米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 三菱重工業株式会社

発明の名称 情報表示サービスシステム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−114950(P2003−114950A)
公開日 平成15年4月18日(2003.4.18)
出願番号 特願2001−308100(P2001−308100)
出願日 平成13年10月3日(2001.10.3)
代理人 【識別番号】100102864
【弁理士】
【氏名又は名称】工藤 実 (外1名)
【テーマコード(参考)】
5K067
【Fターム(参考)】
5K067 AA34 BB04 BB21 DD17 DD57 EE02 EE10 EE16 FF31 GG01 HH22 HH24 
発明者 加藤 聖樹 / 塘中 哲也 / 古結 義浩 / 下田 智一 / 和田 太郎
要約 課題
情報表示サービスシステムの利用者に対し、その利用者が必要とする情報を明確かつ十分に伝達できるシステムを提供する。

解決手段
第1表示命令1Aに応答して、第1情報AAが携帯端末11と表示装置17に表示されるように、携帯端末11と表示装置17に第1情報AAを送信し、第2表示命令2Aに応答して、表示装置17が第2情報3DB−bを表示するように、第2情報3DB−bを表示装置17に送信する表示情報格納制御装置16と、携帯端末11から送信されたアクセス要求信号を受信し、アクセス要求信号が装置識別番号3DB−aを含まないとき第2表示命令2Aを表示情報格納制御装置16に送信し、アクセス要求信号が装置識別番号3DB−aを含むとき第1表示命令1Aを表示情報格納制御装置16に送信する管理センタ15とを具備する。
特許請求の範囲
【請求項1】 装置識別番号を有し、送信される情報を表示する表示装置と、携帯端末と、第1情報と第2情報とを保持し、第1表示命令に応答して、前記第1情報が前記携帯端末と前記表示装置に表示されるように、前記携帯端末と前記表示装置に前記第1情報を送信し、第2表示命令に応答して、前記表示装置が前記第2情報を表示するように、前記第2情報を前記表示装置に送信する表示情報格納制御装置と、前記携帯端末から送信されたアクセス要求信号を受信し、前記アクセス要求信号が装置識別番号を含まないとき前記第2表示命令を前記表示情報格納制御装置に送信し、前記アクセス要求信号が前記装置識別番号を含むとき前記第1表示命令を前記表示情報格納制御装置に送信する管理センタとを具備する情報表示サービスシステム。
【請求項2】 前記管理センタは、前記第2情報の前記表示装置への表示の中止を要求する表示中止要求信号を前記第1表示命令と共に前記表示格納制御装置へ送信する請求項1に記載の情報表示サービスシステム。
【請求項3】 前記表示装置の設置数及び前記表示装置の設置場所は任意である請求項1及び2のいずれか一項に記載の情報表示サービスシステム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、情報表示サービスシステムに関し、特に情報の表示を表示パネルを用いて行うシステムに関する。
【0002】
【従来の技術】路側、広場、博物館等にはLED、液晶、EL等、歩行者に対して発信型の情報表示を行うための表示装置が設置されていることがある。これらの表示装置は、例えば博物館に設置されたものであれば、博物館の関連情報を記憶する情報記憶装置と接続されている。表示装置の利用者は、ボタンを押す等の操作を行うことによって、必要とする関連情報を表示装置に表示させる。
【0003】LED、液晶、EL等の表示装置には、対話型の操作盤が備えられている場合もある。この場合、表示装置の利用者はその操作盤を用いて表示装置に情報を表示させる。対話型の操作盤の操作方法には、ボタン式、タッチパネル式等がある。
【0004】必要な情報の表示は、携帯電話を用いて行う場合もある。この場合、利用者は携帯電話のポータルサイト等を利用し、情報をその携帯電話の画面に表示させる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、情報表示サービスシステムの利用者が必要に応じ、様々な情報を得ることのできるシステムを提供することにある。
【0006】本発明の他の目的は、情報表示サービスシステムの利用者が情報を得る際に必要な操作の手順が、標準化されているシステムを提供することにある。
