米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 日本電気通信システム株式会社

発明の名称 共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式とシステム異常監視方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2003−283655(P2003−283655A)
公開日 平成15年10月3日(2003.10.3)
出願番号 特願2002−88433(P2002−88433)
出願日 平成14年3月27日(2002.3.27)
代理人 【識別番号】100109313
【弁理士】
【氏名又は名称】机 昌彦 (外2名)
【テーマコード(参考)】
5K051
【Fターム(参考)】
5K051 AA04 AA09 BB05 CC01 CC04 EE01 HH16 LL01 
発明者 辻岡 靖夫
要約 課題
ポイントコード状態の不一致という異常を自動的に検出し、復旧する。

解決手段
上位装置であるSCCP制御装置101とTCAP制御装置102とISUP制御装置103とアプリケーション制御装置104は、最下位装置であるMTP制御装置100に対して、周期的に、最新ポイントコード状態の問合せをする。上位装置は、問合せに対する回答である最新ポイントコード状態と上位装置自身が管理しているポイントコード状態とを比較し、両者が不一致であるとき、MTP制御装置100のポイントコード状態変化通知機能がシステム異常とみなし、MTP制御装置100に対して、ポイントコード状態変化通知を再起動するよう要求する。MTP制御装置100は、要求を受け、ポイントコード状態変化通知機能を再起動して、ポイントコード状態の変化を、周期的に、上位装置に通知するのを再開して復旧する。
特許請求の範囲
【請求項1】 上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される、共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知手段と、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記最下位装置が管理するポイントコード状態とを比較判定する比較判定手段と、前記比較判定手段が、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記最下位装置が管理するポイントコード状態とが一致しないと判定するとき、前記ポイントコード状態変化通知手段を再起動して、ポイントコード状態の変化を通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求手段とを有することを特徴とする共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式。
【請求項2】 上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される、共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知手段と、前記上位装置から、前記最下位装置に対して、ポイントコード状態を問合せる状態問合手段と、前記最下位装置が、前記状態問合手段からの問合せに対する回答として、自身が管理しているポイントコード状態を、前記上位装置に通知する状態通知手段と、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記状態通知手段により通知されるポイントコード状態とを比較判定する比較判定手段と、前記比較判定手段が、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記状態通知手段により通知されるポイントコード状態とが一致しないと判定するとき、前記ポイントコード状態変化通知手段を再起動して、ポイントコード状態の変化を前記上位装置に通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求手段とを有することを特徴とする共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式。
【請求項3】 上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される、共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式であって、前記最下位装置は、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知手段を有し、前記上位装置は、前記ポイントコード状態変化通知手段により通知されるポイントコード状態を記憶管理する状態記憶部と、前記最下位装置に対して、ポイントコード状態を問合せる状態問合手段とを有し、前記最下位装置は、さらに、前記状態問合手段からの問合せに対する回答として、自身が管理しているポイントコード状態を、前記上位装置に通知する状態通知手段とを有し、前記上位装置は、さらに、前記状態記憶部に記憶されているポイントコード状態と前記状態通知手段により通知されるポイントコード状態とを比較判定する比較判定手段と、前記比較判定手段が、前記状態記憶部に記憶されているポイントコード状態と前記状態通知手段により通知されるポイントコード状態とが一致しないと判定するとき、前記最下位装置の前記ポイントコード状態変化通知手段に対して、ポイントコード状態の変化の通知を再起動するよう要求する状態変化通知再起動要求手段とを有し、前記最下位装置の前記ポイントコード状態変化通知手段は、前記状態変化通知再起動要求手段による再起動要求を受けて、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するのを再開することを特徴とする共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式。
【請求項4】 前記状態問合手段は、前記最下位装置に対して、周期的に、ポイントコード状態を問合せることを特徴とする請求項2と3とのいずれか1項記載の共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式。
