米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社富士通ゼネラル

発明の名称 リモートコントロール装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−125464(P2003−125464A)
公開日 平成15年4月25日(2003.4.25)
出願番号 特願2001−321423(P2001−321423)
出願日 平成13年10月19日(2001.10.19)
代理人
発明者 内海 隆志
要約 課題
使い慣れない老人や子供でも使いやすくすると共に誤操作を防止できるようにした空気調和機等の機器に使用されるリモートコントロール装置を提供する。

解決手段
機器の運転情報が表示され、複数色により点灯可能なバックライトを備えた液晶表示部1と、運転情報を入力する操作がされ、点灯可能なバックライトを備えた複数の操作ボタン2a乃至2gからなる操作部2と、前記バックライトを点灯する電源部と、前記複数の操作ボタン2a乃至2gのうち一部が操作可能となる特定モードb、cと、全部が操作可能となる通常モードaとに切り換えるユーザモード切換部3とを備えてなり、前記ユーザモード切換部3が、前記特定モードb、cまたは前記通常モードaに切り換えられた際、操作可能な前記操作ボタンのバックライトが点灯するようにした。
特許請求の範囲
【請求項1】 機器の運転情報が表示され、複数色により点灯可能なバックライトを備えた液晶表示部と、運転情報を入力する操作がされ、点灯可能なバックライトを備えた複数の操作ボタンからなる操作部と、前記バックライトを点灯する電源部と、前記複数の操作ボタンのうち一部が操作可能となる特定モードと、全部が操作可能となる通常モードとに切り換えるユーザモード切換部とを備えてなり、前記ユーザモード切換部が、前記特定モードまたは前記通常モードに切り換えられた際、操作可能な前記操作ボタンのバックライトが点灯するようにしたことを特徴とするリモートコントロール装置。
【請求項2】 前記ユーザモード切換部が、前記電源部をカバーする電源カバーの裏面側に設けられてなることを特徴とする請求項1に記載のリモートコントロール装置。
【請求項3】 操作可能な前記操作ボタンのバックライトは、同操作ボタンの操作中および操作終了時から所定の時間が経過するまで点灯させるようにしたことを特徴とする請求項1に記載のリモートコントロール装置。
【請求項4】 操作可能な前記操作ボタンの操作中は、前記液晶表示部のバックライトを所定の色に点灯させるようにしたことを特徴とする請求項1または請求項3に記載のリモートコントロール装置。
【請求項5】 操作不能な前記操作ボタンの操作中は、前記液晶表示部のバックライトを前記所定の色と異なる特定の色に点灯させると共に、同液晶表示部に操作不可を示す表示をしてなることを特徴とする請求項1または請求項4に記載のリモートコントロール装置。
【請求項6】 前記液晶表示部のバックライトは、前記操作ボタンの操作中および操作終了時から所定の時間が経過するまで点灯させるようにしたことを特徴とする請求項4または請求項5に記載のリモートコントロール装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、空気調和機等の機器に使用されるリモートコントロール装置に係わり、より詳細には、使い慣れない老人や子供でも使いやすくすると共に誤操作を防止できるようにした構造に関する。
【0002】
【従来の技術】空気調和機等の機器に使用される従来のリモートコントロール装置は、複数のユーザが使用することを考慮していないため、リモコン操作が苦手な老人や子供にとっては誤操作を行ってしまうことがあったり、また、現在操作している操作ボタンが有効なのか、無効なのかが解らず、本人の意図していない運転を行ってしまったり、とくに複雑な操作が必要な機能については、正しく使用することができずたびたび誤操作を行ってしまうという問題点を有していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記問題点を解決し、使い慣れない老人や子供でも使いやすくすると共に誤操作を防止できるようにした空気調和機等の機器に使用されるリモートコントロール装置を提供することを目的としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記の課題を解決するため、機器の運転情報が表示され、複数色により点灯可能なバックライトを備えた液晶表示部と、運転情報を入力する操作がされ、点灯可能なバックライトを備えた複数の操作ボタンからなる操作部と、前記バックライトを点灯する電源部と、前記複数の操作ボタンのうち一部が操作可能となる特定モードと、全部が操作可能となる通常モードとに切り換えるユーザモード切換部とを備えてなり、前記ユーザモード切換部が、前記特定モードまたは前記通常モードに切り換えられた際、操作可能な前記操作ボタンのバックライトが点灯するようにした構成となっている。
