Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
コンテンツ配信制御システム - 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

発明の名称 コンテンツ配信制御システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−271645(P2003−271645A)
公開日 平成15年9月26日(2003.9.26)
出願番号 特願2002−73870(P2002−73870)
出願日 平成14年3月18日(2002.3.18)
代理人 【識別番号】100103872
【弁理士】
【氏名又は名称】粕川 敏夫
【テーマコード(参考)】
5B075
【Fターム(参考)】
5B075 KK07 KK33 KK40 ND20 PQ02 PR08 UU40 
発明者 藤川 真由子 / 星野 信幸 / 後藤 章
要約 課題
電子掲示板に出力されているコンテンツを視聴しているユーザに最適なコンテンツを提供する。

解決手段
コンテンツを複数の人が認識できる態様で出力する電子掲示板31を制御するシステムであって、ユーザから、ユーザがコンテンツを視聴している電子掲示板31が存在する場所を識別する場所情報を含んで構成されている電子掲示板31の識別情報である掲示板IDを受付けると共に、当該ユーザの特徴を表すユーザ属性情報を特定する受付処理部15と、少なくともユーザの属性情報と電子掲示板31の掲示板IDを記憶する履歴データベース14と、ユーザが視聴している電子掲示板31に対して、ユーザの属性情報に適合するコンテンツの出力を指示する広告情報処理部17とを有することとした。
特許請求の範囲
【請求項1】 コンテンツを複数の人が認識できる態様で出力する出力装置を制御するシステムであって、ユーザから通知された、ユーザがコンテンツを視聴している出力装置が存在する場所を表す場所情報を含んで構成されている出力装置の装置識別情報を受付ける受付手段と、上記ユーザの特徴を表す属性情報を特定するユーザ属性特定手段と、少なくとも、上記ユーザの属性情報と上記装置識別情報を記憶する履歴情報記憶手段と、上記ユーザが視聴している出力装置に対して、上記ユーザの属性情報に適合するコンテンツの出力を指示する指示手段と、を有するコンテンツ配信制御システム。
【請求項2】 上記指示手段は、コンテンツに加えて、当該コンテンツを出力している出力装置の識別情報を併せて出力するように出力装置に対して指示する、請求項1に記載のコンテンツ配信制御システム。
【請求項3】 上記受付手段は、ユーザからユーザが視聴しているコンテンツに関連する関連コンテンツの出力要求を更に受付け、上記指示手段は、上記ユーザが視聴している出力装置に対して、上記ユーザから要求された関連コンテンツの出力を指示する、請求項1又は2に記載のコンテンツ配信制御システム。
【請求項4】 上記出力装置は、移動体に設置されており、上記出力装置が設置されている移動体の位置情報を収集し、上記出力装置に対して収集した位置情報に対応する場所情報を含んだ装置識別情報を付与する出力装置管理手段を更に有する、請求項1記載のコンテンツ配信制御システム。
【請求項5】 コンテンツを提供するコンテンツ提供者のコンテンツ提供装置と、コンテンツを複数の人が認識できる態様で出力する出力装置を制御する制御装置とから構成されるシステムであって、上記コンテンツ提供装置は、コンテンツと、各コンテンツを提供するユーザの特徴を表すターゲット属性情報とを記憶するコンテンツ記憶手段と、上記コンテンツ記憶手段のターゲット属性情報を参照して、上記ユーザの属性情報に適合するコンテンツの出力を指示する指示手段と、を有し、上記制御装置は、ユーザを識別するユーザ識別情報と、ユーザの特徴を表す属性情報とを対応付けて記憶するユーザ情報記憶手段と、ユーザから通知された、ユーザ識別情報及び出力装置が存在する場所を表す場所情報を含んで構成される出力装置の装置識別情報とを受付ける受付手段と、受け付けたユーザ識別情報に基づいて、上記ユーザ情報記憶手段を参照して、ユーザの属性情報を抽出し、抽出した属性情報を上記コンテンツ提供装置に通知する通知手段と、上記ユーザから通知された装置識別情報により特定される出力装置に対して、上記指示手段により出力を指示されたコンテンツを通知する出力装置管理手段と、を有することを特徴とするコンテンツ配信制御システム。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、広告、メッセージ、ゲーム、懸賞、ニュースなどの種々の情報からなるコンテンツ情報(単に「コンテンツ」という)をユーザに提供する技術に関する。
