米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 三菱重工業株式会社

発明の名称 貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−16303(P2003−16303A)
公開日 平成15年1月17日(2003.1.17)
出願番号 特願2001−200100(P2001−200100)
出願日 平成13年6月29日(2001.6.29)
代理人 【識別番号】100102864
【弁理士】
【氏名又は名称】工藤 実 (外1名)
発明者 田辺 清一 / 山田 要
要約 課題
顧客が希望の貸スペースを見つけることを支援し、貸スペース業者が貸スペースを賃貸する顧客を見つけることを支援すること。

解決手段
公衆回線網2に接続されている顧客端末4と、公衆回線網2に接続されている貸スペース斡旋サーバ3とを具備している。貸スペース斡旋サーバ3は、貸スペース17に関する貸スペース情報を記録する貸スペースデータベース12と、公衆回線網2を介して顧客7が要求する貸スペース17の条件を顧客端末4から収集する入居者募集部14と、条件を記録する顧客データベース11と、条件を満足する貸スペース情報に対応する貸スペース17に顧客7を割り当てる割当部16とを備えている。
特許請求の範囲
【請求項1】 貸スペースに関する貸スペース情報を記録する貸スペースデータベースと、公衆回線網を介して顧客が要求する前記貸スペースの条件を顧客端末から収集する入居者募集部と、前記条件を記録する顧客データベースと、前記条件を満足する前記貸スペース情報に対応する前記貸スペースに前記顧客を割り当てる割当部とを具備する貸スペース斡旋装置。
【請求項2】請求項1において、前記条件は、前記貸スペースの賃貸料の予算を含み、前記割当部は、前記予算が大きい前記条件を要求する顧客を優先して割り当てる貸スペース斡旋装置。
【請求項3】請求項1または請求項2のいずれかにおいて、前記割当部は、1つの前記貸スペースに複数の前記顧客を割り当て、前記貸スペースは、前記複数の顧客にそれぞれ賃貸される複数の専有スペースを含む貸スペース斡旋装置。
【請求項4】請求項1〜請求項3のいずれかにおいて、更に、前記公衆回線網を介して前記貸スペース情報を貸スペース業者端末から収集する貸スペース募集部を具備する貸スペース斡旋装置。
【請求項5】請求項1〜請求項4のいずれかにおいて、前記貸スペースは、前記複数の顧客に共有される共有スペースを含む貸スペース斡旋装置。
【請求項6】請求項1〜請求項5のいずれかにおいて、前記入居者募集部は、前記貸スペースデータベースに記録されている前記貸スペース情報を前記公衆回線網に公開する貸スペース斡旋装置。
【請求項7】 公衆回線網に接続されている顧客端末と、前記公衆回線網に接続されている貸スペース斡旋サーバとを具備し、前記貸スペース斡旋サーバは、貸スペースに関する貸スペース情報を記録する貸スペースデータベースと、前記公衆回線網を介して顧客が要求する前記貸スペースの条件を顧客端末から収集する入居者募集部と、前記条件を記録する顧客データベースと、前記条件を満足する前記貸スペース情報に対応する前記貸スペースに前記顧客を割り当てる割当部とを備える貸スペース斡旋システム。
【請求項8】請求項7において、条件は、前記貸スペースの賃貸料の予算を含み、前記割当部は、前記予算が大きい前記条件を要求する顧客を優先して割り当てる貸スペース斡旋システム。
【請求項9】請求項7または請求項8のいずれかにおいて、前記割当部は、1つの前記貸スペースに複数の前記顧客を割り当て、前記貸スペースは、前記複数の顧客にそれぞれ賃貸される複数の専有スペースを含む貸スペース斡旋システム。
【請求項10】請求項7〜請求項9のいずれかにおいて、前記公衆回線網に接続されている貸スペース業者端末を更に具備し、前記貸スペース斡旋サーバは、前記公衆回線網を介して前記貸スペース情報を前記貸スペース業者端末から収集する貸スペース募集部を更に備える貸スペース斡旋システム。
【請求項11】請求項7〜請求項10のいずれかにおいて、前記貸スペースは、前記複数の顧客に共有される共有スペースを含む貸スペース斡旋システム。
【請求項12】請求項7〜請求項11のいずれかにおいて、前記入居者募集部は、前記貸スペースデータベースに記録されている前記貸スペース情報を前記公衆回線網に公開する貸スペース斡旋システム。
