Warning: fopen(data/log202007151216.log): failed to open stream: No space left on device in /home/jp321/public_html/header.php on line 106

Warning: flock() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 107

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 112
画像配信システムおよび画像配信方法 - 三菱重工業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 三菱重工業株式会社

発明の名称 画像配信システムおよび画像配信方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−101984(P2003−101984A)
公開日 平成15年4月4日(2003.4.4)
出願番号 特願2001−289891(P2001−289891)
出願日 平成13年9月21日(2001.9.21)
代理人 【識別番号】100058479
【弁理士】
【氏名又は名称】鈴江 武彦 (外5名)
【テーマコード(参考)】
5C022
5C054
5C064
【Fターム(参考)】
5C022 AB61 CA03 
5C054 AA02 DA01 DA06 EA01 EA03 EA07 FE01 FE02 FE11 GB04 HA16
5C064 BA01 BB03 BC18 BD02 BD08
発明者 見持 圭一 / 宅原 雅人
要約 課題
カメラからの撮影データを送信するためのケーブルを不要とし、コストダウンを図りつつ、異なる撮影場所で撮影された同一撮影対象の撮影データを取得すること。

解決手段
本発明の画像配信システムは、異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを受信するデータ受信部2と、データ受信部2によって受信された各撮影データに撮影されている同一撮影対象の画像に基づいて、各撮影データの撮影場所を特定する撮影場所特定部3と、希望者16から同一撮影対象の特定場所において撮影された撮影データの配信要求があった場合には、撮影場所特定部3によって特定された撮影場所に基づいて、対応する撮影データを希望者16に配信する配信部6とを備える。
特許請求の範囲
【請求項1】 異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを受信するデータ受信手段と、前記データ受信手段によって受信された各撮影データに撮影されている前記同一撮影対象の画像に基づいて、各撮影データの撮影場所を特定する撮影場所特定手段と、希望者から前記同一撮影対象の特定場所において撮影された撮影データの配信要求があった場合には、前記撮影場所特定手段によって特定された撮影場所に基づいて、対応する撮影データを前記希望者に配信する配信手段とを備えたことを特徴とする画像配信システム。
【請求項2】 異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを、各撮影データが撮影された撮影時間を示す撮影時間データとともに受信するデータ受信手段と、前記データ受信手段によって受信された各撮影データに撮影されている前記同一撮影対象の画像に基づいて、各撮影データの撮影場所を特定する撮影場所特定手段と、希望者から前記同一撮影対象の特定場所において、所定時間帯に撮影された撮影データの配信要求があった場合には、前記撮影場所特定手段によって特定された撮影場所と前記撮影時間データとに基づいて、対応する撮影データを前記希望者に配信する配信手段とを備えたことを特徴とする画像配信システム。
【請求項3】 異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを、各撮影データの撮影場所を示す撮影場所データとともに受信するデータ受信手段と、希望者から前記各撮影場所のうちのいずれかの撮影場所において撮影された撮影データの配信要求があった場合には、前記受信した撮影場所データに基づいて、対応する撮影データを前記希望者に配信する配信手段とを備えたことを特徴とする画像配信システム。
【請求項4】 異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを、各撮影データが撮影された撮影場所を示す撮影場所データ、および各撮影データが撮影された撮影時間を示す撮影時間データとともに受信するデータ受信手段と、希望者から前記各撮影場所のうちのいずれかの撮影場所において、所定時間帯に撮影された撮影データの配信要求があった場合には、前記受信した撮影場所データと前記撮影時間データとに基づいて、対応する撮影データを前記希望者に配信する配信手段とを備えたことを特徴とする画像配信システム。
【請求項5】 請求項1乃至4のうちいずれか1項に記載の画像配信システムにおいて、前記撮影場所に基づいて前記各撮影データの順番を並べ替える並べ替え手段と、前記並べ替え手段によって並べ替えられた順番にしたがって前記各撮影データを表示する撮影データ表示手段とを備えたことを特徴とする画像配信システム。