【0002】
【従来の技術】現在、駅のホーム、電車やバス、デパート、映画館などの様々な場所で、様々な形態で公衆に対して、商品等の広告やユーザからのメッセージなどの様々なコンテンツ配信が行われている。この一例としては、駅やデパートなどに設置されている掲示板に広告を印刷したポスターを貼り付けたり、掲示板にペンなどで直接書き込みを行うものなどがある。また最近では、建物や電車などに設置されたプラズマディスプレイなどの電子的な掲示板(以下、「電子掲示板」という。)から、テキストデータ、画像及び音を出力させてコンテンツの配信が行われている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、これら従来のコンテンツ配信は、予め決められたコンテンツをコンテンツ発信者が一方的にユーザに向けて発信しているに過ぎず、コンテンツにアクセスしているユーザの年齢、性別、嗜好などのユーザの属性に応じたコンテンツの配信は行われていなかった。そのため、ユーザは、配信されたコンテンツに対する関心が低くなってしまい、特に、広告などのコンテンツでは、広告効果が低くなってしまうなどの問題があった。
【0004】また、従来のように一方的にコンテンツを発信していただけでは、そのコンテンツに対してどのようなユーザが、どのような時に、どのような場所でアクセスを行ったのかというユーザからのフィードバックを得ることができなかった。そのため、コンテンツ発信者としては、多額の投資を行ってコンテンツの発信を行っているにもかかわらず、ユーザからの適切なフィードバックがされず、コンテンツを発信したことによる効果の測定ができないなどの問題があった。
【0005】さらに、ユーザがあるコンテンツにアクセスした後に、例えばその詳細情報や関連する他の情報などの関連コンテンツにアクセスしたい場合であっても、従来のように発信者側が一方的にコンテンツを発信していたのでは、ユーザは関連コンテンツにアクセスできないという問題があった。
【0006】本発明は、上述の問題点を解決するためになされたものであって、アクセスしているユーザに応じて最適なコンテンツを配信することができるシステムを得ることを課題とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため、本発明のコンテンツ配信システムは、コンテンツを複数の人が認識できる態様で出力する出力装置を制御するシステムであって、ユーザから通知された、ユーザがコンテンツを視聴している出力装置が存在する場所を表す場所情報を含んで構成されている出力装置の装置識別情報を受付ける受付手段と、上記ユーザの特徴を表す属性情報を特定するユーザ属性特定手段と、少なくとも、上記ユーザの属性情報と上記装置識別情報を記憶する履歴情報記憶手段と、上記ユーザが視聴している出力装置に対して、上記ユーザの属性情報に適合するコンテンツの出力を指示する指示手段とを有することを特徴とする。
【0008】上記指示手段は、コンテンツに加えて、当該コンテンツを出力している出力装置の識別情報を併せて出力するように出力装置に対して指示するようにしてもよい。また、上記受付手段は、ユーザからユーザが視聴しているコンテンツに関連する関連コンテンツの出力要求を更に受付け、上記指示手段は、上記ユーザが視聴している出力装置に対して、上記ユーザから要求された関連コンテンツの出力を指示する、ようにしてもよい。
【0009】上記出力装置は、移動体に設置されており、上記出力装置が設置されている移動体の位置情報を収集し、上記出力装置に対して収集した位置情報に対応する場所情報を含んだ装置識別情報を付与する出力装置管理手段を更に有してもよい。
【0010】本発明の第2の観点にかかるコンテンツ配信制御システムは、コンテンツを提供するコンテンツ提供者のコンテンツ提供装置と、コンテンツを複数の人が認識できる態様で出力する出力装置を制御する制御装置とから構成されるシステムであって、上記コンテンツ提供装置は、コンテンツと、そのコンテンツを提供するユーザの特徴を表すターゲット属性情報とをあわせて記憶するコンテンツ記憶手段と、上記コンテンツ記憶手段のターゲット属性情報を参照して、上記ユーザの属性情報に適合するコンテンツの出力を指示する指示手段と、を有し、上記制御装置は、ユーザを識別するユーザ識別情報と、ユーザの特徴を表す属性情報とを対応付けて記憶するユーザ情報記憶手段と、ユーザから通知された、ユーザ識別情報及び出力装置が存在する場所を表す場所情報を含んで構成される出力装置の装置識別情報とを受付ける受付手段と、受け付けたユーザ識別情報に基づいて、上記ユーザ情報記憶手段を参照して、ユーザの属性情報を抽出し、抽出した属性情報を上記コンテンツ提供装置に通知する通知手段と、上記ユーザから通知された装置識別情報により特定される出力装置に対して、上記指示手段により出力を指示されたコンテンツを通知する出力装置管理手段とを有することを特徴とする。