米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 大阪瓦斯株式会社

発明の名称 情報提供方法、情報提供システム、中央装置、コンピュータプログラム及び記録媒体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−271637(P2003−271637A)
公開日 平成15年9月26日(2003.9.26)
出願番号 特願2002−69173(P2002−69173)
出願日 平成14年3月13日(2002.3.13)
代理人 【識別番号】100078868
【弁理士】
【氏名又は名称】河野 登夫
【テーマコード(参考)】
5B075
【Fターム(参考)】
5B075 KK07 KK34 KK40 ND20 PQ02 PR04 PR08 UU40 
発明者 松波 晴人
要約 課題
消費者が嗜好を登録する作業をしなくとも、消費者の嗜好を反映した提供情報を消費者に提供することが可能な情報提供方法、情報提供システム、中央装置、コンピュータプログラム及び記録媒体を提供する。

解決手段
端末装置20では、提供情報の提供を受けるべく履歴情報を送信させる消費者からの入力を受け付け(S201)、所定の記録位置に記録している指示情報を、通信の履歴を示す履歴情報として中央装置10へ送信する(S202)。中央装置10では、履歴情報として受信した指示情報に基づいて、URL等の指示情報が指示する通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報を取得し(S204)、取得した閲覧用情報に基づいて、通信の履歴を解析し(S205)、解析した結果に基づく提供情報を端末装置20へ送信する(S207)。
特許請求の範囲
【請求項1】 通信網を介して通信する中央装置及び端末装置を備え、前記中央装置から前記端末装置へ提供情報を提供する情報提供方法において、前記端末装置は、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を記録し、記録している履歴情報を前記中央装置へ送信させる入力を受け付けた場合に、履歴情報を前記中央装置へ送信し、該中央装置は、受信した履歴情報に基づいて、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースから提供情報を抽出し、抽出した提供情報を送信することを特徴とする情報提供方法。
【請求項2】 通信網を介して通信する中央装置及び端末装置を備え、前記中央装置から前記端末装置へ提供情報を提供する情報提供システムにおいて、前記端末装置は、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を記録する手段と、記録している履歴情報を前記中央装置へ送信させる入力を受け付ける手段と、受け付けた入力に基づいて、履歴情報を前記中央装置へ送信する手段とを備え、前記中央装置は、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースにアクセスする手段と、受信した履歴情報に基づいて、データベースから提供情報を抽出する抽出手段と、抽出した提供情報を前記端末装置へ送信する手段とを備え、前記端末装置は、更に、受信した提供情報を出力する手段を備えることを特徴とする情報提供システム。
【請求項3】 前記履歴情報は、前記通信装置に記録されている閲覧用情報を指示する指示情報であり、前記中央装置は、指示情報に基づいて、前記通信装置から閲覧用情報を取得する手段を備え、前記抽出手段は、取得した閲覧用情報に基づいて、提供情報を抽出すべくなしてあることを特徴とする請求項2に記載の情報提供システム。
【請求項4】 通信網を介して通信する端末装置へ、提供情報を送信する中央装置において、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースにアクセスする手段と、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を、前記端末装置から受信する手段と、受信した履歴情報に基づいて、データベースから提供情報を抽出する手段と抽出した提供情報を前記端末装置へ送信する手段とを備えることを特徴とする中央装置。
【請求項5】 通信網を介して端末装置と通信するコンピュータに、前記端末装置へ提供情報を提供させるコンピュータプログラムにおいて、コンピュータに、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を、前記端末装置から受信した場合に、受信した履歴情報に基づいて、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースから提供情報を抽出させる手順と、コンピュータに、抽出した提供情報を前記端末装置へ送信させる手順とを含むことを特徴とするコンピュータプログラム。
