米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> アイホン株式会社

発明の名称 ナースコールシステム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−289394(P2003−289394A)
公開日 平成15年10月10日(2003.10.10)
出願番号 特願2002−90382(P2002−90382)
出願日 平成14年3月28日(2002.3.28)
代理人 【識別番号】100077584
【弁理士】
【氏名又は名称】守谷 一雄
【テーマコード(参考)】
4C341
5K038
【Fターム(参考)】
4C341 LL10 
5K038 BB01 CC03 DD21 EE05 FF11
発明者 住田 哲哉
要約 課題
ベッドサイドにおける看護記録の転記作業を軽減し、またナースコール装置を使って看護情報を入出力するときに患者のデータ漏洩を防止する。

解決手段
病室内のベッドサイドに設置されるナースコール装置3に付随する患者用端末装置11a、11b、11cと、ナースステーション内に設置され伝送路L0、L1を介してナースコール装置3に接続され看護記録を記憶しておく看護情報端末1とを備え、患者用端末装置11a、11b、11cの画面を看護師がベッドサイドで操作することにより伝送路L0、L1、L2を利用し看護情報端末にアクセスして看護記録に記入でき、看護師だけが操作できることで患者が看護記録の改竄を行なうのを防止するための看護師が持ち歩くリモートコントローラー2およびPHS端末8a、8b、8cの1つを設けたものである。
特許請求の範囲
【請求項1】病室内のベッドサイドに設置されるナースコール装置(3)に付随する患者用端末装置(11a、11b、11c)と、ナースステーション内に設置され伝送路(L0、L1、L2)を介して前記ナースコール装置に接続され看護記録を記憶しておく看護情報端末(1)とを備え、前記患者用端末装置の画面を看護師が前記ベッドサイドで操作することにより前記伝送路を利用し前記看護情報端末にアクセスして前記看護記録に記入するための前記看護師が持ち歩くリモートコントローラー(2)およびPHS端末(8a、8b、8c)の1つを設けたことを特徴とするナースコールシステム。
【請求項2】病室内のベッドサイドに設置されるナースコール装置(3)に付随する患者用端末装置(11a、11b、11c)と、ナースステーション内に設置され伝送路(L0、L1、L2)を介して前記ナースコール装置に接続され看護記録を記憶しておく看護情報端末(1)とを備え、前記患者用端末装置の画面を看護師が前記ベッドサイドで操作することにより前記伝送路を利用し前記看護情報端末にアクセスして前記看護記録を前記患者用端末装置で参照するための前記看護師が持ち歩くリモートコントローラー(2)およびPHS端末(8a、8b、8c)の1つを設けたことを特徴とするナースコールシステム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ナースコールシステムに係わり、特にナースコール装置と看護情報の記録、閲覧システムを融合しベッドサイドにおける看護記録の転記作業を不要とするナースコールシステムに関する。
【0002】
【従来の技術】従来から、図2に示すようなナースコールシステムが提案されている。同図においてナースコール装置53は、制御装置54、ボード形親機55、PBX56、基地局57a、57b、57c、廊下灯59a、59b、59c、コンソール子機60a、60b、60c、患者用端末装置61a、61b、61cで構成される。
【0003】なお、患者用端末装置61a、61b、61cは、病院内の情報の表示や入浴、散髪等の予約に用いるものである。
【0004】また、ナースステーションには看護情報端末51が備えられる。看護師はPDA52a、52b、PHS端末58a、58b、58cを携帯する。看護情報端末51はPDA52a、52bと接続することができる。
【0005】制御装置54は、ボード形親機55、PBX56、廊下灯59a、59b、59cと接続されている。
【0006】PBX56は基地局57a、57b、57cに夫々接続されている。廊下灯59a、59b、59cはコンソール子機60a、60b、60cを介して患者用端末装置61a、61b、61cに接続される。また、PHS端末58a、58b、58cは任意の基地局57a、57b、57cに電波で接続される。
【0007】このようなナースコールシステムにおいて、この種の看護記録情報転記作業として、ベッドサイドで記録した看護記録情報をナースステーションで看護情報端末51に転記したり、PDA52a、52bを用いてナースステーションでデータを吸い上げ、転送したりする作業がある。即ち、PDA52bで看護記録を病室内で記録し、PDA52aのように看護情報端末51で記録した内容を直接接続した後転送する。この場合、ナースコール装置53に関わりのないところで看護記録情報の入力転送が行なわれる。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】従来のナースコールシステムでは、看護記録情報がPDAを記憶媒体として看護情報端末に転送するため、情報の転送を行なう煩わしさやリアルタイムで看護記録情報を取り出せないといった難点があった。
【0009】また、患者用端末装置の画面を看護記録情報の入出力に使う場合、当該患者自身だけでなく他の患者の看護記録情報を見ることができてしまうといった難点があった。
【0010】本発明は、このような難点を解消するためになされたもので、看護記録情報をベッドサイドで患者用端末装置の画面を使って入力するとともに看護記録情報を看護情報端末にナースコール装置の幹線で転送できるナースコールシステムを提供することを目的としている。