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明にかかる実施形態を説明する。図1に、本発明にかかるコンテンツ配信システムを、広告情報を公衆に対して配信する広告情報配信システムに適用した実施形態を示す。図1において、本実施形態の広告情報配信システムは、管理センタ1と、この管理センタ1にインターネット等のネットワークを介して接続可能に構成されたユーザ端末2及び広告者端末4と、管理センタ1と衛星通信、公衆回線、専用回線、WAN(Wide Area Network)等の所定の通信回線を介して接続可能に構成された電子掲示板システム3から構成されている。
【0012】ユーザ端末2は、広告情報を視聴するユーザが使用する端末である。このユーザ端末2は、インターネット等の所定のネットワークを介して管理センタ1とデータの送受信を行うことができ、ユーザが入力したデータを管理センタ1へ送信したり、受信したデータに基づいて画像やテキストデータを表示出力することができる。このユーザ端末2は、例えば、所定のプログラムを実行してインターネットにアクセス可能な携帯電話、PDA(Personal Digital Assistance) 端末などで実現できる。なお、ユーザ端末2は、移動可能なものでなくとも、所定の場所に設置された状態で使用されるコンピュータ装置などの固定的な端末で実現してもよい。
【0013】電子掲示板システム3は、所定の場所に配置された複数の電子掲示板31と、この電子掲示板31を制御する配信サーバ32から構成されている。電子掲示板31は、多数のユーザに等に向けて、画像、テキストデータ、音などのデータにより構成される広告情報及び当該電子掲示板31の掲示板IDを出力する出力装置を構成する。この電子掲示板31は、例えば、駅、デパートなどの建造物や、電車やバスなどの移動体に設置されている。配信サーバ32は、コンピュータにより構成され、各電子掲示板31のアドレス情報等を管理し、管理センタ1からの指示に従って、指示された電子掲示板31に対して指示された広告情報及び掲示板IDを出力させるように制御する。
【0014】広告者端末4は、広告情報を発信する広告主が使用する端末であって、インターネット等に接続可能なコンピュータにより実現できる。この広告端末4は、広告情報を記憶した広告情報データベース41と、履歴データベース42を有している。広告者端末4は、広告データベース41に記憶されている広告情報を管理センタ1に登録したり、管理センタ1から通知された広告情報の視聴履歴情報を、履歴情報データベース42に記憶できるようになっている。
【0015】管理センタ1は、広告情報の配信を制御するシステムを構成する。この管理センタ1は、コンピュータにより実現され、CPU(Central Processing Unit)と、CPUが実行するプログラムを格納するRAM、ROMなどの内部メモリ及び、ハードディスク装置などの外部記憶装置により図1に示す機能ブロックを構成する。図1に示した機能ブロックは、ユーザ情報データベース11、電子掲示板データベース12、広告情報データベース13、履歴データベース14、受付処理部15、掲示板管理部16、広告情報処理部17、履歴情報管理部18から構成される。
【0016】ユーザ情報データベース11は、ユーザに関する情報をデータベース化したものである。このユーザ情報データベース11に記憶されるデータの例を図2に示す。図2に示すように、ユーザ情報データベース11には、ユーザ情報として、ユーザ端末2の固有番号としての端末ID、端末電話番号、ユーザID、ユーザ名、メールアドレス、属性情報、認証情報としてのログイン名及びパスワードがそれぞれ記憶されている。ユーザIDはユーザを識別するための識別情報であり、数字、記号等により構成されたユニークな情報である。なお、このユーザIDはユーザを識別できる情報であればよく、管理センタ1側で発行してもよいし、ユーザが指定してもよいし、またユーザのメールアドレス、ユーザの電話番号等でもよい。属性情報は、ユーザの特徴を表す情報であり、本実施形態では、例えば、ユーザの年齢、性別などの情報と、ユーザの趣味・嗜好を表す嗜好情報から構成される。
【0017】電子掲示板データベース12は、各電子掲示板31に関する情報をデータベース化したものである。この電子掲示板データベース12は、地区テーブル、種別テーブル、フロアテーブル、掲示板テーブル、タイムテーブルにより構成される。