【請求項6】 請求項5に記載の画像配信システムにおいて、前記並べ替え手段によって並べ替えられた各撮影データのうち、任意の2つの撮影データを抽出する撮影データ抽出手段と、前記撮影データ抽出手段によって抽出された2つの撮影データを合成することにより前記同一撮影対象を含む合成画像を作成する画像合成手段とを備えたことを特徴とする画像配信システム。
【請求項7】 請求項5に記載の画像配信システムにおいて、前記並べ替え手段によって並べ替えられた各撮影データのうち、任意の2つの撮影データを抽出する撮影データ抽出手段と、前記撮影データ抽出手段によって抽出された2つの撮影データに基づいて、この2つの撮影データの各撮影場所の間の任意の場所において撮影された撮影データを作成する画像作成手段とを備えたことを特徴とする画像配信システム。
【請求項8】 異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを受信し、前記受信した各撮影データに撮影されている前記同一撮影対象の画像に基づいて、各撮影データの撮影場所を特定し、前記特定した撮影場所に対応させて前記各撮影データを保存し、希望者から前記同一撮影対象の特定場所において撮影された撮影データの配信要求があった場合には、前記特定された撮影場所に基づいて、前記保存した撮影データの中から対応する撮影データを検索し、この検索された撮影データを前記希望者に配信するようにしたことを特徴とする画像配信方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、異なる撮影場所において撮影された同一撮影対象の撮影データを複数の撮影者から取得し、この取得した撮影データを利用して、様々な場所から撮影された撮影データを希望者に配信する画像配信システムおよび画像配信方法に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、スポーツの試合等のテレビ中継において、選手を様々な方向から撮影した画像を視聴者に提供する画像配信システムが適用されている。通常、その場にいる各人は、肉眼により自分の視点からの画像しか見ることができないが、この種の画像配信システムによって、様々な方向から撮影した画像を視聴者に提供することによって、視聴者は、その場に居合わせていなくても、また、その場を移動することなくても、欲しい方向からの画像や、あるいは選手の周囲を一周したような特殊効果のある画像を楽しむことができる。
【0003】このような画像配信システムでは、スポーツ選手等の対象物を、様々な方向から撮影するために、多数のカメラを用いる。そして、各カメラがそれぞれ異なる位置から同一の対象物を撮影する必要がある。
【0004】すなわち、野球の試合を例にとって説明すると、図7に示すように、野球場のグラウンドの周囲を取り囲むように例えば20台のカメラ14(#1〜#20)が配置される。そして、カメラ14(#1)からカメラ14(#20)までの画像を一定時間間隔で連続的に放映することによって、視聴者はあたかも野球場を一周したかのように、様々な角度から選手の画像を見ることが可能となる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このような従来の画像配信システムでは、以下のような問題がある。
【0006】上述したように、従来の画像配信システムでは、多数のカメラを必要とする。また、各カメラによって撮影された画像データは、ケーブル18によって画像センター19に送信する必要がある。当然のことであるが、この画像配信システムが適用されるのが野球場のように大きな場所である場合、必要となるケーブル18の本数のみならず、その長さも膨大なものとなる。
【0007】このため、膨大なコストがかかってしまうという問題がある。たとえば、図7に示すように野球場に20台のカメラ14(#1〜#20)を設置する場合、そのコストは約2億円かかってしまう。更に、これらのカメラ14(#1〜#20)、ケーブル18の設置に要する人工や時間等も膨大なものとなってしまうという問題がある。
【0008】本発明はこのような事情に鑑みてなされたものであり、撮影データ送信機能付きのカメラによって、それぞれ異なる撮影場所から同一撮影対象を撮影した複数の撮影者から撮影データを提供してもらい、それに基づいて希望者に対して撮影データの提供サービスを行うことによって、カメラ、およびカメラからの撮影データを送信するためのケーブルを不要とし、なおかつ異なる撮影場所で撮影された同一撮影対象の撮影データをできる限り多く取得し、きめ細かい画像提供サービスを実現することが可能な画像配信システムおよび画像配信方法を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、本発明では、以下のような手段を講じる。
【0010】すなわち、請求項1の発明の画像配信システムは、データ受信手段と、撮影場所特定手段と、配信手段とを備えている。そして、データ受信手段は、異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを受信する。また、撮影場所特定手段は、データ受信手段によって受信された各撮影データに撮影されている同一撮影対象の画像に基づいて、各撮影データの撮影場所を特定する。更に、配信手段は、希望者から同一撮影対象の特定場所において撮影された撮影データの配信要求があった場合には、撮影場所特定手段によって特定された撮影場所に基づいて、対応する撮影データを希望者に配信する。
