米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 大阪瓦斯株式会社

発明の名称 通信方法、通信システム、中央装置及びコンピュータプログラム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−296240(P2003−296240A)
公開日 平成15年10月17日(2003.10.17)
出願番号 特願2002−339961(P2002−339961)
出願日 平成14年11月22日(2002.11.22)
代理人 【識別番号】100078868
【弁理士】
【氏名又は名称】河野 登夫
発明者 綾部 雅之 / 田村 至 / 内堀 保治 / 岡本 明 / 柴田 広之 / 伊津野 貴彦
要約 課題
インターネット等の通信網に接続するウェブサーバコンピュータを用いた中央装置により、端末装置間での送受信される送信情報を中継するサービスを提供する場合に、中央装置の記録容量不足によるサービス停止及び容量増加に伴う費用の発生等の諸問題を解消する通信方法、通信システム、中央装置及びコンピュータプログラムを提供する。

解決手段
公開型サーバコンピュータ(anonymous FTPサーバコンピュータ)等の通信網NWに接続し利用者を特定しない公開型の記録装置20のIPアドレス並びにID及びパスワード等の通信条件情報を予め中央装置10に記録しておき、中央装置10が備えるRAID等の第2記録手段14の空き容量が所定値以下である場合に、記録装置20に送信情報を記録させる。
特許請求の範囲
【請求項1】 情報を記録する記録手段を有する中央装置並びに該中央装置と通信網を介して接続する第1及び第2端末装置を用い、前記第1端末装置は、前記中央装置へ送信情報を送信し、前記中央装置は、受信した送信情報を記録し、該送信情報を前記第2端末装置へ送信する通信方法において、前記中央装置は、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、前記記録手段の空き容量を検出し、検出した空き容量が所定値以下であるときに、前記通信網に接続している記録装置に送信情報を記録させることを特徴とする通信方法。
【請求項2】 情報を記録する記録手段を有する中央装置並びに該中央装置と通信網を介して接続する第1及び第2端末装置を備え、前記第1端末装置は、前記中央装置へ送信情報を送信し、前記中央装置は、受信した送信情報を記録し、該送信情報を前記第2端末装置へ送信する通信システムにおいて、前記通信網に接続し、情報を記録する記録装置を備え、前記中央装置は、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、前記記録手段の記録状況を検出する手段と、検出した記録状況が所定の条件を満足するときに、送信情報を前記記録装置へ送信する送信手段とを備え、前記記録装置は、受信した送信情報を記録する手段を備え、前記第2端末装置は、送信情報の送信を要求する第1送信要求を、前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、更に、受信した第1送信要求に基づいて、前記記録装置に記録している送信情報の送信を要求する第2送信要求を前記記録装置へ送信する手段を備え、前記記録装置は、更に、受信した第2送信要求に基づいて、記録している送信情報を前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、更に、受信した送信情報を、前記第2端末装置へ送信する手段を備えることを特徴とする通信システム。
【請求項3】 情報を記録する記録手段を有する中央装置並びに該中央装置と通信網を介して接続する第1及び第2端末装置を備え、前記第1端末装置は、前記中央装置へ送信情報を送信し、前記中央装置は、受信した送信情報を記録し、該送信情報を前記第2端末装置へ送信する通信システムにおいて、前記通信網に接続し、情報を記録する記録装置を備え、前記第1端末装置は、送信情報及び該送信情報の送信先となる前記第2端末装置を示す送信先情報を、前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、前記記録装置との通信に要する通信条件情報を記録する手段と、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、前記記録手段の空き容量を検出する手段と、検出した空き容量が所定値以下であるときに、記録している通信条件情報に基づいて、送信情報を記録させるべく前記記録装置へ送信する送信手段と、前記記録装置に記録された送信情報にアクセスするインターフェースを指示する指示情報を、記録手段内に割り当てる手段と、割り当てた指示情報を含み送信情報を記録したことを通知する通知情報を、送信先情報により示される前記第2端末装