【0018】地区テーブルは、電子掲示板31が存在する地域を表す地区コードを記憶したテーブルである。この地区テーブルには、図3に示すように地区コードとその地区の名称がそれぞれ記憶されている。地区コードは、電子掲示板31が設置されている地区(例えば、行政区域、或いは電子掲示板31が列車などの移動体に設置されている場合には、電車又はバスなどの駅或いは停留場の区間など)を表す情報であり、電子掲示板31が存在する場所を特定する場所情報を構成する。
【0019】種別テーブルは、電子掲示板31が設置されている場所の種類を表す種別コードに関する情報を記憶するテーブルである。この種別テーブルには、図4に示すように種別コードとその種別名が記憶されている。この種別コードは、例えば、バス、列車、デパートなどに応じてそれぞれコードが決められている。
【0020】フロアテーブルは、電子掲示板31が設置されているフロアを表すフロアコードを記憶したテーブルである。このフロアテーブルには、図5に示すように各フロアのフロアコードとフロア名称がそれぞれ記憶されている。フロアコードは、例えば、列車の場合であればその電子掲示板31が何両目に設置されているかを表し、デパート等の建造物であれば何階のフロアにその電子掲示板31が設置されているかを表している。
【0021】掲示板コードテーブルは、掲示板コードに関する情報を記憶したテーブルである。この掲示板コードテーブルには、図6に示すように掲示板コードと各電子掲示板31の名称が記憶できるようになっている。この掲示板コードは、電子掲示板31の種別コードと、フロアコードと、個々の電子掲示板31固有の番号をあらわす掲示板番号から構成される(図示の例では1桁目が種別コード、2桁目がフロアコード、3桁目が掲示板番号となっている。)。この掲示板コードにより、各電子掲示板31がどの列車や建物のどのフロアに設置されているかを特定できる。
【0022】タイムテーブルは各電子掲示板31から出力される広告情報のタイムスケジュールを記憶したテーブルである。このタイムテーブルに記憶されるデータの例を図7に示す。図7に示すようにタイムテーブルには、掲示板ID、広告フラグ、掲載時間、広告IDがそれぞれ記憶できるようになっている。掲示板IDは、各電子掲示板31を識別するための識別情報を構成し、地区コードと掲示板コード(種別コード、フロアコード、掲示板番号)から構成される。広告フラグは、当該広告情報がスケジューリングされて発信される広告情報か、あるいはユーザが要求した広告情報かを表す。図示の例ではフラグ「1」が記憶されている広告情報はユーザからの要求による広告情報であることを示し、フラグ「0」の広告情報はスケジューリングされた広告情報であることを示している。掲載時間は、当該広告情報を出力する時間を表す。広告IDは、出力対象となっている広告情報の識別情報である。
【0023】広告データベース13は、広告主により登録された広告情報をデータベース化したものである。この広告データベース13に記憶されるデータの例を図8に示す。図8に示すように、広告データベース13には、広告ID、広告データ、広告主、ターゲット属性情報、ターゲット場所、ターゲット時間がそれぞれ記憶されている。広告IDは、各広告情報を識別するための識別情報である。図示の例では、広告IDは、広告主である企業を識別する企業コードと、当該広告情報の種別を表すカテゴリーコードと、広告情報のシリアルコードから構成されている。広告データは、広告タイトル及び広告の内容情報が含まれている。この内容情報は、所定の画像、音声、テキストデータなどを含んだファイルでもよいし、またこのデータが存在するネットワーク上のアドレス情報でもよい。ターゲット属性情報は、当該広告を提供するターゲットとなるユーザの属性情報を表す。この属性情報は、性別・年齢情報や、嗜好情報などから構成され、広告主が広告情報を登録する際に、併せて指定することができる。このターゲット属性情報は、この他の情報を含んでもよいし、また全ての属性を指定してなくともよい。ターゲット場所は当該広告を提供すべき場所を表し、ターゲット時間は当該広告を提供すべき時間帯などを表す。
【0024】履歴データベース14は、ユーザが広告情報にアクセスした履歴情報をデータベース化したものである。この履歴データベース14に記憶されるデータの例を図9に示す。図9に示すように、履歴データベース14には、ユーザが視聴した広告情報の広告ID、視聴したユーザの属性情報、視聴した場所を表す場所情報及び時間を表す時間情報が記憶できるようになっている。
【0025】受付処理部15は、ユーザから通知されたユーザID及びユーザが視聴している掲示板IDなどのユーザから通知された情報を受付け、受付けたユーザID及び掲示板IDなどから、ユーザの属性情報と、ユーザが視聴していた広告情報、時間及び場所を特定する処理を行う。