【0011】請求項2の発明の画像配信システムは、データ受信手段と、撮影場所特定手段と、配信手段とを備えている。そしてデータ受信手段は、異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを、各撮影データが撮影された撮影時間を示す撮影時間データとともに受信する。また、撮影場所特定手段は、データ受信手段によって受信された各撮影データに撮影されている同一撮影対象の画像に基づいて、各撮影データの撮影場所を特定する。更に、配信手段は、希望者から同一撮影対象の特定場所において、所定時間帯に撮影された撮影データの配信要求があった場合には、撮影場所特定手段によって特定された撮影場所と撮影時間データとに基づいて、対応する撮影データを希望者に配信する。
【0012】請求項3の発明の画像配信システムは、データ受信手段と、配信手段とを備えている。データ受信手段は、異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを、各撮影データの撮影場所を示す撮影場所データとともに受信する。また、配信手段は、希望者から各撮影場所のうちのいずれかの撮影場所において撮影された撮影データの配信要求があった場合には、受信した撮影場所データに基づいて、対応する撮影データを希望者に配信する。
【0013】請求項4の発明の画像配信システムは、データ受信手段と、配信手段とを備えている。データ受信手段は、異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを、各撮影データが撮影された撮影場所を示す撮影場所データ、および各撮影データが撮影された撮影時間を示す撮影時間データとともに受信する。また、配信手段は、希望者から各撮影場所のうちのいずれかの撮影場所において、所定時間帯に撮影された撮影データの配信要求があった場合には、受信した撮影場所データと撮影時間データとに基づいて、対応する撮影データを希望者に配信する。
【0014】請求項5の発明は、請求項1乃至4のうちいずれか1項に記載の画像配信システムにおいて、撮影場所に基づいて各撮影データの順番を並べ替える並べ替え手段と、並べ替え手段によって並べ替えられた順番にしたがって各撮影データを表示する撮影データ表示手段とを備えている。
【0015】請求項6の発明は、請求項5に記載の画像配信システムにおいて、並べ替え手段によって並べ替えられた各撮影データのうち、任意の2つの撮影データを抽出する撮影データ抽出手段と、撮影データ抽出手段によって抽出された2つの撮影データを合成することにより同一撮影対象を含む合成画像を作成する画像合成手段とを備えている。
【0016】請求項7の発明は、請求項5に記載の画像配信システムにおいて、並べ替え手段によって並べ替えられた各撮影データのうち、任意の2つの撮影データを抽出する撮影データ抽出手段と、撮影データ抽出手段によって抽出された2つの撮影データに基づいて、この2つの撮影データの各撮影場所の任意の間の場所において撮影された撮影データを作成する画像作成手段とを備えている。
【0017】請求項8の発明の画像配信方法は、異なる場所に位置する複数の撮影者によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを受信する。そして、受信した各撮影データに撮影されている同一撮影対象の画像に基づいて、各撮影データの撮影場所を特定し、特定した撮影場所に対応させて各撮影データを保存する。更に、希望者から同一撮影対象の特定場所において撮影された撮影データの配信要求があった場合には、特定された撮影場所に基づいて、保存した撮影データの中から対応する撮影データを検索し、この検索された撮影データを希望者に配信するようにする。
【0018】
【発明の実施の形態】以下に、本発明の各実施の形態について図面を参照しながら説明する。
【0019】なお、以下の各実施の形態の説明に用いる図中の符号は、図7と同一部分については同一符号を付して示すことにする。
【0020】(第1の実施の形態)本発明の第1の実施の形態を図1から図5を用いて説明する。
【0021】図1は、第1の実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システムの一例を示す機能構成図である。
【0022】すなわち、本実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システム1は、データ受信部2と、撮影場所特定部3と、撮影データ格納部4と、配信希望受付部5と、配信部6と、並べ替え部7と、並べ替えデータ格納部8と、表示部9と、撮影データ抽出部10と、画像合成部11と、画像作成部12とを備えている。
【0023】データ受信部2は、異なる場所に位置する複数の撮影者のカメラ14(#1〜#n)によって撮影され送信された同一撮影対象の各撮影データを、各撮影データが撮影された撮影時間を示す撮影時間データとともに受信する。このカメラ14(#1〜#n)には、撮影データを送信する機能を有するディジタルカメラや、携帯電話内蔵カメラなどを用いる。撮影者は、このような自己のカメラ14を用いて同一撮影対象を個々に撮影し、撮影データを、撮影時間データとともにデータ受信部2に送信する。
【0024】撮影場所特定部3は、データ受信部2によって受信された各撮影データに撮影されている同一撮影対象の画像に基づいて、各撮影データの撮影場所を特定する。例えば、本実施の形態に係る画像配信システム1を用いて、図2に示すように、相撲競技の撮影を行う場合には、予め所定の撮影場所から目印となる画像となる土俵15の画像を複数枚撮影しておく。図3は、ある撮影場所から撮影された土俵15の画像を示す模式図である。そして、データ受信部2によって受信された撮影データが図4に示すような画像であった場合には、予め撮影した複数の画像と比較することによって、図4に示す画像が撮影された撮影場所を特定する。