【0005】また、前記ユーザモード切換部が、前記電源部をカバーする電源カバーの裏面側に設けられた構成となっている。
【0006】また、操作可能な前記操作ボタンのバックライトは、同操作ボタンの操作中および操作終了時から所定の時間が経過するまで点灯させるようにした構成となっている。
【0007】また、操作可能な前記操作ボタンの操作中は、前記液晶表示部のバックライトを所定の色に点灯させるようにした構成となっている。
【0008】また、操作不能な前記操作ボタンの操作中は、前記液晶表示部のバックライトを前記所定の色と異なる特定の色に点灯させると共に、同液晶表示部に操作不可を示す表示をした構成となっている。
【0009】また、前記液晶表示部のバックライトは、前記操作ボタンの操作中および操作終了時から所定の時間が経過するまで点灯させるようにした構成となっている。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づいた実施例として詳細に説明する。図1は本発明によるリモートコントロール装置の説明図で、(A)は表面側を示す外観図、(B)は裏面側を示す外観図であり、図2は本発明によるリモートコントロール装置の操作状態を示す説明図で、(A)はユーザモード切換部を通常モードに切り換えて全操作ボタンのバックライトを点灯させた状態を示す図、(B)はシルバーモードに切り換えて一部の操作ボタンのバックライトを点灯させた状態を示す図、(C)はキッズモードに切り換えて運転/停止の操作ボタンのバックライトを点灯させた状態を示す図である。
【0011】図3は本発明によるリモートコントロール装置をシルバーモードに切り換えた状態を示す説明図で、(A)は操作時に有効な操作ボタンのバックライトが点灯している状態を示す図、(B)は操作が終了し所定時間を経た時に操作ボタンのバックライトが消灯した状態を示す図である。
【0012】図4は本発明によるリモートコントロール装置をシルバーモードに切り換えた状態を示す説明図で、(A)はバックライトが点灯している操作ボタンの操作中に液晶表示部のバックライトが青色に点灯している状態を示す図、(B)はバックライトが点灯していない操作ボタンの操作中に液晶表示部のバックライトが赤色に点灯し、操作不可の表示をしている状態をを示す図、(C)は外気温度と設定温度との差異が大きい時に液晶表示部のバックライトが黄色に点灯している状態を示す図である。
【0013】図5は本発明によるリモートコントロール装置をシルバーモードに切り換えた状態を示す説明図で、(A)は操作時に液晶表示部のバックライトが点灯している状態を示す図、(B)は操作が終了し所定時間を経た時に液晶表示部のバックライトが消灯した状態を示す図である。
【0014】次に、これらの添付図に基づいて、本発明によるリモートコントロール装置の構成について説明する。
【0015】空気調和機に使用される本発明によるリモートコントロール装置は、図1(A)で示すように、表面側に、機器の運転情報を表示する液晶表示部1に複数色で点灯表示可能なバックライトを備えると共に、運転情報を入力操作するための操作部2を構成する複数の操作ボタン2a乃至2gの内部にバックライトを夫々備え、図1(B)で示すように、背面側に、老人や子供または一般のユーザが操作するのに対応して、前記複数の操作ボタン2のうち一部を操作可能とするシルバーモードまたはキッズモードからなる特定モードと、全部を操作可能とする通常モードとに切り換えるユーザモード切換部3を備えた構成となっている。
【0016】前記液晶表示部1は、自動運転や暖房/冷房運転などの運転内容や、被空調室を空気調和したい温度に設定した設定温度や、吹出口から送出する風量などの運転情報を表示して使用者に知らせるため、視認しやすいようにリモートコントロール装置の前部寄りに設けられており、複数色で点灯表示可能なバックライトを備えることによって表示内容を容易に、且つ正確に視認できるようにした構成となっている。
【0017】前記操作部2は、空気調和機を運転または停止するための運転/停止ボタン2aと、タイマを設定するためのタイマボタン2bと、運転内容を自動運転や暖房/冷房運転などに切り換えるための運転切換ボタン2cと、吹出口から送出される風量を風量切り換えるための切換ボタン2dと、被空調室を空気調和したい温度に設定するための温度設定ボタン2eと、時間設定をするための時間設定ボタン2fおよび2gからなり、操作しやすいようにリモートコントロール装置の後部寄りに設けられており、点灯表示可能なバックライトを備えることによって操作可能なものを容易に、且つ正確に視認できるようにした構成となっている。