置へ送信する手段とを備え、前記記録装置は、受信した送信情報を記録する手段を備え、前記第2端末装置は、受信した通知情報に含まれる指示情報に基づいて、送信情報の送信を要求する第1送信要求を、前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、更に、受信した第1送信要求に基づき、前記記録装置にアクセスして送信情報の送信を要求する第2送信要求を前記記録装置へ送信する手段を備え、前記記録装置は、更に、受信した第2送信要求に基づいて、記録している送信情報を前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、更に、受信した送信情報を、前記第2端末装置へ送信する手段を備えることを特徴とする通信システム。
【請求項4】 前記中央装置は、暗号化及び復号化に用いる暗号鍵を記録する手段と、記録している暗号鍵を用いて送信情報を暗号化する手段と、記録している暗号鍵を用いて暗号化された送信情報を復号化する手段とを備え、前記送信手段は、暗号化された送信情報を、前記記録装置に記録させる送信情報として送信すべくなしてあることを特徴とする請求項2又は請求項3に記載の通信システム。
【請求項5】 複数の前記記録装置を備え、前記中央装置は、各記録装置との通信状況を検出する手段と、検出した各記録装置との通信状況に基づいて優先順位を決定する手段と、決定した優先順位に基づいて送信情報を送信する記録装置を決定する手段とを備えることを特徴とする請求項2乃至請求項4のいずれかに記載の通信システム。
【請求項6】 前記中央装置は、検出した通信状況が所定の条件を満足する前記記録装置の有無を判定する手段と、所定の条件を満足すると判定した記録装置への送信情報の送信を禁止する手段とを備えることを特徴とする請求項5に記載の通信システム。
【請求項7】 通信網を介して端末装置と接続し、第1端末装置から受信した送信情報を記録手段に記録し、該記録手段に記録した送信情報を第2端末装置へ送信する中央装置において、前記通信網に接続して情報を記録する記録装置との通信に要する通信条件情報を記録する手段と、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、記録手段の記録状況を検出する手段と、検出した記録状況が所定の条件を満足するときに、記録している通信条件情報に基づいて、送信情報を記録させるべく前記記録装置へ送信する手段と、前記第2端末装置から送信情報の送信を要求する第1送信要求を受信する手段と、受信した第1送信要求に基づいて、前記記録装置に記録している送信情報の送信を要求する第2送信要求を前記記録装置へ送信する手段と、前記記録装置から第2送信要求に対する送信情報を受信する手段と、受信した送信情報を、前記第2端末装置へ送信する手段とを備えることを特徴とする中央装置。
【請求項8】 通信網を介して端末装置と通信する通信手段及び情報を記録する記録手段を有するコンピュータに、第1端末装置から受信した送信情報の記録及び記録した送信情報の第2端末装置への送信をさせるコンピュータプログラムにおいて、コンピュータに、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、記録手段の記録状況を検出させる手順と、コンピュータに、検出した記録状況が所定の条件を満足するときに、前記通信網に接続して情報を記録する記録装置に送信情報を記録させるべく、送信情報を前記記録装置へ送信させる手順と、コンピュータに、前記第2端末装置から送信情報の送信を要求する第1送信要求を受信した場合に、受信した第1送信要求に基づいて、前記記録装置に記録している送信情報の送信を要求する第2送信要求を前記記録装置へ送信させる手順と、コンピュータに、前記記録装置から第2送信要求に対する送信情報を受信したときに、受信した送信情報を、前記第2端末装置へ送信させる手順とを含むことを特徴とするコンピュータプログラム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、中央装置を介して送信情報の送受信を行う通信方法、その方法を適用した通信システム、そのシステムにて用いられる中央装置、及びその装置を実現するためのコンピュータプログラムに関し、特に中央装置の記録容量不足を補填する通信方法、通信システム、中央装置及びコンピュータプログラムに関する。
【0002】
【従来の技術】インターネット等の通信網を介して送信情報を送信する方法として、電子メールに送信情報を添付するという通信方法が広く普及している。しかしファイルサイズの大きな送信情報を送信する場合、送信相手のメールサーバコンピュータの設定によっては、受信を拒否される場合がある。
