飲食物種別を検出判断する方法、食器種別検出手段51が検出した画像データ、配膳皿形状データ、色彩データ、バーコードや二次元コードなどを解読したコードデータ、もしくは前記ICチップに書込まれた食器種別データと判断データ記憶手段54に登録されている画像データ、食器種別データ、もしくは飲食種別データとを比較演算して対応する飲食物種別を検出判断する方法、同じく配膳皿7に添付されたバーコードカードのバーコードデータ、同じく配膳皿7に添付された二次元コードカードの二次元コードデータ、同じく配膳皿7に添付された埋込ICチップカードの食器種別コードが書き込まれたICデータを解読することにより食器種別に基づいて飲食物種別を検出する方法、もしくはICチップに書込み記憶された飲食種別データを解読することにより飲食物種別を検出判断する方法などが選択採用されている。
【0031】 また、厨房端末3は、ICチップと無線接続によるデータ送受信インタフェースを可能とするとともに、調理の終了時に配膳皿7に盛付けもしくは載置される飲食物の飲食種別データをICチップに書込むようにしており、これによりICデータの解読から正確な飲食物種別を検出することができる。また、ハンディOE端末1は、ICチップに記憶されるICデータの読み書きを行うICデータ読書手段15と、ICチップの内容を読み出して料理や飲料物の種別を解読する飲食種別解読手段16と、読取った飲食種別データに基づいて専用通信回線Nを介して配膳完了の通知を行う配膳完了通知手段17とを備えることにより、顧客のテーブルに受付けたオーダに対応する料理や飲食物を配膳した時点でOEコントローラ2に配膳完了の通知を行うことができ、配膳ミスを防止できる。ハンディOE端末1とOEコントローラ2との相互の配膳チェックが可能となるからである。
【0032】 図1のシステム構成図を用いて、第二の実施例の構成を概略説明する。第二の実施例は第一の実施例と構成においてほぼ同一であるので、異なる部分についてのみ説明する。第二の実施例の飲食店舗における配膳管理システムは、まず、配膳皿7は、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置するとともに、盛付けもしくは載置された料理の種別を書込み記憶可能とするICチップを装着または添付されている。厨房端末3は、構内通信回線Nに通信接続され、OEコントローラ2からの調理指示に基づき調理オーダを受付けると共に調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段34と、ICチップの内容の読出し、および盛付けもしくは載置された料理の種別や内容などのICデータの書込みを行うICデータ読書手段37とを備えている。ハンディOE端末1は、構内通信回線Nに通信接続する通信制御手段14と、所定の配膳皿7に装着または添付されたICチップの内容の読み書きを行うICデータ読書手段15と、ICチップの内容から料理や飲料物の種別を解読する飲食種別解読手段16と、配膳の完了を入力する操作入力手段11と、OEコントローラ2の配膳管理手段22より配膳指示を受付けると共に配膳の完了した配膳完了メニューを通知する配膳完了通知手段17とを備えて構成されている。
【0033】図4に示す本発明の配膳管理方法の第二の実施例の動作フロー図を用いて、第二の実施例の配膳管理方法を説明する。第二の実施例の飲食店舗における配膳管理方法は、第二の実施例の配膳管理システムを用いて、厨房端末3が、操作入力手段34により調理の完了時に盛付けもしくは載置された飲食物の飲食物種別を入力する段階(ST10)と、厨房端末3が、入力された飲食物の飲食物種別を配膳皿7のICチップに書込むとともに、調理の完了もしくは配膳指示の操作を行う段階(ST11)と、ハンディOE端末1が、配膳皿7に装着または貼付されたICチップからICデータを読み出して飲食物の種別や内容を解読する段階(ST12)と、ハンディOE端末1が解読したICデータの内容やOEコントローラ2からの配膳指示に基づいて、所定のテーブルに配膳する段階(ST13)と、ハンディOE端末1が、配膳の完了した配膳完了メニューをOEコントローラ2の配膳管理手段22に通知する段階(ST14)と、およびOEコントローラ2の配膳管理手段22が配膳完了の通知に基づき最終配膳メニューをオーダ管理手段21に通知する段階(ST15)とで構成されている。