【0026】掲示板管理部16は、各電子掲示板31に対して掲示板IDを付与するとともに、各電子掲示板31から出力する広告情報を電子掲示板データベース12のタイムテーブルに記憶する。掲示板IDの付与は、例えば、掲示板管理部16が収集した電子掲示板31の現在位置情報に基づいて特定した地区コードと、当該電子掲示板31の掲示板コードを組み合わせることにより行う。なお、この電子掲示板31の現在位置の特定は、例えば、掲示板管理部16が、図示しない電車或いはバスの運行情報システムから各電車やバスの位置情報を収集することにより特定してもよいし、また、GPS(Global Positioning System)等により特定してもよく任意である。
【0027】広告情報処理部17は、ユーザの属性に適合した広告情報を特定し、ユーザから通知された電子掲示板31を管理する電子掲示板システム3に対して、特定した広告情報を出力するように指示する。各ユーザの属性に適合した広告情報の特定は、例えば、広告情報処理部17が、広告情報データベース13に記憶されているターゲット属性情報を参照し、その中からユーザの属性情報に適合した広告情報を特定することにより行うことができる。また、広告情報処理部17は、ある広告情報に関連する広告情報(以下、「関連広告情報」という)の抽出、ユーザから選択された関連広告情報を所定の電子掲示板31に対して出力させるための処理を行う。関連広告情報としては、例えば、先に配信した広告情報の続きの広告情報や、また広告IDのうち同じカテゴリーコード又はターゲット情報を有する広告情報などである。
【0028】履歴情報管理部18は、ユーザの広告情報へのアクセス履歴を管理する。具体的には、履歴情報管理部18は、受付処理部15が特定したユーザのユーザ属性情報、広告ID、場所及び時間の情報を履歴データベース14に記憶する処理を行う。また、履歴情報管理部18は、広告主からの要求により履歴情報管理部18に記憶されている履歴情報を照会できるようにしてもよい。
【0029】次に、本実施形態にかかる広告情報配信方法について図を参照して説明する。まず、広告情報をユーザに配信する場合の処理を、図10を参照して説明する。なお、広告情報データベース13には広告主により広告情報が既に登録されていると共に、広告情報処理部17により、電子掲示板データベース12のタイムテーブルに従って、予め登録されている広告情報及び当該電子掲示板31の掲示板IDが所定の電子掲示板31に表示されているものとする。また、事前にユーザからユーザ情報の登録を受け付けることにより、ユーザ情報データベース11にはユーザ情報が登録されているものとする。
【0030】この状態で、電子掲示板31から出力された広告情報を視聴したユーザが、ユーザ端末2を使用して所定のWebページにアクセスし、当該Webページの入力フォーム等に従い、電子掲示板31に表示されている掲示板ID、ログイン名及びパスワードを入力して管理センタ1に通知する(S1)。
【0031】なお、このユーザからの通知は、管理センタ1にアクセスしたユーザ端末2が、管理センタ1により提供される所定のアプリケーションプログラムをダウンロードし、このアプリケーションプログラムを実行することにより管理センタ1にアクセスしてもよい。
【0032】受付処理部15は、ユーザから通知された掲示板ID、ログイン名及びパスワードを受付けると、ユーザの認証を行うと共に、受付けた時間、ユーザ属性情報、ユーザが視聴していた広告情報の広告ID及び、視聴していた場所をそれぞれ特定する(S2、S3)。具体的には、受け付けた時間は、受付処理部15がユーザから通知を受付けた時間を図示しない時計部を参照することにより特定できる。ユーザ属性情報は、受付処理部15が受付けたユーザIDに基づいて、ユーザ情報データベース11を参照することにより特定できる。また、視聴していた広告情報の広告IDは、受付処理部15が電子掲示板データベース12のタイムテーブルを参照して、掲示板ID及び掲載時間帯が一致する広告IDを、ユーザが視聴していたものとして特定することができる。また、ユーザが視聴していた場所は、受付処理部15が通知された掲示板IDに含まれる地区コードに基づいて特定できる。
【0033】これらの情報が特定されると、履歴情報管理部18は、履歴情報として特定された広告ID、ユーザ属性情報、場所及び時間を履歴データベース14に記憶する(S4)。
【0034】広告情報処理部17は、広告情報データベース13のターゲット属性情報、ターゲット時間及び場所情報を参照して、当該ユーザのユーザ属性情報、アクセス時間及び場所に適合する広告情報を抽出する(S5)。この抽出は、例えば、ユーザがゲームに関する嗜好を有する10代ユーザである時は、広告情報データベース13に登録されている広告情報のターゲット属性情報を参照して、ゲームに関する広告情報のうち、10代のユーザをターゲットとしている広告情報を抽出することなどにより行う。