【0011】また、本発明は、患者以外の看護師や医師が専用のリモートコントローラー又はPHS端末を持つことで特定者のみが操作でき看護情報の画面への入出力を行なうことにより患者が看護記録情報を閲覧又は操作することを防ぐナースコールシステムを提供することを目的としている。
【0012】
【課題を解決するための手段】これらの目的を達成するために本発明のナースコールシステムは、病室内のベッドサイドに設置されるナースコール装置に付随する患者用端末装置と、ナースステーション内に設置され伝送路を介してナースコール装置に接続され看護記録を記憶しておく看護情報端末とを備えている。
【0013】このナースコールシステムには、患者用端末装置の画面を看護師がベッドサイドで操作することにより伝送路を利用し看護情報端末にアクセスして看護記録に記入するための看護師が持ち歩くリモートコントローラーおよびPHS端末の1つを設けたものである。
【0014】また、このナースコールシステムには、患者用端末装置の画面を看護師がベッドサイドで操作することにより伝送路を利用し看護情報端末にアクセスして看護記録を患者用端末装置で参照するための看護師が持ち歩くリモートコントローラーおよびPHS端末の1つを設けたものである。
【0015】このように構成されたナースコールシステムにおいて、ベッドサイドの看護師の看護情報操作は、看護情報端末に直接アクセスするため、転記作業をする必要が無く、又患者自身が操作することができないので看護情報が漏洩することを防止することができる。
【0016】
【発明の実施の形態】以下、本発明のナースコールシステムをその好ましい実施の形態例について図面を参照して詳述する。
【0017】図1に示すように、本発明のナースコールシステムは、病室内のベッドサイドに設置されるナースコール装置3に付随する患者用端末装置11a、11b、11cと、ナースステーション内に設置され伝送路L0、L1を介してナースコール装置3に接続され看護記録を記憶しておく看護情報端末1とを備えている。
【0018】なお、患者用端末装置11a、11b、11cは、病院内の情報の表示や入浴、散髪等の予約に用いるものである。
【0019】このナースコールシステムは、患者用端末装置11a、11b、11cの画面を看護師がベッドサイドで操作することにより伝送路L0、L1、L2を利用し看護情報端末にアクセスして看護記録に記入でき、看護師だけが操作できることで患者が看護記録の改竄を行なうのを防止するための看護師が持ち歩くリモートコントローラー2およびPHS端末8a、8b、8cの少なくとも1つを設けたものである。
【0020】図示の例において、看護情報端末1は、伝送路L0を介して制御装置4に接続されている。患者用端末装置11a、11b、11cは、コンソール子機10a、10b、10c、廊下灯9a、9b、9cから伝送路L1を介して制御装置4に接続されている。
【0021】制御装置4は、ボード形親機5に接続され、また伝送路L2を介してPBX6に接続されている。
【0022】PBX6は基地局7a、7b、7cに夫々接続され、PHS端末8a、8b、8cは任意の基地局7a、7b、7cに電波で接続される。
【0023】リモートコントローラー2は、任意の患者用端末装置11a、11b、11cと電波や赤外線などのワイヤレス通信で接続される。
【0024】また、他の実施の形態例として、このナースコールシステムは、患者用端末装置の画面を看護師がベッドサイドで操作することにより伝送路を利用し看護情報端末にアクセスして看護記録を患者用端末装置で参照でき、看護師だけが操作できることで患者が看護記録の閲覧を行なうのを防止するための看護師が持ち歩くリモートコントローラー2およびPHS端末8a、8b、8cの少なくとも1つを設けたものである。
【0025】このように構成されたナースコールシステムにおいて、例えば患者用端末装置11cを使用している患者のベッドサイドで看護師による看護記録を記録する場合、リモートコントローラー2又はPHS端末8cを操作することによりナースコール装置3を信号経路(患者用端末装置11c→コンソール子機10c→廊下灯9c→伝送路L1→制御装置4→伝送路L0又は基地局7c→PBX6→伝送路L2→制御装置4→伝送路L0)として看護情報端末1へアクセスし、操作情報を患者用端末装置11cの画面を使って確認を行なう。この手順を繰り返すことにより看護情報端末1で操作しているかのように病室のベッドサイドにおいて看護情報の記録、転送ができる。
【0026】なお、リモートコントローラー2を使用する場合は当該患者用端末装置11cと直接通信するため、どの患者用端末装置に表示するかの選択をする必要は無いが、PHS端末8a、8b、8cを使用する場合は予めどの患者用端末装置を使用するかの選択をする必要がある。
【0027】看護記録をベッドサイドにて閲覧する場合も同様に、リモートコントローラー2やPHS端末8a、8b、8cを用いて、患者用端末装置11a、11b、11cの画面を操作し希望の画面を呼び出すことによって閲覧することができる。
【0028】このように本発明のナースコールシステムにおいては、看護記録情報をベッドサイドで患者用端末装置の画面を使って入力するとともに看護記録情報を看護情報端末に直接アクセスしてナースコール装置の伝送路で転送でき転記作業が不要となる。
【0029】また、本発明は、患者以外の看護師や医師が専用のリモートコントローラー又はPHS端末を持つことで特定者のみが操作して看護情報の画面への入出力を行なうことにより、患者が看護記録情報を操作又は閲覧すること、看護記録の改竄を行なうこと、看護情報が漏洩することを防止できる。
【0030】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように、本発明のナースコールシステムによれば、ベッドサイドの看護師の看護情報操作は、看護情報端末に直接アクセスしているため、転記作業をする必要が無く、又患者自身が操作することができないので看護情報が漏洩することを防止することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013