【請求項6】 通信網を介して端末装置と通信するコンピュータに、前記端末装置へ提供情報を提供させるコンピュータプログラムを記録してある、コンピュータでの読み取りが可能な記録媒体において、コンピュータに、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を、前記端末装置から受信した場合に、受信した履歴情報に基づいて、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースから提供情報を抽出させる手順と、コンピュータに、抽出した提供情報を前記端末装置へ送信させる手順とを含むコンピュータプログラムを記録してあることを特徴とするコンピュータでの読み取りが可能な記録媒体。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はインターネット等の通信網を介してウェブサーバコンピュータ等の中央装置からパーソナルコンピュータ等の端末装置に、広告等の提供情報を提供する情報提供方法、その方法を適用した情報提供システム、そのシステムにて用いられる中央装置、その装置を実現するためのコンピュータプログラム及びそのプログラムを記録してあるコンピュータでの読み取りが可能な記録媒体に関し、特に消費者の嗜好を反映させた提供情報を提供する情報提供方法、情報提供システム、中央装置、コンピュータプログラム及び記録媒体に関する。
【0002】
【従来の技術】インターネット等の通信網において、ウェブページ及び電子メール等の通信方法にて広告等の提供情報を提供する形態が一般化している。ところが消費者の嗜好が多様化し、またそのライフスタイル及び休日の過ごし方等も多種多様となる現代では、提供情報についても提供先の消費者の嗜好に応じて提供しなければ広告効果が見込めない状態になっている。そこで提供情報の提供側にて予め消費者の嗜好を登録しておき、登録された嗜好に応じて提供情報を提供する形態に発展してきている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら消費者にとっては嗜好を登録する作業をしなければならず、手間がかかるという問題がある。
【0004】また嗜好を登録した場合、消費者の嗜好の変化に追随していくことはできないという問題がある。例えば自動車を購入前は、自動車の広告を提供することが提供情報として効果的であるが、購入後はドライブコース及び観光地情報等の提供情報が効果的である。
【0005】本発明は斯かる事情に鑑みてなされたものであり、パーソナルコンピュータ等の端末装置を操作する消費者がウェブページを閲覧した時に端末装置に記録される閲覧したウェブページの履歴を示す履歴情報を、ウェブサーバコンピュータ等の中央装置へ送信し、中央装置では、受信した履歴情報に基づいて、広告等の提供情報を提供することにより、消費者は興味のあるウェブページを閲覧する頻度が高いという前提のもとで、消費者の嗜好を反映させた提供情報を提供することができるので、消費者が嗜好を登録する作業を不要とし、また消費者の嗜好の変化に容易に追随することが可能な情報提供方法、その方法を適用した情報提供システム、そのシステムにて用いられる中央装置、その装置を実現するためのコンピュータプログラム及びそのプログラムを記録してあるコンピュータでの読み取りが可能な記録媒体の提供を目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】第1発明に係る情報提供方法は、通信網を介して通信する中央装置及び端末装置を備え、前記中央装置から前記端末装置へ提供情報を提供する情報提供方法において、前記端末装置は、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を記録し、記録している履歴情報を前記中央装置へ送信させる入力を受け付けた場合に、履歴情報を前記中央装置へ送信し、該中央装置は、受信した履歴情報に基づいて、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースから提供情報を抽出し、抽出した提供情報を送信することを特徴とする。
【0007】第1発明に係る情報提供方法では、パーソナルコンピュータ等の端末装置を操作する消費者がウェブページを閲覧した時に記録される履歴情報をウェブサーバコンピュータ等の中央装置へ送信し、中央装置では、受信した履歴情報に基づいて、広告等の提供情報を提供することにより、消費者は興味のあるウェブページを閲覧する頻度が高いという前提のもとで、消費者の嗜好を反映させた広告効果の高い提供情報を送信することが可能で、消費者が嗜好を登録する作業を不要として利便性を向上させ、また消費者の嗜好の変化に容易に追随することが可能であり、更には広告主からの広告料の徴収及び消費者からの情報提供料の徴収等のビジネスに展開することも可能であり、しかも履歴情報は消費者が能動的に操作することで中央装置へ送信されるので、個人情報の不測の流出を防止することが可能である。