【0035】広告情報が抽出されると、掲示板管理部16が当該広告情報を出力する電子掲示板31の掲示板IDを発行し、発行した掲示板ID、広告フラグ、掲載時間、広告IDを電子掲示板データベース12のタイムテーブルに書き込む(S6)。この掲示板IDの発行処理は、例えば、掲示板管理部16が、ユーザから通知された電子掲示板31の現在位置情報を列車等の運行管理システムなどから収集し、収集した現在位置情報に対応する地区コードを地区テーブルを参照して特定し、この特定した地区コードと、掲示板コードテーブルの当該電子掲示板31の掲示板コードを組み合わせることにより発行する。
【0036】広告情報処理部17は、電子掲示板データベース12のタイムテーブルに従って、掲載時間に該当する広告情報を広告情報データベース13から読み出して、指定されている電子掲示板31を管理する電子掲示板システム3に対して当該広告情報及び掲示板IDの出力を指示する(S7)。この指示が行われると、指示された電子掲示板システム3の配信サーバ32は、管理センタ1から指定された広告情報及び掲示板IDを指定された電子掲示板31に出力させる。
【0037】また、続けてユーザから関連広告情報の出力要求があった場合の処理について、図11及び図12を参照して説明する。図11において、電子掲示板31に出力された広告情報を視聴したユーザが更にこの広告情報の関連広告情報を視聴したい場合には、ユーザは所定のWebページにアクセスし、現在電子掲示板31に表示されている掲示板ID、ユーザID等を入力し、管理センタ1に対して関連広告情報の提供を要求する(S11)。
【0038】受付処理部15は、ユーザから通知された掲示板ID及びユーザIDを受付けると、上述の図10の処理と同様に、ユーザから通知を受付けた時間を特定すると共に、ユーザ属性情報、出力されていた広告の広告ID、場所及び時間の各情報を特定し(S12、S13)、履歴情報管理部18がこれらの情報を履歴データベース14に記憶する(S14)。
【0039】広告情報処理部17は、広告情報データベース13を参照して、特定した広告IDが示す広告情報の関連広告情報を抽出する(S15)。この場合の関連広告情報の抽出は、例えば関連広告情報のタイトルなどを抽出するようにしてもよい。
【0040】関連広告情報が抽出されると、掲示板管理部16が、当該関連広告情報を出力する電子掲示板31の現在位置を特定し、特定した現在位置の地区コードを含む掲示板IDを発行する(S16)。広告情報処理部17は、抽出した関連広告情報のタイトルのリストと、このリストから希望する広告情報を選択操作するための操作情報と、当該電子掲示板31の掲示板IDを出力するように、ユーザから通知された電子掲示板31を管理する電子掲示板システム3に対して指示する(S17)。操作情報としては、例えば、リストに表示された各関連広告情報の中からユーザが所望の広告情報を選択するように要求するメッセージなどである。この指示により、指示を受けた電子掲示板システム3の配信サーバ32が、指定された電子掲示板31に指示された関連広告情報のリストと、操作情報及び掲示場IDを表示する。
【0041】引き続き、ユーザが関連広告情報を選択する処理について図12を参照して説明する。電子掲示板31に表示された関連広告情報のリストを見たユーザが、所定のWebページにアクセスし、所望の関連広告情報を選択すると共に、表示されている掲示板IDを入力して、管理センタ1に通知する(S18)。受付処理部15は、関連広告情報の選択通知を受付けると、当該通知から、ユーザID、ユーザの属性情報、選択された関連広告情報の広告ID、場所及び時間情報を特定する(S19、S20)。
【0042】履歴情報管理部18は、特定されたこれらの情報から履歴情報を履歴データベース14に記憶する(S21)。広告情報処理部17は、ユーザにより選択された広告IDに基づいて、広告情報データベース13を参照して出力する関連広告情報を抽出する(S22)。
【0043】掲示板管理部16は、ユーザから通知された電子掲示板31が現在存在する場所情報を収集し、この場所情報から特定した地区コードと掲示板コードから掲示板IDを発行し、発行した掲示板IDと関連広告情報の広告ID等を電子掲示板データベース12のタイムテーブルに記憶する(S23)。広告情報処理部17は、電子掲示板データベース12のタイムテーブルに従って、電子掲示板31に対して、関連広告情報及び当該電子掲示板31の掲示板IDを出力するように、電子掲示板システム3に対して指示する(S24)。この指示に応じて、電子掲示板システム3の配信サーバ32は、指定された電子掲示板31に対して指定された関連広告情報を出力させて処理を終了する。