【0034】 さらに、厨房端末3は、所定の配膳皿7を撮像入力した画像データより形状・寸法などに基づいて食器種別を検出する食器種別検出手段51と、検出された所定の配膳皿の形状・寸法や画像データと料理メニューに登録された食器種別データや飲食種別データとを比較演算して料理や飲料物の種別を検出して飲料物種別を特定する飲食種別検出手段52と、比較演算に用いる判断データを記憶している判断データ記憶手段54とを有する料理認識装置5が接続または通信接続され、調理済の所定の料理や飲食物などの飲食種別データと所定の料理や飲食物などが盛付けもしくは載置される所定の配膳皿7の形状・寸法などの食器種別データとのそれぞれ対応する関係を、料理認識装置5の判断データ記憶手段54に予め記憶登録しておく段階(ST20)と、調理の完了時に料理や飲食物などが盛付けもしくは載置された配膳皿7を料理認識装置5の食器種別検出手段51に呈示する段階(ST21)と、食器種別検出手段51が、呈示された配膳皿7の画像データより形状・寸法などを抽出演算して食器種別を検出する段階(ST22)と、料理認識装置5の飲食種別検出手段52が、食器種別検出手段51で検出した料理の画像データや食器種別データと判断データ記憶手段54に登録されている料理の画像データや食器種別データや飲食種別データとを比較演算して飲食物の飲食物種別を検出判断する段階(ST23)とを追加して構成される。検出判断された飲食物の飲食物種別は、厨房端末3により配膳皿7のICチップに書込まれ、調理の完了もしくは配膳指示の操作を行う段階(ST11)を経て以降同様に配膳処理される。料理認識装置5が接続されることで、料理の種別を自動判別することができ、飲食物種別の入力の手間の削減と入力ミスを防止することができる。
【0035】 OEコントローラ2の配膳管理手段22は、料理や飲食物などの配膳先をハンディOE端末1に指示する、もしくはハンディOE端末1からの問い合わせに対して配膳先の回答を行うようにしたので、配膳係が配膳先を間違えることで生じる混乱を防止することができる。また、厨房端末3が、OEコントローラ2の配膳管理手段22の指示に基づいて調理の完了した料理や飲食物の配膳先をICチップに書き込むとともに、ハンディOE端末1がICチップに書き込まれた配膳先を検出して配膳するようにしている。配膳先や飲食物種別は表示部12に表示されるので配膳ミスに間違いがない。
【0036】図2に示す本発明による飲食店舗における配膳管理システムの第3の実施例の要部ブロック図を加えて、本願システムの詳細構成を説明する。第3の実施例の配膳管理システムは、厨房を有する飲食サービス店舗に設置され、店舗内の機器を通信接続する構内通信回線Nと、顧客のオーダメニューを受付入力し、受付入力したオーダメニューデータを構内通信回線Nを介して送受信するハンディOE端末1と、構内通信回線Nを経由して受信したオーダメニューデータを受付登録すると共に厨房に設置された厨房端末3にオーダ内容を通知するOEコントローラ2と、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末6とで基本構成される飲食サービス店舗システム環境で、OEコントローラ2は、構内通信回線Nとの通信接続制御を行う通信制御手段24と、オーダメニューを受付けるオーダ受付部21aと該オーダ内容を登録管理するオーダ管理部21bと該オーダ内容に基づいて厨房端末3に調理指示を行う厨房指示部21cと配膳が完了したオーダを配膳完了オーダとして登録する完了オーダ登録部21dとを有するオーダ管理手段21と、受付登録したオーダ内容に基づいて配膳指令を行う配膳指令部22bと調理済飲食物の配膳管理を行う配膳管理部22aと配膳完了メニューデータに基づき未配膳データの消込みを行う配膳消込部22cとを有する配膳管理手段22と、オーダメニューデータおよび配膳管理データを記憶するオーダデータファイル23とからなり、厨房端末3は、構内通信回線Nとの通信制御を行う通信制御手段36と、OEコントローラ2からの調理指示に基づき調理オーダを受付けるオーダ受付部31aを有するオーダ処理手段31と、厨房内の調理工程を管理する厨房管理部32aと調理完了を通知する調理完了通知部32bと調理完了通知に基づき配膳指示を行う配膳指示部32cとを有する厨房管理手段32と、調理完了時に調理完了または配膳指示の操作入力を行う操作入力手段34とからなり、調理済の所定の料理や飲食物を盛付けもしくは載置する単独又は複数の皿71、72、73あるいはカップや容器を含む所定の配膳皿7と、構内通信回線Nに通信接続する通信制御手段56と、配膳皿7を撮像し画像データを生成する撮像部51aと画像データより配膳皿7の特徴画像データを抽出する画像抽出部51bと該特徴画像データより画像の形状、寸法などの形状抽出データを