【0007】本発明の更に他の目的は、画面にて情報の表示を行う場合、情報表示サービスシステムの利用者にその情報を必要十分、かつ明確に伝達できるシステムを提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】以下に、[発明の実施の形態]で使用する番号・符号を用いて、課題を解決するための手段を説明する。これらの番号・符号は、[特許請求の範囲]の記載と[発明の実施の形態]の記載との対応関係を明らかにするために付加されたものであるが、[特許請求の範囲]に記載されている発明の技術的範囲の解釈に用いてはならない。
【0009】本発明による情報表示サービスシステム(10a)は、装置識別番号(3DB−a)を有し、送信される情報を表示する表示装置(17)と、携帯端末(11)と、第1情報(AA)と第2情報(3DB−b)とを保持し、第1表示命令(1A)に応答して、前記第1情報(AA)が前記携帯端末(11)と前記表示装置(17)に表示されるように、前記携帯端末(11)と前記表示装置(17)に前記第1情報(AA)を送信し、第2表示命令(2A)に応答して、前記表示装置(17)が前記第2情報(3DB−b)を表示するように、前記第2情報(3DB−b)を前記表示装置(17)に送信する表示情報格納制御装置(16)と、前記携帯端末(11)から送信されたアクセス要求信号を受信し、前記アクセス要求信号が前記装置識別番号(3DB−a)を含まないとき前記第2表示命令(2A)を前記表示情報格納制御装置(16)に送信し、前記アクセス要求信号が前記装置識別番号(3DB−a)を含むとき前記第1表示命令(1A)を前記表示情報格納制御装置(16)に送信する管理センタ(15)とを具備する。
【0010】本発明による情報表示サービスシステム(10a)において、前記管理センタ(15)は、前記第2情報(3DB−b)の前記表示装置(17)への表示の中止を要求する表示中止要求信号を前記第1表示命令(1A)と共に前記表示格納制御装置(16)へ送信する。
【0011】本発明による情報表示サービスシステム(10a)において、前記表示装置(17)の数及び前記表示装置(17)の設置場所は、任意である。
【0012】
【発明の実施の形態】添付図面を参照して、本発明による情報表示サービスシステム10の実施の形態を以下に説明する。
【0013】図1に、本発明の情報表示サービスシステム10の構成図を示す。この情報表示サービスシステム10は、携帯電話11、基地局12、A交換機(携帯電話用の交換機)13、B交換機(固定電話用の交換機)14、管理センタ15、表示格納制御装置16、表示装置17を有している。管理センタ15はA端末15−1、Aセキュリティ装置15−2を有しており、表示格納制御装置16はB端末16−1、Bセキュリティ装置16−2を有している。
【0014】基地局12とA交換機13、A交換機13とB交換機14、B交換機14とA端末15−1、A端末15−1とB端末16−1とはネットワーク18で接続されている。また、B交換機14とA端末15−1、A端末15−1とB端末16−1との間のネットワーク18はインターネットである。
【0015】携帯電話11は、その利用者がiモード等のインターネット対応携帯電話サービスを受けることを可能にする機能を備えている。情報表示サービスシステム10の利用者は、携帯電話11を用いてWebサイトから閲覧を希望するインターネット情報(ホームページ等)の検索を行う。利用者は検索結果に基づき、携帯電話11を用いてインターネット情報へのアクセスを要求するアクセス要求信号を、管理センタ15のA端末15−1へ送信する。このアクセス要求信号には、各インターネット情報のアドレス2DB−a、各表示装置17の装置識別番号3DB−a、及び各携帯電話11の端末識別番号1DB−aが含まれている。但し、携帯電話11の利用者が、インターネット情報の表示装置17への表示を要求しない場合には、アクセス要求信号に装置識別番号3DB−aは含まれない。
【0016】A端末15−1は、携帯電話11からアクセス要求信号を受信すると、携帯電話11の利用者に対してパスワード1DB−bの入力を要求する。また、A端末15−1はAセキュリティ装置15−2に対し、入力されたパスワード1DB−bを送信すると共に、そのパスワード1DB−bが第2データベース2DB(Aセキュリティ装置15−2が有する)に格納されているものと一致するか否かの検索を要求する。さらに、A端末15−1は、検索結果をAセキュリティ装置15−2から受信する。