【請求項5】 上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方法であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知ステップと、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記最下位装置が管理するポイントコード状態とを比較判定する比較判定ステップと、前記比較判定ステップにより、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記最下位装置が管理するポイントコード状態とが一致しないと判定されるとき、前記ポイントコード状態変化通知ステップを再起動して、ポイントコード状態の変化を通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求ステップとを有することを特徴とする共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方法。
【請求項6】 上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方法であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知ステップと、前記上位装置から、前記最下位装置に対して、ポイントコード状態を、周期的に、問合せる状態問合ステップと、前記最下位装置が、前記状態問合ステップによる問合せに対する回答として、前記最下位装置から、前記最下位装置自身が管理しているポイントコード状態を、前記上位装置に通知する状態通知ステップと、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記状態通知ステップにより通知されるポイントコード状態とを比較判定する比較判定ステップと、前記比較判定ステップにより、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記状態通知ステップにより通知されるポイントコード状態とが一致しないと判定されるとき、前記ポイントコード状態変化通知ステップを再起動して、ポイントコード状態の変化を前記上位装置に通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求ステップとを有することを特徴とする共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方法。
【請求項7】 上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方法であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知ステップと、前記ポイントコード状態変化通知ステップにより通知されるポイントコード状態を前記上位装置の状態記憶部に記憶管理する記憶管理ステップと、前記上位装置から、前記最下位装置に対して、ポイントコード状態を、周期的に、問合せる状態問合ステップと、前記状態問合ステップによる問合せに対する回答として、前記最下位装置が管理しているポイントコード状態を、前記上位装置に通知する状態通知ステップと、前記上位装置の前記記憶管理ステップにより記憶されているポイントコード状態と前記状態通知ステップにより通知されるポイントコード状態とを比較判定する比較判定ステップと、前記比較判定ステップにより、前記記憶管理ステップにより記憶されているポイントコード状態と前記状態通知ステップにより通知されるポイントコード状態とが一致しないと判定されるとき、前記ポイントコード状態変化通知ステップを再起動して、ポイントコード状態の変化を前記上位装置に通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求ステップと、前記状態変化通知再起動要求ステップによる再起動要求を受けて、前記最下位装置から前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するのを再開するステップとを有することを特徴とする共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、共通線信号方式を用いた交換装置のシステム異常監視方式に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、共通線信号方式を用いた交換装置において、最下位装置が上位装置に向けて、ポイントコード(信号局コード)で識別される信号局の状態(以降、ポイントコード状態)の変化を周期的に通知し、上位装置は、通知されるポイントコード状態を管理している。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】この従来技術においては、ポイントコード状態の変化が、障害や異常で、最下位装置から上位装置へ通知されないと、上位装置が管理しているポイントコード状態と、最下位装置が管理している最新のポイントコード状態とが不一致をきたし、共通線信号の通信異常を引き起こすという課題を有する。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、従来のこの様な課題を解決し、ポイントコード状態の不一致という異常を自動的に検出して、この異常から復旧させる技術を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式は、上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される、共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知手段と、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記最下位装置が管理するポイントコード状態とを比較判定する比較判定手段と、前記比較判定手段が、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記最下位装置が管理するポイントコード状態とが一致しないと判定するとき、前記ポイントコード状態変化通知手段を再起動して、ポイントコード状態の変化を通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求手段とを有することを特徴とする。