【0018】前記ユーザモード切換部3は、一般のユーザが全機能を使いこなすための操作ができるようにするのに対応して、前記複数の操作ボタン2の全部を操作可能にする通常モードaや、もしくは、老人や子供のユーザが操作するのに対応して、前記複数の操作ボタン2のうち一部を操作可能とするシルバーモードbまたはキッズモードcからなる特定モードに切り換えできるようになっており、設定されたこれらの操作モードが知らぬ間に簡単に切り換わってしまわないようにするため、乾電池6および同乾電池6が収容される電池収容部5からなる電源部を着脱自在にカバーするための電源カバー4の裏面側に設けられて、手指などが不用意に触れてしまうことがないようにした構成となっている。
【0019】なお、前記電源カバー4は、図1(B)で示す矢印Aのようにスライドさせて、前記電池収容部5および前記ユーザモード切換部3を正確にカバーできるようになっている。
【0020】以上の構成において、次にその動作について説明する。前記ユーザモード切換部3によって操作モードを切り換えた際、図2(A)で示す通常モードでは、操作可能な前記操作ボタン2a乃至2g全部のバックライトを点灯させるようになっている。
【0021】また、図2(B)で示すシルバーモードでは、前記操作部2のうち前記運転/停止ボタン2aと、前記切換ボタン2dと、前記温度設定ボタン2eとが操作可能な操作ボタンとしてバックライトを点灯させるようにしている。
【0022】また、図2(C)で示すキッズモードでは、前記操作部2のうち前記運転/停止ボタン2aが操作可能な操作ボタンとしてバックライトを点灯させるようにし、これらによって、操作可能な操作ボタンを容易に視認して正確に判別できるようになり、老人や子供のユーザにとっても使い勝手がよくなると共に、誤操作を防止できるようにしている。
【0023】また、操作可能な操作ボタンのバックライトは、例えば図3(A)および図3(B)で示すように、前記操作部2のうち前記運転/停止ボタン2a、前記切換ボタン2dおよび前記温度設定ボタン2eの操作中および操作終了時から所定の時間、例えば約5秒間が経過するまでは点灯させるようになっており、これによって、前記乾電池6の無駄な消耗を防ぐことができるようになり、また、前記切換ボタン2dなどを誤操作してしまったことに気付いた時には、約5秒間が経過するまでは操作可能な操作ボタンのバックライトが点灯しているので、再度正確に操作し直すことができるので便利である。
【0024】また、操作可能な前記操作ボタンの操作中は、図4(A)で示すように、前記液晶表示部1のバックライトを所定の色、例えば青色に点灯させるようにしているので、操作可能な前記操作ボタンを操作して設定された運転情報を、判別しやすく表示された前記液晶表示部1によって容易に視認できる。
【0025】また、操作不能な前記操作ボタンの操作中は、図4(B)で示すように、前記液晶表示部1のバックライトを前記所定の色と異なる特定の色、例えば赤色に点灯させると共に、同液晶表示部1に「操作不可」を示す表示をする構成となっているので、操作不能な異常状態であることを即座に、且つ効果的にユーザに気付かせることができる。
【0026】また、操作不能な前記操作ボタンの操作中であって、外気温度と設定温度との差異が所定値よりも大きい場合、または、外気温度よりも高い温度での暖房運転のような不適切な操作をした場合には、図4(C)で示すように、前記液晶表示部1のバックライトを前記所定の色(青色)および前記特定の色(赤色)と異なる他の色、例えば黄色に点灯させるようにした構成となっているので、不適切な操作中であることを効果的にユーザに気付かせて警告できるようになる。
【0027】更に、前記液晶表示部1のバックライトは、例えば図5(A)および図5(B)で示すように、操作可能な前記操作ボタンのうち前記運転/停止ボタン2a、前記切換ボタン2dおよび前記温度設定ボタン2eの操作中および操作終了時から所定の時間、例えば約5秒間が経過するまで点灯させるようにしており、これによって、前記乾電池6の無駄な消耗を防ぐことができるようになり、また、前記切換ボタン2dなどを誤操作してしまったことに気付いた時には、約5秒間が経過するまでは前記液晶表示部1のバックライトが点灯しているので、視認しながら再度操作し直すことができるので便利である。
【0028】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によると、使い慣れない老人や子供でも使いやすくすると共に誤操作を防止できるようにした空気調和機等の機器に使用されるリモートコントロール装置となる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013