【0017】A端末15−1は、Aセキュリティ装置15−2から受信した検索結果が一致の場合に限り、B端末16−1に対し、インターネット上から抽出された情報(抽出情報AA)の、表示装置17及び携帯電話11への表示を要求する第1表示命令1Aを送信する。もしくは、A端末15−1は、B端末16−1に対し、抽出情報AAの携帯電話11への表示を要求する第2表示命令2Aを送信する。第1表示命令1A及び第2表示命令2Aには、携帯電話11からのアクセス要求信号が含まれている。また、A端末15−1は、B端末16−1が第1表示命令1Aもしくは第2表示命令2Aに応答して送信した抽出情報AAを受信し、さらに受信した抽出情報AAをB交換機14、A交換機13、基地局12を介して携帯電話11へ送信する。
【0018】A端末15−1は、不使用時表示情報3DB−bの表示中止を要求する表示中止要求信号を、第1表示命令1Aと共にB端末16−1へ送信する。
【0019】管理センタ15のAセキュリティ装置15−2は、図2に示す第1データベース1DBを有している。第1データベース1DBには、情報表示サービスシステム10の利用者が所持する携帯電話11の端末識別番号1DB−aと、パスワード1DB−bが格納されている。
【0020】また、Aセキュリティ装置15−2は、表示装置17への表示が禁止されている情報を示す表示禁止情報の抽出に必要なアドレス2DB−aをAデータベースADに格納している。Aセキュリティ装置15−2は、このアドレス2DB−aを基に、アクセス要求信号に含まれるアドレスチェックを行う。このアドレスチェックにおいては、まずA端末15−1が受信したアドレス2DB−aをAセキュリティ装置15−2に送信する。Aセキュリティ装置15−2が、そのアドレス2DB−aと一致するものをAデータベースADからの検索の結果抽出した場合、Aセキュリティ装置15−2は、第1表示命令1Aの送信を行わないことを要求する送信差止要求信号をA端末15−1へ送信する。
【0021】管理センタ15のインターフェイス15−3は、基地局12、A交換機13、B交換機14を介し、A端末15−1と携帯電話11とを接続するためのアプリケーションで構成される。
【0022】表示格納制御装置16が有するB端末16−1は、A端末15−1から第1表示命令1Aをアクセス要求信号と共に受信した場合には、受信情報(表示中止要求信号、第1表示命令1A、装置識別番号3DB−a)をBセキュリティ装置16−2に送信する。また、B端末16−1は、Bセキュリティ装置16−2から、抽出情報AAの表示装置17への表示を許可するための表示許可信号をA端末15−1からの受信情報と共に受信する。さらに、B端末16−1は表示許可信号に応答し、第1表示命令1Aに含まれるアドレスに基づいた抽出情報AAを第2データベース2DBから検索する。B端末16−1は、その検索結果を表示装置17とA端末15−1とに(A端末15−1から第1表示命令1Aを受信した場合)に送信する。もしくは、B端末16−1は、A端末15−1から第2表示命令2Aをアクセス要求信号と共に受信した場合には、Bセキュリティ装置16−2を介さずに、アクセス要求信号に含まれるアドレス2DB−aに基づいて抽出情報AAを検索し、検索結果をA端末15−1に送信する。
【0023】B端末16−1は、図3に示す第2データベース2DBを有している。この第2データベース2DBには、各種インターネット情報のアドレス2DB−aと、そのアドレス2DB−aに対応した抽出情報AAが格納されている。
【0024】B端末16−1は、図4に示す第3データベース3DBを有している。この第3データベース3DBには、装置識別番号3DB−a、表示装置17を使用している利用者がいない間に、B端末16−1が表示装置17へ送信し、表示させる不使用時表示情報3DB−bが格納されている。不使用時表示情報3DB−bには、様々なものを含ませることができる。例えば空港に設置されている表示装置17に対しては、その空港を発着する飛行機の時刻表等を含むようにすることができ、状況(発着時刻の変更等)に応じて更新することもできる。
【0025】B端末16−1は、抽出情報AAを表示中の表示装置17に対する装置識別番号3DB−aを記憶している。B端末16−1は、第1表示命令1Aに含まれる装置識別番号3DB−aが、記憶している装置識別番号3DB−aと一致する場合には、その表示装置17が使用中であることを示す情報を、A端末15−1を介して携帯電話11へ送信する。さらに、携帯電話11は受信した情報を表示すると共に、その携帯電話11の利用者に対し、再度アクセス要求信号を送信するように促す。
【0026】表示格納制御装置16が有するBセキュリティ装置16−2は、B端末16−1からの受信情報(表示中止要求信号、第1表示命令1A、装置識別番号3DB−a)に、管理センタ15からの表示中止要求信号、第1表示命令1Aが含まれることを確認する。その確認の結果に基づき、B端末16−1に対して表示許可信号を受信情報と共に送信する。