【0008】第2発明に係る情報提供システムは、通信網を介して通信する中央装置及び端末装置を備え、前記中央装置から前記端末装置へ提供情報を提供する情報提供システムにおいて、前記端末装置は、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を記録する手段と、記録している履歴情報を前記中央装置へ送信させる入力を受け付ける手段と、受け付けた入力に基づいて、履歴情報を前記中央装置へ送信する手段とを備え、前記中央装置は、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースにアクセスする手段と、受信した履歴情報に基づいて、データベースから提供情報を抽出する抽出手段と、抽出した提供情報を前記端末装置へ送信する手段とを備え、前記端末装置は、更に、受信した提供情報を出力する手段を備えることを特徴とする。
【0009】第2発明に係る情報提供システムでは、パーソナルコンピュータ等の端末装置を操作する消費者がウェブページを閲覧した時に記録される履歴情報をウェブサーバコンピュータ等の中央装置へ送信し、中央装置では、受信した履歴情報に基づいて、広告等の提供情報を提供することにより、消費者は興味のあるウェブページを閲覧する頻度が高いという前提のもとで、消費者の嗜好を反映させた広告効果の高い提供情報を送信することが可能で、消費者が嗜好を登録する作業を不要として利便性を向上させ、また消費者の嗜好の変化に容易に追随することが可能であり、更には広告主からの広告料の徴収及び消費者からの情報提供料の徴収等のビジネスに展開することも可能であり、しかも履歴情報は消費者が能動的に操作することで中央装置へ送信されるので、個人情報の不測の流出を防止することが可能である。
【0010】第3発明に係る情報提供システムは、第2発明において、前記履歴情報は、前記通信装置に記録されている閲覧用情報を指示する指示情報であり、前記中央装置は、指示情報に基づいて、前記通信装置から閲覧用情報を取得する手段を備え、前記抽出手段は、取得した閲覧用情報に基づいて、提供情報を抽出すべくなしてあることを特徴とする。
【0011】第3発明に係る情報提供システムでは、HTML等のマークアップ言語にて記述されたHTMLファイル等のウェブページを形成する閲覧用情報を指示するURL等の指示情報を、履歴情報として送信することにより、閲覧用情報そのものを端末装置から中央装置へ送信する場合と比べて、中央装置及び端末装置間の通信負荷を軽減することが可能である。
【0012】第4発明に係る中央装置は、通信網を介して通信する端末装置へ、提供情報を送信する中央装置において、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースにアクセスする手段と、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を、前記端末装置から受信する手段と、受信した履歴情報に基づいて、データベースから提供情報を抽出する手段と抽出した提供情報を前記端末装置へ送信する手段とを備えることを特徴とする。
【0013】第4発明に係る中央装置では、パーソナルコンピュータ等の端末装置を操作する消費者がウェブページ等の閲覧用情報を閲覧した時に記録される履歴情報を受信し、受信した履歴情報に基づいて、広告等の提供情報を提供することにより、消費者は興味のあるウェブページを閲覧する頻度が高いという前提のもとで、消費者の嗜好を反映させた広告効果の高い提供情報を提供することが可能で、消費者が嗜好を登録する作業を不要として利便性を向上させ、また消費者の嗜好の変化に容易に追随することが可能である。
【0014】第5発明に係るコンピュータプログラムは、通信網を介して端末装置と通信するコンピュータに、前記端末装置へ提供情報を提供させるコンピュータプログラムにおいて、コンピュータに、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を、前記端末装置から受信した場合に、受信した履歴情報に基づいて、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースから提供情報を抽出させる手順と、コンピュータに、抽出した提供情報を前記端末装置へ送信させる手順とを含むことを特徴とする。