【0003】そこで本願出願人は、ウェブサーバコンピュータ等の中央装置を用いて送信情報を中継することにより、これらの問題を解決する通信方法を実施している。本願出願人が実施している通信方法とは、送信情報の送信元の装置から送信情報及び送信先の装置を示すメールアドレスを中央装置へ送信し、中央装置では受信した送信情報をRAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks) 等の記録手段に記録し、受信したメールアドレスにより示される送信先の装置へ、送信情報を記録したことを通知する通知情報を送信し、送信先の装置では受信した通知情報に基づき中央装置にアクセスして送信情報を受信するという方法である。
【0004】なお送信者から受信者へ送信すべき関連情報(送信情報)を電子メール装置に蓄えさせると共に送信者から受信者へ関連情報識別子を送信し、受信者が関連情報識別子を指定することにより電子メール装置に蓄えられている関連情報を受信することができるという技術が開示されている(例えば、特許文献1参照。)。
【0005】
【特許文献1】特開平5−14405号公報【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら従来の通信方法では、送信情報の大型化及び利用機会の増加等の要因により、中央装置が備える記録手段に記録すべき送信情報の総量が増大し、記録手段の容量を超える虞がある場合、送信情報を中継するサービスを行えないという問題があり、この問題を解決すべく記録手段の容量を増加させるためには、相当の費用及び作業量が必要となるという問題に繋がる。
【0007】本発明は斯かる事情に鑑みてなされたものであり、公開型サーバコンピュータ(anonymous FTPサーバコンピュータ)等の通信網に接続し利用者を特定しない公開型の記録装置のIPアドレス並びにID及びパスワード等の通信条件情報を予め記録しておき、記録手段の空き容量が所定値以下となった場合に、記録装置に送信情報を記録させることにより、費用及び作業量の問題を発生させることなく記録手段の容量不足に基づく問題を解消することが可能な通信方法、その方法を適用した通信システム、そのシステムにて用いられる中央装置、及びその装置を実現するためのコンピュータプログラムの提供を目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】第1発明に係る通信方法は、情報を記録する記録手段を有する中央装置並びに該中央装置と通信網を介して接続する第1及び第2端末装置を用い、前記第1端末装置は、前記中央装置へ送信情報を送信し、前記中央装置は、受信した送信情報を記録し、該送信情報を前記第2端末装置へ送信する通信方法において、前記中央装置は、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、前記記録手段の空き容量を検出し、検出した空き容量が所定値以下であるときに、前記通信網に接続している記録装置に送信情報を記録させることを特徴とする。
【0009】第1発明に係る通信方法では、ウェブサーバコンピュータ等の中央装置が備えるRAID等の記録手段の空き容量が所定値以下である場合に、インターネット等の通信網に接続する公開型サーバコンピュータ等の利用者を特定しない記録装置に送信情報を記録することにより、記録手段の容量不足に基づく問題を解消することが可能で、しかも記録手段の容量を増加させる必要がないため、増設に伴う費用及び作業量が不要であり、更には送信情報を中継するサービスを開始する場合に中央装置に対する出資を抑制することが可能である。
【0010】第2発明に係る通信システムは、情報を記録する記録手段を有する中央装置並びに該中央装置と通信網を介して接続する第1及び第2端末装置を備え、前記第1端末装置は、前記中央装置へ送信情報を送信し、前記中央装置は、受信した送信情報を記録し、該送信情報を前記第2端末装置へ送信する通信システムにおいて、前記通信網に接続し、情報を記録する記録装置を備え、前記中央装置は、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、前記記録手段の記録状況を検出する手段と、検出した記録状況が所定の条件を満足するときに、送信情報を前記記録装置へ送信する送信手段とを備え、前記記録装置は、受信した送信情報を記録する手段を備え、前記第2端末装置は、送信情報の送信を要求する第1送信要求を、前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、更に、受信した第1送信要求に基づいて、前記記録装置に記録している送信情報の送信を要求する第2送信要求を前記記録装置へ送信する手段を備え、前記記録装置は、更に、受信した第2送信要求に基づいて、記録している送信情報を前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、更に、受信した送信情報を、前記第2端末装置へ送信する手段を備えることを特徴とする。