【0027】表示装置17は、B端末16−1から不使用時表示情報3DB−bを受信した際にはその情報を表示する。また、抽出情報AAを受信した場合は、不使用時表示情報3DB−bの情報表示を中止すると共に、抽出情報AAの表示を開始する。
【0028】次に、図5を基に、本発明の情報表示サービスシステム10に係る動作を詳細に説明する。
【0029】情報表示サービスシステム10の利用者は、携帯電話11を用いてWebサイト等からインターネット情報の検索を行う(ステップS1)。情報表示サービスシステム10の利用者は、携帯電話11を用いて、アクセス要求信号を基地局12、A交換機13、B交換機14を介して管理センタ15のA端末15−1へ送信する(ステップS2)。A端末15−1は、情報表示サービスシステム10の利用者に対し、パスワード1DB−bの入力を要求する(ステップS3)。情報表示サービスシステム10の利用者は要求に応じ、パスワード1DB−bを携帯電話11に入力すると共に、基地局12、A交換機13、B交換機14を介してA端末15−1へ送信する(ステップS4)。A端末15−1は、Aセキュリティ装置15−2に対し、受信したパスワード11−bを送信する(ステップS5)。Aセキュリティ装置15−2は、第2データベース2DBからそのパスワード1DB−bと一致するものがあるかどうかの検索を行う(ステップS6)。
【0030】ステップS6での検索結果より一致するパスワード1DB−bが検出された場合、A端末15−1はAセキュリティ装置15−2から、一致するパスワード1DB−bが検出されたことを示す情報を受信する。その後、ステップS7以下の動作が行われる。
【0031】A端末15−1は、B端末16−1に対し、インターネット上から抽出された情報(抽出情報AA)の表示装置17及び携帯端末11への表示を要求する第1表示命令1Aを、不使用時表示情報の表示中止を要求する表示中止要求信号と共に送信する(ステップS7)。B端末16−1は、A端末15−1からの受信情報(表示中止要求信号、第1表示命令1A)をBセキュリティ装置16−2に送信する(ステップS8)。Bセキュリティ装置16−2は、B端末16−1からの受信情報(表示中止要求信号、第1表示命令1A)に、必要情報(表示中止要求信号、第1表示命令1A)が含まれることを確認する(ステップS9)。Bセキュリティ装置16−2は、確認の結果に基づいてB端末16−1に対し、抽出情報AAの表示許可信号を受信情報と共に送信する(ステップS10)。B端末16−1は、表示許可信号に応答し、第1表示命令1Aに含まれるアドレス2DB−bに基づいた抽出情報AAを第2データベース2DBから検索する(ステップS11)。B端末16−1は、検索結果を装置識別番号3DB−aに基づいて表示装置17へ送信する(ステップS12)。表示装置17は、不使用時表示情報1DB−bの情報表示を中止すると共に、抽出情報AAの表示を開始する(ステップS13)。
【0032】尚、ステップS12においてB端末16−1は、検索結果を表示装置17と共に、A端末15−1へ送信する。更に、A端末15−1は、受信した検索結果を携帯端末11に対して送信する。
【0033】また、B端末16−1が、ステップS7においてA端末15−1から第2表示命令信号2Aを受信した場合には、ステップS8からステップS13までの処理の代わりに、次の処理が行われる。
【0034】B端末16−1は、第2表示命令2Aに応答して第2データベース2DBから抽出情報AAを検索する(ステップS7B)。B端末16−1は、検索の結果をA端末15−1、B交換機14、A交換機13、基地局12を介して携帯電話11へ送信する(ステップS7C)。
【0035】
【発明の効果】本発明の情報表示サービスシステムにおいては、液晶やEL等を用いてインターネット上の情報表示を行う。したがって、情報表示サービスシステムの利用者は、様々な情報を必要に応じて得ることができる。
【0036】本発明の情報表示サービスシステムにおいては、利用者が情報を得る際の操作方法が標準化されている。したがって、利用者は必要な情報を得ようとする際に、常に同一の手順でその情報を取得することができる。
【0037】本発明の情報表示サービスシステムにおいては、利用者が必要とする情報の表示を液晶やEL等を用いて行う。したがって、携帯電話の画面からその情報を表示する場合と比較し、情報の必要十分かつ明確な表示を行うことができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013