【0015】第5発明に係るコンピュータプログラムでは、ウェブサーバコンピュータ等のコンピュータにて実行することで、コンピュータが中央装置として動作するので、パーソナルコンピュータ等の端末装置を操作する消費者がウェブページ等の閲覧用情報を閲覧した時に記録される履歴情報を受信し、受信した履歴情報に基づいて、広告等の提供情報を提供することにより、消費者は興味のあるウェブページを閲覧する頻度が高いという前提のもとで、消費者の嗜好を反映させた広告効果の高い提供情報を提供することが可能で、消費者が嗜好を登録する作業を不要として利便性を向上させ、また消費者の嗜好の変化に容易に追随することが可能である。
【0016】第6発明に係るコンピュータでの読み取りが可能な記録媒体は、通信網を介して端末装置と通信するコンピュータに、前記端末装置へ提供情報を提供させるコンピュータプログラムを記録してある、コンピュータでの読み取りが可能な記録媒体において、コンピュータに、前記通信網上に位置する通信装置に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報を、前記端末装置から受信した場合に、受信した履歴情報に基づいて、前記端末装置へ提供する提供情報を記録しているデータベースから提供情報を抽出させる手順と、コンピュータに、抽出した提供情報を前記端末装置へ送信させる手順とを含むコンピュータプログラムを記録してあることを特徴とする。
【0017】第6発明に係るコンピュータでの読み取りが可能な記録媒体では、記録されているコンピュータプログラムを、ウェブサーバコンピュータ等のコンピュータにて実行することで、コンピュータが中央装置として動作するので、パーソナルコンピュータ等の端末装置を操作する消費者がウェブページ等の閲覧用情報を閲覧した場合に記録される履歴情報を受信し、受信した履歴情報に基づいて、広告等の提供情報を提供することにより、消費者は興味のあるウェブページを閲覧する頻度が高いという前提のもとで、消費者の嗜好を反映させた広告効果の高い提供情報を提供することが可能で、消費者が嗜好を登録する作業を不要として利便性を向上させ、また消費者の嗜好の変化に容易に追随することが可能である。
【0018】
【発明の実施の形態】以下、本発明をその実施の形態を示す図面に基づいて詳述する。図1は本発明の情報提供システムを概念的に示す説明図である。図1中10はウェブサーバコンピュータ等のコンピュータを用いた本発明の中央装置であり、中央装置10は、インターネット等の通信網NWに接続されており、通信網NWを介してパーソナルコンピュータ等のコンピュータを用いた端末装置20と通信する。
【0019】また通信網NWには、ウェブサーバコンピュータを用いた通信装置30,30,…が接続されており、通信装置30,30,…には、HTML等のマークアップ言語にて記述されたHTMLファイル等のウェブページを形成する閲覧用情報が記録されている。そして端末装置20から通信網NW上の記録位置及び閲覧用情報を指示するURL等の指示情報に基づいて通信装置30にアクセスすることにより、端末装置20は閲覧用情報を取得し、ウェブページとして出力する。
【0020】図2は本発明の情報提供システムの構成を示すブロック図である。中央装置10は、装置全体を制御するCPU11、本発明の中央装置用のコンピュータプログラムPG及びデータ等の各種情報を記録したCD−ROM等の記録媒体RECから情報を読み取るCD−ROMドライブ等の補助記憶手段12、補助記憶手段12により読み取られたコンピュータプログラムPG及びデータ等の各種情報を記録するハードディスク等の記録手段13、情報を一時的に記憶するRAM14、並びに通信網NWに接続する通信手段15を備えている。そして記録手段13から本発明の中央装置用のコンピュータプログラムPG及びデータ等の各種情報を読み取り、RAM14に記憶させてCPU11により実行することで、ウェブサーバコンピュータは本発明の中央装置10として動作する。
【0021】また記録手段13の記録領域の一部は、広告等の提供情報を記録する提供情報データベース(提供情報DB)10a等の各種データベースとして用いられており、必要に応じてアクセスが行われ、情報の抽出が行われる。なお記録手段13の記録領域の一部を提供情報データベース10a等の各種データベースとして用いるのではなく、通信網NWを介して接続する他の装置を提供情報データベース10a等の各種データベースとして用いてもよい。
【0022】端末装置20は、CPU21、記録手段22、RAM23、通信手段24、マウス及びキーボード等の入力手段25並びにモニタ及びプリンタ等の出力手段26を備えており、記録手段22には、閲覧用情報を取得し、ウェブページとして出力する閲覧用コンピュータプログラム(以下、ブラウザという)等の各種コンピュータプログラムが記録されている。
【0023】通信装置30は、CPU31、記録手段32、RAM33、通信手段34を備え、記録手段32には、ウェブページを形成する閲覧用情報が記録されている。