【0044】このように、本実施形態によれば、広告情報処理部17が、ユーザ属性情報などに適合した広告情報を提供するようにしたことから、ユーザが興味を持っている広告情報を提供することができ、広告効果をより高めることができる。また、広告主としてもターゲットとしているユーザに対して、広告情報を提供することができ、効果的かつ効率的な販促活動等を行うことができる。
【0045】また、ユーザからの要求により関連広告情報を配信するようにしたことから、広告主からの一方的な広告の配信ではなく、ユーザの要求に応じて最適な広告情報をインタラクティブに提供できる。
【0046】また、掲示板IDの中に電子掲示板31が存在している場所を表す地区コードを組み込んだことから、掲示板IDからユーザが広告を視聴していた場所を簡単に特定できる。これにより、例えば、この掲示板IDと併せてユーザ属性情報や広告IDなどを履歴データベース14に記憶しておくことにより、広告情報に対して、どのような属性のユーザが、どの場所で、どの広告を視聴したかを特定することができ、ユーザからのフィードバック情報としてマーケティングなどに活用できる。また、掲示板IDが地区コードを含んでいることから、電子掲示板31が電車やバスなどの移動体に設置されている場合にであっても、ユーザがどの場所(どの駅或いは駅区間等)で広告情報にアクセスしたかを容易に特定できる。
【0047】また、上述の実施形態のように、管理センタ1が不特定の広告主から登録された広告情報を提供するようにすれば、例えば、広告情報の掲載時間に応じて課金するようなビジネス形態に好適なシステムを提供することができる。なお、上述の実施形態では、広告情報を表示する際、広告情報処理部17が、関連広告情報のタイトルのリストを表示し、ユーザが選択した関連広告情報を表示する例について説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、タイトルのリストを表示せずに、直ちに予め決められた関連広告情報を表示するようにしてもよい。
【0048】上述の実施形態では、管理センタ1が不特定の広告主からの広告情報をユーザに提供する例について説明したが、例えば、特定の広告主の広告情報のみを提供するようにしてもよい。特定の広告主の広告情報を提供する実施形態を図13を参照して説明する。本実施形態では、管理センタ1は、ユーザ情報データベース11、電子掲示板データベース12、受付処理部15、掲示板管理部16の各機能ブロックを有し、広告者端末4が上述の広告情報データベース13、履歴データベース14、広告情報処理部17、履歴情報管理部18の各機能ブロックを有するように構成する。なお、図10に示した実施形態と同一の構成については、同一の符号を付して説明を省略する。
【0049】このように構成されたシステムにおける、広告情報配信方法について図13を参照して説明する。図13において、ユーザがユーザ端末2を使用して所定のWebページにアクセスし、当該Webページの表示に従いユーザが現在視聴している電子掲示板31に表示されている掲示板IDと、当該ユーザのログイン名及びパスワードを入力して管理センタ1に対して通知する(S101)。受付処理部15は、ユーザから通知された掲示板ID及びログイン名及びパスワードを受付けると、ユーザの認証を行うと共に、前述の実施形態と同様に、ユーザからの通知を受付けた時間、ユーザ属性情報、掲載広告情報、場所情報の各情報を特定し(S102、S103)、特定されたこれらの情報を広告者端末4に通知する(S104)。
【0050】広告者端末4の履歴情報管理部18は、通知された広告ID、ユーザ属性情報、場所及び時間情報からなる履歴情報を履歴データベース14に記憶する(S105)。広告情報処理部17は、広告主が予め登録しておいた広告情報データベース13のターゲット属性情報を参照して、特定されたユーザの属性情報に適合する広告情報を抽出して(S106)、当該広告情報の出力の指示を管理センタ1に対して行う(S107)。
【0051】広告情報の出力指示があると、掲示板管理部16は広告情報を出力する電子掲示板31の現在位置情報を収集して、当該現在位置に対応する地区コードと掲示板コードから掲示板IDを発行し(S108)、この掲示板IDと共に受付けた広告情報の出力指示を電子掲示板システム3に対して通知する(S109)。そして、この指示に基づいて、電子掲示板システム3の配信サーバ32は、指定された電子掲示板31に対して、管理センタ1から通知された広告情報及び掲示板IDを出力させる。