【請求項13】 貸スペースに関する貸スペース情報を貸スペースデータベースに記録するステップと、公衆回線網を介して顧客が要求する前記貸スペースの条件を顧客端末から収集するステップと、前記条件を顧客データベースに記録するステップと、前記条件を満足する前記貸スペース情報に対応する前記貸スペースに前記顧客を割り当てるステップとを具備する貸スペース斡旋方法。
【請求項14】請求項13において、前記条件は、前記貸スペースの賃貸料の予算を含み、前記割り当てるステップは、前記予算が大きい前記条件を要求する顧客を優先して割り当てる貸スペース斡旋方法。
【請求項15】請求項13または請求項14のいずれかにおいて、前記割り当てるステップは、1つの前記貸スペースに複数の前記顧客を割り当て、前記貸スペースは、前記複数の顧客にそれぞれ賃貸される複数の専有スペースを含む貸スペース斡旋方法。
【請求項16】請求項13〜請求項15のいずれかにおいて、更に、前記公衆回線網を介して前記貸スペース情報を貸スペース業者端末から収集するステップを具備する貸スペース斡旋方法。
【請求項17】請求項13〜請求項16のいずれかにおいて、前記貸スペースは、前記複数の顧客に共有される共有スペースを含む貸スペース斡旋方法。
【請求項18】請求項13〜請求項17のいずれかにおいて、更に、前記貸スペースデータベースに記録されている前記貸スペース情報を前記公衆回線網に公開するステップを具備する貸スペース斡旋方法。
【請求項19】 貸スペースに関する貸スペース情報を貸スペースデータベースに記録するステップと、公衆回線網を介して顧客が要求する前記貸スペースの条件を顧客端末から収集するステップと、前記条件を顧客データベースに記録するステップと、前記条件を満足する前記貸スペース情報に対応する前記貸スペースに前記顧客を割り当てるステップとを具備する貸スペース斡旋プログラム。
【請求項20】請求項19において、前記条件は、前記貸スペースの賃貸料の予算を含み、前記割り当てるステップは、前記予算が大きい前記条件を要求する顧客を優先して割り当てる貸スペース斡旋プログラム。
【請求項21】請求項19または請求項20のいずれかにおいて、前記割り当てるステップは、1つの前記貸スペースに複数の前記顧客を割り当て、前記貸スペースは、前記複数の顧客にそれぞれ賃貸される複数の専有スペースを含む貸スペース斡旋プログラム。
【請求項22】請求項19〜請求項21のいずれかにおいて、更に、前記公衆回線網を介して前記貸スペース情報を貸スペース業者端末から収集するステップを具備する貸スペース斡旋プログラム。
【請求項23】請求項19〜請求項22のいずれかにおいて、前記貸スペースは、前記複数の顧客に共有される共有スペースを含む貸スペース斡旋プログラム。
【請求項24】請求項19〜請求項23のいずれかにおいて、更に、前記貸スペースデータベースに記録されている前記貸スペース情報を前記公衆回線網に公開するステップを具備する貸スペース斡旋プログラム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法に関し、特に、新規に創業する個人や小規模事業者のSOHO向け貸事務所に利用される貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法に関する。
【0002】
【従来の技術】インターネットなどを利用して新規事業や創業を目指す個人や小規模事業者のSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)向け貸事務所が開設されている。このような小スペースの貸スペースは市場には少なく、借り手が満足する物件は見つかりにくい。対して貸ビル、貸フロアに例示される広い貸スペースは、遊休物件となっている。小スペースの貸スペースを市場に提供し、遊休物件となっている広い貸スペースを有効に利用するシステムが望まれている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明の課題は、貸スペースの賃貸を希望している顧客がより容易に貸スペースを見つけることができる貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法を提供することにある。