【0011】第2発明に係る通信システムでは、ウェブサーバコンピュータ等の中央装置が備えるRAID等の記録手段の空き容量が所定値以下である場合に、通信網に接続する利用者を特定しない公開型サーバコンピュータ等の記録装置に送信情報を記録することにより、記録手段の容量不足に基づく問題を解消することが可能で、しかも記録手段の容量を増加させる必要がないため、増設に伴う費用及び作業量が不要であり、更には送信情報を中継するサービスを開始する場合に中央装置に対する出資を抑制することが可能である。
【0012】第3発明に係る通信システムは、情報を記録する記録手段を有する中央装置並びに該中央装置と通信網を介して接続する第1及び第2端末装置を備え、前記第1端末装置は、前記中央装置へ送信情報を送信し、前記中央装置は、受信した送信情報を記録し、該送信情報を前記第2端末装置へ送信する通信システムにおいて、前記通信網に接続し、情報を記録する記録装置を備え、前記第1端末装置は、送信情報及び該送信情報の送信先となる前記第2端末装置を示す送信先情報を、前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、前記記録装置との通信に要する通信条件情報を記録する手段と、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、前記記録手段の空き容量を検出する手段と、検出した空き容量が所定値以下であるときに、記録している通信条件情報に基づいて、送信情報を記録させるべく前記記録装置へ送信する送信手段と、前記記録装置に記録された送信情報にアクセスするインターフェースを指示する指示情報を、記録手段内に割り当てる手段と、割り当てた指示情報を含み送信情報を記録したことを通知する通知情報を、送信先情報により示される前記第2端末装置へ送信する手段とを備え、前記記録装置は、受信した送信情報を記録する手段を備え、前記第2端末装置は、受信した通知情報に含まれる指示情報に基づいて、送信情報の送信を要求する第1送信要求を、前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、更に、受信した第1送信要求に基づき、前記記録装置にアクセスして送信情報の送信を要求する第2送信要求を前記記録装置へ送信する手段を備え、前記記録装置は、更に、受信した第2送信要求に基づいて、記録している送信情報を前記中央装置へ送信する手段を備え、前記中央装置は、更に、受信した送信情報を、前記第2端末装置へ送信する手段を備えることを特徴とする。
【0013】第3発明に係る通信システムでは、通信網に接続する利用者を特定しない公開型の記録装置のIPアドレス並びにID及びパスワード等の通信条件情報を予め中央装置に記録しておき、中央装置では、記録手段の空き容量が所定値以下となった場合に、記録装置に送信情報を記録させて、記録させた送信情報にアクセスするためのインターフェースを起動させるためのURL等の指示情報を第2端末装置へ電子メール等の方法にて通知し、第2端末装置からの指示情報に基づくアクセスに対して記録装置に記録させた送信情報を要求して、第2端末装置へ送信することにより、記録手段の容量不足に基づく問題を解消することが可能で、しかも記録手段の容量を増加させる必要がないため、増設に伴う費用及び作業量が不要であり、更には送信情報を中継するサービスを開始する場合に中央装置に対する出資を抑制することが可能である。
【0014】第4発明に係る通信システムは、第2発明又は第3発明において、前記中央装置は、暗号化及び復号化に用いる暗号鍵を記録する手段と、記録している暗号鍵を用いて送信情報を暗号化する手段と、記録している暗号鍵を用いて暗号化された送信情報を復号化する手段とを備え、前記送信手段は、暗号化された送信情報を、前記記録装置に記録させる送信情報として送信すべくなしてあることを特徴とする。
【0015】第4発明に係る通信システムでは、送信情報を暗号化した上で記録装置に記録することにより、公開型の記録装置の使用による安全性の低下を防止することが可能である。
【0016】第5発明に係る通信システムは、第2発明乃至第4発明のいずれかにおいて、複数の前記記録装置を備え、前記中央装置は、各記録装置との通信状況を検出する手段と、検出した各記録装置との通信状況に基づいて優先順位を決定する手段と、決定した優先順位に基づいて送信情報を送信する記録装置を決定する手段とを備えることを特徴とする。
【0017】第5発明に係る通信システムでは、中央装置及び各記録装置間の通信速度等の通信状況に基づき、例えば応答時間が最も短い記録装置を送信情報の送信先として決定することにより、中央装置が受信した送信情報を速やかに記録装置へ送信することができるので、記録装置へ送信すべき送信情報の記録のために要する中央装置の記録領域を速やかに開放することが可能であり、しかも通信状況が不安定な記録装置へ送信情報を送信することにより発生する送信情報の喪失等の事故を防止することが可能である。