抽出演算する形状抽出演算部51cと該形状抽出データに基づき食器種別を判断する食器種別判断部51eとを有する食器種別検出手段51と、該食器種別検出手段51が抽出した特徴画像データより料理もしくは飲料物の形状、寸法などの料理形状抽出データと料理メニューに登録された料理形状抽出データとの相関データを比較演算する形状比較演算部52aと該相関データに基づいて料理種別を判断する料理種別判断部52bと単独もしくは複数の構成料理種別よりメニュー種別を判断するメニュー判断部52cとを有する飲食種別検出手段52と、食器種別データを記憶登録している食器データファイル54aと料理種別データを記憶登録している料理データファイル54bとメニューデータを記憶登録しているメニューデータファイル54cとを有する判断データ記憶手段54と、配膳完了を入力する操作入力手段55と、配膳管理手段22より配膳指示を受付ける配膳指示受付部53aと配膳完了入力に基づき配膳済の配膳完了メニューをOEコントローラ2に通知する配膳完了メニュー通知部53bとを有する配膳通知手段53とからなる料理認識装置5とを設けて標準構成されている。
【0037】 さらに、食器種別検出手段51には、特徴画像データより色彩抽出データを抽出演算する色彩抽出演算部51d、特徴画像データよりバーコードを抽出し、バーコードデータを復調するバーコード復調部51f、特徴画像データより二次元コードを抽出し、二次元コードデータを復調する二次元コード復調部51g、並びに、配膳皿7に装着もしくは添着された無線接続可能なICチップのICデータを読書を行うICデータ読書部51hが追加設置されている。
【0038】 さらに、飲食種別検出手段52には、食器種別検出手段51が抽出した特徴画像データより料理もしくは飲料物の色彩抽出データと料理メニューに登録された料理色彩抽出データとの相関データを比較演算する色彩比較演算部52d、飲料物の特徴画像データと料理メニューに登録された料理毎の特徴画像データとの相関データを比較演算する画像比較演算部52e、バーコード復調部51fが復調したバーコードデータより飲食種別データを解読するバーコード解読部52f、二次元コード復調部51gが復調した二次元コードデータより飲食種別データを解読する二次元コード解読部52g、並びに、配膳皿7に装着もしくは添着されたICチップもしくはICカードとICデータの読書を行うICデータ読書部51h、およびICデータ読書部51hが読出したICデータより食器種別データや飲食種別データを解読するICデータ解読部52hなどが追加設置されている。
【0039】 [配膳管理システムの基本的運用]本願システムは、飲食サービス店舗に設置され、顧客のオーダメニューを受付入力し、オーダメニューを無線送信するハンディOE端末1と、店舗内に敷設された構内通信回線Nと、オーダメニューを無線受信し構内通信回N線に中継送信する無線通信端末4と、構内通信回線Nを経由してオーダメニューを受信登録すると共に厨房に設置された厨房端末3にオーダ内容を通知するOEコントローラ2と、サービス料金の精算及び売上処理を行うPOS端末6とで基本構成される従来技術によるの配膳管理システムに、(1)調理済飲食物を盛付もしくは載置する単独又は複数の配膳皿7と、(2)配膳皿7の形状・寸法などより食器種別を検出する食器種別検出手段51、配膳皿の形状・寸法とメニュー毎に登録された画像データや食器種別データや飲食種別データとを比較演算して料理や飲料物の種別を検出する飲食種別検出手段52、比較演算に用いる判断データを記憶している判断データ記憶手段54、調理完了や配膳指示を入力する操作入力手段55、および配膳管理手段22より配膳指示を受付けると共に配膳メニューを通知する配膳通知手段53などを有する料理認識装置5とを新たに追加し、さらに、(3)厨房端末3並びOEコントローラ2には、(1)および(2)に伴う機能追加がなされている。
【0040】 顧客のオーダから調理指示までの操作及び動作は、接客係員がハンディOE端末1を用いて顧客のオーダを受付け、該オーダデータは無線通信端末4及び構内通信回線Nを経由してOEコントローラ2のオーダ管理手段21に通知される。該オーダ管理手段21は、オーダデータファイル23に仮受付登録すると共に厨房端末3に調理指示を行う。厨房端末3は、調理指示と添付された該オーダデータを受付ると共にオーダ伝票を印刷発行する。表示部35が設置されたシステムにあっては、調理指示が表示出力される。厨房係員はオーダ伝票に基づいて所定の料理メニューを調理し、調理が完了すると操作入力手段34より調理完了を入力する。