本発明の他の課題は、貸スペースを提供する貸スペース業者がより容易に顧客を見つけることができる貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法を提供することにある。本発明のさらに他の課題は、広い貸スペースの利用を促進する貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法を提供することにある。本発明のさらに他の課題は、貸スペースの賃貸料収入の増加させる貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法を提供することにある。本発明のさらに他の課題は、小規模の貸事務所を安価に賃貸することができる貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法を提供することにある。本発明のさらに他の課題は、設備が充実した小規模の貸事務所を安価に賃貸することができる貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法を提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】以下に、[発明の実施の形態]で使用される番号・符号を用いて、課題を解決するための手段を説明する。これらの番号・符号は、[特許請求の範囲]の記載と[発明の実施の形態]の記載との対応関係を明らかにするために付加されたものであり、[特許請求の範囲]に記載されている発明の技術的範囲の解釈に用いてはならない。
【0005】本発明による貸スペース斡旋装置(3)は、貸スペース(17)に関する貸スペース情報を記録する貸スペースデータベース(12)と、公衆回線網(2)を介して顧客(7)が要求する貸スペース(17)の条件を顧客端末(4)から収集する入居者募集部(14)と、条件を記録する顧客データベース(11)と、条件を満足する貸スペース情報に対応する貸スペース(17)に顧客(7)を割り当てる割当部(16)とを具備している。貸スペース斡旋装置(3)は、貸スペースの賃貸を希望している顧客(7)が貸スペースを見つけることを支援し、貸スペースを賃貸する顧客(7)を見つけることを支援する。
【0006】条件は、貸スペース(17)の賃貸料の予算を含み、割当部(16)は、その予算が大きい条件を要求する顧客(7)を優先して割り当てる。このような割り当てにより、貸スペース(17)を提供する貸スペース業者(8)の賃貸料収入の増加を図ることができる。
【0007】割当部(16)は、1つの貸スペース(17)に複数の顧客(7)を割り当て、貸スペース(17)は、複数の顧客(7)にそれぞれ賃貸される複数の専有スペース(18−b,c,d)を含んでいる。貸スペース(17)は分割されて、複数の専有スペース(18−b,c,d)が作製される。このような分割により、広い貸スペース(17)は小規模の貸事務所として有効に利用することができる。
【0008】本発明による貸スペース斡旋装置(3)は、更に、公衆回線網(2)を介して貸スペース情報を貸スペース業者端末(5)から収集する貸スペース募集部(15)を具備していることが好ましい。このような収集は、より容易である。
【0009】貸スペース(17)は、複数の顧客(7)に共有される共有スペース(19)を含んでいる。共有スペース(19)には、コピー機、パソコンデータのバックアップ装置、派遣社員であるタイピスト、トイレ、給湯室、会議室、受付などに例示される標準付帯設備が装備される。その標準付帯設備も、複数の顧客(7)に共有される。このような共有により、顧客(7)はより安価に設備が整った貸スペースを賃貸することができる。
【0010】入居者募集部(14)は、更に、貸スペースデータベース(12)に記録されている貸スペース情報を公衆回線網(2)に公開することが好ましい。
【0011】本発明による貸スペース斡旋システム(1)は、公衆回線網(2)に接続されている顧客端末(4)と、公衆回線網(2)に接続されている貸スペース斡旋サーバ(3)とを具備している。貸スペース斡旋サーバ(3)は、貸スペース(17)に関する貸スペース情報を記録する貸スペースデータベース(12)と、公衆回線網(2)を介して顧客(7)が要求する貸スペース(17)の条件を顧客端末(4)から収集する入居者募集部(14)と、条件を記録する顧客データベース(11)と、条件を満足する貸スペース情報に対応する貸スペース(17)に顧客(7)を割り当てる割当部(16)とを備えている。貸スペース斡旋サーバ(3)は、貸スペースの賃貸を希望している顧客(7)が貸スペースを見つけることを支援し、貸スペースを賃貸する顧客(7)を見つけることを支援する。