【0025】撮影データ格納部4は、データ受信部2に受信された撮影データおよび撮影時間データを、撮影場所特定部3で特定された撮影場所に対応して格納する。
【0026】配信希望受付部5は、配信希望者16(#1〜#m)から、撮影データの配信要求を受け付ける。配信希望者16(#1〜#m)は、撮影者(#1〜#n)と同一人物であってもよく、送信機能付きのディジタルカメラ、画像表示機能付きの携帯電話、あるいはインターネット等を介して、配信希望受付部5に対して撮影場所を指定することにより撮影データの配信要求を行う。
【0027】配信部6は、撮影データ格納部4に格納されている撮影データの中から、配信希望受付部5に要求された撮影データを検索する。そして、検索した撮影データを要求元の配信希望者16へ送信する。
【0028】並べ替え部7は、撮影データ格納部4に格納された各撮影データを、撮影場所が連続するように順番に並べ替える。
【0029】並べ替えデータ格納部8は、並べ替え部7によって撮影場所が連続するように並べ替えられた各撮影データを格納する。
【0030】撮影データ抽出部10は、並べ替えデータ格納部8に格納された各撮影データの中から、任意の2つの撮影データを抽出する。
【0031】画像合成部11は、撮影データ抽出部10によって抽出された2つの撮影データを合成することにより同一撮影対象を含む合成画像を作成する。このように2つの撮影データを合成することによって、人間の左目および右目で見たように、立体効果のある画像を得るようにしている。
【0032】画像作成部12は、撮影データ抽出部10によって抽出された2つの撮影データに基づいて、この2つの撮影データの各撮影場所の間の任意の場所において撮影された撮影データを作成し、作成した撮影データを、撮影場所に対応させて撮影データ格納部4に格納する。これによって、任意の撮影場所から撮影された撮影データを作成する。
【0033】表示部13は、並べ替えデータ格納部8に格納された各撮影データを、並べ替えられた順番に連続的に表示する。これによって、あたかも、撮影対象の周りを一周したかのように画像をコマ送り表示する。また、表示部13は、画像合成部11によって合成された合成画像を表示する。これによって、人間の左目および右目で見たような、立体効果のある画像を表示する。
【0034】次に、以上のように構成した本実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システムの動作について図5に示すフローチャートを用いて説明する。
【0035】本実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システムは、システム自体でカメラ14を備えていない。その代わり、送信機能付きのディジタルカメラや携帯電話内蔵カメラを所有している撮影者から、撮影データを提供してもらうことによって成り立っている。したがって、より多くの撮影データを提供してもらうことができるように、ホームページ等の広告によって予め多くの撮影者を確保しておく。あるいは、該会場において何人かの観客に送信機能付きのディジタルカメラを配布し、撮影データの提供を依頼しても良い。
【0036】各撮影者は、会場において自分の席から同一撮影対象(例えば相撲の土俵15など)を、カメラ14を用いて撮影する(S1)。この撮影データは、撮影時間データとともにカメラ14から送信されると、データ受信部2によって受信される(S2)。
【0037】そして、撮影場所特定部3では、データ受信部2によって受信された各撮影データに撮影されている同一撮影対象の画像に基づいて、各撮影データの撮影場所が特定される(S3)。データ受信部2に受信された撮影データおよび撮影時間データは、撮影場所特定部3で特定された撮影場所に対応して、撮影データ格納部4に格納される(S4)。
【0038】撮影データ格納部4に格納された各撮影データは、並べ替え部7によって、撮影場所が連続するように並べ替えられ、対応する撮影時間データとともに並べ替えデータ格納部8に格納される(S5)。
【0039】そして、撮影データ抽出部10では、並べ替えデータ格納部8に格納された各撮影データの中から、任意の2つの撮影データが抽出される(S6)。更に、抽出された2つの撮影データに基づいて、画像作成部12において、2つの撮影データの各撮影場所の間の任意の場所において撮影された撮影データが作成され、作成された撮影データが、撮影場所に対応して撮影データ格納部4に格納される(S7)。これによって、任意の撮影場所から撮影された撮影データが作成される。
【0040】このように撮影データ格納部4に格納された各撮影データは、配信要求に基づいて配信希望者16(#1〜#m)に配信される。すなわち、配信希望受付部5は、配信希望者16(#1〜#m)から、送信機能付きのディジタルカメラ、画像表示機能付きの携帯電話、あるいはインターネット等を介して、撮影場所が指定されて撮影データの配信要求がなされる(S8)。
【0041】配信希望受付部5に撮影データの配信要求がなされると、配信部6によって、撮影データ格納部4に格納されている撮影データの中から、配信希望受付部5に要求された撮影データが検索される(S9)。そして、検索された撮影データが要求元の配信希望者16へ返信される(S10)。
