米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 独立行政法人通信総合研究所

発明の名称 遠隔制御方法及びシステム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−116184(P2003−116184A)
公開日 平成15年4月18日(2003.4.18)
出願番号 特願2001−308403(P2001−308403)
出願日 平成13年10月4日(2001.10.4)
代理人 【識別番号】100090893
【弁理士】
【氏名又は名称】渡邊 敏
【テーマコード(参考)】
5K033
5K048
【Fターム(参考)】
5K033 BA08 DA01 DA15 EA07 EC01 
5K048 AA06 BA21 DC04 EB09 EB10 EB11 GB05 HA01 HA02
発明者 中川 勝広 / 鈴木 弘
要約 課題
遠隔地の観測局側制御装置がフリーズした場合や、通信回線が実質的に断線された場合に、簡略な構成でありながら、監視局の遠隔制御装置から観測局側制御装置をリセットできる遠隔制御方法とシステムを提供すること。

解決手段
情報収集機器を制御する観測局の制御装置によって、情報収集機器の動作状態に関する情報を取得し、その動作状態情報をリアルタイムに監視局の遠隔制御装置に送信し、遠隔制御装置では、受信した動作状態情報から情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置をリセットする構成において、観測局側制御装置がフリーズ状態になった場合には、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線とは、観測局側制御装置の近傍に配設されたハブから分岐して別系統で設けられたリセット手段によって、情報収集機器をリセットする。
特許請求の範囲
【請求項1】情報収集機器を備えた遠隔地の観測局と、その観測局と情報の授受を行う監視局との間で、情報収集機器を制御する観測局の制御装置によって、情報収集機器の動作状態に関する情報を取得し、その動作状態情報をリアルタイムに監視局の遠隔制御装置に送信し、遠隔制御装置では、受信した動作状態情報から情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置をリセットする構成において、観測局側制御装置がフリーズ状態になった場合には、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線とは、観測局側制御装置の近傍に配設されたハブから分岐して別系統で設けられたリセット手段によって、情報収集機器をリセットすることを特徴とする遠隔制御方法。
【請求項2】リセット手段が、観測局側制御装置に付設されたRASボートである請求項1に記載の遠隔制御方法。
【請求項3】情報収集機器を備えた遠隔地の観測局と、その観測局と情報の授受を行う監視局との間で、情報収集機器を制御する観測局の制御装置によって、情報収集機器の動作状態に関する情報を取得し、その動作状態情報をリアルタイムに監視局の遠隔制御装置に送信し、遠隔制御装置では、受信した動作状態情報から情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置をリセットする構成において、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線が実質的に断線状態になった場合には、観測局側制御装置が単独で情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置をリセットすることを特徴とする遠隔制御方法。
【請求項4】監視局側制御装置が複数設けられ、各監視局側制御装置が相互の動作の正常異常をチェックし合い、いずれかの監視局側制御装置の動作に異常があると判断した場合には、その異常のある監視局側制御装置を他の正常な監視局側制御装置によってリセットする請求項1ないし3に記載の遠隔制御方法。
【請求項5】各観測局が、それぞれ独立したGPS時計を備え、個別に時刻規正を行う請求項1ないし4に記載の遠隔制御方法。
【請求項6】情報収集機器を備えた遠隔地の観測局と、その観測局と情報の授受を行う監視局との間で、情報収集機器を制御する観測局の制御装置によって、情報収集機器の動作状態に関する情報を取得し、その動作状態情報をリアルタイムに監視局の遠隔制御装置に送信し、遠隔制御装置では、受信した動作状態情報から情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置をリセットする構成において、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線における観測局側制御装置の近傍に設けられたハブと、そのハブから分岐して観測局側制御装置に連なる別系統回線と、その別系統回線に設けられ、観測局側制御装置がフリーズ状態になった場合には、観測局側制御装置をリセットするリセット手段とを備えたことを特徴とする遠隔制御システム。