【0018】第6発明に係る通信システムは、第5発明において、前記中央装置は、検出した通信状況が所定の条件を満足する前記記録装置の有無を判定する手段と、所定の条件を満足すると判定した記録装置への送信情報の送信を禁止する手段とを備えることを特徴とする。
【0019】第6発明に係る通信システムでは、応答時間が所定値以上及び応答時間を検出するパケットの喪失等の通信が不安定又は不能であることを示す所定条件を満足する記録装置への送信情報の送信を禁止することにより、通信状況が不安定な記録装置へ送信情報を送信することにより発生する送信情報の喪失等の事故を防止することが可能である。
【0020】第7発明に係る中央装置は、通信網を介して端末装置と接続し、第1端末装置から受信した送信情報を記録手段に記録し、該記録手段に記録した送信情報を第2端末装置へ送信する中央装置において、前記通信網に接続して情報を記録する記録装置との通信に要する通信条件情報を記録する手段と、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、記録手段の記録状況を検出する手段と、検出した記録状況が所定の条件を満足するときに、記録している通信条件情報に基づいて、送信情報を記録させるべく前記記録装置へ送信する手段と、前記第2端末装置から送信情報の送信を要求する第1送信要求を受信する手段と、受信した第1送信要求に基づいて、前記記録装置に記録している送信情報の送信を要求する第2送信要求を前記記録装置へ送信する手段と、前記記録装置から第2送信要求に対する送信情報を受信する手段と、受信した送信情報を、前記第2端末装置へ送信する手段とを備えることを特徴とする。
【0021】第7発明に係る中央装置では、インターネット等の通信網に接続する公開型サーバコンピュータ等の利用者を特定しない記録装置のIPアドレス並びにID及びパスワード等の通信条件情報を予め記録しておき、RAID等の記録手段の空き容量が所定値以下である場合に、記録装置に送信情報を記録することにより、記録手段の容量不足に基づく問題を解消することが可能で、しかも記録手段の容量を増加させる必要がないため、増設に伴う費用及び作業量が不要であり、更には送信情報を中継するサービスを開始する場合に中央装置に対する出資を抑制することが可能である。
【0022】第8発明に係るコンピュータプログラムは、通信網を介して端末装置と通信する通信手段及び情報を記録する記録手段を有するコンピュータに、第1端末装置から受信した送信情報の記録及び記録した送信情報の第2端末装置への送信をさせるコンピュータプログラムにおいて、コンピュータに、前記第1端末装置から送信情報を受信した場合に、記録手段の記録状況を検出させる手順と、コンピュータに、検出した記録状況が所定の条件を満足するときに、前記通信網に接続して情報を記録する記録装置に送信情報を記録させるべく、送信情報を前記記録装置へ送信させる手順と、コンピュータに、前記第2端末装置から送信情報の送信を要求する第1送信要求を受信した場合に、受信した第1送信要求に基づいて、前記記録装置に記録している送信情報の送信を要求する第2送信要求を前記記録装置へ送信させる手順と、コンピュータに、前記記録装置から第2送信要求に対する送信情報を受信したときに、受信した送信情報を、前記第2端末装置へ送信させる手順とを含むことを特徴とする。
【0023】第8発明に係るコンピュータプログラムでは、インターネット等の通信網に接続するウェブサーバコンピュータ等のコンピュータにて実行することで、コンピュータが中央装置として動作するので、RAID等の記録手段の空き容量が所定値以下である場合に、通信網に接続する公開型サーバコンピュータ等の利用者を特定しない記録装置に送信情報を記録することにより、記録手段の容量不足に基づく問題を解消することが可能で、しかも記録手段の容量を増加させる必要がないため、増設に伴う費用及び作業量が不要であり、更には送信情報を中継するサービスを開始する場合に中央装置に対する出資を抑制することが可能である。
【0024】
【発明の実施の形態】以下、本発明をその実施の形態を示す図面に基づいて詳述する。図1は本発明の通信システムを概念的に示す説明図である。図1中10はウェブサーバコンピュータを用いた本発明の中央装置であり、中央装置10は、インターネット等の通信網NWに接続しており、通信網NWには、公開型サーバコンピュータ(anonymous FTPサーバコンピュータ)等の利用者を特定しない複数の記録装置20,20,…及びパーソナルコンピュータを用いた第1端末装置30及び第2端末装置40等の端末装置が接続されている。そして中央装置10は、通信網NWを介して、第1端末装置30から第2端末装置40へ送信される送信情報を中継するサービスを提供している。