【0042】なお、配信希望者16は撮影者と同一人物であっても良く、この場合には、撮影者から無償で撮影データを提供してもらう代わりに、無償で希望する撮影データを配信するようにする。一方、配信希望者16が撮影者と異なる場合には、配信料を徴収するようにする。
【0043】なお、本実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システムでは、以下に示すような特殊画像が表示される。
【0044】まず、並べ替えデータ格納部8に格納された同一時刻に撮影された各撮影データが、表示部13において、並べ替えられた順番に連続的に表示される。これによって、あたかも、撮影対象の周りを一周したかのように、画像がコマ送り表示される。
【0045】また、画像合成部11において、撮影データ抽出部10によって抽出された2つの撮影データが合成されることにより、同一撮影対象を含む合成画像が作成される。この合成画像が表示部13から表示されることによって、人間の左目および右目で見たような、立体効果のある画像が表示される。
【0046】なお、表示部13に送信機能を付加することによって、表示部13に表示された画像を配信希望者16側に送信するようにしても良い。
【0047】上述したように、本実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システムにおいては、システム自体ではカメラ14を備えておらず、撮影者から送信される撮影データを取得することによって撮影データの配信、あるいは特殊画像の作成に供することができる。
【0048】したがって、カメラ14のみならずカメラ14からの撮影データを送信するためのケーブルも不要となり、コストダウンを図ることが可能となる。
【0049】より多くの撮影者から撮影データを取得することによって、配信希望者16の要求に対して、より満足度の高い撮影データを提供することが可能となるのみならず、より高度な特殊画像を作成することが可能となる。
【0050】(第2の実施の形態)本発明の第2の実施の形態を図6を用いて説明する。
【0051】図6は、第2の実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システムの一例を示す機能構成図であり、図1と同一部分には同一符号を付してその説明を省略し、ここでは異なる部分についてのみ述べる。
【0052】すなわち、本実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システムでは、カメラ14(#1〜#n)から、撮影データおよび撮影時間データに加えて、撮影場所姿勢測定データもまた、データ受信部2において受信する。これに伴って、本実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システムは、図1に示す第1の実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システム1の撮影場所特定部3を省略した構成としている。
【0053】この場合、各撮影者が使用するカメラ14(#1〜#n)は、撮影データを送信する機能、撮影時間を記録するタイムスタンプ機能、および自己の場所(撮影場所)および姿勢(Yaw角,Roll角,Pitch角)を測定するGPS等の撮影場所姿勢測定機能を備えたディジタルカメラや、携帯電話内蔵カメラなどを用いる。各撮影者は、このようなカメラ14を用いて同一撮影対象を個々に撮影し、撮影データを、撮影時間データ、および撮影場所姿勢測定データとともに送信する。
【0054】データ受信部2は、各カメラ14(#1〜#n)から送信された各撮影データを、撮影時間データおよび場所姿勢測定データとともに受信する。
【0055】上述したように、本実施の形態に係る画像配信方法を適用した画像配信システムにおいては、各カメラ14(#1〜#n)から撮影データおよび撮影時間データのみならず、撮影場所姿勢測定データもまた送信される。
【0056】そして、データ受信部2がこの撮影場所姿勢測定データを受信することによって、撮影場所を認識することができるので、図1における撮影場所特定部3を省略し、かつ、第1の実施の形態と同様の作用効果を奏することができる。
【0057】以上、本発明の好適な実施の形態について、添付図面を参照しながら説明したが、本発明はかかる構成に限定されない。特許請求の範囲に記載された技術的思想の範疇において、当業者であれば、各種の変更例及び修正例に想到し得るものであり、それら変更例及び修正例についても本発明の技術的範囲に属するものと了解される。
【0058】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、撮影データ送信機能付きのカメラによって、それぞれ異なる撮影場所から同一撮影対象を撮影した複数の撮影者から撮影データを提供してもらい、それに基づいて希望者に対して撮影データの提供サービスを行うことができる。
【0059】これによって、カメラ、およびカメラからの撮影データを送信するためのケーブルを不要とし、なおかつ異なる撮影場所で撮影された同一撮影対象の撮影データをできる限り多く取得し、きめ細かい画像提供サービスを実現することが可能な画像配信システムおよび画像配信方法を実現することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013