【0006】さらに、本発明の共通線信号方式を用いた交換装置のシステム異常監視方式は、上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される、共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知手段と、前記上位装置から、前記最下位装置に対して、ポイントコード状態を問合せる状態問合手段と、前記最下位装置が、前記状態問合手段からの問合せに対する回答として、自身が管理しているポイントコード状態を、前記上位装置に通知する状態通知手段と、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記状態通知手段により通知されるポイントコード状態とを比較判定する比較判定手段と、前記比較判定手段が、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記状態通知手段により通知されるポイントコード状態とが一致しないと判定するとき、前記ポイントコード状態変化通知手段を再起動して、ポイントコード状態の変化を前記上位装置に通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求手段とを有することを特徴とする。
【0007】また、本発明の共通線信号方式を用いた交換装置のシステム異常監視方式は、上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される、共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式であって、前記最下位装置は、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知手段を有し、前記上位装置は、前記ポイントコード状態変化通知手段により通知されるポイントコード状態を記憶管理する状態記憶部と、前記最下位装置に対して、ポイントコード状態を問合せる状態問合手段とを有し、前記最下位装置は、さらに、前記状態問合手段からの問合せに対する回答として、自身が管理しているポイントコード状態を、前記上位装置に通知する状態通知手段とを有し、前記上位装置は、さらに、前記状態記憶部に記憶されているポイントコード状態と前記状態通知手段により通知されるポイントコード状態とを比較判定する比較判定手段と、前記比較判定手段が、前記状態記憶部に記憶されているポイントコード状態と前記状態通知手段により通知されるポイントコード状態とが一致しないと判定するとき、前記最下位装置の前記ポイントコード状態変化通知手段に対して、ポイントコード状態の変化の通知を再起動するよう要求する状態変化通知再起動要求手段とを有し、前記最下位装置の前記ポイントコード状態変化通知手段は、前記状態変化通知再起動要求手段による再起動要求を受けて、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するのを再開することを特徴とする。
【0008】さらに、本発明の共通線信号方式を用いた交換装置のシステム異常監視方式は、前記状態問合手段が、前記最下位装置に対して、周期的に、ポイントコード状態を問合せることを特徴とする。
【0009】また、本発明の共通線信号方式を用いた交換装置のシステム異常監視方法は、上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方法であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知ステップと、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記最下位装置が管理するポイントコード状態とを比較判定する比較判定ステップと、前記比較判定ステップにより、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記最下位装置が管理するポイントコード状態とが一致しないと判定されるとき、前記ポイントコード状態変化通知ステップを再起動して、ポイントコード状態の変化を通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求ステップとを有することを特徴とする。
【0010】さらに、本発明の共通線信号方式を用いた交換装置のシステム異常監視方法は、上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方法であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知ステップと、前記上位装置から、前記最下位装置に対して、ポイントコード状態を、周期的に、問合せる状態問合ステップと、前記最下位装置が、前記状態問合ステップによる問合せに対する回答として、前記最下位装置から、前記最下位装置自身が管理しているポイントコード状態を、前記上位装置に通知する状態通知ステップと、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記状態通知ステップにより通知されるポイントコード状態とを比較判定する比較判定ステップと、前記比較判定ステップにより、前記上位装置が管理するポイントコード状態と前記状態通知ステップにより通知されるポイントコード状態とが一致しないと判定されるとき、前記ポイントコード状態変化通知ステップを再起動して、ポイントコード状態の変化を前記上位装置に通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求ステップとを有することを特徴とする。