【0025】図2は本発明の通信システムの構成を示すブロック図である。中央装置10は、本発明の中央装置用のコンピュータプログラムPG等の各種情報を記録したCD−ROM等の記録媒体RECから各種情報を読み取るCD−ROMドライブ等の補助記憶手段12、補助記憶手段12により読み取った各種情報を記録するハードディスク等の第1記録手段13を備えている。そして第1記録手段13から本発明のコンピュータプログラムPG等の各種情報を読み取り、情報を一時的に記憶するRAM15に記憶させてCPU11により実行することで、ウェブサーバコンピュータは、本発明の中央装置10として動作する。さらに中央装置10は、第1端末装置30から第2端末装置40へ送信される送信情報を記録するRAID等の第2記録手段14及び通信網NWに接続する通信手段16を備えている。なお第1記録手段13及び第2記録手段14は、必ずしも異なる記録手段である必要はなく、一つの記録手段を第1記録手段13及び第2記録手段14として用いてもよい。
【0026】また第1記録手段13には、各記録装置20,20,…を利用するための通信条件を示す通信条件情報10a並びに送信情報の暗号化及び復号化に用いる暗号鍵10b等の各記録装置20,20,…との通信時に用いる各種情報、更に各記録装置20,20,…との通信状況を記録する通信状況テーブル(通信状況TB)10cが記録されている。なお通信条件情報10aとは、通信網NW上で記録装置20を特定するためのIPアドレス並びに記録装置20にアクセスするためのID及びパスワード等の情報であり、第1記録手段13内には、通信網NW上に位置する複数の記録装置20,20,…の夫々についてのIPアドレス並びにID及びパスワード等の通信条件情報10aがテーブルとして記録されている。通信状況テーブル10cは、中央装置10及び各記録装置20,20,…間の通信速度等の通信状況を記録するテーブルであり、通信速度以外にも各記録装置20,20,…の記録領域の空き容量等の記録装置20,20,…に関し時間と共に変化する情報が記録されている。
【0027】さらに第1記録手段13には、HTML等のページ記述言語で記述され、送信情報を中継するサービスを提供する中継ウェブページが記録されており、中継ウェブページにより通信網NW上で通信サービスを提供する。
【0028】記録装置20は、装置全体を制御するCPU21、各種プログラム及びデータを記録するRAID及びハードディスク等の記録手段22、RAM23、並びに通信手段24を備えており、記録手段22には、通信網NWに接続する他の装置から送信された各種情報を記録するための記録領域が確保されている。
【0029】第1端末装置30は、CPU31、ハードディスク等の記録手段32、RAM33、通信手段34、マウス及びキーボード等の入力手段35、並びにモニタ及びプリンタ等の出力手段36を備え、記録手段32には、ページ記述言語にて記述されたウェブページを閲覧する閲覧用ソフトウェアプログラム(以下、ブラウザという)及び電子メール送受信用ソフトウェアプログラム(以下メーラという)等の各種ソフトウェアプログラムが記録されている。
【0030】第2端末装置40は、CPU41、記録手段42、RAM43、通信手段44、入力手段45、及び出力手段46を備えている。
【0031】次に本発明の通信システムにて用いられる各種装置の夫々の処理を説明する。図3は本発明の通信システムにて用いられる中央装置10の通信状況更新処理を示すフローチャートである。中央装置10では、各記録装置20,20,…との通信状況を検出し(S101)、検出した通信状況を通信状況テーブル10cに記録する(S102)。通信状況の検出は、1分等の所定間隔で行われるため、通信状況テーブル10cに記録されている通信状況は1分毎に最新の状況に更新されることになる。通信状況の検出は、例えば応答速度を検出する「ping」等のコマンドを用いて各記録装置20,20,…の応答速度を検出することにより行われる。また通信状況テーブル10cに各記録装置20,20,…の記録領域の空き容量についての状況も記録されている場合、同様の処理により空き容量を検出し、通信状況テーブル10cを更新する処理がなされる。なおこの通信状況更新処理は、以降に説明する送信情報送受信処理と並行して実行される。
【0032】図4乃至図6は本発明の通信システムにて用いられる中央装置10、記録装置20、第1端末装置30及び第2端末装置40の送信情報送受信処理を示すフローチャートである。第2端末装置40へ送信情報を送信することを所望する第1端末装置30を操作する第1操作者は、第1端末装置30を操作し、ブラウザを起動させて第1端末装置30を通信網NWに接続し、中央装置10に記録されている中継ウェブページにアクセスする。