【0012】条件は、貸スペース(17)の賃貸料の予算を含み、割当部(16)は、予算が大きい条件を要求する顧客(7)を優先して割り当てる。このような割り当てにより、貸スペース(17)を提供する貸スペース業者(8)の賃貸料収入の増加を図ることができる。
【0013】割当部(16)は、1つの貸スペース(17)に複数の顧客(7)を割り当て、貸スペース(17)は、複数の顧客(7)にそれぞれ賃貸される複数の専有スペース(18−b,c,d)を含んでいる。貸スペース(17)は分割されて、複数の専有スペース(18−b,c,d)が作製される。このような分割により、広い貸スペース(17)は小規模の貸事務所として有効に利用することができる。
【0014】本発明による貸スペース斡旋システム(1)は、公衆回線網(2)に接続されている貸スペース業者端末(5)を更に具備している。貸スペース斡旋サーバ(3)は、公衆回線網(2)を介して貸スペース情報を貸スペース業者端末(5)から収集する貸スペース募集部(15)を更に備えていることが好ましい。このような収集は、より容易である。
【0015】貸スペース(17)は、複数の顧客(7)に共有される共有スペース(19)を含んでいる。共有スペース(19)には、コピー機、パソコンデータのバックアップ装置、派遣社員であるタイピスト、トイレ、給湯室、会議室、受付などに例示される標準付帯設備が装備される。その標準付帯設備も、複数の顧客(7)に共有される。このような共有により、顧客(7)はより安価に設備が整った貸スペースを賃貸することができる。
【0016】入居者募集部(14)は、更に、貸スペースデータベース(12)に記録されている貸スペース情報を公衆回線網(2)に公開することが好ましい。
【0017】本発明による貸スペース斡旋方法は、貸スペース(17)に関する貸スペース情報を貸スペースデータベース(12)に記録するステップ(S5)と、公衆回線網(2)を介して顧客(7)が要求する貸スペース(17)の条件を顧客端末(4)から収集するステップ(S22〜S24)と、条件を顧客データベース(11)に記録するステップ(S25)と、条件を満足する貸スペース情報に対応する貸スペース(17)に顧客(7)を割り当てるステップ(S31)とを具備している。このような貸スペース斡旋方法では、貸スペースの賃貸を希望している顧客(7)が貸スペースを見つけることを支援し、貸スペースを賃貸する顧客(7)を見つけることを支援する。
【0018】条件は、貸スペース(17)の賃貸料の予算を含んでいる。割り当てるステップ(S31)は、予算が大きい条件を要求する顧客(7)を優先して割り当てる。このような割り当てにより、貸スペース(17)を提供する貸スペース業者(8)の賃貸料収入の増加を図ることができる。
【0019】割り当てるステップ(S31)は、1つの貸スペース(17)に複数の顧客(7)を割り当てる。このとき、貸スペース(17)は、複数の顧客(7)にそれぞれ賃貸される複数の専有スペース(18−b,c,d)を含んでいる。貸スペース(17)は分割されて、複数の専有スペース(18−b,c,d)が作製される。このような分割により、広い貸スペース(17)は小規模の貸事務所として有効に利用することができる。
【0020】本発明による貸スペース斡旋方法は、更に、公衆回線網(2)を介して貸スペース情報を貸スペース業者端末(5)から収集するステップ(S2〜S4)を具備していることが好ましい。このような収集は、より容易である。
【0021】貸スペース(17)は、複数の顧客(7)に共有される共有スペース(19)を含んでいる。共有スペース(19)には、コピー機、パソコンデータのバックアップ装置、派遣社員であるタイピスト、トイレ、給湯室、会議室、受付などに例示される標準付帯設備が装備される。その標準付帯設備も、複数の顧客(7)に共有される。このような共有により、顧客(7)はより安価に設備が整った貸スペースを賃貸することができる。