【0024】次に本発明の情報提供システムが備える端末装置20の履歴記録処理を図3に示すフローチャートを用いて説明する。端末装置20を操作する消費者は、端末装置20を操作して通信網NWに接続し、ブラウザを起動させて、指示情報に基づくウェブページを出力させる操作を行う。
【0025】端末装置20では、指示情報に基づいて通信装置30にアクセスし、指示情報により指示される通信装置30に記録されている閲覧用情報を取得し(S101)、取得した閲覧用情報をブラウザによりウェブページとして出力する(S102)。そして通信網NW上に位置する通信装置30に記録されている閲覧用情報の通信の履歴を示す履歴情報として、指示情報を所定の記録位置に、通信日時と対応付けて記録する(S103)。
【0026】次に本発明の情報提供システムが備える中央装置10及び端末装置20の提供情報提供処理を図4に示すフローチャートを用いて説明する。消費者は、ウェブページの閲覧の履歴の解析に基づく提供情報の提供を所望する場合に、端末装置20を操作して通信網NWに接続し、中央装置10にアクセスして履歴情報を送信させる入力を行う。
【0027】端末装置20では、履歴情報を送信させる入力を受け付け(S201)、受け付けた入力に基づいて、所定の記録位置に記録している一又は複数の指示情報を、通信の履歴を示す履歴情報として中央装置10へ送信する(S202)。なお送信される履歴情報は、対応付けられている通信日時が所定期間内のものである情報に限定するようにしてもよく、これにより現時点での消費者の興味が最も高い提供情報の提供を受けることができる。
【0028】中央装置10では、履歴情報を受信し(S203)、履歴情報として受信した指示情報に基づいて、指示情報が指示する通信網NW上に位置する通信装置30,30,…にアクセスし、夫々の通信装置30,30,…に記録されている閲覧用情報を取得する(S204)。そして取得した閲覧用情報に基づいて、通信の履歴を解析し(S205)、解析した結果に基づいて、提供情報データベース10aから提供情報を抽出し(S206)、抽出した提供情報を端末装置20へ送信する(S207)。
【0029】ステップS205にて行われる通信の履歴の解析とは、取得した様々な閲覧用情報に含まれる単語を抽出し、出現頻度の高い単語を消費者が興味を持っている情報であると解釈して、提供情報データベース10aから提供情報を抽出する際のキーワードとする処理等の処理を示している。
【0030】端末装置20では、提供情報を受信し(S208)、受信した提供情報を出力する(S209)。そして消費者は、出力された提供情報を確認する。なお消費者は提供情報の提供を受ける都度、中央装置10を管理する管理者に情報提供料を支払うようにしてもよく、また提供情報を提供する広告主が、中央装置10を管理する管理者に広告料を支払うようにしても良い。
【0031】前記実施の形態では、指示情報を履歴情報として送信する形態を示したが、本発明はこれに限らず、閲覧用情報を履歴情報として端末装置20から中央装置10へ送信するようにしてもよく、これにより中央装置10では、通信装置30,30,…からの閲覧情報の取得が不要となるので、処理速度を向上させることが可能で、また閲覧用情報が通信装置30から削除又は更新されている場合でも対応することが可能となる。
【0032】
【発明の効果】以上詳述した如く本発明に係る情報提供方法、情報提供システム、中央装置、コンピュータプログラム及び記録媒体では、パーソナルコンピュータ等の端末装置を操作する消費者がウェブページを閲覧した場合に記録される履歴情報をウェブサーバコンピュータ等の中央装置へ送信し、中央装置では、受信した履歴情報に基づいて、広告等の提供情報を提供することにより、消費者は興味のあるウェブページを閲覧する頻度が高いという前提のもとで、消費者の嗜好を反映させた広告効果の高い提供情報を送信することが可能で、消費者が嗜好を登録する作業を不要として利便性を向上させ、また消費者の嗜好の変化に容易に追随することが可能であり、しかも履歴情報は消費者が能動的に操作することで中央装置へ送信されるので、不測の個人情報の流出を防止することが可能である等、優れた効果を奏する。
【0033】また本発明では、HTML等のマークアップ言語にて記述されたHTMLファイル等のウェブページを形成する閲覧用情報を指示するURL等の指示情報を、履歴情報として送信することにより、閲覧用情報そのものを端末装置から中央装置へ送信する場合と比べて、中央装置及び端末装置間の通信負荷を軽減することが可能である等、優れた効果を奏する。
【0034】さらに本発明では、広告主からの広告料の徴収及び消費者からの情報提供料の徴収等のビジネスに展開することも可能である等、優れた効果を奏する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013