【0033】第1端末装置30では、中継ウェブページを受信し(S201)、受信した中継ウェブページを出力する(S202)。そして第1操作者は、予め記録手段32に記録している送信情報を指定する入力及び送信先となる第2端末装置40を示すメールアドレス等の送信先情報の入力を行う。第1端末装置30では、送信情報を指定する指定入力及び送信先情報の入力を受け付け(S203)、受け付けた指定入力により指定される送信情報及び送信先情報を、SSL等の暗号通信プロトコルに基づく暗号通信により、中央装置10へ送信する(S204)。
【0034】図7は本発明の第1端末装置30から出力される画像を示す説明図である。図7は、ステップS202にて出力される中継ウェブページを示しており、上方にはお届け先として、第2端末装置40のメールアドレスである送信先情報及び氏名を入力する欄が示されており、下方にはご依頼主として第1端末装置30のメールアドレス、会社、氏名、電話番号、及び伝言文等の各種情報を入力する欄、並びに送信情報を指定する入力を行う欄である品名(ファイル)と表示された欄が示されている。図7の上方に示すように、複数の送信先(お届け先)を送信情報の送信先として指定することが可能である。また図7の下方に示される送信情報の指定には、送信情報の記録位置を示すパスが用いられる。
【0035】フローチャートに戻り、中央装置10では、送信情報及び送信先情報を受信し(S205)、第2記録手段14の記録状況の検出、具体的には第2記録手段14の空き容量を検出する(S206)。第2記録手段14の記録状況が所定の条件を満足する場合、具体的には第2記録手段14の空き容量が予め設定している所定値以下である場合(S207:YES)、通信状況テーブル10cに記録されている通信状況を読み取り(S208)、通信状況更新処理におけるステップS101にて検出しステップS208にて読み取った通信状況に基づいて、通信状況が所定の条件を満足する記録装置20,20,…の有無を判定し(S209)、所定の条件を満足する記録装置20,20,…に対する送信情報の送信処理を禁止する処理を行う(S210)。ステップS209にて判定する所定の条件とは、応答時間が所定値以上及び応答時間を検出するパケットの喪失等の通信が不安定又は不能であることを示す条件であり、ステップS210に送信処理を禁止する処理とは、条件を満足する記録装置20,20,…に対して通信状況テーブル10cに送信を禁止することを意味するフラグを記録する処理である。
【0036】そして中央装置10では、通信状況更新処理におけるステップS101にて検出しステップS208にて通信状況テーブル10cから読み取った通信状況に基づいて、各記録装置20,20,…の優先順位を決定し(S211)、決定した優先順位に基づいて送信情報を送信する記録装置20を決定する(S212)。ステップS211における優先順位の決定とは、通信状況テーブル10cに記録されている情報を応答時間及び空き容量等の情報をキーとして並べ替えを行う処理であり、このときステップS210にて送信処理を禁止するフラグが示されている記録装置20,20,…は優先順位の決定から除外される。このように所定の条件を満足する記録装置20,20,…への送信情報の記録を禁止し、また応答時間に基づいて優先順位を決定することにより、利用者を特定しない公開型のサーバコンピュータを安全に活用することが可能となる。
【0037】そして中央装置10では、ステップS205にて受信した送信情報を、第1記録手段13に記録してある暗号鍵10bを用いて暗号化し(S213)、暗号化された送信情報を記録させるべく、第1記録手段13に記録してある通信条件情報10aに基づいて、記録装置20へ送信する(S214)。なおステップS207において、第2記録手段14の空き容量が予め設定している所定値より大きい場合(ステップS207:NO)、第2記録手段14に送信情報を記録し、送信情報を記録したことを通知する通知情報を第2端末装置40へ送信して、第2送信装置40からの要求に対して第2記録手段14に記録した送信情報を送信する従来の技術における通信方法と同様の処理がなされる(S215)。
【0038】記録装置20では、暗号化された送信情報を受信し(S216)、受信した送信情報を記録手段22に記録する(S217)。
【0039】また中央装置10では、記録装置20に記録された送信情報にアクセスするためのインターフェースを指示する指示情報を、第2記録手段14内に割り当て(S218)、割り当てた指示情報を含み送信情報を記録したことを通知する通知情報を、送信先情報により示される第2端末装置40へ、電子メール等の通信方法により送信する(S219)。なおインターフェースを指示する指示情報とは、通信網NW上での記録位置を指示し乱数を用いて生成されたURLであり、URLにより指示された記録位置にアクセスすることにより、インターフェースが起動し、送信情報にアクセスすることが可能となる。
【0040】第2端末装置40では、メーラにより通知情報を受信し(S220)、受信した通知情報を出力する(S221)。