【0052】このように、図13に示した実施形態によっても、ユーザに対して特定の広告主が提供する広告情報のうち、ユーザの属性に適合した広告情報を提供することができる。また、図13に示した実施形態によれば、例えば、広告主が一定期間所定の電子掲示板31への広告情報の掲載を行う場合になどに好適なシステムを提供することができる。また、図13に示した実施形態においても、図11及び図12の実施形態を適用して、ユーザから関連広告情報の提供要求を受け付け、広告情報処理部17がユーザに関連広告情報を提供するようにしてもよい。
【0053】上述の各実施形態において、ある一つの電子掲示板31に対して複数のユーザが、同じ掲示板IDを指定した場合には、広告情報処理部17が、受付時間が早いユーザのコンテンツを優先して出力するように指示してもよい。また、広告情報処理部17が、電子掲示板31の画面を分割してそれぞれのユーザに最適な広告情報を同時に出力するように指示してもよいし、ユーザに共通の属性情報がある場合には当該共通の属性情報に対応した広告情報を出力するようにしてもよい。
【0054】また、ユーザから電子掲示板31への操作がない場合には、広告情報処理部17が、当該場所に関連する属性情報を有する広告情報を提供するようにしてもよい。特に、電車やバスなどの移動体では、広告情報処理部17が移動している場所(例えば、駅や停車場など)に最適な属性情報を有する広告情報を提供するようにしてもよい。
【0055】上述の各実施形態では、掲示板管理部16が電子掲示板31が存在する場所情報を収集して電子掲示板31の地区コードを特定してから掲示板IDを発行する例について説明したが、デパートなどの所定の場所に固定されている電子掲示板31については、場所情報の収集は行わず、掲示板コードテーブルに掲示板コードに代えて、あらかじめ掲示板IDを記憶させておくようにしてもよい。また、電子掲示板31が固定された場所に設置されている場合には、掲示板IDを画面等に出力しなくとも、その掲示板IDを電子掲示板31の所定の位置に予め記載等して表示しておいてもよい。また、例えば、各電子掲示板31に無線通信装置を配置して、この無線通知装置により掲示板IDを電子的な信号として、ユーザ端末2に通知するようにしてもよい。
【0056】上述の各実施形態では、各ユーザのユーザ属性情報を予めユーザ情報データベース11に登録しておく例について説明したが、管理センタ1側にこれらの情報を登録しなくとも、ユーザが掲示板ID及びユーザID等を通知する際に併せてユーザ属性情報を管理センタ1に通知するようにしてもよく、これらの構成は任意である。
【0057】上述の各実施形態では、コンテンツとして広告情報を提供する例について説明したが、本発明はこれに限定されるものではない。例えば、コンテンツであれば、所定の画像、音声、テキストデータ或いはこれらの組み合わせにより作られたメッセージ、ゲーム、ニュースなどを提供するシステムにも適用できる。また、上述の各実施形態では、管理センタ1を1台のコンピュータで構成した例について説明したが、本発明はこれに限定されるものでなく、上記管理センタ1の機能を複数のコンピュータを連携させることにより構成してもよく、任意である。
【0058】各実施形態にかかる管理センタ1、広告端末4等は、専用装置であってもよいし、また、汎用のコンピュータとコンピュータプログラムを用いて実現してもよい。汎用のコンピュータを利用して実現する場合には、例えば、汎用のコンピュータに対して上述の動作を実行するためのコンピュータプログラムやこれを格納したコンピュータ読み取り可能な媒体(FD、CD−ROM等)からコンピュータプログラムをインストールすることにより上述の処理を実行する各装置を構成するようにしてもよい。なお、上述の機能をOS(Operating System)が分担又はOSとアプリケーションプログラムの共同により実現する場合等には、OS以外の部分のみをコンピュータプログラムとして、またこのコンピュータプログラムをコンピュータ読み取り可能な媒体に格納してもよい。
【0059】また、管理センタ1又は広告端末4用の各コンピュータプログラムを搬送波に重畳し、通信ネットワークを介して配信することも可能である。例えば、通信ネットワークの掲示板(BBS)に当該プログラムを掲示し、これをネットワークを介して配信するようにしてもよい。そして、このコンピュータプログラムを起動し、OS制御下で他のアプリケーションプログラムと同様に実行させることにより上述の処理を実行させるようにしてもよい。
【0060】
【発明の効果】本発明によれば、ユーザに対して最適なコンテンツを提供することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013