【0022】本発明による貸スペース斡旋方法は、更に、貸スペースデータベース(12)に記録されている貸スペース情報を公衆回線網(2)に公開するステップ(S11〜S12)を具備していることが好ましい。
【0023】本発明による貸スペース斡旋プログラムは、貸スペース(17)に関する貸スペース情報を貸スペースデータベース(12)に記録するステップ(S5)と、公衆回線網(2)を介して顧客(7)が要求する貸スペース(17)の条件を顧客端末(4)から収集するステップ(S22〜S24)と、条件を顧客データベース(11)に記録するステップ(S25)と、条件を満足する貸スペース情報に対応する貸スペース(17)に顧客(7)を割り当てるステップ(S31)とを具備している。このような貸スペース斡旋プログラムでは、貸スペースの賃貸を希望している顧客(7)が貸スペースを見つけることを支援し、貸スペースを賃貸する顧客(7)を見つけることを支援する。
【0024】条件は、貸スペース(17)の賃貸料の予算を含んでいる。割り当てるステップ(S31)は、予算が大きい条件を要求する顧客(7)を優先して割り当てる。このような割り当てにより、貸スペース(17)を提供する貸スペース業者(8)の賃貸料収入の増加を図ることができる。
【0025】割り当てるステップ(S31)は、1つの貸スペース(17)に複数の顧客(7)を割り当てる。このとき、貸スペース(17)は、複数の顧客(7)にそれぞれ賃貸される複数の専有スペース(18−b,c,d)を含んでいる。貸スペース(17)は分割されて、複数の専有スペース(18−b,c,d)が作製される。このような分割により、広い貸スペース(17)は小規模の貸事務所として有効に利用することができる。
【0026】本発明による貸スペース斡旋プログラムは、更に、公衆回線網(2)を介して貸スペース情報を貸スペース業者端末(5)から収集するステップ(S2〜S4)を具備していることが好ましい。このような収集は、より容易である。
【0027】貸スペース(17)は、複数の顧客(7)に共有される共有スペース(19)を含んでいる。共有スペース(19)には、コピー機、パソコンデータのバックアップ装置、派遣社員であるタイピスト、トイレ、給湯室、会議室、受付などに例示される標準付帯設備が装備される。その標準付帯設備も、複数の顧客(7)に共有される。このような共有により、顧客(7)はより安価に設備が整った貸スペースを賃貸することができる。
【0028】本発明による貸スペース斡旋プログラムは、更に、貸スペースデータベース(12)に記録されている貸スペース情報を公衆回線網(2)に公開するステップ(S11〜S12)を具備していることが好ましい。
【0029】
【発明の実施の形態】図面を参照して、本発明による貸スペース斡旋システムの実施の形態を説明する。その貸スペース斡旋システム1は、図1に示されているように、複数の情報処理装置がインターネット2を介して双方向に接続されている。その複数の情報処理装置は、貸スペース斡旋サーバ3、顧客端末4および貸ビル業者端末5を含んでいる。貸スペース斡旋サーバ3は、不動産業者6に属し、ワークステーションサーバに例示される情報処理装置である。顧客端末4は、顧客7に属し、パーソナルコンピュータに例示される情報処理装置である。このような顧客端末4は、貸スペース斡旋システム1に複数が設けられている。貸ビル業者端末5は、貸ビル業者8に属し、パーソナルコンピュータに例示される情報処理装置である。このような貸ビル業者端末5は、貸スペース斡旋システム1に複数が設けられている。
【0030】貸ビル業者7は、貸ビル、貸フロア、貸事務所、貸店舗に例示される貸スペースを提供する。顧客7は、貸スペース業者8が提供する貸スペースの賃貸を希望している。不動産業者6は、貸スペース業者8が提供する貸スペースを顧客7に紹介し、顧客7と貸スペース業者7との間の貸スペースの賃貸契約を斡旋する。
【0031】図2は、貸スペース斡旋サーバ3を詳細に示している。貸スペース斡旋サーバ3は、顧客データベース11、貸スペースデータベース12およびホームぺージ13を有し、コンピュータプログラムである入居者募集プログラム14、貸スペース募集プログラム15および割当プログラム16を搭載している。