【0041】 OEコントローラ2に追加設置された配膳管理手段22は、厨房管理手段32より調理完了通知を受付けると、配膳係員に配膳指示を行う。配膳係員は、(1)に説明した所定の配膳皿に盛付又は載置された料理もしくは飲料物を、配膳皿毎とに食器種別検出手段51に呈示して、配膳する料理を自動認識させた後、客席に配膳する。配膳が完了すると自動認識した料理種別データを組合せて配膳メニューデータを生成し、OEコントローラ2のオーダ管理手段21に通知する。オーダ管理手段21は、通知された配膳メニューデータに基づき該当顧客のオーダデータを補正もしくは確定処理を行い正式登録する。
【0042】 [食器種別の検出]食器種別データは、まず、カメラ手段による撮像部51aが配膳皿7を個別に撮像して画像データを生成し、画像抽出部51bが該画像データを画像処理して該当配膳皿の特徴画像データを抽出する。
【0043】 食器種別の検出は、大別して4種類の判別方法を選択採用している。第一の方法は、形状抽出演算部51cが、特徴画像データを基に形状抽出演算を行い、該当配膳皿の丸、四角、楕円などの形状データと所定の寸法データなどを演算出力する。この中には、配膳皿7に印刷もしくは焼付けられた形状の特徴画像データ抽出をも含む。食器種別判断部51eは、食器データファイル54aに登録されている食器種別毎の形状データと寸法データを参照して、食器種別データを判断出力する。第二の方法は、色彩抽出演算部51dが該当配膳皿7の所定の部位の白、藍、黄、緑などの色彩データを演算出力する。食器種別判断部51eは、前述の形状データ及びと寸法データに色彩データを加えて食器種別データを判断出力する。
【0044】 第三の方法は、配膳皿7の底面や側面部に主に印刷又は焼付けられたバーコードデータもしくは二次元コードデータよりバーコード復調部51fもしくは二次元コード復調部51gが両データを復調する。復調されたバーコードデータもしくは二次元コードデータは、食器種別データを直接定義しており、食器種別判断部51eは該データに基づき食器種別データを判断出力する。
【0045】 第四の方法は、配膳皿7に装着もしくは添着された無線接続可能なICチップデータをICデータ読書部51hが読取り復調するものである。読取復調されたICチップデータは、食器種別判断部51eにより、食器データファイル54aに登録されている食器種別毎のICデータを参照して、食器種別データを判断出力する。また、バーコードやICチップを装着もしくは添着されたバーコードカードやICカードなどを配膳皿7に添付するようにしてもよい。以上の如く判断出力された食器種別データは、飲食種別検出手段52に通知される。
【0046】 [飲食物種別の検出判断と料理メニューの判断]飲食物種別の検出は、通知された食器種別データに基づき、判断データ記憶手段54に予め記憶登録されている食器種別と飲食物種別との相関データを参照して飲食種別データを演算出力し、メニュー判断部52cに通知する。メニュー判断部52cは、メニューデータファイル54cに予め記憶登録されている料理種別の組合せとメニュー種別との定義データを参照して該当するメニューデータを判断出力する。
【0047】 料理種別の検出判断は、大別して4種類の判別方法を選択採用している。第一は、料理種別判断部52bが、食器種別データに基づき、単純に料理種別を判断するもので、料理により配膳皿の種別が固定されると云う欠点がある。此の欠点を補う目的で、形状比較演算部52aは、前述の特徴画像データより料理の概略形状データと料理データファイル54bに記憶登録されている概略形状データとを比較演算して相関を求めるものである。さらに、色彩比較演算部52dは、前述の食器種別データに該当料理の色彩データを加えて比較演算するものである。
【0048】 第二は、画像比較演算部52eが、配膳皿7に盛付けられた料理の特徴画像データと料理データファイル54bに記憶登録されている料理形状データとを比較演算して相関を求めるものである。第三は、バーコード解読部52fもしくは二次元コード解読部52gが、前述のバーコード復調部51fもしくは二次元コード復調部51gの復調した該当コードデータより料理種別データを解読し、メニュー判断部52cに通知する。
【0049】 第四は、ICデータ解読部52hが、前述のICチップデータより料理種別データを解読し、メニュー判断部52cに通知する。第五は、配膳皿7に、図示していないが、前述のバーコード、二次元コードなどを印刷した添付配膳カードを添付するか、もしくは、該カードを磁気カードとして料理種別データを記憶させる、又は、該カードに前述の無線接続可能なICチップを装着もしくは添着させるなどしている。