【0011】また、本発明の共通線信号方式を用いた交換装置のシステム異常監視方法は、上位装置であるSCCP制御装置とTCAP制御装置とISUP制御装置とアプリケーション制御装置と、最下位装置であるMTP制御装置とを有して構成される共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方法であって、前記最下位装置から、前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するポイントコード状態変化通知ステップと、前記ポイントコード状態変化通知ステップにより通知されるポイントコード状態を前記上位装置の状態記憶部に記憶管理する記憶管理ステップと、前記上位装置から、前記最下位装置に対して、ポイントコード状態を、周期的に、問合せる状態問合ステップと、前記状態問合ステップによる問合せに対する回答として、前記最下位装置が管理しているポイントコード状態を、前記上位装置に通知する状態通知ステップと、前記上位装置の前記記憶管理ステップにより記憶されているポイントコード状態と前記状態通知ステップにより通知されるポイントコード状態とを比較判定する比較判定ステップと、前記比較判定ステップにより、前記記憶管理ステップにより記憶されているポイントコード状態と前記状態通知ステップにより通知されるポイントコード状態とが一致しないと判定されるとき、前記ポイントコード状態変化通知ステップを再起動して、ポイントコード状態の変化を前記上位装置に通知することを再開要求する状態変化通知再起動要求ステップと、前記状態変化通知再起動要求ステップによる再起動要求を受けて、前記最下位装置から前記上位装置に対して、ポイントコード状態の変化を通知するのを再開するステップとを有することを特徴とする。
【0012】
【発明の実施の形態】次に、本発明の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。
【0013】図1は、本発明の実施形態の構成ブロック図で、図2は、本発明によるポイントコード状態通知管理部の構成ブロック図で、図3は、本発明によるポイント状態管理部の構成ブロック図で、図4は、最新ポイントコード状態テーブルの構成図で、図5は、ポイントコード状態テーブルの構成図である。
【0014】図1を参照して、本発明の共通線信号方式を用いた交換装置におけるシステム異常監視方式は、最下位装置であるメッセージ転送部(MTP)制御装置100と、上位装置である、信号接続部(SCCP)制御装置101とトラザクション機能応用部(TCAP)制御装置102とISDNユーザ部(ISUP)制御装置103とアプリケーション制御装置104とを有して構成される。
【0015】最下位装置であるMTP制御装置100は、信号局のアドレスである信号局コード(以降、ポイントコード)に基づいて、上位装置の信号メッセージを転送する機能を有するとともに、上位装置に、ポイントコードで識別される信号局の状態(以降、ポイントコード状態)を通知するポイントコード状態通知管理部10を有して構成される。
【0016】ポイントコード状態通知管理部10は、図2に示されるように、状態変化通知部11と、状態問合受付部12と、状態通知部13と、状態変化検出部14と、最新ポイントコード状態テーブル151を記憶更新する状態記憶部15とを有して構成される。
【0017】状態変化検出部14は、ポイントコード状態を常に監視し、ポイントコード状態の変化を検出すると、検出されるポイントコード状態の変化を、状態記憶部15と状態変化通知部11とに通知する。
【0018】状態記憶部15は、状態変化検出部14から、ポイントコード状態の変化の通知を受け、最新ポイントコード状態テーブル151を更新する。
【0019】最新ポイントコード状態テーブル151は、図4に示されるように、ポイントコード毎に、最新のポイントコード状態を示すテーブルである。
【0020】状態変化通知部11は、状態変化検出部14から、ポイントコード状態の変化の通知を受け、このポイントコード状態の変化を上位装置に通知するとともに、システム異常により、ポイントコード状態の変化を周期的に上位装置に通知することを中断するとき、上位装置からの再起動の要求を受け、再起動してポイントコード状態の変化の通知を再開する。
【0021】状態問合受付部12は、上位装置からの、周期的な、ポイントコード状態の問合せに対して受付をし、ポイントコード状態の問合せを受けた旨を状態通知部13に通知する。
【0022】状態通知部13は、状態問合受付部12から、ポイントコード状態の問合せを受けた旨の通知を受け、最新ポイントコード状態テーブル151を参照して当該ポイントコード状態を抽出し、抽出されたポイントコード状態を、ポイントコード状態の問合せをした当該上位装置に通知する。
【0023】上位装置であるSCCP制御装置101は、回線接続処理と直接関係のない非回線対応信号を転送する機能と、最下位装置であるMTP制御装置100に対して、周期的に、最新ポイントコード状態の問合せをし、そして、この最新ポイントコード状態とSCCP制御装置101が管理しているポイントコード状態とが不一致であるとき、システム異常とみなし、MTP制御装置100の状態変化通知部11の再起動を要求する再起動要求を送るポイントコード状態管理部20−1と、を有して構成される。
【0024】上位装置であるTCAP制御装置102は、トランザクションの開始、終了の制御とトランザクションの識別番号の付与と信号との対応付けとをする機能と、最下位装置であるMTP制御装置100に対して、周期的に、最新ポイントコード状態の問合せをし、そして、この最新ポイントコード状態とTCAP制御装置102が管理しているポイントコード状態とが不一致であるとき、システム異常とみなし、MTP制御装置100の状態変化通知部11の再起動を要求する再起動要求を送るポイントコード状態管理部20−2と、を有して構成される。
【0025】上位装置であるISUP制御装置103は、音声及び非音声アプリケーションに対する回線交換サービスとその付加サービスを提供するための信号機能と、最下位装置であるMTP制御装置100に対して、周期的に、最新ポイントコード状態の問合せをし、そして、この最新ポイントコード状態とTCAP制御装置102が管理しているポイントコード状態とが不一致であるとき、システム異常とみなし、MTP制御装置100の状態変化通知部11の再起動を要求する再起動要求を送るポイントコード状態管理部20−3と、を有して構成される。
【0026】上位装置であるアプリケーション制御装置104は、最下位装置であるMTP制御装置100に対して、周期的に、最新ポイントコード状態の問合せをし、そして、この最新ポイントコード状態とアプリケーション制御装置104が管理しているポイントコード状態とが不一致であるとき、システム異常とみなし、MTP制御装置100の状態変化通知部11の再起動を要求する再起動要求を送るポイントコード状態管理部20−4を有して構成される。