【0032】顧客データベース11は、顧客7が要求する貸スペースの条件を示す個別要求情報を記録している。貸スペースデータベース12は、貸スペースに関する情報を示す貸スペース情報を記録している。ホームぺージ13は、インターネット2に貸スペースを斡旋するための画面を公開している。
【0033】入居者募集プログラム14は、インターネット2を介して顧客端末4に貸スペースに関する情報を紹介し、顧客端末4から顧客7が必要な貸スペースの条件を示す個別要求情報を収集して顧客データベース11に登録する。貸スペース募集プログラム15は、インターネット2を介して貸スペース業者端末5から貸スペースに関する貸スペース情報を収集して貸スペースデータベース12に登録する。
【0034】割当プログラム16は、顧客データベース11に記録されている個別要求情報と貸スペースデータベース12に記録されている貸スペース情報とを比較して、1つの貸スペースに顧客7を割り当てる。不動産業者6は、その1つの貸スペースを有する貸スペース業者7と割り当てられた顧客7との間の賃貸契約を斡旋する。割り当てられる顧客7は、複数のときもある。割り当てられる顧客7が単数複数どちらの場合も、賃貸料の予算が大きい顧客7が優先して割り当てられる。このような割当は、貸スペース業者8の賃貸料収入の増加を図ることができる。
【0035】図3は、複数の顧客7が割り当てられた貸スペースの1例を示している。その貸スペース17は、専有スペース18と共有スペース19とから形成されている。専有スペース18は、顧客7に専有され賃貸される。共有スペース19は、複数の顧客7に共有される。専有スペース18は、複数のスペース18−b,18−c,18−dに壁により分割され、それぞれ複数の顧客7に専有されることができる。このような分割は、マンションのフリープランに適用されているものと同様であり、または、移動可能な壁によるものであってもよい。広さが大きい遊休物件は、この分割により効率的な利用を図ることができる。
【0036】共有スペース19には、コピー機、パソコンデータのバックアップ装置、派遣社員であるタイピスト、トイレ、給湯室、会議室、受付などに例示される標準付帯設備が装備される。その標準付帯設備も、複数の顧客7に共有される。このような共有スペース19は、ベンチャー企業や個人企業家の負担賃貸料を低減させ、他の貸スペースとの差別化により貸スペース業者8は、賃貸料の増収を図ることができる。
【0037】図4は、顧客データベース11を詳細に示している。顧客データベース11は、個別要求情報を記録している。個別要求情報は、顧客7の名前に例示される顧客7を互いに識別するための情報、顧客7が要求する広さ、立地条件、付帯設備および賃貸料の予算を含んでいる。立地条件としては、駐車場に駐車することができる車両の台数、貸スペースの場所などが例示される。付帯設備としては、電話の台数、FAXの台数、パーソナルコンピュータの台数などが例示される。
【0038】たとえば、顧客aは、広さが25m以上であり、駐車台数が1台であり、場所が駅前であり、電話台数が1台であり、FAX台数が1台であり、賃貸料の予算が100千円/月である貸スペースを希望している。顧客bは、広さが50m以上であり、駐車台数が2台であり、場所が駅前であり、電話台数が2台であり、FAX台数が1台であり、賃貸料の予算が200千円/月である貸スペースを希望している。顧客cは、広さが30m以上であり、駐車台数が1台であり、場所が駅前であり、電話台数が1台であり、FAX台数が1台であり、賃貸料の予算が150千円/月である貸スペースを希望している。顧客dは、広さが70m以上であり、駐車場が不要であり、場所が駅前であり、電話台数が3台であり、FAX台数が1台であり、賃貸料の予算が300千円/月である貸スペースを希望している。顧客eは、広さが100m以上であり、駐車台数が5台であり、場所が郊外であり、電話台数が5台であり、FAX台数が2台であり、賃貸料の予算が500千円/月である貸スペースを希望している。
【0039】図5は、貸スペースデータベース12を詳細に示している。貸スペースデータベース12は、貸スペース情報を記録している。貸スペース情報は、物件名、広さ、立地条件、付帯設備、標準付帯設備および賃貸料を含んでいる。立地条件としては、駐車場に駐車することができる車両の台数、貸スペースの場所などが例示される。付帯設備としては、電話の台数、FAXの台数、パーソナルコンピュータの台数などが例示される。標準付帯設備は、貸スペースに複数の顧客7が割り当てられたときに共有スペースに装備される設備を示している。