【0050】 [オーダ管理と精算処理]操作入力手段55より配膳完了入力が行われると、完了53bは、配膳したメニューを顧客毎にOEコントローラ2の配膳管理手段22に通知する。配膳消込部22cは、オーダデータファイル23に仮登録されているオーダデータを配膳が完了した時点で消込んでゆく。該当顧客のオーダデータの消込みが完了すると完了オーダ登録部21dに通知され、オーダデータファイル23内に正式登録される。
【0051】 飲食サービス料金の精算は、配膳時に客席に配布されたオーダシートをPOS端末6に持参する。レジ係員が伝票番号を入力すると、構内通信回線Nを経由してOEコントローラ2のオーダデータファイル23より当該顧客のオーダデータが読み出され、精算処理が成される。
【0052】 以上、基本構成について説明したが、料理認識装置5は配膳係専用に設置される場合、厨房端末3に接続される、あるいは厨房端末3に近接して設置される場合、あるいは、料理認識装置5の機能が厨房端末3に一体に構成される場合など飲食店の規模に応じて様々な形態が考えられることはいうまでもない。また、読み書き可能なICチップを採用することなどで別の形態が考えられるので以下に補足説明する。まず、厨房端末3は、ICチップやICカードに食器種別データまたは飲食種別データなどのICデータの読み書きを行うICデータ読書手段37を備えることにより、厨房で調理の完了時に操作入力手段34による手入力、または料理認識装置5の自動認識により飲食物種別をICチップに書込むことができる。
【0053】 また、ハンディOE端末1は、ICチップに記憶されるICデータを読み書きするICデータ読書手段15と、読取ったICデータから飲食種別データを解読する飲食種別解読手段16を備えることにより、ICデータを参照することで何時でも配膳皿7に関する飲食物種別を含む情報を確認することができる。顧客のオーダはオーダ管理手段21で来店順に顧客毎あるいはテーブル毎にそれぞれ識別可能に連番のIDが付与されて管理されており、このIDに基づいて配膳管理手段22で配膳管理が行われている。ICデータとして例えばID、食器種別、飲食物種別、配膳先テーブル番号などが書込可能である。これら顧客のID、オーダメニュー、テーブル番号などはOEコントローラ2の配膳管理手段22が記憶しているので、ハンディOE端末1の操作により顧客のオーダメニュー、テーブル番号は確認可能であり、配膳ミスを防止できる。さらに、配膳管理手段22は飲食物の配膳の順番も管理しているので、受注の順番に個別に配膳指示ができるので、先に注文した顧客の飲食物が後回しになるような場合に生じる不満を防止することができる。
【0054】 なお、構内通信回線を、有線により通信接続する有線LANとする、または無線により通信接続する無線LANとするいずれでも採用可能である。有線LANとす場合には前述の無線通信端末4が必要であるが、構内通信回線を無線LANとし、ハンディOE端末1の通信制御手段14に無線LAN用インタフェースを設けることで無線通信端末4は不要である。
【0055】
【発明の効果】本発明は以上に説明した内容で実施され、以下に述べる効果を奏する。調理済の所定の料理や飲食物などの飲食種別データと所定の料理や飲食物などが盛付けもしくは載置された画像データや所定の配膳皿の形状・寸法などの食器種別データとのそれぞれ対応する関係を、料理認識装置の判断データ記憶手段に記憶登録する段階と、調理済の料理や飲食物を所定の配膳皿に盛付けもしくは載置し、厨房端末の操作入力手段より調理の完了もしくは配膳指示を入力する段階と、厨房端末からの調理の完了もしくは配膳指示に基づいて、該配膳皿を料理認識装置の食器種別検出手段に呈示する段階と、食器種別検出手段が、呈示された配膳皿を撮像入力した画像データより形状・寸法などを抽出演算して食器種別を検出する段階と、料理認識装置の飲食種別検出手段が、食器種別検出手段で撮像した画像データや検出した食器種別データと判断データ記憶手段に登録されている料理の画像データや食器種別データや飲食種別データとを比較演算して飲食物種別を検出判断する段階と、料理認識装置の配膳通知手段が、飲食種別検出手段での該飲食物種別の検出結果に基づいて、配膳の完了した配膳完了メニューを前記OEコントローラの前記配膳管理手段に通知する段階とで構成したので、入力ミスや入力漏れや配膳ミスが発生し難い効率的な配膳管理方法と配膳管理システムを提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013