【0027】SCCP制御装置101とTCAP制御装置102とISUP制御装置103とアプリケーション制御装置104の、ポイントコード状態管理部20−1、〜20−4は、図3に示されるように、状態問合部21と、状態受信部22と、状態変化通知再起動要求部23と、状態比較判定部24と、ポイントコード毎に、ポイントコード状態を示すポイントコード状態テーブル251を記憶する状態記憶部25とを有して構成される。
【0028】状態問合部21は、周期的に、ポイントコード状態テーブル251から検査対象のポイントコードを抽出し、そして、抽出されたポイントコードのポイントコード状態をMTP制御装置100に問合わせる。
【0029】状態受信部22は、MTP制御装置100の状態変化通知部11から、ポイントコード状態の変化を受信するとともに、MTP制御装置100の状態通知部13から、ポイントコード状態の問合せに対する回答、すなわち、最新ポイントコード状態、を受信する。
【0030】状態比較判定部24は、ポイントコード状態の問合せに対する回答である最新ポイントコード状態と、ポイントコード状態テーブル251に記憶されているポイントコード状態とを比較し、両者が一致しないとき、システム異常と判定し、システム異常の旨を状態変化通知再起動要求部23へ通知する。
【0031】状態変化通知再起動要求部23は、状態比較判定部24からシステム異常の旨の通知を受けると、MTP制御装置100の状態変化通知部11の再起動を要求する再起動要求を、MTP制御装置100へ送る。
【0032】状態記憶部25は、図5に示されるポイントコード状態テーブル251を、ポイントコード状態の問合せに対する回答により得られる最新ポイントコード状態で更新するとともに、状態変化通知部11からのポイントコード状態変化の通知による最新ポイントコード状態で更新する。
【0033】次に、本発明の実施形態の動作について図面を参照して詳細に説明する。
【0034】図6は、システム異常の検出と復旧のフローチャートである。
【0035】システムが正常であるとき、最下位装置であるMTP制御装置100の状態変化通知部11は、ポイントコード状態の変化を、常に、上位装置に通知する。そして、上位装置は、ポイントコード状態の変化の通知を受け、上位装置自身が管理しているポイントコード状態管理テーブル251を、通知されたポイントコード状態で更新する。これにより、MTP制御装置100の管理する最新ポイントコード状態テーブル151に記憶されている最新ポイントコード状態と上位装置が管理しているポイントコード状態管理テーブル251のポイントコード状態とは、一致している。
【0036】システムに異常が発生するとき、本発明が有効となる。
【0037】図6を主体に、図1、2、3、4、5を参照して、動作を説明する。
【0038】上位装置であるSCCP制御装置101とTCAP制御装置102とISUP制御装置103とアプリケーション制御装置104の各々の、ポイントコード状態管理部20の状態問合部21は、周期的に起動され、(ステップS200)、ポイントコード状態テーブル251から検査対象のポイントコードとポイントコード状態を抽出し(ステップS201)、そして、抽出されたポイントコードの最新ポイントコード状態を、最下位装置であるMTP制御装置100に問合わせる(ステップS202)。
【0039】MTP制御装置100の状態問合受付部12は、上位装置からの、周期的な、ポイントコード状態の問合せに対して受付し、ポイントコード状態の問合せを受けた旨を状態通知部13に通知する。
【0040】状態通知部13は、状態問合受付部12から、ポイントコード状態の問合せを受けた旨の通知を受け、最新ポイントコード状態テーブル151を参照して当該ポイントコード状態を抽出し、抽出されたポイントコード状態を当該ポイントコードとともに、ポイントコード状態の問合せをした当該上位装置に回答する(ステップS203)。
【0041】上位装置の、ポイントコード状態管理部20の状態受信部22は、ポイントコード状態の問合せに対する回答として、MTP制御装置100の状態通知部13から、当該ポイントコードとその最新ポイントコード状態を受信する。
【0042】状態比較判定部24は、状態受信部22が受ける最新ポイントコード状態と、図5に示されるポイントコード状態テーブル251に記憶されているポイントコード状態とを比較する(ステップS204)。
【0043】比較の結果、両者が一致しないとき(ステップS204で不一致)、状態比較判定部24は、システム異常と判定し、システム異常の旨を状態変化通知再起動要求部23へ通知する。
【0044】状態変化通知再起動要求部23は、状態比較判定部24からシステム異常の旨の通知を受けると、MTP制御装置100の状態変化通知部11の再起動を要求する再起動要求を、MTP制御装置100へ送る(ステップS205)。
【0045】MTP制御装置100の状態変化通知部11は、状態変化通知再起動要求部23からの再起動要求を受け、再起動して、ポイントコード状態の変化を、周期的に、上位装置に通知するのを再開して復旧する。
【0046】上位装置の、ポイントコード状態管理部20の状態受信部22は、MTP制御装置100の状態変化通知部11から、ポイントコード状態の変化を、周期的に、受信する。
【0047】そして、状態記憶部25は、状態受信部22が受信するポイントコード状態の変化により、ポイントコード状態テーブル251を更新する。
【0048】したがって、最下位装置であるMTP制御装置100が管理する最新ポイントコード状態テーブル151の最新ポイントコード状態と、上位装置が管理するポイントコード状態テーブル251のポイントコード状態とが、一致する。
【0049】
【発明の効果】以上説明したように、本発明は、上位装置と最下位装置間におけるポイントコード状態の不一致という異常を自動的に検出し、最下位装置のポイントコード状態の変化を通知する機能を自動復旧するよう構成されているので、保守者を介さずに共通線信号方式を用いた電子交換装置のシステム異常を復旧できるという効果がある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013