【0040】たとえば、物件Aは、広さが50mであり、駐車台数1台の駐車場を備え、場所が駅前であり、電話機を1台備え、FAXを1台備え、共有スペースにコピー機を備え、賃貸料が100千円/月である。物件Bは、広さが100mであり、駐車台数2台の駐車場を備え、場所が郊外であり、電話機を3台備え、FAXを2台備え、共有スペースにコピー機を備え、賃貸料が200千円/月である。物件Cは、広さが200mであり、駐車台数3台の駐車場を備え、場所が郊外であり、電話機を7台備え、FAXを4台備え、共有スペースにコピー機、タイピストおよびデータのバックアップ装置を備え、賃貸料が400千円/月である。物件Dは、広さが150mであり、駐車台数3台の駐車場を備え、場所が駅前であり、電話機を6台備え、FAXを3台備え、共有スペースにコピー機とデータのバックアップ装置とを備え、賃貸料が500千円/月である。
【0041】図6は、ホームページ13を詳細に示している。ホームぺージ13は、貸スペース公開画面21、個別要求入力画面22および貸スペース情報入力画面23を有している。
【0042】図7は、貸スペース公開画面21を示している。貸スペース公開画面21は、貸スペース情報を示す表を有している。貸スペース公開画面21は、入居者募集プログラム14によりインターネット2に公開されている。顧客7は、貸スペース公開画面21を閲覧し、要求する条件を満足する貸スペースを検索する。顧客7は、条件を満足する貸スペースを発見したときに、不動産業者6にその貸スペースの賃貸契約の斡旋を依頼する。
【0043】図8は、個別要求入力画面22を示している。個別要求入力画面22は、個別要求情報を入力する入力欄を有している。個別要求入力画面22に入力された個別要求情報は、貸スペース斡旋サーバ3に送信される。
【0044】図9は、貸スペース情報入力画面23を示している。貸スペース情報入力画面23は、貸スペース情報を入力する入力欄を有している。貸スペース情報入力画面23に入力された貸スペース情報は、貸スペース斡旋サーバ3に送信される。
【0045】本発明による貸スペース斡旋方法の実施の形態は、貸スペース情報を収集する動作、顧客が貸スペースの斡旋を依頼する動作、個別要求情報を収集する動作、および、1つの貸スペースを分割して顧客に提供する動作から形成されている。
【0046】図10は、貸スペース情報を収集する動作を示している。貸スペース業者8は、貸スペース業者端末5を用いて、貸スペース斡旋サーバ3にアクセスして貸スペース情報入力画面23を要求する(ステップS1)。貸スペース斡旋サーバ3は、貸スペース業者端末5のアクセスに応答して貸スペース情報入力画面23を貸スペース業者端末5に送信する(ステップS2)。貸スペース業者8は、貸スペース業者端末5を用いて、貸スペース情報入力画面23に貸スペース情報を入力する(ステップS3)。入力された貸スペース情報は、貸スペース斡旋サーバ3に送信される(ステップS4)。貸スペース斡旋サーバ3は、受信した貸スペース情報を貸スペースデータベース12に記録する(ステップS5)。
【0047】図11は、顧客が貸スペースの斡旋を依頼する動作を示している。顧客7は、顧客端末4を用いて、貸スペース斡旋サーバ3にアクセスして貸スペース公開画面21を要求する(ステップS11)。貸スペース斡旋サーバ3は、顧客端末4のアクセスに応答して貸スペース公開画面21を顧客端末4に送信する(ステップS12)。顧客7は、貸スペース公開画面21を閲覧し、希望する条件に適合した貸スペースを発見したとき、顧客端末4を用いてその貸スペースの賃貸契約の斡旋を依頼する旨を記載した電子メールを貸スペース斡旋サーバ3に送信する(ステップS13)。
【0048】貸スペース斡旋サーバ3は、その貸スペースを提供している貸スペース業者8に賃貸契約の斡旋を打診する旨を記載した電子メールを送信する(ステップS14)。貸スペース業者8は、貸スペース業者端末5を用いてその打診に対する返事を記載した電子メールを貸スペース斡旋サーバ3に返信する(ステップS15)。