【請求項7】情報収集機器を備えた遠隔地の観測局と、その観測局と情報の授受を行う監視局との間で、情報収集機器を制御する観測局の制御装置によって、情報収集機器の動作状態に関する情報を取得し、その動作状態情報をリアルタイムに監視局の遠隔制御装置に送信し、遠隔制御装置では、受信した動作状態情報から情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置をリセットする構成において、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線が実質的に断線状態になった場合には、観測局側制御装置が単独で情報収集機器の動作の正常異常をチェックするチェック手段と、そのチェック手段による結果が情報収集機器の動作に異常があると判断された場合には、観測局側制御装置をリセットするリセット手段とを備えたことを特徴とする遠隔制御システム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、情報収集機器を備えた遠隔地の観測局と、その観測局と情報の授受を行う監視局との間において、情報収集機器の動作に異常が生じた場合に、その情報収集機器を制御する観測局側制御装置をリセットして、安全かつ連続的な稼動を可能にする遠隔制御方法とシステムに関する。
【0002】
【従来の技術】近年、パーソナルコンピュータやインターネット等の通信手段の普及に伴い、遠隔地に設置する様々な機器を遠隔制御する手段が必要となってきている。遠隔制御するために遠隔地に設置した制御コンピュ一タがフリーズした場合や、インターネット等の回線が物理的な切断など実質的に断線した場合などには、遠隔制御システムが機能しなくなってしまう問題がある。情報収集機器を備えた遠隔地の観測局において、情報収集機器を制御する観測局側コンピュータがフリーズ状態にある場合には、そのコンピュータがネットワークボードを認識しない状態に陥り、専用回線経由で観測局側コンピュータをリセットすることが不可能になっていた。また、観測局と情報の授受を行う監視局に設けられた遠隔制御コンピュータと、観測局側コンピュータとの間に敷設された情報授受回線が実質的に断線状態になった場合には、情報収集機器の動作状態に関する情報を監視局で得ることが不可能になり、その情報収集機器に不都合が生じリセットが必要になった状況に対応できなかった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】そこで、本発明は、遠隔地に設置した観測局側制御装置がフリーズした場合や、通信回線が実質的に断線された場合に、簡略な構成でありながら、監視局に設置した遠隔制御装置から観測局側制御装置をリセットでき、安全かつ連続的な稼動を可能にする遠隔制御方法、及び、その方法を実施するシステムを提供することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために、本発明の遠隔制御方法及びシステムは、次の構成を備える。すなわち、情報収集機器を備えた遠隔地の観測局と、その観測局と情報の授受を行う監視局との間で、情報収集機器を制御する観測局の制御装置によって、情報収集機器の動作状態に関する情報を取得し、その動作状態情報をリアルタイムに監視局の遠隔制御装置に送信し、遠隔制御装置では、受信した動作状態情報から情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置をリセットする構成において、観測局側制御装置がフリーズ状態になった場合には、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線とは、観測局側制御装置の近傍に配設されたハブから分岐して別系統で設けられたリセット手段によって、情報収集機器をリセットする。
【0005】ここで、リセット手段を、観測局側制御装置に付設されたRASボートで構成して、構造の簡略さに寄与させてもよい。
【0006】また、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線が実質的に断線状態になった場合には、観測局側制御装置が単独で情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置をリセットする。
【0007】上記いずれの障害の場合も、監視局側制御装置を複数設け、各監視局側制御装置が相互の動作の正常異常をチェックし合い、いずれかの監視局側制御装置の動作に異常があると判断した場合には、その異常のある監視局側制御装置を他の正常な監視局側制御装置によってリセットするようにして対処してもよい。
【0008】各観測局に、それぞれ独立したGPS時計を設け、個別に時刻規正を行うようにして、収集情報の保全に寄与させてもよい。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、図面を基に本発明の実施形態を説明する。なお、ここでは、観測局として気象観測を行う観測局を挙げ、その一例を説明するが、本発明は、任意の情報を収集する観測を対象とすることができる。図1は、観測局側制御装置の近傍の回路を示す要部説明図であり、図2及び3は、各種情報収集機器を備えた観測局と、その観測局と情報の授受を行う監視局との関係を示す機能説明図及び回路概要図である。
【0010】離島など遠隔地の観測局には、温度や、湿度、雨量、日射量、気圧、風速、風向などの各種情報を収集する情報収集機器が設置され、その情報収集機器を制御する観測局側制御装置が設けられている。この観測局側制御装置は、インターネットなどの通信回線を介して、監視局の情報収集装置に連絡されている。また、監視局には、観測局の情報収集機器の動作状態に関する情報を取得し、その動作状態情報をリアルタイムに受信すると共に、情報収集機器を制御する遠隔制御装置が設置されている。