【0041】図8は本発明の第2端末装置40から出力される画像を示す説明図である。図8は、ステップS220にて出力される通知情報を示しており、送信者として送信情報の送信元である第1端末装置30を示すメールアドレス、会社、TEL(電話番号)、伝言文、及び送信情報を削除する日時(お預かり期間)等の各種情報、並びに指示情報が示されている。
【0042】第2端末装置40を操作する第2操作者は、出力された通知情報により、送信情報が記録されていることを認識し、通知情報に含まれている指示情報に基づいて、送信情報の送信を要求する第1送信要求を送信する入力、即ち指示情報であるURLにアクセスする入力を行う。フローチャートに戻り、第2端末装置40は、第1送信要求を送信する入力を受け付け(S222)、第1送信要求を中央装置10へ送信する(S223)。
【0043】中央装置10では、第1送信要求を受信し(S224)、受信した第1送信要求に基づいて、インターフェースが起動し、記録装置20にアクセスして送信情報の送信を要求する第2送信要求を記録装置20へ送信する(S225)。なお第2送信要求を記録装置20へ送信する前に、第2端末装置40には、確認のための画像が表示される。
【0044】図9は本発明の第2端末装置40から出力される画像を示す説明図である。図9は、第2送信要求を送信する確認のための画像を示しており、上方にはお届け先として第2端末装置40を示すメールアドレス、並びに送信情報を記録した日時及び送信情報を削除する日時が示されている。さらにその下方に、品名として送信情報の名称、アイコンとして送信情報の名称に含まれる拡張子から判断される種類を示す画像、及びサイズとして送信情報の容量が示されている。なお図9に示す例では、上方のご依頼主の欄に、メールアドレスだけが示されているが、図7に示す中継ウェブページにおいて、会社、氏名、電話番号、及び伝言文等の情報が入力されている場合、それらの情報も表示される。
【0045】フローチャートに戻り、記録装置20では、第2送信要求を受信し(S226)、受信した第2送信要求に基づいて、記録している暗号化された送信情報を中央装置10へ送信する(S227)。
【0046】中央装置10では、暗号化された送信情報を受信し(S228)、受信した暗号化された送信情報を、第1記録手段13に記録してある暗号鍵10bを用いて復号化し(S229)、復号化した送信情報を、SSL等の暗号通信プロトコルに基づく暗号通信により、第2端末装置40へ送信する(S230)。
【0047】第2端末装置40では、送信情報を受信し(S231)、受信した送信情報を出力する(S232)。そして第2操作者は、出力された送信情報を確認する。
【0048】前記実施の形態では、記録装置として利用者を特定しない公開型サーバコンピュータ(anonymous FTPサーバコンピュータ)を用いる形態を示したが、本発明はこれに限らず、予め利用契約を締結しているFTPサーバコンピュータを記録装置として用いる形態でもよい。
【0049】また前記実施の形態では、通信状況更新処理を、送信情報送受信処理と並行して実行する形態を示したが、本発明はこれに限らず、送信情報を記録装置へ送信する都度、各記録装置との通信状況を検出し、送信情報を送信すべき記録装置を選択するようにしてもよい。
【0050】
【発明の効果】以上詳述した如く本発明に係る通信方法、通信システム、中央装置及びコンピュータプログラムでは、インターネット等の通信網に接続するウェブサーバコンピュータを用いた中央装置により、送信情報を中継する中継サービスを提供する場合に、公開型サーバコンピュータ(anonymous FTPサーバコンピュータ)等の通信網に接続し利用者を特定しない公開型の記録装置のIPアドレス並びにID及びパスワード等の通信条件情報を予め記録しておき、中央装置が備えるRAID等の記録手段の空き容量が所定値以下である場合に、記録装置に送信情報を記録させることにより、記録手段の容量不足に基づく問題を解消することが可能で、しかも記録手段の容量を増加させる必要がないため、増設に伴う費用及び作業量が不要であり、更には送信情報を中継するサービスを開始する場合に中央装置に対する出資を抑制することが可能である。
【0051】また本発明では、中央装置及び各記録装置間の通信速度等の通信状況を検出し、例えば応答時間が最も短い記録装置を送信情報の送信先として決定することにより、中央装置が受信した送信情報を速やかに記録装置へ送信することができるので、記録装置へ送信すべき送信情報の記録のために要する中央装置の記録領域を速やかに開放することが可能であり、しかも通信状況が不安定な記録装置へ送信情報を送信することにより発生する送信情報の喪失等の事故を防止することが可能である等、優れた効果を奏する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013