【0049】貸スペース斡旋サーバ3は、返信された電子メールに基づいて、貸スペース業者8が賃貸契約を承諾したかどうかを判断する(ステップS16)。貸スペース業者8が賃貸契約を承諾しないとき(ステップS16;承諾しない)、貸スペースサーバ3は顧客端末4に賃貸契約が成立しなかった旨を記載した電子メールを送信する(ステップS17)。貸スペース業者8が賃貸契約を承諾しているとき(ステップS16;承諾する)、不動産業者6は顧客7と貸スペース業者8との賃貸契約を斡旋する(ステップS18)。
【0050】図12は、個別要求情報を収集する動作を示している。顧客7は、顧客端末4を用いて、貸スペース斡旋サーバ3にアクセスして個別要求入力画面22を要求する(ステップS21)。貸スペース斡旋サーバ3は、顧客端末4のアクセスに応答して個別要求入力画面22を顧客端末4に送信する(ステップS22)。顧客7は、個別要求入力画面22の入力欄に個別要求情報を入力する(ステップS23)入力された個別要求情報は、貸スペース斡旋サーバ3に送信される(ステップS24)。貸スペース斡旋サーバ3は、受信した個別要求情報を顧客データベース11に記録する(ステップS25)。
【0051】図13は、貸スペース17を分割して複数の顧客7に提供する動作を示している。貸スペース斡旋サーバ3は、貸スペースデータベース12に記録された1つの貸スペース情報毎に最適な顧客を割り当てる(ステップS31)。すなわち、貸スペース斡旋サーバ3は、まず、その貸スペースの貸スペース情報を十分とする個別要求情報を抽出し、抽出された複数の個別要求情報を満足するその貸スペースの分割の組み合わせを導出する。導出された組み合わせのうち、賃貸料の予算の和が最も大きい組み合わせが選定される。貸スペース業者8は、選定された組み合わせで貸スペースを賃貸することにより最大利益を取得することができる。
【0052】たとえば、共有スペース19を考慮しないとき、図5に示されている貸スペースデータベース12の物件Dに対して、図4に示されている顧客データベース11の顧客b,c,dが割り当てられる。さらに、貸スペース斡旋サーバ4は、貸スペースを分割するとき、その分割された貸スペースの見取り図を作成することが好ましい。
【0053】貸スペース斡旋サーバ3は、選定された組み合わせのうち最適なものを貸スペース業者端末5に送信し(ステップS32)、貸スペース業者8に賃貸契約を取り結ぶかどうかを打診する。貸スペース業者8は、その組み合わせを検討して賃貸契約を取り結ぶかどうかを記載した電子メールを貸スペース斡旋サーバ3に返信する(ステップS33)。
【0054】貸スペース斡旋サーバ3は、選定された組み合わせの全てを貸スペース業者端末5に打診することもできる。このとき、貸スペース業者8は、複数の組み合わせのうちから賃貸契約を取り結ぶ組み合わせを選択して返事する。
【0055】貸スペース斡旋サーバ3は、貸スペース業者8が賃貸契約の斡旋を承諾するとき(ステップS34;承諾する)、顧客端末4に貸スペース情報を送信して賃貸契約を取り結ぶかどうかを打診する(ステップS35)。顧客7は、貸スペース情報に基づいて、設備固定費の算出し、新規事業を立ち上げるならば事業計画を立案する。顧客7は、この検討に基づいてその貸スペースを賃貸するかどうかを記載した電子メールを貸スペース斡旋サーバ3に返信する(ステップS36)。
【0056】顧客7が賃貸契約の斡旋を承諾するとき(ステップS37;承諾する)、不動産業者6は顧客7と貸スペース業者8と賃貸契約を斡旋する(ステップS38)。顧客7が賃貸契約の斡旋を承諾しないとき(ステップS37;承諾しない)、貸スペース斡旋サーバ3は顧客7が賃貸を希望しなかった旨を記載した電子メールを貸スペース業者端末5に送信する(ステップS39)。
【0057】本発明による貸スペース斡旋方法は、貸スペースの賃貸を希望している顧客が希望の貸スペースを見つけることを支援し、貸スペース業者が貸スペースを賃貸する顧客7を見つけることを支援する。本発明による貸スペース斡旋方法によれば、広い貸スペースの利用が促進され、貸スペース業者の貸スペースの賃貸料収入が増加し、顧客が小規模の貸事務所を安価に賃貸することができる。
【0058】
【発明の効果】本発明による貸スペース斡旋装置及び貸スペース斡旋方法は、貸スペースの賃貸を希望している顧客が希望の貸スペースを見つけることを支援し、貸スペース業者が貸スペースを賃貸する顧客7を見つけることを支援する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013