【0011】遠隔制御装置では、受信した動作状態情報から情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置を以下のようにリセットする。観測局側制御装置がフリーズ状態になった場合には、図1にしたように、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線とは、観測局側制御装置の近傍に配設されたハブから分岐して別系統で設けられたリセット手段によって、情報収集機器をリセットする。このようにリセットするには、観測局側のLANにRASボートを付設して、それにハブから分岐させた別系統回線を結線するのが、簡略でありながら有効である。ネットワークアダプター等に接続された観測局側制御装置に、監視局からコマンドを発行することにより、情報収集表示装置等の電源を再投入する。この電源再投入の際に、収集表示装置等のRAS機能を用いる。また、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線が実質的に断線状態になった場合には、観測局側制御装置が単独で情報収集機器の動作の正常異常をチェックし、情報収集機器の動作に異常があると判断した場合には、観測局側制御装置をリセットする。
【0012】上記いずれの障害の場合も、図4に示したように監視局側制御装置を複数設け、各監視局側制御装置が相互の動作の正常異常をチェックし合い、いずれかの監視局側制御装置の動作に異常があると判断した場合には、その異常のある監視局側制御装置を他の正常な監視局側制御装置によってリセットするようにして対処してもよい。
【0013】本発明のシステム制御は次の通りである。各観測局からの情報取り込み周期は監視局から変更自在とし、各観測局の状態チェック及び設定変更を自在とする。また、監視局では、現在保存中の情報は、そのファイル名をグラフ表示画面に表示する。既に蓄積されている情報も、同様にグラフ表示させる。
【0014】従来のシステムにおける時刻管理は、監視局が行っていたが、遠距離を回線で結んでいる場合は、回線障害が一旦発生すると復旧に時間がかかる。すると、復旧までに収集した情報に、時刻の整合性が欠如し、長期間を要して収集した情報の価値が低減してしまう。そこで、本発明では、時刻規正を各観測所毎に行う。ただし、回線を利用した手段では、時刻の整合性に依然として難が残るので、各観測局ともGPS時計を利用して時刻規正を実施する。
【0015】情報収集機器の情報収集表示用ソフトは次の通りである。情報収集表示ソフトは、各情報収集機器に備わる各センサからの観測情報を収集し、表示および保存すると共に、既設LANを介して監視局ヘ収集情報を送信する。また、情報の取り込み周期の変更を可能とします。観測情報は、現在値と時系列変動の一覧を同一画面に表示する。また、時系列変動は、個別表示を可能とする。時系列変動の表示期間は、当日、前日、前々日の3日間の期間を1日単位で変更可能とする。例えば、当日から前日の2日問の時系列表示、当日から前々日の3日間の時系列変動などを表示する。また、時系列変動表示は、情報取り込み周期毎に更新し、再起動させた場合には過去の蓄積情報も含めて表示可能とする。各観測情報の個別時系列変動を表示する際の縦軸は、自動的に最大値、最小値と目盛り間隔が設定されるオートスケールモードと、ユーザが自由に設定できるユーザモードを切換可能とする。また、時系列変動一覧の縦軸は、個別時系列変動で設定されたスケールで表示する。観測情報は、センサ毎に1日単位で保存し、保存期間は3ヶ月間とする。また情報形式はアスキー形式とし、ヘッダー部に観測場所、センサ名、観測日などを記録する。
【0016】また、情報収集ソフトは、各観測局の観測情報を収集保存すると共に、各観測局の動作状態をチェックし観測局の情報収集表示装置を再起動させることを可能とする。各観測局の情報取り込み周期の変更を自在とし、Web公開用画像情報を作成する。この情報収集ソフトが収集した各観測局の観測情報は、情報処理用ソフトで表示する。観測情報は、全観測局の現在値、全観測局の個別時系列変動の一覧、並びに、全観測局時系列変動を表示する。更新間隔は1時問毎とする。このようにして、次のWeb公開用画像情報を、1時間毎に更新しJPEGの画像形式で提供する。画像の種類は、各観測局における各観測情報の個別時系列変動表示図や、各観測局における各観測情報の時系列変動一覧表示図、全観測局の各観測情報の個別時系列変動表示図、全観測局の各観測情報の時系列変動一覧表などである。
【0017】以上の本発明によると、現地での復旧作業を要するLANの障害以外ならば、停電や、OSやアプリケーションソフトのフリーズなど殆ど全ての障害に対処することができる。
【0018】
【発明の効果】本発明は、上述の構成を備えることによって、次の効果を奏する。すなわち、観測局側制御装置の近傍で、観測局側制御装置と遠隔制御装置との間に敷設された情報授受回線から分岐された別系統で情報収集機器をリセットできるので、観測局側制御装置がフリーズ状態になった場合に対応可能である。また、観測局側制御装置が単独で情報収集機器の動作の正常異常をチェックして、観測局側制御装置をリセットできるので、通信回線が実質的に断線された場合にも対応可能である。そのため、簡略な構成でありながら、監視局に設置した遠隔制御装置から観測局側制御装置をリセットでき、安全かつ連続的な稼動を提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013